4K/8K・スマートテレビの実現を目指す「次世代放送推進フォーラム」発足

nextvf2

良く見るような図(後で検証する時の証拠のためにコピーした)だが、

2014年 4Kデモ
2016年 8Kデモ
2020年 4K/8K普及化

ってことを言おうとしているのか。ちょっと前まで、「4K普及の後に8K普及」と言っていたような記憶があるが、さすがにそれは無理があると思ったのか。それでもいいけど、さて、どうなるかね。電波はどうするんだろう? VHFを再利用するのか? あ、地上波とは言ってないから、単純に衛星を使うのか。

PS. 僕の予想を書いておく:

2020年、衛星で大々的に放送開始するが、一部のマニアにのみ受ける状態。TVを買い替える人が少ないのと、地方の民放の資金難で、地上波に来るのは当分無理。3Dと同じ末路を辿る?(最後は自信がない。数十年経てば、普及するかも知れない。それまで「TV放送」が残っていればの話。) (23:00)

  •   0
  •   0

6件のコメント

  1. JS:

    如何にもお役人様が作りそうな内容がスッカラカンの図ですね。「感心を持つ」とか「希望する」とかの文言に、自信の無さがにじみ出ています。誰も関心を持たず、誰も希望しなければ、うまくいかない責任が視聴者に向けられそうです。

    技術検討の次にコンテンツ検討をするというのは、これまで日本が散々失敗してきたパターンではないでしょうか。どんなコンテンツだったら家庭で4kや8kが必要になるのか、一つでも納得できる例を提示してもらいたいものです(実は、裏世界で使われるのが瞼に浮かびますw)。

    •   0
    •   0
  2. PiuLento:

    ●そう、すっからかんです。なるほど、お役人も自信が無いんですね。だったら無理は止めとけばいいのに。

    ああ、スパコンと同じく、まず用途を考えることは重要ですね。その点CDは、まずコンテンツありきだったので、成功したのかも知れませんね。ソニーは嫌いですがw

    > 一つでも納得できる例
    まったくです。家庭やTVではないですが、道端の監視カメラが8Kになったら悪い事できないです。技術はそういう方面に流れるかも知れませんね。

    あと、総務省主導だから「放送」にこだわっているようですが、馬鹿げています。まだまだ国は縦割りで動いているようですね。

    •   0
    •   0
  3. JS:

    最近パナソニックのスマートビエラのコマーシャルを全民放が放送拒否するという「事件」がありましたが、これを見て感じたことは、スマートテレビは意外とブレークするかも知れないということです。つまり、民放テレビ局はテレビでインターネットの情報が誰でも得られるようになると、自身の偏向報道やコンテンツの質の低さがバレバレになってしまうことを最も恐れているということです。

    アンチ既存テレビという流れが、スマートテレビの人気に火をつける可能性は十分あるのではないか、と最近考えています。

    •   1
    •   0
  4. PiuLento_mobile:

    ●確かにそうだと思います。スマートTVの次に買われるのは、インターネット専用端末となりそうです。ということは、もう、どうしてもTV離れは食い止められないってことですね。。。

    •   1
    •   0
  5. JS:

    良く考えてみたら、パナソニックはCM放送拒否は想定内だったかも知れませんね。スマートテレビを最初に使ってみようかと思う層は、たぶんインターネットユーザから出てくると思われますので、ネットでガンガンCM流せばいいだけですからね。

    •   0
    •   0
  6. PiuLento:

    ●JSさん、なるほど。確かにそうですね。

    •   0
    •   0

コメントを書く

名前    

メール 

URL