先日、画像管理アプリをXnViewMPに変えた。digiKam5(以下、digiKam)は重い(起動が遅いことがある、メモリを食う(メモリリーク)、いろいろな処理(特にDB関係)が重い)のと、UIの使い勝手が微妙にイライラするうえに変更できないからだ。移行先のXnViewMPは、以前試した時に比べて大分良くなったので、移行しても問題ないと考えた。とはいえ、いくつか問題があったので対処したら(→ 投稿1, 投稿2)かなり良くなったのだが、digiKamとコメント・カテゴリの格納場所(タグ)に違いがあってちょっと不便なので、その対応をした。なかなか手間が掛かったので書く。

そもそもの問題は、digiKamとXnViewMPがコメントとカテゴリを格納・取得するタグが違うため、digiKamで付けたコメントやカテゴリがそのままではXnViewMPでは表示・書き込みできないことだ。それらの違いを以下に示す。なお、digiKamのタグは、それ以前にWindowsで使っていたACDSeeが使用する(ACDSeeで設定したか、digiKamに移行する時に設定したか)タグも含んでいる可能性が高い。

コメントのタグ

  • digiKam: UserComment, Notes, Caption-Abstract, Descriptionの全部またはいずれか
  • XnViewMP: Comment, Description(補助?)

カテゴリのタグ

  • digiKam: Keywords, Subject, Categories(階層化して格納)の全部またはいずれか
  • XnViewMP: Keywords, HierarchicalSubject(階層化して格納)

コメントについては、XnViewMPではIPTC/XMPの編集機能を使えばdigiKamと同様に書き込むことができるが、標準的な扱い(例: サムネイルの下に表示する、コメントの編集で表示・編集する)ができないので不便だ。カテゴリも、カテゴリを付けるペーンでは表示されるのだが、標準的な扱い(例: サムネイルの下に表示する)ができないので不便だ。おそらく、将来のXnViewMPではできるようになると期待する(が、いつになるかは分からない)。

digiKamは結構柔軟に使用するタグを設定できるのだが、XnViewMPはそうではないので、標準的な扱いをしようとしたら、XnViewMPが使うタグに値を入れる必要がある。そこで、digiKamのコメント・カテゴリをXnViewMPにコピーすることにした。まず、XnViewMPの機能でやろうとしたのだが、変更ができないタグが多くて無理だった。今にして思えばdigiKamでやればできたかも知れないが、そうはしなかった。というのは、既にXnViewMPに乗り換えた後だったので、「もう使いたくない」という気持ちが大きかったからだと思う(digiKamが重いのが大きな理由だ)。それに、以下に書くように、単純なコピーでは済まなかったので、digiKamでやったら手作業で間違いが多くなっただろうし、対象の画像の数が多くてかなりの時間が掛かっただろうから、使わなくて正解だったと思う。

作業の前にいろいろな画像のコメントを調べたら、digiKamの前に使っていたACDSeeのせいなのか、UserComment, Notes, Caption-Abstract, Descriptionの全部に入っている訳ではなく、どれか3つ(確か前の3者)とか1つだけ(Description)の場合があった(おそらく、DescriptionはACDSeeが付けたのではないか)。更に、元々のコメントに気付かずに(コメントがないと思って)XnViewMPでコメントを付けてしまった画像が数十枚あり、そういう画像は2つの異なるコメントが付いている状態になっていた(この移行作業をしようと思った大きな切っ掛けだ)。

そこで、以下のような処理をした(試行錯誤したので、最初から一気に分かった・した訳ではない)。

コメントの移行処理

  1. 画像にCommentがなかったら、
    • それにUserComment, Notes, Caption-Abstract, Descriptionのいずれか(digiKamのコメント)が付いていたら、最初に見付かったものをCommentにコピーする。
  2. 画像にComment(XnViewMPで付けたコメント)とdigiKamのコメントが両方付いていて、双方が異なっていたら、
    • 後者(digiKam)の後にセパレータを挟んで前者(XnViewMP)を追加(digiKamのコメントを先に付けたため)したものをCommentにする。
    • 以下に処理の例を示す(時間的順序とは逆だが、その画像の元々のCommentタグはXnViewMPのものだったので、そのようなセパレータにした)。
      • digiKamのコメント
      • --- Orig. Comment ---
      • XnViewMPのコメント

カテゴリの移行処理

  1. 画像にKeywordsがなかったら、
    • Subjectが付いていたら、Keywordsにコピーする。

カテゴリは、上記の処理以外にCategoriesに従ってHierarchicalSubjectを設定しないと完全ではないのだが、書式の変換が要るから間違う可能性があるのと、数が多い(約1.5万個)ため諦めた(数が多くても時間を掛ければ処理できるが、クラウドバックアップの変更データ量が数十GBにも及ぶため、バックアップ時間が長くなるのとしばらく料金が増えるのが嫌だった。とは言え、1か月50セント未満でしかないが)。HierarchicalSubjectを設定しなくても、カテゴリ設定ペーンやマウスオーバーでは表示できるので、(画像の下に表示するのは諦めて、)それで代替することにした。

マウスオーバーでは表示できるけど画像の下に出せないのは、単純にXnViewMPの未実装な点なので、将来はできるようになりそうな気がする。

書いたあとで、ちょっと確認しようとしてexiftoolでCategoriesを出したら、"(none)"になってしまった。いろいろ試したら、exiftoolのオプションとして、普通に"-Categories"でなく、"-XMP:Categories"や"-All:Categories"のようにグループを指定しないと駄目なようだ。理由は不明だが、仮に階層化カテゴリのコピーもやったら、多くが"(none)"になって、とんでもない処理をするところだった。危ない危ない。。。

タグの操作には主にexiftoolを使った。基本的な処理はexiftool単体(コマンド1行)でできた(ただ、上述のように処理が複雑なためにコマンド文字列がかなり長くなったので、スクリプト中で一時的なスクリプトを作り、それでexiftoolを実行するようにした)※。なお、exiftoolはsymblic linkの実体(リンク先)を処理せず、通常のファイルに変更してしまうため、あらかじめ除外した(多くの場合には、-overwrite_original_in_placeを指定すれば問題ないと思う)。

※exiftoolの機能の豊富さには驚くし便利だとは思うが、進む方向がなんか違うと思う。

処理後に、exiftoolを使う別のスクリプトで、全画像に対して移行処理ができているかの確認をした。こちらは、上記処理に不足や問題がないかの確認もしたかったので、exiftoolでタグの値を取り出して判定する別のスクリプトで行った。

※今回作ったスクリプトやexiftoolのコマンド文字列は有用ではあるが、機能が特殊なうえに、そもそもユーザー(使いたいであろう人)がほとんど居なさそうなので、例によって公開はしない。要る方がいらっしゃいましたら、お知らせ下さい。

 

PS. それにしても、なぜ同じ意味を格納するタグがこんなにあるのかと思う。ACDSeeも合わせて調べたら、以下のよう仕様になっているようだ。

コメント

  • ACDSee: Description ← digiKamへの移行時にexiftoolで書き込んだ。
  • digiKam: UserComment, Notes, Caption-Abstract, Description, ImageDescription(文字化け): ImageDescription以外は、どれかあれば使われるようだ。
  • XnViewMP: Comment, Description: Comment以外は表示できない局面がある。

カテゴリ

  • ACDSee: Categories(階層化) ← digiKamへの移行時にexiftoolで書き込んだ。
  • digiKam: Keywords, Subject, TagsList, Categories(階層化), CatalogSets(階層化)など: どれかあれば使われるようだ。
  • XnViewMP: Keywords, Subject, HierarchicalSubject(階層化): Keywords以外は表示できない局面があり、HierarchicalSubjectがないと階層が保存されない。

ACDSeeは「マイルール」でやっており(実際にはexiftoolで書き込んだのでタグは関係ないが、exiftoolを使わなくてはいけないほど、汎用性がなかった)、digiKamは節操がない感じ(設定可能なので、実際には互換性を広げるための機能だ)で、XnViewMPはちょっとズレているうえに一貫性や柔軟性がない。こういうのは不便なので、アプリごとにタグをバラバラにせずに統一して欲しい。

まあ、それでも、EXIFでタグの記録フォーマットが統一されているので、exiftoolのようなツールを使えばいくらでも変換できるから助かる。これがもし、独自フォーマットのDBだったら、どうにもならない(コメントなどを移行できない → 打ち込み直し?)事態に陥ることになる。実際、ACDSeeは基本はDBだが、各ファイルのタグに書き込むことも可能で(これがあって助かった)、digiKamに移る時に全部に書き込んだ覚えがある。 ← すっかり忘れていたが、実際にはexiftoolで書き込んでいた

  •   0
  •   0

コメントを書く

名前    

メール 

URL