日本人は頭がいいせいかw、電子マネーだのキャッシュレス決済が乱立している。FeliCaやNFCだけでも多いのに、近頃出て来たQRコードが早くも乱立しており、仮想通貨すらあるから、一体全部でどのくらいあるのか分からないし、知りたくもない。コンビニの店員さんの苦労が偲ばれるが、使う方だって、そんなに何個も入りたくない。

そこで、素晴らしい方式を思い付いた。

どこかの会社が、すべて方式・会社の決済方式に対応して(要は取り次ぎ)、お客はそこだけに入ればいいのだ。技術的には、「かしこいアプリ」を作って、決済時に相手の方式を見分けて、それに対応して払うのだ。何種類も使用可能な場合に備えて、デフォルトで優先順位を決めておき、お客が設定できるようにもする。もし方式が増えたって、即座に自動的に対応する。

これなら、FeliCaが付いてないとかのハード的に無理な場合を除いて、どこに行っても決済できる。今はFeliCaも下火になりつつあるようなので、QRコードだけの対応でも大きな問題はないだろう(個人的にはすごく不満だが)。コンビニの店員さんは相変わらず大変だろうが(少しは楽になるかも)、使う方は楽だ。

冗談のようだが、もちろん本気だ。けれど、僕は例によって面倒なのでやる気がない。特許とかどうでもいいから、誰か作ってくれ。

でも、こんな面倒なこと(どうせ、各団体がごねて、あるいは、役人がいちゃもんを付けて、何年も話は進まないだろう)をしているうちに、外国の会社(A○azon?)が自分の方式で全部かっさらってしまうのかも知れないな。

まあ、僕は(支払いが楽になるから)それでもいいけど、大企業のみんなは、そんな下らない技術を作り・仕事をして、馬鹿らしくないのかと思う。実際には、馬鹿らしいと思ってもやらざるを得ないのは分かっているが、それでいいのかね? ジョブスじゃないが、それじゃ、一生「砂糖水」だよ。

  •   1
  •   0

コメントを書く

名前    

メール 

URL