例によって、HMVで彼の新作(同同第3番)の広告を見て、知らない人だけど興味が出たので、早速Spotifyを探したら、(発売がまだのせいか)なかったものの、この曲があった。それで、とりあえず聴いてみた。一言で言えば、

悪くはないけど、なんか違うんだよなー

あるいは

なんかピアノが美しくない。ルガンスキーとは全然違う気がする。

だった。ただ、同じアルバムの「パガニーニ」がそれほど悪くない(普通にいい)ので、彼自身は悪くなくて、曲との相性なのかも知れない。そのせいか、最初からがっかりしても停めずに、(その段階で)第3番を聴いてみたいと思った。

以下、思ったことを列挙する。

  • 第1楽章
    • オケ(バッティストーニ指揮、イタリア国立放送響)はとても綺麗だが、ピアノは少し荒い感じ。
    • 何が良くないのだろうか?? → 例えば、本楽章後半の音の伸びが足りない。
  • 第2楽章
    • なんか気が抜けた感じ。若干遅いせいか。
    • パワーも足りない。音が切れ気味なのも良くない。
    • やっぱり遅過ぎる。気が抜けた感じだ。そして、やっぱりパワーが足りない。
  • 第3楽章
    • これも滑らかさに欠ける。彼なりの弾き方なのだろうが。
    • そして、やっぱり遅い。速くもなるが。
    • オケとずれた箇所あり。
    • なんか乗れない。
    • 残念ながら、最後は「見事」ではなかった。

なお、書きながら聴いている「パガニーニ」はかなりいい感じ(ピアノもオケ(バッティストーニ指揮、東京フィル)もいい)なので、第3番には期待したい。

PS. 「パガニーニ」にも(僕には)遅過ぎる箇所がある。例の、美しい第18変奏だ。気持ちは分かるが。そういう人なのだろう。

  •   0
  •   0

コメントを書く

名前    

メール 

URL