Archive for the ‘PC・技術’ Category

前の投稿を書いている時に思い付いた、「電子アナデジボリューム」(仮)を試してみた。なかなか大変だったうえに結果はイマイチだったwが、とりあえず考えたことができたので、満足して(そそくさとw)元に戻した。

この方式は昔のアナログシンセ(のVCA)のように音量を制御するので、上記の仮称にした。再生する音の音量調整は完全にデジタル(要するに掛け算)なのだが、その調整量はアナログ信号(電圧)で制御している。以下に構成図(概略)を書く。

                                        PC  | 外
制御信号発生 → PCのアナログ出力 | → 音量調整用ボリューム
ローパスフィルタ ← 全波整流 ← PCのアナログ入力 | ←+
             ↓ 音量調整用ミキサー
            音量調整入力
音楽再生音 → 再生入力 → DAC | → オーディオアンプ → スピーカー

備考

  • PCのオーディオ入出力が直流を扱えないため、音量の制御信号は正弦波とした。なお、周波数は100Hzにした(制御用に使ったPCのオンボードのオーディオインタフェースは超低域の特性が悪いようで、35Hz辺りのように余り低いと安定しないようだったため)。また、なるべく制御信号が音楽に混じらないように、出力レベルを下げた。
  • 音量調整用のミキサーは電圧で音量が制御可能な、Non Mixerを使った。

なお、この稿では「ボリューム」は物理的なボリューム(可変抵抗器)の部品を、「音量」は音楽を再生しようとする音量(の設定値)を指す。どちらも元は同じ意味の言葉ではあるが・・・

以下に関連する画像を載せる。

試行錯誤しながら心配したのだが、アナログ信号で音量を制御するために、音量の設定値が今一つ安定しなかった。正確には、アナログだから悪いのでなく、制御信号が交流(音)で、その振幅を(AMラジオのように処理して)調整量にするので、「ちょっとやってみた」程度ではなかなか安定しなかった

そして、その音量設定値の変動のせいかは不明だが、どうも再生音が悪かった(気のせいかも知れないが、今までの経験では大抵当たっている)。音量の変動以外の良くない要素として、音量調整はデジタルではあるが、アンプに入れる前に小さくしてしまうのが余り得策でないように思う。

それから、ボリュームを動かす量と音量の関係が今一つだった(逆に、普通にアナログでボリュームを使う方が自然で良かった)。この辺りは制御信号のオフセットや傾きや曲線(対数?)を調整するといいのだが、(ガチのデジタル信号処理用でない)音楽用の処理モジュールには丁度いいものは見当たらず、調整は容易ではなかった。

なお、周波数を測定するモジュールもあって、周波数で音量を調整する(FMラジオ方式)こともできそうだったのだが、ボリュームで周波数を変えるのは容易でない(そもそも、信号発信器なんて持ってない)うえに安定させるのは難しそうなので止めた。

今日はアナログ処理の難しさ・面倒さを体感した。でも、おもしろかった^^

 

(6/17 11:22 わずかに加筆・修正、リンクを追加; 18:56 ちょっと修正)

  •   1
  •   0

今使っているアンプ(SAYA SP192AB)は、基本的には気に入っているのだが、ひとつだけ気に入らないことがある。ボリュームを回すとガリ(「ガリガリ」という細かい雑音)が出ることが多いのだ。買った直後から出て、五年経った今でも出る。何度も速く回すと直ることが多いのだが、これは頑固で全然直らない。買った直後に出た時にメーカーに問い合わせたが、ガリよりも左右の音量差を重視したためとのことだった。その方針はいいとしても、実物は全然イケてないと思う。「仏作って魂入れず」みたいなものだ。というのは、アンプ本体(ボリュームも)が振動したらガリが出るはずで、気付かなくてもわずかな雑音が入ったり音質が劣化するはずだ。実際、ボリュームに振れただけでスピーカーから雑音が出たことが何度もある。

それで、そろそろ長期保証が切れるので、自分でボリュームを交換したくなった。ちょっといい部品を買うのもいいが、使ってみないと本当に大丈夫か分からないので、とりあえず、以前ヘッドフォン用に使っていたけど死蔵していた、フォステクスの外付けボリューム(PC-1e)の部品を外して使おうと思って居た。それで、それにガリや使い勝手に問題がないか、試しにPCのDACの出力とアンプの入力の間に入れて使ってみた。た。アンプのボリュームはやや大き目で固定した。そうしたら、ガリがないうえに、部品が幾分いいものなのか、滑らかで回しやすい。それに、PCの上に置いたら操作しやすく便利で意外にいい感じだ。

実は、この試行は、少し前に記事で見たUSBボリュームにインスパイアされた。その製品のように机上で音量が変えられると便利そうに思ったのだ。ただ、仮にそのボリュームがJACK(Linuxのオーディオシステム)でも使えれば(使えるようにすれば)デジタルの音量が変えられるが、(音量を下げることしかできないので、)アンプの入力を大き目にしておく必要があるのが怖い(電源を入れたまま入力端子を操作すると、不意に大音量が出る可能性がある: アンプの出力は数Wなのでスピーカーが壊れることはないだろうが、うるさいしびっくりする)と思って居た。そして、そういえば、フォステクスのボリュームが同様に使える物であることを思い出した。

半日程度使ってみたら、曲やジャンルやプレーヤーによって音量が違ってもすぐに調整できるのがなかなか便利で気に入ったので、机上に移動した。そして、このボリュームは小さいからそれほど音を反射しなさそうなので、机上の「安全地帯」(平坦な物を置くと高域が乱れる場所)に置けば、デッドスペースが活用できていい。アンプ同様、つまみが黒くて音量の設定が分かりにくいのだが、アンプ用に作った大径つまみ(つまみに被せる)がそのまま使えた。

フォステクスの外付けボリュームが意外に便利だ。

ただ、この構成にはいくつかの問題がある。

  1. 部品やケーブルが増えるので、音質が劣化する(可能性がある)。
  2. アンプのボリュームはそのままなので、振動で雑音が出る可能性がある。
  3. 入力端子がミニジャックで若干脆弱(以前は挿し込み加減で接触不良になっていた)。
  4. アナログケーブル(4本)がかさばる。

4はどうにもならないが、1はまず分からないから問題なさそうだし、3はピンジャックなどに交換(改造)すればいいが、2が問題だ。一番いいのは、アンプのボリュームを外して直結する(最大音量に固定)とか抵抗で固定の音量に設定することだが、上に書いたように不意に大音量が出るリスクがあるから、ちょっと考えどころだ。

2の直感的かつ安直な解としては、アンプのボリュームを接着剤(アロンアルファ?)などで固定して動かないようにするのを思い付くが、きっと悪手だろう。接着剤では微妙に動くかも知れないし、接着剤の影響でボリュームの接点が接触不良を起こすことも大いにありそうだ。

4の趣味的な解としては、このボリュームでは直接音量を調整せずに音量調整用の電圧だけを変化させ、その電圧をPCで読み取って、それに従ってJACKのミキサーの音量を(デジタルで)設定することが考えられる。すると、ケーブルは2本くらいに減る。しかも細くていい。更に、ここにアナログ信号は通さないから1の音質劣化も解決できるではないか! が、そこまでやる意味は果たして・・・ おもしろけいどwww

↑ 「電子ボリューム」(なんか違うが)の実現方法を少し考えたが、意外に簡単ではない。まず、PCの音声入力は直流を通さないので、ボリュームの電圧をそのまま読めないのが面倒だ。何か便利なセンサ入力でもないだろうかと思う。駄目なら、ボリュームに適当な音(正弦波)を入れて、それをLPFに通して直流にすれば音量を調整できそうな気がするが、下手すると変調が掛かりそうだw おもしろそうではあるが、まあ面倒だ。 → 早速やってみた。 (18:30記)

そこまでやるなら、上のUSBボリュームとかUSBのコントロールノブを買った方が楽だし安定だ。あとは適当なマウスのホイールでも良さそうだ。が、おもしろくはないw

という訳で、ちょっとした思い付きがなかなかおもしろいことになった。

  •   0
  •   1

「東京大改革2.0」とか「インダストリー4.0」の".0"って意味あるのかね。いつ、どういう基準で*.1になるのか聞きたい。そもそも、「東京大改革1.0」ってのはあったのだろうか? 1.1もあったのだろうか??

「7つのゼロ」の達成した数が0個だから1.0増えたのだろうか。隠されていた「8個目のゼロ」(例: 「以上7個のうち0個を達成する」)の重みがすごく大きかったってこと?www

いかにもITどころか最先端技術などに明るい振りをしたくて、あるいは、「やってる感」を増強したくて、あるいは、一般人を煙に巻きたくて無意味なバージョン番号を振る、空虚なウマシカ。

僕らはバージョン番号を「格好いいから+1する」とか全然ない。小数点だって不要なら付けない。無意味・無駄だから。あ、窓とかは違うかもね。あそこは番号も訳の分からない名前も大盤振る舞いだ。

勝手にやってろ!

  •   2
  •   0

年中行事のオーディオの配置変えの話※。振り出しに−とは言っても元の木阿弥ということではなく、「元の位置に戻った」という意味で、音としてはいい結果になった。

※こうも変えてばかりいるのは、誰だったか、偉人が「次の作品が最高だ」のように言ったとか、作曲家が頻繁に曲を改訂したり、演奏者が何度も再録するのに通じるものがあるかも知れないが、まあ、「永遠に出来損ない未完成な某Windows 10に近い」というほうが合っているかと自虐的に思うw

前回、配置が確定した直後辺りから不満が生じた。低音である。前回の特性(補正あり)を見ると分かるが、95Hz以下が出ていない。50Hz以下のような超低音はいいけど、せめて60や70Hz以上は出て欲しい気がした。実際、クラシック音楽では聞こえない音(ピアノやコントラバスなど)が結構あって、物足りなく感じた。なお、ポップ音楽では倍音で補完されるのか、概ね問題なかった。

低音が出ないのは、配置のセオリーどおりで仕方ないことだった。(僕が子どもの頃とは違い、)スピーカーはなるべく壁の近くが良い(例えば1m以内)というのが定説のようだ(離すと、壁での反射波の干渉で低音が減るため)。また、スピーカーの左右を同じ条件(対称)にした方がいいというのもある。前回の配置は非対称だった(右スピーカーのすぐ横に寝室が広がっていた)ので、後述する低音の乱れが生じ、特性が素直でなくなっていたようだ。

また、後述するが、ここでの最初の配置(直感で決めた)の特性はそれまでで一番素直だった。だから、セオリーとか直感は馬鹿にできないようだ。

ただ、移動は面倒なので、しばらくは我慢していた。が、別の問題が生じた。窓が眩しいのである。机(目)の斜め前に窓があるせいか眩しくて、日中はいつもカーテンを引く必要があるのがどうにも気分が悪いので、なんとかしたかった。それで、机やスピーカーなど、全体を壁に移動させれば窓が目の横に来るので、眩しさが軽くなるかも知れないと考えた。最初に書いておくが、結局、眩しさは減らず、相変わらずカーテンは引きっぱなしである。

どうも、僕の目は正面よりも横からの明るさに敏感なようで、車でも、日中右側に太陽がある時は、ほとんどいつもサンバイザーを右にしている(他の方を見てもそうではないようだ)。だから、眩しさを減らすには、全体を窓から離す(奥に移動させる)必要があるのだが、そうすると、「ブラックホール」(この部屋で低音が消失する領域)に近くなるのでできない。

窓の眩しさで不思議なのは、学校で窓際の人は眩しくないのかってことだ。そういえば、僕も高校で窓がすぐ脇だったことがあったのを思い出したが、その時は気にならなかったのか。歳を取って過敏になったのだろうか。部屋の照明を暗目にしているのが関係ある??

それで、5/27頃から移動の検討を始めた。まず、ここに来て最初の配置が壁際だったので、その特性(補正なし)を検討したところ、随分フラットだった。素性がいいためにイコライザのフィルタ数は左右2個ずつと少なく、耳閉感が起こりにくそうなので、試したくなった。ただ、147Hzの山が高いのと超低域が大きいのが気になった。

147Hzの山については、当時はスピーカーを本棚に載せて高くなっていたので起こったが、今はそれより低いスピーカー台に換えたので改善できるはずだ。超低域は耳閉感の原因と思われるので気になったが、フィルタで充分に減らせばいいのではないかと考えた。また、当時は全然減らしていなかったのに耳閉感がほとんど出ていなかったので、それがどうしてかは分からなかったが、希望が持てた。そして、耳閉感の原因は超低域の量だけでなく、イコライザの作りによるものも大きいのではないかと考えて、賭けてみることにした。

試しにスピーカーや机などを壁際に移動して特性(グラフは低域のみ)を測ったところ、目論見通り、147Hzの山は低かった。不思議なことに超低域(50Hz以下)がほとんどフラットだった(バスレフポートを塞いでいるから下がるはずなのだが、共振して増えているのだろう)。それは予想していたので、イコライザで落とすことにした。

暫定的にイコライザを調整して聴いてみたら、音に違和感はなく、"Come together"などで低音が増えたように感じた。耳閉感の兆候はなくならなかったが(それ以前の疲労が残っていたようだ)、低域が気に入った。更にイコライザを調整して試したら、耳閉感は出なくなった。良くなった例を挙げると、ルガンスキーのラフマニノフのピアノ協奏曲 第2番 第1楽章のピアノの低音の量が増えた感じがした(それでも聞こえない低音はあった)。それから、音作りのキツい曲、ELTの"Feel my heart"は今までより迫力が増して高音もすごかったが、耳閉感は出なかった。YMOの"Solid state survivor"の曲も同様だった。全く信じられないことだった。ただ、以前気になった"The fool on the hill"の間奏の低音の少なさはほとんど変わらなかった。

この辺りの記述は、僕の大嫌いな、オーディオ製品の提灯記事レビューで評論家などが「音質評価用の曲」(曲や演奏者や表現などには全く関係なく、音質だけにしか関心がない: 作者にも演奏者にも大変失礼だ!)を聞いて(音質に関する)感想を書いているのと同じように見えるが、僕はそういう曲を決めているのでなく、好きな曲の好きな演奏を期待どおりに聴きたいから、気になったものを試しているだけである(比べるために、気になった曲を集めてリストにすることはある)。だから、僕は期待どおりの演奏が耳を痛めずに聞こえれば良い。もちろん、興味がない・好きでもない曲や演奏の音質を試すなんて、詰まらなくて無意味かつ無駄なことはしない。

「評論家はテスト信号だけ聞いてろ!!!」って思うが、なぜかそうはしないようだ。

ここまで来て、どうやら、耳閉感の原因は超低域が大き過ぎることとイコライザの作り・設定以外に、「変な・悪い音」(特に低音)もあるのではないかと気付いた。それまでの位置では、低域(70Hz付近)の左右の特性が違っている(例: グラフの75-100Hzの青(左)と赤(右)はかなり違う)ために音が「変」になって、耳や脳に負担が掛かって、耳閉感が起こっていたのではないか。イコライザについては、今までに書いたように、変な特性を補正しようとしてフィルタを多くしたり強くしたりすると、確実に耳閉感が起こる。

更に、その後、変な・悪い音の原因として低域の位相の乱れが関係しているような気がした。チャネルごとだけでなく、左右チャネルの位相が合っていないと良くないのではないかと思うが※、確証はない。直感的に書くと、低音で左右の位相がずれている場合、バスドラムのような音がわずかな時間差で左右の耳から順次入って来る(つまり、短時間で左右にぶれて聞こえる)ようなもので、頭が疲れそうだ。なお、位相の乱れが少なければ超低域を増やしても大丈夫かと思ってフィルタを軽くしてみたら耳閉感が起こってしまったので、超低域が多過ぎるのはやっぱり駄目なようだ。

※例えば、位相の比較図を見ると、以前の配置では57Hz付近で右(赤)の位相がかなり左(青)と異なっているのが関係しているのではないかと思う。新しい配置(水色とオレンジ)でも95Hz付近でずれているが、そこまでひどくはない。

それから、念のため(色気を出して)バスレフポートを塞がない場合の特性も比べてみたが、やはり全閉が良かったので、そうした。当然ではあるが、ただでさえ超低域が共振して強まっているので、バスレフポートを開けると強くなり過ぎる。

この配置で数日間試して問題なかったので、正式に全体を移動してイコライザを微調整して、6/2に確定した。

試している間にクラシックピアノの音(例: グールドの「ゴルトベルク」、ポリーニのK. 488)が悪いことに気付き、原因を調べたところ、どうやら355Hz付近の量が多いと※、そのように聞こえることが分かった(ポップ音楽では気付かなかった)ので、調整した。

※この辺りを増やすと、昔のTVとかラジオのような音に近くなる。

現在の特性イコライザの設定配置図を以下に示す。僕にしてみれば、この特性(特に中高域)はまったく大したものだと思う。イコライザについては、当初よりフィルタが増えてしまったが、本質的なものは2(左), 3(右)個である。33Hzはあったほうがいいけど、850Hzはなくても分からない、気分的なものだw

幸い、今日まで耳閉感は問題にならなかった(疲れで起こったことはあったが、音質に起因するものはなかった)。そして、毎回書くように、いろいろな演奏で発見(初めて聞く音)があった。それらは、低域が改善されたことと、耳とスピーカー間の障害が減ったために高域の劣化が少なくなってストレートに聞こえるようになったことによると思う。以下に少し感想を挙げる。

  • The Beatles: "While My Guitar Gently Weeps - Remastered 2009": 低音がいい感じ。
  • John Mellencamp: "Jack & Diane": 音がいい。特に打楽器の高音。打楽器の低音もいい。
  • ポリーニ: K. 488, 第3楽章: 少しだけ、低音弦(コントラバス)を速く弾いた時の身体に響く音(叩く音に近い?)が聞こえた。
  • ELO: "Hold On Tight": シンバルの高音が初めての感じ。
  • 中村あゆみ: 「翼の折れたエンジェル - 2005リマスター」: イントロで今まで聞こえていなかった低音(バスドラ?)が聞こえた。

今は大きな不満はない。せいぜい、まだ低音が弱いところ(左の116Hz付近)がある程度だ。それは、今回改善できた90Hz以下のように聴いて不足を感じる訳ではなく、対処しようにも原因が分からず、一度(実は旧居でも同様なことを何度も)挑戦して失敗しているから難しい。それから、贅沢な話だが、(前回も書いたように)音がストレート過ぎて気軽に聞き流せないということはある。あとは外が眩しいことだが、これも難しそうだ。まあ、ここら辺が「次」に繋がるのかも知れない(でも、動かすのは疲れるな)・・・

と、配置が確定してすぐに不満が生ずる訳だwww

 

最後に、今回までに分かった耳閉感の原因の候補(更新版)を挙げる。

  • 超低域の音量過多
  • イコライザの構成(フィルタが多い・深い・広いなど)
  • 超低域の左右の特性の不揃い? (今回追加)
    • 左右の位相が関係しているのか?
    • これがなければ、ある程度超低域が多くても大丈夫そう。
  • 超低域の位相の特性? (今回追加)
    • 位相変化が素直でないと駄目なのか? → イコライザの構成に繋がるのかも。
  • 耳・身体の不調、疲れ
  • 演奏の音作り

 

PS. それにしても、以前も書いたように思うが、市販のオーディオ製品(特にスピーカー)を買って来て、ただ置いて音を出して、音がいいだの悪いだの言ってる人は すごくもったいないと思う。悪く言えばウマシカ、アホか馬鹿かだ。

お前、その音の特性を測った? 調整した?

と言いたいが、とんでもない数の人が対象になりそうなので、止めておく。逆説的だが、そういう人たちは、物を買えば・換えれば(いわゆる「ポン付け」)自分の希望する「いい音」が聞けると思っているのだから、ある意味幸せかも知れない。

いい音って何だよ?

  •   0
  •   0

良くあることだが、うちのエアコンの冷房は「いけず」で、なかなか冷えない(設定温度にならない)割には、いつの間にか寒過ぎる(設定温度より低い)温度になっていたりもする。古いせいかも知れないが、外見は綺麗だし、一応インバータ式だし、冷えない訳ではないので、何かがおかしいのではないかと思って、「なんとか」(改良)したくなった。なお、体感温度と室温は異なる場合が多いが、今回はそれは対象外とし、設定温度と実際の室温を近付けることを考える。

まず、エアコンの設定を変えて挙動を調べたり、エアコン内部を見たりして、設定温度と室温の差が生ずる要因を推測した。

  1. 室温がちゃんと測定できていない(室温センサがおかしい)?
    • センサの故障: センサを暖めると動き出すので、少なくとも断線などではないと考えた。
    • 不適切な温度センサ位置
      • その補正をしようとして(失敗して)いる?
  2. 温度測定位置の補正?
    • センサの位置と人の位置の違いを補正しようとして(失敗して)いる?
  3. エアコンの余計インテリジェントな機能(「体感予測」だの「ゆらぎ」だの)がうまく働いていない。
  4. エアコンの効きの変化(← 外気温によって変わる)
  5. 部屋の温度の「慣性」(← 熱容量)の影響 → すぐには温度が変わらない。特に、冷房で温度を上げる方向は遅い(外気温や部屋の断熱性に依存する)。

僕は1の室温センサが一番のキモだと思って居た。エアコンの中を見たら、センサはフィンに密着して取り付けられており※、それでは冷えたフィンの影響で低目に出てしまうだろうし、フィンとフィルタに挟まれた空間の温度が室温とは異なるために、室温が下がり・上がり切らない(設定値と異なる)のではないかと考えた。実際、調べてみると、センサの位置を変えて改善したという記事があった。(例1, 例2)

※これ、僕が見ても明らかに「トーシロー」な作りなのだが、他社もそうしているようだし、何か考えがあるのか何も考えてないのか*、分からない。なお、本体内に貼られていた回路図を見たら、センサには吸気温と熱交換器温の2つがあるようで、フィンに密着しているのは熱交換器温センサで、吸気温のは別のところにあるのかと思ったが、実際には本体下部の熱交換器のパイプにもセンサが付いていたので、やっぱり吸気温センサだった。

*考えがあるとすれば、(例2に書いてあったことだが、)ファンが動いている場合には多くの空気が流れ込むので、より正確な室温が測れそうだということだ。でも、停まってたらアウト(上述のように、フィンの温度や狭い空間の影響が出る)でしょ。また、別のページによれば、センサの位置はメーカーによって異なり、フィンの近くかそうでない場所の2種類に大きく分けられるとのこと。

メーカーがセンサをフィンの前に置いても問題ないとした理由を考えてみると、実は対流(やサーキュレーター)によって空気が流れこむのかも知れない。ただ、この機種のように、フィンの前部がほとんどパネルで覆われていて、流入するであろう開口部が狭く、しかも奥まっていて、更にフィルタがあっても空気が容易に通るのかは疑問だ。ただ、昔のエアコンは前面がスリットだったので、今よりは通りやすかっただろう。その設計をいまだに使っているのかも知れない。

百歩譲ってそれでも問題なく空気が通るとしても、フィンに密着させるのは全くありえないと思う。僕が試したように少しでも離しておけば、実際は別としても思想は理解されて、「クソ設計!」と思われずに済んだのにw まあ、組み立てでばらつくから難しいんだろうな。

ここは賃貸なので、上の例のような非可逆な改造は気軽にはできないので、試しにセンサの取り付け具をフィンから1-2cmくらい浮かせてみたのだが(試行1, 試行2)、ほとんど効果がなかった。更に、センサ辺りに扇風機で風を送って室温に近付けようとしたが、前面パネルがあるせいか、やっぱり効果がなかった。

それで、上に挙げた例のように(ただし、ケーブルを切断せずに)センサのケーブルをうまく延長するか、延長できないとしても、センサを本体の外に出せば、より正確に室温が測定でき、設定値と室温の差が減るのではないかと考えた。早速試してみた。いろいろなページに分解方法が書かれていて参考になった。が、書かれているように、なかなか本体カバーが外れず、四苦八苦してようやく外れた。

最初はセンサのケーブルを基板に繋ぐコネクタを外し、それにケーブルを追加して延長しようとしたのだが、基板が奥にあって容易にはコネクタが見付けられなかったので、センサを本体の外に出すだけにした。運良く、前面パネルのヒンジ辺りから上に出せた。なお、センサを上に出すと室温が高目に測定されることが予想されるが、冷房の場合にはより冷えるからそれで良さそうだと考えた。

試してみたが、効果は"?"である。良くなった気もするが、数値的には設定値と室温との差はなくならなかった。室温が設定値と同じこともあったが、1℃くらい低いことが多かった。また、センサ付近の温度を測るため、エアコン上部に温度計を貼って調べたが、設定値との関係は不明だった。合うこともあれば合わないこともあった。以下に測定例を示す。

  • 改良前
    • 設定: 24℃ → 室温: 26.2℃: 室温は設定より随分高い。
    • 設定: 26℃ → 室温: 26.1℃: 室温は設定に合っている。
  • 改良後
    • 設定: 26℃, 推定のセンサ付近の温度: 26.6℃ → 室温: 26.1℃: センサ温度(エアコンの測定した室温)は設定より高いが、室温は設定に合っている。
    • 設定: 27℃, 推定のセンサ付近の温度: 27℃ → 室温: 26.3℃: センサ温度は設定に合っているが、室温は設定より低い。
    • 設定: 28℃, 推定のセンサ付近温度: 28.1℃ → 室温: 27.9℃: 設定とセンサ温度と室温がうまく合っている。

温度測定前には10分以上の安定待ち時間を取った。また、センサ付近の温度計と室温の温度計には差があるので、前者の値を補正した。

設定値と室温(またはセンサ温度)が合わない理由を推測すると、エアコンの作りとして、室温(吸気温)センサと人の場所(= 室温の測定位置)が異なることやセンサがフィンに近いことを考慮して補正している(「サバを読んでいる」w)のではないだろうか。ただ、常に差がある訳ではないのが謎で、制御ソフトが「余計なこと」をして非線形にしてしまっているのかも知れない。

なお、センサを外に出したことで より正しい室温が測定できるようになったはずなので、今まで頻繁にあった、「暑いのに冷房にならねぇ(コンプレッサーが動かない)!」問題は改善されそうなので、全く効果がないとは言えない。が、まだ確認できていない。

結局、今のところは、冷えない時には「パワフル」モード(冷え過ぎそうだし電気を食いそうな気がするので、常用は避けたい)にするか、設定温度を「適宜」下げるのが一番効果があるという結論になった※。後者はみんなが良くやっていることで、

設定温度なんて気にせず、快適になるまで設定を上下すればいい

っていうオチだwww (それでいいのかパナさんよぉーーー)

※でも、僕はそれでは操作が面倒なので(しかも、気付くと寒い)、今回試してみた。

(6/16 6:04) しばらく試してみたところ、以前よりは良くなったように感じる。室温が設定温度に近くなることが多くなったので、設定を変えることが減った。また、暑いのになかなか冷房(コンプレッサー)が動かないことはほとんどなくなったし、ファンが止まることもほとんどなくなったように思う。それでも暑過ぎたり寒過ぎたりすることはあるが、室温は設定に合っているので、体感の問題のようだ。

結局、パナの設計が駄目だったっのではないか。ファンによる風を受けてなるべく室温に近い温度を測りたかったとしても、今回僕がセンサを動かした位置のように、本体外側付近の吸気口の近くなら充分ではないか。

 

PS. 体感温度も考慮すると、設定温度が1℃刻みでは粗過ぎる。少なくとも0.5℃にして欲しかった(なぜか、高級機しか0.5℃になっていない)。そして、(以前にも書いたことがあるのだが、)そういう改造(?)もやってみたいが、面倒そうだ。スマフォやPCに繋がるリモコンを使えばできるのかも知れないが、果たして・・・

PS2. このエアコンのトンデモ設計は、リモコンでもそうだった。受光部がケースの下(本体右端、LED付近の文字の右辺り)にあり、その前には普通あるような光を透過させる黒い部品はない。ケースがそういう素材なのかも知れないし(それはなさそう)、リモコンの赤外線は良く通るから不要なのかも知れないが、実際にはリモコンの反応が悪くていつもイライラしていたのは、そのせいではないかと疑っている。パナ(のこのエアコンの設計者)はやっぱり駄目だなあ・・・ (6/13 5:02)

 

(6/13 5:40 加筆・修正・少し構成変更; 6/16 6:04 試した結果を追記)

  •   0
  •   0

病院(主に医院)の待合室の本棚には、大抵、興味をそそらない、院長や奥さんなどの趣味であろう、週刊誌(例: ファッショナブルな女性誌、外車の雑誌)や古い本や漫画(例: 「サラリーマン金太郎」、「ドラえもん」)しかないw 健康診断で行った医院もそうだったのだが、暇なので題を眺めていたら、無意識のうちに(パターン認識のような感じ)「ん?」と思った(何となく違和感を感じた)本があったので、視線を戻した。日に焼けて背の文字が薄くなっていたのだが、良く見たら、題はなんと、

Ubuntu Linux入門キット 10.04対応

だったwww Ubuntu 10は2010年頃のようだから、一時流行っ(てすぐ消え)た頃(2000年代?)ではなさそうだ。院長に何か考えがあって試し(てすぐ諦め)たのだろうか? 雰囲気的に何となくそんな気もするが、単に、患者とかが持って来たのかも知れない。

もし院長だったら、歳が近いので、そういう話で盛り上がるのもおもしろそうだが、患者が多くて忙しいようだし、僕は自分から持ち掛ける性格ではないので、なかなか機会はなさそうだ。まあ、「仕事は何しているんですか」とか聞かれたら、話が繋がるかも知れないな。

  •   0
  •   2

先月の終わり頃から突然始まった、部屋が煙草臭くなる問題。いろいろな原因を考え、さまざまな試行錯誤をした。今は解決したように見えるが、多分再発しそうだ。

現象

  • 朝7時頃から段々と部屋が煙草臭くなる。
    • 窓から臭いをかいだり歩いた時、外はそれほど臭くない。
    • 吸気口からの外の風もそれほど臭くない。
      • ただし、吸気口の中はかなり汚れていた。
    • 吸気口とは反対の玄関側でも臭うことがあった。
  • 夜(深夜)は臭わなくなる。雨の日も臭わない(はず)。
  • 臭う場合、手足や部屋の中(例えば机の天板)がべとついたり埃っぽくなる感じで、すごく気分が悪い。
    • 2番めの会社でも同様のことがあったので、トラウマのようになっていたり、敏感になっている感じ。
    • 部屋の湿度の高さにも関係している。
    • そうでない場合、冷房が効いているとサラサラして大変気持ちいいのだが・・・

考えた原因候補と検討

  • △+ (暖かくなったので)この建物の住人が窓を開けて、または、ベランダで吸っている。
    • 退去時に壁紙などの交換費用を取られるので、室内で吸うことは余り考えられない。
    • 僕の室内が臭い場合でも外の空気はほとんど臭くないことが多いから、ベランダで吸っているのも違う気がする。
    • また、ここに住むのは若い人が多そうだから、吸う人はほとんど居ない気がする。: 地方なので、結構吸うのか?
    • ベランダで鳩よけの作業中に臭ってきたので、可能性は高い。
    • 近頃は暑くて冷房するので、外では吸うのは止め、窓を閉めて中で吸うから臭わなくなった?
  • △ (暖かくなったので)近くの家の住人が窓を開けて、または、庭などで吸っている。
    • 家は汚したくないだろうから、室内で吸う人は余り居ない気がする。
    • 臭い時に外を観察したが、それらしい人は見掛けなかった。
    • ベランダで鳩よけの作業中に臭ってきたので可能性はあるが、離れているので拡散して臭わなそうな気がする。
      • 吸気口と反対側の玄関側でも臭うことがあったので、ある程度離れた家からの臭いが辺りに拡散しているのかも知れない。
    • 近頃は暑いので外では吸うのは止め、冷房して窓を閉めて中で吸うから臭わなくなった?
  • △- 近くの工事現場の人が吸っている。
    • 作業の人は吸うことが多いだろうが、(安全とか管理の点で)年がら年中吸っていられる訳ではないだろうし、結構離れているので、ここに到達するまでに臭いは拡散してなくなると思う。
    • 横を通っても、臭わないことが多かった。ただ、車の中で吸っていた時はかなり臭かった。
    • 工事のない日も臭ったので、違う可能性がある。
  • × 前の住人が喫煙していて、エアコンに臭いが残っている。
    • 冷房時、エアコン内部が結露しない(乾いている)場合に起こる気がしている。
      • この場合、ドレン水は出ない。
      • なぜか、暖房時には臭わない。
    • 煙草臭の元は水性とは思えないので、違う気がする。また、暖房時にも揮発して臭うはず。
    • 同じように冷房しても臭う日と臭わない日があるので、違う。
  • × 台所の換気扇のダクトに(出所不明だが)煙草の臭いがこびり付いていて、外からの風で逆流して臭う。
    • 実際に出て来る風が臭いのだが、こういうことがあるのだろうか? → あるようだ
    • ただ、ここに入った直後には臭っていなかったので、違うようだ。
    • 風が逆流している場合でも臭わないことがあるので、違う。
  • △ 周囲の部屋の人が換気扇の下で吸った煙が外に出てこっちに逆流している??
    • ダクトに臭いがこびりつく件を調べたら見付かった。僕とほとんど同じことをして居る人も居た!
    • 隣の部屋の換気扇の排気口とうちのの距離はとても近い。(当然ながら、)下の部屋の排気口の真上にうちのがある。
      • 隣なら、僕が入った時から臭っていたはず。下は近頃入ったが、入ってからしばらくは臭っていなかった。: どちらも近頃吸うようになった??
    • ただ、上記のように、退去時に壁紙などの交換費用を取られるので、この建物の人が室内で吸うことは余り考えられない。費用を払いたくないので換気扇の下で吸っているのだろうか??

試した対処と効果

  • △- (窓を開けて)エアコンを強冷運転して内部の消臭をする。
    • 何度かしたが、余り効果がないような感じだった。ドレン水は汚れていなかった。ただ、2回目くらいにドレン水を溜めた容器の壁を拭ったら薄く汚れた。
      • 最後(昨日)のが効いたのか?
    • これだけでは効果は感じられなかったが、(上記のように)冷房を強目にすると臭わなくなることが多い。臭いの元は水性なのだろうか?
  • △- (外からの)吸気口を閉じる。
  • △+ 台所の換気扇の吸気口(ガスコンロの上)を閉じる。
    • 試しに、薄い発泡スチロールのシートを貼ってみた
      • 布(Tシャツ)では効果がなかった。
      • 耐熱・耐湿性を高めようとアルミ(レンジカバー)に換えようとしたが、数回折っただけで切れ目が入ってしまい、気密性が確保できないので却下した。安い物は駄目なのか。
    • ガスコンロを使う時に、一部を開けて換気できるようにした。
      • 開ける部分はシート磁石でフードに固定した。ただ、気密性と強度・耐久性を高めるのが難しい。
    • 建物(排気口)に向かって風が吹いている場合、少しでも隙間があると、室内に臭い風が出て来た。
      • その場合でも外は臭くなかった。
        • ↑隣の換気扇の排気口が近いので、隣の可能性がある。排気口は窓より上にあるので、窓からでは臭くない可能性もある。
    • 隙間を閉じたら、今のところ、臭いはほとんど出なくなった。
      • 逆流する風の漏れを検知するため、要所にティシューを貼った。ただ、感度が良過ぎて、エアコンの風や人が近付いただけでも動いてしまう。

現状

不思議なことに、今朝から臭わなくなった。その理由の可能性として、かなり暑くなったので、近くの家の人(が原因だったとして)が窓を閉めて吸っていることを考えた。それか、今までの対処(換気扇・吸気口を塞ぐ、何度かの強冷運転)の効果が現れたのかも知れない。

あるいは、(書きながら気付いたが、)換気扇の下で吸う隣あるいは下の人が留守なだけとか・・・ (しかし、そもそも隣または下の人は平日の日中も部屋に居るのだろうか? 逆に、普通の人だったら夜の方がひどいはずだ。: なんか違う気がする)

 

この件も、オーディオ(概ね落ち着いた)や鳩(小康状態)同様に手こずりそうだ。。。 まずは、部屋のどの場所から臭いが出て来るのかを再度確かめることか。

 

(6/11 17:29追記) その後、近頃下の階(直下ではない)に入って来た方(会社の事務所になっている)と考えると、現象とかなり符合することが分かった。もちろん推測なので、更に証拠集めをしたい。

  • その会社が入る前後から臭くなり出した。
  • その会社はいかにも煙草を吸う業界。
  • 事務所なので、昼しか人が居ないだろうから、夜は臭わない。
  • そこの一人は僕より少し年上くらいのオッサンなので(今日偶然見えた)、いかにも煙草を吸う。
  • オッサンが吸う煙草は臭い銘柄が多そう。
  • もし、そういう人が何人も詰めているとしたら、煙の量はとても多そうで、うちまで臭くなるのが納得行く。
  • 近頃臭わなかったのは、出張かなにかで事務所に人が居なかったからでは。

ただ、もしそこが原因だとしても、この建物は喫煙を禁止されている訳ではないので、せいぜい、(不動産屋経由で)換気扇の下やベランダで吸わないとか窓を閉めて吸うとかを頼む程度になりそうだが(、そうしたら、建物近くの路上で吸いそうで、それも臭くて困る)、果たしてどこまで効果があるだろうか。。。

それでも、換気扇から風や臭いが逆流するのは設備の問題とも言えるし(ただ、逆止弁はちゃんと機能しているので、そういうものだと逃げられる可能性はある。臭いまで防げる弁はなかなかないだろう)、窓はもちろん、吸気口も換気扇も塞ぐほど臭いのは異常なので、そこから切り込めないかと思う。それから、他の部屋の人(隣や直上の部屋なんて、もっとひどいのでは?)も苦情を言えば、何とかなるかも知れない。

 

PS. それにしても妙なのは、この問題が僕が激辛のばかうけを食べてから始まったことだ。本当にたまたまなのだろうか、何とも不思議だ。もしかして、あれの刺激によって僕のある種の嗅覚が(再び)敏感になってしまったのか? (な訳ないかw)

PS2. 僕は煙草が死ぬほど嫌いだが、一方で、今は喫煙者が余りにも無慈悲に叩かれ・隅に追いやられていて可哀想に思う。吸うのは自由だとも思う。ただ、本文に書いたように被害を受けると、叩きたくなる気持ちが良く分かる。吸う人は悪気があって吸うのではないのは確かだが、困っている人のことを想像しない・できないために自分たちの肩身を狭くしているということは、多少はあるのではないか。 (6/11 18:52)

PS3. 煙草で思い出した。旧居の隣の家の若い男が室内で吸えない・吸わないものだから、玄関の近くで吸っていて、僕が外に出る・帰った時に吸われていると、結構遠くから臭って気分が悪くなった。やっぱり分からないんだろうな。

そいつは吸い方が情けなかった。小さい灰皿を片手にヤンキーみたいに地面にしゃがみ込んで吸っていた。冬の寒い日も。「高級外車に乗って、小さいながらも一軒家の主がそれかよ・・・」って感じで、見るたびにいろいろ貧しい日本の実態を思い知らされる気分だった。 (6/11 19:56)

 

(6/12 13:04 試した対処の写真とその説明を追加)

  •   1
  •   1

今月の頭に鳩の反撃があった。室外機の上と天井の間に入り込んで居た。室外機南側の入口をワイヤーで塞いだつもりだったのだが、隙間が広くて無意味だったようだ。ある朝、どうも鳴き声が近かったので見たら居て、頭に来ることに、平気な顔でワイヤーを通り抜けて飛んで行った。。。 その室外機の南側が、少しワイヤーの外に出っ張っているので、そこに止まれるのも良くない気がした。

それで、鳩の侵入を塞ぐ物をいくつか準備した。まず、100円ショップの網状の滑り止めに電線を通した強化網※、台所の水切り網で作ったバリケード、更に、壁側用にクリーニングでもらったハンガーを繋げた物の3つを作った。今回は全部手持ちの物で作ったので、ロハ(僕はそれほど好きではない言葉だが、試しに使うw)だった。

※ちょっと余計な説明を書くと、時間が経って滑り止めが劣化してなくなっても、電線は残るだろうと思った。ただ、そのためには、電線の交点を針金などで縛らないといけないのが、結構なネックだった(交点の数は結構多い)。

現場を見て検討したところ、取り付ける場所の広さと室外機の形状の関係でハンガーを繋げた物の方が良さそうだったので、取り付けに邪魔な部分を削除し、針金を巻き付けて隙間を狭くしたものを使った。水切り用の台は、大きさが丁度良かったので、壁側に使うことにした。電線の交点を縛るのが面倒だったのと、柔らかいために取り付けが難しそうだったので採用しなかった網は、スペアにする。

取り付け作業にはたっぷり2時間掛かった。涼しい日を選んで良かった。数種類の物・方法が混在しているので、外観はなかなかひどいw 更に、鳩を威嚇することを期待して、既存のワイヤーの固定に使った結束バンドの余りを(昔のフォークギターのようにw: でも、あれは結構危険だと思う)わざと残したのも見た目をひどくしている。

なお、今回は、高所作業用に実家から脚立(約120cm)を借りてきた。高所恐怖症なので最上部には登れないが、それまでの椅子(約40cm)よりはずっと作業しやすかった。作業しているうちに段々慣れて来たが、それが事故に繋がるのだと、油断しないようにした。

汗をかいたので、作業後に飲んだノンアルコールビール(正確には低アルコール)がおいしかった。先日買ったブローリーというもので、買った直後に飲んだ時は、悪くはなかったのだが、新鮮味がないというのか、なんか「普通」で、おもしろくなかった(ただ、その前のヴェリタスブロイよりは味がしっかりしていていいと思う)。やっぱり、Westendが一番しっくり来る気がした。ただ、今日は疲れたので、なかなかおいしかった^^ので、まんざら捨てたものでもない。

鳩が入れなくてすごすごと帰るさまを見たいのだが、近頃は日差しがまぶしくて、いつも机の横のカーテンを閉じているので、また入り込んで鳴くか偶然タイミングが合わないと無理だ。鳩が来ることが多い朝だけはカーテンをしないことにするか。

そして、これでも駄目なら、ベランダ全体に網を張ろうと思う。仮に室外機は良くても、なぜか室外機の反対側に糞が落ちていたので、もしそれが鳩だったら、別の場所で「くつろがれる」可能性があるからだ。

ここまで来たら、おそらく、プロに頼む方が確実だろうが、(時間はあるので、)とりあえず、自分でやれるところまでやってみたい。ただ、網は固定が難しい。壁に固定具を接着するのが一般的なようだが、賃貸なのでなるべく避けたい。それで、ベランダの天井に突っ張り棒(使っていないものが数本ある)を張るか、手すりに柱(左の突っ張り棒を考えている)を数本固定して、それに網を張るのはどうかと思っている。ただ、落下が怖い。特に、台風などの強風に耐えられるだろうか。でも、接着よりは強い気がしている。

 

PS. 鳩(かどうかは確実でないが)には他にも迷惑している。ひどくはないものの、結構頻繁に車に糞や尿を落とすのだ。追い出された仕返しではないだろうが、頻繁に行く隣の部屋への途中で落とすのかと思っている。被害の少なそうな場所に移れるか、聞いてみたい(しかし、そこが空いているかや効果は不明)。

PS2. 結束バンドは100円ショップのが安くていい。その前はわざわざヨドバシで買ったが、随分少なかった。ただ、品質が違うかも知れないので(実際、しなやかさが違う)、100円ショップのは多少劣化しても構わない箇所に使うことにしている。それでも、安いしいつでも補充できるから、ふんだんに使えるのがいい。

PS3. 書いた後に思い出したが、「最後の聖戦」には鳩が出て来るな。あの頃は鳩にはニュートラルだったのだが・・・

  •   1
  •   0

先日、暫定対処したと思っていた本サーバが、今朝またOSのパニックで落ちていた。

ログが壊れたために直接の原因は断定できないが、今まで同様に、パッケージlibjson-c2の更新が切っ掛けではないかと推測した。それで、(前回はしなかったのだが、)Ubuntuのフォーラムに書かれていた対処(postinstというスクリプトを削除してlibjson-c2を最新版に更新する)をしてみたのだが、当然といえば当然ながら、やっぱり落ちた。更にそのスレッドを参考にして調べてみたら、libjson-c2の更新後にpostinst内で行われる、telinit uとかいう(初めて見る)コマンドを実行すると落ちることが分かった。

これに関連して謎だったのだが、僕のPCも同じUbuntuの系統(16 LTS)だけどlibjson-c2を更新しても落ちなかったのは、どうしてかtelinit uを実行しないからのようだ。その原因は、良く分からないのだが、僕のPCではupstartのセッションがある(PCではinitctl list-sessionsでセッションが出るが、サーバでは出ない)かららしい。それは僕のPCがデスクトップだからのようだ。

結局、Ubuntu 16 LTSのtelinitに問題があるようで、それは2014年に報告されたまま直っていないようだ。その後、何度かメジャーバージョンアップがあり、今回の問題に関係する仕組み(例: upstart)も大幅に変わったらしいので、放置・忘れられているのだろう。確かに古いけど、サポート期間内なのだから対応して欲しいとは思うが、まあ、あっちもパワーは有限だから仕方ない(それに、無料で使わせてもらっている)。

それで、至急OSのバージョンアップをすることが必要なのは よーく分かったのだが、そうは言ってもなかなか大変で、やろうと思ってもコマンド一発とかですぐにできるものではないので、今は再び暫定対処することにした。具体的には、パッケージの更新後に(postinstスクリプトに)telinit uを実行するように書かれていても実行されないようにした。

まず、libjson-c2のpostinstスクリプトを変更してtelinit uを実行しないようにしてみたが、libjson-c2を更新するとそのスクリプトも上書きされるので駄目だった。次に、telinitコマンドを無効にすることを考えたが、これは他からも使われる(特に、システムの起動時にOSのランレベル(実行モード)を変えるために使われるそうなのでとても重要だ)ので、それ自体をなくすことはできないので、引数に"u"が指定された時は記録だけして何もしないようなスクリプト("fake-telinit.sh")を作り、それにすげ替えた。

試してみたら、見事に起動しなくなったwww

寝ぼけていたのか、telinitをfake-telinit.shにすげ替える設定(sym-link)に誤りがあり、起動時にランレベルが変えられなくなり、それ以上進まず、何もできなくなってしまった。まさに「にっちもさっちも行かなく」なって、観念して再インストールの手順を調べたら、使っているVPS(仮想サーバ)には「アップロードしたISOファイルからインストールする」という大変有能な機能があったので、それでUbuntuのインストーラ−を起動し、OSの修復モード(Rescue mode, Windowsのセーフモードのようなもの)で起動し、設定の誤りを修正して、どうにか再インストールせずに起動するようになった。以下はVPSの仮想コンソールの画面のキャプチャである。仮想コンソール(ブラウザで動く)がそれなりに使えたのも、大変助かった。。。

落ちたのが分かってから直るまでに2時間くらい掛かって、心身共に大変疲れて今日の予定が吹っ飛んだ。

OS更新の代わりの対策は、今のサーバのOSでも動く新しいtelinitを探してインストールすることだが、探すのが大変だし(あるかどうかも不明)確認も面倒なので、保留している。

なお、パッケージ更新後にtelinit uの実行が必要なのにされないままだと、更新したパッケージが反映されないので、メールで通知するようにした。それが来たら手で再起動すれば良い(もちろん、理論的には自動で再起動するようにもできるが、とんでもないことになる場合があるので、しないw)。

僕のデスクトップPCは自動再起動しない設定で似たようなことをやっているから、結局、サーバの更新後に自動再起動する設定を止めればうまく行くのかも知れないが、今回は再起動している訳ではなく、telinit uで済ませようとしているので駄目な気もする。

最後に、今まで問題が起こらなかったことが謎だが、たまたまtelinit uを行うパッケージがなかったからかも知れない。あとは、プロバイダのメンテの結果、VPSの物理マシンが変わったためにtelinit uの挙動が変わったのかも知れない。

もし後者が原因なら、他のクラウド環境(例: AWS)でも現象が起こっているようなので、それ用に対処されたパッケージを探せば(あるのなら)直りそうだが、通常のPCでも起こっているようだから、仮想環境とは関係なく、ハード依存なのかも知れない。すると、やっぱり、「新しいtelinit」が要ることになる。

まあ、謎は多いようだ・・・

  •   1
  •   0

先日、ようやく山口百恵がSpotifyなどの配信サービスに入ったとのことなので、聴いてみた。600曲とか書かれていたけど、僕が聴きたいのは「横須賀ストーリー」(1976)から「美・サイレント」(1979)までと追加で「しなやかに歌って」(1979)のヒット曲10曲しかなかった・・・ まあ、好みなので仕方ないだろうが、彼女の歌はどうも暗いとか重いところがあって、それだけなら藤圭子や戸川純みたいな感じでいいのだが、どうもそれ以上の「何か」がある。

今、初出年を調べて気付いたが、僕には彼女は「1970年代後半の人」なのだろう。なるほどという気はする。その前もその後も、僕には駄目なのだ。

そのため、僕には その十曲になってしまう。逆に、キャンディーズは「際限ない」とは言えないけど、随分多い(ほとんどのヒット曲約20曲)から、キャラが違うのは確かだ。ちなみに、(誰も知りたくもないだろうが、)小泉今日子や松田聖子はもっと多いw

山口百恵をSpotifyで (やっぱり、鋭い顔はいい^^)

最初の「横須賀ストーリー」を聴いてみると、最初の数音でグッと来た。やっぱり、いい曲はいい。ただ、、、

 

何となく音質が悪いというか変だ。帯域は広いのだが音がこもった感じで、耳閉感すらすることがある。オーディオの設定は問題ないはず(他の曲では「絶好調」だw)なので、音作りってこともないだろうから、マスタリングの問題?? 聴きながら首をひねってばかり居るし、十曲の最後の方では「これはひどい」とすら感じる。。。

試しに、「横須賀ストーリー」と「いい日旅立ち」(1978)を、手持ちの、CDから取り込んだものと比べてみたら、そっちの方が印象は良かった(必ずしも音質がいいとは言えないが)。妙だ。わざわざ「当時の音」にしたのだろうか? いや、当時の音(スタジオで録音した音)は実は良かったはずなので、単なる失敗とか手抜き?

→ 良く聴くと、CDからのも余り音が良くないので、当時の録音の問題だろうか? 70年代だから仕方ないのか。あるいは、僕の耳が今突然不調になった???

→ キャンディーズの曲(「危い土曜日」(1974))を聴いたら問題ない。ずっと音がいい印象だ。だから、耳やオーディオの設定は問題なく、録音からマスタリングまでの問題だろう。同じ会社なのに、どうしたことだ?

書いた後で検索したたら、どうやら、このアルバム(CD)の元々の音質が悪いようだ(→ 参照)。じゃあ、他のアルバムだったらいいのか?? もう聴く気はしないが、配信する前に揃えておけばいいのに。やっぱりンニーなのかねえ・・・

 

PS. あとの目ぼしい人は小泉さん(kyon2)だけど、いつ来るのかねぇ・・・ でも、待ってるよ。

  •   0
  •   0

謎の煙草臭の原因調査と対処を検討する過程で、それまで塞いでいた吸気口を開けてみようとして、その金具に掛けていた掛時計を外してエアコンに引っ掛けようとしたら、金具が外れて落下し外装が割れてしまった。一方、運のいい、かつ、全く不思議なことに、前面のガラスは縁がわずかに欠けただけで無事だった。

とりあえず、なかなか使うあてがなくて ずっと保管していた瞬間接着剤で貼った。ただ、強度に不安があったので、貼り合わせ目の外側に(強度が出たり出なかったりする)強力接着剤を塗っておいた。いずれにしても、一本だけ折れたネジ止めの支柱をネジ止めすると剥がれそうなので(実際、瞬間接着剤だけでは駄目だった)、そこは諦めた。

直した結果、遠目で見ると、破片がなくなった箇所(2時の辺り)※以外は分からないくらいになった。以前の破損も両面テープだったのを接着剤に換えたので、隙間が見えなくなって綺麗になった。2年くらい前に電波時計に交換したムーブメントは無事だったので、30年物の掛時計が再び復活した

※以前の写真を見るまで、その欠けは以前に壊れた時からあったと思って居たのだが、今回できたようだ。破片が小さいから捨ててしまったのだろう。あればほとんど完璧になったのに、ちょっと残念だ。

 

PS. 意外に、パーツが失くならなければ修復できるもので、素人考えだが、考古学での発掘された遺物の復元とか、整形外科での複雑に折れた骨の修復は、こういうイメージなのかと想像した。

  •   0
  •   0

先日、100円ショップのEthernet中継アダプタで電話線も延長できると書いたが、それに続きがある。

数日前から、PCをスリープから復帰させた時に、LANの接続後、少し(数十秒)してから途切れ、再度繋がるという現象が起こっていた。突然起こり出したのだが、その前に何かしたか考えたら、ルーターとPCを繋ぐLANケーブルがちょっと(30cmくらい)短かったので、その中継アダプタで延長していた。

それで、どうにも信じられなかったのだが、変わったことはそれしかないので、試しに延長したケーブルは止めて、別の長いケーブル(10mくらい)に換えてみた。そんなに長い必要はないが、他に丁度いいのがなかったのだ。

すると、その後はLAN切断現象が全然起こらなくなった。

原因が何だか分からないが、スリープから復帰させる時やその後に特殊な信号が流れて、それが中継アダプタをうまく通らないのかと想像している。もちろん、延長に使った短いケーブルが駄目な可能性もあるが、一応"Cat. 5"(カテゴリ5)とか書いてあるから大丈夫そうだ。

そのアダプタは、その切断現象以外はまったく普通に使えていて、スピードだって問題なかったので、狐につままれた気分だ。世の中には謎が多いなwww

100円ショップの物は細かい仕様が考慮されていないということは当然ありそうだが、Ethernet中継アダプタなんて、中では線を繋いでいるだけだと思って居たが、そうでもないのだろうか。奥が深いな。もしかしたら、そのアダプタは(100Mbpsや1Gbpsでなく、10Mbpsの)10Base-Tにしか対応してないとかいうオチがあるのだろうか? もう、パッケージなんて捨てちゃったから分からんねwww

↑ 買った時の写真を調べたら、ちゃんと「カテゴリ5E準拠」、「1000BASE-T対応」とあった。じゃあ、出荷時の確認がいい加減だったのか、その個体が不良だったのか、あるいは、何か制限事項があったのだろうか。やっぱり分からんな・・・

 

PS. そのアダプタは電話線(VDSL)の延長にも使っていたのだが、何となく通信品質が落ちそうな気がしたので、別のものに換えた(もちろん、換えてもスピードは全然変わらなかった)。ただ、換えたものもイマイチかも知れない兆候があるので、様子を見ている。

PS2. そう言えば、前に使っていたバッファローのルーター(新しい方)でもスリープからの復帰時に似たような現象が起こっていたので、PCのマザーボードの微妙な問題なのかも知れない。いわゆる「相性」か・・・ もう十年くらい使っているが、ようやく分かったよ。うむ。

 

(5/29 6:14 わずかに加筆)

  •   1
  •   0

数日前から、時々、部屋が臭くなることがあって、「鳩の次は臭い? ちょっと問題が多いな・・・」と思って居た。その臭いは、おなじみの下水ではなくw、煙草臭であった。もう、それだけで嫌になってしまう。周りの部屋の人がベランダで吸っているのか、近くの家の人が外で吸っているのかと思った。

今思うが、さすがに近所の人はなさそうだ。確かに煙草の煙は 即座に止めて欲しいほどクサいが、拡散するので、ある程度離れた室内にまで影響は及ぼさないと思う。

最初からでなく、近頃突然始まったので、臭う経緯を考えてみたら、臭う前に あるお菓子を食べていたことに気付いた。それは ペヤング激辛やきそば風味のばかうけ(以下、激辛ばかうけ)だった。その辛味成分が発散して煙草のような刺激を感じたのかと思った(臭いは全然違うが、似たような成分があるのかと思った※)。

それで、試しに数日間食べないで居たら、臭いは起こらなかった。そして、原因は激辛ばかうけだと確信して、検証のためにさっき残りを食べてみたのだが、煙草臭は起こらなかった・・・ わずかにそんな気もしたが、以前とは強さが全然違っていた。量が少なかったのか?

※その仮説が当たっていたら、僕的にはすごい発見だったのだがw

結局、今のところ、真相は藪の中で、(激辛ばかうけなしで)再発したらやっぱり煙草(平日には臭わなかったので、休みの日に外で吸う人が入って来た?)ということになって、ちょっと気が重くなる。そうでないことを祈るが、果たして・・・

(5/29 12:18) なおきさんへのコメントに書いたが、仮に以前の住人が喫煙者で、エアコン内部に付いた煙草臭が原因かも知れないと考えて試してみた。冷房時には室内機のフィン(羽根)が結露して、その水分で臭いの元が溶け、暖房時には出なかった臭いが出るのではないかと思ったのだが、関係なさそうな感じだ。

というのは、結露するにはフィンの温度が露点以下になる必要があるが、今はまだ、気温も湿度も低いために、いくら設定温度を下げても露点以下にならず、結露もしないのだ。

例えば、今の部屋の状況は、室温: 約24℃, 湿度: 約50%だが、その露点は14.4℃で、結露させるなら冷房を13℃以下などに設定するのだろうが、おそらく設定すらできないし、設定できたとしても凍死しそうだw

なお、エアコンの臭いを取る方法を検索すると、窓を開けたまま(← 蒸し暑い日にそうするのが重要)一時間くらい冷房を最低温度で動かす方法※が出て来るが(僕も、エアコンが原因だったらそれをしようと思って居た)、それも室内機を結露させて臭いの元を流すので、盛夏でないと効果は期待できなさそうだ。あるいは、加湿器を動かしたりヤカンでお湯を沸かしつつ冷房するなどだが、我慢大会の様相が・・・

※16℃に設定するとあるので、例えば、室温: 25℃, 湿度: 60%の時の露点: 16.7℃を想定しているのだろう。

実際、普通に冷房してもドレンホースから一滴の水も出て来なかった(内部が汚れているならドレン水も汚ないだろうと考えて見てみたが、全然出て来ない)。

ということは、仮にエアコンが原因だったなら、室内機の結露には関係なく臭いが出るはずで、冬に暖房していた時から臭っていたはずだ。だから、エアコンではなさそうだ。

となると、残った原因は「外から」くらいしかなく(他に心因的なものもあるかも知れないが、さすがにそこまでひどくはないと思う)、結構がっかりだ・・・ とりあえず、吸気口を塞いでどうなるか試しつつ、策を考えている。

  •   0
  •   0

バッテリーを積んだ車に乗っていた人が亡くなったというニュースを読み、その時は原因が分からなかったので、「心中?」などど怪訝に思ったのだが、その後、掲示板まとめでそれに関する記事を読み、どうやら積んでいたバッテリーから発生した硫化水素が原因らしいと読んで、あることを思い出してゾッとした。もちろん、僕は、バッテリーから硫化水素が出るなんて知らなかった(出ても水素程度だろうと思って居た)が、それ以外にもある。

以前の会社で、同僚が、車(普通のバン)に大型バッテリーを数十個載せて納品に行った時に、「車高が随分下がっていたから、過積載かも知れない」とか言っていて、その時は(それだけで)随分無茶な話だと思って居たのだが、もし、そんな大量のバッテリーが硫化水素を出し始めたら即死ではないか。それに、それぞれに硫酸が入っているから、追突事故にでもなったら、とんでもないことになる。

そういえば、その会社では、そういう大量のバッテリーを空き部屋に集めて納品前に充電していたが、その部屋もすごく危険だったのではないか?? 今まで何もなかったのが不思議だ。。。 きっと、危険物関係の法令を調べれば、何か規則があるのではないか(危険物管理者を置くとか、そういうのはないのか?)。たとえそういう決まりがなくたって、(僕も含めて)誰も「なんか危なそうだ」と考えることもなかったようだ。

小さい会社ってのは、危険の管理がなってない(全部個人任せで、役所などから突かれるまで知らん顔)なあと、今頃改めて実感した。でも、参照した記事のように、大きい会社(実際には下請けだったのかも知れない)でも同じことは起こるので、関係ないのかも知れない※。いかにもなことを書くと、一番最後は自分の知識とか判断とか直感や勇気などが身を守るってことか。

※大きい会社でこういう事故があると、規則が厳しくなって、それは仕方ないのだが、多くの社員は本当の怖さを知らないので、「面倒だけど決まりだから(形式的に)守る」程度で、監視や罰則やあとでバレなければ破るから、本人に意識がなければ同じことかも知れない。

でも、小さい会社はそもそも危険であることすら知らず・「承知」せず、規則を作る意識すらなく、何かあっても隠蔽するので、まあ、危険に遭う確率は高そうだ。

 

(11:44 わずかに補足)

  •   1
  •   0

コンビニやスーパーであっという間に広まった、レジの前のビニル。僕はあれが結構苦手だ。というのは、視界が歪んで、レシートや袋をうまく受け取れないことがあるのだ。ビニルの厚さにもよるのだろう。

透明だけどクリアには見えない、不思議な壁だ。

ジョブスの「現実歪曲空間」は、あんな感じなのかも知れない。な訳ないねw

でも、そのうち光学迷彩が普及したら、街中でああいうふうに周囲を歪ませる人らしきものが増えるのかも知れない。それはなかなか怖いがw

  •   0
  •   0

まだ「概ね」で いろいろ問題はあるけど、以下のように、僕が欲しかった機能はすべて実現した。

  • 指定した期間内または前回のバックアップ後に更新されたノートを指定ディレクトリにバックアップ(ダウンロードと保存)する。
  • ノートの本体(テキスト)だけでなく、添付された画像など(リソース)もバックアップする。
    • 純正Evernoteアプリの全ノートのエクスポートと違い、ノートごとに分けてバックアップする。また、本体と各リソースも別のファイルにしている。(その方が扱いやすいと考えたため。)
  • ノートの最新版がバックアップ済みの場合は、ダウンロードしない。
  • バックアップしたノートは、webブラウザでプレビュー可能。
    • トップページにはノート一覧(ノートのタイトル、更新日時、ノートブック、GUID)が表示され、タイトルをクリックするとプレビューされる。プレビューは、Web版Evernoteにまあまあ近づけた(というか、見栄えはまったく凝ってない(テキトーにやったらそれなりに見えた)。: 例に挙げたノートも目をひかないw)。

(5/23 20:19) その後、プレビュープログラムを改良し、トップページは「(バックアップした)Evernoteのブラウザ」のようになって来た。以下のような機能を追加したほか、見栄えを少し良くした。やっぱり、PHPだと開発効率が10倍はいい感じだし、やる気も出るw

    • フィルタリング機能: 更新年月、作成年月、バックアップ年月、ノートブック名で表示するノートを絞り込める。また、左の各フィールドに対して正規表現でフィルタリングできる。
    • ソート機能: タイトル、更新日時、作成日時、バックアップ日時、ノートブック名でソートできる。ソートの昇順・降順は、フィールド名を押すことで反転する。ソートに使っているフィールドは太字になり、ソート順は▲(昇順)/▼(降順)で示される。
    • 編集補助機能: トップページまたはプレビューページのノート名横の"Edit"を押すと、web版Evernoteでノートの編集ができる。 (あとから思い付いて追加したので、キャプチャ画像にはない。)

改良したトップページ (ノートブック名でフィルタリングした状態)

これくらいできると、僕には、ノートを探すことなどに関してはweb版Evernoteより使いやすい。Web版Evernoteはマウスの加減で画面がちょろちょろ動くのが鬱陶しいし、ノートが多いと下の方がなかなか出て来なくて(しかも、下を出すと上を出すのが遅い・・・)不便なのだ。技術的には高度だろうけど、本当に使いやすいのかと思う。

構想や調査・準備(・他のこと)に時間が掛かったが、ここまでの実装は5日くらいでできた(または、5日も掛かった)。気付くと寝食が犠牲になっていて、なかなかハードだったw

問題や不満な点や残件はいろいろある。

  • 多くのノートをバックアップしようとすると、Evernote APIのrate limit(レート制限: APIを使い過ぎるとエラーになってしまう)に掛かって、しばらく(例: 30分-1時間)使えなくなる。一旦制限に掛かると、制限期間が終わってもすぐに駄目になることが多く、かなり間隔を空ける必要がありそう。(← プログラムのバグのため、無限にダウンロードしていたせいだった。) → 僕の全ノートのバックアップは時間的に困難かも知れない。 → (5/22 16:02) 調整やデバッグをしたら調子が良くなって、1年分を1時間くらい(レート制限解除の待ち時間を含む。正味の時間はもっと短い)でダウンロードできるようになった。 → (5/22 19:14) 無事、全ノート(2011年から今年まで)がバックアップできた。なお、(多過ぎて)過不足や内容の確認はできない模様w (バックアップのサイズ: 562MB, ノート数: 725)
    • あるアプリを初めて使う場合は、使い始めてから24時間は無制限("Initial Sync Boost")なのだが、当然ながら開発中に終わってしまった。。。
    • 開発用認証キーを取得すると、それで「最初の24時間」が使えて良さそうだが、今は配布が停止中。
      • 開発用キーとAPIのキーは別なので、後者を取得すればいいようだが、ちょっと躊躇している。
    • 他のサービスのように、APIの推奨実行間隔や制限に掛かる条件を明記してくれたり、APIの戻り値にレート制限に掛かりそうな情報(例: 「あとどのくらいで制限になる」)を出してくれるとありがたいのだが、そうではないようだ。その点ではSpotifyはまともだ。
  • そもそも、Evernote APIは無駄に凝っている。複数プログラミング言語対応などを目指したのか、Thriftとかいうのを使っているが、複雑で面倒でどうしようもない。センスが悪い。最高でなくていいので、もっと「普通」の、楽なやり方にすればいいのに。この点でもSpotifyは随分良かった。
  • Evernote APIでは、ノートのリソース(画像など)だけの追加や置き換えができず、そうしたい時には、ノート全体(すべてのリソースを含む)を再びアップロードし直すことになるようで、スマフォでは大きいノートの編集が重くなるのも分かる気がした。通信データ量も増えてしまうから、とてもイマイチな仕様だ。 (5/25 16:40)
  • バックアップ期間の日時指定がUTCなので、今一つ不便。(単に変換をサボっているだけ)
  • 元のプログラム(clinote)の内部構造が大変イマイチで、すごく保守性が悪い。
    • 同じ名前や似た名前のファイルが違うディレクトリに何個もあって、今自分がどれを見ているのか分からなくなる。
    • 関数名や型の名前も同様に同名や似たような名前のものが多く、それらの間で頻繁に行き来するので、何がどこにあるのか把握できない。その割には、かなり細かいこともやっていて、本人が間違えないのが不思議。逆に、大雑把なところも多く、バランスが悪い気がする。
    • 作者は僕とは違う感性のようだ。GMBもちょっと似た雰囲気だった。USの人とは違う気がするので、どちらもヨーロッパの人?
    • することは大体分かったので、いつかはPHPで0から書き直したい! (いつになることやら・・・)
  • GO言語もイマイチ。
    • やっぱり、コンパイラ・静的な言語は不便だ。
      • 例えば、変数が静的なので、配列への要素の追加・削除が普通にできない。昔のCでの苦労を思い出す・・・ そういう処理をしようとして、「あ・・・」と気が重くなって、手抜きをする。
      • 変数の型にも厳格で、実体が同じだってエラーにするからいちいち面倒だ。
    • 変態的かつ不便なだけで、全然メリットが感じられない。
      • ;だの{}だの()を省けるようにしたって、そういうのは本質じゃないから全然良くない。逆に、様式が多いのは戸惑いを生じるから面倒だ。
      • 日時のフォーマットの指定方法なんて、アフォとしか思えない。これがGoogleの乗り?
      • あと、今時ポインタなんて要らないんだよ、クソジジイ!!!
        • ↑ 変数は「参照している間はなくならない」そうで、Cでのスタックとヒープの違いがないとのこと。だから、関数内のローカル変数のアドレスを呼び側に渡しても何も問題ないそうで、すごく気持ち悪い。その点でも、やっぱりポインタやアドレスをなくせば良かったのにと思う。 (5/25 16:40)
      • 重複した機能のライブラリがあって(例: osとioutilのファイルアクセス)、新しい言語なのに既にごちゃついている感じ。
    • この点でも、いつかはPHPで書き直したい!
  • まだリストア(アップロード)機能を作っていないので、本当にリストアできるかが不明(プレビューできているので、おそらく大丈夫とは思うが・・・)。最悪でも、本文とリソースはバックアップできているから何とかなるはず。
    • → (5/25 16:40) とりあえずできた。バックアッププログラムを作る時には気付かなかったのだが、ノートをアップロードする時にはリソースのタイプ(MIME)やハッシュ値(MD5)や、画像の場合にはサイズ(幅・高さ)も要るので、面倒だったがGoのライブラリで認識・生成した。
    • 今回も、Goの変態さに気付いてしまった(上に書いた)。

次に、細かい機能や実装などについてのメモを以下に書く。

  • コマンドライン版のEvernoteクライアントclinoteを改造した本体と、それを呼ぶシェルスクリプト(en_backup.sh)、バックアップしたノートのプレビューを行うCGIプログラム(enb_viewer.php)で構成した。
  • clinoteの改造概要
    • ノート一覧をCSV形式で出せるようにした。CSV形式の他に、元々の形式で出る余計な区切り(線)を出さないようにすることができるようにした。
      • 元々の表示は昔のDOSやPC98のプログラムみたいで、使い勝手も趣味もとても悪い。
    • ノート本体だけでなくリソースもダウンロード・保存できるようにした。保存時にノートを変更せずに、Evernoteからダウンロードしたままの形式(ENML形式)で保存することもできるようにした。
    • ノート情報(タイトル、更新日時、作成日時、ノートブック、GUID)を情報ファイルに記録するようにした。
      • バックアップ時に、これに記録された更新日時とEvernoteから取得した更新日時を比較して、再度のダウンロードや上書きをしないようにしている。
      • プレビュー時も、この情報を使ってタイトルなどを表示している。
    • リソースのファイル名はリソースのハッシュ値(Evernoteが計算してノート本体から参照される値)にしたので、変更が簡単に検出できる(はず)。
      • (5/22 13:25) その後、ノート内の各リソースが更新されたかを調べると、リソース(例: 画像)数の多いノートでAPIの実行数が増えてレート制限が起こりやすくなることが分かった。Evernoteはデータ転送量よりAPIの実行の方が重い(コストが高い)と考えているようだ。それも分かるが、何となく釈然としなかった(僕は転送量を減らそうとして失敗した)。 → 結局、ノートが更新されていたら、各リソースの更新はチェックせず、ノートと一緒に全部ダウンロードするようにした。
        • APIの実行数を最小にするという点では、ノート本体の更新チェックもせず、とにかく全部ダウンロードするのがいいが、さすがにかなり遅くなるので止めた。
    • ノート(本体、リソース、ノート情報ファイル)はノート本体のGUIDの名前を持つディレクトリに保存するようにした。
    • APIレート制限の状態を簡単に知ることができるように、同期状態(GetSyncState)を表示するサブコマンド(sync-state)を追加した。
      • clinoteは、レート制限エラーが起こっても他と同様のエラーにするだけで、制限が解除されるまで待つべき時間(rateLimitDuration)が分からない。
      • 一方、レート制限エラーはさまざまなところ(API呼び出し)で起こり得るので、そのすべてに表示処理を追加することは容易でない。GOの機能でできるのかも知れないが、慣れていないのとプログラムが複雑で、僕には無理だった。
      • そのため、追加したsync-stateサブコマンドではレート制限エラーでの待つべき時間をエラーメッセージに表示するようにした。そして、プログラム実行時にレート制限エラーが起こったあとでsync-stateを実行すれば、そこでもレート制限エラーが起こるはずなので、そのエラーメッセージからレート制限が解除されるまでに待つべき時間を抽出できるようにした。
    • バックアップしたノートのリストア用に、clinoteでノートを新規作成するサブコマンド(note new)にノートのアップロードを行うオプションを追加した。 (5/25 16:40)
      • そのオプションに、アップロードするノートとリソースファイルの格納されたディレクトリを指定する。
      • リソースのアップロード時に、タイプ(MIME)やハッシュ値(MD5)や、画像の場合にはサイズ(幅・高さ)が要るので、リソースファイルから生成するようにした。
      • ノートのタイトルを指定しない場合には、ノートのディレクトリに(バックアップ時に作成された)ノート情報ファイルがあれば、そこに記録されたタイトルが使用される。
      • ただし、既存のノート(同名で存在する可能性がある)と容易に区別できるように、指定しない限り、アップロード専用のノートブックに入れ、タイトルにアップロードしたという識別記号を前置するようにした。
  • バックアップ実行用スクリプト(en_backup.sh)の概要
    • バックアップ対象期間、保存ディレクトリ、APIレート制限時の自動リトライなどが指定可能
      • うまい方法がなかったので、レート制限エラーかどうかとレート制限が解除されるまでの時間は、前述のようにログ(clinoteの出力)から抽出している。
    • 最後にバックアップした日時をファイルに保存しておき、次回以降にバックアップ対象期間を指定しない場合には、前回以降に更新されたノートをバックアップすることが可能。 → crontabに書いておいて、定期的に自動バックアップすることも簡単にできる。
    • バックアップ期間の指定は検索条件(例: "updated:20200501T000000Z -updated:20200520T000000Z")としてclinoteに渡し、Evernote APIで行っている。
  • Webプレビュープログラム(enb_viewer.php)の概要
    • バックアップしたノートをHTMLに変換して表示する。
      • 変換といっても、リソース(画像など)が表示できるようにタグを置換している程度。以下に主な規則を書く。
        • プレビューページの先頭に<!DOCTYPE html><html>を入れる。
        • ENML → HTML簡易変換 (PHPの正規表現(PREG))
          • <!DOCTYPE(\s)en-note\s[^>]+> → 削除
          • <(/)?en-note> → 削除
          • <en-media\s+'<img '
          • hash="([^"]+)"'src="'.$img_dir.'$1"' (注: $img_dirはノートのディレクトリ)
        • Evernote内リンクの変換
          • "https://www.evernote.com/shard/([^/]+/){3}([^/^\?]+)(\?[^"]+)?" + → (そのノートのGUID($2)ををプレビュープログラムに指定して表示させる)
          • evernote:///view/[^/]+/[^/]+/([^/]+)(/[^"]+)? → (そのノートのGUID($1)をプレビュープログラムに指定して表示させる): これはNixnote2独自のものかも知れない。
        • プレビューページの最後に</html>を入れる。
    • まだCSSなどは使用していないので(多分、今後もやらない)、とりあえず見える程度のもの。

最後にその他の情報などを書く。

  • Web版Evernoteでノートを変更してから数分(2-3分)経たないと、APIにその更新が反映されない。
    • ノートをバックアップする時、編集中のものをバックアップするのを防ぐため、更新後少し経ったものを対象にしようと思って居たので、この仕様は偶然にも都合がいい。
  • これを作っていて、今までに試したEverenote互換アプリで、最初の同期が終わらず、全然使い始められないないものがあった理由が分かった。ノートが多過ぎて、最初の同期中にレート制限が掛かり、待ちと制限の繰り返しになっていたのではないか。
    • それならそのように表示すればいいと思うが、なぜかそういうアプリは少ない。出てもすぐに消えてしまったり、意味不明なエラーを出して、今どうなっているのかが分からないものが多い。
  • 想像だが、NixNote2は余計なことをし過ぎていて(どういう訳か、Evernoteの普通のやり方から外れて独自のことをしている感じ。Evernoteのクライアントなのに・・・)、ノートが編集できなくなったり、同期が失敗したり、スマフォで開く時にノートが重くなったり、フォーマットが乱れたり(純正アプリと違うことが多い)するのではないかと思う。 ← 今読み返すと、全く使い物にならない。
  • バックアップしたノートのサイズを比べてみたら、僕のが約560MBに対して、純正アプリのは約900MB(ただし、昔のもの)と約2倍だった※。一方、NixNote2のは約3.2GBと馬鹿のように大きい。その点でも糞アプリだったようだ。 (5/23 6:32)
    • ※僕のは保存するデータが何か欠けているのかも知れない。あるいは、画像などを文字にエンコードせずにそのまま保存しているから小さいのかも知れない。

 

余談

バックアップしたノートのビューアをPHPで作ったら、もう、水を得た魚のようにスラっと気持ち良く作れて、サクッと動いた。いくらでも機能を追加できる気分になれるのは、すごくいいことだ。どっかのモグラや蛇や真珠もどき(駱駝・玉ねぎ)とは全然違うw もちろん、赤い宝石なんてお呼びでないwww (5/22 19:28, 22:14)

 

(5/23 5:48, 6:32 加筆; 8:37 最初の文章が消えていたので復元した。若干加筆。; 5/23 20:19, 21:00 Webプレビュープログラムの機能追加を追記; 5/25 16:40 アップロードを作った件と、Evernote APIとGoのおかしさを追記)

  •   0
  •   1

先日書いた謎の二つ目、「ブログサーバーが突然落ちた・・・」も解けた感じだ。

書いてからは落ちていなかったのだが、今日、PHPを更新しようとしたら、以下のようなエラーになり、メッセージに従ってdpkgコマンドを実行したら、パニックで落ちた(「え? 言うとおりにやったんですが・・・」って感じだったw)。

E: dpkg was interrupted, you must manually run 'sudo dpkg --configure -a' to correct the problem.

それで、OSのエラーの出るサーバの仮想コンソールを見ながら再度同じコマンドを実行したら、

Setting up libjson-c2:amd64 (0.11-4ubuntu2.1)

と出て落ちた。どうも、libjson-c2というパッケージの更新が駄目なようだ。それで、試しにパッケージ情報の更新(apt-get update)をしてみたら別のエラーになった。検索すると、dpkgやaptのロックファイルを削除すればいいとのことだったが、それでもエラーになった。他のロックファイルを探して削除したら、パッケージの更新はできたが、libjson-c2の再インストールはPHPと同様のエラーになり、書かれているとおりにdpkgを実行したら、やっぱりパニックで落ちた。

どうもOS自体がおかしいようなので、調べてみることにした。

まずは、dpkg -Vというコマンド(今日知った)で各パッケージの状態を見てみたら、やっぱり、libjson-c2とlibjson0の状態が駄目っぽかった。

$ dpkg -V
Desired=Unknown/Install/Remove/Purge/Hold
| Status=Not/Inst/Conf-files/Unpacked/halF-conf/Half-inst/trig-aWait/Trig-pend
|/ Err?=(none)/Reinst-required (Status,Err: uppercase=bad)
:
iF libjson-c2:amd64 0.11-4ubuntu2.1 amd64 JSON manipulation library - shared library
iF libjson-c2:i386 0.11-4ubuntu2.1 i386 JSON manipulation library - shared library
iU libjson0:i386 0.11-4ubuntu2.1 i386 JSON manipulation library (transitional package)
:

そこで、それらのファイル(ライブラリ)が壊れたかと思い、メンテの前(5/11)にバックアップされていたもの※と比較したら、下記のように中身が違っていた。

$ md5sum {/,}lib/x86_64-linux-gnu/libjson-c.so.2.0.0
db908af9fa464b97b899e0b941019655 /lib/x86_64-linux-gnu/libjson-c.so.2.0.0
215d2780de0df769cb336679c06be7cb lib/x86_64-linux-gnu/libjson-c.so.2.0.0

※定期的に自動でクラウドにバックアップしていたのが役に立った!!

ログ(先日落ちたせいで後半が壊れている)を見る限り、メンテ前後にこれらは更新されていないので、(理由は不明だが)破損したようだ。なお、i386版も同様に違っていた。また、libjson0のファイルは無関係だった。

そこで、破損しているlibjson-c2のライブラリ2個をバックアップされていたものに交換して再起動し、パニックの起こったコマンド(sudo dpkg --configure -a)を実行したら、嘘のように成功した。更に、パッケージ情報の更新も成功し、PHPの更新すらスルッと行った。

結局、サーバが落ちた原因や過程を推測すると、以下のようになる。

  • メンテの頃(?)に、なぜかパッケージlibjson-c2内のライブラリが壊れた。
    • もしかしたら、メンテの終わる時刻の数分前に起動したために、中途半端な状態になったのかも知れない。
    • あるいは、メンテ後の起動直後にlibjson-c2の更新が行われ、システムが不安定だったので、成功したとされつつも、実は失敗していたのかも知れない。
    • あるいは、メンテ(物理サーバの移動)でのデータ移動がうまく行かなかったのかも知れない。
    • あるいは、メンテ前から別の問題で壊れていたのかも知れない。
      • 例: 物理サーバの劣化でディスクのその箇所が壊れた??
    • 実は、サーバ内で壊れたのでなく、元々(パッケージの提供元で)壊れていたか、自動更新時のダウンロード時に壊れたか、壊れはしなかったが、(なぜか)このサーバに合わない版がインストールされた。: この場合、再発する可能性が高い。 → (5/29 7:37) これが原因だった。壊れていたのでなくパッケージにバグがあったようだ。そして再発した。。。
  • libjson-c2は重要なので、壊れた状態ではパッケージ操作が失敗したり、OS(カーネル)がパニックで落ちるなどの問題が起こるのだろう。
  • 最初に落ちた時は、偶然、自動更新が行われて、今回パニックの起こったコマンドと同様の状況になって落ちたのではないか。

ライブラリが壊れた理由が分からず怖いが、他は問題なく動いているので、データ移動の失敗とは考えられない。すると、メンテ後の最初の起動が変な感じだったので、起動がちょっと早かったのかも知れないし、プロバイダが交換するくらいなので、ハード(HDD)の不調はありそうだ(少なくとも、僕が使ってから(推定約十年)は24時間連続稼働している)。それから、壊れた・おかしなパッケージが来た可能性は少ない。インストールの前に、チェックサムなどで正当性がチェックされるはず(未確認)だからだ。ただ、提供元の不手際で違うものが来た可能性は0ではない。駄目だったファイルを詳しく調べれば何が悪かったか分かるが、ちょっと面倒だw

謎(ライブラリが壊れた理由)はまだ残っているが、ひとまず、元の謎が解けたし、いつも「意味あるんかいなー?」と思って居たw、定期自動バックアップが威力を発揮したのも良かった^^ 本当に、コマンド一個で過去のファイルが取得できた(バックアップを繰り返しても、数か月前までの履歴が残っているので、今回、壊れたものがバックアップされていたとしても、それ以前のものを見つければ、壊れる前のファイルが得られる)ので、楽ちんだったし安心だった。

だから、履歴が残るバックアップを皆さんに勧めたいが、簡単に使えて安いものはなかなかない気がするなぁ・・・ いや、実際にはWindowsならあるんかな?

 

(2020/5/29 7:37, 8:12) 今朝、パッケージの自動更新時に、再び同じ現象で落ちてしまった。再びlibjson-c2が更新されたためのようだ。とりあえず、libjson-c2を元に戻し、以後はlibjson-c2とそれに依存するlibjson0が更新されないようにした。以下に、更新しないようにするコマンド例を書く。

echo libjson-c2 hold | sudo dpkg --set-selections

調べたら既知の問題だった。そこには「libjson-c2を0.11-4ubuntu2.5に更新すれば直る」(Chris Newcomer (cnewcomer), 2020-05-15)とあったが、今回は、libjson-c2を0.11-4ubuntu2.6に更新しようとして落ちたので、それも違う気がする。いや、一旦ubuntu2.5に更新すれば良かったのかも知れない。もう少し試してみる。

いずれにしてもASAPでOSを更新すべきなのだが、どうにも面倒だ・・・

(2020/6/2 13:20) その後再発し、直接の原因が分かったので暫定対処をした。telinitコマンドに未解決の問題があるようだ。

 

PS. これはクラッキングとかマルウェアの影響とかじゃないと思うが、ちょっと怖いな・・・ とりあえず ここに記録して、忘れないようにしよう(でも、きっと忘れるがw)。

PS2. 自慢する気はないが、これ、普通の人だったら原因が分からずに、「なぜか時々落ちる・・・」になると思うが、まったく「あなたならどうする」状態だw やっぱり、主要なところをバックアップから戻すとか再インストールとかなのだろうか。あるいは、なんか分からず大嫌いになって、「クソが!」とか言って新しいマシン・OSに換える??

PS3. 最後にちょっと言いたいのは、この世の中に「謎」は余りないってことだ。大抵は、論理的に調べれば原因が分かるはずだ。ただ、調べることが難しい場合はある。でも、すぐに「相性がー」とか「たまたま」とか「様子を見ましょう」とか言う連中が一番信用できない。でも、真の謎は確かにある。そんな気はする。

PS4. 検索していたら、この問題は意外なところ(日本医師会: 障害報告◆日レセ オンプレ版 起動不可, 2020-05-15)にも波及していて可哀想になった・・・ (2020/5/29 7:37)

  •   0
  •   0

随分長引いていた、スマフォ(AQUOS sense lite)のCPU使用率がアイドル時でも100%のままになり、消費電力率が増える※問題が解決した。

※増えるといっても、良く書かれている「電池が激減」のようなものではなく、「なんか(前より)多いなあ」程度で、アイドル時は2%/h未満だったと思う。

この前も書いたように、最後まで分からなかった問題は、消費電力測定アプリのGsam Battery Monitor(以下、Gsam)だった。これを実行していると(= 一度でも画面を開くと)、CPU使用率が100%になったままで消費電力が増えるのだ。ただ、最初はGsamは使っていなかったので、切っ掛け(最初の問題)は、(良く書かれているように、)Google Play開発者サービスだったと推測する。去年の夏だったか、Android 9に更新した直後に消費電力率が増えた。

それで、どうしてか気になって調べているうちに、その時使っていた消費電力測定アプリ(シンプル バッテリー グラフだったと思う)が電池を食っていることが分かったのでGsamに換えたのだが*、それ以降、いろいろ原因を推測しては試し続けていたが全然直らなかった。なお、Google Play開発者サービスはいつの間にか直ったようだ(以前使っていた機種でもそういうことはあった)※。

*もう一個、My Battery Monitorも使っているが、こちらは問題ない。ただ、グラフが描けないので少し不便だ。

※キャッシュのクリアなどが効いたのかも知れない。ただ、その後でGsamを起動したので、効果が分からなかったのではないか。

今は元の消費電力率に戻って、一安心だ。例えば、昨夜から今朝に掛けてのアイドル時は0.32%/hで、「これだよこれ!」って感じだ。

 

(5/20 0:51 わずかに加筆)

  •   1
  •   0

市からの葉書が届いていて、国保の額の通知かと思ったら、意外にも例のお金の振り込み通知だった。申し込み後、マイナンバーの「ぴったりサービス」とかいう「そんなのあったの?」的なものから受領通知が来たのが5/4なので、約2週間で受け取れた訳だ(実際の振り込みはまだだが)。「まだか」とは思いつつも※、一か月くらいは余裕で掛かりそうな気がしていたので、意外に速かった。市は頑張っていると思った。

※急いでいた訳ではなくて、いろいろトラブルが多いと読んだので、「ひょっとして、今更間違いがあったら面倒だな」という気持ちのほうが大きかった。

それにしても、(自治体の)役所の人は大変だ。国が勝手に決めた仕事の実務を押し付けられた訳だ。マイナンバーのポータルから申し込んで受領通知はメールで来たんだから、支払い通知だって、自治体の人がボタンを押せば「ぴったり−」から送られるようなサービスを作っていた訳では全くなく、自治体に丸投げだったのだ。申請内容のチェックはそうだとニュースで読んだが、葉書を送るにしたって、文面を作るとか印刷とか発送とかあるだろうし(もし間違えようものなら、とんでもないことになってしまう)、お金も掛かるだろうに、しかも、年度初めはいろいろ本来の仕事があるだろうに、まったく可哀想になる・・・ でもまあ、そういう仕事だから、仕方ないね。

さて、何に使うか?w でもまあ、生活費だ。車の税金で半分なくなるから、一瞬だ・・・

 

PS. ある市長が給付金の処理について書いたとのことなので、(原典でなく)記事を読んでみた。なかなか面倒だ。マイナポータルでの申請を印刷し、確認を目視で行うのがひどい。確認の手間を最小にするため、世帯単位での申請でなく個人にし、入力を最小限に(例えば振り込み先口座だけ入力する)すれば、マイナンバーは自治体のシステムにも入っているだろうから、マイナンバーが一致しているかどうかで名前と住所の確認ができて、ちょっとは楽になりそうだが、数字では見間違えるとか、紙での申請と同じ形式でないと駄目という意識もあるだろうが、ここはシステムでのチェックにしたい。数字なら比較は容易だ。

あと、振り込み先口座だって、金融機関にマイナンバーを登録済みの口座に制限すれば、本人確認は不要な気がするので(自治体では確認できないという問題や、本人が登録済みか分からないかも知れない問題はある)、キャッシュカードなどの画像も不要だ。

そもそも、現状の手順で申請を確認するにしたって、マイナポータルでの申請データを市の給付金処理システムに入力し、自動でチェック、あるいは並べて表示できればいいと思うのだが、そういうシステムは作ってないか 作る時間もお金もないのか。

あとは、自治体で申請を処理するから面倒になるのだ。個人での申請という前提で、大部分をマイナポータルで処理するなら、名前と住所の確認は不要だ(マイナンバーがあるなら、国内在住の「国民」であることは確かと思われるので)。マイナポータルで申請内容がOKだったら、国から金融機関に振り込めばいいが、そういう手間は掛けたくないのだろう。あと、紙ベースでの申請と統合するなら自治体に送る必要があるので、申請者のマイナンバーと「申請チェックOK」という情報を、マイナンバーから割り出した自治体に送れば※、自治体での印刷・チェックは不要になり、振り込むだけで済みそうだ。申請情報を市のシステムに入力する必要はありそうだが。

※引っ越した時が厄介だ(引っ越してもマイナンバーの情報が更新されているとは限らないので)。やはり、国で処理するのがいい。結局、マイナンバーは何のために作ったのだろうか。自治体のためではなさそうなことは分かる。そもそも、給付金は国が国民全員に配布するのだから国が処理すべきなのに、そうしないところがおかしく、役割が異なるうえに自治体では扱いが不便なマイナンバーで申請できるようにしたこともおかしい。

まあ、現場を知らない役人が、いかにも「こうすればちょっとは楽になるだろう」的に偉そうに考えて丸投げするのが一番ひどい。 (5/20 1:53)

  •   1
  •   0

昨日、重い腰を上げて、ウォシュレット※を自分の物に交換した。これで、残りの引っ越し関係のTODOは鳩対策(の完成)だけになった。

※商品名だが、ここでは総称として扱う。

作業には2時間くらい掛かった。やっぱり結構大変だった。終わったら身体が重くなったw 本来の交換よりも準備や片付けの方が大変だった。最初に、結構前に買っておいたパッキンが行方不明になって慌てた。本棚に載せておいたのだが、少し前に上の棚に移動したら、薄いので下から見えなくなってしまっていた。

それから、元のウォシュレットの片方の固定ネジに、謎の茶色いベトベトする物体が付着していた。何かのシール材か? それにしてはどこにも使われていないが。

付ける時に僕のウォシュレットを見たら、旧居で外した時に掃除したのに意外に汚れていて(元のが新しくて綺麗なせいもあったのだろう)、ちょっと躊躇った。もっと綺麗にしたかったが、その時点で既に結構疲れていたので、「とりあえず」付けることにした。

この作業はもう何度もやっているが、いつもながら、交換して水栓を開ける時が一番ドキドキする。水が「シュッ」と音を立てて流れる。その時に、継ぎ目から水が吹き出て来ないか心配になる。電気(100V)とどっちが怖いだろうか?w そして、試運転したら ちゃんと動作した。

取り付けて少ししてから見たら、わずかに水が漏れていた(滲み出す感じ)。良くあることで、一旦管を外して付け直してみた。パッキンの馴染みなのか、ネジを締める力が不足していたか※、元の管(蛇腹の金属製)の接合部が少し傾いていたせいか、どれかは分からないが、付け直したら直った。ただ、一週間くらいは気が抜けない。

※この点については、どのウォシュレットの説明書もずさんだ。「ネジを締めます」のようににさらっとしか書いてない。どのくらいの力で締めればいいのか全く分からない。まあ、数値を書かれても再現できないから、表現が難しいだろうが。

パッキンの種類について、分からないことがある。普通の黒いゴムのものと「ノンアス」と呼ばれる水色のものがあるのだが、どう使い分けるのかが分からない。調べても、仕様や特性の違い(と言っても、通常の使用に関してはほとんど同じだった)しか書いてなくて分からなかった。今回は、長期の耐久性がありそうなのでノンアスにしてみたが、薄いので接合部での管の曲がり(角度)への対応は弱そうだ。それで水漏れが起こった気もする。あと、以前もそうだったのだが、ノンアスは一旦濡らさないと馴染みが悪くて漏れる気がする(付け直したら直ったので)。

元のウォシュレット(旧INAX)の消費電力は、平均約52W(約30kWh/573時間)だった。電気料は約9300円/年になる。2月下旬から今まで数回測ったが、ほとんど変化しなかった。季節による水温・室温変化が消費電力に関係ないのが不思議だ※。水温も室温も、気温と違ってそれほど変化しなかったのだろうか。そして、僕のは瞬間湯沸し式なので消費電力が少なくなるはずだが、どのくらいになるだろうか(事前の見積もりでは、今のの約半分になる(年間4700円くらい安くなる)ことになった)。ちょっと楽しみだ。

※その後、使用した消費電力測定器(節電エコチェッカー ET30D)の残念過ぎる仕様が分かった。5W未満の消費電力は測定できないのだ。(→ 参照)

5W単位という訳でなく、切り捨てるというのが全く理解できない(単なる手抜き?)。それでは本当のエコチェックなんてできないと思う。例えば、大きな電力を瞬間的にしか消費しないが、連続で4.9W消費する機器だったら、測定された平均消費電力は実際よりかなり少ないだろう。

だから、仮に水温・室温変化の影響が待機時の5W未満だけに収まっていたとしたら、消費電力が変化しなかったのも納得できる。確かに、表示されていた使用時間573時間は約24日間で、測定していた期間(85日間)より短い。 → 表示された使用時間と実際の測定時間の比を求めたところ、2月下旬から3月頭の値(2.2)はそれ以降(3.0)より大きかった。つまり、季節変化に伴って水温・室温が上昇したことで、5W未満の待機時間が長くなったと推測できる。

僕のウォシュレットについても同様なので(今朝値を見て、上記に気付いた)、どのように測定するか考えている。ただ、単純に両者の電気料金を比較するなら、このままでも概算はできそうだ。 (5/18 8:13)

→ 簡単な方法として、5Wくらいの別の機器(消費電力が変動しないもの)をウォシュレットと並列に繋ぎ、常時onしておくことを考え付いた。ただ、ウォシュレットの最大消費電力が約1.3kW(≒ 13A)なのでエコチェッカーの上限の15Aにあまり余裕がないのと、測定のためとはいえ無駄に消費電力が増えるのがなんか気に入らないw

ちなみに、さっきちょっと試した(LEDランプを並列に繋いだ)ら、ウォシュレットをonにしてもアイドル状態では増加がなかった(→ 待機電力は1W未満)ので、こうしても余り意味がないかも知れない。その点で、5W以上なら本当に1W単位の精度が出るのか疑問だ。再び書くが、どうしたらそういう作りになるのか・するのか全く謎だ。まあ、この仕様は買う時に分かっていたはずなので、そこで割り切った僕が悪かったのだが。 (5/18 14:06)

ちなみに、この部屋の備品(インターフォンなど)は微妙に傾いて壁に取り付いていることが多いのだが、トイレットペーパーのホルダーもやっぱり傾いていた。ペーパーホルダーと壁に挟むリモコンホルダーを付けたら、傾きが増幅されて分かった。平衡感覚あるいは美的感覚がない人が作業したのだろうか?w

  •   1
  •   0