このブログでは、投稿後5年経過したものを自動で非表示にしている(以下、自動expire)。ただ、需要の点から一部の投稿(「MusicBeeの使い方」)は表示させたままにしたくなった。

今は自作のスクリプト(以下、expireスクリプト)で自動expireの処理をしているのだが、探すと自動expireするプラグインはいくつかあるから、それで手軽に実現できるなら乗り換えようと思った。が、どれも僕の要求をすべては満足できないことが分かった※。以下に要求と理由を示す。

  • 新規記事がデフォルトで自動expire対象になる。: 毎回設定するのは面倒だし、設定し忘れを防ぎたい。
  • (非表示になる日でなく)非表示までの期間(日数)が指定できる。: 日付を考えることなく、例えば「5年」という設定にしたい。
  • 自動expireした投稿にカテゴリやタグが付けられる。: 意図して非表示にしたものと、期限切れで非表示になったものを区別したい。
  • 可能なら、何もせずに既存の投稿が自動expire対象になる。: 最初に全部の既存の投稿に非表示までの期間を設定するのは手間(負荷が掛かる)なので。

※試したうちで一番要求に近かったプラグインは、Post ExpiratorとContent Schedulerだった。二つを合わせるといい感じなのだが。。。

それで、expireスクリプトを改良することにした。方法としては、自動expireさせたくない投稿にWordPressの管理画面で「印」(以下、保持マーク)を付けておき、expireスクリプトは、その保持マークがあるものは期限切れでも非表示にしないようにする(= 非表示対象にしない)のだ。

至ってシンプルで容易に実装できるのだが、すごく細かいところが気になった。どのような手段で保持マークを格納するかである。以下を検討した。

  • 「自動expireしない」というカテゴリを追加する。
  • 「自動expireしない」というタグを追加する。
  • 「自動expireしない」というカスタムフィールドと値を設定する。

カテゴリは一番使いやすいのだが、「自動expireしない」というのは属性なので、カテゴリ(投稿の分類・分野)にするにはふさわしくない気がした。実際には、非表示になっている投稿には期限切れになったことを示すカテゴリが付いているからそれと似たようなものなのだが、避けたい気がした(非表示になっている投稿の余計なカテゴリは、(その投稿自体が非表示なので、)外からは見えない点は異なる)。

タグもまあまあ使いやすいのだが、カテゴリ同様にふさわしくない気がする(ところで、タグとは何なんだろうか? 投稿のキーワード?)のと、投稿の下に表示されて今ひとつ美しくない(カテゴリも同様)。あと、一括して設定できるのに、一括して解除する方法がないのも不便だ(プラグインでもいいものがなかった)。

カスタムフィールドは、まさに属性を設定・格納する機能なので、「机上」では理想的で、投稿に見えないところもいいのだが、全然使いやすくない。プラグインを使わないと一括して設定・解除できないし、管理画面の投稿一覧に表示もできないし、検索もできない。投稿に見えないから、どうして残っているのかも分からない。

結構迷ったのだが、タグを使うことにした。投稿の下に表示される点は、見えることで残っている理由が分かるメリットはあるし、隠したくなった場合にはテーマを直せばどうにでもできるし、一括して解除できない点は、今のところ自動expireさせない投稿は少ないから、できなくても大きな問題ではない(もし多くなったら、スクリプトを作ればいい)と考えた。

なお、自動expireにしないタグは""と表示するようにした。これなら、一見意味不明(だけど、何となく重要そうなことが分かるw)で普通のタグ(文字列)とは区別できていいと思ったのだ(まあ、実際には僕はタグを使わないのだが)。本当は、(さまざまな案はあったものの、)金庫とか錠の絵文字が良かったのだが、(広く使える絵文字は)探しても見つからなかった。

自動expireにしないタグを付けた投稿の例

その機能を実装したので、明日テスト結果が出る。ちゃんと動いていたら、「MusicBeeの使い方」の各投稿にそのタグを付ければ、無事、「保全措置」が終わる。予定より随分前倒しだ(もっと先にすべきことはあるのだが、なかなか進まないw)。

(19:37 細かい修正・画像の追加)

 

PS. 余談だが、「MusicBeeの使い方」を電子書籍にすることも検討した。が、最新版のMusicBeeに対応していないことと(最新版はその次に対応しようかとも思った)、(自分の興味を除き、)電子書籍にすることにそれほど大きなメリットが感じられなかったのと、自分の仕事のプロモーションにするとしても、効果やその先が期待できなかったからである。もし効果があるのであれば、形態に関わらず既にあるはずだと思うのだ。

PS2. あとから気付いたのだが、「MusicBeeの使い方」だけならば、WordPressの「固定ページ」というものに変換すれば自動expireにはならない。ただ、ページのURLが変わってしまって見る方が不便だし(以前、国税庁が顰蹙をかっていた)、検索もリセットされてしまうので、そうしない方が良かっただろう。もちろん、従来のブログのURLからジャンプさせるようにもできるが、仕組みが複雑になって間違いが起こりやすいので得策ではない。 (2/4 6:53)

  •   0
  •   1

コメントを書く

名前    

メール 

URL