今朝、ゴルトベルクが聴きたくなってGPMを探したら、ワイセンベルクのがあったので試してみたが、もったいぶった感じなので止め、次に、Carsten Dahlのプリペアド・ピアノでの(2014?)がおもしろそうだったが、ものすごい音で全然心地良くなかったので止めた。

それから、Alexandre Tharaudという人の(2015)を試したら、なかなか良かった。繰り返しが冗長で、アリアが4分以上あるから、グールドに慣れ過ぎた僕にはまどろっこしい。でも、演奏は悪くなかった。第1変奏は普通に良かったので、聴き続けた。第29変奏の頭が雄大な感じで良かった。ちょっと大げさかも知れないが。

その後、彼のラフマニノフのピアノ協奏曲第2番 (2016)を聴いてみたら、なかなか重厚で良かった。オケも良かった。ピアノは少しわざとらしいところがあった。全体的には良かったのだが、最後が少しオケと合わずにもつれた感じがあったのが残念だった。

更にGPMをさまよっていたら、どういう経緯かは忘れたが(おそらく、Tharaudに関連する演奏者だと思う)、Jordi Savallという人のモーツァルトのレクイエム (1992)を見つけたので聴いてみた。

本題の前に入っていたMaurerische Trauermusik (K. 477)は、初めて聴いたのだが、なかなか良くて、次に来る本題(レクイエム)への期待を高めてくれた。が、本題のIntroitusは、演奏の音自体は美しいのだが、演奏方法にはなかなか違和感があった。ツンと澄ました感じだろうか。古楽器的な演奏だと思った。慣れればいい感じではある。

上(日記より)を書いた時には何も情報がなかったのだが、聴きながら調べてみたら、かなり筋金入りの古楽器での演奏(これの適切な言葉が分からない: 楽器が古いことが本質ではなく、「なるべく初演された当時に近い演奏をしようとしている」の意味。以下、便宜上、「古楽器での演奏」と書く。「復刻演奏」が分かりやすい?w)であることが分かった。以下に、レーベルの記述から、彼のこだわりを引用する。

In our performance we have recreated as far as is feasible the conditions prevalent al the time. The soloists and the choir (reduced to twenty members) sing in Latin with the transparency and intensity that is needed for the pronunciation that was current in Vienna at the end of the 18th century. The work is played on period instruments at a pitch of 430 Hz; the orchestra consists of eighteen string instruments, nine wind instruments, organ and timpani. The trombones have the narrow mouthpiece that was in use at the time, and we also use real basset horns with five keys plus a lower register  – after Theodor Lotz, who worked with Stadler, Mozart’s clarinettist, and made his instruments.

でも、不思議なのは、どうして古楽器での演奏は、独特の雰囲気(上記の「ツンと澄ました感じ」)になるのだろうか? 他の演奏者でも大体そんな感じなので、すぐに分かるのだ。当時はそういう解釈・演奏をしていたという定説なのだろうか。そもそも、当時聴いた人から教えてもらえた訳ではないから、今までの研究の結果なのだろうが、楽器の構造を再現するのは可能としても、解釈の正当性については疑問を感じる。

前にも少し書いたが、僕は、今は、古楽器での演奏は余り好きではない。作曲家や作品にも依るだろうが、時代とともに演奏(解釈)や楽器を進化(変化)させて、曲に新しい要素(部品、風味、etc.)を加えることで、その曲が成長し、楽しいことになるのではないかと思う。作曲者のオリジナルの意図は大切だが、当時、演奏可能な楽器が存在しなくて、作曲者が本当にしたかった表現ができなかった場合があるのではないかと思う。それを現代の研究と楽器で拡張的に再現(再構築、再発明?)するのは、おもしろいと思う。

そういう意味では、古楽器での演奏は現代の演奏と違うという点で、本当に当時の再現かどうかはともかく、新しいものになる可能性があるのかも知れないが、何となく、みんなしかめ面して、「当時=正義」を金科玉条とする古楽器での演奏の提唱者の言いなりに、謹厳実直に演奏しているイメージが強い。そのために、ツンと澄ました感じになってしまうのだろうか? (というのは、僕の知識不足や想像のし過ぎによるのだろう)

更に思い付くのは、今は楽器の進化が停まっているようなのは、もったいないということだ。例えば、ピアノを最新の知見や技術を活用して更に発展させたバージョン(例: ダイナミックレンジが広い(例: パイプオルガンのように、ピアノと建物が一体になっている)、音がすごく綺麗(例: 「平均律2.0」w)、音の出し方・消し・繋げ方の制御が容易(例: 電子制御でアシスト?))を作り、それをフルに活用して、例えばラフマニノフのピアノ協奏曲を「ものすごく」演奏する人が現れたら、おもしろいと思う。でも、できたとしても数十年後かな・・・

 

PS. とは言え、自分で矛盾していると気付くのは、クラシック音楽は上記のように思うのだが、ポップ音楽では、まず、初演(初出)の演奏しか好きになれない。たとえ本人の演奏であっても、アレンジを変えた再録音やライブ(初出に忠実でないもの)は、まず好きになれない。

どういうことなのだろうかと考えると、ポップ音楽は、「本物」を聴いてしまって、しかもそれを好きになっているので、最初のイメージが頭の中に定着(固着)しており、そのイメージを変えられないのではないかと思う。一種の刷り込みか。クラシック音楽で、大好きな演奏者以外の演奏に違和感を覚えるのと似ている。

そして、今は思い出せないが、最初は嫌いだったけど、後年にアレンジを変えたバージョンが好きになった曲もあるはずだ。きっと。

PS2. 楽器の進化で曲を進化させた例として、Marc Spoonerによる「春の祭典」の電子音楽版 (2013)はどうかと思う。原曲の背景を無視して、音楽的な奇抜さだけに着目すれば、通常の演奏より良く表現できているように思う。

さっきたまたま見つけただけで、僕自身が詳しくない曲なので、どこまで原曲に忠実に演奏しているかや本当に進化しているかは不明だが、(残念ながらYouTubeでは再生できないので、)AmazonSpotifyGPMで試聴してみて欲しい(⇔ 通常の演奏 (ブーレーズ, 1991))。とはいえ、大変エキセントリックな曲(といっても、もう百年くらい前の曲)なので、とっつきにくいとは思う・・・ (10/15 22:22)

  •   0
  •   0

コメントを書く

名前    

メール 

URL