先週ちょっと外出した。近場の候補の会社の下見(偵察)のついでに、以前からしようと思っていてできなかったことをした。それは、題に書いたことを確かめることだ。当時は、どういう訳か、誰に教わった訳でもないのに、その、遠くに小さく見えた白い山を富士山だと思い込んでおり(僕は昔から思い込みが激しかった)、一緒に通学していた妹に自信満々に言った記憶がある。もし間違っていたら、どうするつもりだったのだろうか?w

最初に、候補の会社に向かった。外観は悪くなかった。が、今にして思えば、ちょっと手狭な感じはする。例えば、パラボラアンテナが建物の間に設置されていて、確かに周囲は空いては居たが、その辺りはそこまで土地がない訳ではないから、「もっと広いところに置けばいいのに」と思った(なんか、センスの悪さのようなものを感じた)。

外見は悪くなかったので、真面目に応募を考えようと、帰ってからその会社の求人の仕事の内容について(記述が漠然としていたので)質問を出したのだが、週末まで待っても(これが読まれている現在でも)回答がなかったので却下した。自分たちで出した求人に対する質問に数日間掛けても回答できないようでは、体質が察せられる。

想像するに、偉い人が時流に乗ろうと漠然と思い付いた「新しい事業」を言われたなりにテキトーに書いて出したので、具体的な内容について回答できないのだろう。ありのままを書くこともできず、ずっと添削でもしているのではないか。そして、いいことだけを想像して入ってしまった人には、「(誰も詳しくないから、一人で)自由に大いに頑張ってくれ。よろしく!」の世界なのだと想像した。

そういうのは自由にできておもしろいこともあるけど、大抵は、頑張っても認められずに(というのは、一口に「新しい事業を始める」と言っても、短時間で立ち上げるのは難しいし、それが成功する確率はとても低いからだ)、骨折り損とかドン・キホーテ状態になったり、偉い人の気が変わって努力が水の泡になることがあるので、僕はもういい。

それから、昔の通学路の近くに行き、「現場」まで軽く散歩した。廃業した園芸店の駐車場に車を停めた。田舎なので、営業を止めても駐車場を開放(というか放置?)しているようだ。歩く距離が少し短くなって助かった。辺りはすっかり変わっていた。訳ではなくw、田畑ばかりで昔の面影が残っていた。懐かしい感じもしたが、大昔のことなので、どの経路で通学していたのかあやふやだった。ちょっと歩いたら現場に着いた。事前に地図で見た時には結構歩きそうだと思っていたが、十分くらいで近かった。それでも、蒸し暑かったので汗が出た。

さっそく、山を確認すべく、スマフォの、遠くに見える山の名前を確認するアプリ(AR山ナビだったと思う)を起動した。以前、こういうアプリがあることをなおきさんに教えてもらって、それからずっと機会を伺っていたのだ。

早速、当時富士山らしき山が見えた方を映した。が、思わぬ結果になった。富士山など全く出ず、近く(約30km以内のようだった)の山ばかりだったのだ。良く考えれば当たり前だ。富士山ほど遠くの山を出すとしたら、その途中のおびただしい数の山も出すことになって、訳が分からなくなるだろう。アプリを選ぶ時に、山の高さとか距離でフィルタリングできるものとか山の名前で検索できるもの(もしあれば)にすれば良かったのだろう。仕方ないからあとで地図などで確認することにして、確認の補助にするためにアプリの画面と地図をキャプチャし、その辺りの写真を撮って車に戻った。

辺りにはぽつぽつと民家があって、その一軒の庭先でお婆さんが作業をしていたが、子どもの頃からその家のことは知らなかったので、もちろん挨拶などしなかった。田舎では道を歩く人はほとんど居ないし、何の変哲もない畑を写真に撮っていたから、きっと「不審者」と思われていたことだろうw

それから、いつものデニーズで昼食にした。

休日の昼時だったけど運良く待たずに座れたのだが、出て来た小泉さん(仮)の雰囲気が変わってしまったように感じてがっかりした。しかも、混んでいるせいか、なかなか注文を取りに来ず、イライラしていたら、本物の小泉さんが来たので驚いた。最初の人は小泉さんではなかったのだ。服が違っていたので別人と分かった。「本物」はいつものようににこやかで良かった。顔や声が似ていたから、妹だったのだろうか? 謎だ。冷麺+カルビご飯を食べた。サラダやノンアルコールビールも頼んだら、1700円を超えた。

その後、軽く、旧粟野町や同西方町の辺りまでドライブして帰って来た。相変わらず気持ち良く運転できた。62km、4時間(その日の全体)。

帰宅してから、あの山が富士山かどうかを確認した。最初は地図などで調べようと思ったのだが、遠距離(160km以上)のため、地球の曲率などの難しい計算が要りそうだからどうしたものかと思ったが、今は便利で、ある場所から富士山が見えるかを調べる地図(携帯電話のサービスエリアのような感じ)があった。富士山ココというサイトで、見え方は分からないものの、すごく便利だった。

それによれば、小学校時代の通学路からは南西に富士山が見えるようだ。通学路辺りが少し高くなっていたためだろうか、その辺りが筋状に見える領域になっている。更に、その方向は山林などでなく、畑で開けていた(る)ので、実際に見えたのだろう。見え方はこのページのような感じ(もう少し小さく見えた)だったので、確かに富士山だと思われる。ただ、方向は南西より少し西寄り(西南西)だった記憶があるのだが、その地図では南西だった。大昔のことなので、記憶があやふやになっているのだろう。当時はスマフォもデジカメもなくて気軽に撮影できなかったのでw、確かめようがない。あと、可能性として、昔は見えない状態で、西南西に別の似た山が見えていたけれど、今は本物が見える状態になったということもあるかも知れないが、その辺りは十年一日のごとくw 今も昔も大差ないので、それはないだろう。

※却下した会社とか実家の辺りが特定されそうなので、キャプチャ・写真や地図は載せない。

(19:50 若干補足)

  •   0
  •   2

9件のコメント

  1. naoki:

    おお、とうとう確かめられたんですね。

    こういう「小学校時代からの疑問を確かめる」系のエントリは、冒険をしているみたいなワクワク感があって大好きです。

    それにしても、便利なウェブサイトがあるものですね。福島県から見えてるのが凄い!です。

    •   1
    •   0
  2. れんと:

    ●おや、何かのメールでついでにお知らせした気がするんですが、僕の勘違いかも知れません。でも、これを読んで頂けたので大丈夫です。

    ありがとうございます。ワクワク感は重要ですよね。

    そう、あれは便利過ぎるサイトですw そのうち、Googleのストリートビューのデータを使って(本当に可能かは不明)、見え方も出るといいです。今でも写真がいくつか載ってはいますが。

    •   0
    •   0
  3. naoki:

    ふわっとした記憶だけでお話してますが、メールでは富士山により手前に無数の山が存在し、アプリでは分からず→後日ブログへ、みたいな流れだったかと思っておりました。こうしてエントリでワクワク感を感じさせて頂いたのでお許しくださいm(_ _)m

    僕も入院していた病院からとか、通勤路(但し自転車にしないと……)からとか、写真を投稿したくなりました。

    あと、「只見幹線423号鉄塔」が見えるマップがあったら良いなあと思ったり……w

    •   0
    •   1
  4. れんと:

    ●なるほど、確かにそんな感じでした。失礼しました。ワクワク感を感じて頂けて、良かったです^^

    只見幹線423号鉄塔が見えるマップなどは、技術的におもしろそうです。やっぱり、とりあえず、Googleのストリートビューでできないかと思ってます(いつも貶してるのにw)。。。

    •   0
    •   0
  5. j:

    デニーズの小泉さん!!
    ウェイトレスさんをめぐる旅も続いていた。
    読んで良かったなあ。

    •   0
    •   1
  6. れんと:

    ●ありがとう。小泉さんはなかなかいいよ^^

    •   0
    •   0
  7. h.tak:

    子供の頃の記憶を確かめる話、いいですね。
    僕も去年の3月に、4歳から7歳位まで住んでいたところに行く機会があり、
    ・記憶とほぼ同じだった事、
    ・記憶と変わってた事、
    ・忘れてたけど思い出した事、
    がいろいろあって、とても感慨深かったです。
    あと、山の名前がわかるアプリ、教えてくれてありがとう。今住んでいるとこから見える山の名前を知りたいと思ってたんです!

    •   0
    •   2
  8. h.tak:

    お礼に、今気に入っている音楽を送りますので、聴いてみてください。

    https://youtu.be/dhYOPzcsbGM

    ダンスミュージックですが、ラテンフレーバーの切ないメロディーが好きです。

    •   0
    •   0
  9. れんと:

    ●そう、懐かしい場所は、変わっていないことや、変わっていることとか、忘れていたこととか、いろいろおもしろいですね。僕も、もっと前に住んでいた房総にまた行きたくなりました。でも、なかなか遠いです・・・

    山のアプリはいくつかあったのですが、紹介したものはとりあえず使えました。他には、PeakLensとAR 山 1000というのもありましたよ。その中では、紹介したAR山ナビが一番使う権限が少なかったので、使いました。

    音楽をありがとう。(相変わらず今の音楽には疎くて、変なことを書きますが、)今風だけど、余り激しすぎないせいか、滑らかな感じが良くて、乗りやすかったです。以前教えてもらった、アリアナ・グランデに近い印象でした。あと、(いつもくじける)テイラー・スウィフトよりは乗れました^^

    •   1
    •   2

コメントを書く

名前    

メール 

URL