Archive for the ‘新しい仕事’ Category

先週ちょっと外出した。近場の候補の会社の下見(偵察)のついでに、以前からしようと思っていてできなかったことをした。それは、題に書いたことを確かめることだ。当時は、どういう訳か、誰に教わった訳でもないのに、その、遠くに小さく見えた白い山を富士山だと思い込んでおり(僕は昔から思い込みが激しかった)、一緒に通学していた妹に自信満々に言った記憶がある。もし間違っていたら、どうするつもりだったのだろうか?w

最初に、候補の会社に向かった。外観は悪くなかった。が、今にして思えば、ちょっと手狭な感じはする。例えば、パラボラアンテナが建物の間に設置されていて、確かに周囲は空いては居たが、その辺りはそこまで土地がない訳ではないから、「もっと広いところに置けばいいのに」と思った(なんか、センスの悪さのようなものを感じた)。

外見は悪くなかったので、真面目に応募を考えようと、帰ってからその会社の求人の仕事の内容について(記述が漠然としていたので)質問を出したのだが、週末まで待っても(これが読まれている現在でも)回答がなかったので却下した。自分たちで出した求人に対する質問に数日間掛けても回答できないようでは、体質が察せられる。

想像するに、偉い人が時流に乗ろうと漠然と思い付いた「新しい事業」を言われたなりにテキトーに書いて出したので、具体的な内容について回答できないのだろう。ありのままを書くこともできず、ずっと添削でもしているのではないか。そして、いいことだけを想像して入ってしまった人には、「(誰も詳しくないから、一人で)自由に大いに頑張ってくれ。よろしく!」の世界なのだと想像した。

そういうのは自由にできておもしろいこともあるけど、大抵は、頑張っても認められずに(というのは、一口に「新しい事業を始める」と言っても、短時間で立ち上げるのは難しいし、それが成功する確率はとても低いからだ)、骨折り損とかドン・キホーテ状態になったり、偉い人の気が変わって努力が水の泡になることがあるので、僕はもういい。

それから、昔の通学路の近くに行き、「現場」まで軽く散歩した。廃業した園芸店の駐車場に車を停めた。田舎なので、営業を止めても駐車場を開放(というか放置?)しているようだ。歩く距離が少し短くなって助かった。辺りはすっかり変わっていた。訳ではなくw、田畑ばかりで昔の面影が残っていた。懐かしい感じもしたが、大昔のことなので、どの経路で通学していたのかあやふやだった。ちょっと歩いたら現場に着いた。事前に地図で見た時には結構歩きそうだと思っていたが、十分くらいで近かった。それでも、蒸し暑かったので汗が出た。

さっそく、山を確認すべく、スマフォの、遠くに見える山の名前を確認するアプリ(AR山ナビだったと思う)を起動した。以前、こういうアプリがあることをなおきさんに教えてもらって、それからずっと機会を伺っていたのだ。

早速、当時富士山らしき山が見えた方を映した。が、思わぬ結果になった。富士山など全く出ず、近く(約30km以内のようだった)の山ばかりだったのだ。良く考えれば当たり前だ。富士山ほど遠くの山を出すとしたら、その途中のおびただしい数の山も出すことになって、訳が分からなくなるだろう。アプリを選ぶ時に、山の高さとか距離でフィルタリングできるものとか山の名前で検索できるもの(もしあれば)にすれば良かったのだろう。仕方ないからあとで地図などで確認することにして、確認の補助にするためにアプリの画面と地図をキャプチャし、その辺りの写真を撮って車に戻った。

辺りにはぽつぽつと民家があって、その一軒の庭先でお婆さんが作業をしていたが、子どもの頃からその家のことは知らなかったので、もちろん挨拶などしなかった。田舎では道を歩く人はほとんど居ないし、何の変哲もない畑を写真に撮っていたから、きっと「不審者」と思われていたことだろうw

それから、いつものデニーズで昼食にした。

休日の昼時だったけど運良く待たずに座れたのだが、出て来た小泉さん(仮)の雰囲気が変わってしまったように感じてがっかりした。しかも、混んでいるせいか、なかなか注文を取りに来ず、イライラしていたら、本物の小泉さんが来たので驚いた。最初の人は小泉さんではなかったのだ。服が違っていたので別人と分かった。「本物」はいつものようににこやかで良かった。顔や声が似ていたから、妹だったのだろうか? 謎だ。冷麺+カルビご飯を食べた。サラダやノンアルコールビールも頼んだら、1700円を超えた。

その後、軽く、旧粟野町や同西方町の辺りまでドライブして帰って来た。相変わらず気持ち良く運転できた。62km、4時間(その日の全体)。

帰宅してから、あの山が富士山かどうかを確認した。最初は地図などで調べようと思ったのだが、遠距離(160km以上)のため、地球の曲率などの難しい計算が要りそうだからどうしたものかと思ったが、今は便利で、ある場所から富士山が見えるかを調べる地図(携帯電話のサービスエリアのような感じ)があった。富士山ココというサイトで、見え方は分からないものの、すごく便利だった。

それによれば、小学校時代の通学路からは南西に富士山が見えるようだ。通学路辺りが少し高くなっていたためだろうか、その辺りが筋状に見える領域になっている。更に、その方向は山林などでなく、畑で開けていた(る)ので、実際に見えたのだろう。見え方はこのページのような感じ(もう少し小さく見えた)だったので、確かに富士山だと思われる。ただ、方向は南西より少し西寄り(西南西)だった記憶があるのだが、その地図では南西だった。大昔のことなので、記憶があやふやになっているのだろう。当時はスマフォもデジカメもなくて気軽に撮影できなかったのでw、確かめようがない。あと、可能性として、昔は見えない状態で、西南西に別の似た山が見えていたけれど、今は本物が見える状態になったということもあるかも知れないが、その辺りは十年一日のごとくw 今も昔も大差ないので、それはないだろう。

※却下した会社とか実家の辺りが特定されそうなので、キャプチャ・写真や地図は載せない。

(19:50 若干補足)

  •   0
  •   1

以前書いたように、将来の生活資金に若干の不安が生じたのと、無収入では今の部屋の契約更新ができない可能性があり、追加収入を得るにしても、自営(ソフト開発)は現実的でないことが分かったので、(部屋の問題は本末転倒な気はするがw、)仕方ないから、おもしろそうな会社があれば、再度、勤める気になった。それでいろいろ情報収集しているのだが、思ったことがあるので書く。

  • 時代遅れな会社、ITリテラシーのなさそうな会社・・・ → とりあえず、パスする。
    • 選考の一環に作文がある会社があって、「うーん」と思った。自宅で書いて送るならまだしも、その場で何か書くことに、どういう意味があるのだろうか? (もう漢字書けないよw) 内容にしたって、どうせ、絵空事(例: 自分はその会社で今まで培った能力を発揮して社会のためになりたい!)が模範解答なんだろうし・・・ あと、ここは面接後の選考に1か月以上かかるようだ。こんなところに入ったら、何をするにも時間と根回しのための労力が要って疲れるだけな気がする。
    • 質問を出したら、メールの最後に「署名」がなく、自分の所属すら書かない会社があった。良くある、なぜか装飾してあったり冗長で鬱陶しい署名はクソだけど、(チャットじゃないので、)何もなかったら怪しいし、常識がないとしか思えない。これでは電子署名なんて「はぁ?」の世界だろう。小さい会社ではないのに、前の会社より低レベルなようだ。所属が書いてなかったら、その人をどういう立場だと思ってメールを書けばいいのだろうか?? こういうところに行ったら、まず話すら通じなくて散々苦労させられるのが目に浮かぶ。ちなみに、この会社は小さくはないが、大企業でもないのに回答が遅かった(上の時代遅れな大企業より遅かった)。その点でも、前の会社(例: 何事も自分で決められず、偉い人の判断を仰ぐ)を彷彿とさせたw
  • なぜか、堅いメーカーが候補に残ったw いわゆるIT企業はなし。
    • 日本のIT企業はカス揃いだし、そのうえ北関東にはまともなIT企業などない。あるのは派遣("SES"。会社の説明では、いろいろな技術を保有し、日本の各地で最先端の開発をしていることになっている。実際には、技術をもっているのも開発させられているのも派遣された人(一応、そこの社員だが)で、開発の主体は派遣先の大企業(車メーカーなど)なのだが。これ、詐欺じゃないの??)会社のみ。
    • 僕はソフトだけ作るってのはおもしろくなく、ハードと一緒に動く物とか、そういうのを使ってデータをやり取りするようなシステムを作りたいので、自社でそういうことができそうな会社で、更に、小さい会社(個人企業)はもう懲り懲りなので、ある程度大きいところを探したら、長い歴史のある、「重厚長大」的な堅い会社しか残らなかった。そういうのは嫌いなのだが、なんとも妙だw
  • 面接は面倒。
    • まだ応募もしてないから、面接されるかも未定だが、ストーリーとか想定問答(例: 志望理由、なぜ前の会社を辞めたか、ブランクの理由)を準備する必要があるが、そういう茶番に意味あるのかと思う。理由なんて、「老後のお金が要って、(その)仕事がおもしろそうだからやりたい」でいいと思うのだが。重要なのは、その人が求められる仕事をやれるかどうかだよね。だから、履歴書と経歴と自己アピールみたいなの、あとどうしても必要なら適正検査だけでいいと思うのだが・・・ (これはきっと、上記のように堅い会社が残ったせいではないか)
    • そもそも、スーツは暑くて嫌だ。これからは真夏でスーツなんて着てられないので、車で行けない会社は涼しくなってから応募したい。
  • そして、面接に「謎マナー」は要らないと言いつつ、しっかり必要w
    • 例えば、上のリンク先の記事に「会社の代表的な人物についての情報を知らない」のは駄目とあるが、その「代表的な人物」が社長とか取締役のことだったら、いや、CTOだって名前すら覚える気がしないが・・・ こっちは会社で仕事をするのであって、偉い人のことを知っていることが(ごますりとかを除き、)仕事に役立つとは思えない。会社の事業とか製品ならまだしも、偉い人に詳しくなってどんな意味あんの?
  • 「開発」という謎の単語w
    • ソフトだと、設計まで(実装などは外注)でも「開発」と書くところがほとんどだ。まあ、間違ってはいないが、正確に「実装は外注する」、「外注会社の管理、成果物の検査を行う」などと書いて欲しい。実際、いくつかの会社に質問した。ただ、多くの回答は、「場合によって、外注もあるし内製もある」という、いかにも日本的なものだった。まあ、間違ってはいないねw 僕は自分でプログラミングしたい方なので内製するところが良かったのだが、実際には全部内製だと手に負えないとか事業が広がらない可能性があるから(前の会社はそうだった)、今は、両方ありのほうがいいと思うようになった。少なくとも、外注だけよりはずっといい。
  •  あと5年、雇う気になってくれるかな・・・
    • 現在、一般的な定年は60歳で、(年金支給を先延ばししたい目論見で)今後延びる可能性はあるし、希望者は再雇用する決まりになっているようだけれど、規則からすれば、あと5年くらいで定年で居なくなるかも知れない人間にちゃんとした仕事をさせる気になるだろうか? (僕だったら面倒だなあ・・・)

と、随分贅沢で夢物語的なうえに詰んでいるがw、まあ、とりあえず試してみる。(部屋の問題を除き、)まだ切羽詰まってはいないから、ダメ元でいい。とりあえずは、偶然見付けた近くの堅い会社を試して、雰囲気をつかむ(運良く通ってしまったら、民度の低い地域からの脱出はできないが、そこは別の方法で緩和したい)。

  •   0
  •   0

あぁ 常識ない 数十年、遅れてる

ウインカー出す人ほとんどねぇ、
歩行者居ても止まらねぇ。

性格はいいけれど、
おらのムラにはルールがない!

おらこんなとこ嫌だ、こんなとこ嫌だ!

と、大好きな歌に似せてみた(誇張あり)が、正直言ってうんざりして来た。近頃、トラブル(嫌なこと)が多い。

  • スズキのディーラー: 6月中に終わったのに、車検証を送ってこない。明日が期限で、土曜日に催促したら、「至急送る」と言っていたが、まだ届かない(これだけ日数があれば、北海道にだって届きそうではないか)。車検証やシールがなくても実害はないだろうが、余りにもいい加減だ。これまでにも細かいことは見逃して来たが、さすがに堪忍袋の緒が切れた
  • ガス会社: 工事の前にガスを停める連絡をするのに、インターホンを鳴らさずにドアを叩いて居たようで、僕はそれに気付かずに2時間以上待たされた(結局、来なかった)。
  • 所要で行った病院: 僕らが費やせる時間が無限大だと思っているらしく、平気で何度も来させたり、延々と待たせたりする。
  • 下の部屋の親子: 毎日、ガキと親の運動会のような足音・動物園のような喚き声に加えて、謎の物音に辟易している。とにかく消えて欲しい。
  • ヤマト: 本人確認が要る配達(SIM)で確認を忘れ、それを取りに来る(これ自体意味がないのだが)のも、指定した時間に来ず(結局、最後まで来ず)。
  • 辞めた会社: 前世紀の慣習がまかり通る、クソの集まりだった。

理由を考えてみると、ここの連中は、常識がないか数十年遅れているのではないかと思う。まともな人も多いが、そうでないのも多い。平気で決まりを破る馬鹿(例: 車のウインカーを出さない、全く歩行者優先でない。スーパーで、果物(例: アボカド)をさんざん引っ掻き回して買わない、一旦容器に取った揚げ物や手巻き寿司を戻しに来る、ガキが揚げ物をいじる、トングを落としても平気な顔で戻す、自転車を自転車置き場でなく、入口の真ん前に停める)が多い。都会のように性格が悪くてそうするのでなく(たまに悪いのも居るが)、常識を知らない(あるいは、多少破っても構わない、あるいは、この辺りのローカルルールまたはマイルールがあると思っている)ためと思われる。あと、僕が常用しているネット(通販など)はもろ都会基準で、それが当たり前になっているので、それとの落差が大きいのもありそうだ。

要は、田舎は民度が低いってことか。

ここに来た時は、その分、いろいろなことが緩いのが楽で良かったのだが、さすがにイライラすることが多くて、それどころではなくなって来た。とはいえ、また都会で暮らすのも大変だし、大地震が起こったら怖いので、とりあえずここから脱出して、もう少しまともそうな別なところに行きたい気分になっている。考えてみたら、もう7年くらい居るから、さすがに「もういい」って感じだ。それ以外に、以前も書いたが、年金が予想以上にどうなるか分からないのと、収入がないために部屋の契約更新ができない可能性もあるから、仕事(勤め先)を探す必要があり、その点でも別の場所に行く可能性が高い。というか、僕のムラには仕事がないw

 

PS. スズキに関しては、メーカーにもディーラーにも愛想が尽きたので、全く優先(選好)する理由がなくなった。次はメーカーもディーラーも自由に選ぶことにする(でも、トヨタはまずないだろうなw)。ディーラーは、交換会員のオイル残がなくなったら「さようなら」だ。次の点検は近くのディーラーを試そう。

  •   0
  •   0

このブログでは、投稿後5年経過したものを自動で非表示にしている(以下、自動expire)。ただ、需要の点から一部の投稿(「MusicBeeの使い方」)は表示させたままにしたくなった。

今は自作のスクリプト(以下、expireスクリプト)で自動expireの処理をしているのだが、探すと自動expireするプラグインはいくつかあるから、それで手軽に実現できるなら乗り換えようと思った。が、どれも僕の要求をすべては満足できないことが分かった※。以下に要求と理由を示す。

  • 新規記事がデフォルトで自動expire対象になる。: 毎回設定するのは面倒だし、設定し忘れを防ぎたい。
  • (非表示になる日でなく)非表示までの期間(日数)が指定できる。: 日付を考えることなく、例えば「5年」という設定にしたい。
  • 自動expireした投稿にカテゴリやタグが付けられる。: 意図して非表示にしたものと、期限切れで非表示になったものを区別したい。
  • 可能なら、何もせずに既存の投稿が自動expire対象になる。: 最初に全部の既存の投稿に非表示までの期間を設定するのは手間(負荷が掛かる)なので。

※試したうちで一番要求に近かったプラグインは、Post ExpiratorとContent Schedulerだった。二つを合わせるといい感じなのだが。。。

それで、expireスクリプトを改良することにした。方法としては、自動expireさせたくない投稿にWordPressの管理画面で「印」(以下、保持マーク)を付けておき、expireスクリプトは、その保持マークがあるものは期限切れでも非表示にしないようにする(= 非表示対象にしない)のだ。

至ってシンプルで容易に実装できるのだが、すごく細かいところが気になった。どのような手段で保持マークを格納するかである。以下を検討した。

  • 「自動expireしない」というカテゴリを追加する。
  • 「自動expireしない」というタグを追加する。
  • 「自動expireしない」というカスタムフィールドと値を設定する。

カテゴリは一番使いやすいのだが、「自動expireしない」というのは属性なので、カテゴリ(投稿の分類・分野)にするにはふさわしくない気がした。実際には、非表示になっている投稿には期限切れになったことを示すカテゴリが付いているからそれと似たようなものなのだが、避けたい気がした(非表示になっている投稿の余計なカテゴリは、(その投稿自体が非表示なので、)外からは見えない点は異なる)。

タグもまあまあ使いやすいのだが、カテゴリ同様にふさわしくない気がする(ところで、タグとは何なんだろうか? 投稿のキーワード?)のと、投稿の下に表示されて今ひとつ美しくない(カテゴリも同様)。あと、一括して設定できるのに、一括して解除する方法がないのも不便だ(プラグインでもいいものがなかった)。

カスタムフィールドは、まさに属性を設定・格納する機能なので、「机上」では理想的で、投稿に見えないところもいいのだが、全然使いやすくない。プラグインを使わないと一括して設定・解除できないし、管理画面の投稿一覧に表示もできないし、検索もできない。投稿に見えないから、どうして残っているのかも分からない。

結構迷ったのだが、タグを使うことにした。投稿の下に表示される点は、見えることで残っている理由が分かるメリットはあるし、隠したくなった場合にはテーマを直せばどうにでもできるし、一括して解除できない点は、今のところ自動expireさせない投稿は少ないから、できなくても大きな問題ではない(もし多くなったら、スクリプトを作ればいい)と考えた。

なお、自動expireにしないタグは""と表示するようにした。これなら、一見意味不明(だけど、何となく重要そうなことが分かるw)で普通のタグ(文字列)とは区別できていいと思ったのだ(まあ、実際には僕はタグを使わないのだが)。本当は、(さまざまな案はあったものの、)金庫とか錠の絵文字が良かったのだが、(広く使える絵文字は)探しても見つからなかった。

自動expireにしないタグを付けた投稿の例

その機能を実装したので、明日テスト結果が出る。ちゃんと動いていたら、「MusicBeeの使い方」の各投稿にそのタグを付ければ、無事、「保全措置」が終わる。予定より随分前倒しだ(もっと先にすべきことはあるのだが、なかなか進まないw)。

(19:37 細かい修正・画像の追加)

 

PS. 余談だが、「MusicBeeの使い方」を電子書籍にすることも検討した。が、最新版のMusicBeeに対応していないことと(最新版はその次に対応しようかとも思った)、(自分の興味を除き、)電子書籍にすることにそれほど大きなメリットが感じられなかったのと、自分の仕事のプロモーションにするとしても、効果やその先が期待できなかったからである。もし効果があるのであれば、形態に関わらず既にあるはずだと思うのだ。

PS2. あとから気付いたのだが、「MusicBeeの使い方」だけならば、WordPressの「固定ページ」というものに変換すれば自動expireにはならない。ただ、ページのURLが変わってしまって見る方が不便だし(以前、国税庁が顰蹙をかっていた)、検索もリセットされてしまうので、そうしない方が良かっただろう。もちろん、従来のブログのURLからジャンプさせるようにもできるが、仕組みが複雑になって間違いが起こりやすいので得策ではない。 (2/4 6:53)

  •   0
  •   1

仕事サイトを作ってから1.5か月くらい経ったが、相変わらず閑古鳥しか居らず、そろそろ撤収(まだ撤退ではない)モードだ。受託開発とLinux用オリジナルソフトなどについて案内を出したのだが、コメントや問い合わせは一切ない。見込みが甘かった。僕の経験も合わせて理由を考えてみると、以下のようなことが思い浮かんだ。

  • 受託開発
    • 開発業者を探す人は、ネットで検索なんてせず、主に、過去の実績(= 付き合い)のある業者を選ぶ。
      • 検索するにしても、個人でなく企業を探す。
      • それ以外に、企業は営業が担当者を周って売り込むので、発注時に名前が浮かぶ可能性が高い。
      • 個人に依頼するなら、誰か(偉い人?)の知り合いであることが多い(そうでないと説得できない)。
      • 担当者が発注先を選定するのでなく、上から指示される場合も多い(それで失敗することも多いがw)。
    • 仮にネットで探したとしても、どこの誰とも分からない、有名でもない人に頼む気は起こらない。
      • リスクしか思い付かないし、上を説得できない。日本では100%そうでは?
      • 上を説得するとして、担当者がそこまでして責任をかぶる意味がある?
      • 個人だと、失敗した時の賠償能力がないのも弱い(保険はあるが、まだ一般的でない)し、仮にその業者(= 僕)が駄目になったらぽしゃるのが確実なのも弱い。
    • 仮に、「この経歴なら頼めそうだ」とか思っても、発注者はソフト単体でなく「システム」を作りたいことが多いが、個人ではシステム全体は担当できない(ソフト以外も絡むことが多いのと、工数や時間の制限がある)。
      • その場合、部分を切り出して発注することになるが、そんな面倒なことをしても、発注者にはデメリットしかない。
      • そもそも、作りたいシステムの中身について詳しい発注者は少なく、どういう風に切り出せるか分かる人はほとんど居ない(逆に、詳しいつもりの発注者に中身を細かく指定されると、失敗の原因になる)。
      • 頼むにしたって、きっちりとした契約でなく、派遣(SES)みたいに、「あれやって、これやって」と都合よく使いたい。
    • 得意分野が流行りから外れている。
      • 今はAI(機械学習)、ブロックチェーン、IoTなどか。あとはドローンやVR・AR? (良く知らんw)
      • あと、Python全盛だしw
      • 何でもスマフォだし。
  • Linux用オリジナルソフト
    • Linuxのユーザーが元々少ない。
      • PCを使う人が減っているうえに、PCならWindows。
      • Windowsが嫌になっても、(Linuxでなく)Macに行く風潮。
    • Linuxで、例をあげたソフト(Spotifyやバックアップ関係)を使う人は更に少ない。
      • (仕事サイトよりアクセス数が多いこちらに書いても、要望もコメントもなかったので、)僕の作ったものは(ニッチ過ぎて?)元々需要が少ない。
      • (すぐに手に入る)有名な既存ソフトを使うか自分で作る人が多い?
      • 「欲しい方居ますか?」などと聞くより、まずは公開しないと駄目?
    • 分野が流行りから外れている。(受託と同じ)

という訳で、勝てる見込みはなさそうだ。3か月経過するまでは様子を見ることにするが、近頃はやる気が低下して更新していないので、期待できなさそうだ。まあ、こうなることを予想して大きな投資はしなかったので問題ない。短期決戦・即断即決な性格なので、無駄なことは早目に止めることにする。それから、仕事サイトの技術的な投稿を順次こっちに転載しよう。

そして、来年の頭は次の進め方を考えよう。とは言え、日本では、「有名/天才プログラマー」になる以外は会社に属する(= 社員 or 派遣)しか現実的な選択肢はなさそうだが、夢のような会社がない限り避けたい・・・ (他にはクラウドソーシングでの受託もあるが、元々安いうえに価格競争になり、受けてもリスクが高過ぎるので、やる気は起こらない)

 

題は、今掛かっている、しみる歌より。

PS. 全くの冗談だが、「MusicBeeの使い方」を最新版に対応させて加筆して本にするとか、MusicBeeの有料サポート(トラブルや設定や音質改善などのコンサル)を引き受けるなどの方がはるかに需要がありそうだ。あ、本は、今時紙は古いし出版してもらうのは大変だが、電子ブックなら自分で作って売り出せそうでいいかも知れないな。Windowsは嫌いだけど、仕事になるなら贅沢は言えない。まだ需要はあるのかな。でも、仮にその本が売れたって、単発なので続かないだろう。が、その後のきっかけ(= 名前を売る)にはなるかも知れない。

と、「冗談からアイデアが出たかも知れない」とぬか喜びしながらアドバルーンを揚げる、今日この頃w

PS2. オリジナルソフトの当初の収受手段として寄付を考えていたが、ほとんど効果がないことに気付いた。自分だって滅多にしないからだ。近年したのはMusicBeeとLinux Mintくらいだ。「寄付歓迎」と書いてあっても、まず「まあ、あとで」とか「見なかった」ことにするし、うるさく出すと逆効果になる。お金をもらうなら、寄付ではなく販売や課金の方が良さそうだ。

それから、技術的な内容の投稿をしても、仕事のプロモーションにはならなそうだ。というのは、僕が何かで困って検索して役に立つ情報を見つけたら、即座に試して、OKだったら「良かった!」とか「なるほど」で終わるからだ。同じサイトをよほど何回も見ない限り、元のサイトに戻って、「このすごい人はどういう人なのか」などと調べることはないし、お礼を書くこともまずない。問題を解決することが目的ではなく、早く「本題」をやりたいからだ。

悲しいが、現実は厳しい。。。 (僕がセコ過ぎるだけで、実際は違うってことはないですよね?w)

PS3. FaceBookは既に撤退した。流入は最初に1件しかなく、仕事には全く無意味なことが分かったためだ。しばらく見ていたが、「知り合いかも」に出る人で、業者とそれに引っ掛かる人(実はサクラなのかも)以外に活発な人は少ない感じで、やはり、もうオワコンなのかも知れない。

  •   0
  •   0

仕事サイトのアクセス状況を見るためにGoogle Analyticsを入れたのだが、ちょっと使い勝手が悪く(= 翌日にならないと結果が出ない)、何となく結果も信用できなかった(= アクセス数がサーバのアクセスログより少ない※)ので、自分で集計スクリプトを作ろうと思ったのだが、なんか馬鹿らしいので、WordPressのアクセス解析プラグインを探して入れてみた。プラグインはいろいろあったのだが、僕の要望に合い、かつ、ちゃんと動くものがほとんどなくて、選ぶのに一日費やした。結局、いくつかの点を妥協して、Slimstat Analyticsというのにした。

※試行錯誤していて分かったことだが、Google Analytics(以下、GA)のアクセス数が少ないのにはいくつかの原因があるようだ。一番大きいのは、ブラウザがトラッキングコードを拒否(無視)する設定だとアクセスがカウントされないことだろう。想像だが、GAはページの頭に埋め込んだトラッキングコード(JavaScript)をブラウザが実行すると、GAのサイトがアクセスされてアクセスが記録される仕組みになっているようだ。

一方、ボット(検索サイトの情報収集プログラム)はトラッキングコードを拒否する(おそらくJavaScriptを実行しない)し、プライバシーに敏感な人はトラッキングコードを拒否する設定にしているから、サーバのログよりもアクセス数が少なくなるのだろう。

しかし、待てど暮らせどアクセスが表示されない。たまにアクセスはあるが、ほとんどはボットなのでフィルタリングされてしまう。それで、本当に動くのかを確かめたくて、こっちにも入れてみた(そのため、最初にウインドウの下にメッセージが出ます)。

そうしたら、信じられないくらい、がんがん(というと言い過ぎだが)アクセスが並んだ。閑古鳥しか居ない仕事サイトに比べたら全くうれしくなる。アクセス先のページはMusicBee関係がほとんどだ。意識していなかったが、こっちには売りのコンテンツがあったのだ。そして、アクセス元ページ(リファラー)はやはりGoogleが多く、6割近くを占めている。

なお、Slimstatには若干挙動不審な点はあるが、基本的には機能も使い勝手もいい感じだ。アクセス元の位置情報の取得(MaxMind GeoLite2使用)も地図(Google Mapsではないが、それなりに使える)も無料でいい。しばらくGAと併用してみて、結果に問題がなさそうならSlimstatだけにしようと思う。以下に表示の例を示す。

だからというかなんというか、仕事サイトにアクセスがないのも仕方ない気がした。このサイトが何年も掛けてようやくちょっとしたアクセスが来るようになったのに、一週間やそこらで苦もなくばんばんアクセスされるようになるなんてことはないのだ。とりあえずは検索されるまで待つ。そして、地道に検索にヒットするようなコンテンツを作るしかない。

ただ、本当のことを言えば、それと仕事が来ることは全く別問題だ。が、そっちには名案がないので、とりあえずはアクセスを増やしてプロモーションに励もうw

PS. アクセスログを見ていて気付いたのだが、Googleはリファラーに検索語を付けないようだ。昔は付けていたように思うのだが、止めてしまったのだろうか? 単にサーバがログに書く時に消しているのだろうか。ちょっと気になる。

(11/9 10:04) 調べたら、この問題は、Googleの進める「All SSL政策」のせいだった(→ 参考)。知らなかったのだが、HTTPの規格で、セキュアな(≒ https)ページからセキュアでない(= http)ページに行く時は、リファラー(HTTP要求ヘッダのReferer)を付けないことが推奨されているとのことだ。Googleのページはhttpsになったが、ここはhttpのままなので、ブラウザが左の規格を愚直に守った結果、リファラーが消滅するようだ。

ここがhttpであることはGoogleのDBに書かれているので、すぐには解決できないが、このサイトを自動でhttpsにリダイレクトさせれば、いつかは直るのかと思う。他には、httpsでサイトマップを送ればいいのかも知れない。まあ、面倒で気長な話だ。。。

(11/9 10:33) Googleサマには従うしかないのでw、便利なプラグイン(Really Simple SSL)があったので、とりあえず「強制https」にした。(何も考えずに)プラグインをonにすれば、httpでアクセスしてもhttpsにリダイレクトするようにしてくれるので楽だ。ただ、「事前にCSSなどを修正しろ」とか書いてあった気がするが、問題が起こったら直そうw

もし見られなくなったら、お知らせ下さい。と書いても、見られないから無意味か・・・

 

(11/9 9:27一部の記述を仕事サイトに移動)

  •   1
  •   0

仕事のサイトを立ち上げて数日経ったが、まだ、不正アクセスとGoogleのボット程度しかアクセスがない(純粋なユニークユーザーは片手でも足りるw)。Googleにはサイトマップを送っているのだが(だからボットのアクセスがある)、(エゴサーチはしたくないけど)試しにサイト名で検索しても出てこない※のを見ると、まだ内部の「サイトDB」のようなものに入っていないのかも知れない(→ 少し調べたら、実際に、サイト一覧のような情報と検索結果を出すための情報は別になっているとのことだった)。あるいは、いわゆる"SEO対策"を駆使しないと駄目なのだろうか。

※意外にも、Bingでは下の方に出ていた。投稿時に更新情報サービスに通知しているからか。あるいは、Googleより規模が小さいためか。

こういう場合、例えばブログなら(日本なら)はてなブログ、ソフトの公開ならGitHubといった有名サイトを使えばGoogleの検索結果に出て来るのも速そうだし、各サイト内での検索でもヒットするから得策のような気がした。

(11/4 5:12追記) GitHubについては、最初に使っていても後に離れる団体もあるようだ。例えば、僕が使っているバックアップソフトDuplicacyはソースは残しているものの、説明のページやフォーラムは自サイトに移っていた。通常のwebとして使うには表現に制約があるせいか、非オープンソースなどには有料のせいだろうか。あるいはMSの傘下になってしまったせい? (関係ないが、DuplicacyのCLI版は商用には有料なことをすっかり忘れていて、上記ページを見ていたら気付いた。まだ収入がないからいいよねw)

なお、FaceBookは、どうやら「ほとんど墓場」のようだ。FBから来たと思われるアクセスがほとんどないのだ(投稿直後の不正アクセス程度)。その他に登録したLinkedInもランサーズもクラウドワークスも同様で、アクセスには結びついていない。要は、FBでは誰も仕事のキーワードで検索などしないし(可愛いお姉さんの顔を見てニヤニヤする程度?w)、LinkedInなどでは自分から仕事を頼む相手を探すことはないのではないか。

実際、ランサーズやクラウドワークスは、自分が登録したスキルに合わせて機械が選んだ仕事を勧めて来るだけで、発注者がアプローチして来ることはなさそうだ(確かにそれはそうで、大抵の案件(結構条件が悪いものでも)には複数の応募があるから、発注側が手間を掛けて探す必要はまずない。僕がその立場でもそうだろう)。その点は予想外だったので、無意味なサービスからの退会や他の手を考えたい。上に書いた有名サイトを利用するのがいいのだろうか?

その他に、僕の得意分野の仕事が単独では完結しにくいので(一般的にも、システムの規模が大きくなれば、そうなるだろう)、仮に検索でヒットしても発注されにくいこともありそうだと思う。実際は切り分けられる場合もあるのだが、発注者からすれば、複数に分けて依頼するより一つのところに頼んだほうが楽だし、保守などの面でも得策だ。ここは何とかしたいが、結局は、会社に入るか契約社員になるかSESでの常駐になってしまうのではないか。

まあ、いずれにしても、もう少し様子を見ようと思う。

(11/4 23:51追記) さっき、めでたく(?)Googleの7ページ目に入っているのを確認した。そのせいか、アクセスが若干増えた気がする。なお、Bingは13ページ目、Yahoo!(日本)は5ページ目だった。Yahoo!はGoogleを使っているとのことだったが、結果は微妙に違うようだ。そして、Duckくんはまだなので、Googleの代替にするには厳しいようだ。

 

PS. この投稿は技術的な面もあるので、仕事用に書くべきか迷ったが、裏話(泣き言)的なことが多くなったので、こちらに書いた。

PS2. DuckDuckGoのボットは来ないが、何やってんだー?w (ちなみに、DuckDuckGoにサイトマップを登録する手段はない)

  •   3
  •   0

どうすれば仕事の引き合いが来るか考えていてふと思い付いたのだが、受託開発でなく、オリジナルのソフトを開発して売るみちもあるではないか。昔ながらの、(Beckyとか秀丸みたいな、)良くあるかたちだ。まあ、世の中には山ほどソフト作者が居るから、売れるものを作るのは難しいとは思うが、いつ来るとも知れない受託案件を待っているよりはマシな気がするし、待ちと並行してやればいい。

まず、(サポートは別として)本当に自分のペースで自分のしたい仕事ができるし、発注者を見つける手間がないし(でも、買う人を見つける必要はあるw)、さまざまな交渉が不要だし、瑕疵での損害賠償だって、こちらで決めるライセンス契約書(良くある長いやつ)に条件を書けば問題ない(が、それとは別に、他者の知財権侵害などでの損害賠償の可能性はあるし、何かヘマをして「炎上」する可能性もあるw)。いずれにしても、(製品が売れるとすれば、)数千円の受託案件をチマチマたくさんやるよりはずっと楽だ。

問題は何を作るか(何が売れるか)だ。当たり前ながら、それが一番難しい・・・

そこについては、とりあえずは、随分手間を掛けているSpotifyのミニプレーヤーを製品にするのはどうだろうか? 簡単にインストール・使えるようにし、ユーザー数を増やすためにWindowsでも動くようにしたい(が、それは難しそうだ)。まずは、手応えを見るため、有料でなく寄付方式でいい。結構な手間は掛かるが、できないことではない。

でも、なぜ、最初にこんな当たり前のことを思い付かなかったのだろうか?? 長い会社勤めですっかり頭が硬くなっていたのか、「ソフトは作らないもの」と思い込んでいた感じだ。プログラマーなのにそういう考えをするのは自分でも妙な感じだが、「自分の作る(ちゃんとした)ソフトは受託・会社用」という固定観念があったようだ。あと、昔から「有料ソフトは邪道(フリーソフト万歳)」という頭はあった。が、今ではその考えも少なくなってきた。それに、本体は無料でもサポートを有料にする手もある。

受託と並行して(実際にはこっちが主になりそうだw)、検討を進めようと思う。

 

(17:47追記) 冷静に考えたら、オリジナルのソフトは余程すごいものを作らない限り、大きな収入は期待できないことに気付いた。でも、フリーランス会社経由で数千円の案件を頑張って取るよりはマシか・・・

  •   0
  •   0

どうにか、仕事用のサイトとブログができた。Google Analyticsも入れたので、アクセス状況も把握できる。まだ改良したい点はあるし、そもそも中身がないが、ガワ(仕組み)を作っただけで満足してしまった。良くあることだw

ブログのスタイル(テーマ・デザイン)は、最初は、こことは違うものにしようと思っていろいろ探したにも関わらず、どれを見てもしっくり来ず、結局、ここに似たものを選び、手直しして更に近くしてしまったのには笑える(だったら、同じものを使えばいいのにとも思うが、そうも行かない)。人の好みはそう簡単には変わらないようだ。

アクセスログを見ていたら、FaceBookで公開した数時間後には早くも応答があった。いやいや、単なる不正アクセスでw、不正ログインやスパムコメントをしようとしているのだ。それにしても素早い反応には感心した。どうやって情報を得ているのだろうか? 「知り合いかも」からだろうか?

それなりに不正アクセス対策はしており、今のところは対処できているが、やはり心配はあるので、しばらくはログを監視したい。見ていると、WordPressのXMLRPCを狙うものが多いようなので、それへのアクセスをサーバで拒否することにした。

暇つぶしにFBの「知り合いかも」を見るのだが、いくつかおもしろいことがある。

まず、妙に目をひかれる綺麗とか可愛い女性が多い。いや、そうは書いたが、(確かに若いけど)実際には大したことない。大抵は、昔のプリクラみたいにアプリの修正機能をフルに活かして(明るくして細部を飛ばして)美白に仕上げている。目も大きく修正されているのかも知れない。そして、気さくそうに笑っているのがポイントだ。あと、どの人も決してプロっぽい感じでなく、いかにも「普通の女の子」の雰囲気(例: ちょっと抜けがありそうな感じ)を出している。そうやって、気軽に近付いてもらおうという魂胆なのかも知れない。ただ、本当に普通の子みたいな人も居り、そこの見分け方はまだ分からないw

そういう人の情報を見ると、大抵は「友人」が千人前後(少なくとも3桁)居て笑ってしまう。タイムラインを見ると、どの人のにも、オジさんらしき人が友人申請したらしく、「承認ありがとうございます」とか書いていて(しかも、悪名高き絵文字を使っている!)、まだ居たのかと更に笑ってしまう。返事するにしてもチャットで返せばいいのにと思うが、情弱過ぎて分かってないのか、舞い上がってしまうのか。そして、一体何を「よろしくお願い」するのだろうか??w

そもそも、友人が千人も居る女性(それだけでプロとしか思えない)に友人申請するってのは、一体何を期待しているのだろうか? 何かあるとでも思っているのか。身の程知らずにも程があるw だが、ふと、その情弱っぽいオジさんも実はグルで、本物の情弱を安心させるためのダミーかも知れないことに気付いた。その業界はなかなか深そうだ。

次に、なぜか、車だけをプロフィール写真にしている人が多い。BMWやベンツが多い。外国の人のようだ。(車のことは何も書いてないのに、)消しても消しても出て来るのが不思議だ(FBはそういうところは学習してくれないようだ)。海外でも、BMWなどは「ステータスと思われる」と(持ち主には)思われているのか。あるいは、自分の車(自体)を自慢したい人は、日本だけでなく海外にも多いようなで、意外だ。そういうのは日本人特有のことだと思っていた。

そして、自分でも意外なことに、僕は(BMWなどに限らず)車だけを出している人には全く興味が湧かないことに気付いた。逆に、反感を覚えて即座に削除する。ただ、例えば猫の写真の人には好感を持つし興味も湧くので、自分の顔以外を載せるのが嫌なのでなく、(今は)車自体が好きなのではなく、ドライブのようなことが好きなのだろう。

もう一つ、今回は出身校や過去の会社名を書いていないのに、なぜか、同じ学校や会社だった人が出て来るのも不思議だ。昔書いた情報が残っていたのか、出て来る人の情報に僕に関連する情報が記録されているのか。更に、FB上では全くつながりがないはずの、妹の夫らしい人(面倒なので確認していない)すら出て来るのも不思議だ。妹はFBはやっていないのに、どうやって関連付けているのだろうか。ビッグデータを活用すると、いろいろな関係が浮かび上がって来るような気がする。ちょっと不気味だけどおもしろいと思う。

 

そして、まだ入ったばかりではあるが、FB経由では引き合いは来なさそうな気がしている。みんな休眠状態で余り使っていないから読まれていない可能性はあるが(そうであれば、やっぱり今後も効果がない? この辺りは、FBにユーザーの活発度を表示する機能を付けて欲しいものだ。例えば、ログイン頻度に応じて名前の色を変えるとかだ。)、他の手段も必要な感じだ。まあ、そんなに簡単に話が進むとは思っていなかったが、いろいろ試してみよう。

 

PS. 近頃は、「知り合いかも」に出て来る綺麗な女性を、モグラ叩きのように片っ端から抹殺(削除)するのを暇つぶしにしている。我ながらしょうもないw でも、いつかはまともな人だけになるのだろうか? (11/3 21:05)

  •   0
  •   0

新しい仕事のプロモーションのために技術的な投稿を独立させる件が、とりえずできた。最後の案のように、個人用(ここ)と仕事用(新規)のホスト名・URLを別にし、逆引きホスト名を第3のもの(デフォルト)にした。当然ながら2つのIPアドレスは同じなので、どちらの要求も最終的には同じサーバに来るようになっており、サーバの入り口でURLのホスト名で分岐させて、表示するブログを分けている。

ちょっと残念だったのは、WordPressのマルチサイト機能が使えず(新規インストールでないからのように出ていたが、URLが別でも駄目っぽかった)、WordPressは新たにインストール・設定することになった。

ホスト名が違うので新たにSSL証明書を作ったり、久し振りにWordPressのインストール・設定をしたり(なぜか、今使っている版と違うところがあって、意外に手間取った)、気に入ったスタイルが全然なかったり、なぜか動かないプラグインがあったりして、結構時間が掛かった。とりあえず動くようになったが、果たしてこれで穴がないのか心配なので、少し様子をみることにする。

個人用と仕事用の切り分けは、以下の方針にしようと思う。

  • 今までの投稿は、ここにそのまま残す。ただ、特に転載したいものがあれば、修正して転載する。
  • 今後は、(純粋に)技術的な情報は新しい仕事用ブログに投稿する。

ここを定期的に読まれている方で、技術的な情報を楽しみにされている方はあまり居なさそうだから、新しい投稿は、仕事のプロモーション相手と、検索でたどりつくであろう不特定の方が読めればいいと思われるので、大きな問題はなさそうに思う。

ところが、新しいホストのドメインに無料のものを使ったら(この先の需要が不明なので、出費が惜しかったため)、FBのセキュリティ警告が出て貼れないことが分かり、一からやり直しの憂き目に・・・ (新たにドメインを取るとかして、WordPressのドメイン名を変えるだけではあるが、結構痛いなあ)

(10/28 21:31追記) いろいろ考えて、仕事用のドメインを取ることにした。すごくいろいろ考えて、いいドメイン名を考えついた。もちろん、はてなブログなどの無料サービスでも事足りるのだが、個人的な趣味とか、情報や使い勝手を一つにまとめたいからだ。

なお、ドメインを別にしても簡単に両方の存在はバレることが分かった。DNSの情報を見ても分からないが、IPアドレスでググれば2つのドメインが出て来るだろう。でも、まあ、そこまでして分かる人ってのは逆にこちらに関心を持ってくれていて、かつ、ある程度の知識がある人な訳で、そういう人にバレても特に問題はなく(ここと一緒なんだと触れ回る可能性は低そうだから)、逆にうれしいくらいな気がした(本当に? 良く分からん。まあ、何だっていいやw)。

(10/28 22:16追記) 昼間はいいドメイン名を考えついたと思っていたのだが、(決めてから時間が経ったせいか、)上を書いたあとで改めて見たら、余りにもおもしろくなくて(綺麗過ぎてインパクトに欠ける)却下し、その前に候補にしていたものが有力になった。が、明日になったらまた変わるかも知れない・・・

(10/29 20:43追記) その後二転三転して、結局、ドメイン名をローマ字で読むと(ちょっとインパクトがあって)覚えやすく、字面が綺麗過ぎないドメインにした。そんなことに随分時間を掛けたのは、我ながらしょうもないw

あと、WordPressは簡単にはドメインを変えられないようだったので、再インストールした。やっぱり、いくつか動かないプラグインがあったのが謎である。

(10/30 11:16追記) テーマを随分手直しして、なんとか見られるようになった。が、結局、このブログと似たようなデザインになってしまったw まあ、好みは変わらないね。あと、FaceBookはURLを貼った時にページの概略を保存するようで、それはいいのだが、IPアドレスをキーにしているらしく、別のURLなのに、このブログの画像が出てしまって参った。。。

(10/30 14:35追記) 上記の画像の問題は僕のミスだった。OGPという、サイトやページの概略情報を生成する時にサイトの画像を指定するのだが、その画像の指定が個人用のもののままだったため、それが出ていた。かなり昔に使い始めたために機能や使い方すら忘れていて、今回、別の用途(OGPの取得)に使おうとインストールしたら、誤動作した。

  •   2
  •   0