Archive for the ‘PC・技術’ Category

(暑いうえに、エアコンの逆止弁の取り付け作業で疲れたので、小ネタを。)

近頃、ちょっとした工夫をして、それが意外に効いたので書く。

1. iPhoneのカメラの焦点が合わないことがあるのを何とかした。

僕の(6s)が古いからかも知れないが、臭いセンサを定期撮影していると、結構頻繁にボケて写ることがあった。手で撮影するならタッチして調整できるが、自動なのでできないし、ショートカットからの撮影では、焦点をどうするか(例: マクロ、固定)の設定もできない。原因は良く分からないが、今はセンサの画面に後ろの窓の光が反射するせいかと思っている。

当時は、画面のコントラスト比が低くて焦点が合いにくくなるせいかと思って、見えなくても問題ない箇所に焦点合わせの補助になるマークを貼ってみた。小さい紙のシールに"+"と書いたものだ(今となっては、文字は不要でシールだけで良かった気がする)。

すると、嘘のようにボケなくなったので、安心していた。しかし、今日の昼頃に再びボケたので、試しにカーテンを引いたら直ったから、窓からの光の反射が強過ぎると駄目なようだ。でも、まあ、結構うまく行っている。

これは、少し前に絶賛炎上したZOZOSUITの マークにインスパイアされたのかも知れない。 (んなこたぁないw)

→ その後再発したので、測定セットの前に紙の遮光板を置いたら直った。だから、実はマークは無意味で、直ったと思って居たのは たまたまカーテンを引いていたからかも知れない。が、剥がす時に位置がずれて画面が傾いたり、またボケるようになって元の木阿弥になるかも知れないので、そのまま残して居る。

最初の考えとは違うが、これもアナログな小技には違いないw (8/7 8:46)

測定セットの前に、窓からの光を遮る板を置いた。

 

2. 液晶の一部を見えにくくした。

コレクターって訳ではないがw、うちには温湿度計が多い。今は(外気温や半分壊れたのも含めて)4個もある。それらには大抵時計も付いている。しかし、そういうやつの時計なんて見ないし、合わせてもすぐに狂うので、面倒だから時刻は合わせない。とはいえ、見ると目に入って誤解しそうになるのが嫌なので、見えにくくしてみた。

要するに、見ても無視するように脳内で処理することすら面倒だってことだ(爆)

実に安直で、無色半透明の養生テープを切って貼るだけだ。昔TVで使われていた、顔を出せない人を隠す すりガラスみたいな感じか(今はデジタルのモザイク?)。薄く見えはするが、ぼやけているので、目に入っても理解しないようで、邪魔な感じがかなり減る。要するに、アナログのぼかしフィルタだ。

また、光の反射加減によるが、離れるとほとんど見えない。養生テープだから、あとで剥がしても汚くならないだろう。

なお、ここに不透明とか色付きのテープを使ってしまうと、見えなくなりはするが、なんか目障りになってしまう気がする(好みの問題)。今思い付いたが、「液晶色」の紙とかテープを貼れば、完璧かも知れない^^ (製品が入っていた箱に描いてある画面の絵から切って使えそうだ)

養生テープを貼り、温湿度計の日時を見えにくくした。

これは、以前、温湿度計が壊れておかしくなった湿度の箇所に貼ったら結構良かったので、またやってみた。本当の技術馬鹿なら日時の表示が出なくなるようにハードを改造する(配線を切る?)のだろうがw、こっちの方が手軽なので気に入っている。

 

(8/7 13:38 遮光板の写真を追加)

  •   0
  •   1

新しいエアコンは強力なのはいいが※、やっぱり1℃刻みでしか温度を設定できず、「あと少し暖かく/涼しくなれば・・・」ってことが多い。それで、以前も考えた温度の微調整の方法を考えたら、結構いい案が浮かんだ。ただし、微調整するための技術のアイデアであって、これだけでは調整はできない。

※以前のはどうも弱い気がして居た(その分、消費電力は小さい)が、古くて能力が落ちて居たのかも知れない。

以前から考えているのは、エアコンの室温センサの温度を微妙に上下させてエアコンを騙して(室温を誤認識させる)、結果的に部屋の温度を微調整することである。温度を上下させるのに、以前はペルチェ素子を考えたが、いろいろな問題があって諦めた。一番直接的なのはセンサ(サーミスタが多い)に直列に可変抵抗を入れて抵抗値(室温に相当する)を変化させることだが、一般的に、センサが基板に繋がっているコネクタにたどりつくのが難しい。

それで、新しいエアコンについて調べたら、室温センサは室内機側面の穴の奥にあるとのことだった。更に調べたら、その穴は吸気している(フィンの手前に繋がっているのだろう)ので感心した。これなら、某パナのようにフィンの温度に影響される可能性はなく、可能な限り正しい室温が得られる。問題は設定温度の刻みが粗いことだけだ。

それで、今朝何かの拍子に思い付いたのだが(確か、最初はセンサの吸気口が吸気しているのを知らずにファンで空気を送ってみたけど効き目がなかったのだが、エアコンを見ていたら、自分の冷気を使うことを思い付いたのだと思う)、手持ちのドレンパイプでセンサの吸気口に室内機が吐き出す冷気を入れて、室温が低いと認識するか試してみた

最初は、(センサの口が吸気しているのを知らなかったため、)冷気を送り出す必要があるかと思ってPCのファンを使ったのだが、効果がなかった。それで、ファンを使うと、冷気と部屋の空気が混ざって温度が上がってしまうのだろうと考え、(それからセンサの口が吸気していることが分かったので、)ファンを停めてしばらくしたら冷房が弱まって、うまく行った。室内機の送風と吸気の力は結構強く、意外にもホースの中をスルッと通り、吸気口に入ってセンサに当たったのだ。

結局、エアコン自身の冷気を室温センサに当てれば(これを「冷気フィードバック」と呼ぶ※)、ペルチェ素子などの電気を食うデバイスなし、かつ、本体の改造なしでセンサの温度を下げられ、エアコンは室温が低いと認識し、冷房を弱められることが分かった。それで、冷気フィードバックありとなしでの定常状態の室温を比較した。実際には冷気フィードバックでの変化量はフィードバック用ホースの設置状態などで変わるが、この方式の有効性の確認や変化の目安を把握しようとして行った。結果は以下のようになった。なお、フィードバックを一時的に停めるのに、ホースの端にカセットガスのキャップで蓋をした

※あまり詳しくないのだが、電子回路でも、出力を負の制御信号として入力に戻す処理(ネガティブ・フィードバック)があるので、それから「冷気フィードバック」と呼ぶことにした。ただ、暖房時に吐出されるのは温風なので、「冷気」は適切ではない。暖房も考慮するとしたら、「サーモ・フィードバック」辺りか。なお、暖房時は、フィードバックすることで温度が下げられるはずだ。

冷気フィードバックありとなしでの定常状態の室温の比較 (冷房の設定温度: 26℃)

  • 冷気フィードバックありの場合(外気温: 約33.5℃)
    • 定常状態の室温: 25.6℃: 設定値との差: 0.4℃
  • 冷気フィードバックなしの場合(外気温: 約34℃)
    • 定常状態の室温: 24.8℃: 設定値との差: 1.2℃

今回は、フィードバックすることで、通常(しない場合)より約0.8℃高められた。

喜ばしいことだが、先は長い。この技術を温度の微調整に使うには、ボリュームか何かで設定する「微調整したい量」に従ってフィードバックする冷気の量を調整する必要がある。というのは、同じ量でフィードバックしたままでは、単に設定温度を上げたのと同じことだからだ(まあ、フィードバックでの変化量を0.5℃くらいに合わせれば、1℃刻み間の設定ができるから、それなりに意味はあるか)。

だから、少なくともスイッチで開閉できる、欲を言えば、電圧で開閉量が設定できる電磁弁のようなものを使うのだろうか。やっぱり難しそうだ・・・ でも、そのうちいい方法を思い付くかも知れない。そういえば、PCの冷却用に良さそうな物(例: 水冷用ポンプ・弁?)がありそうな気がする。

あ! 一つ すぐできそうなことを思い付いた。室内機の風向調整用ルーバーにフィードバック用ホースを付ければ、あるいは、ルーバーの影響がある位置にホースの吸気口を付ければ、風向を変えることでホースに入る冷気の量が変えられそうだ。もちろん風向は変わってしまうが、リモコンで温度が微調整できれば かなり便利だ。うむ。

逆に、エアコンの温度制御で風量が変わるとフィードバック量も変わってしまうから、その補正のようなものが要ることに気付いてしまった・・・

まあ、今回はちょっと思い付いたことが思ったとおりに動いたので、良しとしたい^^

 

PS. なお、僕が心地よい温度は26℃後半のようなので、今回の測定によって、いつもは28または27℃に設定すれば良さそうなことも分かった。状況によって、その間で小刻みな調整が要るのであるが。

  •   1
  •   0

今日、部屋のエアコンが新しい物に交換された。(鉄板・定番の)三菱だったのでひとまず安心した。のだが、その後いろいろあって疲れた。

まず、古い室外機を取り外す時に、おもむろにパイプのネジを外して、シューっと盛大にガス(フロン)を放出し出したので、「は?」とか「えぇ・・・」とか「ファ?」とかになった。以前読んだところでは、(引っ越しなど用に)配管を外すための準備操作があり、そうすればパイプを外してもガスを出さなくて済むようなのだが・・・ いずれにしても、持ち帰って処分する時には抜いて回収する必要があって面倒なのか、古い人※で そういう意識がないのか。いずれにしても、結構驚いたし ちょっと気分が悪くなった(臭いとかのせいではなく、精神的な話)。なお、ガスは結構大量で、緩く出していたせいもあるのだろうが、白い霧がしばらく出続けていた。なんだかなあ・・・

僕は(「ガソリン臭い車」が好きかは別としてw)それほど環境にうるさくないが、どうしてか、これにはかなりがっかりした。おそらく、エアコンのガスはフロンだけでなく、潤滑油を含んでいることを知っていたので、そういう いかにも汚い物が部屋に入って来るのが嫌だった(その方は窓は閉めてくれたが)のが大きそうだ。

それに、(こっちがガスについてどう思おうと、)プロとして必要な最新の常識を持たず・無視して昔ながらのやり方で通す奴は大嫌いだ! (これ、なぜか知らないけど現代で馬鹿の一つ覚えよろしくIEしかサポートしない某政府と同じだ)

※その人があとで言っていたが、数十年もエアコンの取り付けなどをされているそうで、僕より十歳以上上の方のようだ。そういう経験は尊敬できるが、以下に書いたことも含めて作業の結果を見ると「もう引退したら?」って言いたくなる。

見ていると、エアコンの取り付け作業はかなり面倒で、銅管を切ったり(でも、工具を使うと(電気なしで)スパっと切れるようだ)、端部をフレアという形状にしたり、管をテープで巻いて綺麗にまとめたり、高所で作業したり(脚立では足りなかったのか、手すりに足を乗せていた。もちろん、命綱などなしで。こういうのがいつか事故になるんだよな・・・)と、僕には全く無理なことなので、そういうのには感心した。

予想どおり、約2時間で作業が終わって帰っていた。のだが、

新しいエアコンを撮影しようと構図を決めていたら、突然 室内機から水が垂れて来たので驚いた。しかも、ボタボタと盛大に。どうやら、室内機のドレンホースが ちゃんとドレンパンに付いてなかったようだ。そのため、外のドレンホースからは一滴も水が出ていなかった。

運良く、二人のうち若い人(の車)はまだ残って居たので、急いで降りて行って、出ようとするところを手を振ってw停めて間に合い、もう一人を呼んでくれた。(今は携帯があるから便利だな)

うーむ。僕のような素人でも分かることだが、普通はさ、ドレンホースから水が出るのを見届けてから帰るもんじゃないか?? ガスも電気もそうだけど、水漏れは絶対に避けたいし、怖いことではないのか?

他には、例によって、豪快な取り外しや取り付けだった。室内機の傾き(これ、重要)を確保するのにメジャーを使ったりと、ピンポイント(要所)で丁寧なところもあるのだが、大体は「いかにも現場作業」という感じで、例えば、機器が床に落ちてもおかしくないような不安定な状態で作業をしていた。それから、建物に元から付いていたドレンパイプの止め具が一個なくなっていた。作業中に触って外れて、ゴミと思って捨てたのだろう。

悪くなかった点もあって、例えば、ダクトを塞ぐのに(接着剤みたいなのでなく)パテを使っていて、まあまあ気密性がありそうなことだった。でも、撮影して細かく見るとやっぱり ちょっと雑だったので、あとで「盛り」たい。

一方で、もう一人の若者(補助? 見習い中?)は豪胆そうな外見に似合わずちゃんとしていて、こまめに掃除していた。床に落ちた水を拭いたりゴミを拾ったり(年長の方は、例によって、ゴミ(例: ケーブルの被覆)を落としまくって、目立つもの以外はそのままw)、水漏れ対処で壁紙が汚れたのを丹念に拭いてくれた(完全には落ちなかったが)。彼がこのまま一人前になれば安心だ。

あと、これは却って都合の良いことなのだが、ドレンホースとドレンパイプの接合部はホースを挿し込んだだけで気密対策がされていなくて※、パイプの下にトラップとして置いた水受けは全く意味がなかった。置いた少し後でホースの径を調べようとして気付き、慌てて暫定のトラップを作った。最初は手元のドレンホースを繋げて一回転させたが、(見た目はおもしろく、)うまく働いたものの溜まる水がちょっと多そうな気がしたので、フィルムのケースで作り直した

※おそらく、最初はテープを巻いていたのだろうが、水漏れの対処を確認する時にテープを剥がし、直ったら安心してしまって再び巻くのを忘れたのだろう。

まあ、僕は、ちゃんとした逆止弁を付けるつもりでいて、その時に接合部を外すつもりだったので、簡単に外れるようになっていたのは手間が省けて助かる。けど、プロなんだから しっかりしようよ・・・ (もしかしたら、エアコン取り付け業者の方たちには、気密性とか外の空気が入って来ると困るなんてことを考慮する意識が全然なくて、こういう差し込むだけのやり方も普通なのかも知れない) ← よく考えれば、パイプの末端は開放なので、ここをきっちり塞ぐ必要も意味もなく、これはこれで問題ないようだ(でも、室内機に近いから虫などは入りやすいね)。

なお、事前にトラップをどうするか検討したのだが、少し前に試して効果のあった水受け皿のようなトラップだと常に水が溜まっていなくてはならず、冷房しないと水が腐ったり蒸発したり、冬は凍結して破損する心配があったので、ちゃんとした逆止弁を買うことにした。

そういうことがあって、急いで逆止弁などを注文した。

慌てたせいで、注文の前にしようと思って居たホースの径を測るのを忘れたが、まあ、手持ちの普通のホースと同じだったから大丈夫だろう。。。

 

先日読んだのだが、こういう盛夏にエアコン工事を頼むと事故や失敗が多いから勧めないとあって少し嫌な予感がしたが、本当にそのとおりになった。

 

気になる異臭に関しては、取り換え作業や暫定のトラップを付けるのに窓を長時間・頻繁に開けていたせいか、今は少し空気が悪い気がする(ベトつく)。少し様子を見ようと思う。

それから、今度のエアコンもインバータ式だけど電気を食いそうだ。コンプレッサーが動いている時は800W前後、静かな時でも300W前後は食う。まあ、その分効きは強い(きっちり指定温度になる以上に、寒いくらいだw)し、パーシャルな状態がないから、フィンからの臭いも出にくいのではないか。

 

それにしても、(暑くて作業が大変だったのが分かるので)ムカつきはしなかったが、いろいろと疲れた(呆れたのかも)・・・

 

PS. 最初の題は「「亀の甲より年の功」でもなかった・・・ (エアコン交換の話)」だったが、変更した。

(8/5 3:58 新しいエアコンは実はインバータ式だったので、修正)

  •   1
  •   0

今使っているPCは全く問題なく動いているのだが、もう10年近く使っていて いつ壊れるか分からないので、次をどうするか考えた。

以前も検討して諦めたVDIあるいはDaaSは、壊れないしどこでも使えるのが魅力的なので再度調べたのだが、まだ高過ぎて駄目だった。大体、毎年新しいPCが買えるくらい(10万円/年以上)の額になる。それだったら、9年以上壊れていない今のPCの方がずっと経済的だ。

高くなる一番の原因はメモリの量で、メモリが16GBだと15万円/年コースになる。OSがクラウドで動いていても、ブラウザなどを動かせばメモリを食うはずなので、ある程度多くは要ると思う。仮にブラウザをローカルで動かすなら、リッチなクライアントが必要になって意味がない。

その次はストレージの量だが、Backblaze B2のようなネットワークストレージを使えば、安く済むと思う(うまく使えるかは要確認)。

他には、少ないけれど、ローカルなハードをどうするかという問題はある。例えば、オーディオやスキャナだ。前者は今使っているプレーヤー(gmusicbrowser)を止めて、(個人版Spotifyみたいな)クラウドベースに換える手が考えられる(ただ、音質がどうだか・・・)。スキャナはどうしようもない(いきなりクラウドにアップロードする機種はある)。デュアルディスプレイは可能なようだ。

(8/4 18:47) その後少し考えたら、プレーヤー自体はVDIなりで普通に動き、音を出すハードがローカルになることに気付いた。要するに、仮想環境(例: VirtualBox)の仮想サウンドデバイスのように音が出るのだろう。いずれにしても、音質に期待できないのは確かだ。

言ってみれば、僕が欲しいのは、「PCのサブスクリプション」だ。特にハードにこだわりはないので、遅くなければ何でもいい。今後もPCが残るなら、いつか実現しそうな気がする。

現時点で一番近いのは、Chrome(またはChromium) OSのデスクトップだ。いわゆるChromebookである。これなら安い。しかし、完全にGoogleに従わなければならず、自分のOSもプログラムも使えないから僕には論外だ。でも、「必要な機能が使えれば何でもいい」という人には結構いいと思う。

という訳で、まだ今はローカルなPCが経済的(数年間は壊れないという前提)ということになり、でも「もうx86じゃないでしょう」ということで、(上に挙げた稿でも検討した)ARMベースのデスクトップも少し調べたが、まだ少ない。

すると、やっぱり「普通のPC」に帰着してしまう。でも、いつも同じIntelではおもしろくないので、先日発表されたばかりのAMDのAPU、Ryzen Pro 4000Gシリーズ(Renoir)を候補にしたい※。でも、安くはないし、しばらくはトラブルが多そうなので控えた方がいいから、早くて来年頭かな・・・ 悩ましいのは、今のが壊れない限り買う必要はない(早く買うと、その分劣化して寿命が短くなって損だ)のだが、一旦壊れたら買うのすらままならなくなることだ。予備はあるけど、それを使えるよう(とりあえず通販できるくらい)にするのが面倒だ。

※そんなに速くなくていいから、今度は安いやつでいいかな。でも、買う時点ではちょっと無駄に速いくらいの方が長く使えるのだろうか?

 

PS. 書いたあとで気付いた。今のVDIやDaaS(チョコみたいな名前で嫌いだ。チョコは大好きだけどw)は、大昔の大型コンピュータのTSS環境そのものではないか。細かいところは随分違うけど、大まかには同じだ。それに、TSS的な形態(DaaSだけど、各ユーザの環境がそれほど独立していないイメージ)で使う方が、上で問題になったメモリを共有できて(→ 使った分だけ課金されて)、コスト面では少し良さそうだ※。歴史は繰り返すのだろうか? そうすると、DaaSなどが流行ったあとは再びローカルに戻るのだろうか?? (個人で実現するのでない)VDIは自由がなさそうだからな。

※実際には、今のLinuxなどのOSは実行中に動的に(システム全体の)メモリを増減できないので、すぐには実現できない。だから、使った分だけ課金するためには各ユーザのOSは独立にできなさそうで、そういう意味で、各ユーザの環境をそれほど独立させない(例: みんなが同じOSを使い、すごく大容量なメモリを分け合う)のが現実的だろう。

あとは、将来のOSが動的なメモリ増減を可能にすれば良い。今でもできることとしては、仮想メモリ(スワップ領域)の増減(減らせるかは要確認)で、速度を全く求めないならできそうだ(けど、やっぱり求めるだろう)。ただ、ストレージがSSDのように高速なら、結構実用になるのかも知れない。 (でも、高そう)

(8/4 5:45)

PS2. 昨日だったか、Linus Torvaldsが まだARMのマシンにはしてない(Appleのマシンに期待しているとのこと)けど、Ryzenにした(そうしたらすごく速くなった)って話を読んで、意外に考えることが似ていて ちょっとおもしろかった。 (8/4 5:58)

  •   1
  •   0

「買ってはいけない家電」の見分け方。安くてもプロが絶対に買わないのは…

いろいろ違う。

一番違うのは、自動掃除機能付きエアコンを勧めていること。この機能があるために、逆に掃除がしにくくなって、数年後に内部のクリーニングを頼むと高く付くのを知らないのか。それに、「(掃除機能なしは)室内でタバコを吸う方には絶対にオススメできません」と書いているが、タバコのヤニも臭いも、余裕で(自動で掃除される)フィルタを通り抜けることはご存知ないのか?? また、フィルタに付いたヤニは、あのブラシでは取れないと思うがなあ・・・ (仮に取れたとして、そのブラシは一体どうなるのだろうか・・・)

そして、プライベートブランド(PB)品を一概に避けるのはどうだろうか。メーカー品を名前だけ変えて出しているものもあるし、メーカー品だって、海外メーカーの製品を名前だけ変えて出しているものも多いのでは? (それで悪評がすごいものも・・・) 確かに、メーカー品は品質管理や受入試験などをちゃんとしているだろうが、それがOEMになったPB品の品質も同等では? だから、見分けるべきは、発売元でなく中身ではなかろうか。中身が同じなら安い方を買えばいいと思う。

それから、日本の大手メーカー品は、余計な機能が多くて却って面倒・無駄なのに高価だという問題がある。その場合はOEMではないPB品とかア○リスなど(いわゆる「ジェネリック家電」)が出る幕だが、これは難しい。長く使う白物家電などについては、仕方なく国内大手かと思う(ただ、今はそういうメーカーもほとんどないが)。僕は、いつも賭けをするかどうか悩む。

いずれにしても、結局、この筆者が言っているのは店(量販店)での売り文句そのものではないか。「だから量販店の店員の言うことは信じられない」と言うのは言い過ぎだが、彼については正しい。

  •   0
  •   0

歯を磨いていて、突然気付いた。

エアコンのドレンパイプは?

と。何かというと、今まで全然考えていなかったが、ドレンパイプから外の臭い空気が逆流して、エアコンや部屋に入って来るのではないかということだ。あのパイプは長いけど、両端には何も蓋がないから、風の程度によっては充分通風するはずだ。窓の隙間からですら臭いが入って来たのだから、あんな直径2cmくらいもあるパイプだったら、臭いが入って来るには充分過ぎるだろう。

実際、臭うのはパーシャルな冷房や送風時で、ドレン水があまり出ない時だから、パイプに空気が通りやすいだろうし、水がなければドレンパンとパイプの接合部は開放状態だから、臭いは出まくりだろう。そう言えば、エアコンを停めていても臭いことがあって不思議だったのは、これだったのかも知れない。

なぜ気付いたか考えてみたら、その前は、(まだ臭う気がすることがあるので、もしかしたらと思って)壁の吸気口のパイプに詰物を追加し、数日前は、この時期なので、ドレンパイプから虫が入って来る記事やその虫よけ用の蓋を見た気がする。そこら辺が融合したのだろう。

過去の臭い測定記録を見れば、臭い時の外の風の状態やエアコンの動作状況が分かるので、説の正しさを検証できそうだが、もう面倒だし、論より証拠なので(?)パスするw 以下の試行結果や数日後のエアコン交換後の状況で考えよう。

(9:17追記) それから、実は、風がなくてもドレンパイプから臭いが入って来る可能性が高いことに気付いてしまった。エアコンのある部屋の吸気口や換気扇や窓の隙間を塞いでしまったので、換気のために風呂の換気扇を常時回していたら、他に吸気口を作っているにしろ、スカスカのドレンパイプからも吸気されてしまうではないか! いろいろな原因や対処が絡み合って複雑かつ面倒な状況に陥ったようだ・・・ これって、「風が吹けば桶屋が儲かる」みたいなもの??

それで、とりあえず、パイプの下に(ペットボトルを切って作った)水受けを置き、それを水で満たして、ドレン水は通るが空気は容易に通らないようにしてみた。これで効果があれば、ちゃんとしたものを作るか買うかしたい。

あとで気付いたが、これは排水口などのトラップに相当する。そう考えると、ほとんどの人はエアコンのドレンパイプには無頓着なのが不思議だ。まあ、ほとんどの場所では外はそんなに臭くないのと、僕が過敏なせいなのだろう・・・

まだ置いたばかりで何も結果は出ていないが、想像と期待では、いつも夕方近くになると臭うのは、その頃になると外が臭くなって ドレンパイプから入って来るか、あるいは、ずっとわずかに臭くて、パイプから入り続けてフィンで濃縮されつつ溜り続けていた臭い物質がフィンの吸収容量を超えて「決壊」するのではないか。

さて、どうなるか・・・

他に、エアコンのパイプ類を通すダクトの気密性も気になった。これはエアコン交換後に確認して、不足していそうならパテを埋めようと思っている。パテは腐るほどあるのでw

(16:52) いつもなら臭くなる時間を過ぎたが、改善された。今日は試しに、前に書いた臭わせないための回避策をせず「普通」に冷房していたが、それで臭くなったことはなく、空気が綺麗な感じすらする。ただ、やっぱり今は少し目が痛く、少しベトつく。それから、わずかに臭う気もする。

以前よりはいいが、直ったとは言えない。もしかすると、ダクトから漏れているのかも知れない。外から塞いでいる処理を見たら、以前臭った洗面台みたいに雑な感じだった。やっぱり、パテではなく接着剤みたいなもので大雑把な感じに塞いでいた。今度交換する業者はどうだろうか。

それから、たまたま今日は臭わない日だったかも知れないので、明日以降も様子を見る。

  •   1
  •   0

お引越しのお祝い返しも済まないうちに

引っ越す訳じゃないけど、数日前に、どうにかエアコンからの臭いの回避策が(完全ではないが)見付かり、有効性を確認していたのだが(今までのところ、なかなか良かった)、今日、無事、エアコンを交換してもらえることになった。連絡がないのでこっちから連絡したら、そういうことだった。忙しかったのだろう。その人は、体型も性格も以前の会社の現場担当の人に似ている感じでなかなか親しみが持てたのと、現象が分からないながらもちゃんと対応してくれたので、連絡が遅くてもあまりムカつかなかった(でも、「実は、大家が拒否して取り止めになって、このまま知らん顔じゃないよな?」と疑心暗鬼になって ちょっと嫌な気分になったので、やっぱり催促したw)。

思うのだが、こういう時にメール(LINEなどでもまあいいけど)でも連絡できるようにしておけば、お互いに随分精神的負担が軽くなると思うのだが、特に田舎は、まだそういうのを「一般的でない」とか「丁寧でない」と思い込んでいるのか積極的に使わず、まだまだ電話を主流・フォーマルな連絡手段にしているフシがあるようだ。自分ではスマフォを持っているのにね・・・ そこら辺の、都会から数十年遅れた、ねじれた社会・精神構造は いつか改善するのだろうか? (昔から他のことでもそうだったので、無理な気はする)

昔の僕は、半ば強制的にメールで連絡をしようとしたが、大抵期待外れに終わったので、今はそういう手段が公開されていない時は、仕方なく大嫌いな電話を使う。

 

何かの参考になるかも知れないので、その、臭いへの対処方法(効果確認中)について以下に書く。

前回書いたように、うちのエアコン(パナソニック製)から出る臭いは、主に以下の2つある(カビによるものは除く)と考えている。

  • フィン(プレコート材)などに吸収された屋外や部屋の臭い
  • フィン(プレコート材)自体の臭い

コンプレッサーの動作(消費電力を見た)、臭いの状況、室温、湿度などを観察したところでは、パーシャルな冷房(インバータ式でコンプレッサーが弱く動いている場合)や冷房中の送風時に臭いが出るようなので、それらを避ければいいと考えた。

いろいろ試したところ、エアコンのモードを自動や除湿にすると良さそうだった。説明書には、自動モードは単に冷房と暖房を温度によって切り替えるように書いてあるだけだし、小さくしか書いてなかったし、大抵の場合、自動はうまく動かないのでw 最初は全然試さなかったが、意外に良かった。全く灯台下暗しだ。「だったら そう書いておいてくれよ」って言いたい。

自動モードでは、臭い抑制機能(「におい除去」と書いてあるが、特にそういう装置はないので抑制が正しいだろう)により、臭いそうな場合になるべく送風しないようにしているようだ。送風しなければ、臭い原因物質はフィンの結露水と一緒に流れるから臭わない。また、同様にパーシャルな冷房も少ないようだ(しても送風を抑制するため、臭うことが少ない)。

使い始めた頃は そういうことまで気付かず、単に風を出さないから臭いがエアコンの近くにしか出ないだけの気休めだと思っていたのは、大きな誤りだった。でも、やっぱり、「だったら そう書いておいてくれよっ!!」って言いたい。

結局、「におい除去」機能はメーカー自身が臭うことを認識しているにも関わらず、小手先の対処でしのごうとしている証拠だ。そういう態度や、自業自得な問題に対処するだけのネガティブな機能をいかにも いいもののように うたうのは好かんなあ・・・

除湿モードは、自動ほどではないが、普通の冷房モードよりは送風やパーシャルな冷房をしないようだ。この機種はエセ除湿(再加熱しない)なので、動作としては冷房なのだが、主にファンの速さ(風量)で効きを変えているようで、結果的に、パーシャルな冷房が起こりにくかったり、そういう時の風量が少なくなっているために、臭いが出にくいのだろう。

上記の対策が分かったヒントは、別のメーカーのエアコンで、臭いが出るのを防ぐために、設定温度に達した時などにファンを停めて送風しないモードがあるのを知ったことだ。それで、うちのエアコンもそういう動作をさせられないかと思い、試行錯誤して たどり着いた。

 

という訳で、新しいエアコンがパナでないことを切に願っているが、なんとなく なってしまいそうだ(普通は「失敗」を避けるため、既存の物に合わせるから)。でも、まあ、今のより十年くらい新しいから少しはマシになっていることを期待する。あと、新しければ、過去の臭いは蓄積されておらず、また、当面は蓄積しにくいと期待する。更に、今は窓の隙間や台所の換気扇を塞いでいるので、屋外の臭いが蓄積される量・可能性も少ないだろう。そして、仮に新しい機種でも全然進歩がなかったとしても、自動モードで「におい除去」機能をonにして使えば何とかなるんじゃまいか?w

  •   1
  •   0

文章が劇的に「伝わるようになる」鉄板ルール

僕はこういうのは眉唾だと思って大抵読まないのだが、文章を書くのは好きなので見てみた。が、やっぱり僕の意見とはちょっと違った。違和感があったのは、(一番最初に出てきたから、最も重要と言っているであろう、)次のアドバイスだ。

まずは「一文をなるべく短くする」ということです。

全然違うと思う。悪い例として国会の答弁が挙げられているが、答弁はそもそも文章ではなく話し言葉であり(それであれだけ分かりにくいなら相当のものではあるが・・・)、それ以前に、書いた人は分かりやすくしようなんて考えていない(逆に、分かりにくくしようとしている可能性がある)ことが、分かりにくい一番の原因だと思うし、そういうのを例にしても余り意味がないと思う。

そして、良い例に「雪国」(川端康成, 1947)が挙げられているが、筆者の言うとおり、文章は短いしリズム感があるから、読んでいて心地良いし、光景が目に浮かぶけど、本当に分かりやすいのかと思う。

国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。

この文章を読んで、一体どういう光景(見た目以外の話)なのか、川端は何を言いたいのか分かるかと言えば、どうだろう? 僕は分からんね(とは言え、この文章はとても美しく、なんだか分からないからこそ、是非続きを読みたい気分にさせるから、とても良いと思う)。

そもそも、筆者は「情報も1つずつ伝える方がいい」と言うが、上の文章は一つずつ伝えてはいるが、短いブロックに余りにも多くの情報や読み手が考えなくてはならないことが詰め込まれている※。それが「分からない」原因だと思う(もちろん、文学ではそれがおもしろいのだが)。

※例えば、一番最初の「国境」、「長いトンネル」からして、すぐにはなんだか分からないではないか。下手したら、ヨーロッパの山岳地帯を思い浮かべる人も居るかも知れないw ああ、でも、逆に、このブロックはグローバルに通用するんだと感心した。

もう一つ言いたいのは、やたらに短い文を連ねたら、細切れになってしまってリズムが損なわれて、読みにくく・分かりにくくなるだろう(そういう例を書きたいが、面倒だし疲れるので省く。リズムが損なわれる例としては、多くのブログやまとめサイトの、全部の行で改行している文を挙げたい)。

↓ 試しに、この稿の二段落目の文を短くしてみたが、自分で読むせいか、これで分かりやすくなったかどうかは分からない・・・ (14:48)

全然違うと思う。悪い例として国会の答弁が挙げられている。しかし、答弁はそもそも文章ではない。話し言葉だ。それであれだけ分かりにくいなら、相当のものではあるが・・・ それ以前に、書いた人は分かりやすくしようなんて考えていない。逆に、分かりにくくしようとしている可能性がある。そういうことが分かりにくい一番の原因だと思う。だから、答弁を例にしても余り意味がないと思う。

その筆者の他のアドバイスには賛成だが、僕は、文章の長さは問題ではないと考える。「じゃあどうすればいいんだ?」と言われても、「それが一言で言えるなら、昔からみんな苦労していないし、数多くの『文章読本』なんて必要なくなる」と答えるけど、それでは身も蓋もないから一つ書くとすれば、「いろいろな文章を読んで考え・試す」ことだろうか。

 

と、やたらに長い文章を書く者が申しておりますw

 

PS. 実際には、いつも好き好んで、長い、段落が黒くなるw文を書いているから、上のページを見て、ちょっと「うむ、そうだったか」と思い、「では、どうすれば?」と思ったのは正直なところだ。

PS2. 一方で、分かりやすい文章を書くこととは直接関係はないが、「下がり続ける日本人の読解力。「読みやすい本」に潜む脳への悪影響とは」という記事では、読解力などを身に付ける・向上させるために、あえて「読みにくい文章を読もう」(ここでいう読みにくい文章とは、悪文ではなく、いわゆる昔の名作である)と言っている。僕はこちらに賛成だ。そして、読解力が付けば、分かりやすい文章を書く力も付くと思う。

そして、僕がちゃんとした本を読めなくなったのは、その記事に掛かれているように、webなどで斜め読みばかりしているのが関係あるかも知れないと、ちょっと思った。今は本当に、パターン認識のように、まえがきや背景の記述などはすっ飛ばし、見出しやキーワードで重要とか興味のある箇所を探して、そこだけスポットで「見る」ことが多い・・・ (13:39)

PS3. 今、以前から好きな、古谷経衡の記事を読んで安心し、僕の意見が誤っていないことを再確認した。彼もまた長い文だが、分かりにくいなんてことは全くないからだ。むしろ すらすら読める^^ (8/2 9:53)

  •   1
  •   0

異臭問題が一段落したので、今度はオーディオに手を出した。でも、幸いにも音は全く問題ない(近頃は耳閉感はまったくなく、音はいい)ので、お遊びとかいたずら程度だ。以前から試していた、FOSTEXの外付けボリューム(PC-1e)はアンプと違ってガリが出ず※、机上にボリュームがあると手軽に音量が調整できるし、ボリューム自体の調整のしやすさ(音量変化のカーブ)も気に入ったので、正式に使うことにしてアンプをPCから外に出した(出す必要はないが、アンプのボリュームをいじる必要がなくなったので、PCの中に入れておく必要もなくなった)。場所はいろいろ迷ったが、机の上のサブディスプレイの後ろにした。

※ガリは湿度か温度に関係しているようで、近頃はアンプのボリュームもガリが出ない。でも、きっと冬には再発することだろう。

次に、細かいことだが、ボリュームの入力(写真一番上の黒いコネクタ)がミニジャックになっていて、買った直後は微妙に接触が悪かった(プラグを差し込む加減によっては片チャネルになることがあった)のが気になっていたので、ピン接続にしようと思った。ただ、ピンジャックの部品が手元にないので、元のミニジャックを外してピンプラグ付きのコード(ピンコード)を直付しようと思った。

中を見たら 意外にとっても素直で(こういう余裕がある配置は大好きだ^^)分かりやすくて、ミニジャック(写真一番左の丸と黒角の部品)を外さなくてもピンコードが付けられる(ミニジャックに並列に付ける)ことが分かったので そうした。それなら、ピンコードが駄目だった時はすぐに戻せる。なお、ミニジャックはパネルから外して本体の中に置き、残った穴にピンコードを通した。

個人的には、これなら、例えばジャックを互い違い(ジグザグ)にするとか左右にジャックを置くなどすれば、入力もピンジャックにできたと思うが、やはり、綺麗にしつつ余裕を持たせたかったのだろうか?

ひとまず完成したので試しに聴いてみたら、なんとなく音が悪いように感じた。高音が弱い感じだった。使ったピンコードの芯線が細くて(切ってもいい物の中では悪くなさそうだったのだが、中の線は意外にしょぼかった)特性が劣化した可能性があるので、ミニとピンで特性を比べてみた(早速、残したミニジャックが役に立った)が、全く問題なかった。気のせいだったようだ。細い芯線を見たための先入観だったのだろうか? あるいは、たまたま聴いた曲の音作りか、その曲の音質が悪かったのかも知れない。やっぱり、人の感覚はあてにならないことが多い。でも、すごく鋭いこともあるのが謎だ。

ちなみに、(特性を比較する前に)何曲か聴いていたら「普通の音」に聞こえるようになったので、たまたまだったのかも知れない。

それにしても、このボリュームの部品(写真中央の茶色い丸い物)は見るからに大したことなさそう(自作ラジオに使うような感じ)なのにガリがないし、左右の音量差もほとんどない(特性のグラフからは、この音量では約0.3dBだ)。ということは、アンプの部品は かなりしょぼいのだろうか? あれはそんなに安物ではなかったのに、全く「なんだかなぁ (いい加減な物使うなっ!)」である。

  •   1
  •   0

居間の吸気口に換気扇を付けるのは諦めたのだが、実は、その前に試行をしていた。換気扇の仕様(換気能力)を見たら、手持ちのPC用ファン(12cm)の送風能力が近かったので、まずはそれを使っていないエアコンダクトに繋げて試してみた。電源は、使わなくなったルーターのアダプタの電圧が12Vなので、うまく使えた。ただ、騒音が気にならないように回転数(電圧)を落とすと、いかにも弱く、実際に効果も薄かった(CO2濃度が全然下がらなかった)ので、本物の換気扇を買うことにした。が、その換気能力も今一つだった(他にも問題はあった)。要するに、これに関しては仕様どおりだったということだ。

まあ、PCのファンは(物にもよるが、)径の変化やダクトによる排気抵抗や向かい風に弱そうだし(本物も向かい風には弱かったw)、シャッターもないから実用にはならないだろうが、そもそも10cm程度の物は、本物であっても、せいぜいトイレや洗面所にしか使えないのだろう。そういう常識とか勘がなかったのも、失敗の一因だった。

そのあとで、外気はどのくらい臭い(汚れている)のか知りたくなり、まずは上で換気を諦めたエアコンダクト(を片付ける前)に繋げて測ってみたのだが、ダクトは細い(約7cm)うえに「片道」のため、外気が自由に通れず(要するに通気が悪い)、正しい値が測れない気がしたのと、漏れがあるせいか臭いがしたので(今になって分かることだが、実際にはエアコンからの臭いだったと思う)、測定セットを外に置いてみたら、見事スマフォ(の電池)が壊れたというありさまであった。

これについても、実際にはダクトでもそれなりに測れるのかどうかの勘がなかったのが、失敗の一因だった。

まあ、何にしても、理論的にうまく行かないこと、あるいは、事前に可能性を確認していないことを、気合とか根性とか期待で何とかしようとしても、(物理現象は忖度してくれないので、)まず成功しないことが実証できたw

 

という「一定の成果」が得られた(爆)

 

PS. とはいえ、分からないことを何も試さずに「無理」、「不可能」と言っていたら進歩はないので、そこの見極めは重要そうだ。

  •   1
  •   0

法律を確認していないのだが、ニュースを読む限り、持ち手のあるポリ袋(かつ、バイオプラスチック以外)が対象なようなので、持ち手のないポリ袋(今でも、スーパーでは半透明な袋が無料なことから考えた)を配ればいいのでは。そして、その袋に簡単に付けられて容易に外れない持ち手は、別売りか別途無料配布で。手作りでもいいだろう。

昔(今でも)、家電などの大きな箱に掛けた紐に付ける取っ手があったが、それに近い発想だ(言ってみれば、ティファールのレジ袋版だw)。ただ、あの方式は力の掛かり方が局所的なので、ポリ袋には使えない。

どういう風に実現できるかは分からないが、みんなが考えれば容易にできそうだ。

例えば、昔の、スイカ(あとはサッカー・バレーボールなど)を運ぶ網みたいな方式は?w あとは、ポリ袋の口を超強化して、取っ手を付けても耐えられるようにするとか。 → 袋全体に網状に強化繊維みたいなのを入れ、それに繋がった取っ手の付け場所(穴)を作ればいいい!www (いや、高いね・・・)

 

いや、もちろん、法律の廃止がベストなんだがねwww

 

PS. これに乗じて、紙袋(プラでないばかりか持ち手もないじゃないか!)まで有料(しかも高い)にしたスーパーがあるが、余りの がめつさにがっかりする。いや、実際には紙袋は高いのは分かっているので、すごく真っ当なのだががが・・・

PS2. まあ、現実的な解は、それぞれの物に応じて個別に対応するのだろう。例えば、弁当は外装と一体化した持ち手(そのままレンジ可)付きにすればいいだろう(これは掲示板まとめで読んだと記憶する)。もちろん、法の主旨には全く反するが、そもそも、その法が無意味なのでいいだろう。

  •   1
  •   0

エアコン起因の臭いについて更に調査・検討した結果、有益な情報が見付かり、この部屋での臭いの発生メカニズムが分かって来た。

まず、原因はいろいろあるにせよ、外だけでなく、エアコンから臭いが出るのは確かで、更に、(うちのエアコンのメーカーの)パナのエアコンが僕に近い状況で臭う(別機種)ことや、パナのは臭いやすい(清掃業者の話: リンク先の青字の部分)※という情報が(少ないながらも)あった。

※興味深かったのは、業者の「昔のナショナルの頃から中の構造は変わっていない」という話で、別の箇所ではあるが、僕が以前思ったことに近いことだ。極論すれば、パナのエアコンの開発者は手抜きをしている根本的な改良を怠っているってことだ。

しかも、屋外の臭い(例: 煙草臭)とエアコンからの臭いは関係があるようなのだ。というのは、以前から想像していたのだが、エアコンのフィンの表面(プレコート材)に臭いが吸着されることが分かったのだ。 (→ 例: 文献5: 2.2) また、プレコートの材質によっても臭いや臭いやすさが違うらしく、ガラス系からの臭いは僕が感じていたもの(「刺激臭」、「埃っぽい」)と同類だった。 (→ 文献3: 4.7)

そして、調べた内容から、この部屋での臭いの発生メカニズムを推測した。

臭いの発生メカニズム(推測)

  1. 外から臭い(VOC, HCHOなど)が入って来る。 → 臭う
    • HCHOなどはセンサに出る。
  2. 入って来た臭いの成分(HCHOなど)や部屋の臭い(アンモニアなど)がエアコンのフィンのプレコート材に吸着され、エアコンの動作状況によって発散する。 → 臭う
    • HCHOなどはセンサに出る。
    • 「無機系の親水性コーティングは、(中略)臭いの吸着が起こり易い」 (→ 文献5: Description)
      • 今までに吸着されたものが溜まっているのか?
  3. フィンのプレコート材特有の臭いが経年劣化やエアコンの動作状況によって発散する。 → 臭う
    • HCHOなどでないので、センサには出ない。
    • 僕が感じていた臭いがある: 「水ガラスなどのシリカ系では「セメント臭」,「乾いたにおい」,「ほこりのようなにおい」、少々の刺激や鼻を突く感覚」 (→ 文献3: 4.7)
  4. 経年劣化により、フィン(アルミ)が腐食して、その臭いが発散する。 → 臭う
    • HCHOなどでないので、センサには出ない。
    • 僕が感じていた臭いに近そうだが、確かではない。: 「鼻を突く臭気」 (→ 文献3: 4.3)
    • 表面は綺麗だし、常時臭う訳ではないので、可能性は低い。
  5. 室内機内部(フィン、ドレンパンなど)がカビていて、胞子などが発散する。 → 臭う
    • HCHOなどでないので、センサには出ない。
    • カビによる臭いと症状の関係が不明: 基本は生臭い臭い? 刺激臭や目の痛みは関係ない?
    • フィンの表面は綺麗だったし、フィンやドレンパンのカビが原因なら、運転開始直後から臭うはずだから、今回の主因ではなさそう。
      • ただ、湿ったり乾いたりすると出るのかも知れない。
      • また、たまに停止していても臭うことがあるのはこれかも。
      • エアコンの防カビ剤(→ )・オプション品(→ )は効かなそう。

2以下が正しければ、窓を塞いでも臭うし、臭ってもセンサに出ないことがある訳で、今までの謎が まるっと解決する!

謎の原因が分かった(可能性がある)のは技術者としてはうれしく、終わったも同然なのだが、悲しいのは、これを管理会社などに言っても ほぼ無意味なことだ。彼らには、「故障」かそうでないか(= 動く・冷えるかどうか)だけが問題で、他の多くの人が指摘しない限り、臭いは「個人の感覚の違い」に帰着させそうだからだ。

おそらく、長期使用(約10年)でフィンに臭いが溜まっていたり、コート材の経年劣化、更にはメーカー固有の問題?で臭いやすくなっているのだろうと想像するが、いくら臭くても冷えるうちは交換してもらえる可能性は低い。しかも、フィン自体の問題なので、仮に(以前書いた)内部清掃をしてもらっても直る可能性は低い(逆に、中を見たら「綺麗なので不要です」(→ 「気のせいです」)なんてことになりかねない)。だから、今はひたすら壊れるのを待つしかないのかも知れない・・・

一つの期待は、先日点検に来て「交換の方向で」と言ってくれた業者が頑張ってくれることだ(ちなみに、その後の連絡はまだない)。その人に上記のことを言えば、少しは進展するかも知れない。が、「そんなの聞いたことない」で理解されない気もする(これは管理会社も同様)。

調べている途中で、臭いを積極的に吸着・保持するコート材が見付かり(→ 文献4)、もしかしたらそんな余計なことをする物が使われていて、経年劣化で放出するようになったのかと思ったが、実際にはそれ以前の話で(そんな高級な物は使っておらず: 使っているなら うたい文句にするはず)、普通に吸着・放出しているようだ。

ちなみに、価格.com(文献1)の口コミからその文献を見付けたことで上記のメカニズムに達したので、そういう思い込み(プリ仮説?)は あながち無駄ではなかった。

 

書いてから思い付いたのだが、フィンに溜まった臭い物質を発散させるため、試しに一時間くらい最強で暖房をしてみようかと思う(内部乾燥時は暖房になり、その時は臭くなるので、熱で臭いが発散すると想像・期待する)。ただ、冬に暖房していても臭くなかったので、効果はないのかも知れない(また、発散するには水分が要るのかも知れない)。が、臭くなり出す前(初夏)に溜まった可能性もある。その場合はすぐ再発するのかも知れないが、今は窓などを塞いでいるから大丈夫かも知れない。まあ、いつもの「ダメ元」でやってみよう^^

それにしても、今は暑くて(しかも、臭うから まだ冷房してないので)、「暖房」なんて書くだけで汗が出るw

あ、臭い物質を発散させるのは、暖房の真逆の強冷(発散というより、結露水で流す)なのだろうか? でも、これはほとんど効果がなかった。それに、暖房も冷房もフィンのコート材からの臭いには効果がなさそうだ。うむ。

 

参考文献

  1. 価格.com(口コミ): 風が臭います。臭いです。 (似たような事例, 2013)
  2. ブログ: 「エムズの片割れ」: 臭いのため、専門業者にエアコンの洗浄を頼んだ話 (パナは臭いやすい(パナだけ臭う)という話 , 2016)
  3. 館山: エアコン用プレコートフィン材 (2018)
  4. Furukawa-Sky Review: "臭いを出さない" アメニティプレコートフィン (2007)
  5. 吉田他(特許出願): 防汚コーティング、それを備えた熱交換器及びその製造方法 (2013)
  6. 宇佐見: プレコートアルミニウム製品と最新の動向 (2005)

 

PS. 文献2のブログを少し見てみたら、作者は一回り以上年上の方だが、僕と書き方が少し似ていたり、ここに近い内容(昔の歌など)があったり、僕に似た趣味(オーディオ)・状況(メニエール病)なことが分かって、不思議な気分になった。

PS2. 調査中に、室内機の取り付けミス(ドレンホースの方に少し傾けないといけない)でドレンパンに水が溜まりやすくなってカビが生えて臭うという話を読んだ。実は、昔電気屋さんから聞いて設置時に少し傾けることは知っていて、以前からここのの傾き方が悪そうだと思っていたので、無理やり直した(以外に簡単に動く)。壁紙張り替え時に狂ったのか(内装業者によっては知らなさそうだ)、僕が掃除した時に動いてしまったのかは不明だ。

↑入居直後の写真を見てみたが、(エアコンだけを写したものがなく脇に写っているため、遠近法やレンズの収差の影響があるかも知れないが、)傾きは「逆」ではなかったが、水平だった。ということは、ドレン水の流れが悪かった可能性がある。内装業者がきっちり水平にしてしまったのかも知れない。

いずれにしても、今回は余り大きな関係がなさそうなので、再度やろうかと思って居たドレンパンの掃除は止めた。掃除するにしても、2個のうち手前しかできないから、余り意味がない。

  •   1
  •   0

欧米での言葉狩りの話。日本にも波及するのだろうが、まあ、僕は別に従うだけ(面従腹背)だからいい。

  • black/white-listとブラック/ホワイト企業
    • これ、redとかblueとかyellowはいいのだろうか? 何かどういう意味になるかは知らんがwww あ、yellowは駄目だね。
    • あと、grayはセーフ??
  • master/slaveと親/子?
    • まだ、managerはセーフかね。そのうちどうにかなりそうだが。
  • コネクタのmale/female(M/F)とオス/メス
    • (この稿は7/16に書き始めたのだが、書こうとしてたら先に出てしまった。)
    • (嫌いなので、なるべく使わないようにしていた。)
    • 日本人で「『プラグ』と『ジャック』がどっちか分からなくなる」とか言ってる人が居るけど、それはどうかなあ・・・ まあ、日本だったら凸凹でいいかと。
  • Apacheは許されるのか?
    • 調べると、一般的な意味(apache)も良くなくて、どういう経緯かは知らないが、言葉自体が消えるのかも知れぬ・・・
  • 馬鹿やfoolと阿呆はいいのか。
    • すごく原始的なEthernetのハブ(今主流のスイッチでないもの)のことを「バカハブ」(英語では"dumb hub")って言うが、それは馬鹿な人に失礼だから使ってはいけなくなるのか? 代わりに「無能ハブ」はいいのか?www
    • そもそも馬や鹿、猫や豚などの動物は馬鹿にしていいのか? 植物ならいいのか? あるいは鉱物? あ、「馬鹿」って言葉も駄目かも知れないのかw
    • 英語圏では阿呆(fool)は駄目なのか? foolはそもそもは悪い意味ではないと思うのだが・・・
    • 日本語だと他にもいろいろあって、「猿/幼稚園児/小学生 でもできる/以下」みたいなのは明らかにアウトだろう。代わりは「第97代−」おっと。
    • あと、クソは?

語源までさかのぼったり、その後の使われ方やスラング・俗語を考え出したら、使える言葉はかなり減ると思うが、まあ、個人的にはいいんじゃないか? そういう制限・制約の下で表現するおもしろさはある(昔、筒井がやっていたな)。

結局、いつも思っている/言っているが、名前はどうでもいいけど実は重要なので、テキトーに付けると あとで面倒なことになるんだよね。。。

 

PS. 題は、もちろん、今、日本語だから書けるのである。

  •   0
  •   0

なかなか解決しない異臭問題だが、近頃、新たな気付きと展開があった。気付きとは、臭いセンサの値は問題ないのに症状(目の痛みや刺激臭がする)が出ることがあることだ。どうやら、センサで検出できない物質がエアコンから出て、症状を引き起こしているのではないかと考えている。例えば、カビの胞子やNOxやSOxやオゾンはセンサでは測定できない※。

※そういう物質を測定できるセンサを探してみたが、ほとんどないうえに、手頃な価格のものはなかった。

気付いた切っ掛けは、エアコンが臭いの原因の一つであることは分かっていたが、エアコンで目が痛くなるのはどうしてか再度検索してみたら、あるエアコン清掃会社のページに「(車の排気ガスなどに由来する)NOxが臭いの原因になる(ことがある)」のように書いてあるのを見付けた。

ただ、いくら調べても、エアコンで目が痛くなるのはドライアイというページしかなかった。

確かにNOxは目も痛くなりそうだから、それがエアコン内部に溜まっているのかと思って検討したが、なさそうことが分かった。というのは、NOxは気体なので、仮にエアコン内部に付着したとしても、長時間溜まって何らかの契機で放出されるとは考えにくいからだ。また、調べるうちにSOxも候補に浮上したが、NOxと同様に内部に溜まることは考えられない。もしそういう物があるなら、CO2吸着物質と同様、環境改善・維持に使えそうで有名になるはずではないか。オゾンももちろんない。エアコンの中に光や強電界がなければ発生しない。

だから、そのページは役には立ったのだが、結構トンデモな業者であることが判明した。「少しは考えろ」って言いたい。いや、「いろいろ」考えて書いたのだろう。

結局、目の痛みについては不明だが、エアコンの臭いの原因物資は、良く言われるカビではないかと考えている。外から見える箇所は綺麗だが、見えないところにカビが生えていて、その何かがパーシャルな冷房時に発散して臭い(煙草臭に似た刺激臭)を引き起こすと想像している。実際、結構臭い時でもエアコンを送風や強い冷房(例: 24℃)にするとすぐに治る(でも、暑かったり寒かったりして、それもまたキツい)。

それにしても、どういう訳か この臭いが煙草臭に似ているので、今まで随分誤解して居たようだ。確かに外が煙草臭いことはあるのだが、エアコンに起因する場合も多かったのだ。もしかしたら、中に煙草由来の物資が溜まっている可能性もあるが、管理会社に聞いたら、過去の住人は喫煙者ではなかったということだったので、なさそうだ。

以上のことが分かる少し前に、たまたま管理会社から(冷房の時期なので)「エアコンに問題はないですか?」のような案内があったので、ダメ元で臭いの件を連絡したら点検に来てくれて、(その時には現象すら確認できなかったが、)もう古いこともあって、「交換の方向で」という話になった。が、まだ、決定の連絡がないから余り期待していない。けれど、交換しない場合には是非内部の清掃をしてもらうつもりだ。そうしないと、上記のように、臭いか暑いか寒いかで使い物にならないからだ。

それから、外の煙草臭が入って来るのを防ぐため、少し前にゴムスポンジで窓の隙間を塞いだのだが、それは効果を発揮していることが分かった※。というのは、塞いでからは、症状が起こる切っ掛けはエアコンだけになったからだ(その時の臭いセンサの値は問題なく、外も臭くないことが多い)。作業はまだ完全には終わっていないが、現状でも充分そうだ。だから、窓や(台所の)換気扇を塞ぐ作業は一段落となった。

そういう訳で、それらを完璧にする作業は延期しまくっているw

※隙間塞ぎの効果を確かめたくて外気の臭いを測定しようとしたのだが、途中でスマフォが死んでしまった・・・

そして、長らく続けて来た臭いの測定(測定した数は1500くらいになった)も、エアコンが交換されるか窓の隙間塞ぎを完璧にするまで一旦休止することにした。

 

PS. (窓を塞ぐ作業の話の稿に書こうと思って居た話) 窓の隙間を塞いだ日、作業に使った細いドライバーをスウェットのズボンのポケットに入れたまま気付かずに寝てしまい、翌朝、ポケットに手を入れるまで気付かなかったのだが、何枚も重ねられた敷布団の下に豆一個を置かれただけでも気付いたお姫さまとは全然違うものだと、苦笑したwww

まあ、実際にはこれは結構危なくて、知らずに転んだりぶつけたりしたら、太ももにズブッと行きそうだ。

 

それにしても、全く余計な話だが、お姫さまがひどい格好で突然一人で城に来て、自分は姫だと言うのを真に受け、泊めてくれと頼まれて泊め、結局、その豆の件で姫であることが証明されて王子の理想の相手と分かったなんて、何もかも都合のいい話があるものだろうか。それこそ、王子狙いの偽物(薄汚ねぇシンデレラ?w)ではないかと疑ってしまうのは現代人の悪い癖だろうかw

PS2. まったくどうでもいいことだけど、"NOx"はCO2と同様に"NOx"(xが下付き)が正しいのだろうか?

  •   0
  •   0

Spotifyで掛かった、昔の好きな曲(瑞々しい果物のバンドの、狭過ぎる車に文句を言う、わがまま女子の歌w)のカバーが聴きたくなってYouTubeを探したら、ほとんどなくてがっかりした。アマチュアバンドのが数曲あったが、どれも「うーん・・・」であった。他に、同じく素人の「弾いてみた」が数曲あったので聴いてみたら、全部「は?」あるいは「いやいや」だった。

というのは、オリジナルの演奏を流しながらエレクトリックギターなどを弾いているだけだからだ。まあ、広義には弾いているけど、それは(僕も子どもの頃やっていた)遊びとかカラオケもどきであって、作品ではないと思う。まあ、そういうつもりでないのなら仕方ないけど。

全部の楽器を演奏するのは難しいとは思うが、パートの演奏を聴かせたいのなら、例えばリズムボックスだけで演奏して欲しい。それに、今ならスマフォやPCなどでいくらでも伴奏が演奏できるのではないだろうか? 伴奏なら多少機械的でもいいから。あとは自分の声とか歌でもいいじゃん。そもそも無伴奏でいいと思うが。

ここで大きく横道に逸れる。: こういうポップ音楽の「演奏してみた」の目的が良く分からない。いや、個人的には良く分かるが、音楽的意味が不明だ。

まず、「コピー」は、自分の技術を見せたいのは分かる。が、僕からすれば意味がない。だって、技術があるのはすごいけど、オリジナルに似せて何がおもしろいのかと思うからだ(実際には、僕もできたらおもしろいと思うけど)。敢えて言えば、コピーはピアノの「ハノン」みたいなものだろうか。

更に逸れる。: プログラミングに類推して考えると、ある演奏をコピーすることは、ソフトやプログラミングでは互換品(同じ仕様の別プログラム。非公開の仕様書などは参照せず、外部動作だけ見て作る)を作るってことだろう。これは良くあって、本物に近いほど喜ばれる。例えば、UNIX・LinuxでのSambaだ。

というのは、元々のソフトが有料だったり非公開だったり(最新の環境では)動かなかったり、クソだったりして、(自由に)使えないからだ。だが、音楽ではそういうことはほとんどない。CDやレコードなどを入手するのが高いことはあるかも知れないが、ほとんどの演奏は聴くことができる。そういう意味で、コピーには余り意味がないと思う。

だから、もし、全然世の中に出てないけど、素晴らしい・すごい演奏をコピー(再現)して世の中に公開するのは、とても意味があることだと思う。模写・写本みたいなものか。けれど、その忠実度を誰も分からないという点で、難しさはある。

コピーが大半であろうが、それ以外の、自分なりの解釈・アレンジでの演奏は意味があると思う。けれども、大抵は上記のようにオリジナルの演奏に被せているので、今一つだ。

最後に残る、完全にオリジナルな解釈・アレンジでの単独演奏、これは意味があるだろう。でも、オリジナルに勝るものはどのくらいあるだろうか・・・ だって、本人だって再録して成功することはほとんどないではないか・・・ でも、やるからにはここを目指して欲しい。

なんてこと言ってると、ハードルだけ上がっちゃうのかも知れないね・・・ 言ってみれば、こういうふうに気軽に始めるのはもちろんいいことで大切だけど、人に聴かせるのなら もう少ししっかりやろうってことだ。

 

PS. 本題とは関係ないけど ついでに書くが、YouTubeなどで動画を公開するなら、ちゃんと編集して欲しい。演奏の前が無駄に長いのは それだけで聴く・観る気が失せる。音だって最低限は整えて欲しい。とんでもない音量で始まって急に下がるとか、ありえない。おそらくAGCのせいなんだろうけど、少しは調整して欲しい。

  •   1
  •   0

「IT化/推進」なんて、何十年も前から言ってたのに、今のひどいありさまは、夏休み中毎日、(宿題・勉強は)「明日やる」とか「今日は頭が痛い」とか言って、さまざまな理由で小遣いをせびれるだけせびり、使えるだけ使って遊び呆けて、最終日に溜まった宿題が見付かって親に怒られる子どもと同じだ。

でも、怒られても(やる気なんてないのに)「(最重要課題だから)これからやる。(キリッ)」とか言い出したり(性懲りもなく、昨日も「「デジタル化」を最重要課題に据えています。」なんて言ってた。なんだよ、「デジタル化」って!!??)、やってる振りをして先延ばしにして誤魔化したり、何もしてないのに「一定の効果があった」とか言って、こっそり闇に葬る(でも、少ししたら、金をせびるために別の理論でまた始める)点で、子どもよりひどい。

IT以外にハンコも年金もさまざまなことがそうだ。全部とは言わないが、こんなことばっかりで目も当てられない。

 

PS. 広義の「IT化」に関しては、昔(80年代後半?)の方がずっと進歩的・積極的だった。ファクスやPCが使われ出した頃だ。今はその時からほとんど進んでいない(特に人の考え方)のは、全く嘆かわしい。

  •   1
  •   0

さすがに誇張があるが、例によってなんとかした^^

電池が寿命になったNexus 4。互換電池は粗悪品だったようで復活せず、仕方なくiPhoneを使ったが、とんでもなくどうしようもないシロモノで、Nexusを蘇らせたくなった。が、まともな電池が(手頃な価格で)手に入らないことにはどうしようもない。と思って居たのだが、今日の午後に思い付いた:

電池を使わなければいいのだ。

問題は、どうしてかスマフォは(PCなどとは違い、)外部電源だけでは起動せず、電池が必要なことだ。が、そこは「ダミー電池」をでっち上げればいいのだw 検索してみると、別の機種ではあるが実際にやられている方が居て(例1, 例2)、可能性はありそうだった。Nexus 4も海外の方がしていた

ダミー電池とは、簡単に言えば、外部電源を電池の端子から出してスマフォ本体に入れるだけのものだ。とても単純なものだが、実際には いろいろな問題がある。

  • 電圧を電池(例: 3.8V)に合わせる必要がある。
    • → 実際には、3.8Vの電池の端子に5Vを直結しても問題ないようだが、一応、ダミー電池の端子の手前に手持ちのダイオードを1-2個入れて、適宜電圧を下げることにした。
  • 電池の温度センサ(サーミスタ)もダミーを作る必要がある。
    • → 10kΩ程度の抵抗を繋げばいいようだ。
  •  外部電源(USB)を繋いだ場合、電池に充電しようとするので、電流の逆流対策が要りそう。 (これが書いてあるページはなさそうだった。)
    • → ダミー電池の端子の手前にダイオードを入れれば回避できそうな気がする。
  • スマフォを使用中は、絶対にダミー電池の電源を落とせない。つまり、普通のスマフォらしい使い方は全くできなくて、かなり不便になりそう。 (これが書いてあるページもなかった気がする。)
    • → ACアダプタと一体になったモバイルバッテリー(例: Anker PowerCore Fusion)を使えば、結構「普通」に使えそうだと思った。ただ、何か落とし穴がありそうだ。
  • Nexus 4の場合、電流と使用時間から電池残量を計算しているようで、長時間使うと電池が「空」になったとみなされて落ちてしまう。(上記の海外の方のページを参照)
    • → 電池だけでなく、外部電源も接続して、スマフォは電池を充電していると思わせて使う必要がある。
      • この場合、電池に使う電源を外部電源(USB)にも繋げば良さそうだが、何か落とし穴がありそうだ。例えば、上記の逆流防止のダイオードが逆効果にならなければいいが・・・

気になることはあるが、上記のように、問題への対処を概ね考え付いたので、ちょっと試してみることにした。

まず、スマフォの電池の端子に接続するため、壊れた電池(廃棄する予定だったが、まだ残っていた)を分解して端子を取り外した。端子は電池とは別の基板に載っていたので、その基板ごと取り外した。基板は結構広い金属箔で電池本体に繋がっており、過電流防止用チップとサーミスタが載っていた。なお、その本物のサーミスタがそのまま使えたので、ダミー電池の温度センサ用抵抗は不要だった。

最初は金属箔に電源(ACアダプタ)を繋げて試したのだが、電流制限用チップが間に入るせいか うまく動かなかったので(実際には、接触が悪くて電流が良く流れなかったからのように思う)、チップを外して+端子の根本に電源を接続した(-端子は金属箔がそのまま使えた)。試してみると、結構大電流が流れるらしく、細い線を使ったり、ワニ口クリップで接続したのでは うまく起動しなかったり、不安定だった。それで、太目の配線を基板や箔に半田付けしたら、何とか安定して起動し始めるようになり、設定やGoogleのログインをしたら、再び、使える状態になった。なお、ダイオードは ない方が動作が安定する感じだったが、1本接続した。

試して分かった大きな問題は、電池から流れる電流が結構大きいようで、普通のUSB電源アダプタ(約1A)では足りなくて(ダイオードを入れなければ大丈夫だった)、使用中に落ちてしまうことがあった。それで2Aのに換えたら落ちなくなった。どうも、スマフォは外部電源(USBは基本的には最大0.5A)だけでは消費電力を賄い切れないようで、メインの電源は電池で、外部電源は主に電池の充電に使っているのではないか。

良く考えると、これはおかしい。というのは、スマフォに添付のACアダプタだって1Aしか出ないが、例えば、電池の容量を2000mAhとし、残量50%の場合に充電が2時間で終わるとすれば、充電に使われているのは平均0.5Aで、その時に本体は残りの0.5Aを使える。充電に1A全部を使うとしても、充電しながら電池から本体の電力を取るという芸当ができるとしても、結局、その分充電電流を減らすことに相当するので、やっぱり、外部電源だけでも消費電力は賄えるのではないか? 負荷が高い時に不足するのかも知れないが。

それを除けば、とりあえず復活できることが分かった。以下に細かい問題などを書く。
  • Nexus 4は背面パネルにWi-Fiのアンテナが付いているようで、裏蓋(背面パネル)を付けないと(Wi-Fi接続はできても)通信がうまくできず、Googleへのログインに失敗した。
  • 意外なことに、Nexus 4の電池周りのフレームは金属で、ケーブルを通す穴が容易に開けられない(当然ながら、ニッパの刃が立たなかった)・・・
    • 今は、無理やりパネルの隙間を通している。
  • なぜか、アプリや細かい設定がリストアされなかった。。。 (Googleにバックアップされているはずだったのだが。スマフォの名前が違うせいだろうか?)
    • 互換電池が動かない時に工場出荷状態に戻してしまったため、再度設定やアプリのインストールをし直す必要がある。
  • システムとしては電源に繋がっていない(電池だけ)と思い込んでいるので、電力を食う作業をする時に電源接続を促されることがある。
  • やはり、使っていると「電池」が減る
    • 対策をしないと数時間で切れるようだ。
    • 設定や開発者モードを探したが、「電池が空でも動き続ける」とか「電池なしで動かす」のような都合のいい設定はなかった。
  • ダイオードは意外に熱くなる。流れる電流が大きいのだろう。
  • Androidが古くてDropboxが非対応・・・ → CX file explorerで繋がった。

あとは、上記のように、ダミー電池用の外部電源をUSBにも繋げて常時「充電状態」にすれば、基本的には「できあがり」なのだが、果たしてうまく行くだろうか? どうも悪い予感がするのだが・・・

(7/26 4:56) 外部電源をNexusのUSBにも繋ぐ前に、どうなるか考えてみた。Nexusはダミー電池を充電しようとするが、ダイオードがあるので、充電電流は流れない。すると、以下のいずれかになるのではないか。

  • 謎の原理で残量が増えてウマーw
    • 例えば、下記の「「満充電」と判断」であろうか。
  • 永遠に電池残量が増えず、いつか落ちる。
  • ただし、空になる前から繋いでおけば、電池からは電流が流れず(負の向き)、かといって充電電流も流れず(正の向き)、増えも減りもしないので、空になることはない?
    • 充放電の仕組み(アルゴリズム)上、いつかは空になる?
    • ずっと充電電流が0だと充放電アルゴリズムが「異常」と判断して、いつか使えなくなる?
    • ずっと充電電流が0だと充放電アルゴリズムが「満充電」と判断して、OK?
  • 充放電回路が壊れて、いつか使えなくなる。

なお、USBをPCなど別の電源に繋ぐ場合に備えて、ダイオードは必要だと思う。逆に、繋いだPCなどが壊れる可能性もあって怖いが、さすがにそうならない回路が入っているのではないか。

それから、(Androidを停止してから)ダミー電池の電源を切ると、次回の起動時に電池が抜かれたと判断し(実際にはスリープ中のシステム制御処理が再起動するので)、残量100%から始まると思われる(→ その後試したら そうなっていた。下のグラフの8時頃以降)。ただ、一旦停めないといけないので連続稼働には効果がない。

(7/26 9:24) 実際に試してみたところ、USB(外部電源)を繋いでいても、アプリ: 3C Battey Managerで見ると電池の状態は「放電中」(設定では「ACで充電しています」)になり、電池残量は減り続けた。上の予想の中では「永遠に電池残量が増えず」や「充放電の仕組み(アルゴリズム)上、いつかは空になる」に近い。消費電流は常に500mAを超えている訳ではない(一時的に超えることはある)から、(アプリの表示が正しいとすれば)USBで足りていない訳ではないはずだが。謎は多い。

(7/26 20:15) その後更に試してみたが、ダミーバッテリーが減るのは解消できなかった。分かったのは、Nexusが意外に電流を食うようで、2Aの電源アダプタでは足らず、別の電源アダプタをUSBに接続したら、電池消費率が最低になったことだ。試しに定期撮影をして電池消費率を測ったところ、2Aの電源アダプタだと約1.7%/hだったが、電源アダプタを2つ使ったら、約1%/hになった。

いくら消費率が低くても最後に停まってしまうのでは意味がないので、この方法は保留にし、いい案が出るまではiPhoneを使うことにした。

 

(7/26 5:29, 7:14 若干加筆; 7/26 9:24, 9:43 外部電源を接続して試した結果を追記、修正, 20:15 追加の試行を追記)

  •   1
  •   0

iPhoneで定期撮影できるカメラアプリは、どういう訳か無料ではなかなかいいものがない。あっても大抵はタイムラプス動画用で、それ以外はかなり古いものが多い。標準カメラアプリのタイムラプスなんて謎仕様もいいところで、定期撮影には全く使えない。

また、iOSにはAndroidのAutomagicのようなまともなオートメーションアプリがない。いくつかのオートメーションアプリを検討したが、今はないか今一つだった。

  • Workflowは良さそうだったが、Appleに吸収されてiOS 13の「ショートカット」アプリ(以下、ショートカット: それにしても混乱させるひどい名前だ・・・: 英語版では"Shortcuts"(アプリ名)と"a shortcut"(ショートカット)と、どうにか区別できていたのだろう)になってしまったようだ。
  • 有名なIFTTTは、僕が詳しくないせいか、作れる処理が余りにも単純で(条件 → 処理(1個)の実行だけ?? しかも、処理はネットサービスだけ??)、この作業には使えなさそうだった。

それで、iOS 13に更新してショートカットを使うことにした。が、ショートカットの出来のひどさ(今気付いたが、これは元のWorkflowに由来していそうだ。他に、iOSの不自由さにもよるのだろう)に苦労し、イライラした。

やりたいのは、以下の処理である。

  1. バックグラウンドで動き
  2. 一定時間(例: 30分)ごとに撮影し、
  3. 画像をPCに転送する。

ショートカットとそのオートメーションでは、上のどれも容易にはできなかった。

まず、ショートカットやオートメーションはバックグラウンドで動かない。詳しくは試していないが、それらの画面が表示されていないと実行が停まってしまうようだった。更に、画面をロックしたら、オートメーションが自動実行する時にコード入力画面になってしまう。

→ そのため、画面を自動ロックしないように設定し、ショートカットの画面を隠さないように注意して使うことにした。画面を自動ロックしないということは、アイドル状態でも画面が暗くならないから焼き付きが心配なので、画面の輝度を最低(0)にするようにした。まあ、こんなに使いにくいiPhoneなんて滅多に使わないから、焼き付いたっていいけど、気分が悪いので一応配慮する。

その後、画面は液晶なので、いくらバックライトを暗くしても焼き付くかどうかには関係ないと思われるので、画面の輝度を最低にするのは余り意味がなさそうなことが分かった。まあ、バックライトの寿命を伸ばすとか寝ている時の眩しさを減らす意味はありそうだ。 (7/25 4:38)

次に、一定時間ごとに処理を実行できない。あるのは、指定時刻に起動するトリガ(1個しか指定できない)だけで、しかも、それは自動的には実行できない(指定した時刻には、起動するための通知・確認が出る)という素晴らしさ。。。(→ 参照) 「オートメーション」の機能にも関わらず、自動で起動しないって「アホですか?」と言いたい(海外の掲示板でも嘆かれていた)。

→ そのため、スクリプティングの繰り返し機能を使って、撮影間隔の時間分(30分)待つようにした。なお、撮影・処理や転送に意外に時間が掛かるようで、毎回30分待つと撮影時刻が段々遅れるので、1回の処理時間(約25秒)分短く待つようにした。

本来は、処理開始時刻を保存し、処理が終わってから少し(例: 10秒)待ち、その時の時刻から経過時間を計算するのを繰り返して確実に30分待つべきで、そうしたかったが、ループから脱出する方法がないなど、余りにも使いくく・分かりにくくてくじけ、安直な方法にした。そのため、今度は早目に撮影されることも起こるようになった。。。

→ やっぱり、決め打ちの待ちをすることや撮影時刻がずれるのは気に入らないので、上記の処理をどうにか実装した(下のショートカット「1日分の撮影」中の[撮影間隔(30分)を空ける]の部分)。 (ループから脱出の代替手段の参考)

→ 更に調べた結果、今までは定数しか指定できないと思って居た待ち時間に、変数を指定する方法が分かり※、上記のループは不要になった。これができたおかげで撮影間隔の精度がかなり上がった。

※待ち時間の数値を長押しするとオプションが出る(繰り返しの回数も同様; 参照)。分かりにくいことこの上ない。数字すら直接入れられず、▲▼のボタンでしか値が変えられないフィールドに変数が指定できると思えたり、そこを長押しするとオプションが出るなんてことを思い付く人は、まさに超能力者だ。普通はオプションは「歯車」じゃないかなあ、あるいは、その部品の地の部分を長押しでもいいけど、フィールド長押しは掟破りだ・・・

また、制限は多いものの、確認なしでオートメーションを実行できる方法(裏ワザ?)を見付けた。それは、「おやすみモード」をトリガにするもので、一日1-2回なら、固定時刻に自動的に起動できる。例えば、トリガをおやすみモードがonになった時にすれば、毎日1回、おやすみモードの開始時刻に自動実行できる。

まあ、普通に使う方だと、昼夜関係ない時におやすみモードになるのは困るだろうから、余り汎用性はなさそうだ。

最初はそうしていた(1日分の撮影をおやすみモードで毎日開始するようにした)。が、良く考えると不便(一旦停めたら、起動時刻を調整しないと翌日まで開始しない)で馬鹿らしいので、1年分の撮影をするショートカット(1日分の撮影を約365回繰り返す)を作って、それを手で起動するようにした。スクリプティングでは無限に繰り返すことができないので、とりあえず1年にしたが、さすがに1年間も停めずに撮影することはないので、これで充分だ。

ショートカットやオートメーションがバックグラウンドで動かないのや、多くのオートメーションが自動で起動しないのも、Appleがセキュリティにうるさいからだと思う。元々Workflowは社外のアプリだったので できなかったのだろうし、Appleに吸収されてショートカットになっても、まだそういう改良はしていない(する予定もない??)のだろう。ガチガチで不便この上ない。

画像を(自分の)PCに転送するのは、いろいろ頑張ればできそうだが、ここまでで呆れ果てたので、安直にDropboxに送るようにした。その機能はあったので助かった。

最初は画像をメールで送ろうとしたのだが、なぜか、画像が添付されずに空のメールしか送れなかったので、Dropboxにした。結果的に、メールより手軽でいい。

他の問題は、カメラで撮影する時にシャッター音が出てうるさいことがある。

→ 撮影に無音カメラアプリを使えばいいのかも知れないが、できるか不明だったので※、とりあえずテープでスピーカーを塞いだ(イヤフォンジャックにプラグを挿しても効かないようだ)。ただ、まだ音は聞こえて、時々ちょっと驚いたり、盗撮されているような気分になるw

※別のカメラアプリは ショートカットからは起動しかできず、撮影できないので使えなかった。まったく不便だ・・・ あと、iPhoneのスピーカーは下と上(耳に当てる部分)にあるということを知って、愕然とした。美しさ()を自慢するiPhoneが そんなんでいいのかよぉ。そういう訳で、シャッター音を小さくするには両方を塞ぐ必要があるそうだ。 (7/25 12:43)

 

結局、以下のような処理(ショートカットのプログラム)を作った。

1日分の撮影

  1. [1日分の繰り返し] 以下を48回(24時間/30分= 48回)繰り返す。
    1. 現在の時刻を変数t0に格納する。
    2. 画面の輝度を最低(0)にする。: 手で明るくした場合に備えて。
    3. 背面カメラで撮影する。
    4. 撮影した画像のサイズを小さく(幅: 750画素)する。
    5. それを左に90°(-90°)回転させる。: iPhoneを横に倒しているため(回転方向は左か右かあやふや)。
    6. それをライブラリに保存する。
    7. 最新の画像をDropboxに送る。: 本来は上で保存した画像を指定すべきだが、この処理が外部のショートカットのため、方法が今一つ分からなかった。
    8. [撮影間隔(30分)を空ける]
      1. 現在の時刻を変数t1に格納する。
      2. t1とt0の差(秒)を求め、変数dtに格納する。
      3. (1800-dt)秒待つ。

1か月分の撮影: 余り意味はないが、処理単位を明確にするために作った。

  1. 以下を31回繰り返す。
    1. ショートカット「1日分の撮影」を実行する。

1年分の撮影: これをホーム画面に置き、手軽に定期撮影を開始できるようにする。

  1. 少し(例: 5秒)待つ。: 画面のタッチによる本体の揺れが収まるのを待つため。
  2. 以下を12回繰り返す。
    1. ショートカット「1か月分の撮影」を実行する。

この方式にはいい点が少しだけあって、撮影した画像をDropboxに送るようにしたので、PCを停めていても画像は転送し続けられ、それらはブラウザで見られ、PCがそれらの画像で溢れないことだ。もちろん全部、iOSでなくDropboxのおかげだwww

なお、画像サイズを小さくしているため(1枚100KBくらい)、Dropboxの無料アカウントでもほとんど無限に保存できそうだ。もし不足したら、PCに送って削除すればいい。

 

PS. 撮影には関係ないが、iPhone 6sは なぜかセルフパワーハブからは充電できず(Nexus 4や臭いはセンサはできる)、一晩動いた末に電池が空になり掛けた。仕方ないので、専用のACアダプタを追加した。全く面倒なことが多くて、本当に大っ嫌いだ

 

(7/25 12:57までに さまざまな加筆・修正)

  •   1
  •   0

近頃二つの物を買い、どちらも返品する羽目になった。一つは換気扇で、もう一つはNexus 4の交換電池である。

換気扇は、居間の常時換気をすることで、臭い原因物質が溜まるのを防げるかと思って付けてみることにした。塞いだ吸気口(パイプ)にうまく合う物があれば、それほど苦労せずに付く目論見だった。三菱の、口径10cmで、パネルが自動開閉するから停止している時も風が入らなそうな物を買った。Amazonで約5600円だった。

が、例によって、全然簡単に付かなかった。問題は、吸気口のパイプ(運良く径は合っていた)の開口部が壁より数cm奥まっていたので、換気扇の取り付け部がパイプまで届かず、固定できないことだった。それで、取り付け部の固定・気密用スポンジを剥がしてクリアフォルダーを巻いて延長し、それに(丁度、窓の隙間を塞ぐために買った)ゴムスポンジを巻くなどの手直しをした※。スポンジの位置や厚さの調整が大変で、四苦八苦して何とか付いたが、動かしてみると今一つなことが多かった。

※他の手直しとして、なぜか、電源コードが上から出るクソ仕様ようになっていたので、下から出すようにした。本体の肉薄部をカットすれば横から出すことはできるが、基本は上ってのは余りにも場当たり的で(おそらく、基本は速結端子を使い、外にコードを出さない考えなのだろう)、実際に使うことを考えていない設計だと思う。やってみると、下部中央には通すのに丁度いい穴(凹部)があるし、内部ではコードはモーターから上に出たあと一旦下に向かい、それをわざわざ再び上に持ち上げているのは全く意図不明だ。

まず、換気能力が低かった。仕様の数値は悪くなかった(ただ、今となっては「悪くない」と判断した根拠がなく、迂闊だった。もう一つの候補だったパナのの1.5倍あるから「いい」と思い込んでしまった)のだが、風やパイプの状態などの外部要因に弱いようで、運転中のCO2の減少率を風呂場の換気扇と比較したら、仕様では風呂場のの1/2程度で、確かに状態がいい時は約1/2.4になったが、悪い時は約1/9に過ぎなかった。そればかりでなく、逆流したのか、増えることもあった。全体をとおしてみると、CO2がほとんど減らなかった(= 0倍?)期間が大半だったので、人間一人が安静にしていて発生するCO2(約0.0132 m3/hとのこと: 参照)に見合う程度の能力(左のページによれば30 m3/h程度で、実質的な能力は仕様の1/2.5程度と考えられる)はあるものの、それが限界で、全く期待外れだった。一方、風呂場の換気扇に切り替えると気持ちいいくらいに減るので、能力の差は一目瞭然だった。

おもしろいのは、この風呂場の換気扇も(少し昔の)三菱製で、物によるのか年代によるのか・・・

それから、気密性が低いようで(スポンジの材質・量・付け方や電源コードの部分が取り付け部から突出していて(→ 写真手前の部分)、そこから外気が容易に漏れそうなのを見ると、余り気を遣っていないように思われた)、向かい風が強い場合には外気が漏れ出して、室内のHCHOなどの値が上昇した。ムカつくのは、パネルが自動開閉なのにも関わらず、メーカーサイトにある仕様書には、風が当たる場合には風圧で閉まるシャッター付きのものを選ぶように書いてあったことで、それでは この自動開閉は何のためなのかと思った。

三菱電機は昔はそれほど悪くない印象だったが、近頃は劣化したのだろうか。ただ、結構前から何度か三菱の製品を買っているのに、全部返品か手放す羽目になったところを見ると、やっぱり、某頓挫しつつある旅客機のように「うーん」な会社なのかなと思う。ただ、そういうトラブル時に来たサービスの人はいつも親切だった。だからもったいない気はする。

運転音についても、仕様では23.5dBと小さいものの、実際には結構気になる音量だった(音質が関係しているのかも知れない)。

結局、換気能力が低いうえに漏れるのでは意味がなく、風呂場のを回す方がずっといいので、止めることにした。可能なら返品しようと思って調べたらできることが分かったので、手続きをした。ちょっとわがままかも知れないが、Amazonは散々使っているし、迷惑も掛けられているからいいだろう。それに、返品理由に「製品の機能が悪いため」のようなものがあって、まさにそれに合致しているからズルではない。

次に、先日壊れたNexus 4の代わりにiPhoneを使うのがどうにも苦痛だし全く容易にできないので、Nexusの(互換)電池が売っていたら交換して復活させようと思った。調べたら売っていたので、偽物が結構心配ではあったが、他にないので注文した※。Amazonで1700円くらいだった。届くまでに、Nexus 4の剥がれた背面パネルを接着して修理した。使い込んだので、かなり傷だらけだ。

※注文のあとで、やっぱりこれは(例えばPCのオーバークロック同様、)危険過ぎる(リスクが高過ぎて割に合わない)賭けであることに気付いた。下手すれば発火・爆発するので・・・ だがまあ、使える可能性もあるから、充分注意して使おうと思って居た。

届いた電池には交換用工具や接着用の両面テープまで付いていて なかなかちゃんとしていたので、感心し期待させられた。しかし・・・交換したら、やっぱり駄目だったwww どういう理由なのかは分からないが、Androidが起動する時に勝手に電源が切れてしまう。数時間充電しても全然残量が増えなかったので、元々駄目な物だった気がする(充電中に電池もACアダプタも温まらなかったので、充電できないようだった)。

ただ、目隠しシールの下にはLGのロゴが入っていたので、本物なのかも知れない。確かに、LGの型番が書いてある(= 本物か偽物)。それでもちゃんと使えないところを見ると、下請けメーカーが検査に通らなかったものを有効利用wしているのかなと想像した。そういうのでも、中には使えるものもあるのだろうから、何度も交換すれば使える物に当たるのかも知れない(とても付き合ってられないし、危険すらあるが)。

それから、添付の工具(特に、プラのヘラ)は「ありがたい、これが欲しかったんだよ!」と思ったのだが、一回使っただけで先端がぐちゃぐちゃになり、全然実用にならなかった。使ってないが、電池を外すためと思われる吸盤なんて、きっと、何の役にも立たないだろうw

それで、これも返品することにした。正確にはこちらが先で、そのついでに(?)換気扇も返品する気になった。

他に互換電池はないか探したが、Amazonで評判の悪いものや、今回のと同様の物(LGロゴ入りw)が得体の知れない会社(住所非公開)から高く売られている程度だったので、諦めることにした。

結局、Nexusは復活せず臭いセンサの定期撮影ができなくなってしまった。が、まだ部屋の調整箇所(特に窓)が残っていて測定したいから、仕方なくiPhoneでやることにした。が、まあ、例によって、林檎社のクソぶりには大変苦労させられ、その、上から目線((自分たちは頭空っぽなくせして)「下々の者は何も考えなくていいから」的な日本政府を想起させる)には殺意を覚えた。が、さまざまな手を駆使して、さっき(いろいろな制限・問題はあるものの)どうにか できるようにした(その話は別の稿に書きたい)。

 

PS. 題の歌は、小学校で市の合唱コンクールか中学校でクラス対抗の合唱会で歌った覚えがあるのだが、当時から随分暗い歌だと思って居た。選んだ先生(多分、小学校)が暗かったようだ・・・

そして、Wikipediaにおもしろい記述を見付けた:

また、園庭のない保育園等でカートに詰め込まれて児童が近隣の空き地、公園等へ放牧される移動風景、もしくはカートを指して「ドナドナ」と言う。

そうだったか・・・ あの、保育士さんが手押し車を押す光景は微笑ましいし、なんか暖かい感じがして好きだったが、そういう捉え方をされていたのか・・・ 世間は深い。

PS2. (全く横道に逸れるが、他に書くところもなさそうなので書く) 「ドナドナ」は救いようがない暗さで大嫌いだが、モーツァルトの短調の曲は何か(それが何かは、今は分からない)が違うと思って、ピアノ協奏曲 第20番が聴きたくなって、いろいろ選んで聴いている。

  •   0
  •   0

外の臭いがどういうふうに変化し、室内の状況(僕の症状)とどういう関係があるのかなどを知りたくなって、臭い測定セットベランダに設置して2日目の今日の夕方。なぜか、画像が転送されなくなった。少し前からそういうことがあったけど次の回に転送されていたので待ったが、一時間待っても転送されなかったので、きっと暑さでスマフォ(Nexus 4)が落ちたのだろうと思って見たら、なんと・・・

電池が膨らんで、背面がぱっかり開いてしまった

確かに、昨日は涼しかったが、今日は日中は30℃くらいになったので、無茶だった。一応、直射日光や雨が当たらないように押入れケースに入れていたのだが、年代物(約7年目)の電池にはキツかったようだ。

電池の中身が吹き出すとか発火とか爆発しなかったのは良かった。さすがGoogle監修? 単に運が良かっただけ? まだ怖いので、密閉袋(ジップロックの類似品)に入れた。

そういえば、近頃は頻繁に勝手に再起動していたのは、これの前兆だったのか・・・

それから、幸いなことに、買ったばかりのセンサは全く(と言っても、電池しか分からないがw)大丈夫だった。最近のC国はちゃんとしているものも多そうで、何よりだ。

だから、普通なら30℃くらいは全然問題なかったのだが、いかんせん電池が古かったということだろう。

まあ、壊れたものは仕方ない。

ちょっと中をみたところ、アンテナと思われる配線が背面に繋がっているため簡単には開けられず、電池交換は容易ではなさそうだ(調べれば出てくるかも知れないが)。

代わりにiPhone 6s(だったか、超大嫌いだしクソのように使いにくいので名前すら分からないw)で定期撮影できないか考えている。今は純正の「ショートカット」とかいうアプリでオートメーションができるようだが、それを入れるにはOSの更新が必要で、そうすると他の問題が出そうだから悩ましい。

さっきiPhoneを起動したら、「電話番号の変更」とかいう通知が出ていて、それをしたことや、新しい番号が全然記憶にないのだが、ハッキングでもされ掛けたのだろうか? 謎だ。

↑ 何となく思い当たって調べたら、原因が分かった。iVideoを試した最初の頃に、SIMを一時的にiPhoneに入れたためのようだ。新しい電話番号はそのSIMのものだった。 (2020/7/21 4:15)

iPhoneはどうにも不便で使いたくないので、Nexusの電池を交換できるか検索したら、随分簡単に分解・電池交換できそうだったので(→ 参照)、やってみた。道具(プラ製の分解用ヘラ)がないのと電池が両面テープで結構しっかり接着されていたのでちょっと神経を遣ったが、なんとか外せた。電池の外装は全体的に柔らかく、特に裏側はアルミ箔なので、外す時に破ったりしないように注意した。電池はAmazonで1700円くらいで売っていたので、注文した。

なお、背面パネルは電池が膨らんで持ち上がった薄い板だけでなく、その下部の つばのような、側面を構成する部品も一体だった。だから、板だけを剥がそうとしたら壊れてしまっただろう。

驚いたことに、この膨らんだ状態でもまだ電池の能力は残っていたようで、分解する時にたまたまボタンを押してしまったら、画面が点灯して起動し始めたことだ(ただし、そのまま起動できたかは不明)。なお、電池を外した状態では、USBで電源を供給しても電源は入らなかった。 (7/21 8:50, 10:46, 21:39)

 

(7/21 6:16 Nexusの国を訂正 ← 8:17 Nexusでなくセンサの国だったので取り消した。)

  •   1
  •   0