Spotifyを始めてから、岡村孝子を再評価した。以前は、「あみんで売れた人だけど、なんかミーハーっぽいよな」と思っていたのだが、改めてヒット曲(「夢をあきらめないで」(1987))を聴くと、悪くない。それから、その曲が入っている"liberte"(1987)のジャケットの雰囲気(主に髪型?)が森高に似ている(森高より落ち着いて見える分、上かも知れない)せいか、妙に気になった(そんな自分こそミーハーだw)。意外に僕より年上で、今は56歳でおばさんになっているけど、近影を見る限りいい歳の取り方をしている感じで、なかなか好感が持てる。こういうお姉さんが居たら悩みを聞いてくれそうだ。

岡村とは関係ないのだが、やっぱりSpotifyで改めて好きになった(というか、昔からヒット曲が好きだったから懐かしいけど、今聴いても、やっぱり曲も歌もいいと思う)渡辺真知子には誤ったイメージを持っていた。結構前から大阪出身と思い込んでいて、今は、いかにも「大阪のおばちゃん」になっているのだろうと思っていたのだ(実際、公式ブログの写真はそう見える)。好きな曲(「迷い道」(1977)や「かもめが翔んだ日」(1978))の歌い方やTVでの言動(といっても、観たのは大昔のことなので、記憶が確かでない)が、どことなく大阪の人を思わせたのだ。でも、岡村を調べたついでに調べたら、横須賀出身だったことが分かって、ちょっと驚いた。だから、大阪出身と思い込んだのは、姉御的な雰囲気を感じたせいかと、今思っている。こういうお姉さんが居たら、乗りが良さそうで楽しくて、頼りにできそうでいいと思う。

結局、「いいお姉さんが欲しかった」ってことに帰着しそうだ

と思いきや、ついで(記述内容の検証のため)にもう一人調べたら、大どんでん返しがあった! 渡辺と同時代にヒットした庄野真代が大阪出身だったのだ。ヒット曲、「飛んでイスタンブール」(1978)はいかにも都会的で(大阪が都会でないという意味ではないです。東京人の、いかにも「私、かっこいいでしょ」とかどことなく冷たい雰囲気を感じたのです)、横須賀とか東京出身のイメージがあったのだが・・・ どこかで渡辺と記憶が逆転したのかも知れない。更に調べたら、同じ頃に東京出身の久保田早紀が「異邦人」(1979)をヒットさせており、この3人のイメージが混ざっていたような気もして来た。実際、「イスタンブール」と「異邦人」はどちらも好きだけど、頭の中では渾然一体としていて、聞かないと分からない(当然、頭を歌うこともできない)。

結局、僕のイメージや記憶は当てにならないってことに帰着しそうだw

  •   0
  •   0

2件のコメント

  1. h.tak:

    僕も、子供の頃はお姉さんが欲しかったですね。長男で妹二人だったせいかもしれないです。
    渡辺真知子の「かもめが翔んだ日」いいですねー ドラマチックで切ないメロディ、特に最初の一節が鮮烈な印象。海を見に行きたくなります。
    確かに、顔立ちとか声とか、大阪っぽいような気がしますね。

    •   1
    •   0
  2. PiuLento:

    ●おお、h.takくんも妹さんがお二人でしたか。僕と同じですよ^^ 本当に姉が居たら、それはそれでいろいろあるのでしょうが、居ないと、「居たらなあ」って思いはありますよね。

    そう、「かもめが翔んだ日」は、今日も、プログラムのテストで掛けたのですが、何度聴いても、あの出だしにはグッと来ます。いい曲ですね。あと、声もどこかグッと来るんです^^

    •   1
    •   1

コメントを書く

名前    

メール 

URL