NHKが参入を検討しているというTVerは、会員登録不要で、アプリ不要で、Linuxのブラウザ(Vivaldi)でも観られた(ブラウザの広告ブロックを解除するだけで観られた)。去年の心配が当たった。全く嫌な感じだ。

これはどうやって回避すればいいのか?

TVerがNHKを拒否する理由は余りなさそうだし(民放由来の団体だろうから可能性はあるが、豊富なお金で解決されそうだ。実際、radiko.jpにも入ったではないか)、会員制じゃないから退会運動もできない。せいぜいアクセスしないようにするだけだが、まず広まらないだろうし、効果も少ない。抵抗不可の最終兵器なのか?

「NHKの映らないプロバイダ」は出ないか!?

やるとすれば、自分でプロバイダ機能を作ることだろうが、さすがに携帯は無理だ。完全にペイしない。そして、そのうちプロバイダ経由で「受信料」を徴収するようになるだろうから、国外に出るしか手はなさそうだ。それもペイしないけど、日本にはもう魅力も将来もないし、政治が腐り切っていて居続けるメリットは少なそうだから、いいかも知れないな・・・

これは、以前JSさんがコメントに書かれた、高速道路の利用料の強制徴収を避けるために、車のタイヤを廃棄するってのと同じだw いや、実際は笑い話ではなく、昔から気にらない国ではあったが、ここまで「いいところのない国」、「なんかの罰ゲームですか?」になり下がってしまったことが、悲しい。

あとは、海外の企業が衛星経由で回線を提供してくれれば、NHKの押し売りは免れられそうだ。AmazonとかGoogleがやらないだろうか? そっちの方が高いだろうけど、いざとなったらそれでもいい。納得の行かないお金は1円だって取られたくない。

それにしても、NHKだけじゃなく、国も企業もどこも同じように、「取れるところから取る」、「今だけ・自分たちだけ良ければ、後は知らない」ってことをやってたら、そのうち本当にみんな出て行ってしまうと思うのだが、そういう危機感はないんだろうな。彼らがそのわずかな程度にも賢いなら、こんなことにはなっていない。

例えば、今までは、人が地方から都会に集まっていて、どうにかして地方に戻そうとして大抵失敗しているが、仮に、どこかの国が日本よりずっといい環境・条件で移民を受け入れ出したら、若い人たちはこぞって行くような気がする。僕も行きたい。

 

PS. TVer自体は、TVがなくても番組が観られるから、特に観たい番組がある時には便利そうだ。でも、そもそも、どんな番組があるかを知らないので、観たいものがあるかどうかw あと、必ず広告を再生しなくてはならない(ミュートは許されない)から、まあ使わないだろう。

  •   0
  •   0

コメントを書く

名前    

メール 

URL