下の部屋の親子の騒音などに嫌気がさして引越す気になった話が、思わぬ展開になった。もちろん、下に住むのはガサツな人種であることは間違いなく、足音だの物音を立てているのは間違いないし、一方で、その音量がそれほど大きくないのに僕が過敏になっている可能性もあるのだが、うるさい原因はそれだけでない可能性が出て来た。以下に、分かったことを列挙する。

  • 鉄筋コンクリート(RC)造だからといって、必ずしも静かではない。 → 引越して静かになる可能性は高くない。特に、家賃が安いところなら・・・ 逆に、今はまだマシなほうだ。賃貸だけでなく、大手の新築の分譲ですら、うるさいところが結構あるようだ。そして、ネットに書くような人は、みんな結構おかしくなってしまっている・・・
    • 鉄筋コンクリートマンションの騒音について (賃貸)
      • 2010/10/1 09:25の回答の「子供さんが出す音って、それが普通なんです。本当です。」には「そうか・・・」としか言いようがなく、反論できない。実際、自分もそうだったしね。あと、「深夜に音がしない分、本当に階下のご家族は常識的です。」も、ほぼそうなので、やっぱり「そうか・・・」としか言いようがない。
    • 大手新築マンションの酷い遮音性 (2000年頃の話のようだ)
      • 5千万円クラスでLL45でも駄目だったとのこと。この方も公団賃貸の遮音性は良かった、(今は)「太鼓の中に暮らしているよう」と書いている。
    • 振動音は壁を伝って響く (僕と似ている例: まさにこういう感じ。以下に引用する。)

      相変わらず、下の階の足音、何かものを落としたような「ドスン」という音は続いています。隣の部屋は足音こそ聞こえませんが、時々「ドスン」という音がします。一体どんなことをしたら、こんな音が出るのでしょうか?不思議でたまりません。

    • おそらくRCの賃貸と思われる、近頃の阿鼻叫喚な話 (元のツイート)
  • RC造の建物特有の、音に関する現象 → これだったらどうしようもない。逆に、ここは軽いほうだ。
    • 謎の騒音(「不思議音」 → 対策例: 「集合住宅における不思議音の発生と対策」)や音の伝わり方や響き方(例: 「太鼓現象」: 偶然だが、上の例と共に、前回書いた「常に下で大太鼓が鳴っている感じ」に符合していて妙だ)が関係しているのかも知れない。
    • 上下左右だけでなく、離れたところからの音が強く伝わることがある。 → 下だけでなく、実は隣とか斜め下などもうるさい可能性もある。
    • この建物は、正確にはRCでなく、PCa(プレキャストコンクリート)でできているようなので(想像: というのは形状が普通のRCぽくなくプレハブ的に外壁に継ぎ目があるので)、PCa特有の不思議音(コメント28に建設会社の資料あり)があるのかも知れない。そして、主に夜聞こえる、「ドンッ」(壁を拳で叩くような音)とか「ゴツッ」(石を硬い床(ベランダか玄関?)に落とすような音)という音はそれかと想像している。というのは、そういう音を故意に頻繁に出しているなら、壁や床がボコボコになってしまうからだ。

まとめると、足音でない騒音・物音(「ドンッ」とか「ゴツッ」)は、PCaによる不思議音の可能性がある。そして、上に挙げた経験談などを読むと、今の部屋はそこまでうるさくないので、実は防音性はそれほどひどくないのではないかとすら思える。例えば、少なくとも、隣の音はほとんど聞こえないし、下のTVや話し声(怒鳴り声や喚き声は除くw)もほとんど聞こえない。下がDQNなのは確かに問題だが※、そればかりではないかも知れないのだ。しかも、ありがたいことに、DQN度はまだ低い方だw それで、やみくもに引越すよりも、まずはどうにかして下(あるいは別の部屋もかも・・・)を静かにさせる(僕が気にしないようにするのも含む)のが、一番コストパフォーマンスが高く、リスクが低いような気がする*。

※DQNではあるのだが、悪気・悪意はないのは分かってきた。というのは、仮にその騒音が不思議音でなく、彼らが出しているとして、もし悪意でやっているなら、もっと攻撃的にするはずだからだ。今は、音はほとんど単発でしか起こらない。悪意とか故意にやっているなら、連続して出すだろう。だから、人が出しているにしても、不意に出てしまうとか、下の方の頭のネジが数本外れてしまっていて自制できない(それだったら、本当にどうしようもない・・・)のかと想像している。

*リスクを考えるなら、本当は、全国の賃貸マンション居住者(家賃別・構造別だと更にいい)の騒音問題アンケートのようなものを探すべきろうが、平均値(期待値)はともかく最悪値は分からない(→ 想像通りとして良い?)ので、自分で調べた・体験した中でのひどい例を想像するより仕方ない。あとは、一週間とか体験入居できるといいが、そういうのは見たことがないし、周囲の住人が入れ替わったら状況が変わる可能性があるから、それほど意味がない。

それから、引越したいもう一つの理由は、例の「2千万円問題」対策の支出削減だ。家賃はかなり効くのだ。例えば、家賃が今より2万円安いところに行けば、単純計算(引越し代や初期費用・諸経費は無視)で年に24万円、(年金受給できるかもね?までの)10年で240万円も浮く。2千万円には全く足りないが、車1台分くらいにはなる(更に、年金免除分を加えれば440万円くらいになりそうだ)。それで、今より2万円以上安くて(静かさが)同じレベルのところがあれば、引越したいと思ったのだ。が、そんないいことづくめの夢のような話はまずないwのは、今までの経験から確かだ。安いところに行ったら、絶対に質が落ちてうるさくなるはずだ。実際、ある綺麗で良さそうなマンションを所有・管理している会社に防音について聞いてみたら、(人によるが、)「生活音は聞こえる」、「上下の足音も聞こえる」という回答が来た(この会社は結構誠実そうだ。単に、リスクを取らないだけ?)。

「2千万円問題」を解決する一番いい方法は、就職である。試算ではすごく効くことが明らかだ。今は減る一方のお金が補充されるので、仮に給料を年に200万円貯金すれば10年で達成できる。が、その見返りにいろいろな苦痛があったり、そもそもしたい(おもしろい)仕事(会社)が見つからないので、なかなかすぐにはできない。

他の方法としては投資も考えられるが、僕はもう全くする気がしない。政府や金融業者の思うつぼ、「カモネギ」だw あと、もう一つの方法の自営は既に諦めた。あとは錬金術かねぇw

結局、支出削減と静かさとどちらが重要かという話になり、僕にはやっぱり静かさが重要だ。 (まあ、今はそこに他人由来の若干の問題があるからこうして悩んでいるのだが、「程度問題」なんだろうね・・・) なんか、自分で自分を丸め込んでいる気がしないでもないが、実際にいろいろ調べてみて、上記のような(可哀想な)事実が多かったので、誤魔化しではないように思える。

とはいえ、以前住んでいたURの(超古い)部屋は静かだった(でも、あの地震での揺れ(の結果)はすごかった)ので、そういうマトモなところもない訳ではないのだろうが、お金や運が必要だと諦観しつつある。。。

(8/6 5:39 一部訂正, 10:21 加筆, 11:15 細かい修正)

 

PS. そして、なぜか、近頃は下がそれほどうるさくなくなった。ガキがどこか(別の家族のところ?)に行っている日が増えたのか、僕が音に慣れたのか、再就職の調査・検討に集中していてそれどころでなかったからか、それで疲れたからかは分からない。

PS2. 上記のように、大手の分譲ですらすごくうるさいことがあるのだから、今まで以上に家(部屋)を買うのは避けたいと思った。もちろん、面倒だから買いたくなどないし余力もないが、高齢になって部屋を貸してもらえなくなった時に備えて買うことも検討していたのだ。代わりに、歳を取ったら(ここにはなぜかURはないので、)県営とか市営の公的住宅が借りられないかと甘い期待をしている。ただ、高齢者は増えるばかりだから、抽選が厳しいかも知れないと心配している・・・

  •   0
  •   1

コメントを書く

名前    

メール 

URL