Archive for the ‘老眼・目の不調’ Category

ようやく体力と気力が回復して来たので、先日、その前に行った眼科で生じた不安を解消・緩和すべく、「遠い眼科」に行った。天気予報は曇りで、それほど暑くならないようなので、歩くことにした。予報は外れて最初から小雨だったが、気温は低かったので行けそうだった。ただ、雨の湿気のせいか蒸し暑かった。先日届いたオーバーグラスを掛けて行った。途中で何度も休んで水分を補給しながら随分歩き、思って居たよりは楽に着いた。とはいえ、さすがに汗びっしょりになった。

前回同様、受付は丁寧で良かった。検査も丁寧で良かった。遠く(普通の視力)だけでなく、近くの視力も測ってくれた。当然ながら、ここでは検査結果(視力)を教えてくれた。そして、僕は運転時は強目の眼鏡を掛けているのだが、通常掛けている眼鏡でも充分に視力が出ている(両方1.2)ので、運転時も同じもので大丈夫というアドバイスもしてくれた。不思議なことだが、運転用の眼鏡を作った時より視力が上がったのかも知れない。確かにそういう実感はある。ただ、怖いので、やっぱり運転用の眼鏡は使うと思う。

診察室の前で待っている時、外で医師の説明が聞こえるのは いかがなものかと思うが(それほど年配でない医師なのに、そういうことには無頓着なのだろうか?)、丁寧で良かった。

診てもらったら、白内障とは全く言われなかった。ただ、どちらが見にくいか聞かれたので、「右」と言ったら、右を散瞳し、眼底写真(両方)を撮ることになった。症状の伝え方(左右の見え方が違う、見にくいことがある、外がやけに眩しい)が今ひとつだったのだろう。それで、撮影のあとで「霞む感じもする」と言ったが、余り関係なさそうだった。

書いたあとで、左右の見え方が違う・右が見えにくい原因を考えた。そして、症状が起こるのはPCのディスプレイを見ている時だけであることに気付いた。そして、その時は日光が左手の窓から入るので、光の左右の目への当たり方(入射角)がアンバランスなせいかと思い掛けたのだが、起きた直後の外が真っ暗な時でも起こるから、それは関係ないようだ。

ただ、屋外では症状は起こらない(気付かない)ので、まだ日常生活には問題がないことは分かった。あと、印刷物を見る時も気にならないので、PCのディスプレイはコントラストや精細度が高いから気付きやすいのかも知れない。

あるいは、そもそも右の水晶体の濁り方が大きい(白内障が進行している)のかも知れない。

ただ、2回目は別の診方をしたようで、「水晶体が曇っている」と言われた。「透明なガラスの瓶の底が曇っているような状態」のような例えをしたり、診ている時に撮った写真を見せてくれたので、僕も確認できた。残念ながら、見にくいのは右と言ったせいか、左の曇りは診てくれなかったが、前回の眼科と同じ結果なので、左も同じだろう。それから、眼底は問題なかった。こちらも写真を見せてくれた(さすがに、こっちは見ても良く分からなかった)。

不思議と、医師は「白内障」とは言わず、「曇っている」と言った。想像だが、「白内障」と言うと大事に思って不安にさせるのを防ぐつもりなのではないか。そして、前回のように、また何かあったら来るということになった。

残念ながら、「ごく初期」ではないらしく、進行を遅らせる薬は適用にならなかった。それから、日常生活の注意もなかった。医師は自然なことと考えているためだろうか。まあ、食事の改善は難しいが、日差しの強い時はオーバーグラスを掛けようと思う。

良く考えると、眼鏡にはコーティングがしてあるので、充分に紫外線がカットできるはずだが(調べると、そうでもないようだ)、隙間からの侵入を防ぐ意味はあるだろう。それから、車では(日光は眩しいけど)対処は不要だ(と考えている)。車のガラスだけでも随分減るのと、ガラスにUVカット処理がしてあるためだ。(→ 参照)

すごくテキトーなことを言えば、紫外線は結構弱いので、プラとかガラスを通すだけで結構弱まる(と個人的には考えている)。なので、オーバーグラスも単なるプラだけだったりするかも知れない(もちろん証拠はない)。

散瞳が片方だけだったし それほど疲れて居なかったので、帰りも歩くことにした。やっぱり休みながら、スーパーに寄って昼食したり、前回書いた100円ショップに寄ったりして帰って来た。途中の昔ながらの「文化住宅」みたいな住宅地の路地で のんびろくつろいでいる、家族と思われる白猫の集団を見て、すかさず(驚かせて逃げられないように注意しつつ)撮影した。こんなに多くの白猫には なかなかお目に掛かれない。

眼科からの帰りに見た白猫の集団(家族?)

そんな訳で、全部で(往復)6時間くらい掛かった。なぜか、帰りのほうが涼しく感じた。雨が止んで湿気が少なくなったせいか。

 

結局、白内障が確定したので、(じたばたすることもできないので、)当面は近くの眼科の指示どおり定期的に通って状況をチェックし、視力が落ちて来て手術が近くなったら、今回の遠いところに移りたい。

今回の眼科も今ひとつコミュニケーションが難しく※、終わってから微妙な感覚(「嫌」とまでは行かない、落ち着かないとか引っ掛かるような感じ)があったのでベストとは言えないが、少なくとも、近くのところより説明・ケアが100倍くらい良くて、(確かに同じ診断だけど)不安がなくなったのがいい。ただ、手術の直前に医院を移るのにはリスクがあるし、遠いと行くこと自体が大変で緊急時などに不便なので、そのまま近くでやってもらうかも知れない。いつになるか分からないが、様子を見たい。

※前回なおきさんがコメントして下さったように、最初から「他で白内障と言われた」と言ったほうが良かったのかも知れないが、医師はプライドが高い場合があって気分を害されても嫌なので、それらしい症状を並べたが、やっぱり間接的だった。

 

以下は余談的な話である。

オーバーグラスの感想

届いた直後に室内で試したら、なんかちょっと曇って見えて、駄目なものだったかと思った※が、良く見たら本当に曇っていて、拭いたらはっきり見えるようになった。製造時に付いた不純物的な汚れだろうか。外でも大きな問題はなかったが、顔の汗を拭く時に2本外さないといけないのが面倒だし、片方を落としそうだ。

パッケージが、透明なプラの容器にテプラみたいなので名前が貼ってあるだけってのが第一印象を悪くしていた。あと、収納袋の一部が中古みたいにちょっと擦れた感じだったこともあった。まあ、本体は綺麗だったので、良しとした。

不安に思った原因はもう一個あった。楽天で買ったのだが、商品ページにメーカー名がなかったことだ。型番や付属の袋の名前が合っていたから注文したが、届くまで型番が同じ偽物ではないかと心配していた・・・

あと、眼鏡のフレームの両端がオーバーグラスのレンズ部の外側に当たって擦れて傷ができるのは仕方ない。傷はいいけど、歩いていると擦れる音が聞こえてちょっと気になるので、そこに透明なテープでも貼ろうと思ったが、湿気などで剥がれると思って止めた。

それから、本質でないが、そのメーカーは鯖江の会社をうたっているけど、製品は台湾製だったので、もやっとした。もちろん、ちゃんと使えれば問題ない(し、今は日本製だから いいとも限らない・・・)。

買う時はいろいろ迷ったが、透明なものにして良かった。フレームに色の付いたものだと、目立って落ち着かない気がする。

眼科の印象

前回同様良かったのだが、わずかに気になったことがある。僕の検査担当の人は入ったばかりなのか、他の検査の人たちの「輪」に入れない雰囲気があって(例: 他の人たちの雑談に加わって居なかった)、ちょっと可哀想になった。まあ、どこにでもあることだし、そんなことを気にしても仕方ないのは分かっているし、どうしようもない。

なぜか、上に書いた診察の雰囲気とかこういうこととか わずかなことが気になって、少しひきずってしまった。でも、近くの眼科は患者が多過ぎて雑談しているスタッフなんて居なかったから こういうことがあるのか不明だし、そこの医師には多大な不安と疲労を与えられたので、そこよりはずっといい。

書いたあとで気付いたが、血圧で通っている医院では こういう感じがほとんどないので、何かは判然とはしないが、そことの「差」なのだろう。まあ、完璧を求めても仕方ないので、良しとするしかない。

眼科まで行く手段について

両目が散瞳になる可能性があることを考えると車では行けず、また、バスなどはないので、当初はタクシーで行くことを考えたのだが、以前骨折した時に使った時の感想や、普段の道での乱暴な走り方を見ていると、どうにも嫌なイメージしかなく、できるだけ感じのいいところを探そうとGoogleマップで調べたら、近くの会社はどこも評価が3未満だったので、暗澹たる思いになった。それで、ちょっと遠いけど、迎車無料で料金も少し安いところを使おうと思って居た。そこも評価は似たようなものだが、とんでもなくひどいところ(評価が1台・・・)よりは ずっと良かった。

田舎で いろいろな場所が遠い割には、徒歩・自転車・自家用車・バスの他はタクシー以外の手段がないから、我が物顔に振る舞う運転手・会社が多いように思う。そういう連中は いつか淘汰されるのだろうが、いつになることやら・・・

あと、この市には、地域交通というデマンドバス・タクシーの類があるのだが、概ね、その仕組みのある地域から外には出ないとか、その仕組みを作った自治会に入っていないと使えない(しかも、まず自治会だかに電話して会員になる必要がある)という、「江戸時代ですか?」と言いたいシステムだったのでがっかりした。

確かに、仕組みを立ち上げるのには苦労したとは思うが、はなから部外者を拒絶して広範囲の人に役立つことを拒否しているシステムってのは果たして存在意義があるのかと思った。

  •  1
  •  0

先日、大昔に患った網膜剥離の定期検診を受けた。その時、近頃、数年前と同様に右目の見え方が悪いことがあるので一緒に診てもらったら、驚くべきことを言われた。

なんと、白内障だった。しかも両目。

見えにくいことがあるのは そのためのようだ。歳の割には早いとも。ただ、説明はその程度で、病気自体や状態の説明や生活上の注意事項などは何もなかった。まあ、白内障は誰でも知っているだろうけど、普通は写真や目の図とかを見せて、「ここが曇っている」とか説明するものだろうし、曇りがどの程度なのかやどのくらいの深刻さかを説明するのが普通だと思うが、そういうのは なしで、「(経過を観る必要があるから)*か月後に来い」だけだった。そこは医師が目で観るだけで写真は撮らないから(面倒? 機器がない?)、自分でも状態が確認できないし、もちろん去年との違いも分からない。

他にも、事前検査で測った視力がどうなのか(いいのか悪いのか、去年と比べてどうなのか)も教えてくれず、こっちには何も情報を与えてくれなかった。僕の金で検査してるんだがなあ・・・

分からないなら聞けばいいと思われるだろうが、最初から禄に説明する気が感じられない人(しかもプロ)に聞く気は起こらない。しかも、想定外の「白内障」と言われて結構ショックを受けたので、聞く気力は起こらなかった。

そこは好きじゃないけど遠くないから(消去法的に)毎年行っていたのだが、全く不安に陥れられただけだった。患者が多いから、数をこなすことがメインになっているようだ。以前ひどい目に遭った皮膚科に近い。

帰って調べてみると、白内障の原因は加齢が多いが、紫外線と糖分が悪いようで、"AGE"(各種最終糖化産物) の多いもの(文字通りw、揚げ物など)は控えろとあったが、そうしたら食べられるものがなくなってしまう。。。 それで しばらくは買い物に行っても「これは駄目か」みたいになって、食欲が出なかった。

難しいのは、白内障の進行抑制にいい食べ物は他の病気(例: 高血圧、耳)には悪い可能性があるかも知れないし、そうでなくても高血圧などで駄目なものも多く、「あれも駄目、これも駄目」状態で、結局、何も食べられないよ。

そして、ひどくなったら(例: 視力低下で運転免許が更新できない)眼内レンズを入れれば視力は回復するとあるが、かなり怖い。いくら短時間で終わると言っても、上のように禄に説明せず、心的ケアもない医師の手術を受ける気には全然ならない。あと、固定焦点なので眼鏡以上に不便な気がする。カメラと同様に、(焦点深度の関係で、)明るければ焦点が合う領域が広いのだろうか?

あと、(調べて知ったが)白内障のごく初期であれば、薬剤による進行抑制が可能ということなのに、何も薬が出されなかったのも気になる。薬が適用なのかそうでないのかの説明もなかったが、このまま放置して進行させるのは嫌だ。

そういう訳で、近くの眼科は経験豊富で仮に腕がいいとしても頼れないので、最初に挙げた、数年前に行って いい感じだったところでも診てもらおうと思っている。歩くには遠く、散瞳するだろうから車で行くのも無理なのだが、背に腹は変えられないのでちょっと頑張る。

ただ、その眼科で気になることは、数年前も同じような症状で診てもらって「問題なし」(軽い飛蚊症)だったので、医師の腕が悪い可能性があることだ(逆に、今回のケアのない医師が見誤った可能性もあるが、両目と言っていたので、その可能性は低そうだ)。その点は、次回、前回の写真と比較して説明してくれれば分かるかも知れない。もしかしたら、前回は確かに飛蚊症はあったが、実はごく軽い白内障もあったものの検知限界以下で分からなかったのが進行したのかも知れない。

そこでの診断などで、以下のようにしようと思っている

A. やっぱり白内障だったら、詳しい説明や注意事項を聞き、以後も通う。ただし、もし その眼科のやり方が以前から変わってしまって詳しい説明などがなかったら、仕方ないので近いところにする。

B. もし白内障でない診断だったら、念のため、(ケアのない)近いところに定期的に通って状態を診てもらう(観るだけなら目に悪いことはないので)。実は白内障というのは間違いで、次に行ったら(間違いは認めないものの、)「一年後に」とか言われるかも知れない。

 

白内障と言われて気付いたのだが、去年くらいから(近頃は更に)外が眩しく感じていたのは、そのせいだったようだ。ただ、僕は子ども(幼稚園)の頃から外が眩しかったので、元々そういう体質なのか、先天性の白内障の素質があったのかも知れない。それなら仕方ないことだ。

あとは、若い頃にバイクやハイキングで無防備に紫外線を浴びたことも悪かったかも知れない(それを言うなら、子どもの頃からずっと外で浴び続けていたから、誤差程度か)。それから、ないとは思うが、春からのアンプ作りで目を酷使した(眼鏡を掛けず、至近距離で作業)のも関係あるのだろうか? 半田の煙(フラックス+鉛+錫)の影響もあるのだろうか? そこら辺は分からないが、進行を速めた可能性はある。

いずれにしても仕方ないので、進行を遅らせ、定期的に状況をチェックするように「切り替えて行く」しかない。

 

それにしても、劣化が激しくて参ったね。

 

(7/1 4:57 わずかに補足)

 

PS. 紫外線を防ぐため、外では帽子を被ったほうがいいのだが、野球帽は嫌いだし、麦わら帽子は場違いだしで、良さそうなものがない。そして、中高年のオジさんが なぜか良く野球帽を被っているのは、白内障の関係なのかと想像したが、果たして・・・

他はサングラスだが、色が濃いと瞳孔が開いて良くない(そのうえ、印象が悪くなる)から、紫外線だけをカットするようなものがあればいいが。そもそも、眼鏡なので、煩雑過ぎて無理そうだw

→ とりあえず、エリカオプチカルというところの透明なオーバーグラスを注文した。ヨドバシには小さいものしかなかったが、楽天で送料無料の店があったので、丁度残っていた楽天ポイントを消化した(ただ、遅れて付く分があって、0にはならないのが嫌らしい)。 (15:49)

↑その時に こんな格好いいものが見付かって思わず欲しくなったが、デロリアンと金色の服もセットでないと満足できないw

  •  0
  •  0

先日、ちょっとした用事で眼鏡屋(個人経営)に行ったのだが、思いがけず高価な物(遠近両用眼鏡)を売りつけられそうになって嫌な気分になった。不思議なのは、その日は かなり乗り気で、翌日には注文に行く気だったのに、寝て一晩経ったら全く逆の考えになり、疲れさせられたことや胡散臭さに怒りさえ生まれたことだ。

あらすじ

眼鏡の鼻パッド劣化で交換したい。 → 地図で検索 → 近くに店があった。 → 交換後、延々と会話(世間・業界の話、眼鏡の話)・・・ 遠近両用眼鏡を勧められる。 → 帰宅、就寝・熟考 → 翌日、疲労でぐったり。疲れと怒りと胡散臭さでうんざり! ← イマココ

いろいろな胡散臭さ

  • 遠近両用眼鏡をその場で注文させようとする(注文したらすぐに作り始める雰囲気だった)。
    • 「(その日)以外は混む」などと言っていた。(怪しいセールスの常套文句)
    • 調べたら、普通の遠近両用眼鏡は遠くに重点を置いていて、室内・屋内が中心の僕にはもったいないどころか不便そうことが分かった(屋内用もあるが、それにしたって、視野が狭いとか、距離によって見える場所が限られるなどの欠点はあるだろう)。
    • 遠近両用以外の解は提示されなかったが、本当にないのか?
  • こちらから聞かなければ値段が不明
    • 聞いたら、想像・想定(まあ5万円くらい?)と比べても、その後調べた相場(安売りチェーンでない店)と比べてもすごく高かった(最初から十万円超!)。
      • 自費で歯を二本治療したって、そこまで高くない(しかも、充分に検討できる)が・・・
      • 内訳は提示されなかったが、フレーム代(3万円前後)を引くと、レンズ代と技術料がものすごく高い感じだ。そこまで高いレンズは、検索してもなかなかなかった。
    • そういえば、パッド交換も高かった。
  • 「絶対に楽・便利になる」のようなことを言う。
    • 何にしたって、「絶対」はないと思うが。
  • 最初は「一本だけですべての状況で使えるので、全く不自由がなくなる。そうでなければ意味がない」などと言っていたのに、いろいろ話をしたら、仕舞いには「PC用のも要る」と二本要ることになり、一緒に売りつけようとした。 → 30万円コース・・・
    • いやいや、「絶対」じゃなかったっけ? それに、自分で「複数を掛け替えるのは手間・無駄だ」と言っていたのに・・・
    • 最後の方では、遠近両用眼鏡だと(焦点の位置の関係か)手元を見る時に顎を上げる必要が出る場合があるなんて話も出て来たなぁ。それが絶対便利?!
    • 壺商法ってこんな感じ??
  • 午後の早い時間に行ったのだが、「解放」されたのは閉店時間。。。
    • 知り合いから誘われるという「催眠商法」とか「洗脳セールス」もこんな感じ??

話している時は楽しくて、その場で決めさせようとしたことと高いこと以外には胡散臭さは感じず、随分真面目な人だとすら思ったが、翌日、疲れでぐったりしていたら すごく嫌な気分になって来た(最初は「眼鏡屋に行っただけなのに、なんでこんな目に遭うの?」って感じ)。今思えば、若い頃に引っ掛かった、高額な英会話教材(カセットテープ数十本・・・)を売りつけたオッサンのやり方に近い感じだ。

まあ、実際には本当にいい人で、正しいことを言っていて、腕もあって、客観的にはいい店なのかも知れない(実際、勧めてきたフレームは僕に似合って、かなり乗り気になった: まあ、すごく高いんだから当たり前かもね)が、僕に上のような疑念を持たせたのは事実なので、(僕としては)「怪しい店」決定だ。

こういう点では、見放した(けど、段々許しつつあるw)いつものスズキのディーラーのおじさんはやっぱり信用できる。目的や考えが同じで「(多少高くして)売る」ことだとしたって、レベルが全然違う。再び見直したw

そして、もうその店には行かないことにして、まずは、遠近両用眼鏡以外での老眼への対処方法を調査・検討することにした。遠近両用あるいは老眼鏡他の眼鏡を作るにしても、ちょっと遠いけど別の店に行くだろう。

  •  0
  •  0