ISRC(International Standard Recording Code)は音楽の演奏(正確には録音)固有の識別記号で、世の中のレコードでもCDでも何でも、同じ録音なら同じ値で示せる。つまり、コンピュータの文字ならUnicode、日本の何か良く分からないシステムwならマイナンバーのようなものだ(どこかに書いてあった)と信じていたのだが、そうではなかったようだ。。。

というのは、今日、何の気なしに(という訳でもなく、別件の確認がてら)、開発中のシステムの再生履歴のページを見ていたら、表面的には何もなかったのだが、デバッグ情報に見慣れないメッセージが出ていたのだ。そして、再生履歴を確認したら、確かに再生したのに履歴に出ていない曲があったのだ。

その直接の原因は、どうも、「変なプレイリスト」を再生したからのようだ。いや、そもそもSpotifyなので、変なものはできないはずなのだが、海外の団体が作ったせいか、含まれている曲(の属性?)が日本には合っていなかったようなのだ。

更に詳しく書くと、そのプレイリストで再生した曲には他の曲同様にISRCが付いているのだが、それでSpotifyを検索しても出て来ないのだ。それではと、その曲の題名やアーティスト名で検索したら、ISRCが異なるものが出て来た。それだけなら、まあ、リマスターとかリミックスの可能性があるのだが、検索の結果はその1曲だけで、出て来なかったISRCの曲は含まれていないのだ。更に、MusicBrainzで検索したら、なんと、その曲には6個ものISRCが付いていた・・・ これって、ある人に6個のマイナンバーが付いていて、しかも、普通に検索しても分からず、それぞれ別の人に見えるのと同じことだ・・・ 破綻してるよ!

ちなみに、問題のプレイリストは"80s Classic Hits"で、曲は、Bon Joviの"You Give Love A Bad Name"(アルバムは"Slippery When Wet", 1986)である。「変な」ISRCはNLF059290010で、Spotifyで一般的らしいのはUSPR39402224だった。もちろん、それぞれSpotifyのIDも違う。Spotifyの検索API(Search for an Item)のwebでも出て来ない。ただ、SpotifyのIDから生成されるURLを指定すればちゃんと表示・再生できるので、日本では不可という訳ではないようだ。そして、MusicBrainzでは同じ曲(演奏)の扱いだ。もちろん、この曲だけでなく、変なのは他にもある(→ PS3)。

まあ、いろいろな可能性はあるだろうが、いろいろな国や地域のレーベルがいい加減なことをして、(その国や地域での)再発なのに新たなISRCを割り当ててしまったのではないか。システムを検討する時に参考にしたビートルズは厳密に管理されているから分からなかったが、普通のバンドではそこまで手が回らないのだろう。それは理解できるが、

全く困る!

これでは、何をもって、「この曲は聴いた」と判定すればいいのだ。曲の題名などでの判定なんて、全くできない。さまざまなバージョン違い(初出、再録、ライブ、リミックス・・・)があるからだ。もちろん、CDの型番なんて更にひどい。

という訳で、ISRCを曲(演奏)のIDに使っている、今作っている音楽再生履歴・評価管理システム(仮)の根幹が揺るいでしまった。実際にはISRC以外もIDとして使えるように考えていたので、全く無意味になった訳ではないが、結構ガクッと来た。

 

PS. まあ、西洋だからってものすごくちゃんとしている訳ではないってことだ(それでも日本よりはマシだと思うがw)。Unicodeだって、実際には妥協の産物のおぞましいもので(それでもJISやSJISやEUC、その混在よりはずっとマシだろう)、前にも書いたが、さまざまな似たような文字がてんこ盛りだ。

PS2. ISRCが駄目だとして、代わりをどうすればいいのか考えても、いい代替は浮かばない。現時点ではMusicBrainzのIDが一番まともだが、使うのは気が進まない。今はいいが、継続性に疑問があるからだ。

(5/29 13:25追記) 以前考えて保留にしているのは、音響指紋というものを使うことだ。簡単に言えば、その名のとおりだw 今はいろいろなプログラムが出ているようなので、計算するのは容易だ。ただ、計算が少し重いので気軽にはできないのと、その値をISRCのように短く表すことができない(MusicBrainzだと、アップロードしたものは短く表せるようだ)のと、公開DBがそれほどない(無料なのはMusicBrainz程度?)のが問題だ。

いずれにしても、なぜかMusicBrainzに依存するみちばかりで、ちょっと躊躇している。

まあ、MusicBrainzのサービスを使わなくても、指紋は演奏の同定だけに使うことにして曲情報はSpotifyやMusicBrainzやDiscogなどから(今は必然的にSpotifyになる)適宜取得するなら、MusicBrainzに依存しなくても行けそうではある。指紋を短くするのは、MD5とかCRCなどでダイジェスト処理すればできるから、(短くしたあとで重複しなければ、)それほど大きな問題ではないかも知れない。

この方法のメリットは、今回の問題のように、同じ曲なのに複数のISRCが振られていても、指紋は一緒になるはずなので、必ず(本当かなあ?)同じ曲だと分かることだ。

なんかいい感じがして来た(でも、今までの経験から、必ずどこかに落とし穴があるんだろう)w

さっそく落とし穴があった。Spotifyのような配信サービスでは、合法的に曲のデータ(ファイル)が取得できないから、自分では指紋が計算できない。サービス提供元が指紋を提供してくれるか、MusicBrainzなどの公開DBでISRCなどを使って検索して取得するしかない。

やっぱりMusicBrainzか・・・

指紋の取得元を特定のサービスに限定しないように作ればいい気もしたが、指紋の計算方式にはいろいろあるから、それは無理そうだ。この場合は指紋をDBに保存せずに、常にサーバから指紋を取得ればいいのかも知れないが、それにも欠点はある。

PS3. 他の「変な曲」は、これが問題に気付いた原因なのだが、ISRCでSpotifyを検索すると曲情報は出てくるが、その内容がおかしいのだ。形式的には正しいのだが、やっぱり元のプレイリストが「変」だったようで、そのプレイリストで再生した時の情報とは異なる曲しか出て来ない。例えば、検索で出て来た曲は、再生した時のものとはSpotifyのアルバムIDやトラックIDが異なっている(そして、普通に検索してもこれらが付いている曲は出て来ない)。そのために、僕の再生履歴DBの曲とマッチしなくて、再生履歴に出なかった。

こういう曲はISRCで検索できるからまだマシで、異なっている情報のうち、再生履歴DBにないもの(例: 曲再生用URL)はDBの内容(例: トラックID)で修復(補完)して表示できるようにした。ただ、DBにない情報は無理なので、例えばジャケット画像は出せず(「何か」出せばいいのなら、検索で出たものを使えばいいが、例えば、その曲が入った別のアルバムが出てしまう可能性もある)、そこが歯抜けになってしまう。

PS4. その後、Spotifyの検索API(Search for an Item)でISRCでの検索がまったくできなくなってしまったので、APIの機能が変わったのか(まだ、ドキュメントではできることになっている)、もともとあった不具合の影響が増大したのかも知れない。 (6/5 7:17) → 結局、この問題(ISRCで曲が検索できない)は、SpotifyのトラックIDで検索することで回避した。つまり、SpotifyのISRCはあてにならない(検索で出ないことがある)ようなので、そもそもSpotifyの曲なのだから、SpotifyのトラックIDで曲を検索すれば何も問題はなかったのだ。灯台下暗しとか、コロンブスの卵とでも言うのだろうか。 (6/5 19:51)

(6/5 7:17 加筆・追記)

  •   0
  •   0

コメントを書く

名前    

メール 

URL