先日、入院・手術の保険金(共済金)が下りた。驚くべきことに、申請書を投函してから1週間以内(土日を含めて、5日くらい)に支払い通知が届いて、通知の前日に口座に振り込まれていた。

よく、保険は審査に時間が掛かるうえに難癖を付けられて結局支払われないことがあるとか読むが、僕の場合は、(前回・前々回の骨折の時もそうだったが、)全くつつがなく下りている。まあ、死亡保険金のように多額でないからかも知れない。

前々回は普通の生保だったが、前回と今回は県民共済だ。生保はどうだったか忘れたが(1か月くらいは掛かったかも知れない)、共済は迅速だからうれしい(おもしろいことに、診断書ができる(2週間くらい)のより速かった)。

受け取った額は書かないが、今回だけで、今までに支払った保険料(掛金)より多い。更に、病院に支払った額の2倍くらいだ。ただ、医療費は上限額が適用になって支払い額が少なくなっているから、それが適用にならなかったら、保険金と同じくらいだったのかも知れない(詳しく調べれば分かると思うが、面倒なので止めておく)。

要は、共済は「速い、安い、うまい」ではないだろうか。

余談だが、診断書が結構高く(約8千円)、申し込む時に、「もし保険が下りなかったら、下りても少なかったら、赤字?」と、一瞬躊躇した。

そんな訳で、医療費の支払い上限があるから、払う額はそれほど高くならないとか保険料にペイしない(その分自分で貯めた方がいい)などの理由で、医療保険には入らなくてもいいという話を読むが、安い共済なら入っていた方が安心な気がした。ただ、良く書かれているように、この程度の入院・手術の費用も保険をあてにするほど蓄えがないのであれば、それ自体が良くない(安心するには蓄えるべきということだろう)し、僕は保険金をもらっても特別「助かった」気がしていない(それよりも、病気にならないで済みたい)ので、やっぱり要らないのかも知れない。が、(なりたくはないが、)もっと長期・高額の場合には助かるのだろう。

ちなみに、共済は、(僕には全く意味のない)死亡後のお金よりも、入院・手術を重視したものにしている。でも、やっぱり、もらわない(使う羽目にならない)に越したことはないな。。。

  •   2
  •   0

2件のコメント

  1. カノママ:

    共済は領収書でいいとか聞いたけど・・・
    そうじゃないんですね。。

    我が家も共済だけど、年齢が高くなると保障が減るばかり!
    考えてしまいます。
    アア病気になりたくない!人の世話になりたくない!!
    と切に思うのです^^;

    ↓私もアテにしていたカレンダーが無くなってどうしようかと思ったら・・・
    良いの見つかりました!
    「黒猫マニアックス」という本に付録が!♪^^

    •   1
    •   1
  2. PiuLento:

    ●ええ、今は共済も一応ちゃんとしてるんでしょうね。それにしても、あの速さはチェックがゆるそうなので、僕としてはありがたいです^^

    そう、高齢者は保障が減るうえに、新しく入れない決まりがあるので、僕も、今のを続けるのがいいかなと思ってます。

    黒猫カレンダーの情報ありがとうございました! カノママさんのブログを見たら、そのものですね。。。もう少し、しつこく検索すれば良かったかも知れません。来年は是非黒猫に戻ります^^

    •   0
    •   0

コメントを書く

名前    

メール 

URL