Archive for the ‘日記’ Category

2016-猫後ろ姿-PiuLento-1

昨年は本ブログをご覧頂き、ありがとうございました。いつもの方々はもちろん、MusicBee関係で来て下さる方が増えて、張り合いがあります。今年も、日々思ったことやドライブ・PC/スマフォ・音楽・オーディオ関連、そして、いろいろな実験のメモを書いていきたいと思います。まとまりのないブログですが、おもしろそうなところをお読み頂ければ幸いです。

昨年(実際には2015年の年末に書いているのですが)を振り返ると、9割は良い年だったのですが、車をぶつけられて文字通り凹んだり、年末に人間関係の問題がいろいろあって、今は少々不調です。まあ、世の中うまくばかりは行かないということでしょう。嫌なことはなるべく早く忘れたいです。

ところで、昨年の年頭のご挨拶を振り返ると、

今年の目標は、毎年すっかり忘れるので、立てません。まあ、強いて言えば、事故を起こさず、怪我をせず、病気にならずに、余りブチ切れずに過ごすことでしょうか。これって「無病息災」? 我ながら年寄りじみて来ました(笑)。

とあります。事故は起きましたが、起こした訳ではなかったですし、怪我はせず大きな病気にもならなかったのが良かったです。が、結構ブチ切れました。これは仕方ないですね。。。

今年もまあ、目標など立てずに、日々あるがままに過ごします。でも、なるべく楽しく過ごしたいです。欲張りかも知れませんが。

以下、余談です。

  • さんざん迷ったのですが、中学の友達のMFくんとYIくんに年賀状を出すのは止めました。いくら親しかったからといって、子どもの頃数年しか付き合ってないのに、何十年も経っていきなり出したら、もらった相手は困惑するのではないかと思ったのです。出すとすれば、同窓会などで再会して、その後何度か会うようになってからでしょう。
  • 上の黒猫のイラスト(2015年分に使わなかったフリー素材)は気に入っているのですが、紙の年賀状は別の猫のイラストにしました。さすがに、「尻を向けた猫」は目上の方には失礼だと思ったので。
  • 紙の年賀状の印刷を2015年分と同じ会社(イロドリ)に頼んだら、その時のポイントが1000点以上(ボーナスポイントかも)あったので、24枚で1800円くらいでできました。作業もかなり速くて、とてもいい会社です。
  •   0
  •   4

スマフォのカレンダーのフェッチの実験(半ば飽きつつも続けている)をしながら、待ち時間に松田聖子のベスト"Bible"を聴いている。初期の曲(「青い珊瑚礁」、「風は秋色」、「チェリーブラッサム」、「夏の扉」などなど)は乗りが良くて、とても楽しい。が、当時は何十年も経ってからナツメロ(あるいはクラシック)として聴くなんて、考えてもいなかった。これって、もっと年配の人が美空ひばりとかを聴くのと同じ状況じゃないだろうか。

とてもシュールだと思った。

PS. 今の人で、上の曲が分かる人はどのくらいいるのだろうか? 30代の人だって、生まれる前後の曲ばかりだが、さすがに有名だから分かるか。

  •   0
  •   2

自分のことではなく、iPhone(iOS)のCalDAV(カレンダー)のデータ取得のことである。

数日前から、寝る前にPCで設定した予定(イベント)が、起きてもiPhoneのカレンダーに反映されていない(開始時刻になっても通知が出ていなかった)ことに気付き、原因や対処方法を見つけようと格闘して来たのだが、未だに良く分かっていない。

現象

  • データの取得方法が「フェッチ」なのにも関わらず、数時間前にiPhone以外(PC)で設定した予定(イベント)が、iPhoneのカレンダーに反映されていないことがある。
  • 設定後、iPhoneのカレンダーアプリを開けば(起動すれば)、問題は起こらない(反映される)。

内部動作の推測

  • iOSのCalDAVクライアントは、設定されたフェッチ周期を無視して、自分の都合でサーバからデータを取得する(例: 設定は30分なのに、 実際には30分~2時間。大抵、段々長くなる)。なお、しばらくフェッチがなかった後にカレンダーアプリを開けば、その時にフェッチされる。
  • カレンダーアプリのバックグラウンド更新間隔(起床間隔)は長く(30分~1時間?)、フェッチされたデータは、すぐにはカレンダーアプリに反映されない(カレンダーアプリを開けば、即座に反映される)。

※この内部動作(推測)を見ていると、「どーせ誰も使ってないんだから、少しくらい(フェッチを)さぼってもいいじゃん。気が向いたらやるからさあ。アプリだって寝てるしさ。」というiOSのつぶやきが聞こえて来る。。。

その他に分かったこと

  • 無効化しているかフェッチ間隔が「手動」のCalDAVアカウントがあるサーバの他のアカウントからも、フェッチしない。: 最初の問題の原因だった。
  • iOSの標準カレンダーアプリが使用するカレンダーをなしにすると、別のカレンダーアプリを動かしていてもフェッチしない。
  • カレンダーアプリがデータを更新しようとしないと、フェッチしないようだ。
  • 標準カレンダーアプリは、(長時間)スリープ中にフェッチしなかったり、フェッチ周期が伸びたりする。

試した設定1

  • 同じCalDAVサーバのすべてのアカウントを「フェッチ」にする。
  • 標準カレンダーアプリに加えて、Fantastical 2をバックグラウンド更新ありで動かす。
  • 標準カレンダーアプリの使用するカレンダーを、登録しているすべてのCalDAVのカレンダーにする。
  • 標準カレンダーアプリではすべてのカレンダーの通知が出てしまうので、通知はoffにし、Fantastical 2で通知を出す。

iOSでは、OSがなまじっかCalDAVに対応しているので、CalDAV対応のカレンダーアプリは(調べた限り)なく、また、標準カレンダーアプリがOSから独立していないために、この問題をちゃんと解決するのはとても難しそうだ。上の設定は4時間程度うまく働いているが、明日の朝どうなっているか、心配である。

一晩動かしてみたら、フェッチ周期はほぼ30分以内となっていて、信じられないくらいちゃんとフェッチしていた。が、消費電力が多目な感じだった。標準アプリと並行してFantastical 2が動作しているからかも知れない。もう少しチューニングしたい。(12/28 8:24)

なお、Googleカレンダーに対応しているアプリはあるので、一旦、Googleを経由するといいのかも知れない。が、Google依存を止めるためにCalDAVを使っているので、僕にとっては本末転倒である。

PS. 以前使っていたiPhone 4Sでは起こっていなかったので、近頃のマルチタスク対応のiOSの問題なのかも知れない。

(12/28 3:46, 12/29 6:17 一部修正, 12/28 8:24,8:35 加筆, 12/29 14:22 一部修正)

  •   0
  •   1

以前、危ない目に遭った交差点(押しボタン式信号)で、また同じような目に遭った。一台が左から無理に右折して出て来たのでブレーキを踏んだら、それに乗じて右からも右折で入ろうとする車があった。それを待てば次々と左右から出て来て、ずっと待つことになり、歩行者が来たらそのうち赤になって、交差点内に取り残されるのが分かっていたので(前回はそうだった)、通さずに突っ切った。危なかったと思うのだが、一体どうすれば良かったのだろう?

いずれにしても、無事で良かった。。。

  •   0
  •   0

Windowsはもう終わり。10のゴリ押しには辟易している。Windowsでしか動かないアプリがあるから使っているが、そうでなければ、こんなに鬱陶しいOSを使うのは止めて、すぐにでもLinuxに移行したい。(もちろん、Macだって鬱陶しいから嫌だ。)

PCパーツも、もうすぐ売れなくなるだろう(既にそうなのかも知れないが)。僕自身、買う必要性を感じていない。今のPCは4年くらいになるが、全く性能に不自由を感じていないのだ。壊れたら、その部品を交換するだろうが、その程度だ。

要は、PCビジネスは終わりってことだ。

  •   0
  •   0

内容など全く知らないが、キャラの猫がとにかく可愛くない。あれは本当に猫なのか。特に以下の点が気に入らない。

  • 頬のカーブが憎たらしい。
  • 額の柄が幽霊をイメージしているのだろうが、おかしい。
  • 瞳が真ん丸なのがおかしい。

あと、画像を見て初めて気付いたが、以下も嫌だ。

  • 牙が可愛くない。
  • 尻尾が二本
  • 水筒、腹巻は余計
  • 人魂も嫌
  • 手足の指が無い。

是非、猫好きの方々のご意見を頂きたい。

  •   0
  •   0

GPSロガーアプリをLogLocationsに決めたので、少し遠出がしたくなり、地図を眺めて、茨城の花貫ダムに行くことにした。途中の山道が良さそうだったからだ。

実は、LogLocationsに関しては、今朝、記録停止後に電池が減る現象が再発したので、駄目かも知れないという気がして、一旦見捨てたSpottizmo!も同時に使ってみることにした。

7:20頃出発した。かなり寒く、9時頃まで気温は0℃より上がらなかった。Spottizmo!はやっぱり駄目で、この時点で5点しか記録していなかった(LogLocationsは11点)。それで、関係ないとは思ったが、設定のモーションの調整とコンパスとフィットネスをonにした。

常陸太田で眠くなったので、チョコ(ベイク)とお茶にした。ベイクが甘くて結構おいしかった。Spottizmo!は全然駄目で、まだ7点だった(LogLocationsは14点)。それでも、もう少し続けることにした。

常陸太田から花貫ダムまでのR461は最高だった。「どうせいつものように途中から細道になるのだろう」と思っていたら、終わりまで双方向の2車線で、とても走りやすかった。しかも、目的地に着く直前まで、前に車が居なかった。また行きたいが、ちょっと遠いのが難点だ。

10:20頃、ダムに着いたのだが、意外なことに、駐車場が一杯で停められなかった。詰めれば一台分くらいは空いているのだが、他の車(ワンボックス数台!)が枠を守らずにいい加減な停め方をしていたせいだ。まあ、ダム自体に思い入れはないので諦めて、ちょっと通り過ぎたところのコンビニ(セブンイレブン高萩安良川店)に行った。この頃になると、日射しが強く、暑くなって来た。

帰路に就く前に、折角だから、近くにある「おてまき記念の森」というところに寄ってみた。特に何もなかった。植樹祭に関係しているのだろうが、天皇が植樹したというだけで、未来永劫、膨大な維持費が掛かり続けるのではないだろうか。その辺りは森というより、公園になっていた。なんかズレているような気がするが、まあ、本質は別にあるのかも知れない。ちなみに、高校生の頃、無線部で、顧問の先生と、野外活動をする山に行く車中で、「『植樹』祭なのに道路を広げるなんて、なんかおかしいですね」という会話をしたのを、昨日、県民の森に行く時に思い出した。

ここまで約3時間走って来ても、Spottizmo!はたった8点しか記録しておらず(LogLocationsは17点)、さすがに無駄なので止めた。想像通り、ある程度の時間停止した所しか記録していない。それでいい人は多いのだろうが、僕の目的である、ドライブの経路の記録には使えない。

行く前は、帰りも別の山道(R349→R293)を行くことを考えていたのだが、既に満足していたし、ちょっと疲れたから危ないので、高速で帰ることにした。高速から海が見えた。海を見るのは久しぶりだった。

11:20頃、小腹が空いたので、ひたち中央PAでねぎトロ巻きを食べた。店から車に戻る途中で、スピードを出して入って来た昔のGT-R(1.4t以上もの重さのある車にはあまり興味がないので分からないが、R33だろうか)が、停める時に勢い余ってフロントをプラのポールに軽くぶつけたのを目撃してしまった。ドライバーは岩城滉一みたいな、ちょい悪な感じのおじさんだった。

PAを出て少し行ったところで、さっきのGT-Rがすごいスピードと音で走り抜けて行った。さすがだが、免許はいつまで持つのだろうかw

その後は、例によって眠くなって困ったので、 田野PAでうたた寝などをして1時間近く休んだら、眠けが覚めた。休んでいる時に隣に停めた車のお母さんが、子どもがこちらにドアをぶつけないように気配りしてくれた。先日、コンビニで気付いたら軽くぶつけられていたのと、今日はそれまで余りいい人に会わなかったので、うれしくなった。

14時頃帰宅した。 高速は退屈で眠気が辛かったが、無事に着いた。さすがに、土日続けてのドライブは無理があったようだ。帰り道に掛かった森高の「その後の私」や"Get smile"や「青春」が良かった。それらの曲をリアルタイムで聴いた訳じゃないのだが、バブル期を思い出してしまう。

約240km、約6.5時間。

2015-12-20 14.08.17_サイズ変更

左から右へ、時計回り。

PS. LogLocationsの記録停止後に電池が減る現象については、まだ対処方法が分かっていないのだが、アプリを止める他に、位置情報へのアクセス許可をoffにして試している。今のところはうまく行っているが、充電するとぶり返したりするので、気が抜けない・・・

上の方法はうまく行ったようだ。ちょっと手間だが、他にいいアプリがないので仕方ない。(12/21 19:33)

  •   0
  •   0

しばらく山を走ってなかったので、先日、宇都宮北部と今市の間の山間部を周回するのを計画したのだが、もう少したっぷり走りたかったので、矢板市にある県民の森まで延長した。ついでに、GPSロガーアプリのLogLocationsとMovesの消費電力と経路記録を比較した。一応、LogLocationsに決めたのだが、まだMovesも気になっていたので、実際のドライブでどのくらい違うか確かめたのだ。

7時頃出発した。道は空いているのだが、遅い車が多かった。まあ、仕方ない。 途中で寄ったコンビニで、加温したお茶が「予約」されていて、ほうじ茶が買えなかった。予約ってなんなんだろう? 何かの催しで沢山必要だったのか。仕方ないので、コーヒーにした。

8:30頃、 県民の森に着いた。さっきのコンビニからは空いていて、気持ち良かった。山らしく、雪がちらほらしていた。季節外れだからだろう、閑散としていた。

下りも当然空いていて、やっぱり気持ち良かった。今回は下りの方がうまく走れた。道に慣れたからだろうか。宇都宮北部と今市の間の山間部はまあまあだったが、距離が短くて物足りない気はした。10:30頃帰宅した。

約115km、約3.5時間。
IXY Digital 3000ISで撮影。

さて、LogLocationsとMovesの比較だが、記録された経路の忠実度については、ある程度の距離を走れば、LogLocationsはMovesに遜色ないことが分かった。もちろん、記録間隔※が長いので細かいところは飛んでしまうが、大きな問題ではない。

消費電力は、LogLocationsの圧勝だ。同時に動かしていたので推定値(全体の電池消費率をそれぞれのアプリの使用率で按分した)だが、以下のように、LogLocationsはMovesの約1/2.6となった。

  • LogLocations: 1.6%/時
  • Moves: 4.3%/時

なので、やはり今後はLogLocationsを使うことにする。また、LogLocationsの記録終了後にアプリを終了させれば、記録終了後も電力を食う問題は起こらないことを確認した。(→ 追加情報あり。12/22 7:26)

※位置記録の間隔は以下のとおりだった。ドライブで6分間隔なら、問題ないと思う。

  • LogLocations: 6分/点
  • Moves: 2.5分/点

この間隔の違い(約1:2.4)は、消費電力にそのまま反映されているようだ。GPSは電気を食うんだな。

  •   1
  •   0

iPhoneに戻ってから、さまざまなGPSロガーアプリを評価したので、それをまとめる。なお、私は、経路記録の忠実さよりも、低消費電力であること(=長時間使えること)を重視している。スマフォは電池がなくなったらお仕舞いだから、経路記録の忠実さを求めるなら、単体のGPSロガーを使うべきだと思う。

評価手順・内容

評価の手順や内容は、以下のとおりである。ただし、評価を進めるうちに内容を若干変えたりしたので、全部同じ条件とは限らない。

1. 事前評価

家の室内(通信=Wi-Fi)で、静止・放置状態で1時間程度記録した時の電力消費率を測る。それが大きければ(2%/時以内が目安)、それ以上の評価はしない。

2. 会社での評価

会社への通勤と、会社の室内(通信=LTE)で普通に使った時の電力消費率を(可能なら1時間ごとに)測る。それが大きければ(3%/時以内が目安)、それ以上の評価はしない。また、通勤経路での記録点数や、どの程度忠実に記録されるかも評価する。更に、使い勝手や経路表示の見やすさも評価する。

3. 小ドライブでの評価

近場(上三川や白沢付近)を車で走り、電力消費率と、記録点数と記録された経路の忠実性や経路表示の見やすさを評価する。電力消費率が大きければ(4%/時以内が目安)、それ以上の評価はしない。

4. ドライブでの評価

遠方(往復約3-4時間)まで車で走り、電力消費率と、記録点数と記録された経路の忠実性や経路表示の見やすさを評価する。

評価したアプリ

  1. GPS-Tracker Pro
  2. 僕の来た道
  3. LogLocations
  4. Spottizmo!
  5. GPS-Trk
  6. GPS trk2
  7. TrackRec
  8. Geo Logger GPX
  9. Record my GPS position
  10. DNA GPX Recorder
  11. Easy Trails GPS+ Lite
  12. GPS自動ログ
  13. 移動履歴
  14. Ryotei
  15. Record my GPS position
  16. Rugged.io
  17. Tracks Logger
  18. ZweiteGPS
  19. Moves
  20. GPSTracker
  21. myTracks - The GPS-Logger
  22. Geotag Photos Pro2

評価結果

事前評価を通過したもののみを書く。

アプリ名 電力消費率 (%/時) 記録点数、経路の忠実さ 経路表示 使い勝手、その他 総合評価
会社 ドライブ
僕の来た道 2.3 4.7 △: 点数少ない。留まった地点だけを記録している。 ×: 地図表示がとてもしょぼい。 GPXエクスポート不可だが、Evernoteに地図画像を送ることは可能。 ×
LogLocations 1.6 2.9 △: 点数少ないが、まあまあ忠実。 ×: 地図表示はしょぼい。 記録を停めた後に消費電力が上がる。GPXエクスポート可(メール)
Spottizmo! 2.2 2.7 ×: 点数かなり少ない。留まった地点だけを記録している。 ×: 地図表示はしょぼい。 有料。GPXエクスポート可 ×
Ryotei 5.1 3.9 〇: 点数多く、経路は忠実 〇: 地図表示はとても良い。 有料。記録開始時に最大記録時間を設定するのが面倒。LTEでの静止時に消費電力がかなり増える。GPXエクスポート可 △~×
移動履歴 5.3 〇: 点数多く、経路は忠実 〇: 地図表示はとても良い。 GPXエクスポート不可 ×
GPSTracker ×: 点数かなり少ない 5分間隔で記録したのに、30分程度外出しても1点しか記録されていなかった。 ×
Moves 2.8  4.3 〇: 経路は忠実 △: 地図表示は良いが、経路の線が薄灰色で目立たない。 移動中は消費電力が多い。モーションセンサを使っている。一日分全部の地図を表示するのが面倒。GPXエクスポート不可(外部サービス利用で可能だが、結構面倒)。
myTracks (ダイアリーモード) 1.7 △: 点数少ない。留まった地点だけを記録している。 △: 地図(OpenStreetMaps)の地名が小さくて見にくい。 1個ずつなら、GPXエクスポートが可能(複数一括は有料)。
GeoTag Photos Pro 2 2.7 △: 点数少ない。留まった地点だけを記録している? myTracksのダイアリーモードと変わらない感じなのに、電池は大幅に食う。 ×

電力消費のグラフ

会社(通勤+静止)

放電特性-会社-2

 

ドライブ

放電特性-ドライブ

縦軸: 正規化電池残量(%)
横軸: 経過時間 (時間)

(12/19 10:54 Movesのドライブでの電力消費率を追記, 2016/2/29 19:27 myTracksのGPXエクスポート機能を修正)

  •   0
  •   1

ここ数日、会社でイライラしたり忙しかったりで、ブログを書けなかった。それでも、GPSロガーアプリの評価は続けていた。

前回は、一旦LogLocationsに決めたのだが、記録終了後に消費電力が増える問題が見つかったので却下した。それで、以下のアプリを評価した。主な評価ポイントは、消費電力と記録された経路の忠実さだ。

  • myTracks (通常モード)
  • Spottizmo! (精度 100m)
  • myTracks (ダイアリーモード)
  • Geotag Photos Pro 2

myTracks (通常モード, 精度100m, 5分間隔)は、静止時に消費電力が6%/時と大きいので、却下した。

Spottizmo! (精度 100m)は、相変わらず記録点数が少なくて、全く話にならなかった。一体どういう趣旨のアプリなのだろうか。良くお金を取れるものだと思う。

myTracks (ダイアリーモード)は、会社での消費電力はLogLocations並みに少ない(1.7%/時)のだが、経路が良くない。ある程度の時間留まった地点だけを記録しているようで、信号間が直線でつながってしまう。それでもまあ、LogLocationsと五十歩百歩だったのだが、 地図(OpenStreetMaps)の文字が小さくて、ブログに貼った時にどこなのか分からないので、却下した。

Geotag Photos Pro 2は、経路はmyTracksのダイアリーモードと変わらない感じなのに、消費電力は会社で2.7%/時とかなり大きいので、却下した。

候補がなくなってしまったので、LogLocationsの記録終了後に消費電力が増えない方法を模索したところ、記録終了後にLogLocationsを終了すれば、問題なくなることが分かった。更に、LogLocationsの位置情報へのアクセス許可をoffにするのも有効かも知れないが、未確認だ。(← 効果があった。: 12/21 19:34)

結局、LogLocationsに決めた。若干問題があるものの、低消費電力と経路の(ある程度の)忠実さを兼ね備えるという点では、これに勝るものはないのではないだろうか。長い道のりだった。。。

最後に、線が多くて見にくいが、今までに試した主なアプリの電力消費のグラフを載せる。主に会社(通勤と静止状態)で評価した。縦軸が正規化した電池残量(%)、横軸は経過時間である。LogLocationsの消費電力の低さには、本当に感心する。

放電特性-会社

※LogLocationsに決定後、「コンパスの調整」と「位置情報に基づく通知」をoffにした。おそらく使われていないためだ。最終的に、onにしているシステムサービスは、「iPhoneを探す」、「Wi-Fiネットワーク」、「携帯電話通信網検索」だ。

(12/17 7:13 加筆・修正)

  •   0
  •   0

GPSロガーアプリの評価も大詰めで、今回はLogLocationsの設定に問題ないことの確認に走った。

候補地はいくつかあった。

  1. 米沢 (すき焼き)
  2. 佐野のデニーズ (和食)
  3. 宇都宮北部から今市の山道を周回
  4. まぁちゃん拉麺 (埼玉、「茶ラーメン」)

1と3は、寝不足で危険だから止めた。

2は、デニーズのページを調べたら、「天ぷらと蕎麦、和食に特化」と書いてあって、がっかりした。天ぷらと蕎麦じゃ、普通の蕎麦屋とかでいいと思ったのだ。

4は、ちょっと遠いし、駐車場があるか心配だったので、またの機会にした。

という訳で、更に地図を調べて、実家のある鹿沼市に目をやったら、突然、高校の同級生Mくんの住んでいたFという地名(粟野の地域内にある)を思い出したので、おもしろい物は全くないのだが、そこに行ってみることにした。それから、以前会社のKさんが妹さんたちと行ったと話していたので、どこかの道の駅に行こうと思い、適当な距離のところを探したら、道の駅しもつけがあったので、そこにした。

8:20頃出発した。ナビに道の駅しもつけが入ってなくて、設定に手間取った。

Mくんの住んでいたF地区はもちろん、お家が郵便局だったOくんや、同じ部の学年が一つ上で、とても可愛かったNさんの住んでいた地区も通過して、みんな今は何しているのだろうかと思った。

9:43頃、道の駅しもつけに着いた。小腹が空いたので、たい焼きを買った。150円。作り置きで皮がへにゃへにゃで、論外だった。朝だから混雑してる訳じゃないのに、何でそうやって手を抜くのだろうか。この時間から作り置きしたら、混む頃には全く駄目になるんじゃないか?

10:40頃、帰宅した。道は大体空いていて、まあまあ楽しかったが、寝不足だったので、ちょっと疲れた。

約75km、約2時間。
iPhone 6sで撮影。

  •   0
  •   2

先日より二転三転していたiPhoneのGPSロガーアプリが、今朝、決着した。LogLocationsに決めた。

消費電力の点から、最終的にLogLocationsとSpottizmo!のどちらかになったので、上三川までの往復1時間弱の軽いドライブで、それらを同時に動かして比較した。

結果はLogLocationsの圧勝だった。消費電力は同等だったが、記録点数が断然違っていた。

  • LogLocations: 5点 (9.2分/点)
  • Spottizmo!: 2点 (23分/点)

まあ、地図(近場なので載せない)を見るとどちらもポイントがまばらで低レベルの戦いではあったのだが、とにかく、比べればLogLocationsの方が良かった。

なので、今後もLogLocationsを使うことにした。

以下、決めるまでに少し調べて分かったことを書く。

LogLocationsは、iOSの"Significant-Change Location Service"という、位置が大きく変化した時に通知される機能を使っている(Spottizmo!もそうなのだろう)。この機能は、通常の位置測定機能と違って消費電力が少ないそうだ。

ただ、近頃試した時、やけに記録点数が少なかったので、システムの利用する位置情報サービスを減らし過ぎたせいかと思って調べたら、Significant-Change Location Serviceは携帯基地局とWi-Fiの情報を使うらしい。なので、どちらも関係ないとは思うのだが、位置情報設定の「携帯電話網検索」と「Wi-Fiネットワーク」をonにすることにした。

前者は、いつもdocomoに繋がっているのだから、電話網を検索することはほとんどないだろう。が、電気は食わないことが分かっているし、docomoが繋がらないような辺鄙な場所で利用されるかも知れないから、onにすることにした。

後者については、こんな田舎で公開Wi-Fiアクセスポイントなんてほとんどないし、車で移動していたらそんなのを捕まえる暇はないから、無駄だろう。が、onにしておいても電気は食わないし、散歩の時や都会に行った時に利用されるかも知れないから、onにすることにした。

もちろん、どちらの設定も、Significant-Change Location Serviceに反映される確証はない(調べても分からなかった)。まあ、それでも、デメリットはないので、いつもの「ダメモト」である。

なお、消費電力を削減するため、LogLocationsの「モバイルデータ通信」はoffにした。Onにしておくと、地点を記録する時に、そこの住所や地名をインターネットで検索するからだ。それを見ることはないから無駄なので、offにした。また、確証はないが、Spottizmo!の記録地点が少なかったのは「モバイルデータ通信」をoffにしたせいかも知れない。

PS. 散歩ではどう記録されるのかちょっと気になっているので、昼にでもチェックしよう。

午後、散歩でLogLocationsを評価した。今度は、気になっていたので、「モバイルデータ通信」をonにしてみた。すると、記録点数(距離に対する記録密度)が増えた。

  • モバイルデータ通信off(徒歩): 1km/点
  • モバイルデータ通信on(徒歩): 667m/点

記録密度が約1.5倍になったので、効果があったと考えられる(おそらく、住所や地名を調べようとして通信しようとするが、モバイルデータ通信がoffなので失敗し、それに時間が掛かっているのではないか)。そこで、明日、 ドライブで確認してみたい。その時、記録間隔を0mにしたら電池を食うかと、「Wi-Fiネットワーク」と「携帯電話網検索」がoffでも問題ないかも調べたい。(15:27)

ちょっと走って確かめたら、いろいろ分かった。

  • 「携帯電話網検索」と「Wi-Fiネットワーク」がoffでは位置が記録されない。
  • LogLocationsの記録間隔を0mにすると、位置が記録されないことがある。
  • (運転中は)消費電力はとても少ない。2時間で1%未満だった。

「携帯電話網検索」については推測が外れて、docomoに繋がっている状態でも、この機能をoffにすると位置の変化を取得できなくなるようだ(なお、「携帯電話網検索」と「Wi-Fiネットワーク」は両方一緒にon/offしたので、「Wi-Fiネットワーク」の有効性は確かではない)。

以上より、以下の設定がLogLocationsで最も安定して記録できそうなことが分かった。

  • 位置情報サービスの「携帯電話網検索」と「Wi-Fiネットワーク」: on
  • LogLocationsのモバイルデータ通信: on
  • LogLocationsの記録間隔(「これ以上移動したら表示する」): 100m

位置情報サービスについては、何がSignificant-Change Location Serviceに使われているか分からないので、念のため、位置変化の検出に関係しそうな以下もonにすることにした。

  • コンパスの調整
  • モーションの調整と距離
  • 位置情報に基づく通知

(21:23, 12/13 6:34)

設定の最終確認に、県内(粟野→道の駅しもつけ)を走って来た。結局、一番最初と同様の結果となった。まあ、当たり前か。

約75km、約2時間
記録点数: 15

5km/点、8分/点

2015-12-13 10.22.10_サイズ変更

参考: 最初(渡良瀬遊水地に行った時):
約56km、約100分
記録点数: 15

3.7km/点、6.7分/点

記録密度が下がっているが、帰路の国道4号バイパスの点数(右側の縦のまばらな3点)が少ないせいだ。もし、往路だけなら、

約51km、約80分
記録点数: 12

4.3km/点、6.7分/点

となり、記録の時間間隔は全く同じだ。距離間隔は走行速度に比例するので、変わって当然だろう。

※国道4号バイパスでの記録点数が少ないのは謎だが、高速で走っていると、低速の時に比べて無線基地局が変わりにくいからかも知れない(直感とは逆だが)。あるいは、バイパスは高架なので電波が安定しているから、無線基地局が変わりにくいのだろうか。

という訳で、LogLocationsのこの設定が最適ということにする。「雨降って地固まる」か? (12/13 11:58)

ところが、決めてから大どんでん返しがあった。LogLocationsで記録した後、静止状態かつ記録をしていないにも関わらず、消費電力が増える(1.6-3%/時程度になる)問題が見つかったので、仕方なくSpottizmo!を使うしかなくなった。LogLocationsは古いアプリだから、iOS9に対応してないのかも知れない。全く残念な限りだ。(12/13 15:10, 16:28)

  •   0
  •   0

ある友人(だった人)を忘年会に誘ったのだが、「忙しいから返事が遅れる」という回答の後、数週間連絡がなかったので、参加する気がないとみなして、「忘年会は止める」と送ったら、いろいろな言い訳(いかに自分は忙しいか)と一緒に、「(連絡は)メールじゃなくLINEでして欲しい」と書いてきた。

何を言ってるんだろう? メールのようなのんびりしたメディアですら返事ができない人が、LINEで即答できるのだろうか。僕には理解できない。LINEの本質を理解してないからだろうか。いや、そんな人をLINEで誘ったところで、「既読スルー」が関の山だろう。

そもそも、連絡手段はどうだっていいことだ。それよりも不愉快なことに、「(負担になるので)もう誘ってくれなくていいです」と書いてきたので、「手段は関係なく、もう連絡しないので安心して下さい」と返して、アドレス帳から削除した。

その人がそんなに余裕がないことは、返事のメールにしか書かれてなかったし、しつこく誘った訳ではない。それなのに、僕の誘いがものすごい負担だったように書かれていたのは、全く心外なことだった。

まあ、余裕がないからそうなるのだろうが、もう少し冷静になって欲しかったと思う。結局、僕はこっちが思う程、親しく思われてなかったんだろうな。結構長い付き合いだったのだが。

  •   0
  •   0

しつこく低消費電力のiPhoneのGPSロガーアプリを探していたら、Movesというのを見つけた。本来はGPSロガーでなく、歩数などの活動量を記録するのが目的のアプリなのだが、モーションセンサを使って動いているかの判断をしているそうなので、ちょっと期待して(動いていない時はGPSを動かさないのではないかと思った)、会社で評価してみた。

結果としては、消費電力は良くはなかったが悪くもなかった。電力消費率は2.8%/時、推定使用可能時間は36時間だった。なお、モーションセンサをoffにしても消費電力は余り変わらなかった。今までの分と合わせた電力消費のグラフを載せる。

放電特性-会社-Moves

Ryoteiよりは良いが、「僕の来た道」よりも悪い。推定使用可能時間が辛うじて24時間を超えていたので、ドライブで試すことも考えられたのだが、使い勝手が今一つだったので、ひとまず却下した。というのは、以下の難点があるからだ。

  • 一日分全部の地図を表示するのが面倒(静止期間で分割されるため)。
  • 経路の線が灰色で分かりにくい。
  • GPXのエクスポートは、外部サービスとDropBoxを利用しなければならないので結構面倒。
  • 静止期間でGPXが分割されていて、MapPathでは一度で開けない(GPXViewerやGMapToolsならOK)。

GPSロガーアプリでないのだから仕方ないのかも知れないが、もったいないと思った。

  •   0
  •   0

JL

日本時間の今日(米国時間の1980/12/8)は、ジョンの命日だ。近頃は、彼の音楽(特にソロ)や生き方は余り好みに合わなくなっているのだが、それでも、昔の僕に大きな影響を及ぼした人であることは間違いない。

彼は、前の投稿に書いたような「イタい人」ではなかった。どちらかと言えば、カッコいいとかスマートな系統の人だったと思う。そういうところが、近頃の好みに合わなくなっている原因なのかも知れない。

  •   0
  •   2

昨夜、ふと思い出したこと。

良く言われていることだろうが、

大林宣彦

Jeff Lynne

は似ている。

どちらもいい人なんだろうか。一度、3人で会ってみたい気もする(が、そんな機会はないだろうな)。

ちなみに、年齢は大林さん(77歳)の方がJeff(67歳)より10歳年上のようだ。

PS. あ、ここからが(後付けの)本題かも知れない。僕は、二人には共通点があると思う。「イタい」ことだ。顔は似てないし、故人だが、フレディーもそうだった。大林さんの映画は今観るととてもイタい。ジェフの音楽も大変甘くてイタい。フレディーなんて、書く必要がない程だ。そして、みんな決してスマートじゃない。だから、今まで散々にこき下ろされている/いたことだろう。でも、彼らは決して自分のやり方を変えない/かった。僕は、そういう、自分の世界を強く持った人に惹かれる。(19:44)

  •   2
  •   3

GPSロガーアプリ評価のドライブ、先週はちょっと走り過ぎて風邪が悪化したので、短距離にした(実は、昨夜、Ryoteiを試したくてどうしようもなくて1時間程走ったのだが)。

最初は佐野のデニーズを考えた。和食を始めたらしいので。ただ、1.5時間も掛けて行く価値があるか少し疑問になったので、次に地図を見て、草木湖(群馬県)を考えたのだが、ちょっと遠そうなので、茨城県を探した。すると、県立自然公園(東茨城郡城里町)というのが目に留まった。が、ストリートビューで見たらそこまでの道がやけに細かったので、止めた。それから、水戸市森林公園が目に入ったが、何となくメジャーそうで家族連れが多そうだったので、止めた。それから、同じく水戸の豚斬りらーめんに行きたかったのだが、今日はそれ程肉が食べたくなかったのと、駐車場が狭そうな気がしたので、止めた。最終的に、県立自然公園付近の藤井川ダムに行くことにした。別にダムが好きな訳ではないが、湖があって駐車場がありそうだから、良く目的地にするのだ。

8時頃出た。行きは、全般的には前回同様のどかに走れた。が、意識してなかったのだが、途中にツインリンクもてぎがあって、今日は催し物があったらしく、入口の手前が渋滞していた。それでも1.5時間くらいで着いた。天気が良く、青空が気持ち良かった。ただ、写真の空は少し綺麗過ぎるように思う。

ダムはまあ、特にこれといったことはなかった。ダムの上の道は細かったうえに車が通るので、歩くのは止めた。近くにホロルの湯という施設があったので、休憩に寄った。老人たちが、温泉が開く(10時らしい)のを待っていた。場内の遊歩道を歩いてみたのだが、誰かの別荘のらしき門の柵の向こうに、紅葉がとても綺麗な木があった。

帰りは、高齢者らしい軽ワゴンと農作業の軽トラに次々と行く手を阻まれて、ちょっとイライラした。路肩が広い所で避けてくれれば、お互いに気持ちいいと思うのだが、そんな義務はないから仕方ない。 ただ、軽トラはこっちが走っているのに横から出てきて遅かったから、大変ムカついた。老人で距離感覚がないのか、とても厚かましい人なんだろうな。ツインリンクもてぎを避けるためにちょっと遠回りしたので、1:45くらい掛かった。12時ころ帰宅した。

約113km、約4時間。
iPhone 6sで撮影。

(18:20 若干修正・加筆)

PS. 今日はGPSアプリの評価用ドライブだったので、それほど写真を撮ることもないと思って、デジカメ(IXY Digital 3000IS)は持たずに行き、iPhone 6sで撮影したのだが、デジカメの方が画質が良いように感じる。Nexus 4よりはいいけど、特に発色の自然さや露出の柔軟性がデジカメに負けている印象だ。(18:30)

  •   0
  •   1

GPSロガーアプリはLogLocationsに決めたはずなのだが、やっぱり記録点数が少なくて、特に短距離の時に経路表示がしょぼいのが嫌だった。そこで、昨夜と今日、もう2つ試してみた。有料(500円)のRyotei(昨夜)と「移動履歴」(今日)だ。

どちらも経路表示に関しては申し分なかったのだが、消費電力が問題になった。

以下に、それぞれとLogLocationsの電力消費率と推定使用可能時間を書く。また、前回の分と合わせた電力消費のグラフも載せる。

  • Ryotei: 3.9%/時、26時間
  • 移動履歴: 5.3%/時、19時間
  • LogLocations: 2.9%/時、35時間

放電特性-GPS-ドライブ2

「移動履歴」は、消費電力が多過ぎて(「僕の来た道」より多い)問題外だった。Ryoteiはなかなか微妙なところだが、推定使用可能時間が24時間を超えているので、まあ実用になるのではないか。そして、グラフには出ていないが、室内での静止時にほとんど電気を食わなかったから、もう少し伸びる可能性がある。

更に、経路表示が素晴らしい。記録点数が多いため、経路がちゃんと道路の形になっているし、色で速度(または標高)が分かるようになっている。

これを見てしまうと、LogLocationsのしょぼさには「うーん、ちょっと…」となる。いくら電気を食わなくても、どこを走ったか良く分からないようでは意味がない。そこで、次回以降はRyoteiを使ってみることにした。もし、電気を食い過ぎて実用にならないなら、LogLocationsに戻ればいいのだ。

ところが、である。今日(12/7)、試しにRyoteiを通勤時と会社で使ってみたら散々な結果になった。通勤路での記録は2点(開始と終了)だけだったし、会社ではほぼ静止状態だったのに電力消費率が(「移動履歴」と同等の)5%/時(推定使用可能時間: 約20時間)だった。バックグラウンドで動くアプリを減らしたりして試したのだが、ほとんど効果がなかった。

放電特性-GPS-ドライブ+会社

どうしてこうなったのかは分からないが、Ryoteiは動作が不安定なのかも知れない。これでは安心して使えないので、振り出しに戻ってLogLocationsを使うことにした。

(12/7 6:29 一部に加筆、12/7 19:47 会社での結果を追記)

  •   0
  •   0

iPhoneの電力消費を少しでも抑えようと、日々試行錯誤している。これの前に使っていたNexus 4よりいいのだから、頑張る必要性はないのだが、興味があってやっている。また、GPSロガーアプリを動かすと消費電力が増えるから、定常的な消費量を下げることは、ロガー実行時の使用可能時間を伸ばすのに少しは効果があると思っている。

昨日は、iPhone(システムサービス)やアプリが勝手にGPSを使うのを止めるように設定したので、その効果を測定してみた。特にシステムサービスはほとんどoffにして、スリープを解除するたびにGPSマークが点くのを回避できたので、それなりの効果を期待していた。

2015-12-05 11.05.31_サイズ変更

がっ! 結果を先に書くと、現実は厳しく、効果はなかった。

室内(Wi-Fi)で5時間放置した場合の電池消費率と推定使用可能時間を測定し、従来の設定と比較した。なお、従来の設定は、100%付近のカーブが平らな部分を除外し、定常的な部分から求めた。

  • 従来の設定: 0.79%/時間、126時間
  • GPS使用制限: 0.80%/時間、125時間

放電特性-GPS制限

誤差の範囲だ。全く削減効果がない。

おそらく、iPhoneのGPSの利用は最適化されていて、いろいろな機能で利用する設定になっていても、実際には集約されていて、GPSの起動回数が抑えられているのではないかと思う。あるいは、静止状態だったため、GPSが起動してもさほど電力を消費しなかったのかも知れない。

それで、次回ドライブする時に屋外で移動した時の電池消費率を調べてみたいと思う。

(16:13 グラフを追加)

  •   0
  •   0

iPhoneの防水ケースの背面に丸い窓が付いていて、Appleのロゴが見えるようになっている。Apple好きな人には当然なのだろうが、そうではない僕には理解できない。僕にしてみれば、シャネルのロゴが胸に大きく書かれたTシャツを着て歩くくらい嫌らしく感じる。そこで、隠すことにした。

隠すには黒い紙を窓の内側に貼れば良さそうだったが、適当な紙が手元に無かったので、CDファイルの背の紙を切り取って使った。

大変すっきりした。

PS. 似たようなシートがあった。キャリアのロゴを隠したい人が多いのか。(12/7 6:27)

(16:08 題を変更)

  •   0
  •   2