迷惑メールが来た時、なぜか、"unsolicited"という単語が頭に浮かぶ。これの読み方すら分からないのだがw 大昔、ネットニュースか何かで目にしたのが記憶に残っているのだろう。

近頃、それにぴったりの、まさにunsolicitedなクソメールが来たので、紹介したい。これは何というか、海外からのお馬鹿メールと違って本当にunsolicitedで頭に来たので、書くことにした。

先週、eleven-tenthsの飯塚とかいう奴(どうせロボットだろう)から、「アーティクル記事の掲載について - スポンサーシップのお願い - blog.piulento.net」という題のメールが来た。もう、この題だけで大笑いなので、放置した。だって、「アーティクル記事」って何ですか? こいつは自分で使っている「article」の意味も分からないのか? 全部日本語にしたら、「記事記事」だぜ。そんな能なしにどんなに金を積まれたって、クソ提灯記事を載せるのはまっぴらだ! そもそも、ここに広告だの他人の記事を載せるつもりは全くない。まず、そういうことを確認してから出せ。

放置して忘れていたら、昨日、そのアホがのこのことまた出して来た。「確認メール アーティクル記事の掲載について - blog.piulento.net」(最初の空白は全角)だと。勝手に出して来たメールへの返事を催促するとは、これぞまさにunsolicited mailだ。ムカつく。

こんにちは。

大変お世話になっております。
お忙しいところ恐れ入りますが、blog.piulento.netさまのウェブサイト上に記事を掲載させて頂く私からの提案を考慮されて頂いておりますでしょうか?
blog.piulento.netさまにご協力頂けると大変光栄に存じます。

何卒よろしくお願い申し上げます。

飯塚

飯塚の世話なんてしてないよ! お前の提案なんて誰が考慮するか。アホ。少しでも脳味噌があったら、返事のない意味を理解しろって感じだ(まあ、これもロボットなんだろう)。

それだけでなく、鬱陶しいので、これに書いてあったメール不要の返信("UNSUBSCRIBE")を出したら(やっぱり、出したのは馬鹿だった)、今日、株式会社もしもの松本 法子(空白は全角w これもロボットだろうから、そのまま載せる)とかいうのから「報酬アップAmazon Music Unlimited 500円→1200円、広告掲載のご相談」というのが来た。以下、見せしめのため、全文掲載する(ただし、真に受けて登録する被害者を生まないように、登録用URLは削除した)。

突然のご連絡恐れ入ります。
もしもアフィリエイトの松本法子と申します。

弊社はもしもアフィリエイトというASPを運営しております。
今回、【Amazon Music Unlimited】の報酬アップキャンペーンのお知らせをさせて頂きたく、連絡致しました。

【通常報酬の500円が1200円】に報酬アップしております。
期間は2019年5月8日までです。

Amazon Music Unlimitedは、4000万曲以上が効き放題の音楽サービスです。
Prime会員なら月額780円と、競合他社は900円代が多い為他社と比べても紹介しやすいと思います。

詳細は以下をご覧ください。(ログイン後ページ)
(URLは削除)

もしもアフィリエイトの登録は以下URLからできます。
(URLは削除)

また、弊社は振り込み手数料無料、報酬も弊社から10%上乗せしてお支払いしています。
(報酬が10000円の場合、11000円のお振込みになります。)

是非、この機会に記事作成いただき、貴サイトの成果向上にお役立てください。
またご不明点がございましたらご連絡いただければ幸いです。

何卒、宜しくお願いいたします。

-------------------------------------------
株式会社もしも
松本 法子

〒140-0002
東京都品川区東品川2丁目2-24
天王洲セントラルタワー12階
MAIL: n.matsumoto@moshimo.co.jp
URL: http://www.moshimo.co.jp/

-------------------------------------------

へえ、Amazon Music Unlimitedは、4000万曲以上が効き放題(ママ)の音楽サービスなんですか、すごいねー。どんな症状に効くのかな? そのうえ、Prime会員なら月額780円なんて安いねー(棒読み)w 更に10%も上積みなんて、そんなに儲かるなら、自分でやればいいじゃん! (どこの金利よりもいいから、マジでやればいいのに) ところで、ASPってなんだっけ?w

もしも、もしもが少しはまともなんだとしてもw、少しはサイトを読んでから出せよ。何も読まずに出して来るなんて全くの手抜きだ。それだけでunsolicitedの極みだし、何万通出しても効果なんて出ないだろう。

見事にUNSUBSCRIBEの罠に引っ掛かった感じだが、これからも来るならアドレスを変えるから別に問題ない(その点は、Googleには大変お世話になっている)。

知らねーよ! eleven-tenthsだの株式会社もしもなんて!

 

PS. 細かいことだけど、IT関係者のリテラシーを見る(というか、そもそもIT関係者かどうかを調べる)のに、全角空白・アルファベットとか半角カナは最初のフィルタにはとても良い。

  •   1
  •   0

コメントを書く

名前    

メール 

URL