昨日に続けて音楽の話。

先日、病院に大腸検診に行ったのだが、検査の順番が来るまで軟禁されていたw待合室にTVが流れており、僕は音楽が聴きたかったので点けないで欲しかったのだが、消す訳にもいかないので、ちらちら観ていた。その時の番組に高橋真梨子が出ていた。「桃色吐息」(1984)が懐かしかったし、音楽関係の話は興味深かった。全然関係ないけど、彼女の旦那さんはとても人が良さそうだったw

が、今日、たまたま(という訳でもなく、実際にはとても良く掛かる)、Spotifyで五輪真弓の「恋人よ」(1980)が掛かったら、「やっぱりこれだよなぁ」と思った。

当時は、彼女の雰囲気やこの歌が余りにも暗いので、結構茶化されていたように記憶しているが、今はその暗さがいい。あのイントロの緊張した雰囲気や、硬目かつ、控え目だけど力強い(「気迫がこもっている」とでもいうのだろうか)ピアノの音が最高で(とはいえ、仮に「クラシック音楽の音」として考えたら、ちょっと硬すぎるとは思う)、その後におもむろに出てくる、彼女の重いけど意外に透き通った声にグッと来るのだ。この重さは、藤圭子に通じるものがある気もちょっとするが、ちょっと違うかも知れない。藤の声には透き通った感じはなさそうだ。

一方で高橋は、やっぱり歌はうまいし、声もいいのだろうけど、どうも僕にはグッと来ない。なんか気取っている感じがして、そこが共感できない感じなのだ。まあ、二人は比べる関係ではないのかも知れないが、時代が近いとか、どちらも女性だからだろうか、僕は連想したのだ。

(個人の感想です。高橋が駄目とか言っている訳ではないので、あしからず)

 

PS. これを書く時、二人の名前をどちらも(実は、藤も)間違えていて、検索して修正した。かな漢字変換とか検索に頼るので、細かい記憶はどんどん定かでなくなるようだw

  •   0
  •   0

4件のコメント

  1. Himajin:

    こんにちは。
    以前、MusicBee 2.5のインストーラーを頂いた者です。
    (その時は「匿名希望」と名乗っていました)
    とても助かっており、ありがたく思います、とにかく感謝です!

    管理人さんもSpotifyにハマっていらっしゃるようですね。
    私もSpotifyを約2か月ほど使用しているのですが、
    (スマホしか使えないなら話は別ですが)パソコン上での、
    音楽の再生は、逆にMusicBeeを使用する事が増えました。

    いわゆる「権利の都合」で自分の聴きたい曲が配信されない事が、
    多過ぎて自分の所有していない音源を試聴する目的でしか、
    使わなくなってしまいました。
    (所有している音源はMusicBeeでの再生に使っています)

    また(場合によっては)レコード会社単位で、
    楽曲を配信しない方針を決めているようなので、
    とあるアーティストだと中途半端にしか、
    ラインナップされていないという事がよくあります。
    (少しでもラインナップされていれば、まだマシな部類ですが)
    管理人さんがおっしゃっていた、
    吉幾三もこのパターンかもしれませんよ。
    これには我慢ならないものです(笑)

    とにかく、ある程度使ってみると分かるのですが、
    Spotifyには闇の部分が多く隠されているんだなと思います。
    権利の問題しかり3ヶ月で100円ではなく100円×3ヶ月だったり。

    Spotify自体は楽しい物なのですが、闇の部分を知ってしまい、
    100円の期間が切れたら、継続はしないかなと思っています。

    最後になりますが、 Spotifyを制御するツールを作れるのには、
    うらやましいばかりです。
    自分にそんな知識があったらなと思います。

    それでは、長々と失礼いたしました。

    •   0
    •   0
  2. PiuLento:

    ●Himajinさん、お久しぶりです。コメントありがとうございます。

    確かに、好みとか聴きたい曲によっては、Spotifyなどにはない場合がありますから、手持ちがいいこともありますよね。僕の好みですと、吉幾三以外にキャンディーズも小泉今日子も入ってませんので、そこはなんとかして欲しいですが、レーベルの頭が堅いのかも知れません。

    料金は意外でした。日本向けスタッフが結構いい加減に訳しているのかも知れませんね。

    Spotifyは「もうちょっとなんとかして欲しい」ところが結構あります。が、今のところは、他より良いので愛用してます。でも、もっといいところはいつも探しています。手元にデータを保存しませんから、いつでも乗り換えられるのがメリットです。

    Spotifyのツールは、趣味と実益(実益はないかも?)を兼ねて作りました。意外に楽にできたのですが、思わぬバグが出て、聴くのを中断してデバッグしだすこともあります^^

    あと、Himajinさんのブログをちょっと拝見しました。サポートへのイライラは、僕も全く同様です。昔から、とにかくがっかりすることがほとんどなので、なるべく接触しないようにしています。

    •   0
    •   0
  3. Himajin:

    こんにちは。
    ブログを見て下さったようで、とても嬉しく思います。

    まず初めに、前回のコメントの情報の訂正をさせて下さい。
    Spotifyの料金についてなんですが、
    100円×3ヶ月ではなく、やっぱり3カ月間で100円のようでした。
    私の母が勘違いをしていて、てっきりそのような物だと、
    私自身も勘違いをしてしまいました。申し訳ありません。

    次にSpotify関連でもう一つ。
    Spotifyの情報を詳しく載せているブログが多々ありますが、
    詳しく書いてあるブログに限って、
    Spotifyのアップデートで現在は使えなくなった機能について、
    あたかも今でも使えるかのように書いてあるのが目立ちます。
    (この件に関しては私のブログでも触れています)

    このようなブログに限って、検索で上位に引っかかるので、
    (愚痴になってしまいますが)腹立たしく思います。
    情報を扱うブログなら古い情報は訂正して欲しいものです。

    最後に、今までコメントをする機会はありませんでしたが、
    いつも楽しくブログを読ませていただいています。
    これからもどうぞよろしくお願い致します。

    •   0
    •   1
  4. PiuLento:

    ●Himajinさん、Spotifyの料金の件、訂正ありがとうございました。安心しました。

    そうですね。情報を出したら、責任を持って更新すべきですね。僕もその点は重要だと思っています。

    が、自分でそう書いておいて駄目なのですが、日々試行錯誤したり、気分が変わったりしているため、(「お知らせには書いてあるものの、)書いたあとで新しい情報が出た場合、元の投稿まで更新することができないことがあります。ブログ内で検索したりして最新の記事を見て頂くのがベストですが、単に検索で来られた方には酷です。それへの対処として(別の意図もありますが)、記事は5年で非公開になるようにしています。

    ただ、検索で上位に出る方というのは(おそらく、広告収入があるから)自分で分かっているはずですから、やっぱりちゃんとしてもらいですね。更新できないなら、消した方がいいです。そういう、情報の鮮度に対する意識なしに放置するのは良くないと思います。

    こちらこそ、これからもよろしくお願いします。

    •   1
    •   0

コメントを書く

名前    

メール 

URL