次の会社を探していて、気付いたというか実感した。

AIより前に、外国に(プログラマーの)職を奪われそうだと。

いわゆるオフショア開発で、もう結構前(20年近く前だろうか)からあったのだが、栃木の会社でもいくつかやっているところがあった。始まった頃はなかなかうまく行かないと言われていたし、実際、僕もちょっと関わったことがあったけどうまくいかなかったのだが、管理などをうまくできればかなり安くできるようだ。そういうところはハードと同様だ。

外国の誰か分からない人たち(束ねる会社がある。メンバーは毎回変わるかも知れない)に作ってもらうイメージで、元々の人件費が安いうえに、固定費(例: 毎月の給料)とか新人教育などが不要なのだ。悪く言えば、人を使い捨て部品として使っている。まあ、作って欲しいものが決まっていて、特別に新しい技術とか試行錯誤が要らず、凝りとか思い入れがなく、作成の指示と検収がちゃんとできるなら、確かにそれでいいとは思う(技術者なのにそういう管理をするのは全くおもしろくないが)。 → 将来は、そういうプログラムはAIが作るのかも知れないと、今思った。

更に、プログラマーとしては、国内の中小IT企業や非正規(契約社員・SES・派遣)やフリーランスの人たちも居るから、五つ巴以上の勝負になって、そういう人たちに勝てる価値がないといけない。そこを分かってくれる・見てくれるところを探すしかないが、なかなか・・・

ひとつ言えるのは、そういう外注はすべてその場限りで、社内(発注元)に技術とかノウハウがまず残らないことだ。「作ってくれ」って指示して、できたものを受け入れるだけで、彼らがどういう苦労・工夫をしたとか分からなかったら無理だろう。当然、受け入れ検査をいくらしたって、バグが全部見つかるものではない。問題やバグが出ても、発注側はまず何も分からないので、作ったところに修正を頼むしかない(が、直らない・直せないかも知れない・・・)。そのために、ずっとその外注と付き合う必要がある(止める時は、製品やサービスが終わる時)。でも、今の多くの日本企業はそれで良しとしているようなので、なかなか将来は暗い気がする。というか、もう、その影響がもろに現れているのが今なのだろう。。。 「失われた20 or 30年」?

  •   1
  •   0

コメントを書く

名前    

メール 

URL