近頃、ある家族(A)の言動に妙なわだかまりを感じた。本人はPCを使わずガラケーなのでここを読むこともないだろうから、書くことにする。生臭い話だが、(将来の)相続に関係することだ。

Aは、学生の頃に父からマンションを与えられていた。父の死後もそれをずっと使っていて、税金や管理費や家賃を母に払っていたそうだ(僕はその額がどのくらいかは知らなかった)。

先日、そのマンションを将来どうするかという話になって、僕はAが今のうちに母から買い取るべきだと書いた(普通の相続も可能だが、ちょっと理由があって、そうでない方法も提示した)。更に、贈与してもらうことも可能だが、それは不公平な気がするとも書いたのだが、これがAにはカチンと来たようだ。Aの言い分はこうだった。

ずっと(数十年)、家賃などを支払っていて、その額は当時の購入価格を超えているから、贈与が不公平というのは当たらない。

なかなか唖然としたが、そのマンションの対価を求めたかった訳ではないので、そこは「分かりました。済みません」程度で終わらせたが、今にして思えば、「不公平」と書いた時は、なんかそんな気がしたからそうしたのだが、実は根深い理由があることに気付いた。

Aがマンションを与えられた当時、僕も学生だったか社会人になったばかりだった。その前も後も、僕はそんなに高価な物を与えられたことはなかった(そういえば、マンションをもらうどころか、借金の保証人になれと言われたことすらあった)。逆に、父が遺した失敗の尻拭いのために、さまざまな苦労や出費をさせられたくらいだ。そのせいで人生を狂わされたと言っても過言ではない(でも、今は、それは父の失敗のせいだけではなかったから仕方ないことだし、もし狂わなかったらとんでもないことになっていたから、その結果(今の状況)自体は悪くないと思っている)。

自分の部屋があれば、(簡単には引っ越せないデメリットはあるものの、)生活は随分楽だっただろう。何しろ、家賃を滞納したって追い出されないし、部屋をどう使ったっていいのだから。

Aは、若い頃に高額な利益を受け、その後も日頃の利益を享受し続けて来た。その利益に対して対価(家賃など)を払うのは当たり前で、何も威張れないはずだ。そのお金はその部屋を買う前提ではなく、住んでいるから払っていたものだった。それなのに、今になって今までの積算額が購入額を超えているからもらえて当然だっていう論理は通らないと思う。それなら、賃貸に長く住めば部屋がもらえることになるではないか。実は、僕は、Aが部屋を購入するということになったら、「今まで出した分で相殺してもらえば、安くなるよ」と言おうと思っていたのだが、大甘だったようだ。

要するに、僕が納得できないのは、(上の繰り返しになるが、)当時の僕らの状況で受けた利益は、今での価値よりかなり高価だったはずで、その評価をしない、あるいは、僕の苦労を一顧だにしないのはおかしいということだ。

でもまあ、ああいうことを書いた人にこういうことを言っても理解されないだろうし、言ってもつまらない(多分、「じゃあ、いくらお金を払えばいいですか」とか言われそうだ)ので、言うつもりはない。単に、「はいはい、ご自由に。クソが」と思うだけだ。そもそも悪いのは原因を作った父なのだが、Aだって、何十年も親が買った部屋に住み続けて来てそのままでいいのかとか、この先どうするのかとか考えず何もしなかったのはおかしく、ある種のズルをして来たのだと思う。向こうは当然のことだと思っているのだろうが、こっちにすれば、それが「不公平」という言葉につながったのだろう。

最後に、「良くある話だけど僕らは関係ない」と思っていたが、相続になると家族の仲が悪くなってしまうってのはやっぱりあったようだ。皆さんも充分気を付けましょう。ただ、いつどういうことがあるか分からないので対策もあまりなさそうですから、「覚悟しましょう」が合っていそうです・・・

 

PS. 「非可換」を検索したら、おもしろいページを見つけた。小学校で掛け算の順番を間違える(正確には「間違い」ではなく、先生用の「あんちょこ」と逆に書く)と×になる話だ(僕の時はどうだったか記憶にないが、無意味な問題の列挙された「ドリル」には散々苦しめられた)。そんなことやってるから、日本は世界から取り残されるんだよ! でも、相続なんかよりこっちの方がずっと興味が持てるw

  •   0
  •   0

コメントを書く

名前    

メール 

URL