技術面ではなく(簡単だという意味ではない)、「僕が気に入る演奏が少ない」という意味である。昨夜、ふと聴きたくなってSpotifyを漁っていたのだが、許せる人が全然居なかった。正確には、大好きなゼルキンは全然間違いないし(「鉄板」)、内田もピレシュも問題ないし、昨夜最初に掛けたアンスネスもいいのだが、いいと分かっているものをわざわざ聴くのではおもしろくないので他を探したのだが、おそらく10人以上試しても全然見つからなかった。

自分でも物好きだと思うのは、そうやって何度も同じ曲を(途中まで)取っ替え引っ替えしても、疲れはするものの、全然飽きないことだ。

そして今、振り出しに戻って、アンスネスの(2000)を聴いている。

彼の演奏は結構癖がある(素直そのもののゼルキンの(1982)とは全然違う)のだが、なぜか許せる。きっと、(僕にとって)何かいいもの、グッとくるものがあるだろう。技術があるのはもちろんだが、強い信念があるように感じる。そういうのには大抵反発するのだが、不思議と許せるもののようだ。

僕にとっては、(下手はもちろん駄目で、)普通も、奇をてらっても、わざとらしくても、この曲らしさを失っても(例: 音が薄い)駄目なのだ。まったく針の穴のように狭い。

彼のラフマニノフのピアノ協奏曲第2, 3番を最初に聴いた時は余り好きになれなかったが、近頃は大丈夫だ。そして、モーツァルトもラフマニノフもいいという点で、ルガンスキー(彼の演奏(2007)は今ひとつだった: 彼のモーツァルトは最高ではない、ラフマニノフほどすごくはない、と思った)を超えているのかも知れない。もちろん、「僕の中」での話である。

 

PS. 今日、自分でもおもしろかったのは、使う楽器でかなり印象が違ったことだ。フォルテピアノはもちろん好きでないのだが、遠山慶子という人のベーゼンドルファーでの演奏(2000)はどうも気に入らなかった(結構期待して聴いたのだが・・・)。音は澄んでいて綺麗だとは思うのだが、フォルテピアノみたいに弱くて芯が細いのだ。一方、同じアルバムのスタインウェイ(楽器の区別はwebによる)での第21番は悪くなかったから、僕はスタインウェイの「鋼の音」、骨太で凄みがあって、しかもきらびやかな音が好みのようだ(もちろん、それがモーツァルトに適しているのかは、議論のあるところだろう)。ヤマハやカワイは知らないw

  •   0
  •   0

コメントを書く

名前    

メール 

URL