Archive for the ‘日記’ Category

注意 3か月くらいiVideoを使って何度かトラブルがあったが、SIM・ルーターの管理や障害対応が全く適切でないと感じた。更に、通信障害が起こっても、通信に関してはキャリア任せなのでトラブルシューティングができず、機材(SIM・ルーター)の交換しかできず、それも「様子見しろ」と言って渋るし、交換されるにしても届くのが数日後で、その間は障害はそのままなので、iVideoをメインに使うのはリスクが高過ぎることが分かった。その経験から、iVideoを重要な用途(例: 光回線の代わり)に使うことは全く推奨しない。

具体例については、「[悲報] 完全無線は時期尚早でござった。」を参照のこと。(2020/3/25 6:34)


iVideoのモバイルルーターiV501に関する情報(その2) (→ その1)。題は"tips"だが、今回はほとんど情報(「どうすればいい」ということが少ない)。

  • PCとUSB接続して通信している時に充電が不足する。 → USB接続は止め、Wi-Fi接続に戻した。
    • PCとUSB接続すると電源容量が不足する? 充電が弱い? USBで通信中はUSB電源が使われない(電池が使われる)?
    • 現象
      • USBでの通信後は充電状態になる。
      • 頻繁に充電状態になる。充電・非充電状態が頻繁に切り替わる。
      • 満充電になるまでが遅い。
      • ハブ経由ではほとんど充電されない(充電できない?)。
  • ごくたまに再起動する。
    • 原因不明。約1.5か月で1度発生した。
    • USBで接続・切断を繰り返したりしたせいか?
  • 置く位置によって電波強度も速度も変わる。かなり敏感。
    • 置き方(東西・南北・上下・水平/垂直回転)を数cm変えただけで随分変わる。回転(向き)はすごく効く。
    • 電波強度がとても弱い(例: -100dBm)と速度は落ちるが、強いから速いとも限らない(次の項を参照)。
  • ダウンロード速度とアップロード速度が不平衡、あるいは、それらの和の上限は一定値に近づく? (キャリアの基地局やLTEの仕様?)
    • 同じ電波強度でもダウンロード速度とアップロード速度の比率が異なることがある。
      • ダウンロード速度が速い場合、比率は2:1が多い。遅い場合、1:1や1:2などになる。
      • ダウンロード速度が速い位置とアップロード速度が速い位置がある。
      • ダウンロード速度とアップロード速度がどちらも速い位置(1:1)は なかなか見付からない。
  • 無通信や通信データ量が少ない状態が継続すると電波強度が下がる。 (キャリアの基地局やLTEの仕様?)
    • 通常時より10dBmくらい下がる。その状態でデータ量の多い通信(速度測定など)を実行すると上がる(戻る)。
      • → 電波強度が低いせいか、1回目の速度は遅いが、2回目は通常に戻る。
  • SIM交換が必要なことがある。 (iV501でなくiVideoの話)
    • ルーター内のSIMが(キャリアとの)契約期限切れになる場合、連絡が来て、送付先を連絡すると新しいSIMが送付される(はず)。
      • その通知が何となくフィッシングメールのようで、心もとなかった・・・

 

ルーターの置き方や電波強度や通信速度が出たので、それに関連することを書く。

数日前にルーターの置き方を調整(チューニング)した。ルーターの台を別の所に移動させたかったので、位置を変えて電波強度と速度を測定した。結局、台は移動できなかったが、同じような位置でも電波強度と速度が結構違っていた。

それまでの位置は、ダウンロードは高速だがアップロードが遅かった。それでもいい位置だと思っていたが、実はもっといい位置があった。大体、それまでの位置から45cmくらい下、3cmくらい東である※。電波強度は同様だが、ここだとアップロードが約2倍の速さになってダウンロードとアップロードのバランスが改善され(約3:1 → 約3:2)、ダウンロードとアップロードの和も大きくなった(約1.3倍に)。高さが低い方がいいというのは結構意外だった。

※ちなみに、場所を探す時には、0.5-1cm単位で動かして電波強度と速度を測定した。ただ、速度は測定する時によって変わるので、ちゃんと比較するのはなかなか難しい。また、早朝の回線が空いている時に始めても、何度も測定しているうちに混む時間になってしまうので手早く測定することも重要だが、それも難しい。

以下に速度の比較例を示す。

従来の位置

  • 電波強度: -86dBm
  • ダウンロード: 27.7 Mbps
  • アップロード: 11.1 Mbps
  • ダウンロードとアップロードの和: 38.8 Mbps

新しい位置

  • 電波強度: -85dBm
  • ダウンロード: 30.6 Mbps
  • アップロード: 20.4 Mbps
  • ダウンロードとアップロードの和: 51 Mbps

※速度はGoogleのインターネット速度テストにて測定した。測定ごとに値は異なるが、数回測っても、それぞれの傾向は変わらなかった。

  •   0
  •   0

1μsも顔を見たくないクソと言えば、もちろん、押し売り放送ИНКである(間違っても連中を呼び寄せたくないので、キリル文字にした)。引っ越して一か月経ったので、そろそろ嗅ぎつけられそうだなと思っていたら、本当に次の日に郵便受けに不躾な封筒が入っていて それだけで気分が悪くなったし、次は部屋に来るかと思うと、更にムカついた。

対象者かどうかの確認もせずに一方的に契約を迫るって、一体どういう頭だろうといつも思う。対象者じゃないから何度も拒否しているのにしつこく来るところは、より始末が悪い。

そういうダニやゴキブリ以下の連中を労力ゼロで門前払いするため、旧居ではある仕掛けをしていた。「仕掛け」といってもごく簡単なもので、インターフォンの電源を切っていたのだ。そして、宅配便などが来る時だけ事前にonにしていた。ここはド田舎じゃないし、そもそも、周りに知り合いなんて居ないから、突然訪ねてくる人は居らず、それで何も問題ない。仮に急に家族などが来ても、今は携帯電話があるから連絡できるはずだ。

この方法はその押し売り放送以外に、新聞だの保険だの(未だに訪問なんて、無駄そのものだと思う。まあ、やらされている人は大変だとは思うが、そういう人が居るからコストが高くなっているんだし、全体的な効率も上がらないのだ)もシャットアウトできて、実に効果的だった(最後に残ったのは、郵便受けに突っ込まれる紙だ。意外に捨てる手間が馬鹿にならない。いい加減にして欲しい!)。

この方法を連中が嗅ぎつけて対策されたら困るので、今までここに書かなかったし、今回は連中の名前を伏せた。

それをここでもやろうと思ったら、なんと、インターフォンに電源スイッチがなかった。調べたら、AC電源の線に直結だった。どういう発想でそういう不便かつ危険な作りにするのか全然理解できない。スイッチの分だけでも安くしたかったのか。あるいは、ここのインターフォンは来訪者の画像を保存するから、そのバックアップのためなのか。それにしたって、もっといい方法があると思う。やっぱりパナはエアコンや照明同様、UIのセンスが悪い。

(途中が長くなったが、)それで、上にも書いたが、「そろそろ来そうだから、早目に電源スイッチを付けておこう」と思った矢先に来たので、昨夜急いでやり方を検討し、今日の午前中に実行した。やる方法といっても余りなく、以下のどちらかにしようと思った。

  • インターフォンに直結されているAC電源の線を片方外し、スイッチを経由して接続する。
  • 直結されているAC電源は使わないことにして、インターフォンの電源をスイッチを経由して別のコンセントから供給する。

検討し、外に出るコードの量が少なくなって若干見た目が良くなりそうな前者にすることにした。また、手持ちの部品で何とかなりそうな点でも前者が良かった※。後者は、外したAC電源の線を安全に「ぶらぶら」させるための、名前すら分からないキャップのようなものが必要で、それは買わなければならなかったのだ。

※おもしろかったのは、自分でもないと思っていたのに、手持ちにスイッチがあったことだ。いつか分からないくらい昔に、テーブルタップにスイッチを付けようと思った時に余裕をみて二個買ったものの一個が残っていた。「いつか使うかも・・・」ということも、意外にあるものだ。でも、小さい物に限るw

以下のような回路・接続にしようと思った。

電源コード1 −→ ギボシ端子(F) == ギボシ端子(M) −→ スイッチ −+
(↓: この接続を外す)                                                             |
インターフォン親機 |                                                             |
電源端子1           | ←−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−+

作業の前に説明書で確認したところ、AC電源の線にはかなり太い単線が指定されていた。当初は、上記のように、スイッチへの線とスイッチからの線は先日鳩よけにも使った細い電源コードを使おうとしていたのだが、本体への接続がネジでなく差し込み式だったので、その細い線を確実に本体に接続するのは難しそうだった。

そこで思い付いた。本体から子機に接続しているケーブルを接続/切断しても、電源のon/offと同じ効果が得られることに。それで、以下のような回路・接続にすることにした。

子機接続ケーブル1 ←− ギボシ端子(M) == ギボシ端子(F) ←− スイッチ −+
(↑: この接続を外す)                                                                      |
インターフォン親機 |                                                                      |
子機接続端子1      | →−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−+

これなら、改造する部分はAC電源でなく低電圧だろうから、安全面でのリスクが低いのも良かった。仮に外れてショートしても、インターフォンだけの問題で収まるだろう。

手持ちの部品を探したところ、コネクタはギボシ端子でなくてもPC用のもの(ファン用や4ピン)でも良さそうだった。ギボシ端子だと元に戻す時に圧着した部分を切断しなくてはならず、長さがアンバランスになったり短くなったりしてしまうが、PC用のものだと半田付けは要るものの(本当はPC用でも圧着するようだが)、元に戻す時は半田を外せば良く、切断しなくて済むから好都合だ。

今考えると、ギボシ端子だって半田付けすれば良かったのだが、あまり好きじゃないしw、今ひとつ安定性や絶縁が不安だし、ちょっとかさばるので、PC用コネクタで良かったと思う。

使うコネクタについては、HDDなどに使われていた4ピンコネクタは大きいうえに抜き差しが堅くて嫌いなので、ファン用(写真中央の白い物)にした。

実は、コネクタの許容電力については事前に考えていなかった。後付けだが、インターフォン全体の消費電力が約7Wなので、子機の消費電力を3Wとすれば、PCでもそのくらい通す(例: 12V 250mA, 5V 600mA)だろうから、まあ大丈夫かと思う。なお、細い電源コードは100W(100V 1A)まで通せるので、充分だ。

作業は概ね滞りなく進んだ。知らないうちに左手の指を怪我していたことを除けばw 動作確認もOKだった。子機スイッチをoffにした状態で外部モニターのボタンを押すとエラー画面になり、onにしてモニターすると外の様子が見られた。

こたつみたいなスイッチやひねったケーブルが微妙に昭和な感じだが、まあ仕方ない。赤とか黒とかの目立つ色じゃないから許せるw

当初は、スイッチをインターフォン下部の電話のモジュラージャックの箱に入れるか隠せるようにしたかったが※、ケーブルを固定・整理したあとでそれを思い出したため、やり直すのが面倒だったのと、モジュラージャックを動かそうにもプレートから外れなくて(やっているうちに、プレートを壊すか指を怪我しそうな気がした)、入れる場所が確保できなかったので止めた。

※隠そうと思ったのは、仮に管理会社の人が来た時に気付かれて、「改造は困りますよ」などと咎められるのが嫌だったからだが、まあ、これなら「なんかぶら下がってるな」程度で、インターフォンのスイッチとは気付かれないだろう。なんなら、アクセサリとかカレンダーなどを被せて偽装すれば完璧だw

 

お断り: 本文に記載された改造は、すべて自己責任で行っています。真似て実行することは全く推奨しません。自分の記録や押し売り対策のヒントとして掲載しています。

  •   0
  •   1

(歌手じゃない方である)

僕は、例のエリカちゃんや、名前は忘れたが、ひき逃げした元アイドルなどのように、世の中から叩かれる人をつい応援したくなるクチだ。判官贔屓とか逆張りが好きなのだろう。

でも、先日再び薬物で捕まったオッサンはそうでもない。むさ苦しいしw、ああいう格好(眼鏡とかひげとか)する人は嫌いだし、そもそも余り叩かれていない。

彼女は、どうしてしまったのか分からないが、随分お疲れのようで、国会でおかしなことを口走ってしまったために国中から叩かれてしまっていて、ちょっと大丈夫かと思う。想像だが、クソな連中の尻拭いをさせられて、身動きが取れなくなって火だるまになって、さぞかし大変だろうと思う。根本的にはそれを引き受けた本人が悪いのだが、疲れた顔の写真を見たら、「それほど叩かなくても・・・」という気分になった。

それでちょっと調べたら、彼女は僕と同い年なことが分かって、結構おどろいた。もう少し(5-10歳くらい)若そうだったが・・・ それで更に応援したくなって、これを書いた。

 

(でも、例によって、彼女の政策とか経歴とかには全く関心はない。単に、彼女が今置かれた状況に哀れみを感じているだけだ。)

  •   0
  •   1

この部屋に越してから いつの間にか一か月経っていた。速いものだ。今のところ、旧居でずっとイライラさせられて来た、周囲(特に下)の部屋からの騒音(足音「ドタドタ」や(比喩でなく)びっくりするほど大きな物音「ドスン」)がないので、それだけで満足だ。

一方、この部屋で気付いた点(不具合・欠点)は少なくないが、その一つに、洗面所が微妙に臭う問題があった。旧居のトイレほど強烈ではないが、どうも下水系の気がした。最初は、洗濯やシャワーの後に出る(= 旧居同様に封水の問題)ような気がしていたが、実際には何もしなくても臭っていた。

ソース(「臭い源」)としては洗面台の下(収納の中)が(文字通りw)クサかったので、排水管の継ぎ目などを見てみたのだが、特に問題はなかった。それで管理会社の人に見てもらったが、やっぱり問題なく、使っていなかったあとはしばらく臭うことがあるので、「様子見」になった。

しかし、少し経ってもやっぱり直らなかったので、再度頼むのは面倒だし期待もできないので、無駄・無理かも知れないが自分で対処してみることにした。洗面台の下の排水管には いくつか継ぎ目があるのだが、見た目では問題なくても微妙な隙間がある可能性があるので(旧居の前に住んでいた部屋(旧々居?)がそうだった)、可能性のある箇所をパテで塞ぐことにした。特に、固定金具なしでホースを差し込んでいる箇所が微妙に曲がっているので、怪しかった。他には、洗面台の下の本管(?)に繋がる部分が古くて汚れていたので怪しかった。ただ、そこは洗面台の底板の下で手が届かないので、まずは洗面台の下の部分をやることにした。

二箇所の継ぎ目の周囲にパテを盛った*が、どうも効果がなかった。それで、本管に繋がる部分にも盛った。手が届かないので、菜箸を使って少しずつ「遠隔操作」した※。

*昔、確か旧居のトイレの臭い対策(失敗した)のために買ったものがふんだんに残っているので、使い放題だw

※それで疲れてしまって、作業後の写真がない。

残念ながら、それでも効果がなかった。

無駄な苦労をしたかと思ったが、その部分の工事がどうも雑で、床板と管に隙間があって害虫などが入って来そうだったから、塞いだ意味はあったと思う。

それでも諦めず、(いつものようにしつこくw、)もう一度、排水管の継ぎ目の部分を裏側まで良く見てみた。今度は、継ぎ目がシール(見た目は単なる接着剤のようだった)されていて問題ないと思っていたところも念入りに見た。管の裏(壁)側は見えないので、カメラで撮影して確認した(その時はまさか見付かるとは思っていなくて、「ダメ元」的とか「折角だから」だった)。そして、その裏側の写真(これの裏側)を良く見たら・・・

本当に穴があったのだ!

ちょっと見ただけでは影だろうと思って見逃すが(実際、写真でも影に見える)、シールが細長く破れていて穴になっていたのだ。硬そうな材質なので、力や振動や経年劣化で破れたのではないか。いや、それ以前に、シール材の塗り残しのようにも見えるが・・・ (ここも素人目には塗りが雑な感じだ)

こんな小さな穴なので、常時通気している訳でなく、トイレや洗濯などで管内の気圧が変わった時だけ下水の空気が出て来て臭うのではないか(もし常時通じていたら、さすがに工事の人も気付くだろう)。旧居でも思い知ったが、それほど下水の臭いは獰猛なのだ。

そもそも裏側なので、普通は見ないし見えないから、気付かないのは仕方ないかも知れない。でも、先日来た管理会社の作業員には「プロだったら一応見るよね?」と言いたい。(外見で決めつけるつもりはないが、)何となくいい加減そうな若者※だったけど、本当にそうだった。もし、彼がここの工事もしたのなら、シール材の塗り残しもあり得る(と、決めつけるのは良くないね)。

※余談: そいつは化粧品の臭いをプンプンさせていたので、洗面所の微妙な臭いに気付かなかったとか、臭いが出て来る場所が分からなかった可能性も高いw

それで、その継ぎ目に これでもかというほどパテを盛った。盛りすぎて管と洗面台の底面の隙間を塞ぐプレートが通らなくなってしまったので、無理に通してプレートの上から盛り直した

 

ようやく問題が解決した。それから十日以上経つが、嘘のように臭わない。それまでは、朝、顔を洗う時に微妙に臭くて「(うーん・・・)」となったのだが、対処の後は無臭(洗面台の下(内側)は、ちょっとパテの臭いがするw)で、「これが本当だ」と思える。

めでたしめでたし。

ただ、昨日、洗濯のあとに少しだけ臭って、再発したかと心配になったが、系統の違う臭い(洗濯系: 防水パンからだと思う)なので、しばらく使えば直ると思う(それはそれで別な問題なのかも・・・)。

 

それにしても、前の住人はこの臭い(本当にわずかなものだが)を気にしていなかったのだろうか。ベランダの鳩といい、無頓着な人だったようだ。

それから、これには興味深い序話がある。: 最初に管理会社(不動産屋)の人に話した時、受付の方が、「前の人が物を押し込んでパイプを押して、ずれてしまったのかも知れませんね」と言っていたのだが、本当に前の人や僕がそうした可能性がある。この部屋は収納が少ないので、洗面台の下にいろいろ詰め込んだ時に管に力が掛かってシールが破れた可能性がある。

その時は、不動産会社の人がそんなに詳しい訳ない(「例によってテキトーな言い訳だろう」と思った)と思って気に留めなかったが、実際には本質を突いていたのだ。穴を見逃した作業員よりまともだった。経験から来る話は、「まさか」と思ってもちょっとは考えた方がいいようだ。

 

PS. 素人の疑問だが、なぜ排水管のシールをああいう接着剤(「ボンド G17」のような感じ)のような硬そうなもの(触っていないので、実際には柔らかいのかも知れない)にしたのか疑問だ。安くて工事が楽だからだろうか。こういうところはゴムとかシリコンとかが適切だと思うし、僕が使ったパテだっていいと思う。まあ、ゴムでもシリコンでもいずれ劣化するだろうし、パテは作業が面倒で、盛ると かさばるし、ずっとべとつくから使われないのだろうか。

まあ、旧居のように、末端のシールはまともでも、基本的な本体の設計や造りが駄目で、素人では手に負えないパターンもあるから、それに比べればずっとマシだろうw

  •   1
  •   0

鳩対策の第二弾は手すりだ。一昨日、手すりの上にワイヤーを張った。そして、昨日・今日と楽しみに待っているのだがw、鳩の姿が一向に見えない。ただ、時々、ちょっと離れたところを少し大き目の鳥が通過するのは見えるので、どうやら、障害物(ワイヤー)があるのを察知して避けているようだ。白いケーブルで見えにくいと思うのだが、ちゃんと認識できるようだ。さすがだ。それか、僕が見ていない時に失敗して懲りたか、あるいは、この前にしたエアコンの室外機への対策で懲りたのか。

いずれにしても、(当面のところは、)糞害が回避できたので一安心だが、鳩の復讐が怖いところだ。例えば、猛スピードで何度も突っ込んでワイヤーをぶち切るとか、窓ガラスに特攻して来るとか、仲間を誘って大群で押し寄せるとかである。そこまで行かなくても、手すりを無視して、いきなりベランダに入って来てくつろぐ可能性もあるので、油断はできない。

以下、作業について書く。

調べたところ、ワイヤーやテグスを少し緩めに張ると、不安定で鳩が止まれないからいいそうだ。あと、上下に2本張ることを紹介しているページもあった。そこではワイヤーを5cm間隔くらいで張っていたので、僕もそうしようと考えた。

いつもどおり、手持ちの材料で見繕うことにしたw ワイヤーは以前センサーランプに使った細いACコードの余りを、支柱は数膳組を買って余っている菜箸を考えた。

事前に室内で試してみたら、まあできそうな気がした。ただ、問題は、ワイヤーの支柱の固定方法である。ベランダの手すりの両端に縦に溝があるので、最初はそこに差し込んで固定しようと思ったのだが、菜箸では細くて駄目で、他に丁度いいものがなかった。万が一の落下を想定して、軽い棒(しかも、容易に腐食・劣化しない)が良かったのだが、手持ちにはなかった。それで、ホームセンターでアルミなどのパイプを買おうと思っていた。

しかし、その夜寝ている時だったか、旧居で水切りトレイの台に使った100円ショップの整理棚の脚(金属製)を思い付いた。これは軽くはないが、コの字型の形状の上下の横棒の一本が手すりの桟数本に固定できそうな気がしたので、試すことにした。落下については、棒をしっかりコードに結び、コードは手すりに結んでおけば防げると考えた。

支柱の他の候補としては、昔パナの通販でもらったまま死蔵していた箸も考えたが、実際に試したところ、上下逆さに挿せば溝に嵌まるが、弱くてコード(細いワイヤーやテグスでないので、結構重い)の張力に負けそうだったので却下した。だから、菜箸でも駄目だっただろう。その点で、整理棚の脚は丁度良かった※。

※なお、トレイの脚を使うことに決めたのと作業に取り掛かるのが(= やる気が出たのがw)結構急だったので、残念ながら支柱に使った脚の写真がないが、実物はこの製品の脚である。

それから設置した。やっぱり大変だった。まあ、室外機に比べれば疲れはしなかったし怖くもなかったが、物や工具の落下にすごく神経を遣った。僕はそそっかしいので、何も考えずにやると、本当に危ない。力を入れて作業しているうちに、「あっ!」とか言ってラジオペンチを飛ばしかねない。。。それで、大き目の物(コードや支柱など)は建物に結んだコードで縛り、工具や結束バンドはとにかく落とさないように慎重に扱った。その甲斐あって、物を落としたりはしなかったが、最後の辺りで、間違って付けてしまった結束バンドを再利用しようと思ってあがいていたら、ドライバーを指に刺して「あっ!」と言ったwww

そんな訳もあって、当初はワイヤーを2本張るつもりだったが、すっかり忘れて1本だけになったし、手すりとの間隔だってテキトー(約10cm)になってしまった。これについては、終わったあとに「あっ!」と気付いてw、「面倒だから、駄目だったら改良しよう」と思ったが、今のところ大丈夫なようだ。それに、2本張るには支柱の高さが足りないうえに、1本でも張力が結構あるので、2本は難しそうだ。

あと、位置の微調整と失敗を防ぐため、いきなり支柱を固定せずに、まずは別のケーブルや針金で仮止めしてから結束バンドで固定した。そしてできた。いろいろ考慮して、残念ながら、設置した写真は載せないが、以下に概略図を示す。図中、二本線(=)はベランダの手すり、一本線(-)はワイヤーの支柱(整理棚の脚)、波線(~)はワイヤー(細いACコード)である。

   -------~~~~~(ワイヤー)~~~~~------
   |                              |(ワイヤーの支柱)
===X===========(手すり)============X==
‖ | ‖ ‖                    ‖ ‖ | ‖
‖ --X--X-                   -X-X--- ‖ 
‖   ‖ ‖                    ‖ ‖   ‖

手すりに付けた鳩よけの概略図

支柱は、手すりの横棒と縦棒2本の3箇所で結束バンドで固定した(Xの箇所)。ワイヤーは数箇所で支柱に結び、更に(結束バンドがなくなったので)針金でも固定した。また、落下防止のため、コードの末端の余った部分を手すりに結んだ。支柱は手すりの側面に付けたので、ワイヤーが手すりの真上に近くなるように くの字に曲げたのだが、100円のものにしてはすごく硬く、思ったようには行かなかった。鋼鉄製なのか。

付けてから、もう少し支柱の手すりへの固定やコードの支柱への固定を強固にしたいと思ったのだが、前に書いたように結束バンドを使い尽くしてしまったので、追加を買ってからする予定だ。昨日や今日にでもホームセンターに買いに行こうと思っていたのだが、どうも疲れて面倒になったし、欲しい物がなかったり高かったりするので、昨夜ヨドバシに注文した。まあ、すぐに壊れる気配はないから、届くまでしばらく休もう(と言いつつも、延々とオーディオの調整はしている)。

あとは、しばらく・定期的に効果や緩みなどを確認したい。時間が経ったり季節が変わるとワイヤーが弛むと思われるが、その時は調整するか(でも、何かうまい方法がないものかと思う)。そして、いつまで「持つ」かが気になるところだ。結束バンドと支柱は、どちらが耐久力があるのだろうか?

PS. 今まで随分長く上の階に住んで来たけど、一度もこんなこと(鳩害)はなかったので全然意識していなかったのだが、単に運が良かっただけなのか、たまたまここが鳩の都合がいいとか鳩が多い地区なのか、そのうえでこの部屋の今までの住人が無頓着で鳩を気にしていなくて、鳩が居心地がいい場所だと覚えてしまったのかと想像している。

  •   0
  •   0

昨日、センサーランプの改良やベランダの手すりの鳩よけを作るのに結束バンドを多用したら ついに一本もなくなり、引っ越し関連の作業や鳩よけ作りで指先があかぎれになったり軽く怪我したりしたので絆創膏を数枚貼ったら、それもなくなった。

もう少し結束バンドを使いたいところがあったが、どこを探しても一本もなかったので とりあえず針金で代用し、あとで補強することにした(巻き方を間違えて二本失敗したのが、悔やまれる・・・)。指先が割れていたので すぐに絆創膏が欲しかったが、ないものはないので、とりあえず医療用紙テープ(包帯を留めるもの?)を貼った。その後スーパーで買ったら、意外に高かった。

 

PS. 引っ越し関連と乾燥で指(手)はもうボロボロで、今は寝ていて目が覚めたら割れたところが痛くなったので、起きて薬を塗り、ついでにこれを書いた。が、もうそういう作業はほとんど終わったはずだから、これから治るのだろう(と、期待する)。

PS2. 絆創膏はケアリーヴを愛用している。一番いい感じだ。

  •   0
  •   0

(小ネタは続く)

正確には「女の人」ではなく、「ファッションの世界」なんだろうけど、僕の見ているサイト(ライブドアニュースの「女子」)ではそういう印象だ。

今日は「確かに流行ったけども!今着てるとダサい「時代遅れファッション」4つ」という記事があった。こういうのは毎日のようにあるから、フォローするのは大変だしお金が掛かると思う。

笑えるのは、同じサイト(出版社?)の記事で「初デートにNGなファション②トレンド感重視のファッション」なんて書いてあるのもあって、ただ最先端にしていればいい訳じゃないってことだと、一体どうすればいいのか途方に暮れるのではないか、お金だって収納だって限りがあるだろうに、などと余計な心配をしてしまう。

が、僕に言わせれば、別に最先端に合わせる必要なんてなく、自分が着たい・似合う服を着ればいいと思うのだが、まあ、そういう趣味や指向があるのは理解できる。僕が周波数特性の数dBの違いやスマフォの消費電力率の1%未満の差をなんとかしようと全力を尽くすのと全く似てはいないが、まあ似たようなものだw

以下は余談になるが、それにしても、ペプラムトップスやビジュー付きトップス、あとトレンカ(あるいはレギンス)が常に目の敵にされているのが不思議だ。きっと、ファッション関係者の親の敵(かたき)なんだろうと思うwww (あるいは、何か利害関係があるのかね・・・)

(誰も聞きたくもないだろうが、「ついでに」書くと)個人的には、ペプラムトップスはなんか節操ないとか子供っぽい感じ(あの中途半端な腰のくびれと、その下のやっぱり中途半端なスカート的なのが駄目なんだと思う)で嫌いだけどレギンスは好きだ(理由は秘密w)。ビジュー付きトップスは、まあ、安っぽい感じがする。今だからでなく最初から駄目なんだと思う。「なんでアクセサリを服に付属させるかね?」って感じだ。

それから、記事中の「ウィンドーペン」という言い方・書き方はないと思う。「ペン」ってなんだと思って検索したら、"pane"だった。であれば、「ペーン」(調べたら「ペイン」だったが、まあ、カタカナはどうでもいい。とにかく「ペン」ではない)でしょう。僕的には、記事が駄目だと言っている服装以上にセンスがない。でもまあ、日本に導入した時に誰かが用語として決めたんだろうから、(日本では)それでいいけど、ダサいからそろそろガラパゴスは止めようぜ! (USで「ウィンドーペン」とか言っても、誰も分からないどころか笑い者になるかもね)

  •   0
  •   0

昨日、エアコンの室外機の支柱にケーブルを巻き、上に入れないようにした。作業は予想以上に大変で、しながら、それまでは「鳩(の習性)だから仕方ないよな」程度にしか思っていなかったのに、「クソが! 意地でもお前らを排除するぞ!!」という敵意に変質した(西部劇の、髭面で葉巻をくわえて銃を持った、荒くれ者のオッサンのイメージ)。こうやって苦労し(てなおかつ成功しなかっ)た人が、鳩に空気銃や矢を撃ったりして捕まるのかも知れないと思った。そりゃあ、家を糞だらけにされてうるさくされたら、イライラするよ。

作業について書く。

まず、検索して、今の僕のような初期段階で鳩を避けるためには、手すりなどの上にワイヤーやテグスを張る、手すりや物や床の上に剣山を置く、忌避剤を塗布するという方法があることが分かった。それで僕は、手すりと室外機をワイヤー・テグスで対処しようとした。というのは、万が一外れた場合に他者への被害が少ないことが重要で、ワイヤーなどなら大きな物と違って少ないと予想したからだ。あと、物の両面テープでの固定と違い、縛っておけば切れない限り飛散・落下することがないと思った。両端を縛っておけば、仮に切れても(細切れにならない限り、)どちらかで止まることも期待した。あと、ものぐさだから「手間要らず」なのは重要なので、忌避剤は全く選択肢に入らなかったw

次に現場を調べて張り方を検討したのだが、室外機は高いところにある(室外機の天板に手が届かないほど)ので、思いの外困難だった。それで、ワイヤーならまだしも、剣山は置けないし固定もできないから無理なことが分かった。ワイヤーにしても、上部には手が届かないから難しいので、室外機の上の隙間に、サイズがぴったりで容易に抜けなさそうな物(例: 押入れケース)を置いて塞ごうとしたのだが、開口部が狭くて入れられなさそうだったし、強風などでの落下が怖いので、結局、ワイヤーにした。

それで材料を準備したのだが、例によってお金を掛けたくなかったのでw、ワイヤーは、昔買ったけどイマイチな感じ(会社のページなどに、やたらに「最高」とか「これしかない!!」みたいなことが書いてあって、今となっては「ごく普通のケーブルなのに、良くそんなの信じたものだ。全くのアフォだったよ」※と恥ずかしいw)だった、ベルデンとかいうスピーカーケーブルを使った(写真の黒白の線)。5mなので(4本で)20mは使えて、見積りでは充分だった。被覆されているので、短期間では腐食・破断しないという期待もした。

※個人の感想です。

取り付けは、室外機を吊り下げている支柱にケーブルの末端を縛り、室外機上部の隙間の前の支柱間に、少し張力を掛けつつ、簡単に言えば、靴の紐のように交互に通して5本(正確には5筋?)張った。横からも入られないようにするため、(なかなか難しかったが、)少し通した。その都合上、初めを室外機裏側の支柱に縛った(輪にして、ずらして位置を上に上げた)のと、念入りに前面に張った(これは、鳩に対する強烈な意思表示である)せいもあって意外に長さを食い、約15m(3本)使った。そのため、途中でケーブルを繋げた(途中で色が変わっている: もう一対をほぐせば同じ色にできたのだが、その場ではちょっと面倒だった)。

高所恐怖症なので、ベランダで椅子に乗っての作業はかなり怖かった。作業しながら、「これで落ちたら鳩のせいで死ぬのか。それはちょっと・・・」とか思い、鳩への憎しみが増した。だから、手が届かないからといって椅子を更に高くすることはしなかった。その代わり、支柱の上部にケーブルを巻く時には掃除に使った箒の柄が孫の手のように使えて便利だったw あと、自分だけでなく、工具などを下に落とさないようにするのにも神経を遣った。

順序が逆になるが、最初に室外機の上を掃除したら、大量ではないものの、意外に多くの糞や羽根やゴミ(短くて細い木切れのようなもの: 松葉?)があったので、今やって良かったと思う(実際、昨日は木の枝をくわえて来た)。このゴミのせいかどうかは分からないが、うっかり窓を開けて作業したら部屋が微妙に臭くなってしまい(なんか、青臭い感じ)、その点でも憎しみが増した。あと、そういうのには病原体が含まれていると読んだので、作業後は念入りに手や道具などを洗い、ゴミはビニル袋で二重に密封して玄関に置いた。

そして今朝、まんまと鳩が二羽(つがい?)来たけど室外機の上には入れず(片方は待っていたが、雌なのだろうか)、手すりで少し考えてから飛んで行った。ひとまず成功だ!! ただ、彼らの反撃とか抜け穴探しがありそうなので、しばらくは気を抜かずに観察が必要だ。

使っていないスマフォを監視カメラにできるかもと思ったが、まあやり過ぎだろうし、他人に誤解されるかも知れないし、面倒なので止める。

なお、昨日は室外機だけで疲れてしまったので、手すりの対処(上にワイヤーを張る)は今日(晴れてから)やる予定だ。こっちも別のケーブル(先日センサーランプに使った余りの、細いACコード)を使う予定で、その支柱の固定が難しいので、試行錯誤したい。と書いている間にもまた鳩が来たので、なるべく早くしたい。

PS. ところで、鳩が来るのは午前だけで、午後には全然来ないのだが、何をしているのだろうか? そのままずっと来なくていいのにwww

  •   0
  •   1

「グッと渋いスポーツカー」ってなんだろうか?

残念ながら、僕のは違う。スポーツ指向ではあるが、そもそも「スポーツカー」じゃないし、全然渋くないので。でも、シビック type RとかWRXとかランエボとか86(全部、当時はなかったがw)やスープラだって全然渋くないから、違うのは明らかだ。(と、目糞が鼻糞を笑ってみた)

とすると(当時の)BMWとかベンツ辺りなのだろうか。あとはロードスター? (これは個人的には「スポーツカー」じゃないが、一般的にはそうだし、渋くなくはないと言える。) が、やっぱり当時にはなかったので、まあ、良く知らないけど、アストンマーチンとかなのかねえ・・・

(参照: "Rock'n' Rouge"(1984))

ベストアンサー?, 最高(最低)の質問w

  •   0
  •   0

(今日も小ネタを)

なぜか ちゃんとしたスクリプトを作る気が起こらず、いつもコマンドの履歴やEvernoteのメモからコピペする処理がある。カップ麺などで3分間待つ時のタイマーだ。

もちろん、スマフォの時計アプリでできるのだが、使うとなぜか電池使用率が増えるので、使わないようにしている。ただ、それが原因かどうかは未確定だ。

あと、Linuxデスクトップにも適当なアプリがありそうだが、ちょっと探していいのがなかったので、面倒だから作った。

以下である(3分間の場合)。メッセージの英語はテキトーなので、イマイチかも。あと、処理もテキトーです。ノークレーム・ノーリターンでお願いしますw

tend=`expr 3 \* 60`; t0=`date +%s`; while true; do date; t=`date +%s`; dt=`expr $t - $t0`; rest=`expr $tend - $dt`; echo "Elapsed $dt sec (rest=$rest sec)."; if [ $dt -ge $tend ]; then zenity --info --text='REACHED TIME!!!'; break; fi; sleep 10; done

以下のように、経過時間を10秒ごとに表示し、時間が来るとダイアログ(zenityを利用)で通知が出る。

2020年 3月 7日 土曜日 11:26:06 JST
Elapsed 0 sec (rest=300 sec).

待つ時間を変えるには、冒頭の変数tend(秒単位の待ち時間)を適宜調整すればいい。

なぜ ちゃんとしたスクリプトを作らないかというと、スクリプトにするといろいろ機能を追加したくなって(例: 待ち時間をGUIで設定、時間が来たら音を出す)、それが面倒だからだと思う。あと、これを使う時はお腹が空いているので、スクリプトなんて作る暇はなく(「えーと、あれどこだ」的に探す)、食べたら満足して忘れてしまうこともありそうだw

 

PS. 今、レトルトカレーを温めるのにこれを探したので、ついでに投稿したw (インスタント食品が好きそうだけど、実は料理が得意そうな)サボり先輩に捧ぐ(爆)

  •   0
  •   0

(他の話題もいくつかあるのですが、まだ進行中なので手軽なネタを)

少し前から、ベランダに時々鳩が来て、鳴き声が聞こえるようになった。朝や午前中が多いように思う。最初はのどかで良かったのだが、結構頻繁に来るので段々不安になってきた。いわゆる「糞害」を恐れたのだ(調べたら、居着かれるとなかなか大変そうだ)。今はまだ糞が落ちていなくて軽症なのだろうから、鳩は早いうちに撃て「やる」なら今のうちだ。

今日は姿が見えないのに鳴き声がするので、どこに居るのか見たら、エアコンの室外機(天井から下がっている)の上に座っていた。。。 「うーむ」と思いつつカーテンの内側から見ていたら、目が合ったw しかも、何度も行き来していた。

鳩先輩には申し訳ないが、糞を掃除するのは面倒なので、対策をTODOに追加した。とはいえ、室外機は高いところにあるので、なかなか大変そうだ・・・

PS. これが猫だったら大歓迎だが、そんなことは全くないのが猫だw (それに、可愛いといえども、糞尿・繁殖されたらやっぱり困るので、「猫可愛がり」ばかりという訳にも行かない・・・)

  •   0
  •   0

トイレットペーパーないよ! いくつかの店を見たけど、どこも棚が空なので「ニュースは本当なんだなあ・・・」と思った。僕は、結構前に、総務省だかの理由が不明な「トイレットペーパーを備蓄しましょう」みたいな呼びかけがあったというニュースを真に受けて買っていたので蓄えはあるが、普通の人はかなり困るのではないか? それに、僕だって備えは無限にある訳ではない。メーカーは「充分ある」とか言ってるらしいけど、実際に店にないのでは無意味だ。

おそらく、デマを信じた人が見たらすぐに買い込んでしまうので店からなくなり、ほとんどの店でそうなるために入荷もされずに棚が空になる。それを見た人が血眼になって探し、あれば買い込むので、不足が解消されないのだろう。

マスクも同様だろう。僕は嫌いだからしないし(もし感染したらする)、少しあるから関係ないけど。しかも、政府の、北海道の人には世帯の人数に関係なく3枚ずつ配布するとかいう発表を見て、「これ、(頭)大丈夫か?」と思った。3枚なんて焼け石に水だし、家族だったら、一日も持たないではないか。それ以外にもマスクの再利用とか読むと、「えっ?」となる。そういうのって、戦時中のさつまいもなどの配給と同じ気がする。「欲しがりません勝つまでは」? (体験してないし、調べてもいないので、違うとは思う) だけど、某トップの記者会見の「勝つ」だのなんだのの口調は戦時中を彷彿させたな(済みません、戦争も体験していないので、これも想像です)。脳味噌がなくて、そういうことしか言えないんだろうと思った。

あのぉ、精神力で(あるいは盲滅法※や思い付きで)ウイルスに勝てたら、医者とか学者とか要らないんですが・・・

※今この言葉を使っていいか不明だが、他に思い付かないので使った。

いずれにしても、大丈夫かなあ? まあ、僕はどうだっていいけどね・・・

 

PS. とはいえ、みんな大騒ぎしている(これはまさに「狂騒曲」だ)が、大体あと一か月くらいすればテキトーに収まると、個人的には予想している。もちろん、それなりの被害はあるが。で、数年後に「そんなことがあったね。大変だったよね」となる。

  •   0
  •   0

引っ越しで残っていた大きな仕事、オーディオの再生音質の調整(補正)。何度かやったのだが、どうも気に入るようにはならなかった。147Hzに鋭い山があって取り切れないのだ。その周波数は、(旧居でも問題になったのだが、)床と天井の間の共振と思われる。それだけならまだしも、厄介なことに、スピーカーと耳(聴く位置)の間に机があると強まってしまうことが分かった。机なしでうまく行ったと思っても、机を入れると台無しになった。

スピーカーと耳の間に机を置くと常に駄目なのか、「147Hzが駄目な領域」に机や耳があると駄目なのかは、まだ分からない。今は後者と推測して、配置に苦心している(駄目な領域ははっきりとは分かっていないうえに、机が大きいためにうまい配置がなかなかできないのだ)。

それで、配置をどうしたらいいか考えていたのだが、昨夜、なぜか低音の騒音(車のエンジン音とかエアコンの室外機のような音)が聞こえて来て、どうにも嫌な気分になった(騒音が音楽を濁すので、聴くのを止めた)。それで、それがどこから来るのか調べようと室内を歩いていたら、その音がほとんど聞こえなくなる位置があることに気付いた。数箇所あったので、マークした。

それで、そこを聴く位置にすれば、その騒音が聞こえなくなり、更に、「もしかしたら(あわよくば)、147Hzも少しは良くなるかも知れない」なんて都合のいいことを思い付いてしまった。それで今日やってみたのだが、大失敗だった。

事前にスピーカー一個で音(147Hz)と使い勝手が最適な位置を探し、そこにスピーカーや机・PCなど一式を仮設置して試しに聞いてみたら、随分音が変わった気がした。最初は音が良くなったのかと思っていたのだが、特性を良く見たら気付いた。

これ、低音が出てないんじゃ??

84-100Hzが谷になっていたのだ。最初の特性と比較すると、その帯域が10dBくらい低くなっていた。特性を測定したけれど、147Hzの高さに気を取られて、他をちゃんと見ていなかったのだ。馬鹿だね。

新しい位置(緑)では低域が出ていない(赤丸)。

実際、信号発生器で音を出してみたら、80-90Hzがほとんど聞こえなかった。これでは全く使い物にならない。だから音が違って聞こえたのだ。

ということは、昨夜の騒音もこの辺りの周波数だったか、あるいは、ファンの(電源の)50Hzの2倍の100Hz辺りだったか。まあ、車のアイドリングの周波数がどのくらいか分からないから、何かは不明である。

アイドリングの周波数について少し調べたら、計算どおりの値を当たり前のように書いてあるページが多くて面食らった。その計算とは、エンジンの回転数(rpm)と1回転当たりの爆発回数から周波数を求めるのだが、例えば、アイドリング時の回転数が750rpmで、4サイクル、4気筒のエンジンの場合、

(750/60)/2*4= 25Hz (/2は2回転で1回爆発、*4は4気筒の意味)

となる。アイドリングの周波数を書いてあるページはあまりなかったが、数千回転での周波数も上の計算で出すので、すごく低くなっていた。例: 「4サイクル、4気筒のエンジンで6000rpmなら200Hz」

いや、さすがにそれはないでしょうと言いたい。確かに基本周波数はそうだけど、聞こえるのは倍音のもっと高い音ではないか。アイドリングなんてまさにそうだ。25Hzなんてほとんど聞こえないはずだけど(聞こえにくいので、低周波騒音として問題になっている)、僕らは「アイドリング音」をはっきり聞いている。それは倍音(2倍か3倍?)なのだろう。記事を書く時は自分でちゃんと確かめて欲しいと思う(と書いた僕も、まだ確かめてないw)。

つまり、(推測ではあるが、)低音の騒音が消える(聞こえなくなる)位置というのは、スピーカーで出した低音も消える位置だったのだ(定在波の影響なのだろう)。要するに、「ブラックホール」に入ってしまった訳だ。

仕方ないので、明日、最初の配置に戻すか、もう一つの候補の別な配置・位置を試すかする。あと、今の配置で聞く位置をずらせば低音は直るかも知れない。明日の元気次第だ。

こればかりはシミュレーションとかソフトだけでは済まず、実物を動かさないと確かめられないので、なかなかキツい。

疲れた・・・ さすがに(悪い音では気分が悪くなるので、)音楽を聴く気にもならない。

 

PS. 今考えると、最初の配置は「まあ、普通はこうだろう」と決めたのだが、それがこの部屋では(消去法的に)最良の可能性もあって、下手な考え休むに似たりなのかも知れない。

PS2. 昨夜の騒音は結構気になる。たまたま車が長くアイドリングしていたとか、工事か何かで機械を動かしていたのならいいが、そうでなかったら・・・

  •   0
  •   0

注意 3か月くらいiVideoを使って何度かトラブルがあったが、SIM・ルーターの管理や障害対応が全く適切でないと感じた。更に、通信障害が起こっても、通信に関してはキャリア任せなのでトラブルシューティングができず、機材(SIM・ルーター)の交換しかできず、それも「様子見しろ」と言って渋るし、交換されるにしても届くのが数日後で、その間は障害はそのままなので、iVideoをメインに使うのはリスクが高過ぎることが分かった。その経験から、iVideoを重要な用途(例: 光回線の代わり)に使うことは全く推奨しない。

具体例については、「[悲報] 完全無線は時期尚早でござった。」を参照のこと。(2020/3/25 6:34)


iVideoのモバイルルーターiV501を一か月使っていたが、大きな問題はなかった(いくつかちょっと変なことはあったが、原因不明である)。丁度、昨日、新しいプラン(300GB/月)用のiV501が届いたので、今日入れ換える予定である。今度は6か月のレンタルにした。

トラブル(らしきもの)など

  • 月の最初の日(2/1)の未明にLTE接続が切れていた。しかし、今日(3/1)は大丈夫だった。 (→ 原因不明)
  • 一度、外出から帰宅した時にスマフォのWi-Fiが切れていた。電池切れかと思ったが、その後、電池はもっと持つことが分かったので、そうではないようだった。 (→ 原因不明)
    • なお、電池残量不足の時は、本体の電池ランプが赤く点灯することが分かった。

通信データ量(2月分(2/29昼に測定), PCとスマフォを合わせた量)

  • iV501の管理webでの表示値: 103.7 GB
  • 自作のスクリプトで取得した値
    • 受信: 78.1 GB
    • 送信: 33.3 GB
    • 合計: 111.4 GB

iVideo: iV501での累積通信データ量の変化 (2月)

iV501の管理webと自作のスクリプト(Munin)のデータ量が違うのは、"K"などの単位(スケール)が異なるからのようだ。iV501は1024で、Muninは1000だからのようだ。というのは、変換してみると、111.4*1000*1000*1000/(1024*1024*1024)= 103.7 と、ぴったり一致するからだ。一般には、通信速度には1000が、データ量には1024が適切そうなので、スクリプト側を修正すべきだろう(が、大きな問題ではない)。

合計通信データ量より、31日間では約123GBになるので、見積りどおり、僕には300GB/月のプランで充分なことが分かった。

なお、スマフォのモバイル(LTE)の通信データ量(2月分)は、なんと22.4MBだった※。余りにも少ないので何かの間違いを疑ってしまうが、日々のリストを見てもちゃんと記録されているようだし、先月は外出時にはほとんどスマフォと一緒にルーターを持参していたので、正しそうだ。

※これくらいのデータ量なら0SIMでも充分行けそうだが(そのためにデータ量を調べた)、残念なことに終了してしまったので、新たな安いプロバイダを模索している。が、移行費用を考えると、容易にペイするところはなかなかなさそうだ。

これより、(寝ている時など、)気付かないうちにiV501が落ちたりiV501のLTEが切れていたということはなさそうである。

その他

部屋に固定して置いておいても、電波強度は結構変動する。以前も書いたが、外出からの帰宅後の充電完了後に一時的に下がる感じだが、それ以外(例: PCが停まっている時)にも下がることがある。そして、下がっている時にデータ量が多い通信をすると強くなる気がしている。ただ、電波強度が弱い時(-95dBm前後)でも通信速度が遅くないことも多い。

iVideo: 過去一週間のLTEの電波強度の変化(青)

通信速度も変動するが、概ね20Mbps(Google, ダウンロード)前後出ていて、充分実用になっている。なお、今まで見た最高は約35Mbps(同)である。

(適度な田舎のせいかw、)すごく遅いと感じる(のが継続してイライラする)時間帯や曜日はなかった。通信データ量が7GBの区切りを超える時に遅くなることはあると思うが、数分間の一時的なものなので、たまたま遅いとかサイトが重い場合と区別が付かず、気にならない。

(3/2 21:34 新しいiV501が届き、切り替えて使っているので、それについて追記する)

新しいiV501を起動したら、なぜか、メールのランプが点滅していた。管理webを見てみたら、未読SMS数が出ていた。だから、あのランプはちゃんと機能していたのだ。ただ、webでSMSを削除しようとタブを開いても開かなかった。ユーザーが変わったからロックされたのか、対応ブラウザでないのか、単なるバグで絶対に読めないのかw まあ、そういうこともあるかと設定を初期化したら、ランプの点滅は停まり、SMSも消えた。前の人が受信したんだろうけど、見えないほうが却って良かった。

不思議なことに、新しいiV501は電波受信感度が若干弱いようで、前のと同じ置き方をしても電波強度が2dBmくらい低くて、-89dBm前後だった。まあ、そのくらいは実害はないと思ったのだが、例によって気に入らないので、位置を調整した。前よりも数cm西・北に移動させたら、前よりも良くなって-85dBm前後になった。なぜかは分からないが、製品ごとのバラつきなのだろうか。新しい位置の電波強度は大分安定している感じだ。

なお、通信速度は少し遅くなった気がする。たまたま測った時が混んでいたのか、バラつきなのか、SIMによって待遇が違うのか、以前と同様に電波が強いからといって速い訳ではないのか。結構10Mbps台になって「うーむ」となるが、20-30Mbps台が出ることも多いので、タイミングや気分の問題だろう。

それから、ルーターの台を間違って動かしても分かるように、段ボールで位置決め用のスペーサー(治具?)を作った。例によって見栄えは悪いw これなら接着したりないので、床や壁が汚れる心配はないし、壁側に押しても動かないし、足をぶつけて痛いことも余りないw そして、時々辺や角を見れば、ずれているかどうかが分かる。

  •   1
  •   0

僕は、いつの間にかメンタルが強くなっていたのか? というのは、さっき見た記事「メンタルが強い人が絶対にやらないこと13」がほとんど当てはまったのだ。問題ないかは不明だが、その項目を引用する。

  1. 自分を憐れむことで、時間を無駄にしない
  2. 自分の力を手放さない
  3. 変化をいとわない
  4. 自分がコントロールできないことにこだわらない
  5. あらゆる人を満足させようと考えない
  6. 想定内のリスクを恐れない
  7. 過去について、くよくよ考えない
  8. 同じミスを何度も繰り返さない
  9. 他人の成功に腹を立てない
  10. 一度の失敗であきらめない
  11. ひとりの時間を怖がらない
  12. この世界は自分に何かを与える義務がある、とは考えない
  13. すぐに結果を求めない

(あー、長かったw)

項目だけだと今ひとつ分かりにくいことがあるので、その場合は本文を参照されたい。

僕のコメントとしては、「自分を憐れむことで、−」は意味不明(原文を見れば分かるかも)だが、何となく「過去について、−」や「この世界は自分に−」と似たようなものだと思った。

「過去について、くよくよ考えない」は、実際には、良く昔の嫌なことや自分のしたことを思い出すが、「くよくよ」はしない。「あのクソは絶対に許さん! (でも、僕も別の人にはそう思われているだろう)」、「全く(僕は)アフォだったなぁ・・・」、「よく、今こうしていられるよな(全くの僥倖だ)・・・」とか思うだけだ。

「同じミスを何度も繰り返さない」は、実際には繰り返すがw、そう努めている、「すぐに結果を求めない」も、(すぐに結果が出て欲しいと思ってはいるが)そう努めている、「他人の成功に腹を立てない」は、場合によってはムカついたりディスるけど、最後は「まあ、他人はどうでもいいか」と思う。

「一度の失敗であきらめない」、「ひとりの時間を怖がらない」は、おそらく皆さんご存知の通りで、もう、自分でもくどいと思うほどしつこいし、一人が大好きだ!www

それにしても、昔の僕はほとんど逆(つまり、「メンタルが弱い奴」)だったのだが、いつ、どういう切っ掛けで反転したのだろうか? 実に謎だ。自分のことだけど・だから、興味がある。

 

でも、これは結果論であって、上の項目を実践したからと言って、メンタルが強くなるとは思えない(多分、逆効果だろう)。以前も書いたが、「お金持ちの習慣」と同様だ。それに、そもそも、「メンタルが強い」ほうが「いい」かは不明ではないか。

例えば、作曲家や演奏者が、メンタルの弱さ故に作品や表現に特徴を出していたものが、突然強くなってしまったら、全然駄目になってしまうのではないか。少なくとも、その人の持ち味は全く変わってしまうだろう。

とにかく、メンタルが強くなるのかは別として、自分が「良くなった」と思えるには、おそらく、自分の中で何か吹っ切れるとか、そういうブレークスルーが要るのだと思う。

  •   0
  •   0

コロナのおかげで、(日本も含めて)世界中の株価が無事死亡とのこと。まあ、「そういうことだよね (全部自己責任だからね)」としか言いようがない。僕の予想は、こんなものじゃ済まず、もっと下がると思う。それはともかく、株は、常に何かあったら下がる(上がることもあるが)ことを想定して、スタンバっておかなければいけない。それはすごく大変だから、やってられない(割に合わない)。だから僕は止めたのだ。

実は、少し前に、「(お金を増やすために、)もう一回『投資』をやるかなあ」とか思っていたが、やらずに正解だった。

NISAの甘い罠に引っ掛かったり「2000万円足りない問題」に慌てさせられた一般人の皆さんは、随分酷い目に遭うだろうと思う。こんなに急に対応しろって言ったって、自分の技量も(NISAだったら)仕組みとしても無理だろう。財産が減るのをみずみず眺めるだけしかない?

最初から思っていたけど、全くひどい話だ。

でも、これは高みの見物を決め込んでいるかのように見える僕にも関係あって、年金がどうなるかって心配はある。これで随分損が出るんだろうな・・・ 脳味噌のないボクチャンは、これでも更に突っ込んで、減らすのかも知れないね。それでも、なんだかんだと言い訳して、責任はないことにすると。

糞野郎が何しようがどうにもできないから、あー、俺らこんな国いやだ

(↑丁度Spotifyで掛かったので、リンクしましたw 現状の替え歌を作るとおもしろそうだwww 「はぁ、問題ねぇ、責任ねぇ、ウイルスなんて見たこたねぇ」ってか??)

  •   0
  •   0

ウォシュレット(洗浄便座)とガスコンロの運用コストを検討した(それらを比較したのではなく、それぞれについて検討した)。

引越してから、ウォシュレットは部屋に付いているものと自分のとどちらが電気代が安いか、ガスコンロはカセットコンロと部屋に引かれているプロパンガスとどちらがガス代が安いかが気になっていた。まだそれほど日が経っていないが、中間結果を書きたい。なお、コストは各自の使用条件や使用機器などで変わるので、測定方法やコストの計算方法のほうが有用かも知れない。

ウォシュレット

測定方法: 手持ちの消費電力チェッカー(エコチェッカー)で消費電力量と使用(通電)時間を測定した。

コストの計算方法: 上の測定結果から平均消費電力、日・月・年間の消費電力量と電気料を推定した。

結果

  • 消費電力量: 5.19kWh
  • 使用時間: 98:54

これより、平均消費電力は0.0525 kW、日・月・年間の消費電力量は1.26kWh/日, 39kWh/月, 469kWh/年となり、年間の電気料は9370円/年となった(電気料の単価は20円/kWhとした)。

また、自分のウォシュレットの推定年間電気料※との差は約4660円/年となった。

※自分のウォシュレットの年間消費電力量は、部屋のものの推定年間消費電力量がカタログ値の約2倍だったので、自分のウォシュレットの年間消費電力量もカタログ値の2倍になると推定した。

考察

電気料だけなら交換する価値はあると思うが、交換の手間、水漏れのリスクや自分のウォシュレットが壊れた場合に戻す手間も考慮する必要がある。故障については、折角買った自分のを寿命まで使い切るのでいいという考え方もありそうだが、交換の手間がどのくらい掛かるかが問題だ。

(3/1 11:20追記) 今は冬で水温や室温が低いために、加熱や保温のための電気が多目になって、年間消費電力量がカタログ値より大きくなった可能性がある。よって、上記の「2倍」は少し小さくなるかも知れず、1.5倍程度が妥当なのかも知れない。すると、自分のウォシュレットの推定年間電気料との差は約3500円/年くらいになりそうである。それだと微妙だ。

一方、僕のウォシュレットは瞬間湯沸かし式のために保温しないので、年間消費電力量がカタログ値に近い可能性もある。すると、推定年間電気料の差は大きくなる。実際に使ってみないと分からないようだ・・・

が、少し論理的に考えてみる。

  • 同じ量の水を温めるエネルギー(→ 消費電力量)はどちらも同じはず。
  • お湯を吐出させるのは水圧なので、電気は使わないはず。
  • 便座の暖房の電力はここでは考えない。
  • 部屋のウォシュレット: 貯湯式なので、水を加熱後、保温する。
    • 消費電力量は使用回数(お湯の使用量)と保温時間に依存する。
  • 僕のウォシュレット: 瞬間湯沸かし式なので、保温しない。
    • 消費電力量は使用回数・時間(お湯の使用量)に依存する。

どちらもお湯の使用量が同じとすると、差は保温時間の分となるはず。 → 部屋のウォシュレットは保温の分、常時電力を消費するが、僕のウォシュレットは常時使用する電力は0。 → 消費電力量の差は、保温の消費電力量とほぼ等しくなるはず。 → 部屋のウォシュレットの加熱ヒーターの仕様が分かれば求められそう。

→ 調べたら、250Wだった。測定結果より、平均消費電力は52.5Wだったので、ヒーターの稼働率は20%前後だろうか(便座ヒーターの分があるので、もう少し低そうではある)。この52.5Wから使用に伴う加熱の分を引いた分が保温電力と考えられる。加熱の分は使用回数などに依存するが、すぐには分からない、 → 仮に、保温の電力を40Wとすると、年間約350kWhとなり、電気料金の差は約7千円となる。これならやる気が起きる。

他に、便座の暖房の電力は、水と同様、同じ温度にする・保温するのなら基本的に同じだが、節電機能の有無(部屋の物にはなさそう)で変わる。その点でも僕のウォシュレットが有利だ。

ガスコンロ

測定方法: 手持ちのはかりでガスボンベの重さを測った※。また、未使用のボンベの重さも測って缶の重さ(風袋)を求め、今までに使用したガスの量(重さ)を求めた。

※この方法は、昨夜、寝ながらだか寝る前に思い付いた。それでこの稿が生まれたw また、使用量の求め方は、当初は少し時間が経ってから差を求めようと思っていたのだが、今日重さを測った時に思い付いた。ごく当たり前のことだが、我ながら、なかなかいいひらめきだと思った^^

コストの計算方法: 上の測定結果から1日当たりの平均使用量を求め、1缶がどのくらい持つかと1か月のガス(ボンベ)代を推定した。

結果

  • 使用中のボンベの重さ: 287g
  • 未使用のボンベの重さ: 350g

充填されているガスの量は250gなので、缶の重さは100gとなる。

これより、使用中のボンベのガス残量は187gで、今までに使った量は63gとなる。入居してから約16日経過しているので、平均使用量は約4g/日となり、1缶で約63日間(約2か月)持つ。使用頻度が増える可能性を考慮して1.5か月(45日)で1缶使うとすると、1缶100円とした場合、約67円/月となる。

考察

プロパンガス料金は重さでなく体積で計算されるうえに基本料金も掛かるが、それにしても約67円/月は誤差の範囲と言える。僕の場合、ガス代はシャワーの比率がほとんどのようだ。

プロパンガス料金との比較をしてみる: 今のガス会社の料金表では、0.1m3で約60円増えるので、1か月のカセットガスボンベ代はそのくらいの量に相当すると考えられるが、岡谷酸素のページによれば、LPガスは1m³あたり約2kgとのことなので、約250gのプロパンガスは約0.125m3となり、カセットコンロは1.3倍くらい割高な計算となる(どこかで間違っている気がする・・・: 基本料金を考慮していないせいか?)。

→ 更に調べて、「LPガスを、液体にすると気体の時の体積の約250分の1になる」(→ 参照)、ガスボンベのサイズ: 直径68×高さ198mm(→ 参照)よりテキトーに計算したところ、1缶では約0.153m3となった。

計算: ボンベ(缶)に入っているガスの体積(m3)を、(缶の半径(cm))2*π*高さ(cm)*使用率/(1000*1000)として、缶のサイズと使用率0.85(推定)を代入すると、
(6.8/2)*(6.8/2)*3.14*19.8*0.85*250/(1000*1000)= 0.153(m3)
となる。この結果ははてなの回答とも近い。

すると、カセットコンロのガスの単価(安いボンベの場合)は家庭用プロパンガスの1.1倍くらい高い(少なくともオーダーは同じ)となって、最初の計算同様、すごく割高なわけではなさそうだ。

ガス代(絶対値)だけならカセットコンロが安上がりだ。ただ、コンロを頻繁に使うことで本体が劣化した場合の交換費用を考慮する必要がある。が、3000円程度で買えるから、それほど大きくなさそうである。

他には、(あり得ないことではあるがw、)僕が料理をするようになってコンロを頻繁に使うようになったら、使いにくいうえにガスボンベのコストがかさむしボンベ交換の手間が増えるので、(当然ながら、)本物のコンロを買うほうがいいだろう。その時はガスにこだわることはなく、IHもいいかも知れない(比較的安全だし、都市ガスとかプロパンとかないので、どこに行っても使える)。

それから今気付いたが、本来、このカセットコンロは非常時用に用意したものなので、そのために常にガス切れや故障に注意する必要がある(と言っても、本当に必要になった時に「駄目」ってパターンが多いのだが・・・)。

 

PS. 以前にも書いたが、ガスメーターの前でガス管を冷却し、メーターの後で戻せばガス代の削減になる気がするが、危険だし法や規約にも反しそうなので、もちろん実行してはいけない。

  •   1
  •   0

(引越し関連の投稿も、そろそろ終わりだろうか)

「営業妨害」とか言われると嫌なので会社名は書かないが、今回はひどかった。今まで何度も使って来たが、次はないと思う。昔のTVのCMでは、関西弁のオッサンが安くするとか言ってた会社だ。

営業はアフォだったが、まあ許せた。でも、作業担当がひどかった。物とか建物に傷が付いたという論外なことはなかったが、担当者がなんともいい加減でムカついたってのが正直なところだ。以下に、ものすごく問題だと思ったことを書く。

重い段ボール箱を3個とか一度に運ぶのには感心したが、危ういバランスで搬入して来て(確か、照明だったか3個を顎で押さえながら、フラフラしながら持って来た)、一つ間違ったらガシャンだと思った。それでいいのか? 保険があるから壊してもいいの?

布団を彼らが提供した布団袋に入れていたのだが、いかにも「(荷物に愛情はないので)テキトーに運びました(キリッ)」って感じで、乱れた荷姿で搬入して(袋の上の方が随分はだけていた。後述の黒いゴミも付いていた)、それが当たり前でございって感じで、直しもせずに放置した。そういえば、立てて置いてた気もするな。いくら実害がないからと言って、寝具をそういう風にぞんざいに扱われても構わない人って、結構少ないと思うが・・・

靴を新居の(使えない)靴箱に入れた時に、とりあえず入れればいいと思ったのだろう、無理して入れられたので、あとで全然開かなかった。お前らは力技で押し込めばいいのか? だったらさ、「閉まらないけどどうしますか」とか聞けばいいのに。しかも、その時に隙間に挟んだのか、傘の柄を擦って傷つけて申告しなかった。傘なんていいけど、隠されると気分悪い。他にもありそうだと思ってしまう。

本棚に黒いススのような汚れが付いていた。微量ならいいが、そうではなく結構大量だったので(汚い緩衝材かトラックに付いていたのだろう)、新居の床にも落ちて汚くなっていた。

僕はそれに気付いたので、その会社の「サービス」で、搬入が終わってからちょっとした作業が頼めるので、「軽く掃除を」と頼んだのだが、総勢5名(前回のように、暇だったのか、新居に数人「応援」が来た)くらい居たのに、誰一人その汚れに気付かず、もちろん綺麗にもせずに帰った。どいつもこいつも、どこに目があるんだろうかね? やる気がないんだったら、そんなサービスはしなければいいのに。

無料の作業だって、いい加減にやったら、本業までマイナスの評価になるってのは結構厳しいとは思うけど、そういうものだと思う。再度書くが、そんなことならやらなきゃいいんだよ。

そういえば、前回も、(CCBの一人みたいな)作業員が小さいCDラックを搬入する時に、調子に乗ったのか小走りして廊下で滑って床にぶつけて床を凹ませたけど、ヘラヘラして誤魔化していたのを思い出した。やっぱりあそこは全体あるいは平均的に意識が低いようだ。ヘマしても気付かれなければ問題ないって意識すらありそうだ。

要するにアマの集まりで、いかにテキトーにやって速く終わらせるかしか考えていないようなので、大事な荷物なんて任せられない。何が「マイスター品質」だ。品質にもマイスターにも失礼だ。気易く使う前に、何が品質なのか最初から勉強しろ! へそでお茶が沸くぜ。というか、ムカついた頭で沸くよ、汚い黄色とパンダの会社!

 

PS. ご存知ない方のために: 見積りしてもらうと、なぜかお米を持ってくる引越センターがあります。いくらおいしくたって(僕は食べたことないw)、引越しとお米は全く別だからある意味クソで、こっちは要らないんだけどね・・・

基本は当日現金払いでクレジットカードは(普通には)使えなかったし、なんか、そういう前時代的な考えの詰まったクソ会社だって気がして来た。良く持っていると、逆に感心するよw

  •   0
  •   0

新居は基本的にはいいのだが、設備でいろいろ気に入らないところがあるので、カスタマイズしている。以下にその内容を書く。

  • 掛け時計を設置
    • 壁はほとんどが硬くてピンは入らず、また、柔らかいところでも壁紙に穴を開けると退去時に交換費用を請求されるので、穴を開けずに付ける方法を考えた。
    • → 少し部屋を眺めて居たら目に留まった換気(吸気)口の開閉つまみに、引っ掛ける金具を作って付けた。
      • キーホルダーのリングに壁に貼るフックを付けた。
    • 同様な流用では、外気温度計をエアコンのリモコンホルダーに入れた。うまい具合に幅と奥行きが合っていた。
  •  照明の交換・改良
    • 種類・色がバラバラ(LED, 蛍光灯, 白熱)なので、LED・電球色に統一したい(人感センサーランプと合わせて試行錯誤中)。
      • 居間と寝室、洗面所・浴室を自分のLEDランプに交換した。
        • 外した元の照明を並べた写真を見たら、妙な物(二個だったら・・・w)を連想してしまった。あとは、大福にも見えるかもw
          • 部屋の元の照明

      • 廊下の電球はサイズが小さかったのだが、偶然100円ショップで見付けたLEDランプ(200円)にした。
      • 玄関がなぜか丸い蛍光灯で点灯が遅くてまどろっこしいので、蛍光灯型LEDにしようとしたが、手頃な値段で信頼性のあるものがなさそうなので、下記のように人感センサーLEDランプにした。
    • 玄関と廊下に人感センサーLEDランプを付けた。
      • 新居の玄関と廊下の照明のスイッチの片方が居間にあってセンサースイッチにできないので、元の照明はそのままにして、センサーランプを併設した。元の照明のランプをセンサー付きLEDに交換する手もあったが、連続点灯したいことがあるかと思って併設にした。
      • ランプは突っ張り棒に吊るした。
      • センサーランプは、(なぜか安かったので、)オーム電機のLDR7L-W/S 9にした(ヨドバシで約1200円)。ランプホルダーはELPAのSPOT-BNE26C-PW(同約1200円)にしたが、シェードが予想以上に深過ぎて感知領域が狭くなったので、エクステンダーを追加した。
        • それでもまだ狭い気がしたし、シェードのために明るさが減る気がしたので、ランプホルダーを分解・改造してシェードを撤去し、ソケットとクリップだけにしてしまったw また、もう一個(玄関で使用)もホルダーは使わずに、ACプラグをランプソケットに変換する部品(ヤザワ SF-1040)を使った。そのため、エクステンダーは無駄になった。
        • なお、口コミにもあったのだが、SF-1040のGND(外側)の接点はイマイチ(ランプの端子を包む環状になってなく、一枚の細い板)で、最初は接触不良でランプが点灯しなかったので、少し外側に変形させて直した。LEDだからいいが、白熱球だと危ない気はする。
          • 同様に、ランプホルダーのスイッチ周りも危ない感じ(点接触、コード端面の絶縁処理なし)はしたが、それで検査を通っているのだから問題ないのかも知れない。 → シェードを撤去した時に このスイッチも止めた。
        • それから、玄関の蛍光灯と同様に、海外製の比較的安価なセンサーランプはあるのだが、やっぱり評判が悪いし、常時電源を入れているものだから信頼性を重視して、国内企業のにした。国産ではないが、ある程度の信頼性はあるだろう。
      • 電源は近くのトイレや洗面所から引っ張った。その際、普通の太いコードは目立つので、部品を買って来て(実物を見て選びたかったので、ホームセンターで買った)細いコードを自作した。かなり細くても1A(100W)通せると書いてあって不思議だったが、それだからUSBの細い線でも何十Wも通せる訳か。
        • ↑なんか違う気がする。 というのは、USBPDの最大電圧は20Vで、対応ケーブルが不要な最大の60Wだったら3Aも流れるが、そんなの可能なのかと思う。一方、家庭用電源は100Vなので、100Wでも1Aだ。面目ないが、ケーブルの太さは電流だけに効くのか電力に効くのか分からない。
      • 旧居で人感センサースイッチが便利だったので付けたのだが、やっぱり便利で付けた甲斐がある(これでないと、点け忘れ・消し忘れてしまう身体になってしまったw)。ただ、旧居とは機器が違うため、若干の不満(反応が鈍いことがある、意図せずに消えてしまう)はあるが、まあ仕方ない。ランプの設置を微調整してみようと思う。
  • ガス漏れ警報器が期限切れなので、自分のを併設した。
    • 元のを撤去しようとしたら、ガス漏れを通報する線が付いていたので、(それが生きているかは不明だが、)そのままにした。
  • 寝室の引き戸を外してカーテンにした。
    • 開放感を得るためと寝室に冷暖房を効かせるためと、音の反射を減らして周波数特性を多少良くするため。
    • 旧居でクローゼットに使っていたものの丈を安全ピンで少し短くして、使った。
  • 靴箱の棚板の角度を調整した。
    • 部屋には靴を斜めに入れて蓋を閉める(けど、大きい靴が入らないし、蓋はまず閉まらないし、閉めたらまず開かないw)「使えない靴箱」(→ イメージ)が付いており、いつも棚板を出しておくしかないため、スペーサーを入れて少し持ち上げて、手前の占有スペースを少なくした。
    • 新しく買うことも考えたが、意外に高いのと、元の靴箱をどうにかしないと(といっても、どうにもならない・・・)玄関が狭くなるので、とりあえず、元のものを活用することにした。
  • シャワーホース・ヘッドを交換した。
    • 短いうえに柔らかくて、使っていると折れてお湯が一瞬止まって冷たくなってしまうので、硬いものに交換してみた。 → 交換したらお湯は止まらなくなったものの、やっぱり時々冷たくなる。微妙な圧力変化が駄目な感じだ。 → 新しいシャワーヘッドが節水型のせいかも知れないので、元のシャワーヘッドで試しても駄目なら見てもらうことにした。
    • ホースだけで良かったのだが、なぜかヘッド付きの方が安かったので、それにした。
    • シャワーにはさまざまな規格や注意事項があって、随分戸惑って何度も調べたり店に足を運んだりしたのだが、最終的にはホームセンターで売っている普通の互換品がそのまま付いたw
  • 洗浄便座を自分のウォシュレットに交換 (検討中)
    • 機能的には自分のがいいが、電気料はどちらが安いかや故障や水漏れのリスクを考える必要がある。
      • → 現状の電気使用量を測定中。自分のものと直接比較できないが、双方のカタログ値を参考にして比較してみたい。
      • 推測だが、僕のは瞬間湯沸かし式なのに対し、部屋のは貯湯式なので、お湯を保温している分、消費電力が大きそうだ(カタログ値は大きくなっている)。あと、現状のは機能が最小限で特段の節電機能がないので、それでも消費電力が大きそうだ。
        • その電気料の差がどのくらいになるかがポイントだろう。

照明に関しては、僕は「部屋のコーディネート」みたいなものにはこだわりも興味もない(と思っていた)のだが、さすがに同じ部屋で色が違っていたりすると とっ散らかった感じで嫌だ。あと、元の照明は何台(種類)かあるけど、色を変えられるものがほとんどなく、好みの色(暗目の暖色)にできなかったので、旧居で使っていた自分のに交換することにした。

他に、カスタマイズまでは行かないこと:

  • 旧居で作った、水切りトレイから樋でシンクに水を流す「からくり」のその後
    • 部屋と同様に流しの方向も反転しているために使えなかった。作り直すのは大変なので、とりあえず、シンクにトレイを少し張り出させて作業場所を確保した。
  • 壁にピンが刺さらない・刺せないけど、紙を貼りたい件
    • いつも貼っている世界地図とゴミの出し方の紙を壁に貼りたかったのだが、今の部屋は壁のほとんどがコンクリートで硬いうえに、穴を開けたり汚したりすると退去時に(ガイドラインに沿った分担で)張り替え費用を請求されるので、代替手段を探した。
    • 最初はコマンドタブを思い付いたのだが、調べたらポスター用ではないようだった。その系統のポスター用は、凸凹面は駄目とこのとだった(と記憶している)。
    • それで、ゴム系の粘着剤にすることにした。ひっつき虫というのが一般的なようだが、ホームセンターで見たら、成分がブチルゴム系とあって、(昔、ベトベトになった嫌な思い出があって、)残らないか不安になったので、横にあった、ハリ玉というのにしてみた(これは「合成ゴム」としか書いてなくて、やっぱりブチルゴム系なのかも知れないが、まあ、物は試しだ)。
    • 最初は全然付かなかったのだが、再度良く練って強く押したらくっついて、一週間以上経っても大丈夫だ。意外に使えそうだ。多目に使うのがコツの感じだ。
      • ハリ玉で地図を貼った。

    • 壁紙に汚れが残ったり変色しないか不安なので、ちょっと確認する必要がある。でも、いざとなったら、例のオレンジ油の剥離剤(ディゾルビット)で何とかなりそうな気がする。

もちろん、紙の世界地図を見ることなどない。「あんなの飾りです」だがw、ないと殺風景な感じだし、掛け時計と同様に慣れ親しんでいるので、ないと物足りないのだ。でも、気が散るから机の前には貼らない。それから、これは表は地理、裏は国ごとの地図なのだが、出版されてから随分経っている(1997年改訂)ので、裏面を眺めてみるのはおもしろいかも知れない。

 

引越しの後始末は大分済んで、TODOはほとんどなくなった。何も生産している訳ではないけど、一仕事した気分である。あ、一番重要なw、オーディオの音質の調整(補正)がまだだった。

 

(2/26 7:21 若干修正・加筆, ランプホルダーのスイッチの画像へのリンクを追加)

  •   1
  •   0

注意 3か月くらいiVideoを使って何度かトラブルがあったが、SIM・ルーターの管理や障害対応が全く適切でないと感じた。更に、通信障害が起こっても、通信に関してはキャリア任せなのでトラブルシューティングができず、機材(SIM・ルーター)の交換しかできず、それも「様子見しろ」と言って渋るし、交換されるにしても届くのが数日後で、その間は障害はそのままなので、iVideoをメインに使うのはリスクが高過ぎることが分かった。その経験から、iVideoを重要な用途(例: 光回線の代わり)に使うことは全く推奨しない。

具体例については、「[悲報] 完全無線は時期尚早でござった。」を参照のこと。(2020/3/25 6:34)


大容量モバイルプロバイダiVideoで来月からレンタルするモバイルルーターを何にするかの話。501HWは画面で情報(特に電池残量)が見られて便利だが、連続稼働時間はどちらも同じくらいで、残量が分かっても電池が減ることには変わりないので、長時間外に居て充電できない時には外部電池を持たなければならないから、軽さ(約半分)の点でiV501にした。

あと、web APIでルーターの情報を取得するプログラムを作り直すのが面倒(APIの有無すら不明なので、作れるかも不明)なのと、電波の受信特性(向きと感度の関係など)が変わるとセッティングし直しになって面倒、という事情もあった。

25日までのキャンペーンで安く延長できるかと思ったらなぜかできず(高かった)、調べてもらったらプランが別だった。自分のプランが何か忘れていたという間抜けさw (そう言えば、キャンペーンのプラン(iV501で「超大容量」, 300GB/月)は僕が質問した直後に追加されたものだった)

それにしても、iVideoは結構サービスや料金がコロコロ変わる(例: 今月頭に案内があって検討していた契約プラン(料金を月ごとに払う)はなくなっていた。また、900GB/月相当のプランもなくなっている)ので、「プロ」とかチャレンジャー向きだと思う。

その他に、ネイティブでない人が多そうなので、webや問い合わせの回答などの文章が若干分かりづらい場合がある。原文を推測しながら読むといい気がした。まあ、聞けばちゃんと教えてくれる(しかも速い)ので、僕は余り気にしていないが、懇切丁寧とかおもてなしとかいうガラパゴスなサービスを期待する人は国内の会社を使うべきだろう(でも、国内にしたって、慇懃無礼なだけで何もいいことがないのかも知れない)。

サービスや料金が変動するのはいいが、それが昂じて会社自体がなくなってしまう(あるいは日本から撤退)可能性もちょっと心配している。レンタルの場合、料金は前払いなので、その時に返金されなかったら困る(期間中は使い続けられるならいいが)。なので、とりあえず6か月にした。

いずれにしても、いつでも別のプロバイダに移れる覚悟と知識のある人、ダイナミックな対応ができる人でないと、使いこなせないだろう。でも、そういうリスクや手間を除けば、安くて(例: キャンペーン料金: 300GB/月、ルーター込みで3000円/月(税抜き))手軽で(初期手数料が無料の曜日があるし、中途解約でも違約金なしで返金される。ただし、返金額は「時価」: 解約時の料金で計算される。あと、ルーターなどは郵便受けに投函されるので、受け取る手間要らず)いい。

それから、コストを光の時と比べると、OCNは2年縛りの割り引き後で約4千円/月(税込み)だった。一方、今回申し込んだiVideoは、6か月(-12か月未満)で約3200円/月(税込み)である。年にすると9千円くらい安い(今計算して感心した)。なお、iVideoは最初に手数料(無料の曜日がある)や送料500円が掛かるので、頻繁にプランを変更するのは得策でない。

 

PS. iVideoについて書き足らなかったこと。: いろいろリスクや面倒はあっても僕が使う気になる理由は、コストが安いことはもちろんあるが、それ以外に、彼らのやり方がストレート・ダイレクトとか「正直ベース」(少なくとも、客を騙そうという気持ちはない)だと感じ、そこをかっているからだと思う。

日本のキャリアは言うまでもなく、プロバイダ(MVNO)だって「引っ掛け」がてんこ盛りではないか。「無制限」と言いつつ、なぜか3日で何GBの制限とか、半年とか一年間は安いけどそのあと高くなるとか、指定された月以外に解約すると違約金が掛かるとか、細かい文字で山のように書かれた注意事項を把握しなければならないなんて、一体誰得(「彼ら」だがw)だと思う。そんな詰まらないことに時間と労力を費やして、客を半ば騙して金をむしり取るなんてクソそのもので、大っ嫌いだ。そういうのが「お・も・て・な・しの国」なのかねえ・・・ (20:06)

  •   2
  •   0