先日から渡辺真知子を見直している。今朝も、彼女の歌が掛かったら、「やっぱりいい!」と思った。他の「うまそうに」歌うポップス系の人たち(個人的な印象なので、例示は止めておく)と違って、本当にいいのだ。どういうことかというと、本物(≒ ちゃんとしたクラシック系の人)だと思えるということだ。具体的には、声の質と量が豊かで深みがあって魅力的なのだ。別の言い方をすれば、「お腹の底から声を出している」かも知れない。あと、(下品でなく)明るく色っぽい感じに歌うのもいい。

そして、今はどういう歌を歌っているのか気になった。が、その先が問題で、今はSpotifyでいくらでも聴けるのに聴いてはいないし、これからも聴く気は起こらないだろう。

というのは、確かに彼女の歌唱は手放しで褒めたいくらいいいのだが、近頃の曲が僕の好みかは疑問で、おそらくそうでないからだ。実際、昔のアルバムを聴いても、ヒット曲以外はグッと来なかった。(そういえば、大好きな「かもめ―」の「スタジアムバージョン」とかいうのだって、イントロだけで「いい曲に余計なことすんな!」と思ったくらいだ)

ピアニストに例えれば、技術も表現もすごくいいんだけど、僕が好きな曲を弾いてくれない人のようなものだろうか。本人は弾きたい(歌いたい)から選んで(作曲して)おり、それはその人の表現(まあ、営業的なものもあるかも知れないがw)そのものだから、いかんともし難しい。

まあ、今後、Spotifyでリコメンドされて掛かることはあるだろうし、その時に気に入る可能性もあるから、気長に構えることにする。

  •   1
  •   0

コメントを書く

名前    

メール 

URL