Archive for the ‘日記’ Category

(技術的な詳細を書くのは大変だし、セキュリティ面の心配もあるので簡略化した)

僕はPC(Linux)とスマフォ(Android)でカレンダーを共有している(Googleなどは使わず、自分のサーバで実現している)のだが、ずっと、些細だけどムカつく「アラーム重複問題」に悩まされて来た。その現象を以下に書く。

  1. カレンダーの予定の通知時刻になると、LinuxのLightningとAndroidのカレンダーアプリ(DigiCal)から、同時または順次アラームが出る(省電力機能のためか、Androidは少し遅れることが多い)。
  2. 部屋に居る場合、Lightningのアラームを先に停め、遅れて出たAndroidのを停める。
  3. これで終わりならいいのだが、1分くらいすると、Androidのアラームが再び出る。 → イラっとする。

まったく鬱陶しいこの問題を、なかなか解決出来ずに居た。

まあ、部屋に居なければ問題は起こらないし、Androidのアラームを無視して停めなければいいのだが、今は勤めていないので部屋に居ることが多いし、性格上、アラームを停めないとLEDが点滅し続ける※のを見過ごす訳にはいかないw

※カレンダーアプリによっては、通知時刻からある程度時間が経つとアラームやLEDが自動で(勝手に)消えるものもあるが、それだと予定に気付かずに過ごしてしまう可能性があるので、消えないものを選んで使っている。

今まで何度も試したり調べたりしたのだが、その原因が昨日ようやく分かった。一言で書けば、LightningとAndroidのカレンダーアプリ・同期プログラムの相性だ。そして、どのプログラムも他に換えることができない。Lightningは僕にしてみれば最低レベルで使えるLinuxのカレンダーアプリで、それよりまともなものを探したがない。一方、Androidのアプリも同期プログラムも他にいいものがない。それでもいろいろ試したのだが、使い勝手、機能、性能、消費電力や通信データ量などが「許せる」もので問題が解決するものはなかった。

そういう訳で、昨日は随分試行錯誤したものの、結局、「解決不能」という結論になってしまった。

以下に、昨日の調査の結果推定した問題の起こる流れと、(その流れを前提として)問題を解決するために試したことを書く。

問題の起こる流れ

  1. 予定の通知の時刻になる。
  2. Lightningがアラームを出す。
  3. 僕がアラームを停める。
  4. Lightningは、なぜか、その予定をサーバに更新する(書き込む)。: おそらく、「アラームを停めた」という状態を保存するためだろう。
  5. DigiCalがアラームを出す。
  6. 僕がアラームを停める。
  7. DigiCalとカレンダー同期プログラムは、なぜか、サーバに更新を問い合わせる。: おそらく、省電力機能のために同期間隔が設定より長くなっていて、「起きたついでに」するのだろう。
  8. カレンダー同期プログラムは、サーバにLightningが更新した予定(アラームを停めたもの)があるので、それを取得する。
  9. 更新された予定がDigiCalに伝わり、予定の通知の時刻を少し過ぎているだけなので、DigiCalは(再度)アラームを出す。: 通知の時刻を大幅に過ぎている場合は出ないはず。

試したこと

  • Lightningが更新する処理に割り込んで、更新したように見せかけて、実は(サーバ内の情報を)更新しないようにした。 → Lightningは、更新後、御丁寧にも再度その予定を取得して確認し、更新されていないことに気付くのか(パニックになるのか)、アラームを停めてもダイアログが消えない。: 失敗
  • 同じく、Lightningが更新する処理に割り込んで、サーバ内の情報を更新する時に、Lightningが使いそうな部分だけ変更する(残りは元のままにする)ようにしてみた。 → Androidのカレンダー同期プログラムは、更新内容に関わらず書き込まれただけで変更されたとみなすようで、やっぱり、DigiCalはアラームを出す。: 失敗
  • 同じく、中身を何も変更せずに更新しても、上記の理由で駄目だった。: 失敗

LightningもDigiCalとカレンダー同期プログラムも、押し付けがましい余計なお世話をしてくれるので手こずっている(しかも、そういうのを解除できる設定などない)。もっとテキトーでいいのだがw

他には、Lightningがサーバへの書き込み後に行なう、本当に書き込まれたかの確認の処理に割り込んで、アラーム停止後はLightningが期待するように見せ掛けるようにし※、実際にはサーバには書き込まないようにすることが考えられるが、結局、カレンダーサーバの処理の一部を作るようなもので、大変だし、いつまで動くか分からない(いずれかの要素の動作が変わったら、駄目になる可能性が高い)など馬鹿らしいので、止めた。あとは、サーバのプログラムを改造することも考えられるが、上と同様の理由で止めた。

※今朝はこの処理の準備として、Lightningとサーバ間の通信パケットを見て、Lightningはアラーム停止後にどんな処理をしている(どんな情報を取得している)のか詳しく調べようかとも思ったのだが、勝算はないし面倒なので止めた。

まあ、気にしないのが一番なんだろうな。それができれば苦労しないんだがw

 

(10/7 13:20 わずかに修正)

  •   1
  •   0

小林よしのりは「侮辱」と書いたが、僕は、音楽としては無意味、何もおもしろくないと思う。AIだか何だか知らないが(せいぜいヴォーカロイドの改良版でないか)、過去のデータから「それらしく」歌い、しゃべれるようになっても、それにどんな創造性があるのだろうか。単なる自動演奏ではないか。感動した人も居るそうだが、信じられない。それらしければいいのか?

まあ、それらしい歌い方で新曲を聞ければうれしい人も居るのかも知れないが、少なくともそれは芸術ではないだろう。僕は、人がするから芸術だと思う。機械がするのは、音楽なら「演奏」ではあっても、「再生」の類ではないか。というのは、僕が思う芸術の出発点は、人が何かを表現したい気持ちであって、AIにそういう気持ちが生じるとはとても思えないのだ(もちろん、擬似的にはできるだろう)。

でも、あと数年後には、音楽なら機械(AI)による演奏が市民権を得て(というのは、ライブじゃなければ一回(「録音」に相当する時に)演奏すれば充分なので、その時だけ人間みたいな、というか、その機械らしい(= その機械の個性による)表現ができればいいからだ。ライブだって、今は口パクが多いようなので、機械で全く問題ないのかも知れない・・・)、ヒットチャートに上がるような気がしてならない。まあ、その暁には、今の握手とかでCDを売る下らない連中が追い払われるから却って価値があるかもねw と思ったが、AIは実体がないからTVなどに出られないから駄目か・・・ と思ったが、いや、その頃にはきっと不気味の谷が克服されているから大丈夫だろう。僕はそういうのは全く嫌だがw

 

PS. 侮辱ということなら、モーツァルトなど大昔の人は(上とは別の意味で)侮辱されまくりだろうw でも、何度も書いているように、僕はそれでいいと思っている。

  •   0
  •   0

アトキンソンの論はいつも賛成しながら読んでいる。しかし、今回のは基本的には正しいが、「中小企業を減らせば生産性が上がる」という意見は正しくなさそうだ。Ceronに載った意見を読んで気付いた。

というのは、(USはいざ知らず、)日本の大企業の生産性が高いとは限らないからだ。大企業は未だに日本独特の(「ガラパゴス的」な)論理・やり方なので、大抵は生産性が低いだろうし(例: 余計なことが多過ぎる)、自分ではほとんど何もせずに下請けに回すから、技術だって少ない。下請けの最後は中小だから、それがなくなったらどうするんだろうか? 下請けだった中小を吸収し、外注を止めて全部内製にするならいいことだが、まず無理だろう。

更に、彼の記事に書いてある中小の悪いことは、ほとんどそのまま大企業にもある。それに、大企業なんて何をするにも遅いのに、どうして生産性がいいのだろうとも思う(これは別の観点なのかも知れない。彼は単純に数値上のパフォーマンスだけを言っているのだろう)。僕に言わせれば、「碌な大企業はない」(かといって、中小がいいとも言えないが)のだ。

だから、小さい企業を減らしても日本の生産性は上がらない。実は彼も、彼が叩いている、本末転倒ばかりの日本の政治・社会と似たようなことを言っているように思う。でもまあ、確かに小さい会社よりは大企業にスケールメリットがあるので、集約すれば少しは上がる可能性はあるだろう。ただ、そういう集約が働く人にとっていいかは別だ(これは彼の論点ではないだろう)。

そして最後の、

日本経済を立て直すためにも、古い常識や”神話”を捨てて、数字と事実に基づく要因分析を、すべての国民が受け入れる時期にさしかかっているのです。

は正しい。中小を集約しようとする前に、大企業に対しても「数字と事実に基づく要因分析」をするべきだろう。でも、そうしたら、結局ほとんど残らないのかも知れないね。。。

 

(10/10 17:15) 僕の意見とは直接繋がらないかも知れないが、やっぱり、アトキンソンの論にはおかしいところがあるようだ。それなりにちゃんとしている(と思われる)方が突っ込んでいる。その中で一番強力だったのは、USは最低賃金が低いにも関わらず生産性が高いのを隠していることだ。それでご自分の言う、「数字と事実に基づく」と言えるのか? まあ、僕は最低賃金はどうでもいいけど、都合の悪い事実を隠すのは最低だと思う。やっぱり、いかがわしい証○会社出身とか「(悪い)US人」だってこと? あるいは、ロジャーズと同じように、この方向に自分に利するところがあるのか? (← まったく数字にも事実にも基づかない想像w) 言っていることには概ね賛成なのに残念だ。

あと、僕が「そういう集約が働く人にとっていいかは別だ(これは彼の論点ではないだろう)」と書いたことは間違ってはいなかったようで、上の参照記事の著者(城)によれば、「アトキンソンの論では労働者の存在が完全に欠落している」とのことだ。それじゃあ、「生産性向上」とか言っても「絵に描いた餅」とか「虎を出して下さい」の世界、あるいは、上意下達でなんでもできると思い込む、日本の悪いやり方そのものだと思う。それじゃ無理だろう。。。

 

PS. この投稿も数字と事実に基づく要因分析をしていないので、実はやっぱり彼が正しい可能性はあるのかも知れない。

PS2. 大企業がクソなのは僕が常々言っているとおりだという、最新例 (元記事はなくなるかも・・・ あと、大変厳しいことを言うが、元記事の人は弱過ぎる。そんなことではどうしたって無理だ)

元記事がなくなることに備えて、(不治痛のイタさを)引用(余分な改行・空行は削除した。太字は筆者)する:

そこで地獄を見た
うちの会社はプログラミングやDockerの知識などいらなかったのです。
ただ、うえからの命令に従うだけの組織だったのです。
年功序列、これほどこのフレーズが似合う組織はないでしょう。

(略)

私の持っている技術やテクニックなど、この会社は求めていなかったのです。
私は入る会社を間違えました。

まさに、僕がいつも言っているとおりだ! 本文に書いたとおり、大企業はガラパゴスだし技術はない。

それにしても、こういう記事・投稿が山ほどあるのは、本当に、日本(の(有名な)会社)には何も期待できないという気にしかならないが、それでいいのか?

ただ、弱者を叩きたくはないが、"Docker"とか"VCS"とか"ssh"なんて細かいことはどうだっていいと思うよ、オジさんは。「駄目」だって言われたらやらなければいいだけだよ。そして、言われたとおりにしている振りして、自分でやりたいようにやればいいじゃん。なお、それ以上にやりたい放題をしていた僕は、見事に飛ばされたという話はあるwww (19:44)

  •   0
  •   1

事務は最高、社長は最低。。。

何とも残念だし、「もったいない」としか言いようがない。先月速攻で辞めた会社の事務の方は、今までで最高だった。僕ですら文句の付けようがない。二番目の会社の最後の人事の担当者もちゃんとしていたし親切だったが、こちらには負けるだろう。(三番目の会社では、トップと親しいだけで偉ぶる無能なババアだったが、それは書かなくてもいいことだw)

応募や面接の時に、事務系のトップの方とやり取りしたり話したりしたら、コミュニケーションがちゃんとしていて、仕事の仕方は随分しっかりしていつつも柔軟な印象だったので、それで「いい会社」と思ったのが大きいだろう(確かに、その面では間違ってはいなかった)。しかし、事務の方たちがいくらまともでも、(その方たちと開発ができる訳ではないから、)個人企業のトップ(、しかも技術系)がクソ駄目だったら、仕事の(内容はともかく、)仕方はおろか、会社の本質が良くなる可能性は全くなく、今までの苦痛やストレスに起因して心身を壊すことの繰り返しになるので、働き続けるべきでないと判断したのは間違っていない。

車に例えれば、外見は美しいしかっこ良くて速そうだし、内装も綺麗でフル装備なんだけど、エンジンを見たら、40年前のOHVがオイルまみれで汚れて載っていたという感じかw

まあ、前回(最後のところ)は、(ちゃんとした事務系の方には申し訳ないが、)世の中には感心するほどまともな事務の方が居ることが分かったのが収穫だ。とは言え、実際に会社を探す時にはそんなことは分かりようがない(せいぜい、質問への回答で推測する程度だろう)し、それをメインに選ぶ訳にも行かないが。

種明かしになるが、事務の方たちはプロパーではなく外部の方だ。どういう訳か、事務系のトップはある士業の事務所の経営者なので(そういう業務を受託しているのだろう)、推測だが、事務の担当者はその事務所の人あるいは関係者が派遣されているのではないか。仕事はきっちり丁寧だし、言葉遣いが感動するほどちゃんとしていて、普通に採用されたそこら辺の人ではあり得ない、まさに「プロ」のレベルなのだ。そして、あのトップがそういう人を見付けられるはずがないし、そんな指導ができる訳がない。

そんな訳で、辞める時に、事務の方たちには感心したことやありがたく思っていることを伝えたので、決して事務関係に問題があって辞めた訳ではないことは伝わったであろう。

 

PS. 一つだけ残念だったのは、最初から最後まで、その人たちが「正体」を明かさなかったことだ。実際にそこの社員として仕事をしているから嘘ではないのだが、何となく気持ちが悪かった(事務系のトップの名前で検索すると、その人の顔写真付きで事務所が出てくるのに・・・)。

ついでに書くが、もう一個。おそらくあそこは社員が居着かなくて、ずっと僕みたいな入っては辞めを繰り返している気がするが、そういう素振りを全く見せなかったのは残念というか、逆にすごいと思ったw

PS2. まずないだろうが、もし何かその士業の仕事を頼む必要が生じたら、その方のところを候補にできそうだ。なかなか高そうだけどw

  •   0
  •   0

少し前からドライブに行きたくてうずうずしていたのだが、眠かったり気分が乗らなかったりして、なかなか行けなかった。が、昨日はいい具合に調子が良く、行く気になった。

少し前に地図で行き先を調べていた時に偶然見付けた、道の駅 はなわというところに行くことにした。特にそこに何かある訳ではなかったのだが、距離が適当だった(約80km)のと、地図で経路を見た時に、途中までほぼ一直線の道(八溝グリーンライン: 地図の左下から右上までを40°くらいで走る直線)で行ける※のが妙でおもしろそうだったので、決めた。

※経路は右下隅が鋭角に突き出てしまっているが、地図で調べた時はそこはショートカットされていて、右隅で北上するまで直線だった。ナビが太い道に誘導してしまったようで、当然僕はそんなことなんて分からなかったのだが、ちょっと残念ではある。

9時ちょっと過ぎに出発した。遅目だったので、通勤ラッシュは大丈夫だったが、八溝グリーンラインに入るまでは結構混んでいた。グリーンラインは以前通ったことがあるような気もしたが、のどかで走りやすくて気持ち良かった。10時頃の気温は24℃程度だったが、日射しが強いせいか暑かった。先週末頃から彼岸花の時期のようで、昨日も至るところで彼岸花が咲いていて、鮮やかで綺麗だった。

11時ちょっと前に道の駅 だいごに着き、昼食にした。「ここは去年に来たのを覚えている」と書いたところで調べたら、実は今年の2月だったw 食堂の開始時間になってもなかなか開かないと思ったら、そこの時計が全部進んでいたようだw 2月においしかったランチはなかったので、高いけどその分おいしそうな雰囲気を醸し出して居た奥久慈しゃも親子丼にした。1300円もした。券を買う時、自販機にうっかり1円玉を入れたら詰まってしまって、返却ボタンを押しても1円から先が出て来ず、慌てた。まだ人がほとんど居なかったので、迷惑にならずに済んだ。道の駅の中も食堂ものどかだった。肝心の親子丼は味が濃過ぎる感じだったが、肉はおいしかった。ただ、今にして思えば、値段の価値があったかは疑問だ。その点、先日のランチは良かった。

そこの駐車場で、近頃話題らしい「トナラー」に遭った。駐車場はガラ空きなのにわざわざ隣に駐めに来て、気持ち悪かった。どこに駐めるのも自由だけど、もっと空いてるところの方が気楽だと思うのだが・・・ それに、車がないと停めにくいような人が横に来たら却って心配だ。その車が居なくなったら、すぐに別の車が来た。トナラーは全盛らしい。もしかして、黄色は目立つから、つい横に行きたくなるのか?w

そこから目的地までは約24kmと、意外に遠かった。途中から、特に山道で、度々音楽を停めて無音にした。近頃はそれもいい。音楽は好きだけど、良く聴きもしないのに流すのは意味がないと思うようになった。無駄遣いみたいなものだ。あと、脳内でも(断片的に)演奏できるし、無心に運転するのもいい。

12:20頃、道の駅 はなわに着いた。出る前は遠いと思っていたのだが、意外に速かった。40分くらいで着いた。手前はしばらく市街地(町内)だったが、走り易かった。予想どおり特に何もないところだったのに、妙に駐車場が混んでいた。昼時のせいだろうか?

ここもここまでの道も以前来た・通った気がするのだが、思い出せない。江竜田の滝に行ったのかと思ったのだが、調べても記録にはなかった。道の駅の名前でも出て来なかった。不思議だ。

12:40頃、帰ることにした。まだ疲れていなかったので、(高速でなく)白河経由で一般道で帰ることにした。途中、以前パトカーもどきに後ろに付かれたと思われる道では、昨日もパトカーが走っていた。どうやら、警察署があるからではないか。

出た時はR294を通ろうと思っていたのだが、途中で寄ったコンビニから出やすい方に道があり、地図を見たら行けそうで気が向いたので、県道76号(地図の「白河」から南に下る道。「那須塩原」の東でR294に合流する)に逸れた。福島県内はすごく走りやすかったのだが、栃木に入ったら途端に狭くなってしまった。が、のどかで気持ち良く走れた。この道は3年前の秋に通ったことがあって、その時寄った旧白河の関の前も通った。この辺りも、やっぱり彼岸花が満開だった。群生地の看板を何枚か見た。

16時頃、無事に帰宅した。意外に、(というか、遠回りしたので普通に)遠かったが、のんびり走って気持ち良かった。遅い車は結構居たが、それほどイライラせず、危ないこともなかった(帰路の細道で気を遣った程度)。いつもは「田舎は駄目だ」などと言ってはいるが、こういう時にのどかに走れるのはいい。途中まではガソリンが全然減らないと思っていたのだが、着いたら約1目盛り減っていた。リニアでないのだろう。帰ったら、室内も外も暑かった(気温: 30.5℃)。

途中で寄ったコンビニでの支払いにQUICPayを指定するのに、いつも戸惑った(なぜか名前が出てこなかった・・・)。スマフォだけでもSuicaとか(止めたけど)nanacoとかいろいろあるせいか。

今日もポルテ(車。最新でなく、前の型がいい)が気になった。あれは癒やし系の車だからではないかと気付いた。そして、いつか中身だけ強力にチューンして3倍速い 赤いポルテwで峠に行き、スポーティーな車を「は? なんでポルテがそんなに速いんだ?!」と驚かせたいと思った。でも、まずありえない。そもそもひ弱な車なので、改造の費用がすごいことになりそうだw 一方、僕の車は いつものようにすごく滑らかに走っていた。総走行距離は5.6万kmくらいになった。

約200km、6.5時間。
AQUOS sense liteで撮影。

  •   0
  •   0

今朝、この言葉を思い出した。

政治家だの役人は、国民を猿程度と思っているのだろう。ポイント還元やプレミアム商品券なんてそんなものだ。誰得の軽減税率とあいまって、お店の人はさぞかし苦労することだろう。でもまあ、猿扱いされていることに気付かずに、あるいは気付いてもなぜか怒らずに支持する連中(怒りもしないんだから、猿以下?)が多いんだから、仕方ないわな。

昨日、やけにドラッグストアが混んでたと思ったら、増税前の「駆け込み」だったのかも知れない。夕方にはトイレットペーパー(大きい包装)を2個も自転車のカゴに(無理に)載せて、ふらふら走っていたオバサンを見た。何とも言えない・・・

「人参の皮も有効利用しよう」とか書いてた新聞もあったらしいが、それでどのくらいの効果があるか疑問だし、仮にそれでしのげたとして、次の増税時はどうすればいいんだろうか? 空気を活用?w そもそも、そうやって出費を減らすことを奨励したら、税収は減るし景気も悪くなって逆効果だろう。経済新聞なのにいろいろ頭が悪いと思う。

 

PS. 今日(10/1)、外出してコンビニを使ったのだが、増税されたはずなのに、キャッシュレスでの還元(あったのかも不明)やら店(コンビニ)の値引きやら軽減税率やらで、一体、何%なんだか全く分からなかったから、二回目以降はレシートを見て確認する気も起こらなかった(後で気付いたのだが、10%になったとは言いつつ、食品は増税されずに8%だったのだ。でも、いろいろややこしくて理解する気になれなかったのだ)。それでいいのだろうか? そうこうしているうちに、細かい誤りがあったりしても誰も気付かないとかありそうだ。

そして、食品の軽減税率の「デファクトスタンダード」は、持ち帰りとイートインで値段を変えて、客の支払い額を同じにすることだろう(最寄りのスーパーはそうなっていた)。客にはそれが一番いい(面倒だから、いちいち「これは何」なんて言いたくないけど※、嘘つきとか脱税呼ばわりされたくないからね)。店は損なのだろうか? (良く分からない。ただ、それをサポートする仕組みはかなり複雑になって、その分の費用は掛かっただろう。おそらく、同じ金額なら誰も申告しないから(店も期待してない)、全くの無駄なのだが・・・)

※もし、食べ物を10個くらい買って、半分は中で食べ、残りは持ち帰りすることにしたら、どうなるんだろうか?? しかも、高齢者で、いちいち「えーと」とか言って時間が掛かってたら。更に、還元されるからと、使えもしないバーコード決済をやろうとして、チャージまでし出したら・・・ レジの人はとんでもなく面倒だし、後ろの客の血圧は急上昇しそうなそうな気がするが・・・ まさに阿鼻叫喚だね。

本当にセンスが悪い、クレイジーな決まりなのだが、何もかもお利口な役人のせいだ。 ← Windowsを出し続けて来たMSの連中といい勝負かも知れない。 (10/1 19:44, 21:57)

PS2. そうこうしているうちに、「朝令暮改」にならないのだろうか?w (10/1 19:55)

  •   0
  •   0

「家に猫がいません。」とか「猫が乗ってません。」ってのが欲しい! 欲しいがないw あるのは「特に誰も乗ってません」程度。しかも、「特に−」は正しくないので駄目だw

結局、表したいのは「猫が好きです(けど、世話できません)。」な訳で、だったら、そういう直接的なのにすればいいと思うが、そこが猫好きのひねくれたところなんだろうw

でも、仮に手に入れても自分の車に貼ることはなさそうだw さすがに、いい歳して恥ずかしい気がする。

 

ステッカーの話なのでついでに書くが、赤ちゃんが熊みたいな服を着ている"Baby in car"は好きだ。ただ、道では良く見るのだが(一つ前のフリードに多いイメージ)、検索しても、なぜかなかなか出てこない。あったのはリンクしたものくらいだが、もうちょっと違う感じの気がする。

近頃は、どういう訳か、この種のステッカー(を貼る人)にすら難癖つける人が居るようで、さすがに理解できない。初心者・高齢者マークと同様の注意喚起でいいと思うのだが。見るだけで気分が悪くなるのか?

そればかりか、「英語が違う」とか言って偉そうにしている人も居るが、日本だし(外国にそのまま走りに行ける状況なら、話は違う)、記号的なものだし、(僕もどう書けばいいのか分からないからw)別にいいじゃんと思う。「記号的」と書いて気付いたが、アイコンと一緒で文字を書かなければいいのかも知れない。それなら外国でも通用する。それでも「意味不明」とか言う人は居そうだが。

 

英語の話に脱線するが、そうやって、「間違っている」とか「和製英語だ」っていちいちうるさい人が居て(近頃、そういう記事が多い気がする。他にも「*は英語で何と言う」みたいなのも)、言われた方も、恥ずかしがってしまうのか、そういうのを妙に気にするから、日本人は何十年掛けても英語が使えないのではないか。正しい英語を使うようにする気持ちは必要だが、それ以上に、手段を選ばずに伝える気持ちの方が重要だと思う(公式・公的な会話・文書などでは別)。まあ、そういう気持ちが少ない人も多いような気はするが・・・

会話なら、仮に和製英語を使っても、変な顔されたり、「何?」と聞かれたり、通じていないのが分かれば言い直せばいいし、文章なら、書いたあとでチェックとか検索して修正すればいいではないか。

それにしても、そうやって指摘する人って、常に文法書や辞書に沿った「正しい英語」を使えるのかねえ(ところで、その「正しい英語」ってのは、いつの時代のどこの英語なのだろうか?)。本当にそういう人が居るのならすごいと思うが(意味はあるのかとも思う)。だって、日本語だって難しいよ。

PS. 「気持ちの方が重要」とは書きつつ、思い出した。近所の美容室の看板に書かれた英単語(中学生レベル)の綴りが間違っている(文字が一個不足している)のを見るにつけ、何とも「田舎だなぁ」という気分になり、「今まで(これからもずっと?)誰も気付かなかったんかい!?」と思う。 これは上で言えば「公式な文書」に近いし、そもそも「店を示す大事な看板なんだから、もっとしっかりしろよ!」って言いたくなる。

でもまあ、あの林檎社ですら、Macの綴りは誤りだったというくらいなので、日本ならなんでもありか?w (21:30)

  •   0
  •   0

先日買ったUSBオーディオインタフェース Focusrite Scarlett Solo (以下Scarlett)のファームウェアは、制御アプリ(Focusrite Control、以下FC)で自動確認・ダウンロードしている訳ではなく、ユーザが適宜webサイトを見て更新に気付いたら、自分でFCをダウンロード・インストールする必要があり、それを実行すれば通知が出ることが分かった。また、更新されたファームウェアはFCのインストール時に展開されることも分かった。

自分でwebサイトを見て更新をチェックするのは面倒だし(絶対に忘れる)、僕は基本的にWindowsを使っていないから、FCを動かすこと自体が面倒だ。とはいえ、ファームウェアはそれほど頻繁に変わらないだろうし、問題に気付いた時にチェックする程度で充分だろう。そもそも、僕はScarlettをたまにしか使わないw それでもおもしろそうだったので、自動で更新チェックとダウンロードができるようにしてみた。

もちろんFocusriteのサイトにAPIがある訳でもないので、いつもながらの古色蒼然としたスクレーピングなどを駆使して更新をチェックすることにした。以下に手順を示す(いつもと同様、こういうニッチなことに需要があるとは思えないので、概要とか概念(、そしてLinuxがいかに便利かw)の紹介に留めた)。

  1. Focusriteのダウンロードページ(製品ごとにURLが違うので、指定しやすい)をダウンロードする。
    • Scarlett Solo(3G)の例: https://customer.focusrite.com/support/downloads?brand=Focusrite&product_by_type=1365&download_type=software
  2. ダウンロードしたページ(HTML)を解析してFCのバージョンを調べる。
    • FCバージョンの記載例: <h3>Focusrite Control Windows - 3.4.0</h3> : 太字がFCのバージョン
  3. あらかじめ保存しておいた現在のFCバージョンと異なっていたら、あるいは、現在のFCバージョンが保存されていなかったら、FCをダウンロードする。ダウンロードURLは上記ページ中にある。
    • FCのダウンロードURLの記載例: href="/sites/customer/files/downloads/Focusrite%20Control-3.4.0.exe"
  4. ダウンロードしたFCを展開し、中のデバイス記述ファイル(XML)を取得する。
    • FCのインストーラーは(今のところ、)Inno Setupというプログラムで作られているので、Linuxでは(実際にインストールしなくても、)innoextractというプログラムで中身を展開できる。
    • デバイス記述ファイル名の例: app/Server/Resources/Devices/Scarlett Solo (3rd Gen).xml
  5. デバイス記述ファイルを解析して、ファームウェア(以下、FW)のバージョンを調べる。
    • FWバージョンの記載例: <segment name="App_Upgrade" nickname="App" version="1552" file="SctG3_Solo.bin" encrypted="true"> : 太字がFWのバージョン
  6. あらかじめ保存しておいた現在のFWバージョンと異なっていたら、あるいは、現在のFWバージョンが保存されていなかったら、FWが更新されていると通知する。
  7. FCとFWのバージョンが変わっていたら、どこかに保存する。

ページのURL、スクレーピング、HTMLの解析、インストーラーの展開、ファイル名の決め打ち、XMLの解析など、多くの点でひ弱(Focusrite側の変更に弱い)ではあるが、他に方法がないので仕方ない。まあ、変更が頻繁でない限りは便利だろう。今は動作確認中だが、問題なかったら、4日に1回程度チェックするようにcrontabに設定しようと思っている。

なお、もしFWが更新されていた場合には、(試行錯誤の挙句ノートPCにインストールした)本物のWindowsにFCをインストールし、それにScarlettを接続してFWを更新しようと思っている。

  •   0
  •   0

夜、爆音がうるさかったので、ふと外を見たらリモコン数十台が走っていた・・・

っていうベタなことはなくw

昨日、扇風機のリモコンが動かなくなった。てっきり、もう何年も使っているから電池(ボタン型)が切れたのだろうと思って買おうと思ったのだが、電圧を測ったらちゃんと3Vあった。試しに一旦抜いてみても直らなかったので、負荷が掛かると電圧が下がってしまうのだろうと思った。

近くのスーパーや100円ショップで買おうと思っていたのだが、出る前に通販サイトを見たら、意外に安かった(100円くらい)ので、そっちに気が変わった。のだが、どういう訳か、ふと思いついて、駄目元でリモコンの光をチェックしてみた(肉眼では見えないが、デジカメ(スマフォのでも良い)では見えるのだ)。すると、ずっと点灯していた。最初は、ボタンを押しても変化がないので、点灯していないように見えたのだが、他のリモコンと比べたら、実は点灯し続けていたことが分かった。

なぜか、リモコンが誤動作して(コンピュータ関係では、誤動作を「暴走」と言うことがある)、光が出たままになっていたようだ。それで、再び電池を入れ直したら、見事に復活した(連続点灯の写真を撮りたかったのだが、意外にも直って再現しないので、写真はない)。

どうして光が出たままになったのかは分からない。やっぱり電池がなくなって来て、電圧低下で誤動作したのかも知れないし、振動や(振動などで)ゴミが入ったりしたのか、リモコン本体の劣化なのかも知れない。いずれにしても「様子見」になり、今日は再発せず、ちゃんと使えている。

わずか100円のことだが、買いに行ったり注文する手間が省けて得した気分だ。それ以上に、こういうこともあるのだというおもしろさとか経験値が増加した(次回は、電圧以外に光も確認する知識が得られた)楽しさが大きいw

 

(9/28 8:41 わずかに補足)

  •   0
  •   0

訳あって(まあ、訳もなく何かを作る人も少ないがw)、題に書いた機能が欲しくなった。が、調べても(プラグインでも)できないようだったので、自分で何とかした。

少し詳しく書くと、WordPress(およびプラグイン)では、サイト全体または投稿ごとににコメントできるかどうかの設定はできるが、既にコメントがある投稿をコメントできないようにすると、過去のコメントが表示されなくなってしまう。それは嫌なので、過去のコメントは表示されたまま、新しいコメントを投稿できないようにした。実装中に気付いたのだが、コメントの表示や投稿欄はテーマごとに実装している(新しいテーマはそうでないのかも知れないが、調べてはいない)ために、WordPressの設定やプラグインでは不可能なのかも知れない。

なお、「コメントの手動承認」を必須にすれば、新しいコメントは即座には表示されなくなるが、いちいち捨てるのは手間だし、(説明を読まずに)不可なのを知らずに投稿する人が出そうだから良くない。

いろいろなやり方はあるだろうが、以前、投稿の期限切れ処理をしないようにした時と同様に(結構安直に)、対象の投稿にタグで「コメント追加不可」をマークし、コメント表示・投稿ページでは、マークされている場合にはコメント投稿欄を表示しないようにして、新しいコメントを投稿できないようにした※。また、本ブログのWordPressの登録ユーザー(といっても自分だけだが)は引き続きコメントの追加ができるようにして、保守できるようにした。なお、コメント追加不可のタグは""とした。

※本ブログではタグを使っていないので、このような利用方法が可能である。

参考までに、以下にコメント表示・投稿ページでの追加処理に関係する関数などを挙げる。

  • 投稿($post)のタグ一覧の取得
    • $tags= wp_get_post_tags($post->ID);
  • 「コメント追加不可」タグが設定されているかの判定: 取得した投稿のタグのスラグが「コメント追加不可」タグのスラグ(RO_COMM_SLUGとする)と一致するかどうか(スラグ以外も使用可能と思う)。
    • $tags[N]->{"slug"} == RO_COMM_SLUG : Nはタグのインデックス(0..)。
  • WordPressのユーザーID: $user_ID (テーマの中などで使用可能)

なお、この機能はコメント投稿欄を表示しないだけなので、裏技を使えば投稿できそうな気がするが、不可にしているのに投稿して来たら問答無用でスパムにしてブロックすればいいので、大きな問題はない。

  •   0
  •   0