Archive for the ‘日記’ Category

さっき、岡村孝子の曲(「夢をあきらめないで」)が掛かり、(他の曲は全然好きでもないのに、)いつものように飽きもせず、「僕に姉が居るとしたら、彼女しかいないなあ」と思った。一方で、「メンバー」※でも「元院長」でもなく「容疑者」となったエリカちゃんは可哀想だとは思うが、全然妹とは思えない。いくら大人しくしていても、基本的にケバいのが良くないw

※「メンバー」が通るなら、「俳優」や「女優」という呼称でもいい気がするが、いったい何が違うのだろうか?w

それにしても、岡村は退院したはずなのに(調べたら、ひとまずは「寛解」ではないか。良かった!)、ほとんど報道されず、(それでも拍子抜けすらさせず、)本当に彼女らしくていい感じだ。一方で、沢尻は何をしても大変そうで、全く可哀想だ・・・ オフの時に威勢よく飲んではしゃいで、(少なくとも、その時は法を犯している証拠はなかったのに、)何が悪いというのか。捕まったあとで、「やっぱり」とか「そうだと思ってた」とか言う輩は一体何なのか。いつかブーメランにならなきゃいいねw

  •   1
  •   0

先日、ちょっとした用事で眼鏡屋(個人経営)に行ったのだが、思いがけず高価な物(遠近両用眼鏡)を売りつけられそうになって嫌な気分になった。不思議なのは、その日は かなり乗り気で、翌日には注文に行く気だったのに、寝て一晩経ったら全く逆の考えになり、疲れさせられたことや胡散臭さに怒りさえ生まれたことだ。

あらすじ

眼鏡の鼻パッド劣化で交換したい。 → 地図で検索 → 近くに店があった。 → 交換後、延々と会話(世間・業界の話、眼鏡の話)・・・ 遠近両用眼鏡を勧められる。 → 帰宅、就寝・熟考 → 翌日、疲労でぐったり。疲れと怒りと胡散臭さでうんざり! ← イマココ

いろいろな胡散臭さ

  • 遠近両用眼鏡をその場で注文させようとする(注文したらすぐに作り始める雰囲気だった)。
    • 「(その日)以外は混む」などと言っていた。(怪しいセールスの常套文句)
    • 調べたら、普通の遠近両用眼鏡は遠くに重点を置いていて、室内・屋内が中心の僕にはもったいないどころか不便そうことが分かった(屋内用もあるが、それにしたって、視野が狭いとか、距離によって見える場所が限られるなどの欠点はあるだろう)。
    • 遠近両用以外の解は提示されなかったが、本当にないのか?
  • こちらから聞かなければ値段が不明
    • 聞いたら、想像・想定(まあ5万円くらい?)と比べても、その後調べた相場(安売りチェーンでない店)と比べてもすごく高かった(最初から十万円超!)。
      • 自費で歯を二本治療したって、そこまで高くない(しかも、充分に検討できる)が・・・
      • 内訳は提示されなかったが、フレーム代(3万円前後)を引くと、レンズ代と技術料がものすごく高い感じだ。そこまで高いレンズは、検索してもなかなかなかった。
    • そういえば、パッド交換も高かった。
  • 「絶対に楽・便利になる」のようなことを言う。
    • 何にしたって、「絶対」はないと思うが。
  • 最初は「一本だけですべての状況で使えるので、全く不自由がなくなる。そうでなければ意味がない」などと言っていたのに、いろいろ話をしたら、仕舞いには「PC用のも要る」と二本要ることになり、一緒に売りつけようとした。 → 30万円コース・・・
    • いやいや、「絶対」じゃなかったっけ? それに、自分で「複数を掛け替えるのは手間・無駄だ」と言っていたのに・・・
    • 最後の方では、遠近両用眼鏡だと(焦点の位置の関係か)手元を見る時に顎を上げる必要が出る場合があるなんて話も出て来たなぁ。それが絶対便利?!
    • 壺商法ってこんな感じ??
  • 午後の早い時間に行ったのだが、「解放」されたのは閉店時間。。。
    • 知り合いから誘われるという「催眠商法」とか「洗脳セールス」もこんな感じ??

話している時は楽しくて、その場で決めさせようとしたことと高いこと以外には胡散臭さは感じず、随分真面目な人だとすら思ったが、翌日、疲れでぐったりしていたら すごく嫌な気分になって来た(最初は「眼鏡屋に行っただけなのに、なんでこんな目に遭うの?」って感じ)。今思えば、若い頃に引っ掛かった、高額な英会話教材(カセットテープ数十本・・・)を売りつけたオッサンのやり方に近い感じだ。

まあ、実際には本当にいい人で、正しいことを言っていて、腕もあって、客観的にはいい店なのかも知れない(実際、勧めてきたフレームは僕に似合って、かなり乗り気になった: まあ、すごく高いんだから当たり前かもね)が、僕に上のような疑念を持たせたのは事実なので、(僕としては)「怪しい店」決定だ。

こういう点では、見放した(けど、段々許しつつあるw)いつものスズキのディーラーのおじさんはやっぱり信用できる。目的や考えが同じで「(多少高くして)売る」ことだとしたって、レベルが全然違う。再び見直したw

そして、もうその店には行かないことにして、まずは、遠近両用眼鏡以外での老眼への対処方法を調査・検討することにした。遠近両用あるいは老眼鏡他の眼鏡を作るにしても、ちょっと遠いけど別の店に行くだろう。

  •   0
  •   0

(まだやっていたw)オーディオの音質チェックの一環にビートルズの"Abbey road"(1969)の中の"Octopus's garden"を聴きながら、ふと気付いてしまった。

"Octopus's garden"は"Octopus' garden"じゃないのか? リンゴのいつもの間違い?

検索したら意外になかったのだが、あった。HiNativeという、すごく役に立ちそうなサイトにQ&Aが投稿されていた。答えは、「どっちでもいい」、「(音の)状況による」ようだ。結構拍子抜けしたw 以下に「最も役に立った回答」を引用する(太字は私が付けた)。

j0sh: I think most native speakers would recognise both as having the same meaning. The rules for this type of thing are fuzzy... I just checked the Oxford Guide to Style, and it says, 'No single rule governs the possessive form of singular nouns that end in s. Euphony is the overriding concern, with the final choice affected by the number of syllables and the letters starting the next word.' It then lists examples of both s's and s'. My personal feeling is that s's is used more frequently. :-/

そればかりか、この回答者(j0sh)は"s's"の方が多いとすら言っているではないか。確かに、この曲に関しては"Octopus's garden"の方が言いやすいし歌いやすそうだ(でも、邦題はなぜか「オクトパス・ガーデン」である)。僕としては、"Octopus' garden"では「ちょっと寸法が合わない」感じだ。

僕らの習ったことと全然違うじゃん!! だから日本の英語教育は駄目なんだなぁと、マジで再び実感した。

PS. 僕は今まで何度も、「-s'じゃ(音が)おかしい気がするなあ」と思っていたけど、そういう規則だと思っていたから仕方なく書いてきたのに、その悩みはまったくの無駄(負の努力ですらあった)だったことが分かった。

PS2. この質問者は「英語 (イギリス) で」と聞いているので、もしかすると、US Englishでは全部"-s'"なのかも知れないが、まあ、それはどうでもいいw どっちでも通じることは確かだからだ。でも、ご存知の方はお教え下さい。

  •   1
  •   0

可哀想に、エリカちゃんも捕まってしまった。某押し売り放送局は時代劇の撮影をどうするか慌てているような話を読んだが、こういう時こそ、国民から巻き上げた金ででっち作り上げた最先端技術で解決すればいいのに。

彼らには美空ひばりを強制復活させた技術もあるではないか。今こそ実用する時だ。それに、全然詳しくないけどw、今は動画の顔をすげ替えるdeep fakeとかいう技術があって、手軽に使えるらしいではないか。

それにしても、番組に出演した問題のある人をどうしても消せない時に、モザイクを掛けることはあるだろうが、顔(声も?)をすげ替えて、(身体だけ)出演させるのは(視聴者に)許されるのか興味あるところだ。「けしからん」という人は、何に怒るのか。問題のある人をTVに出すことか、出演料を払うことか、そういう人は一切観たくないのか。(では、そういう自分は清廉潔白なのか? と書くと面倒になるので、今回は止める。)

でも、そもそも、誰にすればいいのか? あ、代役にすればいいのか。それならすごく適切だ。撮影が間に合わない分を処理すればいいのだ。

こういう考えが進むと、「もう、出演者なんて本物の人じゃなくてもいいや」って話にもなるのかな。架空の人はもちろん、死去してしまった人で完全にクリーンなことが分かっている人、あるいは、古過ぎて確認できない人なら、こういう問題は全く起こらないだろう。

 

PS. 全く余計なことだが、(今の)顔が似ているから、代役には鈴木京香(名前が出てこず、検索して分かったw)が良さそうだと思っていたが、年齢が2回りくらい違うから無理そうだ・・・ (11/18 17:49)

  •   1
  •   0

近頃はGDPRの関係で、ウェブページの下の方に(ほとんどは英語で、しかも読みにくい文字で)クッキーがどうのこうのと出ることが多いが、それが結構危ない気がしている。多少詳しい人は、良く読まずに「あ、例のクッキーね。いいよいいよ」とか思って"Accept"とか"OK"のボタンを押しそうだが、もし、その文章がクッキーとは全然関係ない、詐欺的な購入とか契約、あるいは、押すことを契機に個人情報を抽出するような仕組みだったら恐ろしい。

実は僕は、押さないと表示されたままで鬱陶しいし、いろいろなサイトで何度も決まった文章を読むのが面倒なので良く読まずに押していたのだが、近頃危うさに気付いた。

まあ、実際問題として、そんな悪質なサイトに行くだけでも危険なのだが、事前に分からないことは多いから、そのうち「情弱」と呼ばれてしまう被害者が出そうな気がしている。何もしないのと違って、自分で許諾ボタンを押したら言い訳しにくいからね・・・ 例えば、(英語の小さい文字で)「Acceptボタンを押すと、USD1000を支払うことに許諾することになります。その取り消しはできません。」とか書いてあったら怖いよ。言ってみれば、「クッキー詐欺」とか「GDPR詐欺」か?

という訳で、自戒を込めて、条件反射的にボタンを押すのは止めよう。

 

付録: GDPR opt-in(というのかな)のいろいろ

 

PS. 調べていたら、やっぱり、本質を理解せずに、「なんか自分のサイトの下の方に変な英語が出ていて邪魔だぞ」と、出しているのは自分で入れたプラグインにも関わらず、メッセージを邪魔者扱いして、必要かどうかを考えずに、単に消して満足しているサイトがあって、別の意味で危うい気がした。

「消したら問題がなくなると思うなんて、まるでどこぞの政府と同じじゃないか」と思った件については、一言も言及しないでおくw

  •   1
  •   0

眼鏡の鼻パッドが駄目になった(シリコンだけどひび割れてしまった。約2年前の冬に交換したばかりで、随分寿命が短いように思うが仕方ない)ので、眼鏡店を探した。以前交換してもらった近所の店がなくなってしまったのだ。Googleマップで検索すると、近くにあるようなのだが、そこはずっと「空き家」のところなので(実際、ストリートビューでも空いていた)、空く前の店の情報が出ているのだろうと思い、遠い店に行くしかないと思っていた。

しかし、どうも、その遠い店に行くのは気分が乗らない(なんか、冷たそうな面倒そうな雰囲気を感じた)ので、気になってその店の情報を見てみたら、なぜか近頃の口コミもあった。ステマのようなニセ口コミは分かるが、存在しない店が「いい」とか書く人(一人でなく数人)の意図が分からなかった。それで更に検索したら、他のサイト(地元の店紹介のようなところ)にも店の情報が掲載されていた。

ということは、僕が知らない間に空いていたところに店が入ったのかと思って偵察に行ったら、本当にあった(なかったら、散歩がてら遠い眼鏡店に行こうと思っていたのだが、寒くてくじけたw)。

もしかしたら、なくなった店がそこに移転したのかも知れない。ただ、元の店名を覚えていないので、確かではない(なくなったところには既に別の店が入っているので、移転案内を見ることはできない)。あと、こんな田舎でも意外に変化があるものだと、感心した。まあ、実際には、不況で前の店の場所を維持できなくなったのかも知れないが・・・

 

PS. 遠い店に行くのが面倒だったので通販も調べたが、意外に、いいものはなかった。ヨドバシには評判が悪いものしかなく、(退会したけど)Amazonはどうしてか、数十組単位のものがほとんどだった(眼鏡店向け?w)。あと、100円ショップも見たがなかった。老眼鏡はあったから、それのを外して使う手が考えられたが、サイズが合うか不明だし、(年齢的には何もおかしくないけれど、)買うのは気が引けたw

  •   0
  •   0

「一体何なんだ」と言いたいが、前回の投稿の後、昨日から今日に掛けて更にトラブルが重なって起こった。

  • スマフォ(AQUOS sense lite)のアイドル時の消費電力率が増える現象が再発した。: 原因不明
  • 自宅とサーバのオンラインバックアップのエラー: 原因不明(「たまに起こる」としか言えない)・・・
  • サーバからの上記のエラーやその他の通知が、Gmailの迷惑メール判定で何通か届いていなかった。: 近頃、誤判定が増えた感じ。

スマフォの消費電力率の問題は今までにも起こっていて、何度も試行錯誤して直ったと思ったのに解決していなくてがっかりした。増えるといっても、長時間アイドル時に平均0.6%/h以下のものが1%/h近くになる程度なのだが、アプリ(My battery monitorなど)で見ると、アイドル状態なのにアクティブ率が100%のままで(= スリープしていない)下がらず、どうも気分が悪い。どうしても直らないようなら、定期的に再起動させようかと思う。が、再起動も電力を食うのでどっちが得だろうか?

オンラインバックアップの問題も今までにも何度か起こっていて、主な直接的な原因は、たまにバックアップソフト(duplicacy)の内部状態とストレージ(Backblaze B2)の状態が合わなくなることのようだ。起こる都度、暫定対処や様子見(再実行で直ることがある)をして来た。それで大きな問題はなさそうなのだが、本当に問題ないかが分からないのが怖い。

本当の原因はネットワークかバックアップソフト(自作+duplicacy)かストレージのどれかなのだろうが、どれかは不明だ。おそらくduplicacy(通信エラーに対するロバスト性が足りない)だとは思うが、サポート依頼を出すにも説明が困難ではある(でも、出せばスパっと分かってくれることもある)。エラーはサーバのバックアップで起こることが多いので、とりあえず、ネットワークへの送信速度を下げてみた。

Gmailの問題は初めて気付いた。今までにも迷惑判定で落とされたものがあるかも知れないが、仕方ない(「なんかおかしい」ということはあった)。たちが悪いのは、Gmailの迷惑メールはThunderbirdの迷惑メールフォルダには出ないことが多くて(出ることもある)気付かないことだ。Googleの商売のせいか、G Suite(有料版)でないと迷惑メール判定の強度調整(そういうのがあればの話)ができないようなので、落とすと困る差出人からのは迷惑メールにしないフィルタを登録してその場しのぎをし、更に、サーバからの通知メールはGmailに送らないようにした。

根本的な対処には、可能な限りGmailを使わない方がいいのだろうが、(アカウントの生成や破棄が)手軽で容量はふんだんだし、Androidには必須なので、根絶はなかなか難しい。。。 とりあえずは、重要な用途には使わない方が良さそうだw

あんなの飾りです。普通の人にはそれが分からんのですよ??

 

題は見直し中にSpotifyで掛かったより。(9:52)

PS. 更に、ついさっきはUbuntuの更新リポジトリの国内サーバにも接続できなかった。一時的なものだろうが、随分重なるものだ。 (8:42)

  •   0
  •   0

Spotifyの歌謡曲系のDaily mix(毎日変わるリコメンドのようなラジオ)でピンク・レディーが結構頻繁に掛かり、結構聴き応えがあって感心する。

当時は、見た目からして色物の雰囲気で全然好きじゃなかったのだが、改めて(レコード版を)聴くと ちゃんとしていて悪くない。(すごいメンバーが作った)曲自体もいいのだが、(時代を感じさせないのか、古くて却って新鮮なのか)音作りに感心する。特にイントロなどは意外に音がすごい(ちゃんと作られている)ので、全然馬鹿にできない。歌も結構ちゃんとしている。

例えば、以下のような曲がいい。

ペッパー警部(1976), 渚のシンドバッド(1977), ウォンテッド(指名手配)(1977)

特に、「ウォンテッド(指名手配)」の冒頭は意外な音で格好良くてグッと来るので、是非お試しを(→ YouTube: この版はまだ甘く、上のSpotifyでの版がいい。版がいくつかあるのか、このアルバム(→ 試聴)でリミックスしたのだろうか?)。

ただ、カルメン '77(1977)やサウスポー(1978)は上に挙げた曲ほどではなかった。忙しくて質が落ちたのか、単に好みでないのか。だから、ベスト盤を通して聴くと、飽きてしまうかも知れない(まあ、他の人・グループも同様だから仕方ないか)・・・

あと、上に「レコード版」と書いたように、TVでの歌は(当然ながら)いろいろな点で今ひとつだった記憶があるから、それで印象が悪いのはあるだろう。

 

PS. なぜか、"S・O・S"(1976)や「透明人間」(1978)はまだ掛かっていないようで、不思議だ。

PS2. それから、近頃、なぜか、Spotifyの「嫌い」(Don't like)機能がなくなってしまったようだ。仕方ないけど、嫌いな曲やアーティストを性懲りもなく掛けられるとイライラするので、Mlhi(自作の再生履歴管理システム)を使って、「強制スキップ」機能を実装したくなって来た。

  •   0
  •   0

先日、「(これ以上、)いい曲や演奏が見つからなくなったら(どうするかねぇ)・・・」のように書いたが、そんな心配はSpotifyの「ラジオ」(あるいは同様のサービス)で解消するかも知れない。

延々と続けていた、オーディオの「音質向上」の試みがようやく終わった感じで(その予想だにしなかったw結末については、あとで書く予定)、耳も身体も疲労困憊でポップ音楽を聴くのすらキツいし、大丈夫そうな曲を考えるのもダルかったので、今までは避けていた、(音や曲が耳に優しいものの多い)クラシックのラジオを試してみた。とりあえず、モーツァルトのにしたら、意外に「使え」て感心した。

最初に、僕の好きな(しかも、近頃、ちょっと聴きたくなっていた)「フィガロの結婚」の序曲が掛かったのは とても印象が良かった。ただ、ヤーコプスの(2004)はちょっと速くて好みではなかったが、以前いろいろ比べたら(僕にとっての)速目なのが一般的なようだから、仕方ない。

ラジオは、知らないアーティストを知ることができるからいいし、種になるアーティストや作曲家(今回はモーツァルト)以外の曲も掛かって試せるからいい。ただ、僕はモーツァルトといえども好きでない曲が多いし、好きな曲だって好みでないアーティスト(の演奏)も多く、そういうのが頻繁に掛かって気分が悪くなるのが嫌だから、今まで試していなかった。しかし、今日試したら、嫌いな曲や演奏が余り掛からなくて安心した。もしかしたら、僕の好みに合わせて選んでいるのかも知れない。だとしたら、本当に使える。

それから、ちょっと聴いていただけで、今まで知らなかった、気になる(ちょっと気に入った)ピアニスト(Alessio Bax: モーツァルトのピアノ協奏曲 第27番の第2楽章で)が見付かったり、見直した人(ラン・ラン)が居たり、意外にいけそうな曲(モーツァルトのオーボエ協奏曲)があったりして、その点でそもそもの要望が実現できて、随分効率(時間的効率も「コスパ」も)がいいw

とはいえ、一楽章だけなら気に入っても、全曲を聴くとがっかりすることは多いが、(世の中はそんなに甘くないので)仕方ない。実際、日記を調べたら、Baxは実は今年の頭に別の曲(同協奏曲 第24番)を聴いていて、「オケがしょぼい」とか「重みが足りない」とか、余り印象が良くなかったことが分かった。でもまあ、今度はいいかも知れない・・・

  •   0
  •   1

昔の歌手ではないし犬が出て来る漫画でもないw さっき、スペクターがピーナツの宣伝をしている記事を見て、書きたくなったのだ。何を隠そう、僕もピーナツが好きである。実際、今日(広告を見る前)も明日の朝食用にピーナツのパン(単に食パンにピーナツバターを塗ってサンドにしているだけ)を買って来たくらいだ。その後でその記事を見て、嬉しくなってしまった。

僕は食パンは好きではないが、ピーナツバターを塗るのなら断然許せる。味はもちろん、クラッシュした小さい粒(でも、この粒は歯にはさまったり、下手すると歯を割ったりする曲者でもあるのだが・・・)がいい。しかし、カロリーの関係で、いつもは食べられない。これはマヨネーズと同じ構図だ。

そして、ピーナツバターもマヨネーズも、ドロドロしていて単純に味が濃くてカロリーが高いから、きっと同系統の食べ物で、USの人はこういうジャンク単刀直入な食べ物が好きなんだろうと思う(かなりテキトーな決め付けだw)。

というところから、僕には大陸の大雑把おおらかな文化や風土が合っているのかも知れない(これも牽強付会としか言えないがw)と思った。が、彼はその記事(広告)で「ピーナッツバター&ジェリーサンドイッチが、これが定番の定番なんですよ」と言っているけど、僕は「ゼリー」(想像では、ブルーベリーとかのちょっと酸っぱいジャムでは?)が好きではない(ピーナツのふわっとした味で折角現実逃避できたのに、ジャムの甘酸っぱさで目が覚めて現実に戻されてしまうような気分になる)ので、まだまだ追い付けなさそうだ。でも、その後の「ポテトチップの小さい袋とリンゴかバナナ」は「いいね!」と思うから、ちょっと惜しいところだw

 

(正しくは「ピーナッツ」なんだろうが、僕的には「ピーナツ」の方がしっくり来るので、ここではそう表記した)

  •   0
  •   0