Archive for the ‘日記’ Category

見出しや画像をちょっと見ただけの時は、ソニーのTVになど全く興味も湧かなかった(しかも、「開封の儀」なんてアフォが投稿することだと思った)のだが、何回目かに目にした時、写真の右下に猫が居るのに気付いて、スレッドを読んでしまったw

【画像】SONYの4Kテレビ買ってきたから開封する!

そして、先頭のコメントは猫についてだった。さすがは猫だ! こうじゃなくちゃいけない。15万円の4K TVなんて全然目じゃない。もちろん、僕には勝てる見込みは全くないw

PS. うお! 今気付いたが、猫は左にも居た!! 隠れる能力は忍者以上だ。まったく恐ろしいw (20:11)

  •   0
  •   1

彼女の最新アルバムが夥しい種類(ボックスだのデラックス版だので輸入盤6、国内盤2)で呆れた。しかも、輸入盤は通常版以外はどれも高い。聴くたびに挫折しているし、仮に聴こうと思ってもSpotifyがあるから(買わないから)どうでもいいけど、こういうのは日本のアイドルだけかと思っていたので、なんか嘆かわしい。

そして、少し経ったら、「待望のアナログ盤入荷」(しかも、重量盤を含むバージョン違いで出して、そのあとで「カラーヴァイナル」(ピンクを予想)で締める)となるオチ?w

(済みません、車じゃないですw)

  •   0
  •   0

どういう根拠か知りたくもないけど、まあ、「鯨やイルカが可哀想」とか「毛皮反対」と似たようなレベルかと。

紙は木材から手間暇掛けて作るので、いろいろな点で結構高価だと思うのだが、それはいいのか? プラスティックも石油という天然資源から作るが、生産効率は紙よりずっと高いだろう。石油は有限だが、木材も種を蒔いてから数十年待たないと使えないから、有限に近い。紙の消費量が更に増えて、今でも問題になっている、発展途上国の山林が更にハゲ山になってもいいのだろうか? 全部間伐材で間に合うのならいいが。「人工木材」とか「人工紙」は当然ないよねw そして、プラ廃止派は以下のようなことをちゃんと比較したのだろうか。僕は、分解性以外は全部プラが勝っていると思うが。

  • 原材料のコスト・環境負荷
  • 作るためのコスト・環境負荷(電力、燃料、CO2など)
  • 重量、体積からの格納・運搬でのコスト・環境負荷
  • 耐久性・再利用の可能性からの環境負荷
  • 分解性による環境負荷

あと、紙だけじゃ使えなくて、表面をコーティングしたり強化処理する場合が多いだろうが、それはお咎めなし?w コーティング部分は自然には分解しにくそうだが。燃やすからいいの? でも、そもそもプラが散乱して良くないなら、まずはきちんと回収して燃やせばいいと思うのだが、それはしたくないのか。ダイオキシン? 今はすっかり忘れられているが、どうなったのかねw

それ以前に、そもそも、紙(あるいは他の材料)に置き換えられるプラ(今流行りのストロー、レジ袋)なんて、プラ全体の使用量(体積も質量も)からすればものすごく小さいはずで、それで本当に目指す効果があるのだろうか? 単なる自己満足ではないの?

PS. 個人的には、紙とか木は大好きだが、意識高い系のトレンディー()な押し付けはごめんだ。

PS2. そういえば、こういう人たちの衣類は全部天然素材(最悪でもレーヨン?)なのだろうか? 化学繊維だってプラと同様ではないのか? 少なくとも自然に分解はしなさそうだよ。是非、教えて欲しいw

  •   0
  •   0

いろいろな会社の募集を見て気付いたことがある。ソフトの設計までしかしない技術系社員の募集に、実装経験(例えば「C言語での開発経験」)が入っていることが多いのだ(ほぼ100%)※。

※実際に、「設計」の職種に特定言語での開発経験を条件として出していた大きなメーカーに聞いたら、本当に設計までしかせず、実装は外注するという答えだった。もしかして、特定言語での開発経験と言っても、その言語を使ったプロジェクトに携わったことがあるだけで良くて、自分で実装していなくてもOKなのだろうか??

以前書いた、設計までなのに「開発」と呼ぶことと合わせてどうしてかと思っていたのだが、 どうも、「プログラマーの上位はSE(= 設計までの人)」という、日本で一般的な階層構造(→ 参照: 中央辺りに多重下請け構造)を想定しているからのような気がして来た。

その他に、大企業だと、系列に実装を行う子会社(実際には、更に孫請けが居るかも知れない・・・)があって、そこに発注することも多い。これは、経済的な理由なのかそこに子会社があるから(全く本末転倒だが、お偉いさんの命令とか管理職の忖度があるのかもね・・・)なのか分からないが、そういう現実はある。上に書いたメーカーもそういう回答だった。

日本では、大手IT企業は設計までしかせず、実装や試験などの本当に手を動かす仕事は下請けに外注する(良く言えば「ソフト版ファブレスメーカー」みたいなものか)。これが「上位は設計まで」という意識になっている。あるいは、(中位・下位の)実装も行うIT企業でも、経験の少ない社員は下積み的に実装をし、経験を積むと出世してSEのような設計までの人になる。ここでも「上位は設計まで」になっている。

それから、下請け会社も何段階にも階層化されていて、中抜きするだけのところも多い。一番最後(底辺)は、安い(ここに来るまでに安くなってしまった)お金と短い(ここに来るまでに短くなってしまった)期間で(→ 参照: 中間マージンについての例)実装させられる「どこかの」プログラマーとかコーダー(自分たちで「IT土方」と卑称してしまっている)なのだが、ここまで来ると伝言ゲームのようになっていて、本来の仕様(特に意図)はまともに伝わらないだろうし、実装上の疑問や確認事項があっても、まともに回答されない(できない)のではないか。そもそも、最底辺の人は、指示された機能の実装(コーディング)だけをし、仕様や設計の意図なんて全く気にしないだろう(そんなお金も時間ももらっていないし、気にして意見しても無駄だから・・・)。

募集条件の話に戻ると、設計(までの)技術者に求められるのは「いい物(製品・システム)を考える(設計する)」ことだから、その業務なりプロジェクトで使うと想定される言語の実装経験など不要なはずだ。まあ、実装経験があるということは「プログラミングの勘」がある(だろう)から、設計に役立つことは多いが、なまじっか詳しいために、外注に余計な指示をして(、それが必須条件のようになって)逆効果になる場合も多い。そうでなく、一番最初の考え(アイデア・構想)や仕様検討や設計のセンスなり経験を求めればいいはずなのだが、証明も確認もなかなかできない※。例えば、条件に「画期的なアイデアを出せる方」などと書いても難しいだろう(たまに、ちょっと危ない会社が書いているがw)。結局、求人側にIT業界の階層構造が染み付いていて、「ある程度の実装経験があれば(その「上位」の)設計もちゃんとできるだろう」といった考えで、そういう条件しか出せないのかも知れない(というか、単に前例に倣っただけかもw)。

※日本にはいろいろなIT関連の資格試験はあるが、条件に指定する会社は少なく、余り重視されていないようだ。それは、そういう資格に実効性がないのがバレているからかも知れないw そうであれば、代わりに今までの経験や実績を見ればいいと思うが、特に非IT系企業では、経歴とか作例を見ても理解・評価できないのかも知れない。

それに、以前も書いたが、設計の後を外注して いい/まともなものができる可能性は低い。いくら良く考えて仕様・設計を作っても漏れ(「想定外」ってやつ)や誤りはあるし、逆に、それを防ごうとして過剰になることもある。基本的な仕様や設計が誤っていたらやり直しになるから、時間とお金の無駄だ(予算超過を心配して、さまざまな無理を通す場合もある)。過剰な設計も無駄だ。そもそも、外注のプログラマーがそれを読んで適切に実装できるほど詳細な「設計書」を書くのなら、自分で実装した方が速いだろう。USなどの有名企業が日本のようなやり方をしていないのが、証拠だ(実際に見た訳ではないが、何かの記事で読んだ(→ 先日、Amazonの例紹介した))。

脱線: 大好きな音楽に例えれば、「天才的な作曲家は自分で譜面を書かないし、弾くこともない」みたいなものだろうか? 音符を書くなんて下等・面倒なことは弟子に任せて、ひたすら曲想を語って書かせる? 曲作りの途中でも完成しても、試奏もせず(というのは、脳内に生まれた段階で完璧なので)、専属のピアニストに弾かせて記譜誤りを確認する程度? なんか、これはこれで成り立つ気もするぞw (映画「アマデウス」の「レクイエム」のシーンより想像) でもまあ、すべてのソフト技術者(設計までの人)が天才ではないし、すべてのプログラマーが天才設計者の意図を正確に汲んで的確に実装できる訳でもないから、やっぱり無理なのだ。

こうして、技術者なのに、なぜか日々ワープロやスプレッドシートなどで(それが本当に必要なのかすら良く分からない)何かの書類を書き続け、顧客(上司・部下も?)対応や外注管理でひたすらイライラ・消耗するだけのつまらない仕事に就くことになり、更に、大金を投じても動かない・使えないシステム(例: どこかのペイ: 書いたあとで、9月で終わというニュースが・・・ 合掌)が増えてしまうのだ。いろいろもったいない。。。 この良くない構造は今まで何十年も続いて来て、いい加減得策でないのは明らかだと思うのだが、いったいいつまで続くのだろうか??

まあ、何もかもうまく行かなかった訳ではなかったから、前例(成功体験)を踏襲して続いているのだろうが、きっと、無駄な費用や顧客の減少(移動)や多くの人間破壊・崩壊などが隠れているはずだ。それがGAFAの台頭とか、近頃問題とされている日本の低い生産性にも関係しているかも知れないね(ここはテキトーw)。

それではどうしたらいいかを考えると、以前も書いたように、全部自社で作る(実装する)べきだとは言わないが、日本的階層構造でフェーズごとに組織や担当を(あるいは、組織ごとにフェーズや担当を)きっちり区切るのを止めるといいのではないか。例えば試作(コンセプトを実証するもの)は内製して充分に練り、仕上げ(本物(製品)にする)を外注するとか、社員と外注の実装する人たちが渾然一体となって作る(今もSESであるだろうが、単に同じ場所に居るだけで、やっぱり線引きされていてうまくなさそうな感じだ)とかがいいように思う。オープンソースプロジェクトのように、社員も外注の人もみんなで分担してプログラムを書く・使う・問題を報告して修正・改良するってのがいいかも知れない(余りにも牧歌的だと言われそうだが・・・)。まあ、少なくとも僕は、そういうふうに仕事がしたい。

  •   0
  •   0

梅雨が空けて天気が良くなったのでドライブがしたくなり、いつもより良く寝たせいか、今朝は珍しく調子が悪くなかったので、久し振りに馴染みの上三依水生植物園に行った。標高が高いから涼しそうだと思ったのだ。

8時頃出た。行きのR119は、宇都宮を抜けた辺りから日光までほとんど一人(先頭)で、気持ち良かった。いつものように眠くなったが、今日は大丈夫だった。途中の7-11でQUICPayを試し、当然ながら、ちゃんと使えた。

10時頃着いた。外は27℃(車の気温計にて。以下同)で、意外に蒸し暑かった。平日のせいか、駐車場は空いていた。

日射しが強いうえに歩いたので暑かったが、風が吹くと涼しかった。トンボが多かった。休憩所で座っていたら、上の方に監視カメラのようなものがあって、トラブル対策し出したのかと思ったのだが、帰ってからwebページを見たら、ライブカメラのようだ(残念ながらFirefoxに対応してないようで、操作はできなかった)。1990年代後半を彷彿させる素朴なページ(でも、この素朴さは場所に合っていて悪い感じではない)を作るところでも、それなりに情報発信しようとしているようだ。でも、休んでいる人の間抜けな顔も発信されてしまいそうだが・・・w

11:30頃、車に戻った。久し振りに歩いて、気持ち良かった。木陰に置いたせいか、車内は意外に涼しかった。

12:30頃、矢板の7-11で昼食にした。冷製クリームパスタとピクルスにした。パスタのトマトクリームが意外に多かった。ここのトイレは往路に寄った店と同じようだった。更に、店内の構造も似ていたので同じ店かと思ったが、そうではないので、新しく作る店のパターンでもあるのかも知れない。

外は35℃ですごく暑かった。ただ、冷房すればちゃんと冷えたので、先日、性悪ガソリンスタンド店員が騙そうとしたように、「エアコンが効かない」なんてことは、全然ない! のだが、エアコンを止めるとすぐに暑くなった。やっぱり、車の構造の問題だろうか。

隣には、眞子さんみたいな雰囲気の娘と母親が薄ピンクのミラココアに乗っていて、なんかのどかで微笑ましかった。

(全くの余談) 昔は彼女より妹の方が好みの顔だったが、なぜか近頃は逆転し、彼女のほうが随分いい感じだ。いろいろなことが関係しているのかも知れないね。良く分からないけど、なんか可哀想だ。あと、(TVを観ないせいか、)彼女の名前の読み方を今初めて知った。二文字だったか・・・

14時頃、無事帰宅した。今日はすごく暑かった(帰路、気温が38℃にもなった)が、ほとんど危険なことは起こらず、ゆったりと気持よく走れた。走り過ぎなかったおかげで、(暑くはあったが、)それほど疲れなかった。なかなかいい感じだ。

逆説的だが、スイフトスポーツはとても安全な車だ(もちろん、運転者がマトモ・正気な場合に限るw)と感じた。走行性能に余裕があるからだろうか、普通に走る分には(もちろん、他車によるものを除いて)全然危険を感じない。でも、そうやって気を抜くのが危ないので、いつも注意はしている。帰る途中で総走行距離が55000kmを越えた。

それにしても、部屋が暑かった。室温は約32℃、外は約35℃だった(部屋の温度計にて)。なかなか冷えなかった。

約150km、6時間
IXY Digital 3000ISで撮影

(19:51, 20:13 加筆)

  •   0
  •   1

以前作って廃止した仕事用サイト、もしかしたら再就職活動の足し(例: 経歴に書く時の元ネタ、Webやアプリのサンプル)に使えるかと思ってちょっと見たくなったのだが、なかなか問屋が卸してくれなかった。WordPressでは画像などの添付ファイル以外のコンテンツはDBに入っているので、HTMLのようにブラウザで簡単には開けないのだ。そこで、一式を手元のデスクトップPCに移して、最小限でもいいから表示できるようにしようとした。

実は、サイトが生きていた時には定期的にPDFで保存していたのだが、(良くあるパターンで、)欲しいところを取ってなかったのでw、この作業をする羽目になった。

要は、WordPressのサーバ移行にからむ作業である。最初から面倒なことは分かっていたが、やる気(時間)はあった。

いろいろな作業が要るが、一番面倒なのは、文中の自サイト(自サーバ)へのリンクや画像のURLを書き換えることである。それらは大抵絶対パスのように格納されていて(例: "https://blog.piulento.net/archives/94939")、例えば新しいサーバのドメイン名やポート番号が違っていたら、問答無用で無効になってしまう。そして、WordPressは何も対処してくれない(何が正しいか分からないので、不可能だ)。

おそらく、自サイトへのリンクを付ける時に、ドメイン名などを外して相対パスのように(例: "/archives/94939")すればいいのだが、そういうサポートがないので、すぐに忘れてしまう。更に、画像のリンクは自動で付くので無理だ。

対処にはいくつかの方法があるが、コンテンツ(DB)を書き換える方法と、表示時に書き換える方法があるだろう。前者はまあ簡単だろう(置換するプラグインがあるだろうし、インポート機能でできるのかも知れない)が、移転のたびに手間が掛かるうえに、そのうちおかしくなってしまう(しかも、気付かない)可能性がある。そこで、僕は後者の、コンテンツやDBはそのままにして、表示時に変換する方式(オンザフライ)で対処したいと思った。

今気付いたが、コンテンツ中のローカルURLを相対パスのように置換すれば、オンザフライでの変換も不要になっていいかも知れない。ただ、上にも書いたように、WordPressにはそういうサポートがないので、投稿が増えるたびにそういう処理が要るだろう。

このサーバでは、(別な「小手先対処」のために)URLの書き換えをRewriteというプラグインでしているので、今回もそれが使えると思ったのだが、URL中のパスの部分だけしか変換できないようで(サーバからWordPressに来る時にそうなってしまうのか)、ポート番号は変更できかった。それで他を探したら、Real-Time Find and Replaceでできた。

なお、Rewriteは古過ぎるせいか、最新のWordPressではエラーになったので、修正が必要だった(今まで知らずに使えていたので、設定だけの問題かも知れない)。ご入用の方はお知らせ下さい。

今回は、ドメイン名は変えずに(ドメインは廃止するので、ホストテーブル(/etc/hosts)に書いて誤魔化すことにした)、スキーム("https"を"http"に)とポート番号(下例では80を9999に)を変えたので、以下のようなルールで変換するようにした。

元: @(http)(s)?:(//AAAA\.BBB)(/blog)(/.*)?@
置換後: $1:$3:9999$4$5

見ても「は??」であろうが、正規表現というもので、ワイルドカードの千倍以上便利だw 上で、"AAAA\.BBB"は元のドメイン名("AAAA.BBB")、"9999"は新しいポート番号である。例えば、元々のURL: "https://AAAA.BBB/blog/94939"(httpsはhttpでも可)は"http://AAAA.BBB:9999/blog/94939"に変換される。

なお、公開サイトで使うなどの場合のように「ちゃんと」(完全に)変換するにはいろいろな例外条件への配慮が要るが、今回は自分で見るだけなので、手を抜いた。

 

(7/31 21:40 一部の誤りを取り消し, 8/1 15:31 補足・修正)

  •   0
  •   1

全焼してしまった会社のサーバから無事にデータが回収できたそうで何よりだが、今更ながらではあるが、オンラインバックアップしておけばもっと楽に確実に残せたと思う。料金だって、例えば、僕が使っているところは格納だけならUSD0.005/(GB・月)だから、仮に10TBとしてもUSD50(約6千円)/月で、企業にしてみればすごく安いだろう。実は動画が大量にあってデータ量が膨大(1000TBとか?)だから断念したのだろうか? でも、仮に高くても、全部消失するよりはいいだろう。

それから、バックアップに使うソフトにもよるが、変更履歴も保存できるから、マルウェアによる被害(例: ランサムウェアによる暗号化)にもある程度は耐えるだろう。

「次」はないことを祈るが、是非、この機会に導入した方がいいと思う。と、聞かれてもいないのに余計なお世話を書いた。

  •   0
  •   1

非接触決済の話。先日、勝手にポイント還元率を半分にしたうえに関連会社が論外のセキュリティ意識を晒したnanacoに見切りを付けて、簡単に使い始められて年会費無料で使えるGoogle PayのSuicaにしたのだが、今更ながら、QUICPayは更に便利そうなことに気付いた(楽天カード(だったか)がGoogle PayのQUICPayに対応したという記事で、検討する気になった)。ただ、僕のクレジットカードはまだGoogle PayのQUICPayには対応しておらず、カード会社に申し込む必要があるなど使い出すのが面倒なので、一旦は止めたのだが、調べてみたら、Suicaに比べて以下のようなメリットがあることが分かった。

  • チャージ不要 (ただし、1回の使用額の上限は2万円)
  • クレジットカードのポイントが付く
  • 紛失や盗難による不正使用の補償がある。 (条件は要確認)

更に、良く考えたら、元々僕が欲しかったもの(非接触のクレジットカード、しかも、スマフォでも使える(→ 財布からカードを出さずに使える))そのものだったので、使ってみることにした。

今日届いたばかりなので、まだ初期設定しただけだ。アプリでも使える(初期設定できる)はずだが、カード会社はwebでの初期設定・操作を指示していたので、(余計なことをしていろいろな問題が起こるのは嫌だったので、)素直にそっちにした。Chromeでしか使えず(ページはOperaでも開くが、リンクを押すとChromeになってしまう)、UIがしょぼくて少しがっかりしたが、(チャージ不要なので)あまり使うこともないから、まあいい。

残念なのは、最寄りのスーパーなどが対応していないので、そこでは相変わらずクレジットカードを引っ張り出すしかないことだが、まあ仕方ない。コンビニでは(残額を気にせず)便利に使えるから良しとする。

(7/31 15:16追記) 今日、コンビニで試して無事に使えた。決済の時に「クイックペイ」という音(声)がするのは(Suicaで何も音がしない場合があるので、それに比べれば)分かりやすくていいけど、微妙に鬱陶しいような気も・・・ とりあえずSuicaを使い切ろう。Google PayのSuicaはチャージもしやすいから、それで問題ない。

 

PS. タイミングの悪いことに、今日、QUICPayの案内が届く前にSuicaにチャージしてしまったのだが、適宜使って残額を0にするか都会に行った時に使おう。田舎と違って、電車や駅では便利だw あと、カードのSuicaと違って、数か月使わなかった時に駅員さんに使えるようにしてもらう必要がなさそうなのもいい(要確認)。

PS2. 僕は、Google PayのSuicaとかQUICPayとかの構造というのか、それらがどういう関係なのか良く分かっていない(分かろうともしていないw)。きっと、Googleが(Appleに対抗したくて、)そういう企業に話を付けて、スマフォ(のFeliCaやNFC機能)とGoogleの決済システムで手軽に使えるようにしたのだろうと想像している。まあ、手軽ならなんでもいいと思う。実際、通常のモバイルSuicaは指定のクレジットカードでないと年会費が掛かるのに、こちらは無料なのはいい(正確には「モバイル」Suicaではないため)。あと、Apple Payはスマフォの電池がないと駄目らしいが、こっちは(原始的だからか)大丈夫らしいのもいい。

PS3. クレジットカードで払う時に、以前は「カードで」と言えば済んでいたのだが、近頃はいろいろな「カード」があるようなので、わざわざ「クレジットカードで」と言っているのだが、この点は不便になったw でも、まだ「カードで」で通じるのかな? クレジットカードを出して(見せて)言えばいいのか。

PS4. 僕がいち早く退会した7&iは、今日、何をトチ狂ったか、7iD全会員のパスワードをリセットしたそうだ。馬鹿だねえ。そんなことしたって単なる一時しのぎなのに。誰が被害を受けたか、正確には分からないのだろうか? やるならサービス停止でしょ。こっちはもう関係ないから高みの見物だw これについては、少しは先見の明があったと胸を張れそうだ。 (7/30 18:19)

  •   1
  •   0

岡村孝子の「夢をあきらめないで」(1987)のコメントが大変なことになっていたw

ほとんどはブログから転載したものだが、こんなに書いた人・演奏は他にあるかなぁ?

(7/29 6:41) すぐに調べられた。DB(SQLite)の条件式を自分で指定できるメリットだ。(自分で書いた)コメントの長さ第1位はルガンスキーのラフマニノフのピアノ協奏曲 第2番 (第1楽章, 2005)だった。確かに彼は大好きだ。そして、堂々の第2位がお姉さんだった。

SQLのWHERE句の後を以下のようにして、コメント(カラム名: "comment")の長さ順にソートして、上位15個を出力できる。

ORDER BY length(comment) DESC LIMIT 0,15

  •   0
  •   0

決め付けるのは良くないと思うのだが、今までに、企業なり団体なりでちょっと引っ掛かることがあると、大抵、あとでより悪いことが起こったり発覚したりしているから、嫌な予感は結構当たるように思う。ハインリッヒの法則のようなものなのだろうか。そうでなくても、要するに、腐っている兆候は頻繁に現れていて(ただ、気付く人が少ないとか余り問題にならないだけ)、最終的に本性がバレてひどいことになるのだろう。以下に、今までの経験(事前に感じた兆候と後で発覚した大きな問題)を挙げる。固有名が本質ではないので、とりあえず伏せたw

  • 猫の宅配便の会社
    • 問い合わせに一次回答なしで、営業所から回答が来た。
    • 営業所のメールがガラケー。
    • 本人確認が必要なものを確認せずに配達して、後から来ても無意味なのに確認に来ることになったが、指定日時に来ない。
    • → 顧客情報流出とザルなニ段階認証が発覚 (リンク先のページ最後の「残りを読む」 → 少し下のほうに結末「驚愕の事実が発覚」: ページでのリンクが無効になるので、このtogetterってのもクソだ!; 大変あっけらかんとした、正式な説明)
  • 「いい気分」なコンビニの会社
    • 既にSuicaなどがあったのに、使える範囲が狭くて不便な独自のFeliCaサービスを始めた。
    • コード決済を追加したら、勝手にFeliCaのポイント還元率を下げた。
    • → コード決済で不正アクセスなど惨憺たる有様。重大な問題があったのに、サービス停止すらしない。
  • ガス会社
    • 来ると言った時に来ない。
    • 道端で契約の説明とサイン。
    • → 顧客番号が長過ぎて、支払い方法設定ページでエラー
  • マイナンバー、年金: 書くまでもないw
  • ○CN
    • 質問を無視された。 → 「どうしようもない」としか言いようがない(例: Webの使い勝手が最悪)。
  • 乗っている車のメーカー
    • (物がいいのに安過ぎる? ワンマンジジイの長居?)
    • 燃費不正隠蔽問題の発覚時に顧客に直接謝罪がなかった。
    • → 長年の不正が発覚
  • 車のディーラー
    • いくつか細かい不信案件 (例: 車検証のシールを剥がす時にフロントガラスのフィルムに切り傷を付けて、黙っていた) → 車検証が行方不明になった。
  • 前の会社
    • 「紙で履歴書送れ。」 → 見事に数十年遅れていた。
    • 会社案内に「社員旅行」 → 偉い人が勝手に決めたところに連れて行かれた。しかも、思い付いた時だけ(税金対策?)。それ以外に、僕らに金を集めさせられて、企画させられた。集金開始から数年間の係は、集めるだけでずっとたらい回ししていた。
    • 綺麗な社屋(自社所有) → ワンマン社長の放漫経営。社員が清掃。
  • 前の前の会社
    • 面接で定着率を聞いたら、「近頃ほとんど辞めてない」とか曖昧な答えだった。 → 入退社が頻繁だった。
    • 大学卒で興したベンチャー → 創業者の大学とか親しい人が重用されていた。
    • 儲かったせいか、突然ビルを買っちゃったw → その後落ち目になって、人員削減し、ビルも手放したw
  • 最初の会社
    • 「会社見学」というから行ったら、なぜか一次面接会場に連れて行かれた・・・ (バブルだったせい??)
    • 住所変更の連絡をしたのに、入社手続きの書類が届かず。
    • → さまざまな体質的問題で最低だった・・・
  • 林檎社/窓社
    • 無駄に美しい/醜いデザイン → (今の有様w)
  • □ーソン
    • ポイントがバーコードで、スキャンが面倒なんだよ! (これはどこでもそうか・・・) → 解決した。(PS4参照)
    • ポイントカードの保護シートが剥がれて来た。再発行は面倒らしい。
    • → (今後何かある?)
  • YouTubeなどで人気を獲得した党
    • 党首や関係者が過去に問題行動 → 選挙後に自党の主張とバーターで与党の改憲に賛成を表明。。。
    • → その後、党首が「受信料を踏み倒す」とか豪語しているが、それじゃ単なるクソじゃん!! TVを撤去するのが筋だろうが。こんなのが議員とはね。
  • 下の部屋の母親 (団体ではないが・・・)
    • 最初に挨拶に来た時に、わずかにヤンキー・DQN的雰囲気(茶髪、すごく長い髪) → 物音がうるさい!!

わずかに問題が発現していない場合もあるが、大抵は当たっている。細かいことを何でも駄目だとすることはないが、「NGワード」みたいな、本質に繋がる事象を見逃さないことが重要そうだ。

そして、近頃就職先を探しているのだが、質問を出したり情報収集しているうちに、悪い兆候や予感を感じて、上のような経験から「推して知って」却下することが多い。以下に例を示す。

  • 質問に回答がない/小さい会社なのに返事が遅い/逆に、大きいのに速過ぎる/回答に署名・所属がない/クソ古いメーラー(「撒菱」みたいな名前wでバージョンが10年くらい前)を使っている。
  • 中途の採用試験で作文
  • 採用決定までやけに時間が掛かる。
  • 駐車場が舗装されていない。雑草が生えている。大きい会社だが、駐車場にゲートはなく、警備員も居ない。
  • 小さい会社なのに、美しい社屋を建て(てしまっ)た。
  • WebページのCopyrightの年が十年くらい前。
  • 質問したら、「その募集は採用済み」だったが、依然として募集が出たままで、継続掲載(更新)すらされている。
  • 平均勤続年数が短い(通常の半分くらい)。
  • 財務状況が不明(非公開)
  • 某原子炉会社の子会社で、製品が発火事故を起こしたが、しばらく隠蔽されていた。
  • 「遊戯」用機器の会社の部門(なぜか、全く異なる仕事)
  • 自社開発をうたっているのに、派遣事業許可を取っている (社員数に比べて本部の社員数がすごく少ない場合もあり ← 正直な方だろう)
  • 未だに履歴書(写真「貼付」)などを紙で送らせる。更に手書き指定(爆)
  • プリンターなどの斜陽産業、かつ、有名なのに名前を見ない。
  • 「裁量勤務」で残業が多い。
  • 押し売り放送や爆発原発の電力会社と深い関係

てな訳で、却下した会社が多くて、大変わがままな状況になっている。悪いところがない会社はないのは分かっているが(おそらく、日本の会社はどこでも似たようなものなのだろう)、入ってから、重要なことで「やっぱりそうだったか・・・」とがっかりするのは嫌なので、看過できない。まあ、勤めないと投獄される訳ではないからw、気長に探すしかないと思っている。

が、まだ応募もしていないのに、結構疲れるものがあるのが正直なところだ・・・

最後に、読まれた方のためになりそうなことを書くと、会社探しで一つ分かったのは、何か質問してみると、その回答の仕方や文面で結構分かることがあることだ。ただ、こちらの書き方や読解力のようなものも重要ではあるし、人事と現場は違う可能性は高い。が、会社の雰囲気とか体質はつかめる気がする(少なくとも、質問を無視・放置するような論外な会社は確実に除外できる)。あと、Googleマップの航空写真やストリートビューで会社の建物や周囲を見るのも、意外に参考になった。

今はまだ、「採用されればどこでもいい」人が多いのかも知れないが、入ってから嫌な思いをして病むよりは、あらかじめ危険を予測して避ける方がいいと思う。ただ、それで生活できなくなってしまうのは大変だから、難しい。事前に確かめる手として、もし会社が近いなら、アルバイトやパートなどで入ってみると良さそうだ。

 

PS. 転職サイトの口コミを読むと、想像通り、大きいところは古臭くて硬く、小さいところはワンマン経営のようだ。探す地域が北関東だから都会より遅れているせいもありそうだが、興味の持てる仕事で会社の体質が悪くないような、「丁度いいところ」は滅多にない。

PS2. この投稿は、最初の例に挙げた記事を読んで書く気になった。

PS3. 平均勤続年数は、例外を除き、どこも(口コミで悪く書かれているところすら)20年前後と長くて不思議に思っていたが、どうやら、余りあてにならない気がして来た。一旦慣れたら、辞めるよりは残った方が得策だからだ(そして、勤続年数は残っている人しか計算しないから、大量に採用しない限り、短くならないのではないか)。それよりも新卒(中途でもいい)の定着率(例: 3年後にどれだけ残っているか)の方が重要そうだが、出しているところは少ない。だから、そういうところはいい会社なのかも知れない。

PS4. ローソンについて(ここでは名前が重要なので、固有名を出す): その後、暇つぶしにスマフォのおサイフケータイアプリを見ていたら、「モバイルローソン」という仕組みがあり、それを使うとFeliCa(Suicaなど)での支払いと同時にポイントを受け取れる(バーコードのスキャン不要)ので、まさに財布からカードを出す必要がなくなることが分かったので、早速登録した。ただ、手順が結構分かりにくく、「ローソンアプリ」をインストールし、「ローソンID」を作成し、それにPontaカードを登録する必要があった。それでも、2段階認証があるなど、セキュリティーについては真面目にやっていそうだった。 (8/4 13:09)

  •   0
  •   0