○現状維持の話

先日思い付いて少し試していた、ウインドウマネージャーを入れ換える件は、結論としては止めることにした。OS(正確にはディストリビューションやデスクトップ環境)の入れ換えまでも検討したが、僕にはメリットがなさそうだった。僕の要求を満たすウインドウマネージャー・デスクトップ環境がなかったのだ。

重要な条件は以下である。

  • カスタマイズ性がいい(容易に自由に・細かく設定が変更できる)。
  • 重くない(CPU負荷が高くない、メモリ消費量が多くない)。ただし、機能は充分であること。
  • デザインがしょぼくない。
  • Xfceのように中身が古臭くない。
  • 開発が継続している。

特に、カスタマイズ性が重要だ。例えば、今回の発端となった、ウインドウ枠の幅(実際にはリサイズ時につかめる幅)を自由に変えられることだ。逆に、機能として、見た目が「すごい」こと(例: アニメーション効果)は全く不要だ。

それで、以下のようにいろいろなウインドウマネージャー・デスクトップ環境を検討、試用したが、どれも現在のXfceから移行する価値があるとは言えなかった。

ウインドウマネージャー

検討したもの: Compiz, cwm, Enlightenment, Fluxbox, FVWM, Gala, KWin, Marco, Mutter, Muffin, Openbox, Sawfish, Awesome, XMonad

まず、カスタマイズ性の点から、思想が相容れないElementary系は却下した。また、個人的にKDE系にはいい経験がないので却下した。それから、余りにも古く感じるMotif系やそれ以前のもの却下した。あと、馴染みない・余りにも汎用性のない言語でカスタマイズするもの(XMonad, Sawfish)も却下した。

それから、残ったいくつかの候補を仮想環境(VirtualBox)上のLinux Mintにインストールして試した。また、Linux Mint Xfceで切り替えて使える、Metacity+ComposingとCompizも試した。

試用結果(概要):

  • Awesome: 使い勝手が悪く(例: リサイズが枠でできない)、設定が面倒(テキストファイル)。
  • Mutter: 見た目はXfce4と変わらない。ウインドウマネージャー単体では使えず(不便・意味がない)、設定アプリなどが別途必要。
  • Metacity+Composing: Mutter同様、ウインドウマネージャー単体では使えない。(だったら、何のために入っているのだろうか??)
  • Compiz: 不安定(設定を間違えると動かなくなる)、余計な視覚効果(ウインドウの移動がぬるぬる)が多い。

デスクトップ環境に含まれているウインドウマネージャーは、それだけを入れても意味がないことが分かったので、ディストリビューションやデスクトップ環境も入れ換えてみることにした。

ディストリビューション・デスクトップ環境

検討したもの: Budgie (Solus Linux, Ubuntu Budgie), GNOME 3 (Ubuntu GNOME, Debian, Fedora), Manjaro, KDE Plasma (Ubuntu), Cinnamon (Linux Mint), MATE (Linux Mint), LXQt, Debian, Lubuntu, Arch Linux

上記と同様いい経験がないので、KDEとFedoraは却下した。MATEは今と同じLinux Mintであり、しかもCinnamonとXfceの中間で、敢えて移行する意味が余り感じられないので、却下した。LXQtなどは今より更に軽量系で高機能は期待できないので、却下した。また、純粋なGNOMEは評判が悪いので、却下した。そのため、GNOMEが標準のディストリビューションも却下した(ただ、KDEもGNOMEも駄目だと、かなり選択肢が減ってしまう)。

試用結果(概要):

  • Solus Linux (Budgie)
    • Solus: 日本語対応に問題あり(ソフトウェアセンターにfcitx, mozcなし)かつ対応ソフト不足(使うソフトがソフトウェアセンターにないことが多かった)。
    • Budgie: カスタマイズ性が特にいいとは言えない。ただし、(ウインドウの枠幅は狭く、設定変更は不可だが、)リサイズ時につかめる領域が広い。
  • Linux Mint Cinnamon
    • Budgieと同様に、ウインドウの枠幅は狭く設定変更は不可だが、リサイズ時につかめる領域が広い。
    • デスクレット(デスクトップに置く部品)、アプレット(バーに置く部品)がいろいろあって便利そう。
    • Xfceで自分でやっていたことの多くが、最初からできている感じ。
    • パネル(バー)の設定の使いやすさやカスタマイズ範囲は今一つ。設定項目は少ない感じ(意味不明な設定もあった)。Xfceの方がいろいろできるかも。
  • Manjaro (Xfce): KDEを推しているようだが嫌なので、OSを評価するためにXfceで試した。
    • パッケージのソフトがUbuntuより若干少ない感じなので、敢えて移るメリットはなさそう。
    • Xfceなので、デスクトップ環境の使い勝手は同じ(外見は違う: テーマの違いか?)。

結局、特別にカスタマイズ性その他のメリットのあるものが見つからなかったので、換えるのは止めた。そういう点では、Xfceは僕に最適なことを実感した。ただ、簡単に移行できるなら、Linux Mint Cinnamonは悪くないと思った。あと、ウインドウの枠幅は狭い(設定変更も不可)が、リサイズ時につかめる領域が広い(枠外でもある程度の範囲でつかめる)ものがあったのは、なるほどと思った。合理的で全く問題ない。しかも、見た目も(枠が太くならないので)ダサくない。ずっと前にではあろうが、進歩したことなのだろう。この点はXfceは駄目だ。僕は自分で何とかしたが、直す気がないのは余りにも意固地だと思う。

少し考えたら、リサイズ時に枠外でもつかめるようにするには、その範囲(枠の周囲)を透明な子ウインドウにするか、ある線の近くにマウスが来たらイベントを出す仕組みがあるのならそれを使う必要がありそうで、今のXfceの構造とはかなり違って来るから、簡単にはできなさそうだ。でも、前者はできそうな気もする。枠を透明な画像にすればいい?? → 試したくなった! → 駄目だった(透明部はウインドウがないことになるようで、マウスポインタが変わらなかった)。

余談だが、ウインドウマネージャーなどを試す時にマウスホイールの設定も見てみたのだが、全部同様だった(というか、ホイールの設定がない)。今のLinuxのマウスホイールのサポートは貧弱(加速しない)で、結構不満に思っている。何ページもスクロールすると指が疲れるので、そういう時は気が重くなる。何かいいソフトがないか、時々探している。もし、加速に対応しているものがあったら、万難を排して移行したかも知れないw

○非現状維持(現状打破ではない)の話

ウインドウマネージャーは現状維持でいいのだが、逆に、偶然、駄目なものを見つけた。PHPである。今はOSのパッケージにあった7.0を使っているのだが、何かのついでに、7.0のサポートが終わることを知った。今まで全く注意していなかったのが悪いのだが、寝耳に水だった。調べたら、最新は7.3のようで、全く浦島太郎状態だ。。。 0.1や0.2くらいなら見過ごすが、これはさすがに放置できない。

仕方ないので移行する方針にして、準備のために、ドキュメントでバージョン間の違いを調べたのだが、さすがに山ほど違っていて見切れないし、読んだって、自分で作っていないソフトに関しては全く判断できない(自分で作ったものでも分からないw)。仕方ないので、他者のソフトについてはその資料で対応しているかを調べ、不明なものや自分で作ったものについては、動かして試すことにした。

あと、今使っているPHPのモジュールが最新版にもあるかを調べて気になったのは、mcryptが廃止になったことだったが、インストール履歴を調べたら、今は使っていないソフトのために入れたものなので、問題なさそうなことが分かった。他には、今使っているソフトで更新が停まっていて(おそらく開発終了)、最新のPHPに対応しているか不明なものがあった。もし駄目なら、別のソフトに入れ換える必要がありそうなので、面倒だ。

○まとめみたいなこと

どっかの役人のように金科玉条のごとく現状維持しかしないのは、愚の骨頂だ。そんなの要らない。一方、Linux Mintのサイトのバージョンアップの案内には、「やみくもにバージョンアップするのは良くないです。問題なければそのままでいいんですよ」というようなことが書いてあって、この業界では結構珍しく、共感できた。まさにそのとおりだ。そして、毎年だか毎月だか知らないけど、常に素晴らしい最高の「何か」を出して強制的に更新させた挙句に問題を起こす会社には、アフォとしか言いようがない。

  •   0
  •   0

コメントを書く

名前    

メール 

URL