随分久し振りに掃除をした。大掃除の先取りと言えようw ずっと埃が溜まっていて嫌だったのだが、延々と延ばして来た。でも、来月から家で仕事をすることになり、そのための実機・機材が来るはずなので、その作業用の机を用意したくなったのだ。

今の机でもいいが、傷付いたり(場合によっては、半田で焦げたり)するのが嫌なので、今の机に換えた時にリタイアして電子レンジの台になっていた(→ 参考)、無印良品の古い机を使ってみることにした。

まず、その机を置きたい場所は まさに埃の吹き溜まりになっていたので、掃除をした。気合いを入れて、足掛け二日(約3.5時間)で風呂場を除く全部屋を綺麗にした。綺麗になってすごく気持ちいいが、すごく疲れた。汗びっしょりになったし、買い物に行く時、脚がへろへろだったw

古い机は今の机の横に置こうと思った。置き方として、最初は今の机と直角に置こうと思っていた。というのは、身体を90°回転させることで椅子を共用できるからだ。しかし、置いてみると、ちょっとかっこいいものの、何とも収まり(場所の効率)が悪い。しかも、正面にある窓からの光が眩しい。それで、普通に今の机の隣に並べることにした。さすがに収まりは良く、しかも、偶然、天板の高さが同じでいい感じだ。

これで作業場はできた。のだが、大切なことが残っている。オーディオ(スピーカー)の再生特性を確認し、調整することだ。こんな大きな板(作業机の天板)が増えたら、天板での反射できっと変わるだろう思った。実際に測ったら変わっていて、左だけ143Hz辺りが5dBくらい強くなっていた(の中央のグラフの青線の左側の山。作業机なしは緑線)。調べると、143Hzは天井・床面間を波長とする周波数のようだが、なぜか机によって強調されたようだ。まあ、オーディオには謎が多いので、とりあえずイコライザを追加してそこを下げてみた(補正結果はの上・中央のグラフの赤線。作業机なしはどちらも緑線)。なお、位相差の関係なのか、左右合わせて測ると作業机の影響が少なくなったので、143Hzを下げる量を2.5dBに減らした。また、バンド幅はイコライザの最小の0.125(単位はオクターブだと思う)にした。特性のグラフを見る限り、うまく補正できている。

実際に曲を聴いて確認しても、特に音質の劣化・変化は認識できなかった。ただ、不思議なことに、補正のために追加したイコライザを切っても違いが分からない。山が急だから、影響が少ない(瞬間的にしか効かない)のかも知れない。

それから、細かいことだが、古い机の手前の床を椅子のローラーから保護するラグ(チェアマット)を買う必要がある。ところが、Amazonなどを調べても、今使っているもの(住江織物製)のような丁度いいものが少なかった。そこで、とりあえず、やっぱりリタイアしていた古い無印の椅子を使うことにした。これはローラーでなく固定脚で、脚の下にフェルトが貼ってあるので、床を傷付ける心配はないだろう。それから、その椅子用に買った(かなり古い)テンピュールも載せた。これで完成だ。

ただ、仕事をする時間は長いはずなのに、(今のに比べて)座り心地の良くない椅子を使うのは、ある意味主客転倒で、本当はちゃんとした椅子ですべきだ。しばらく試して疲れや効率低下を感じたら、ラグを買おうと思う。

さて、どんな実機が来て四苦八苦する羽目になるのかねぇ・・・ (初日に会社に行ってみたら、「しばらく実機はないです」とか言われる気がしないでもないw) それから、そのうち機材が増えたら、作業机の前にリタイアさせた本棚を置いて、そこに収納することも考えている(機材は随時返すので、起こらなそうではある)。そうなると、ちょっとした研究室や実験室って感じになりそうだ。

 

(予想に反して、カテゴリ「新しい仕事」が続いた。家で仕事をするから、今後も続くのかも知れない。さすがに、実機などの写真は載せられないが。)

 

PS. やっぱり無印はいい。丈夫で長持ちするし、シンプルなので部屋に馴染む。机なんて、水拭きしたら木の香りがした。近頃は高くなってしまったようなのが、残念だ。それにしても、当時(20年前後前)は机・本棚からベッドまで買い込んでいて、随分バブリーだったなあ・・・w

  •   0
  •   0

4件のコメント

  1. naoki:

    机を直角に置いた写真で、醤油のフタボリュームが見えてウケ、
    机を横に並べた写真でホッピーが見えてウケましたw

    ところで、掃除された雰囲気というのは写真に出ますね。何だろう。光線なのか、何なのか分かりませんが。

    そしてまた、それが大学の研究室っぽくなるかもと聞いただけで気分が上がりますw 是非色々な時計を置き、きっかり25分遅らせてくださいw

    いやあ、無印って高価なイメージがありますが、机に関してはやはり良さそうですね。木の匂いを感じられる机なんて、そうそうないです。会社の机はもちろん、公立の学校の机だって、樹脂とか使ってますし。

    •   1
    •   0
  2. れんと:

    ●いろいろ発見されて、目がいいですねー^^

    やはり、掃除の有無はバレますか。画像では見えなくても、埃で光の反射のし方が変わるのかも知れませんね。

    時計は、本棚を復活させて置きますかねw

    無印の机は、僕のはパイン材だったので、安かった気がします(だから選びました)。当時、1万円台だったと思います。

    調べてみたら、近いものがあり、まだ1.5万円程度でした。
    https://www.muji.net/store/cmdty/detail/4549337413856
    これは、ぼくのと概ね同じサイズです(僕のは幅が75cmと狭いです)。

    そして、小さ目のもの(テーブル)は、なんと6千円くらいで買えます。
    https://www.muji.net/store/cmdty/detail/4550002460792?searchno=2&sectionCode=S10403
    ただ、僕は折りたたみ式は嫌いなので、比べたら上になります。

    テーブルの記事がありました。
    https://nomad-saving.com/17354/

    そして、パイン材でないものはやっぱり高いです。数万円します。

    ちなみに、パイン材の椅子はなくて、高かったですw ブナ材だったか。

    •   0
    •   0
  3. naoki:

    無印のパイン材デスク、まだあったのですね。
    僕の記憶では、無かったか、または4万円くらいすると思ってました(別の材質かも)。

    これなら欲しいと思うんですが、
    ひどい作りでも、天板が大きいものに慣れてしまうと、小さいものにするのは勇気が要ります。
    (でも本当は、小さければ小さいで、何とか工夫するのですが)

    色々なリンク、ありがとうございます。

    折りたたみデスクについては僕も、れんとさんと同意見です。僕としては、剛性感の観点からですね。

    折りたたむ必要がある人向けなんでしょう。れんとさんや僕は、机は“基地”なので、折りたたみは余程のことがないと向かないでしょうね。

    でも、使っている人の記事を読むのは好きです。ワクワクしてきますね。

    •   1
    •   0
  4. れんと:

    ●そう、大きいのに慣れると、戻れないですね・・・ 僕の今のメイン机(ADAL ダイニングテーブル (Sサイズ))は2.7万円くらいだったので、安くはないですが、まあまあ、手頃でしょうか。

    なおきさんも折りたたみは嫌でしたか^^ そう、机などには剛性感が重要ですね。

    •   0
    •   0

コメントを書く

名前    

メール 

URL