猿まわしの妙技に園児ら大笑い 東北芸術工科大で公演 : 「大笑い」を「薄笑い」と読んで、半笑いしてしまった。「大笑い」は健康的な感じがするが、「薄笑い」だとなんか嫌な感じになる。そして、園児が薄笑いしている光景は、かなりシュールだ。で、検索してみたのだが、意外に薄笑いの画像はない。一番それらしかったのが、このイラストだ。園児の集団薄笑い、是非見てみたいものだ。

そういえば、「薄」という字は、余りいい意味には使われないな。「薄ら馬鹿」とか「軽薄」とか。もう一個、「薄ら馬鹿」を発見。これはひどい。どういう漫画なんだろう?

おまけ:

京王新宿店で「父の日」フェア-男性好み満載、「男の弁当」「男のデザート」初企画 /東京 : 高校生の頃、弁当箱を新聞紙にくるんで持って行ったらなぜか笑われたので、「これが男の弁当だ」と(星一徹風に)言ったら、更に笑われたのを思い出した。今の「男の弁当」って、どういうんだろう?

  •   0
  •   0

コメントを書く

名前    

メール 

URL