Archive for the ‘PC・技術’ Category

昨日開通したDTI光。良く言われているPPPoEの速度低下が気になったので、開通した直後から、約1時間ごとにOoklaのプログラムを使って通信速度を測定している。以下に、昨日からの約1.5日間の速度変化を示す。

2020/4/8朝から9昼までのDTI光の通信速度の変化

速度の測定方法: Linux PCにてOoklaのCLIプログラム(speedtest)を使用して、3つのサーバ(SoftEther Corporation, OPEN Project (via 20G SINET), i3D.netまたはIPA CyberLab(昨日から使えなくなったようなので、i3Dに換えた))を使って速度を測定し、ダウンロード速度が最高のサーバの値を使用した。

なお、最高速が出るサーバは、ほとんどSoftEtherまたはOPEN Projectだった(以前はIPAも速かったが、近頃は使えないことが多いようだ)。speedtestの近くのサーバ一覧(-L)で出る他のサーバは、遅かったりエラーになることが多いので採用しなかった。

不思議なことに、ダウンロード速度は開通直後が一番速くて約88Mbpsだったのが、その後ほぼ低下し続けて23時頃に最低値の約12Mbpsまで下がり、明け方にかけて上がって来た。詐欺とは言わないが、「あの速さは幻だったのか?」、「御祝儀相場??」って気分だw なお、現在までの平均速度はダウンロード: 42.9, アップロード: 36.9 (Mbps)だった。平均は許せるのだが・・・

投稿後も測定し続けていたら、今日の朝から午前中は速目だったことが分かった(グラフと平均速度を更新した)。いろいろな状況が関係しているのだろう。 (4/9 12:08)

もう一つ不思議なことに、ダウンロード速度の変動が激しい一方で、アップロード速度はほぼ安定していて、概ね37Mbps前後だ。フレッツの設備の能力に関係しているのだろうか? 方向ごとに通信容量(帯域)の上限があり、ダウンロードは通信量が多いので上限に達しやすいのか。

今気付いたが、ダウンロードを高望みせず、アップロードと同様の速度(約37Mbps)を期待していれば、たまに遅くはなるけど、そんなにがっかりはしなさそうだ。実際、平均値はそうなっているし、当初は30MbpsをIPoEにするしきい値としていたから、期待からひどくずれている訳ではない。仮に1Mbpsとかになったら、さすがに「ちょっと・・・」となるが。

それで、開通する前は少し(数日-2週間くらい)様子を見ようと思っていたのだが、昨夜の夜中に12Mbpsまで下がったら さすがに耐えられなくなってルーターを注文し、同時にプロバイダにIPoEを申し込んだ。まったく気が短いw 12Mbpsは確かに遅いが、iVideoが腐った時の100kbpsに比べれば天国だっていうのに・・・

ちなみに、ルーターはBuffaloが定番なのは分かっていて、そこのIPoE(MAP-E)対応で一番安いもの(WSR-1166DHPL)が第一候補だったのだが、4千円以上と高く、機能が僕にはオーバースペックで、前に使っていたルーター(前の投稿で「新ルーター」と書いたもの: WSR-300HP)がひどかった(相性問題?)ので、今度はI/Oデータの(WN-SX300GR)にしてみた。ヨドバシで約3500円だった。「地雷」でなきゃいいが・・・

 

PS. 夜中にIPoEを申し込んで、「まあ、使えるようになるのは明後日くらいでルーターが届く頃かな」と思っていたら、翌日の3時頃に「使えるようになりました」って返事が届いていて驚いた。DTIのサポートは回答が遅いことがある割には妙なところが速いが、ちゃんと対応してくれるので悪い気はしない。

  •   0
  •   0

光といっても この建物はVDSLなので線を敷く(引く?)訳ではないから、工事は20分くらいで終わった(おそらく、この建物のVDSLの大本の装置とこの部屋の電話線を繋ぐ程度だったのだろう)。

早速、気になる通信速度を測ったら、PCからだとダウンロードは80Mbps以上、アップロードは30Mbps以上出た(9時頃)。VDSL(と旧ルーターのLAN)の仕様上の最高速度は100Mbpsなので、ダウンロードに関してはこれ以上は望めないだろう。また、スマフォから(Wi-Fi経由)だと、ダウン・アップロード共に30Mbps以上出た(速くはないが、スマフォには速度を求めないので良い)。なお、昼は混むようで、11や12時頃はダウンロードが50Mbpsくらいまで下がった(PC)。

ちなみに、手持ちの新旧のルーターの速度を比較したら全然差がなかったので、動作が好ましい(手持ちの機器と相性がいい)古いものを使うことにした。

開通する前は、ダウンロードが30Mbps以下だったら(対応ルーターを買って)IPoEを試そうと思っていたのだが、ひとまず問題なく、これなら充分・満足だ。ただ、良く言われている夜間の速度低下が気になるので、少しの間、定期的(1時間ごと)に速度を測定することにした(iVideoの時に作った、Ooklaの測定プログラムで自動測定するスクリプトが流用できた)。

 

PS. 工事の方が約束ぴったりの時間に来たので、感心した。さすがにNTT系はしっかりしているな。

PS2. コロナに絡むが、もし国民全員に10万円が給付されたら、僕だったら、速度が遅くなくてもIPoE対応ルーターを買って試すのにと思った。10万円を一回では生活費としては少ないが、こういうことが景気を良くすることに繋がるのではないかと思った。

だから、もしベーシックインカムなんてやったら、本当に「V字回復」するのではないか? 少なくとも僕は大喜びだwww (サボり先輩的発想?) 財源をどうするかという問題はあるだろうけど、みんながお金を使うようになれば税収も増えるのではないか? でも、足りない気はする。そこはプロが考えて欲しい。(無理だろうが・・・)

  •   0
  •   1

書き始めた時に掛かった、「帰ってこいよ」(1980)※の全く逆だ!!

※余談だが、この曲を今聴くとなかなかいい。歌は悪くないし、演奏や音が新鮮で格好いい。これを十代で演奏していたとはすごい・・・

 

実は、今朝、鳩がワイヤーに止まっていた(結局、昨日の作業の効果がほとんどなかった・・・)ので、昼にワイヤーの張力を更に増して たるみを少なくした。すると、鳩は切羽詰っているらしく、作業が終わったら ほとんどすかさず何度も来た。ムカつくことに、器用にも、(フラフラしつつも)改良したばかりのワイヤーの上に止まりやがっていた。毎回、室外機の前まで行っては無理と分かるのだが、その前後に手すり(のワイヤー)に止まるのだ。もうブチ切れだ!!

室外機はバリアできているから巣作りは無理でも、手すりでたむろされたら困るので、別件(床屋と風呂場の蛇口のハンドルの再改良・・・)があったので、100円ショップで防衛力強化のためのパーツを買って来た。ワイヤー(細い電源コード)が太いから掴めて止まれ、(単線でなく)より線で重く弱いから張力が掛かりにくいのだと考え、ステンレスの細い(約0.6mm)ワイヤーを買った。なるべく早く交換したい。

それから、作業中に恐ろしいものを目にしてしまった。手すりの端で作業していたら、防火壁(板)の隙間から お隣のベランダが見えてしまったのだが、なんと、床に結構長い小枝がたんまり積まれていたのだ。住人が気付いてないのか、しばらく留守なのか、室外機の上にあったのを払い落としたのか分からないが、僕が最初に「鳩の鳴き声が聞こえてのどかだ」などと油断していたらああなっていたかと思うと、早く対処して良かったと思う。

あの光景を見たら、「もっと良く見たい」とか、「その後どうなっているか・・・」と好奇心(文字通り、「怖いもの見たさ」)を持ってしまうが、さすがに覗き行為はできないので、ちょっと残念ではある。

鳩は予想以上に怖かった・・・

 

PS. 風呂場の蛇口のハンドルは、やっぱり、手にシャンプーや石鹸が付いていると回せなかった。泡を落とそうとしても、ハンドルが回らないからお湯が出なくて落とせず難儀して、親指を挟んだw 仕方ないので、太い輪ゴム(買って来た)を巻こうと思っている。

PS2. 春休みや休校のせいか、安い床屋は何度行っても待っている人(子どもと高齢者が多い)が居て無理そうだ。仕方ないので、高いけど、以前行っていたおっちゃんの店に行こうかと思う。

  •   1
  •   0

鳩対策をして安心していたのも束の間、今朝、PCに向かっている時に ふと外を見たら、ワイヤーがたるんでいたせいか、鳩二羽が手すりに止まっていた(対策は一か月しか持たなかった・・・)。それを追い払って少ししたら、今度は雀以上鳩未満大きさの鳥(調べたら、灰色や大きさからヒヨドリまたはムクドリのようで、体型や柄はムクドリっぽい)も来て、止まっていた。排気口に来ていた鳥なのだと思う。

それどころか、今日はなぜか雀くんまで参戦して来たよ(涙) ワイヤーがたるんでいて(上下の)隙間が狭かったせいか、止まれなかったが。春のせいなのかねえ・・・

ないとは思うが、これは、以前「仲間を誘って大群で押し寄せるとか」と心配した、鳩の復讐なのかとちょっと不安になった。異種同志で連絡し合って、交代で来るなんてことがあるのだろうか?

まあ、仮にそういうことがあったとして、鷹とか鷲とか鳶(区別つかないw)とかコンドルとか鷗なんかが来たら、「えっ!?」と目を見張るだろうから、そこまでしたら許せる。

その後また鳩が来て、あつかましくも胸でワイヤーを押して止まって居やがったので、さすがに見過ごせなくなった。すかさず武器庫に駆け込み、機関銃と手榴弾を持ち出してぶっ放した ってことはないw

そういえば、数日前に鳩よけを点検した時にベランダに糞(どの鳥のものかは不明)が一個ではあるが落ちていて、怪訝に思った。その時は、「たまたま」とか風で飛んできたのかと思っていたが、後の朝、ベランダで鳩の鳴き声がしたので嫌な予感がした・・・

なお、心配して室外機の上を調べたら、糞も巣もなかった。さすがにワイヤーがあって入れないようだ。どうしてもそこに巣を作りたいから、ベランダに来てどうするか考えているのだろうか。諦めて他を探して欲しいのだが・・・

風邪かコ□ナか季節か、どうにも頭と身体がだるかったので、明日やろうと思ったのだが、これに味を占められたらまずいと思い、一刻も早く対処したくなって、方法を検討して作業に取り掛かった。

以下の二つの対処をした。

  • ワイヤーのたるみを取る。 → ワイヤーの張力を上げる。
    • ワイヤーを張る方法を変更し、両端の支柱の弾力に頼らず、ワイヤーを手すりの外側の端に引っ掛けて折り返し、引っ張りながら手すりの桟に結ぶことにした。
      • 余談だが、これは吊り橋の方法のようだ(想像)。その前は、構造的に弱いイマイチな方法? でも、簡易な構造物ではありそうだ。
  • ワイヤーの中央部をたるみにくくする。
    • 手すりの中央部に支柱を追加することにした。

張力を上げるのは比較的容易だったが、縛っているだけなので、また緩みそうだ。こういうのに使える便利な(安い)、しかも耐久性のある物はあるのだろうか? 今は、ワイヤーが折り返されている部分を針金などで縛って、縛る力で張力を変えることを考えている。

中央部の支柱は適当なものがなくて苦労した。最初は歯ブラシ(ブラシを除去した※)を使ったが、手すりの外側に取り付けるので(元からそうではあったが)ワイヤーが手すりの(幅方向の)中央を外れ、気に入らなかった。手すりとワイヤーの中心がずれていたら、その隙間に雀はおろか、ムクドリっぽい鳥、更には鳩までもが止まりそうな気がしたのだ。

※ブラシを安易に切ると、目に見えないほど細い毛が飛び散るので、注意が必要だ。

それで、いろいろ考え・探して、PCケースのベイにHDDなどを取り付けるための固定具を加工して使うことにした。固定具には、ケースに固定するための板バネのような金具が付いているので、それを90°曲げて手すりの中央付近まで届かせ、そこにワイヤーを付けた。丁度、金具の先端には丸い部分があるので、少し広げてその中にワイヤーを通した。

作る前から気になっているのだが、この支柱の板に鳥が止まる心配がある(歯ブラシ2本を使い、間に何かを通してワイヤーを支持する案もあったが、それで却下した)。その時はやり直しだ。金具にトゲでも付けるか? あとは金具を「ピアノ線」※のような細くて丈夫な針金にすれば止まれないからいいか。

※このピアノ線というのは、本当にピアノ用の弦なのだろうか? 単に似ているだけなのだろうか? そういえば、今は余り聞かない気がするな。

余談: 検索したら、苦笑しかないサイトがあった。ピアノの調律の会社らしいが、ピアノの弦を「ピアノ線」と呼び、ピアノ線の説明はコピペらしく、「切れたら信頼できる業者に依頼を」などと書いてあった。アフォか! いつもの調律師に頼むに決まってるだろうが!!

だってさ、何十年も弾き続けない限り、弦が切れるなんてまずないし、その間全然調律を頼まない人なんて居るわけないじゃないか。居たとしたらモグリだw (済みません、ピアノが大好きなのでつい脱線しました)

なお、この支柱の固定(結束バンド)が外れた場合でも落下しないように、結束バンドを固定具と金具に開いている穴に通して輪にしてワイヤーを通した。ワイヤーさえ切れなければ落下しないはずだが、そういう時はワイヤーも切れるのだろうか? それから、金具はステンレス製のようなので錆る心配はないが、固定具はプラなので、いつか劣化して崩壊しそうだ。そういう場合でも金具は落下しないだろうし、プラの大部分は残るはずなので、大事にはならなそうだ。

始めてから3時間くらい掛かって、どうにか終わった。

ついに、一番小さい(短い・細い)結束バンドが払底した。一番大きいのも危ない。前回は最小量を買ったが、結束バンドはいくらあっても良さそうだ。

作業後、雀は小さいから(上下に)広くなったワイヤーと手すりの隙間(約7cm)に止まれそうな気がした。ワイヤーを上下2本にすればいいのだろうか? とはいえ、すべての種に対応するのは大変なので、排除の方針を決めた。

  • 雀: 見逃す。
    • 小さいので。
    • さすがに巣は作らないと思うし、下記のムクドリっぽい鳥同様、ちょっと遊びに来ているだけなのかも知れないので。
    • ただし、糞害があったら排除する。
  • ムクドリっぽい鳥: (排気口同様に)様子を見る。
    • なぜか、まだ糞害に遭っていないため。排気口もそうなんだろうが、ちょっと遊び(散歩・巡回?)に来ているだけなのかも知れない。とすれば、なかなかマナーがいいようだ(まさに、「立つ鳥跡を濁さず」?)w
    • ただし、糞害や巣を作ろうとしたら排除する。
  • 鳩: 断固拒否する。
    • あつかましい前科者なので。
    • しかもマナーが悪い。鳩は民度が低い。

さて、しばらくはベランダから目が離せないw どうなることやら・・・

  •   1
  •   1

まだ光は開通していないのだが、気の早いことに、仮にそれが夜などにすごく遅くなった場合に備えて、IPv6(IPoE)接続を検討している。

良く書かれているが、遅くなる原因は、NTTのフレッツのPPPoEの設備がボトルネックになることだそうだ。それで、IPv6(IPoE)接続にすると、そこをバイパスできるから速くなると。そもそも鳴り物入りでフレッツを出したNTTが設備をちゃんとすべきだが、お金がないのか面倒なのか、しない。それで、外部の会社がフレッツにIPoEの設備を繋げて「IPv6にすると高速化できる」と謳って提供している。

なお、サイト・ページによっては、「PPPoEの認証が遅いから速度が低下する」と書いてあるが、それは違うと思う。仮に認証が遅くても、それは回線の接続時(例: ルーターをonにした時)にしか行われないので、遅いのは最初だけだ。本当に遅いのはNTTの設備の処理速度だ。そういうサイトでは「認証待ち」が生じて遅くなると書いてあるが、実際には、設備の処理能力がフルの場合に新たに始まる通信あるいは通ろうとするパケットが待たされる(単に落ちる)ということなのだろう。

何ともアフォみたいな話だが、そういう話なので仕方ない。

それにしても、今疑問に思うのは、なぜPPPoEを使ったのかだ。というのは、PPPoEはEthernet上にPPP(アナログ電話時代に使われ始めた)のパケットを通す(載せる)という仕組みで、PPPの認証機能が必要なのなら分かるが、フレッツは光(またはADSL)回線で、誰でも勝手に接続できる訳でないから、実際には認証なんて不要なので、無駄もいいところなのだ(その関係で、昔は(今も?)MTUを調整しないと遅くなった)。まあ、フレッツの思想としては、いろいろなプロバイダを混在させて使えるから、認証機能で切り替えることは可能だが、実際にそんな酔狂なことをしている人はまず居ない。

結局、「ただケーブルを繋ぐ」IPoEで良かったのだ。

これについてはおもしろい(というか、僕が馬鹿だった)思い出がある。2番目の会社に居た頃、確かADSLが始まった頃だと思うが、それにもPPPoEが使われていた。そういう話になった時、同じ職場に居た僕の嫌いなジジイは、「PPPoEなんて要らない(なんで使ってるの?)。ただ繋げばいいんだよ」と言っていた(理由は上記と同様)ので、僕は「なにいってだ、このジジイ」と思って「認証ガー」と反論したのだが、(数十年経ったが)今となっては全面的に彼が正しい。

ここで、例によって「認めたくないものだな−」が来るw

自分で余計なことを考えて、あげくの果てに問題が起こって(遅くなって・コストが増大して)自分の首を締めるという、技術馬鹿に良くあるパターンではある。

(ここまででPPPoEについては終わり、以下はIPoEへの疑問と僕の環境関連の話に変わります。)

IPoEがいいことは分かったが、それでも更に気になることがある。今はIPoEが速いとしても、使用者が増えたらいつかは遅くなるのではないか。IPoE(正確には、IPv6をIPv4に変換する処理)も、何らかの設備で処理するので、そこがボトルネックになるだろう。

そして、IPoEにもいろいろな方式があるのだが、NTT系(某O社)の方式(MAP-E、「バーチャル」なんとか)は、例によって筋が悪い予感がする。詳しく比較していないので方式の良し悪しは言えないが※、対応ルーターを探しても、MAP-Eなんてほとんど日本製のにしか載っていない。しかも(・だから)高目だ(希望より千円高い)。もう、ガラパゴス臭プンプンである。だから、設備にしたって、(日本仕様だったら高くなって、)増強が高く付いて、結局今と同じことになるのではないか?*

※書いてからJPNEの資料をざっと見たところ、MAP-Eの処理は、フレッツやプロバイダ側に関してはシンプルなので、もう一つ有名な方式のDS-Liteに比べて、PPPoEのような設備起因の速度低下は起こりにくそうだ。ただ、そのためにユーザー側のルーターの処理が複雑になっており、それで対応機が少ないのではないか。他のページも見たが、(サボり屋の)僕としては、「こんな複雑なことやってられっか!」って気がした。

それから、対応ルーターが少ないのは、この問題はNTTが怠慢で設備増強しないために起こっている訳で、海外など普通のところでは起こらず、だから、わざわざIPv6を使う必要がなくて、IPv6→v4変換機能がなくても何も問題ないからではなかろうか。

そうすると、いっそのこと「フレッツなんて止めちゃえ!」と思いたくなるが、さすがにそこまでは言えない。ただ、フレッツが欲張っていろいろやっている(頑張っちゃってる)ために問題が出て、その対処のために複雑化していることもあるように思う。例えば、「ひかり電話」の有無でIPoEの最初の処理が違うとか、ちょっとやってられない。

結局、NTTは、ユーザーとプロバイダを繋ぐ単純な通信路(仮想的な専用線)の提供に徹してくれれば良かったのだ。そのためにPPPoEとかIPoEなどが要るのならそれでもいい。しかし、なぜか、自分たちの作った階層の違うもの(サービス)を混ぜて提供しようとするから、ややこしくなっているのだと思う。昔あった(今もある?)フレッツのサイト(インターネットでなく、フレッツ網内にある)なんて、その端的な例だ。あんなの一体誰が使うの?? 何が便利なんだ? それを使えるようにするために、ルーターの処理が面倒になっている。無駄無駄無駄。モバイルでも似たようなことはあるだろう。

*ちなみに、IPv6で通信する場合(IPv4を使わない場合)はほぼ素通し(ただし、最初にIPアドレスなどを割り当ててもらう処理は要る)のようなので、速そう(速度低下の可能性が低い)だ。その場合はMAP-E対応ルーターは要らない気がしている。実際、MAP-Eの方で、使い勝手が悪い(ポート枯渇問題?)とのことで、外部の自分のサーバまでIPv6で繋ぎ、サーバでIPv6→v4変換している(2018)という話がある。

なお、ポート枯渇に関しては、JPNEとOCNでは割り当て可能なポート数が違っているそうで、後者は多いから起こりにくそうな気がした(実際にはどうだか不明)。

結局のところ、そもそもこういう面倒なIPv6→v4変換処理が要る(それで遅くなるかも知れない)理由はIPv4アドレスの枯渇問題なのだろうから、「全員」がIPv6を使えばいいのだろうが、それはいつか実現するのかね。

 

運の悪いことに、僕の入ったプロバイダ(DTI)はそこのIPoEを使っているので、IPv6(IPoE)接続しようとしたらMAP-E対応ルーターが要り、更に、そのプロバイダはPPPoEとIPoEの同時利用はできないので、「ちょっと試す」ことはできないことが分かり、やっぱりセンスが悪いことが分かって、選択を失敗したかもと残念である。

まあ、PPPoEが(実用上充分に)速ければIPv6(IPoE)もMAP-E対応ルーターも要らないので、何の問題も苦労もなく、こうやって考えるのは無駄もいいところなのだが、性格なんだろうねw

  •   0
  •   0

この部屋にはさまざまな改良をしている。ちょっと多い気はするが、気のせいだw まあ、そういう作業も大分終わりに近付いた感じだ。

今回は浴室である。入って少しして気付いたのだが、シャワー・浴槽兼用の蛇口の構造に問題(欠陥)があって、不用意に使うと怪我しそうなのだ。欠陥とは、蛇口のハンドルと吐水管(接続部)の隙間が狭く、ハンドルを回す時に指を挟むことだ。写真では指が平らに入っているが、元々のハンドルは滑り止めの突起がもっと大きかったので、ぎりぎり縦に入るくらいの間隔だった。これだと、シャワー中に見えない状態で下手に回すと指先を骨折しそうな気がした。僕は本当にそういう下手を良くするので、結構危機感を持った。

試した時に気付いたのだが、どうもこのハンドル(写真の、湯を示すマークがピンクの円のもの)は純正品でないようだ。というのは、洗面台の(似たような)ハンドル(写真の、湯を示すマークが赤丸のもの)に交換したら間隔が少し(数mm)広がって、指が挟まる可能性が減ったからである。あと、ハンドルがスピンドル(軸)にスペーサーを介して付いていたこともある。(洗面台のは純正品なのだろうが)リフォームの時にテキトーな物に交換して、見た目はほとんど変わらないから、こういう危険性が分からなかったのかも知れない。

ただ、それにしても元々の隙間が狭いので、製品設計の問題だと思う。昔のものなので、当時は「ユニバーサルデザイン」のような考えが余り普及しておらず、こういうことまでチェックしていなかったのかも知れない。不思議なのは、台所の蛇口は広過ぎるほど間隔が広いことだ。もう少しバランスを考えて欲しかったw

設計とかデザインといえば、シャワーと管の吐出先切り替えレバーも駄目なやつだ。レバーが浴槽を向いている時はシャワーに、外に向いている時(= シャワー使用時)は管に出る(写真の時はシャワーに出る)ので、直感と合わない。まあ、作った人はどっちに浴槽があるか分からないから文字を読めってことなんだろうが(とはいえ、これは浴槽と一体の蛇口だし、管の方には「バス」と書いてあるのだから何とかして欲しかった)、シャワーの時は目が見えないことが多いから、UIとしては駄目なパターンだ。しかも、レバー周りも狭いので、やっぱり指を挟む可能性がある。

あ! レバーを外して180°回転させて取り付けられれば、(文字を無視することにすれば、)直感に合うようになる気がする。あとで試そう。 (18:19) → 試したら、レバーが浴槽の縁にぶつかって回らなかった。いろいろ残念な作りだ・・・ (20:58)

本当は蛇口一式を間隔が広い物に交換したいところだが、そもそも賃貸だし、可能性が不明(狭いところで水路を2回くらい90°曲げるのは無理そうだ。レバー一本のものなら可能か)だし、費用がかさむのでできない。それで、エクステンダーのようなもので軸を縦に延長して、握る部分と吐水管の接続部をずらして間隔を広げようと思ったのだが、不思議とそういう便利な部品はなかった。パッキン(弁)上部の軸(スピンドル)で長いものは売っていたが※、元栓を閉めてなどと大掛かりな作業になるので止めた。

※調べたら、スピンドルも一般的なものが使えない機器があって、何でもいい訳ではないようだ。何でもかんでもメーカー独自で不便この上ない。水道業界は全くいい加減にして欲しい!!

次に、握りが細いとか高さが高いハンドルを探したのだが、やっぱりない。あるのは、今と同様の良くあるものか、レバー式のものだった。しかもそれほど安くない。それで、困った時の頼みの100円ショップを物色した(先日の花見の時である)。寸法をメモし、ハンドルの実物を持って行ったのだが、例によって、なかなかぴったりのものはなかった。ようやく見付かったのは、プラ製のソース入れ※(実際にはしょうゆ入れだった)と金属製の調味料入れだった。迷ったが、金属製はカッコいいが中が見えず湯と水を間違える可能性があるので、透明なソース入れにした。他には小さいおかず入れもあったが、背が低いので却下した。

※覚えている方はまず居ないだろうが、またしてもソース入れであるw

買った直後に試しにハンドル(写真のもの)を差し込んでみたら、残念なことに、小さくて入らなかった。ただ、帰宅後に(上記のように)洗面台のハンドルで試したら、わずかに小さくて割れたものの、入った。しかし、背が高過ぎるために、管を動かすとぶつかって外れそうになるので止めて、もう少しいいものを探すことにした。

再び100円ショップ巡りをしたが、やっぱりなかなかない。それでも丹念に探したら、「おっ」と思うものがいくつかあった。それが、子どものお弁当用のおにぎり型とおしぼりケースだった。迷ったが、何となくサイズがちょうど良さそうなのと、上に穴があって中が見えて湯と水の区別ができるので、おにぎり型にした。

なお、残念なことに、おにぎり型はこの色しかないようだ(白や水色があれば、一目で湯と水の区別ができるから買おうと思ったのだが)。Amazonにもこの色しかなかった。しかも、100円ショップのと同じものなのに300円以上した。100円ショップでも意外にいい(?)ものがあるようだ。

試すと、サイズは実にぴったりでいい感じではあった。しかし、表面がつるつるしている(もちろん、突起などはない)ので、回しにくそうだった。シャワーの時は手が濡れていたり石鹸などが付いているから更に回しにくそうで、これも駄目かと思い、諦めてレバーを注文した。

ただ、その夜寝ている時だったか、レバーは長いので回転できる角度が狭い(浴室は壁や管があって、特に可動域が狭い)ことに気付き、実用性に不安を感じた。それで、おにぎり型を実際に使って試してみたらそれほど滑らなかったので、レバーをキャンセルして使ってみることにした。もう一個必要だったので買いに行こうかと思ったのだが、面倒なのと もったいなかったので、却下したソース入れの蓋を使うことにした。

蓋は若干大きくてハンドルに嵌まらないので、ハンドルの突起部にウレタンのクッションを貼って挟んだ。濡れた時に粘着剤が持つか不明だが、圧力が掛かっているから大丈夫かと期待している。また、蓋は不透明なので中が見えないが、おにぎり型とは色が違うので、湯と水の区別もできる。外見は「・・・」だが(色はまあまあなんだが)、とりあえずできた

実際に間隔を確認したところ、握る部分と管の接続部がずれて間隔が広くなったので、ひとまずは、目的の怪我の防止が達成できそうだ。長期的な使い勝手と耐久性が気になるところだが、駄目ならまた考えよう。

これで、残った改良・カスタマイズ作業はウォシュレットの交換だ。大分片付いて来た。

 

余談: 作業後、余った部品がある。ソース入れ本体と、おにぎり型の蓋やおにぎりに押印するものだ。(使うことはないと思うけど)とりあえず仕舞っておくが、ソース入れ本体と蓋は小物のディスプレイに使える気がしたw この猫は全然貴重なものではないが、こうするとちょっと高級感が出るかも? (「インディー・ジョーンズ」冒頭の黄金の像を思い出した)

余った部品の活用例?

ところで、今頃気付いたのだが、買ったのは確かに「おにぎり型」だけど、こんな円柱形のおにぎりを作るものだろうか? あと、ハートの形なんて小さいけど、ご飯にうまく付くものか? そもそも、ハートだのクローバーみたいなのを、今の子どもが喜ぶのか? だから売れなくて、100円ショップに出回ったり色のバリエーションがないのだろうか? まあ、細かいことはいいかw

  •   0
  •   1

今朝目にした記事(実際にはプレスリリース): 支援額200万円達成!! スマホをラップトップに変える新デバイス「Mirabook」Makuakeにて先行販売中!

以前似たようなことを考えたことがあったので見てみたが、なんか違う感じでがっかりした。「これじゃ単なるノートPCじゃん」て感じだ。なぜだろう?

  • 全然DaaSじゃない。処理を全部スマフォでやるのは無理がない?
  • 画面やキーボードなどがノートPC(みたい)になっていて、スマートじゃない。だったら普通のノートでいいのでは?
  • ノートPC(みたいなもの)を使うにしたって、ケーブル接続はスマートじゃない。無線接続にして欲しかった。上に載せるだけで動くとかさ・・・

まあ、そういう要望ばっかり言って機能追加するから、製品が出ずに遅れを取ったり高くなってしまうってことはあるが、でも、これはちょっとない気がする。

あと、Makuakeに出した会社って、単に輸入しているだけ(開発は海外の企業)で、売るだけのことで支援を募って、それにたった200万円集まっただけで何を喜んでいるかなあと、レベルの低さにもがっかりした。使いたい人は既に自分で輸入しているのでは??

  •   0
  •   0

(iVideoが激遅だったせいで写真がアップロードできなかったので、遅れて投稿する。)

ネットが使えなくなって、家に居てもどうしようもないので、ドライブに出ることにした。以前から水仙が観たかったということもある。調べたら、ひたち海浜公園(ひたちなか市)と東那須野公園(那須塩原市)が候補になった。前者は以前行ったことがあり、距離が若干遠いのと園内が広くて結構歩くのだが、疲れで体力的に難があったので、後者にした。

9:30頃出発した。国道4号は飽きているし詰まらないので、那須烏山市辺りまで少し遠回りした。余り考えずに走ったせいで、何度か余計な迂回をしたりしたが、空いていて走りやすかった。

ただ、それなりに遅くなく走っていたのに、一台、あおり気味の車が居て、面倒な気分になった。単に車間を狭く取る人なのか、こっちを意識して煽っていたのか、まあどうでもいいことだ。ホンダ車で、雰囲気的に社用車らしかった。

あと、遅く走る車は多かった気がする。前にも書いたが、ただ遅いのではなく、タイミングが合わないのか、こっちをイライラさせる走り方なので困る。出だしはすごく遅く、定常時に遅いだけでなく、なぜか突然速くなったりする車もあった。あれは何を考えているのだろうか? まあ、それもどうでもいいよ。好きにしろって感じだ。

大田原辺りは随分のどかで良かった。宇都宮とは違うものだ。平日のせいか、コンビニに作業服の人が来たりしたのだが、雰囲気から、前の前の会社の人かと思ってしまった。

日射しは強いが、外の空気は寒かった(公園の気温は12℃だった)。走りながら見えた菜の花や桜も綺麗だった。菜の花も観たくなったが、なかなかそういう場所が少ない。以前、群馬に行った覚えがある。

運転中に、前の日に申し込んだ光回線の会社から連絡が来たので、休憩時に折り返し連絡し、2週間後に工事になった。今は携帯でどこででも対応できて便利だ。

話は逸れるが、予想どおり、建物内の配線はVDSLになった。ただ、それならすぐに繋がるかと思っていたのだが、現場での工事が要るとのことで、2週間後になった。VDSLの集線装置のようなものにうちの電話線を接続するのかも知れない。VDSLは100Mbpsで超高速ではないが、まあ、腐った無線よりは安定しているからいい。今は10Gbpsとかの光サービスがあるらしいが、「そんなの一体何に使うの?」って聞きたい。自宅でデータセンター?w

調べると、フレッツは夜などに速度がかなり低下することがあるようだが、旧居では問題なかったので楽観視している。ただ、遅い場合はIPv6接続("IPoE"などと呼ばれているが、普通の広域Ethernetでは?)を試そうと思っている。速度のためにv6にするなんていうのは本末転倒だから嫌いなのだが、(対応ルーターを買わずにやるなど)技術的な興味はある。でも、それで、例によって疲れるうえに無駄骨になりそうな気はするw

IPv6が出てから何十年経ったか分からないが、ようやく普及しつつあるようだ。でも、日本では、当初の目的だったアドレス枯渇対策でなく、速度向上が目的とは苦笑しかない。まあ、NTTはv6普及のためにフレッツをわざと遅くしているのかも知れないねw まあ、それでアドレス枯渇対策になるのなら、悪いことではないのかも知れない。ていうか、「ちゃんと仕事しろ!」だw

12時頃着いた。駐車場には意外に車が多かった。予想どおり、すごい公園ではなく、小ぶりで、どちらかといえばしょぼい感じではあるが、まあ丁度良かった。小さい子どもや小中学生を連れた家族が多かった。青空が綺麗だった。咲き始めではあったが、桜も咲いていた。なぜか、僕の一番好きな種(色遣いが一番派手? 僕は一番水仙らしいと思うが、今となっては、ぶりっ子的な やり過ぎ感が少しあるようにも思う)が少なかった(しかも遠かった)。時期なのだろうか? 一時間くらい歩いて、そこそこ水仙を楽んだので、帰ることにした。

帰りは国道4号にし、15時頃、無事帰宅した。疲れたけど気持ち良かった。今度は菜の花が観たいが、今年は無理かな。

ガソリンを入れたら、燃費は13.6km/lだった。近頃は近場に行くことが増えて、少し下がった。相変わらず調子は良い。総走行距離は約5600kmで、一年で3000kmくらいしか走っていない(丁度、自動車保険の料金の区切りなので良かった)。

IXY Digital 3000ISで撮影

  •   1
  •   0

iVideoの交換ルーターが届き、ようやくネットが復旧した。何でもないwebが普通にサクッと表示されるのを見たら、本当に安心した。先日申し込んだ光回線の開通は2週間後の予定なので、それまでなら、腐ったiVideoといえども遅くならずに持つだろう。

激遅前・激遅中・ルーター(SIM)交換後のiVideoの通信速度 (横幅は約一週間)

今回の交換ルーターも初期化されておらず、前の客の使用データ量が見えた。190GBくらいだった。iVideoは、遅いと苦情が来たらwebで使用量を表示する手順を教えているようなので(僕はそういう依頼をされた)、この客も遅くなったのではないか。どういうプランかは分からないが、190GBだと、僕と同じ(300GB/月)か一つ上(900GB/月)ではないか。いずれにしても、その人も上限に達する前に遅くなった可能性が高く、全くひどい話だ。容量詐欺の確信犯・常習犯ではないか。

まあ、そういうクソの話はもうどうでも良くて、今回気付いた(思い知らされた)のは、僕が余りにもネットに依存し切っていることの危険性だ(今問題になっている、ゲーム依存症に似たようなものか?)。光回線なら通常時はまず切れることはないが、災害時にはしばらく途絶える可能性が高い。そして、今回のように数日でなく、いつまでとも分からず延々とネットが使えないとなると、確実に頭がおかしくなる気がした(今回の数日だけでも結構「来た」ので)。

そういうことへの(事前)対処は何があるのか見当も付かない(いや、ありきたりなことは思い付くが、実現・実践可能性は低い気がする)。まあ、そういう場合は日々生きることに精一杯で、ネットがなくても過ぎていくのかも知れない。今のところは、そういう事態にならないことを祈願するしかなさそうだ(オイオイw)。

 

(3/27 9:01 通信速度のグラフを追加)

  •   1
  •   0

さっき、スマフォで光回線を申し込んだwww

↑ これだけですべてが伝わる??

昨夜(前の投稿をした直後)からiVideoが激遅(通信速度が100kbps前後しか出ない)になって※、今(3/24 16:30頃)も直らない(3/25 4:33 丸一日以上経ったが、もちろん直らない)。もちろん、契約のデータ使用量上限には充分余裕がある。サポートに連絡しても今ひとつで、「しばらく様子を見ろ」とか言って来たけど、さっきようやく交換ルーターが送られることになったが、届くのは明後日で、それまでどうすればいいのか・・・

iVideoが昨夜から激遅・・・ (通信速度: 右半分は昨夜から)

※PC(iVideo)では光回線の申し込みページすらまともに出ず、この投稿だって、スマフォでは手間だからPCから書いているが、保存するのにも時間が掛かってヒヤヒヤ・イライラするくらいだ。この状態だと、スマフォ(のLTE)が爆速で笑えるw (というか、ありがたい)

おそらく、SIMが駄目(契約が違っていて容量超過になった?)で遅くなっていると思うので、向こうの言うとおり様子を見ていたら、このまま月末まで遅い状態が続くだろう。だから、ルーター(とSIM)を交換すれば直るのだろうが、問題は、iVideoはこちらのSIMの状態をすぐに把握できず、調査しても問題ないと言っていたことだ。そもそも、この遅い問題は初めてではなく2回目(前回も今と同様に、SIMを交換して直ったし、遅かったSIMも月が変わったら速くなった)なので、SIMの管理も障害管理もすごくいい加減なのは間違いない。

そういえば、今のルーターには前の客のものかと思われるSMSの通知が残っていたし、チェックとか全然せずに出荷しているのではないだろうか? 要は、「テキトーに出して、問題が起こって文句を言われたら交換すればいいや」なのではないか。

(3/25 4:33追記) そのサポート(同じ人)が信用できない証拠はもう一個ある。先日、別件で僕にSMSを送ったというが、来ていないと言ったら、「自分でやったから確かだ (キリッ)」みたいなことを言ったので、送った端末の記録を見せてくれと言ったら、記録は手で書いたexcelみたいなもので、「送信先は記録してなかった」と抜かした。呆れた。送信先がなかったら、何のための記録なんだか・・・ それで「確かに送った」と豪語するとは・・・ まったく、幼稚園児並の知能の奴とは付き合えない。

あと、そのサポートは、最後の頃に恩着せがましく「今は障害が多発している」とか言って、「僕の問題は普通だから我慢しろ(特別に交換してやるんだよ)」のようなことを言っていたが、近頃の通信障害なんて以前に書いた どんなときもWiFiだけしかニュースに出ていないから全然信用できない。それだったら、最初に書けよって思う。

あ、トラブルが多発しているのはiVideoのことだったのかな? だったら納得だ。あんなクソ以下のところだったらね。

結局、僕もセーフじゃなかった訳だ。

それにしても、通信が途絶えるとこれほど不便になるとは思ってもいなかった。ほとんど何もできない。ニュースだってまともに読めない※し、Evernoteすら同期できない。トラブル時はここまでひどくなると思わなかった点が、甘かった。

※今のwebはJSやCSSやフォントが重いのか、画像を非表示にしてもまともに出ないことが多い・・・

この調子だと、あと数年経っても完全無線は無理そうな気がした。5Gとか言ったって、キャリアは(結局は)高いうえに制限が多いだろうし、再販会社がこんなふうにいい加減では、全然頼れない。便利だったんだけどね・・・

  •   1
  •   1