いつも行っている蕎麦屋に行ったら、増税に合わせて値上げしたようで、それまでは千円くらいだったいつもの料理が1100円以上になっていた。増税は2%なのに、なぜか一割以上値上がりしていて、さすがに「えっ」と思った。何か訳はあるのだろうが、ちょっとひどい。仮に前回の5→8%の値上げをしなかったとしても、それを合わせて5%の値上げがまっとうだし、(物価は上がっていないはずだから※)便乗値上げするにしたって せいぜい7-8%程度だろうが、10%以上とはどういうことだろうか。メニューに理由(良くある「材料費・人件費の高騰」?)でも書いてあるのだろうか。

※国の目指す「2%物価上昇」が未だに達成されていないようだからそう書いたのだが、体感としては随分上昇している。その違いは何なのだろうか?? 物価は上昇したけど景気が良くなっていないから、いつものように誤魔化しているってこと?

払ったあとは、今後はその店の安いものを探そうと思ったのだが、帰りながら嫌な気分になって来た。その店は、特においしいとか雰囲気がいい訳ではないから、行く回数を半分などに減らすか、もう行くのを止めようかと思う。日常食べる蕎麦なんて、コンビニとかスーパーので充分だ! せめて、キャッシュレス還元対応するとかのやる気・努力の痕跡を見せれば少しは心証がいいのに、そんなのは微塵もない。

だから田舎者は馬鹿・駄目なのだ。いくら経営が苦しいといっても、客や売上が減ったら元も子もないじゃないか。特別な価値もないのに大幅値上げなんてしたら、余程奇特な人とか無頓着・思考停止のアフォしか行かないよ。先日書いた、チェーン店のせいにして廃業した寿司屋も、こういう感じで客が逃げたのではないかと思う。チェーン店も便乗値上げはするだろうけど、一応は理由や内訳が明確だし、上げるにしたって節度はあるから、ここまでムカつくことはない。

あと、(上の投稿に書いた、)前回行けなかった床屋も同様にひどく値上げしているような気がする(やっぱりover 10%??)。もしそうだったら、前回行った安いところでいいやと思う。

 

PS. それに、だ。言っちゃ悪いけど、小規模事業者は(今のところ、)消費税は免税(納税しないことが選べる)だから、材料・燃料費などで支出が増えるとしても、増税分は概ね懐に入るんじゃないのかな? すごいよね。

PS2. 全く関係ないが、帰りに散歩して川の横を通ったら、水がすごく澄んでいた。今までは泥だった底も綺麗だった。台風の増水で全部流れたのだろうか。

  •   0
  •   0

コメントを書く

名前    

メール 

URL