今年は市のがん検診制度を利用して、胃がん検診は胃カメラにした。今までの会社の検診では「バリウム」だったが、あれで一体何が分かるのかと思う。胃カメラは費用や時間が掛かるといっても、こうやって市ですら安く提供できるのに、会社の検診センターではしない(「知らない・できないふり」)というのは、明らかな手抜きだと思うし、良識を疑う。人数が多くて大変なのは分かるが、働いていて本当に必要な人に無意味(逆に危険すらある)な検査をして、それでいいと思っているのかと思う。

案内が来るまでは、いわゆる「人間ドック」を考えていたのだが、3-4万円も掛かる(補助は出るものの1万円程度)ので、内容を検討したら、市の制度でもそれほど不足がないので、とりあえずはそれで済ませることにした。一番大きかったのは、胃カメラができることだ。そうでなかったら人間ドックにしたと思う。笑えるのは、人間ドックでもバリウムのところがあることだ。何だかねえ・・・ 不足なのは、腹部超音波だ。自費だと6千円くらい掛かるとのこと。自覚症状がある訳ではなく、今までも毎年していた訳でもなく、半ば趣味で受けていたのでw、来年にした。

探したら、意外にも近くの医院でも胃カメラができるので、久しぶりに行った。電話で聞いたら、慣れない方だったようで、最初はがん検診と特定検診を全部受ける話だったのに、中身の話になって「胃カメラをお願いします」と言ったら、胃カメラだけの話になってしまっていた。それでも、ちゃんと次回(結果を聞く日)は残りを受けられる手配をしたので、問題ない。

意外だったのは、同じ「胃カメラ」でも、通常のものとがん検診のものがあることだった。がん検診のものは、費用を抑えるために生検などはしないとのことだった。自覚症状はないし、去年も問題なかったし、問題があれば知らん顔することはないだろうから、その時はまた診てもらえばいいと思って安い方にした。それから、この医院(医師)は口でなく鼻から入れるのを推しているようだった。打ち合わせの時に鼻と言われて、やっぱり痛そうだし、僕は鼻が詰まり気味で中が狭そうだからちょっと遠慮したのだが、鼻からしたいようだった。それで、鼻が駄目なら口に変更できると言っていたので、嫌な予感はしたものの、物は試しと鼻で同意した。

検査は先週の予定だったのだが、所要である病院に行ったら調子がすごく悪くなってしまい、今日に延ばしてもらった。準備の時に、看護師さんがパイプを挿してどちらの鼻の穴が通りやすそうか調べたら、どちらも入らなくて笑った。慢性鼻炎(鼻詰まり)のせいで中が狭くなっているようだ。それで口に切り替えたと思ったのだが(実際、喉の麻酔もした)、医師は鼻にチャレンジする気満々で、嫌な予感はしたのだが、さすがに止められないからやらせておいたら、意外なことに、最初に右から入れたらスルっと入った。(じゃがさんの情報で)心配していたのだが、鼻は痛くなかった。麻酔が効いたせいかも知れないが、腕がいいのだろう。

管は結構太かった。去年の口からのと同じくらいで、直径5mmはありそうだった。事前に見ていて、「これは無理だろう」と思っていたが、上に書いたようにスルっと入ってしまった。でも、喉は何度も「おえっ」となったので、鼻だからといって全く楽な訳でもなさそうだ。「おえっ」とはなったが、今回の医師は去年よりは上手だと思った。看護師さんも親しみやすくて良かった。

検査中にやたらにほめられて、少し気分が良かったw ただ、看護師さんも医師も、なぜか「上手ですよー」とほめてくれたが、鼻や喉に管を通されるのに上手も下手もあるのだろうか?w そもそも、上手なのは医師と看護師さんだ。

検査後に画像を見た感じでは、大きな問題はなさそうとのことだった。ただ、長年のピロリ菌(除菌済み)のせいで胃壁がザラザラ・デコボコだとか、逆流性食道炎などはあった。たまにある胸焼けもそのせいとのことだった。いい薬があって、最初に連続して飲めば、あとは胸焼けの時に飲むだけでいいというのを処方してもらった。対症療法でずっと飲み続けるのは嫌だが、それならいいと思った。

そして、一番問題なのは血圧だった。医師はそれほどでもなかったが、看護師さんは結構心配してくれて、何度も測り直してくれた。去年から約1年間様子を見ていたのだが、暑くなっても下がる気配がないので、検診などが一段落したらそこで診てもらおうと思っている。今は、上が平均150mmHg前後で、結構頻繁に軽い頭痛がするようになったので、薬も仕方ない。

あと、今年から無料で受けられるという風疹の抗体検査を、先日の打ち合わせのついでにしてもらって、今日結果を教えてもらった。自分では罹った記憶がなく、予防接種もしてないのに「抗体あり」なのは意外だったのだが、かなり多い(200以上)ので、充分接種の必要がないというのがおもしろかった。はしかになったのは記憶にあるが風疹はなく、いつの間にか罹って治っていたのだろうか。風疹をはしかとか水疱瘡と思い込んでいたのかも知れない(昔は、そういうのは特に医者に行くこともなく、行っても特に検査などせず、数日間休んで寝てれば良かったので)。だから、逆にそこら辺の抗体がなくて、あとで罹ってひどい目に遭うのだろうかと今気付いた。が、まあそれもおもしろいからいい(本当に??)。

胃カメラの費用は3200円くらいだった。ただ、逆流性食道炎の薬が出たので、その費用は別に掛かった。

次回持参する大腸がんの検便の説明を看護師さんが丁寧にしてくれたのは、いくら何度もやって慣れているとはいえ、今までそんな説明なんてなかったので、ありがたかったしうれしかった。しかも、(小さくて書きにくいから、)日付を容器に書かなくても、袋に書くだけでいいという、細かい親切心もありがたかった。

結構、小さい子連れの父親(単独)が多くて感心したし、時代を感じた。あの医院は、子どもなどで混んではいるが、雰囲気が良くて、行くと元気が出るのがいい。先日行っただけでなぜか体力を奪われた大病院とはエラい違いだ。ただ、帰って食事をしたら、さすがに疲れが出て来て眠い。と言いつつ、これを書いてしまったw

 

(17:15 加筆・修正)

  •   0
  •   1

12件のコメント

  1. naoki:

    胃カメラお疲れ様でしたー。

    行くと元気が出る医院、見てみたいです。今までそんな医療機関を見たことがありません。(特に僕がいたところなんか最悪ですw)

    血圧は、高いと血管に良くないので薬飲んじゃったほうが良いですね。というか、自覚症状まであったんですね。

    僕も風疹の抗体検査の案内が来ました。そしてエントリにはありませんがBackBlazeの更新メールが来ました(7月更新)。いろいろ奇遇ですね。

    •   1
    •   0
  2. れんと:

    ●ありがとうございます。そうですね、1年間自分で経過を見て諦めの境地になりましたしw、本当に血管に悪い気がし出してますので、薬は飲みます。

    その医院は何がいいのか考えてみると、スタッフが若くて明るいのが大きいのかも知れません。医師も明るくてとっつきやすくていいです。あと、女性の制服が可愛いです。カフェの店員さん風です。いや、それは関係ないかも知れませんねw

    Backblazeは、次の投稿に書いたような、うれしい顛末になりました。

    •   0
    •   1
  3. れんと:

    ●聞かれてもいないのですが、その医院の制服はなかなか微妙です。僕的には微妙なところで(医院としては)「なし」の範疇ですが、いいか悪いかでは「いい」ですw

    昔はこんな感じ(イメージ)で良かったです。今もその面影はあります。
    https://www.paylessimages.jp/detail.php?id=gf1420719614

    が、今は、どことなく下のような雰囲気が漂って来て、結構危ないです。
    https://otamart.com/items/15564394/

    が、誰も眉をひそめず文句も言わないところを見ると、僕の考え過ぎでしょうw

    •   0
    •   0
  4. jaguarmen_99:

    ええー…医療関係でこんな制服あるのぉ〜??と驚いております。

    お疲れさまでございました。無事に済まされ、ラクな道が見つかったのは発見だったかと思います。痛くなかったんですね。私はスルッと入るんですけど、あとで鼻痛い!とか出るんです。入りづらい人でも痛みなし、とはどうも相性あるんですねぇ。

    •   0
    •   0
  5. れんと:

    ●ははは。制服は印象・イメージですので、実際とは全然違いますが(探してもなかったんです)、本当に僕の受けた印象ですので、是非じゃがさんにも見て頂きたいですw あ、僕がすごい色眼鏡ジジイなんでしょうか(爆)

    ありがとうございます。そう、僕も意外でしたが、「うまい道」があったようです。あとの痛みもなかったですから、悪くなかったです。まあ、やってる時は涙とか「おえ」とか盛大に出ましたけどねw

    •   0
    •   0
  6. naoki:

    制服、本当は気になってましたw

    そして、医療機関として僕もあの制服はナシですけども、あのメイクじゃなくて1枚目の店員さんくらいのナチュラルメイクならアリですw

    ……しかし、どこから仕入れたのか疑問です。医療機関の制服って、医療機関向けの制服カタログから選ぶので(勤めていた医療機関がそうで、たぶんどこもそう)、あまり派手なのはないと思うんですが、その医療機関は、革新的に別のところから選んだのかもです。

    •   1
    •   0
  7. れんと:

    ●そうでしたか、良かったです(謎)w

    カタログは、僕も思い付いて、今いろいろ調べてみましたが、あそこのは全然なかったです。「いかにも」なのは、
    https://www.tokyouniform.com/shop/medicaldepot/shop/item.php?cd=JO11660
    のようなのだと思いますが、それとは180°違います(こういう普通の(千鳥格子+暗いスカート)も好きですが、って聞かれてもいませんねw)。

    何が違うのか考えてみますと、事務に必要であろう、落ち着き感とかタイトな感じがないことです。前に挙げたのは、スカートの色こそ黒ですが、まったく落ち着きがないですが、それなんです。要は、悪く言えばコスプレ的雰囲気です。ちょっとドキッとする場面もあります。それでお母さんたちは反発しないものかと思いますが、なぜかセーフなようです。

    きっと、院長(医師)の趣味なのかと思いますが、まあ、僕は、その人の言動などと成果は無関係の主義だし、その制服が嫌いではないので、全く歓迎ですw

    でも、受付の人たちにしてみれば結構辛いかも知れません。歳取ったら、なかなか無理があるので・・・

    •   0
    •   0
  8. れんと:

    ●補足ですが、さすがに看護師さんはそれだと作業に差し支えるようで(想像)、もう少し落ち着いていた感じで、スボンです。

    •   0
    •   0
  9. naoki:

    開業医だと、院長の意向というのはかなりあると思います。やりたい放題ですw

    挙げていただいたURLの制服、僕が勤めてたところのと、とても似てました。首周りのフワフワはありませんでしたけど。

    いつも3年毎くらいに替えるので、今はもう違うデザインなんだろうな~。

    しかしまあ、医療機関なのに黒ってのも、喪を連想させるので、通常はやらないんですけどね。やっぱ院長ですかねw

    •   0
    •   0
  10. れんと:

    ●済みません。スカートの色は黒ではないです。僕の印象に最も近そうなのが、あの小悪魔的な写真だったんです。

    いずれにしても、やりたい放題な感じはしますw

    •   2
    •   0
  11. j:

    また、看護婦さんに挑戦して下さい。当たって砕ける

    •   0
    •   1
  12. れんと:

    ●ははは。もう、当たって砕け過ぎちゃって、粉末だよw

    •   0
    •   0

コメントを書く

名前    

メール 

URL