スマフォなどの、メーカーのプリインストールアプリは、大抵、「(今ひとつ)使えないもの」(しかも、機種によっては山ほど入っている)というイメージだ。

今使っているAQUOSのカメラアプリは、画素数の調整範囲が狭い(4:3の場合、最低で8M画素までにしか減らせない: 僕は2Mで充分なのに!)など、その典型のような印象だったので、いろいろ試してみて、HedgeCam 2というのに落ち着こうとしていた。が、先日、思わぬことが起こった。

雨の朝だったか、暗い時に車のメーターを撮影しようとした(距離が51000kmとキリが良かったので)。が、メーターの距離などの表示部が明るくて、飛んでしまって文字が写らない。指で露光調整する場所を指定しても駄目だった。仕方ないので、暗目に露光補正をして撮影した。

Swift Sportの走行距離が51000kmに。

レアなケースだとは思うのだが、なんかがっかりして、他のアプリを探した。いくつか試したのだが、どれも似たようなもので、総合的にはHedgeCamの前に使っていたFootej Cameraが一番良かった(だから、結構長く使っていた)。なお、Footejだけは、ME(マニュアル露光)モードにしたら、なぜか調整なしでうまく写った。ただ、条件によっていちいち設定を変えるのは面倒だし、失敗の確率が増える。スマフォはメモに使うので、何も考えずに撮影したいではないか。なお、車のスモールライトを点ければどのアプリでもうまく写ったのだが、それにしても、アプリの性能が低いのは気に入らない。

それで、ふと、プリインの純正カメラアプリはどうかと思った。どうせ同じだろうと、全然期待してなかったのだが、他に試すものがなかったので、本当にダメ元で試した。すると、信じられないことに、普通に距離表示部分を焦点(とAE)の位置に指定したら、見事に写った。

全く意外なことだが、メーカー製だから、そのスマフォのカメラの特性や機能に合わせてあるのかも知れない。確かに、(IP電話でない)電話のような、スマフォのハードに密着したアプリには非純正のものはないから、カメラもそういうところがあるのだろう。

だから、プリインアプリでちょっと使った感じがイマイチだからといって、必ずしもゴミアプリとは限らないことがあるので、考えを改める必要があるようだ。

 

PS. なぜ写りが悪いのか、画像のEXIF情報を調べてみたところ、撮影時のISO感度が関係しているようだ。FootejでMEモードの場合を除き、どれもシャッター速度と絞りは大体同じ(1/10s, F2.2程度)なのだが、ISO感度が違う。良く写っているものは400程度だが、駄目なものは1500くらいになっている。だから飛んでしまうのだろう。

測光がうまくいっていないのだろうか? ただ、シャッター速度と絞りはちゃんとしているので、どうも解せない。画面が全体的に暗い(= 輝度の平均値が小さい)場合は撮影感度を上げるようにするが、シャッター速度と絞りへ/からの影響を考慮していないのかも知れない。デフォルトの測光モードが、部分的な飛びは許容して、全体が見えることを優先するのならそれで正しいが、露光調整する位置を自分で指定しても、点測光モードにしても駄目というのは頂けない。

想像だが、この辺りはカメラデバイスのモード設定次第なのだが、非純正のアプリではうまくできないのかも知れない。あるいは、フリーのアプリのバグや未完成な部分なのかも知れない。

  •   0
  •   0

6件のコメント

  1. naoki:

    撮影画素数、2Mということは1200*1600でしょうか。僕もこれで充分と思います。

    ちなみに僕が使ってるのはOpen Cameraといいます。

    なお、Nexus7 2013に関しては純正のカメラはホワイトバランスがダメです(ソフトとハードのメーカーが違うから? ハードがASUS)(あれ? だけど今は純正も普通に写る)。

    れんとさんが使っているのであれば、Footej Cameraを試してみようと思います。

    •   0
    •   0
  2. naoki:

    間違えた。1600*1200ですね。

    あと、スマホはメモ程度というのであれば、ホワイトバランスはさほど関係ないでしょうから設定とかシンプルな方がいいんですね。Open Cameraは真逆です。

    ただ、全てをAutoにすれば意外に使えるかも知れませんし、何より広告がないのって、探すと結構なかったりするんですよね。

    •   0
    •   0
  3. PiuLento:

    ●画素数は、実際には3.1M(2048x1536)画素でした。本当は1600x1200程度でいいのですが、Footejも、4:3ではそれ以下が設定できないのです。妙なこだわりなんでしょうけど、16:9の画角はどうも嫌なのです。

    最初の頃、Open Cameraも試してみました。その時は、フラッシュ時の色温度(ホワイトバランス)が若干高く、色温度が変更できなかったので却下しました。最後に使ったHedgeCam2はOpen Cameraをベースにしているようですが、その点が大丈夫だった(気がする)ので使っていました。

    メモ用なのですが、妙なこだわりもあって、ホワイトバランスは気になりましたw そう、自動でいつもうまく撮れるのが理想ですね。

    おっしゃるとおり、広告なしも重要ですね。FootejもHedgeCam2もないですよ。ただ、疲れのせいか、HedgeCam2については既に記憶があやふやなので、間違ってたら済みません・・・

    あと、気に入っているけど使えてないのが、Camera FV-5 Liteというのです。これも広告はなく、機能的には一番気に入っている(設定は細かい)のですが、まともに動かないのです(起動してもすぐに落ちてしまうことが多い)。しかも、今回の問題はありました。今後の更新で改良されるのを期待しています。

    •   0
    •   0
  4. naoki:

    僕も16:9は馴染めないですねえ。

    昔ながらの35mmフィルムの縦横比が馴染んでいるのでしょう……と書こうと思って、今、初めて35mmフィルムは

    36mm*24mm = 3:2

    と知りました。そうか、4:3は35mmフィルムじゃなかったんだ……。

    •   0
    •   1
  5. PiuLento:

    ●おお、そういえばそうでしたね。確かに、写真のアスペクト比とデジカメは違ってました(スキャンとか印刷の時に少し切れますね)。デジカメの4:3は、PCのディスプレイ、その元はTVが由来なのでしょうかね。

    僕は3:2でも問題ないです(大きな違いがないので)。とにかく、あの横長は「あえて言おう、」ですw

    •   0
    •   1
  6. PiuLento:

    ●印刷と言えば、紙のサイズは、厳密には片方が小数点でしたね。2^1/2のようです。だから、フィルムと画面と印刷のサイズが微妙に違うという、煩雑さがありましたね。

    •   0
    •   0

コメントを書く

名前    

メール 

URL