Archive for the ‘日記’ Category

よく「日本人の民度は高い」と内外から言われるが、僕は、それは全く違うと思う。

自分たちでそう言うのは置いておいて、ニュースで読む限り、外国人は、例えば以下のようなことに驚くのだろうが、

  • 災害や事故などがあっても、大きな騒動にならない。
  • 大きな催事などの後に、ゴミが放置されていない。
  • 電車に乗る時に割り込まない。

それは、実際には以下のようなことだと思う。

  • たまたま : ひどいことになる場合もある。
  • 一面しか見ていない。: 催事などの後に、ゴミを持ち帰るフリをしているが、実際にはコンビニなどのゴミ箱がひどい有様になっていることが、良くある。催事などなくても、高速のSA・PAのゴミ箱は生活ゴミで一杯だ。

その理由は、日本人の「大勢=正しい」という特性なり思い込みに依るのではないか。そのために、例えば、以下のような良くないことが起こっている。

  • 重要な問題をすぐに忘却する。
  • 誰も問題にしないことは、問題でなくなる(と思い込む)。
  • 正しくないことでも、みんなが正しいと言えば正しい(と思い込む)。
  • マスコミと一緒になった、有名人叩きの繰り返し。
  • 特定の人たちに対する排斥運動。

では、どこから「大勢」が発生するのかを考えると、おそらく、少数の、声の大きい、あるいは、リーダーシップのある人たち、他には、団体での偉い人やマスコミなのではないだろうか。みんながそれに従って行動するので、そういう人たちが(普遍的な意味で)まともなら、その場は民度の高い結果となる。有名人叩きなどは、その逆のパターンだろう。今は、SNSなどで大きな声で振る舞える人が増えたので、誤った方向に走ることも起こりやすいようだ。

外国がどうなのかは、住んだことも調べたこともないので分からないのだが、以前読んだのは、その国の大多数の国民に共通した宗教がある場合、その宗教がモラルの規範になっているということだ。一方、日本人にはそういう宗教はないので、学校の授業や親などのしつけに(時には法令にも)依存しているのだろう。それらの一番の基本は、「大勢=正しい」(別な言い方をすれば、「人に迷惑を掛けない」とか「目立たない」)なのではないだろうか。少なくとも、僕はそういう経験をして来て、ずっと違和感を持っていた。

人に迷惑を掛けないのは、一見、良いことだが、じゃあ、「迷惑」というのは、何を基準にしているのだろうか? やっぱり、学校の授業や親などのしつけに依るのだろう。そして、前者は国の方針で変わるし、後者は「みんなに合わせるべきだ」などの日本の伝統的な価値観に基づいていないか? そのことで、例えば有名人叩きが起こるのだろうし、重要なことも、みんなが何も言わなくなったら、なかったことになるのだ。

要するに、「変動制のモラル」である。(外国でもそうかも知れないが)モラルに歴史的な一貫性がないのはもちろん、短期間にモラルの基準がコロコロ変わる。更に、他人が見ているかどうかでも変わる。

僕は無宗教なので、宗教教育をしっかりやれとか言うつもりは全くない。ただ、子どもの頃に親に無理矢理教会に連れて行かれたので、キリスト教に影響を受けていて、それで日本的なモラルにおかしさを感じるのは認める。だから、実際には宗教は必要なのかも知れない。が、宗教によって世界の対立が起こっているという現実はあるし、金儲けに奔走する宗教もあるから、宗教が絶対に必要とも思えない。

今回の結論は、「日本人の民度は、自慢するほど高くない」だ。

  •  0
  •  0

ここ数日、暇つぶしに、クレイジー(CuRazy)というサイトを見まくっている(「クレイジー」で検索して見つけた)。今日、死ぬほど笑いそうになって危なかったネタを2つ紹介したい:

  1. 焼肉屋で「マキシマムザホルモン」(これの3番)
  2. 猫用DJターンテーブル (これの最後、14番)

そして、僕の話:

今朝、車を運転中に後頭部の寝癖に気付いた。とても恥ずかしいのだが、仕方ないので、知らん顔しているしかないと思った。ところで、寝癖で立った髪の毛が車のシートのヘッドレストに触れて気付いたのだが、その感触は、女性のポニーテールがヘッドレストに触れるのと近いものがあるのだろうかと思った(右斜め前に、ポニーテールの人の車があったので。そして、僕はポニーテールに目がないのでw)。

  •  0
  •  1

かなりのお金を掛けて随分長く研究されて来ていると思うのだが、数年前に「地震予知はできない」と明言されている。数十秒前の「緊急地震速報」が関の山だ。そして、今回の九州のように、とりたてて危ないと思われていなかった地域ですら、あんなことになってしまった。「ハザードマップ」は役に立たないようだ。結局、日本はいつどこで大地震が起こってもおかしくないのだろう。

→ 「地震予知はムダ。いますぐやめたほうがいい」東大物理学者の警告

ということは、原発の地震に対する安全性は、何を根拠に証明なり保証なり確認されているのかという疑問が生じる。まあ、国は何か起こるまで、見て見ぬふりをするつもりなのだろうな。駝鳥が首を砂に埋めて危機から逃れているつもりの光景が目に浮かぶ。

PS. これを杞憂と笑う人は居るだろうが、まあ、杞憂なら大変ありがたいことだ。「科学的でない」と書いた池田某などには、「とりあえず原発の近所に住んで、同じことを言って下さい」と言いたい。真面目に反論すれば、以下が思い付く。

  • 気象庁や地震学者が先を読めないと言っているのに、「想定外の」地震が起こらないという、科学的な根拠は?
  • 原発の自動停止機能で何も問題が起こらないなら、何で311の時は駄目だったの?
  • 停電て、電力が足りないからじゃなくて、単に電線が切れてるからじゃないの??

(4/21 19:26)

PS2. 「池田信夫」を調べてみたら、文系(経済)出身の人のようだ。じゃあ、独学で物理学や原子力工学や地震学などを勉強されたんだな。これはすごい。というのは、「科学」という言葉を使うのであれば、その分野では一人前の知識や経験を持っていることが前提だからだ。仮に、そういうのなしで言ってるのであれば、単なる「素人の非科学的な妄言」であって、彼が貶している相手と同じレベルだ。

もう少し書くと、もしどっちも同じ素人だったら、「停めろ」という人と「動かせ」という人と、どっちがまともなのだろうか? 科学(それ以前に常識)的には「停めろ」だ。安全性の確認されてない薬を市販するとか、停まるかどうか分からない車を売るとか考えれば、ごく当たり前のことだ。そして、上に書いたように、専門家が「分からない」と言っているのだから、今の段階では停めるほうが科学的だ。

最後に、「科学的」を「(文系・理系は関係ない)論理的な考え方」と捉えることも可能だ。でも、それでも彼は科学的でない。僕が上に挙げた疑問に対する根拠を示していないからだ。(4/21 20:13)

  •  2
  •  0

少し前から、Yahoo!ニュース(二度、読むのを止めていたのだが、ニュースサイトが少ないので、やっぱり読んでいる)の個人で、五味太郎という人のインタビューが載っていて、とても楽しみに読んでいる。

その人のことは今まで知らなかったのだが、なかなかユニークで、すごい。運がいいところはうらやましいが、それも彼のすごいところなのだと思うし、言っていることに納得できるのだ。

今日の回は、特に納得することが多かった。親や先生など、子どもを甘く見たり抑えつけたりする大人が多く、それでスポイルされる子どもが居るという話は、僕も経験して来たので、全く同感だ。そして、僕は彼に近いところがあるような気がする。

だから、上に書いたことに反しているようだが、気合いを入れて読んでいる訳ではないし、「彼の言うことを参考にして、自分の生き方をより良くしよう!」などは微塵も思っていないし、彼の作品(絵本)を読みたいとも思わない。面倒だからだ(笑) : この気持ちは、インタビューを読んでもらわないと、理解できないかも知れない。

言いたいのは、すごい人に倣ったって自分の身にならないってことだ。良く居るよね、ジョブス(でも、レノンでも、誰でも)が好きで、彼のようになろうと思って、崇拝したりいろいろ真似する人とか。本当にアホかバカかと思う。自分の生き方は、自分で探して決めるしかないのだ。

  •  0
  •  0

今日も暇つぶしをしていたら、またまた爆笑をこらえるのが困難なページを見つけてしまいました。とにかく読んでみて下さい。2ページ目の、猫に着けたところで吹き出しそうになって、読むのを断念しました。

この人は一体・・・

  •  0
  •  0

近頃、会社につまらない決まりが増えて、なんとも嫌な気分がしていた。現実的には、決まりを守るのはそれ程大変ではないので、嫌な原因が何なのか考えていたのだが、さっき分かった気がする。それは、以下なのだろう。

  1. 偉い人が勝手に決める(押し付ける)から。
  2. 決めた人(偉い人)は、守らない(適用外だ)から。

特に2だ! 法律と違って、会社の決まりなんて一般社員にしか適用されない。お偉いさんは、暗黙のうちに決まりの対象外なのだ。破ったって、誰にも咎められない。

一方的で不公平な決まりだから、嫌なのだ。

  •  0
  •  0

昨夜、執念で見つけたGPSロガーアプリTraceMyTrackを試しに、古河総合公園へ行った。天気予報は雨だったが、アプリを試すだけでもいいと思って行くことにした。他にはデニーズ佐野店(和食が食べられる)という案もあったのだが、蕎麦やてんぷらには期待できないし、早くドライブに出たかったので却下した。あと、茶ラーメンが食べられる、埼玉のまぁちゃんラーメンにも行きたいのだが、雨と強風の予報なので止めた。

7:30頃出た。道はとても空いていて、8:40頃着いた。雨は途中でちょっと降った程度だったが、風が強かった。園内は広々としていて、花も結構咲いていて気持ち良かった。小川には鴨が居た。

帰路は風がとても強くなり、雨も降ったり止んだりしていた。途中で掛かった、森高の「休みの午後」が良かった。落ち着いた曲だが、途中からノリが良くなるのが好きだ(このビデオの森高が可愛いいので、2回観てしまった。1995年か。。。)。道の駅 二宮に寄ったのだが、前回同様、なぜか駐車場が混んでいた。道の真ん中の安全地帯(斜線の部分)に停めている車も数台居て、民度の低さを思い知った(これについては、後で、思うところを書きたい)。そこで昼ご飯にタンメンを食べた。小さな蒲鉾を除いて、色がほとんどベージュ一色で寂しかったが、味はまあまあだった。風と湿気で髪がボサボサになってしまった。12:30頃、帰宅した。

TraceMyTrackについてだが、往路では、「大きな位置変化」で記録する設定にしたのだが、LogLocationsと同様、全然位置が記録されておらず、がっかりした。それで、GPSを使う設定にしたところ、電池消費が激しかった(8.2%/時)ので、記録間隔を長くした(元は1分と10分)。それでも電池消費が激しかったので設定を確認したら、記録間隔が変わっていなかった。2つの"Save"ボタンを押す必要があったようだ。帰路では、再度、6分と15分にした。この二つの違いは良く分からないが、静止状態の時は後者になるのではないかと思っている。

結局、電池消費率は、他のいくつかのアプリと同様、約4.7%/時だった。記録間隔が同じなら、(駄目なアプリでない限り、)大体同じ消費率のようだ。このアプリは記録間隔が幅広く調整できるので、次回は8分と15分にして試してみたい。

約140km, 約6時間。
iPhone 6sで撮影。

(14:39 少し加筆)

  •  0
  •  0

今、"Abbey road"を聴いている。さっき、"Mean Mr. Mustard"が掛かった。で、Mr. Mustardは近頃大嫌いになった人のことだなあと思った。

Such a mean old man
Such a dirty old man

実際には、その人とこの歌の状況は違うが、上の文言は合っている。その人は、全く尊敬できない俗物である。大嫌いでも、当面は縁を切る訳には行かないので、"Let it be"で行くしかない。

  •  0
  •  0

いつもの蕎麦屋からの帰り道、向こうの方から子どもの声らしきものが聞こえると思っていたら、茶トラの猫が生垣の隙間から顔を出して、しきりにニャーニャー鳴いていた。いい天気なので、気持ち良くなったのかも知れない。

親しくなりたかったのだが、「どうせ、近づいたら逃げるんだろう」と諦めていたら、陽気のせいで開放的になったのか人懐こいのか、逃げずにこっちに歩いて来た。触ることすらできた。

久しぶりだったので、5分くらい撫でていた。陽光で暖まった毛皮の手触りが良かった。身体はスリムだった。毛並は良かったが、野良なので少し汚れている箇所があった。頻繁に動く(僕の周りを回りながら、脚に身体を擦り付けて来た)ので、残念ながら顔は撮れなかった。

道端にはタンポポや菜の花が咲いていたし、桜もまだ残っていた。

(iPhone 6sで撮影)

  •  0
  •  1

ほとんど朝一番で、待ちに待っていたアンプ(SAYA SP192AB)が届いたので、さっそく仮設置した。

IMG_2123_サイズ変更

(左上から時計回りに: 新アンプ、DAC、グライコ、旧アンプ)

写真左上の黒くて薄い箱である。ものすごく小さい。これで省スペース化の希望が叶った。が、接続する時に、早くも「思わぬ落とし穴」が見つかった。

  • スピーカー端子にケーブルを縦に通す穴が開いてないので、太いケーブルを接続するにはY端子かバナナが必要。
  • 背面はスペースがかなり狭い。
IMG_2119-1_サイズ変更

(新アンプの背面)

今は少し無理にスピーカーケーブルを挟んでいるので、ちょっと不安定だ。午後にでもY端子を買いに行こう。

気にしていた電源on/off時の雑音は、(メーカーの説明通り)ない。スイッチでのon/offはもちろん、ACをon/offしても大丈夫だ。これならPC連動タップで自動的にon/offできるので、便利だ。

評価がてら、さっそく音を出してみた。まずは、定番の"A night at the Opera"だ。前のアンプ(PM-17SA)とは少し音が違う。正直に書くと、音の第一印象は"Not bad"(まあまあ)だ。というのは、耳が少し痛くなるのだ。原因としては、特性がPM-17SAと異なるため、スピーカーを含めた特性が変わったことが考えられる。グライコの調整で直ればいいが。慣れたのか、次の"Abbey road"では耳の痛みが軽くなった。

それ以外はかなりいい。小出力(6W)なので心配していたのだが、音量は充分過ぎるくらいだ。ボリュームを少し回すだけ(7時の付近)でうるさいほどだ。音量調節が微妙なので、少し慣れが要る。低音は十分だし、高音ももちろんいい。

現時点でのその他の感想:

  • (耳が少し痛むという点で)PM-17SAには負けるが、PMA-1500REの10倍は音がいい。ちゃんと音楽になっている。
  • 質感がいい。小さくて軽いが、安っぽくない。
  • 脚(ゴム?)が意外にしっかりしていて、ケーブルの重みで本体が動くことはない。
  • 通常の音量では、本体もアダプタも発熱は余りない。
  • LEDの明るさは丁度いい。

注意事項:

  • ACアダプタのプラグを奥まで挿さないと、電源がつながらない。
  • 電源スイッチは下がon。
  • line2のグランドはケースにつながっている。(余り好ましくない気がするが、普段は使わないので問題ない) : 間違いかも知れない。
  •  0
  •  0

Googleウェブマスターツールの検索クエリで上位なのは、MusicBee関連だ。

2014-09-17-gwmt-search

どうやら、使い方を知りたい人が多いようだ。一か月のクリック数が8程度で「多い」と言うのは語弊があるが、表示回数ではこのブログで一位だ。

結構需要があるのなら書くことも考えるが、どうなんだろう? ただ、「使い方」といっても、どんなことを書けばいいのか、良く分からない。試行錯誤で使い始めて今に至っているので。他に使い方のサイトがあるのなら、書く必要もないし。

  •  2
  •  2

探査機が小惑星のホコリを持って帰って来たのは世界初の快挙だと喜んでいるが、スケールが小さい。日本的だ。そんな物を見て、本当に何か分かるのだろうか。やっぱり、少なくとも直径数センチの石でなければダメだと思う。アメリカよ、頑張ってくれ。

[Original category: PC・技術]

  •  0
  •  0