Archive for the ‘無線通信’ Category

以前から、手持ちの音楽のファイル全部を(ローカルなHDD以外に)クラウドストレージにもバックアップしたいと思って居たが※、データ量が大きくて(800GB近い)料金がかさむので、貴重なものだけ(約130GB)に絞っていた。

※実は、そもそも その必要性には疑問がある。CDなどを買えば再び手に入るものをバックアップすることに意味があるかだ。ただ、仮に全部消失した場合、再び買って揃えるにはお金も手間も掛かるし、CDだったらPCに復旧(リッピング)させるには相当な手間が要り、その気力は起こらないだろうから、それが不要になる点では意味がある。

ただ、全部消失するような事態になったら、バックアップがあったとしても復旧させる気が起こるかは疑問だ。だから、ストレージの料金をなるべく安くし、無駄だったとしても「保険」として割り切れるようにしたい。

あるいは、「いかにも」だが、仮にバックアップする意味は全くなかったとしても、こういう技術の知識・経験が得られる価値はある。

それから、音楽以外にビデオのファイルもバックアップできればいいが、さすがにデータ量が桁違いに大きい(約3TB)から料金がかさむだろうし、随分前から そういうビデオを観る(観た)ことがないので、「消失したら諦める」で良いと考えている。

その後、変更やダウンロードが高く付くなど使い方に制限はあるものの料金の安い、archive(またはnear line) storageというカテゴリ(貯金で言えば、利率は高いものの、ATM手数料が高く、最短解約期間制限のある定期のようなもの。国債のほうが近いかも)があることを知り、それを試してみようと思って居た。面倒だったのと別件がいろいろあったので延期していたが、昨日から試し始めた。

まず、料金の安い いくつかのサービスの料金を比較した。

  • Microsoft Azure Blob Storage (以下、Azure(クラスはArchive)。他も同)
    • Archiveの料金: USD 0.00099/GB/月〜 (サーバの場所によって異なる。Googleも同じ)
      • 例: 500GBの場合、約USD 約0.50/月, 800GBの場合、約USD 約0.79/月 (アクセス関連の料金は含まない。以下同)
    • データ取得時間: 最大15時間
  • Google Cloud Storage (以下、GCS)
    • Archiveの料金: USD 0.0012/GB/月〜
      • 例: 500GBの場合、USD 0.60/月, 800GBの場合、約USD 0.96/月
    • データ取得時間: 1秒未満 ("sub-second")
  • Amazon S3 (以下、S3)
    • Glacier Deep Archiveの料金: USD 0.00099/GB/月〜
      • 例: 500GBの場合、約USD 約0.50/月, 800GBの場合、約USD 約0.79/月
    • データ取得時間: 12時間以内
  • [比較] Backblaze B2 Cloud Storage (archiveではない。以下、B2)
    • 料金: USD 0.005/GB/月
      • 例: 500GBの場合、USD 2.5/月, 800GBの場合、USD 4.0/月

※データ取得時間は下の「補足・訂正」の記載時に追加した。

それらのうち、バックアップに使う予定のソフト(rclone)が対応していて最安と思われる、AzureとGCSを試すことにした。

なお、S3の料金は、以前調べた時(高い地域を見たようだ)はUSD 0.002/GB/月だったので却下したのだが、今調べると(例えばオレゴンは)Azure並みなので、追って再検討したい。

同じく、以前は気付かなかったS3のIntelligent-Tiering(アクセス頻度で自動でストレージのクラス(→ コスト)を変える)が なかなか良さそうで、理想的に働けば(そうは問屋が許さなそうだが)、B2から全部移行しても料金を節約できるかも知れない。

一方、すぐに分かったS3の欠点は、AzureやGCSのような無料試用額・期間(例: GCSは約3万円, 90日)がないことだ。これは結構大きく、料金システムが複雑で簡単には見積もれないことと相まって、気軽には試せない。やっぱりAmazonはセコいのかね。

→ 下の「補足・訂正」に書いたように、S3はAzure同様データ取得時間が長いのと、他と異なって無料で気軽に試用できないため、見送ることにした。 (17:53)

上記のように、現在使っているB2に比べて料金が1/5前後と かなり安いから、うまく使えれば行けそうだ。また、Azure(S3も)はGCSより2割近く安く、(さまざまな疑念はあるがw)もし良ければ使うのも悪くはない。それに、Googleだって好きじゃないw

結論を先に書くと、Azureは全く論外だった。一番のポイントはストレージ内でファイル・ディレクトリの移動ができないことだ。(補足・訂正あり。下記参照) 例えば、ストレージに保存(バックアップ)する時に場所を間違えてしまったら直せないのだ。それから、保存後に気が変わっても移動できない。もちろん、コピーするか再度保存(アップロード)すればいいが、時間もお金も掛かる。

SMBならできるという情報もあったが、インターネットで使うものなのか?? TCP版があるのだろうか?

馬鹿馬鹿しい・面倒以前に、こういうファイルシステムの基本機能がなかったら使いものにならない。「安けりゃ いいってもんじゃない」の典型ではなかろうか。良く使う人が居るものだ。Azureに決める人(お偉いさんや客?)は そういうこと分からず、現場が苦しんでいるのかも知れない。もちろん、ストレージ以外に すごくいいことがあるのかも知れないが、どうだろうね・・・

一方、GCSはもちろんファイル・ディレクトリの移動ができる。当たり前のことだ。書くまでもないけど一応書いた。 (← 実は違っていた。下記参照)

ところが、書いたあとで別件(できればsym-linkもバックアップしたい)を思い出し、それに対応するためには別のバックアッププログラム duplicacyを使うことになり、それならファイルの移動は関係ないので、安いAzureが いいかも知れないので、まとまり次第、更新・追加する。 (11:29)

補足・訂正

その後、GCSもファイル・ディレクトリの移動はできないことが分かった。ディレクトリの移動はできず、ファイルの移動はサーバ内でのコピーと削除で実現されるので、Azureと同様だ。ただ、GCSは、Archiveでも高速にファイルにアクセス(取得)できるという大きなメリットがあることが分かった。Azureでは解凍(rehydrate)にものすごく時間が掛かる(30分どころではなく、「最大15時間」である)。S3は「12 時間以内」だ。まさに、待ってたら日が暮れる。

目的は保険的なバックアップなので、必ずしも高速に取得できる必要はないが、いつ使えるようになるのか分からないのでは不便だ。なので、GCSは少し高いけどその価値がありそうだ。

それにしても、GCSの高速性はどのように実現しているのだろうか。単に全部同じストレージ(HDD?)を使い、料金や最小保持期間でコストを回収しているのだろうか?

 

→ 結局、Azureは やっぱり使えないことが分かり、GCSが良さそうだという結論は変わらない。 (16:42)

また、rcloneとduplicacyの使い勝手や予想コストなどを比較し、sym-linkなどは当初は諦めてrcloneを使い、必要な時に対処することにした。 (17:48)

 

以下に、それぞれを試してのメモ・感想・気付いたことを示す。

Azure

  • 初期設定で いろいろ難しい単語・概念が出て来て複雑。
    • ストレージなのに仮想ネットとか言われてもねえ・・・
  • コンソール(web)が使いにくい・分かりにくい。
    • 日本語訳で更に悪くなっている。 → 少ししてから英語に切り替えて、ちょっとマシになった。
    • 機能が少な過ぎる。
      • ファイルの移動やコピーすらできない。
    • → StorageExplorer(Linux版)を試そうとするが、.NETのライブラリが要るようで、動かなかった。
      • 調べたら、それでもファイル・ディレクトリの移動はできないようだ。
    • ただし、Metrics(使用状況のグラフ表示)はGCSよりずっと使いやすい。
  • ファイルシステムの基本機能が不足している。
    • ファイル・ディレクトリの移動ができない。 ← 実装としてはGCSも同様だった。
    • ルートのファイル名に小文字しか使えない。 ← どうやら、これはGCSでの「バケット名」だったようで、GCSも同じだった。
  • 地域は、料金の安い westus2 (US西部)にした。
  • アップロード速度は悪くない。: 30Mbps以上出ていた。
  • ファイルの取得にものすごく時間が掛かる(仕様では最大15時間)。
  • 料金の更新は即時ではない。翌日? (当然か)
    • GCSも同じ。
  • 全般的に料金は安いが、Read操作が異常に高い(USD 5/10000ops)のが気になる。
    • これが いつどのくらい効くのか、今ひとつ分からない。

GCS

  • 初期設定は概ね分かりやすかった。
    • ただ、分からないので無設定(デフォルト)にした項目も結構あった。
  • コンソール(web)はAzureよりずっと使いやすい。
    • Azureよりずっと分かりやすく、使いやすかった。
      • ただし、他のGoocle Cloudのサービスで懲りているので、英語版で使った。
    • 機能は概ね充分だが、以下が不便だった。
      • (バケットなどの)ストレージのデータ使用量が分からないのは不便。。。
        • → rclone sizeで分かる。
      • プロジェクトの名前が変えられない? → 随分探してできた。
    • わずかに面倒なところがある。
      • 例: Monitoringのストレージの地域が最初は必ずデフォルトになり、設定してもリロードするとリセットされてしまう。
  • ファイルシステムの機能は普通・常識的で問題ない。
    • ディレクトリの移動はできない。
    • ファイルの移動は内部的にはコピーと削除になる。
  • 地域は、料金の安い us-west1 (オレゴン)にした。
    • 土地勘がないため、オレゴンは遅そうなイメージだったが、下記のように速度は問題なかった。
  • 全般的に料金は安いが、最小保存期間が365日と かなり長いのが気になる。
    • 大量のデータを短期間で消すと高く付きそうだ。
    • Azureは180日。
  • アップロード速度は悪くない。: 30Mbps以上出ていた。Azureより少し速かった。
  • ファイルの取得は高速。普通のストレージと同じ感覚で使える。
  • その他
    • 無料試用分(USD 300)を得るため、現在のGoogleのアカウントとは完全に別に作った。
      • 混同・誤用・クッキーなどのmixを避けるため、ブラウザも別にした。
      • アカウント登録時に電話番号が要る(SMSでの認証がある)ので困ったが、そろそろ解約かと思っていた楽天モバイルが使えた。
    • アクセスのための認証情報(パスワード)がなく、rcloneの設定でをどうするのか分からなかったが、最後にブラウザで認証・許可できることが分かった。
      • 先進的でちょっと感動したがw、rcloneのマニュアルに書いておいて欲しかった。
    • rcloneでのファイル・ディレクトリの移動に癖があるが、大きな問題はない。
      • サブコマンドmoveとmotvetoの違いなのだろう。

というわけで、無料試用分・期間(90日)一杯はGCSを試してみて、料金や使い勝手が問題なければ本格的に使うつもりだ。

 

PS. 予想もしていなかったのだが、「面倒で使えない奴」と烙印を押した楽天モバイルのSIMが、上記のようにGCSの認証に役に立った。今後も何かに使えそうなので、このまま残すのも悪くない気がしている。

PS2. 完全に個人的な意見なのだが、下に出ているページのアイコンを見るだけで、AzureとGCSは どちらも同じような色遣いなのに、いかにMicorsoftにセンス・美意識がないかを強く感じる。なんで四角、しかも正方形なんだろうかと思う。「1000%ない」と思う。

それだけじゃ見た目だけになるから追加すると、ページの説明にしたって、Azureは"Blob storage"(しかも、そのあとに「テキストデータ」と出て来る・・・)だが、GCSは"Object storage"と、明らかにGCSが正確で分かりやすい。

こういうところから、「MSはクソ過ぎて大っ嫌い、Googleは好きじゃない」という感想になるw

 

(19:27 修正・補足)

  •  1
  •  0

基本料0円のpovo 2.0が出る。1GBが7日しか有効でないとか、毎回「トッピング」を購入するのが面倒だとか(きっと、自動定期購入できるようになるのだろう)の欠点があり、最初からズレてると思ったものの、低速モード(128kbps)はタダなので何かに使えないかと思い、考えた。

というのは、楽天は うっかりすると1GB以上になって有料(1078円: 安くない)になってしまうが、povoではそれはないし、更に、曲がりなりにもサービスエリアが広いからだ。

それで、年末までに止めようとしている楽天モバイルからMNP(その必要は全然ないが)し、povoのSIMを古いiPhoneに入れ、低速モードのまま、車でSpotifyを掛けたり地図(Google)を出すのに使えるかと思って、今のプロバイダとスマフォで試してみた。

が、全然駄目だった。Spotifyは音質を低品質にしても音切れし、Google地図は表示が遅過ぎる。

Spotifyの低品質は25kbpsと書いてあったから、音切れするのは腑に落ちない。再生しながら他の曲をキャッシュしていたのか、切り替え直後の数曲は以前の品質のままなのかも知れない。ただ、それがなくても、Google地図が駄目なら駄目だ。

あるいは、僕の今のプロバイダが遅い可能性もある。かといって、povoが常に速いとは限らないので、この点は期待できない。それに、今のプロバイダは高速モードではSpotifyも地図も問題ないから、低速モードで仕様より遅くなるというのは起こりにくい気がする。

結局、povoは無料では何にも使えないことが分かり、楽天モバイルは予定どおり退会し、povoは却下となった。

もし1GB(390円)を30日間有効にしてくれれば是非メインに考えるが、そういう人は極少なんだろうw

 

書いたあとでニュースを読んで気づいたが、これはガラケー(3G)が終わってしまう親のガラホに挿すには良さそうだ。データは使わないので、5分掛け放題550円で使える。でも、毎月のトッピングはどうするのかとか、店で面倒見てもらえない(僕も面倒見たくない)から、やっぱり無理かな。

→ (9/17 12:37) 調べたら、ガラホ(僕的に書くなら「ガラフォ」だが、既に「ガラホ」自体の意味が崩壊しているから止めたw)は、そうとは書いてないが、ドコモだと らくらくホン※があるようだ。あれ、もっのすごく使いにくくて大嫌いなのだが、親が今使っているシリーズなので きっと何とかなるのだろうw 料金も「ケータイプラン」というのが2000円くらいで、安くはないが手頃なのではないか。

※スペックを見ると、LTEが受信150MbpsとかWi-Fi, Bluetooth対応で、一体誰がそこまで使うかと思うが、まあいいw

激安にするには、僕の古いiPhoneをなるべく電話とSMSとカメラくらいしか使えないようにしてpovo 2.0(5分掛け放題)に入れば、データ通信をトッピングしない限り、通信料が高くなるおそれはない。が、毎月5分掛け放題のトッピングをし続けるのは馬鹿げているし(そのうち自動継続が出ると思う)、大抵、余計なところを触って「何もしてないのにおかしく」なって対処する羽目になり(その他に、さまざまな通知やOSなどの更新も厄介そうだ)、面倒に違いないだろうし、そもそも、スマフォの画面を見ただけで「分からない」になりそうだから かなり無理がありそうだ。

 

PS. そのうち、楽天も低速無料(データ量無制限)になるかも知れないな。それでも、そもそも低速では使えないし、パートナーエリアは対象外だろうから駄目だが。

 

(9/17 15:11 わずかに補足)

  •  0
  •  0

ツイートする程度のネタだけど、ちょっと残したい気がするので まとめて書く。

  • (オーディオなどの)ボリュームはスライド式より回転式がいい。
    • 回転式だと、つまみに目印の凹凸があれば、(見なくても)指の感覚で量の目安が分かるので。
    • (長くなったので、詳細は「ボリュームは回転式がいい。」に移動した。: 8/15 8:09)
  • 庭先にデーモン・コアがある家・・・
    • 暗く鈍い銀色で、上下半分に分かれる球状の物体が置いてある。ただ、上下が合わさっていても爆発しないので、大丈夫なようだ。
      • ていうか、単に、バーベキューなどで燃やした炭などを入れて消すものかと思われw
  • またしても、イオンモバイルにしてやられた・・・
    • 予想どおり、値下げするそうだ。
    • HISモバイル(590円/月(1GB))に追随しないと流出必至だから、どこまで下げるかと期待していたが、803円/月(0.5GB)と何とも腰砕け的、中途半端だ。700円くらいなら喜んだのに・・・
      • ただ、この程度の差なら手間を掛けてまで移転する気も起こらず、まさに「生かさず殺さず」と思われw
      • そういう意味では、この前の値下げの時もそうだったが、商売がうまい。だが、いつか しっぺ返しを食らうと思う。
  • スポーツで最高の競技会がオリンピックなら、音楽版オリンピックは、例えばショパンコンクール(5年ごと)を各国・地域で転々とやるのはどうだろうか?
    • とはいえ、余りおもしろくなさそうだし、混むのは嫌なので、日本でやっても行かないがw
    • それに、ああいうのは大抵は偉大な人を記念して・冠してするので、結局、国や地域に強く結びついたものになってしまうから、転々とはできないのだろう。まあ、何かのフェスティバルとかコンサートは良くありそうだが、競技会相当ではない。
  • 開かなくなったドライブから光メディアを無理に出す時などに細い穴を押すための、「『クリップを伸ばした暫定ツール』は、要る時に いつもなく、そのたびに作る」法則でもあるのか?
    • そもそも、本当の道具があるはずだが、出て来た ためしがないw
    • ただ、どちらも、使わない時には目にする。

 

結局、オーディオの話が長くなったなw まあ、こうやって追加・修正できるのがツイッターより好きなところだ。

  •  0
  •  0

予想どおり、iPhoneからはSMSなどが有料になるだの(これはAppleのせいのようだが)、ユニバーサル料他を取られるだの、6か月使わないと停止だのと面倒なことが増えたので、予定どおり、無料が終わる1年経過時に解約しよう。

いや、支払い額としては安いんだろうけど、いろいろ(今後も増えるであろう)詰まらないこと(この場合はこう、その場合はこう, etc.)に神経を遣うのは嫌なのだ。楽天市場だって同様で、メリットを感じない。

お前、面倒クセーんだよ!

 

PS. その解約でイライラしたくないのだが、どうなんだろうね・・・

  •  1
  •  0

(疲れているので、軽いネタをテキトーに。)

先日、ニュースで楽天のサービスエリアが広がって来たというのを見て、ちょっと試すかと思ってポケットWi-Fiを起動したら、うちはやっぱり以前同様、パートナーエリア(au)だった。

まあそれはそうだと諦めたが、管理画面にファーム更新の通知が出ていたので したら失敗したようで、電源を入れても起動後1分くらいで電源が切れるようになってしまった。リセットしても直らない。しばらく使っていなくて電池が少ないのに気付かずに更新したから、通信して電池が減り 更新中に電池がなくなったせいかと想像している。他に、僕が中(ソフト)をいじったのが悪かったかも知れない。

いずれにしても、あっけなく文鎮になってしまった。どっかからファームを持って来るとか、以前バックアップしたのがあればそれを入れ直すのもありそうだが(とは言え、勝手に電源が切れてしまうから無理な感じだ)、まあ、しょうもないものなのでやる気が起きない。(それに、今はアンプで手一杯だw)

楽天の保証があるならそれを使うのもありそうだが、いじったのがバレるかも知れないし(単なる交換だから大丈夫?)、送るのが面倒だ。無料で引き取ってくれるならいいが。そもそも実質1円だったので、そこまでこだわることもない。

まあ、遠慮なくSIMをnanoサイズにカットして自分のスマフォで試せるようになったからいいけど(それだって、したって特に期待するものはない・・・)、いろいろ弱過ぎるな。

と、思っていたところにタイムリーなニュースがあった。今まで駄目だった古いiPhone(6s以降)でも楽天が使えるようになったとのこと。「ようやく」ではあるが、死蔵しているiPhone 6sで試せるようになったのは丁度いい。でも、例によって、iPhoneや楽天に落とし穴がありそうだw (12:55)

やっぱり落とし穴があった。まずiOSの更新が要るので したら、失敗。どうもストレージが足りないようなので、去年自動撮影した大量の写真を削除しようとしたら、一括選択がしにくいこと・・・ 最大でも日ごとまでで、月単位ではできないようだ。調べると、PCに繋げてするしかないようだ。仕方ないので、アフォのように数十日くらい分の削除を繰り返して削除した。

いつもながら まったく使えねえ奴だな!

大体、インストールに失敗したら、その理由を表示するのが当たり前だと思うが、Appleの常識は違うのか。クイズなのか? 察しろってことか? 信者は分かるのか? (14:52)

そして、楽天モバイルを無料の1GBまでに抑えようと思って上限を設定しようとしたら、iPhoneでも楽天でもできないと来た。今は契約してから1年以内なので無制限に無料だからいいが、有料期間になったらいつもヒヤヒヤしながら使うしかないのか。。。 それでは入る気にはなれない。

やっぱり使えねえ奴だ!

(15:12)

ようやくiPhoneで繋がるようになり、設定やデータ量を見ようとmy楽天モバイルを見たら、なんと8000ポイントも入って居てびっくりした。どうやら契約特典らしい(すっかり忘れて居た)。これだけは使える^^ 期間限定なので、アンプ関係の物でも買おうか。もう余りないが、ちょっとしたバブルだwww (17:53)

  •  1
  •  0

結構期待したが、詳しく調べてみたらイマイチで止めた。値下げMVNOに移行する件だ。

以下が候補だった。

  1. 楽天: 1GBまで0円
  2. nuroモバイル: 792円/3GB
  3. IIJmio: 858円/2GB
  4. エキサイト Fitプラン: 495円(低速モード), 880円/3GB

今日調べるまではnuroがベストだろうと思って居たのだが、検索したら悪評が出て、気になってサイトを見たら、確かに いくら探してもサポートの連絡先が書いてない(フォームもメールも電話番号もない: だとしたら、どうやって連絡するんだろうか?)ので話にならない。さすが、僕の大嫌いなンニーだけのことはあるwww

もちろん、頻繁にサポートを使うあてはないが、(今回、調べるまでもなく却下した○CNで実感したのだが、)サポートは会社の体質(→ 使い勝手や満足度やストレスに繋がる)を表すので、それを意図して あるいは技術・意識レベル不足でできにくいようにしているところは、論外もいいところだと考えている。

コスト的には楽天が最高なのだが、基地局が少ないうえに(まあ、普通に使うならパートナー回線でも繋がればいいが)、やっぱりサポートがひどい(ここはアプリでしか問い合わせできないようだ)ので、却下に近い保留だ(まあ、既に一回線持っているし、タダだから(なくならない限りは)いつだって問題ない)。

エキサイトは低速モードだけ使おうと思えば安いが、1バイトでも高速モードを使うと安くなくなるから油断できないので却下した。サイト構成にも現れているが、そういうところは詰めが甘い会社だと思う。例えば、高速も500MBまで495円にしたら 僕にお誂え向き随分いいじゃないか。

実際、以前Googleマップを使おうとした時、低速モードでは全然使い物にならなかったことがあった。

残るはIIJmioで、まあ悪くないけどコストメリットがない。移行に掛かる費用約6千円をペイするのに40か月くらい掛かるから気の長過ぎる話で、やっぱり話にならない。

そして、今使っているイオンモバイルも、仕方なく(かどうかは分からないが、)200円くらい値下げしてくれたので、(上のような状況からすれば)許せる。

イオンのサポートは僕的にはベストではないが、許せるし、丁寧なのは評価する。いざという時に電話(面倒だけど、すぐに繋がるし、オペレータの方は丁寧で ちゃんとしているので、それほど嫌でない)とか紙ベースになってしまうのが、「ちょっと・・・」なところである。※ でも、頻繁に使わないので良しとできる。

※そういうところは、高齢者指向なのかも知れない。少し考えると、現代としては、意外に悪くない方向な気がして来た。困ったら、電話するとか(でも、その電話がスマフォだけだったら どうすればいいのか?www)イオンに行けば、きっとなんとかなるのだろうから・・・

店に「行く」というので思い出したが、朝車で走っていると、10時(か9時か)ちょっと前だと、必ず、ドコモの店の前に並んでいる人(数人)を見る。どうしてそんな必要があるのか・そうする気になるのか理解できず、余程暇かつ意識レベルの低い連中だとは思うが、そういう需要があるのは確かなのだろう・・・

であれば、ドコモで待つよりは、近くにあるならイオンに行くほうがずっと得策な気はする。店員さんは、きっと、どんなつまらないことにも丁寧に接してくれそうだ。しかも、料金は断然安い。そういう、ニッチどころか現代の王道(しかも、他社は気付いてない?)を行っているところには、今更ながら感心する。 (ただ、僕は経済学はやってないので、その収益性はどうだか知らんw)

それから、イオンは 某キャリアのような姑息なことはしないのは ほぼ確かで(だって、する意味がない)、そこもポイントだ。

最後に、ないとは思うが、何かの理由でどうしても移りたくなったら、楽天にすればいい。

てな訳で、僕的には(いつもそうだが)「時期が悪い」ようだw

  •  1
  •  0

近頃、いろいろなことが収束したりしつつあるので、それらをまとめて書いて一旦閉じる。 (何かしたら終わりとか結果を明確にするのは重要だと思っているので、まずは自分用に書いておく。) ただ、量が多くなってしまったので、それぞれを別の稿に分けたほうが良かったかも知れない(なぜか、新しく稿を立ち上げるのが面倒だ・・・)。

 

手拭い加湿器 → 問題発覚、撤収・・・

思わぬ結果となった。: 手拭いの上部が乾くようになったので、改良しようとして手拭いを外したら、割り箸に黒カビ(写真右下)が生えているのに気付き、良く見たら、手拭いにも黒い斑点がいくつも出来ていた。これではとても使い続けられないので、一旦全部洗って、別な布や方法を考えていた。

すると、不思議なことに、そのあとは加湿しなくても部屋の湿度が30%前後、少なくとも20%以上に保たれていることが分かった(今もそうである)。一般的には30%でも低いほうだが、僕の手などが荒れないのには充分なので、手拭い加湿器は止めることにした。

結局、湿度が低くなり過ぎた原因は、風呂などの換気扇を常時回していたために、外の乾燥した空気が入り過ぎていた、あるいは、部屋の湿度を含んだ空気が排出されてしまっためだと考えられる。手拭い加湿器にしたのとほぼ同時に、(異臭対策で)風呂などの換気扇を常時回す代わりに洗面所にPCのファンを付けたために部屋の湿気が減りにくくなり、それが手拭い加湿器の効果だと誤認していたようだ。

そして、残念なことに、手拭い加湿器の効果は大きくなかったことが分かった。せいぜい2-3%の増加だろうか。。。

ただ、外気は乾燥しているのに、室内ではある程度の湿度が保たれるのは不思議だ。人体からの排出・発散(摂取する水分に由来?)が効いているのだろうか? ただ、そこまで多いのかは疑問だ。あとは、建物(室内、主に床(フローリング)?)や家具などに吸収されている湿気が発散するのだろうか? でも、そういう水分はいつ補給されるのだろう? それから、外気は絶対的には乾燥しているものの、結露するほどの湿気(相対湿度は100%)はあるので、それが室内に滞留すれば湿度が上がるのだろうか? こういうのを調べるのは、おもしろそうだ。

 

異臭(外からの煙草臭)事案 → 停戦・休戦?状態

去年の年末以降、ほとんど臭うことがない。今までのさまざま対策が効いているのだろうが、最後の決め手は、壁の隙間塞ぎと風呂などの換気扇を常時回すのを止めたことだったように思う。

ただ、薬品臭はすることがあるので、天気の関係(雨の前後に臭うことが多い)かと推測している。そして、そういう臭いがするということは、まだ、どこからか外気が入って来ているということだ。と言っても、完全に塞ことは不可能だし、そうしたら窒息してしまう訳で、臭いのする側からの流入量が少なければいい。そして、薬品臭は煙草臭とは異なって辺り一帯でするようなので、臭いのしない側から入って来ているのだと推測(期待・希望)している。

前者は、壁板の継ぎ目などに隙間があるという訳ではなく、正確には、壁のコンセントなどのパネルの隙間とエアコンダクトの隙間である。そして、開口面積から、おそらくエアコンダクトからの漏れが大きかったのではないか。

そういう隙間から外気が漏れるのは、この建物の構造が関係している。建物の外壁に湿気抜きと思われる細いダクトが付いており、そこから外壁と内壁の間に外気が入って来る(道理で、壁の吸気口や台所の換気扇を塞いでも駄目だった訳だ・・・)。そして、換気扇を常時回していると室内が負圧になって、入って来る量が多くなるのだ。臭った時に、「もしかしたら」と思ってコンセント周りの臭いを嗅いでいたら、TVアンテナのパネルの隙間から風が結構強く吹き出ていたので分かった。

建物はコンクリート造なので、以前良くあった埃っぽい臭いは、本当にコンクリートの臭いだったのではないだろうか。壁の内側は特に処理していないだろうから、コンクリートの臭い・埃(?)がそのまま出て来るのだろう。あるいは、内壁の石膏ボードの石膏の臭い・埃なのかも知れない(シャンプーみたいな臭いは石膏由来??)。

エアコンダクトの外部はパテで塞いでいるが、内側は塞がれていないため、外壁と内壁の間からの風が筒抜けになっていた。普通は室内側も塞ぐと思うし、そもそもダクトには枠となるパイプを通すと思う(使っていないダクトはそのように綺麗に処理されている)のに、手抜きかと思ってしまう。ただ、普通に塞いでもダクトとホースの微妙な隙間から漏れるだろうから、対処は必要だったと思う。

それで、風が漏れるパネルと室内側のエアコンダクトの開口部をビニルなどで塞いだら、効果があったようだ。

エアコンダクトを塞ぐのはなかなか大変だった。大量のビニルを詰めた。また、気休めだろうが、壁に沿わせてクリアフォルダーを付けた

あとで調べたら、こういう目的かは不明だが、コンセントのパネルなどは気密性の高いものがあるようだ。

今までにした対策と効果は以下である(概ね実施順)。

  • 壁の吸気口を閉鎖した。 (効果大)
    • 代わりに玄関の郵便受けを常時少し開けておき、吸気できるようにした。
      • 玄関側は臭くないことが多いため。
  • 台所の換気扇を閉鎖した。 (効果大)
  • 窓の隙間(パッキンがあまり効かないため)を塞いだ。 (効果中?)
    • 今は暫定的に、ポリ袋(スーパーの無料の薄いものが良い)やビニル(厚いせいか、ポリより気密性は悪い)やゴムスポンジを詰めている。
  • エアコンを交換してもらった。 (効果なし)
    • エアコンの劣化や内部に溜まった臭いやフィンのコート剤の臭いではなかったようだ。
  • エアコンダクト(外側)の隙間を塞いだ。 (効果中?)
  • エアコンのドレンホースに逆止弁を付けた。 (効果小?)
    • エアコンを停めていても臭うことがあったのは、ドレンホースからではなく、ダクトからだと思われる。
  • 窓の高さ・傾き・回転の調整 (効果小?)
  • 外壁のコンセントの穴を塞いだ。 (効果小)
  • 壁のパネル・エアコンダクト(内側)の隙間を塞いだ。 (効果小・大)
  • 風呂やトイレの換気扇を常時回さないようにした。 (効果大)
    • 代わりに洗面所にファンを付けて、弱く常時換気するようにした。
    • また、トイレの換気扇を消し忘れて臭いが入って来る可能性を減らすため、人感センサスイッチで一定時間後に停まるようにした。風呂場も遅延offにしたいが、検討中である。

一段落したので、臭いセンサでの測定は止めた。センサは安い物だったが、長期間の連続運用に耐えた点はすごい。ただ、値の信頼性はどうだか・・・

結局、換気扇を常時回していたために、大量の外気が吸い込まれるために、外の臭いが入りやすくなっていたようだ。だから、もしかしたら壁の吸気口や台所の換気や扇窓の隙間を塞がなくても大丈夫かも知れないが、風が吹き付けた場合には入って来るので、やはり必要だろう。

この件では かなりいろいろなことを学んだ。それがあとで何かに役立つかは分からないがw、何かの謎を究明する時の論理的なやり方が少し分かった。あと、建築・設備とか空気の通り方(風の出来方)とか湿度やCO2などの豆知識・豆スキルも増えた。それらもあとで何かに役立つかは分からないがw

あと、依然として煙草臭の発生源は分からないが(分かっても、喫煙は合法なので何もしようがない)、何度も「あそこか?」と思うことはあったけど、実は違うことばかりだった。だから、証拠なしに思い込みで決めつけて、文句を言ったりそれ以上のことをするのは全く良くないことを実感した。世の中はそういう いざこざ・紛争が多いのではないだろうか。

 

洗面所のファン → 改良した。

洗面所に付けたPCファンは、換気効果は大きくはないものの、ない訳ではないので(逆にそれくらいでないと、外気が入り過ぎて良くない)、正式に付けた。吸気口のカバーをファンの下に付けてファンが見えにくくなるようにし、電源コードを白いもの※(以前、廊下の人感センサーランプに使っていたものを転用)にして目立たなくした(写真は実際よりも綺麗に見える)。

※ACアダプタとファンの間(12V)を延長した

それから、排気効率を高めた。調べたら、洗面所の吸気口の先は風呂場の換気扇の吸気口(ファンの下部)に繋がっており(2部屋用というらしい)、そこに付いている風量調節板で洗面所からの吸気量を調節できるようになっていた。そこで、洗面所のファンからの排気が風呂場に出ていかないように、シャッター(弁)を付けた(換気扇のマニュアルで風量調節板を見て思い付いた)。

クリアフォルダーを切って、風呂場の換気扇の吸気口のファン側に付けた。通常は閉じているため、洗面所のファンからの排気はダクトに入って外に出る(ことを期待しているw)。一方、換気扇を回すと、クリアフォルダーは柔らかいので、風で持ち上がって自動的に開いて風呂場の空気を吸い込む。

電気も操作も不要で自動で開閉するなんて、我ながらすごいアイデアだ(特許出願中(嘘))。これはトイレの換気扇の外気の逆流防止にも使えそうだ。ただ、いつものように、何か落とし穴がありそうだ。

 

玄関・廊下の照明 → 改良した。

以前、玄関に人感センサースイッチを付けて、玄関と廊下の照明が自動で点灯するようにした。ただ、玄関が蛍光灯で点灯が遅いので、LEDランプに交換した(諸般の理由で詳細な説明は控えるw)。また、廊下に使っていたLEDランプ※は人感センサースイッチと相性が悪いのか ちらつくので、別の物に交換した。

※やっぱり安物(ダイソー)は良くないようだ。

 

楽天モバイル → 無事終了(放置)と思って居たが、新たな希望?

あれから全然使う・遊ぶ気が起こらず放置していたが、昨日、新しい料金プランが発表され、1GB/月までは無料になるようなので、(光の代わりは無理だが)メイン回線の移行先としては良さそうだ(僕の使い方なら、基本的に無料になる)。ただ、サービスエリアが狭いのと※、多くの人が流入してトラブルが起こりそうなので、最初の契約の無料期間が終わる年末までは様子見とする。

※ただ、auのエリアでも2GBまで使える(その1GBまでも無料と想像する)ので、大きな問題ではなさそうだ。

これに触発されて他のキャリアやMVNOが同様のプランを出すとうれしいが、どうだろうか。それにしてもMVNOは苦しいだろうな・・・

IT速報: 「楽天モバイル「2980円です」大手3社「2980円です」楽天モバイル「割安プランも用意しました」」より

 

ティシューホルダー → 壊れたので新たに作った。

数か月前に、ペットボトルを加工したホルダーで机の脚にティシューを取り付けたのだが、もう壊れてしまった。それで、(近頃良くある、ディスプレイ上部の小物置きのアイデアを拝借して、)段ボールと厚紙で台を作って、メインディスプレイの後ろ・上部に設置してみた。ティシューの(安っぽいデザイン※の)箱が見えないようにしたので見栄えは悪くないが、机の奥行きが深くて箱が遠いので、手を伸ばすのがちょっと辛い。 (でも、ちょっとした腕と体側のストレッチになるかもw)

※いつも思うのだが、普通の生活消耗品は なぜいかにも安っぽいデザインにするのだろうか? そんなのにお金を出して作るくらいなら、無地にしたほうがずっといいと思うのだが・・・ いったい、どういう理由でそうするのか、小一時間問い詰めてみたい(嘘) 日本の街並みが醜いのと根は同じなのだろうか?

細かい配慮として、ディスプレイの放熱を妨げないよう、台の前面や下部を(ゴムスポンジのテープで)ディスプレイの放熱口から少し離した。

 

おまけ

  • 仕事探し: 前の稿のとおり、ちょっと期待している。
  • 市のLRT: 近頃市が配布した冊子のLRTのPRに開業時期が書いてないと思ったら、案の定、延期のニュースが出た(議会での質問で発覚したようだ)。オリンピック同様w、お金もかさんでいる。そりゃあ、素人がやればそうなるよ。最初から分からなかったのだろうか?
    • そういうことなら、もっと早く知らせたほうが絶対に心証がいいと思うが、国同様隠蔽体質なのか・・・
    • 開業しても、赤字続きで市の財政を圧迫 → 無事終了 ってことにならなきゃいいが・・・
    • もちろん、焚き付けたコンサルはお金をもらって無事逃亡済み?www
  •  0
  •  0

(確か、(理解不能な理屈で)景気を良くするために) 2%/年の物価上昇※を目指しながら、「携帯料金はガンガン下げろ!」とは、これいかに? ほとんど全員が使っているものが何千円も安くなったら、物価が下がっちゃう気がするが・・・

※これ、冷静に考えると とんでもなく恐ろしいことだよ・・・

建前上は日銀と国は別だからいいのか? そんなこと言われても納得できないが。

携帯料金が下がって国民の可処分所得が増えると、その余ったお金で消費が増えるから結果的に物価が上がる(低金利政策と似たようなもの?)という、「風が吹けば−」的な話か? 結局、幻や詭弁でしかなかったトリクルダウン理論と同じじゃないかな。

それとも、物価上昇を目指すのはもう止めたのだろうか?

 

とりあえず、こっちとしては何でも安くなれば助かるので、まずは消費税を-10%(なんでも1割引!)くらいにwww

 

PS. 携帯料金強制値下げの話には見事なオチがあった。MVNOから「これじゃやっていけない」と泣きつかれたら、コスト構造分析なるものをするそうだ。国が大手の料金を安くさせたらMVNOが駄目になるのは最初から分かっていることなのに。で、分析結果が不当だったら、「何やってんだ! そんな不適切なことをしろとは言ってないぞ!」とか言うに違いない。国の連中は常に「適切なこと」(自称)をするからなw

でも、大手キャリアはあらかじめそれを見越して、あるいは、手慣れたウルセー奴対策で、巧妙な、あるいは、バレバレの隠蔽・すげ替え措置を取っている・取るに違いない。現場の数字合わせに奔走する人は さぞ疲れることだろう。

まるで、運動部の(前時代的で非科学的・非論理的な)先生・コーチや先輩や、会社の偉い連中や上しか見てない上司や、(見たことはないが)日本軍の偉い連中といったクソな奴らと、それらをうまくかわす下々のする三文芝居のようで、「やっぱり日本は昔からこうだよね!」としか言いようがない。

でも、これ、実際にコスト構造が不適切だったら値上げさせるのかね?※ キャリアとしては、「済みませんでした。適切な料金にします。」と値上げできるから、願ったり叶ったりってとこ??

※一つの可能性は、「高くなるのは仕事の仕方が非効率的なせいだ!」とか言って、社内(リストラ?)にまで口を出すのかも知れないな。いやはや・・・

現実問題として、そういうのはキャリアは嫌だろうから、値上げはせずに、パズルのような「うまい」数字をひねり出すしかないのだろうか。

そうすると、困ってしまったMVNOを何とかするために、国からさまざまな「施策」が出るのだろうか。実効的になんの意味も価値もないことをやらされて、みんな大変だ・・・

 

個人的には、今回のキャリアの値下げで僕の使っている最低辺wのプラン(500MB, 約1100円/月)が更に安くなることは絶対にないけれど、逆にプロバイダが撤退してしまうことを心配していたが、多少は大丈夫そうな印象だ。

(1/23 10:28)

  •  1
  •  0

煮ても焼いても食えない楽天モバイルとそのルータRakuten WiFi Pocket(以下RWP)だったが、その後もひそかにいじっていた。その結果、「Linux遊び」ができることは分かったが、それで何かおもしろい・役に立つことに使えるかというと、やっぱり使えないことが分かったw

とりあえず、どうすれば遊べるかを書く。

PCからRWPに繋いでLinuxを使う。

まだ出たばかりで、気付いている方は少ないかも知れないが、RWPにはtelnetで接続できる。ZTEのLTEルータ・モデムで検索すると、特別な手順が必要だったり標準でないポート番号に繋ぐように書いてあるが、RWPでは変えられていないので※、「普通に」繋がる。

※中を見ると、ポート番号を変えるつもりのようだが、バグか何かで変わっていないようだ。間違えてポート番号を指定せずにやったら繋がったので、拍子抜けしたw

なお、外(WAN)からtelnetできると大変危険だが、試したら繋がらないようなので、最低限のパケットフィルタは設定されているようだ。

RWPの管理者のアカウントでログインすると、以下のように普通にLinuxが使える。

$ telnet 192.168.0.1 
Trying 192.168.0.1...
Connected to 192.168.0.1.
Escape character is '^]'.

login: XXXXX
Password:

BusyBox v1.21.0-uc0 (2020-12-04 22:11:15 CST) built-in shell (ash)
Enter 'help' for a list of built-in commands.

~ # uname -a
Linux DEMO 3.4.110 #2 Fri Dec 4 22:06:09 CST 2020 armv7l GNU/Linux

~ # cat /proc/cpuinfo
Processor : ARMv7 Processor rev 4 (v7l)
BogoMIPS : 620.54
Features : swp half fastmult edsp tls 
CPU implementer : 0x41
CPU architecture: 7
CPU variant : 0x0
CPU part : 0xd03
CPU revision : 4

Hardware : ZX297520V3
Revision : 0000
Serial : 0000000000000000

~ # df
Filesystem 1K-blocks Used Available Use% Mounted on
ubi0:rootfs 60912 16276 44636 27% /
mdev 27472 0 27472 0% /dev
tmpfs 27472 0 27472 0% /dev/shm
ubi1_0 3080 76 3004 2% /securefs
ubi0:rootfs 60912 16276 44636 27% /mnt/tmp

ノード名が"DEMO"だったりリビジョンもシリアルも0だったりして、なかなか香ばしいw 表示が正しいとすれば、カーネルを構築したのが12/4なので、まさに「作って出し」って感じか・・・

その割にはちゃんとIPv6が使えるので、なかなかカオスな感じではある。元(ZTEの物?)ができているだけのことなのか。

なお、ファーム更新でtelnetが止められて遊べなくなると困るので、自動更新を停めた。

micro SDを介してPCとファイルの受け渡し

RWPの「中身」をじっくり見るために、micro SD(以下SD)にバックアップすることができる(SDのマウントポイントは"/etc_rw/config/mmc2")。また、それをPCから取得することもできる。管理画面でSDを"HTTP Share"にすればSDの内容が見られるので、それをダウンロードすればいい。

Rakuten WiFi Pocketのmicro SDにブラウザでアクセスする。

バックアップするにはtarコマンドが便利だが、標準では使えないので、下記のようにフルのbusyboxを入れればOKだ。

標準で使えるddでもいいが、ファイルシステムがUBIFSで手軽に開けないので、僕はtarを使った。

上のような手順で、RWPでsshdなどが動いていなくてもPCとファイルがやり取りできる。

あと、curlは使えるようなので、PCにサーバがあるかクラウド経由ならやり取りできる。

フルのbusyboxでコマンドを増やす。

そのままだとbusyboxの機能(コマンド)が少なくて不便なうえに余り遊べないが、ARMv7l用のフル版をダウンロードして入れれば動く(もちろん、全部のコマンドが使えるかは不明)。RWPに入っているのと同じバージョンのもの(1.21.1)がちゃんと動いた。最新の1.31を試したらtarで落ちてしまったが、別の問題(ルートファイルシステムがフルになると落ちる感じ)だったのかも知れない。

Rakuten WiFi Pocketで(フルの)busyboxを動かす。

SSHサーバ(dropbear)は試していないが、きっと動くのではないか。

設定・状態関連

RWPの中にはいくつか設定ファイルがあり、大抵テキストなので普通に読める。また、運用中の設定や状態は/bin/nvというコマンドで取得・変更・一覧できる。以下に例を示す。

nv get rssi #  RSSIの表示
nv show # 一覧表示

参考までに、rssi以外で良く使いそうな値を以下に示す(ほとんどiV501と同じである)。

  • signalbar: 電波強度(バーの数)
  • network_type: WANのタイプ(LTEなど)
  • network_provider: キャリア名
  • mcc, mnc: 接続先のMCCとMNC
  • network_num_oper: 接続先キャリアの番号?
  • cell_id: 繋がっているセルのID?
  • sta_count: Wi-Fiの子機の数
  • monthly_tx_bytes, monthly_rx_bytes: 月の送受信データ量
  • battery_charging: バッテリが充電中か
  • battery_pers: バッテリの残量(%でなく0-4)

テキストファイル以外にsqliteのDBもあり、接続先関係の設定や接続先を固定するように見える設定があるが、どのように使われている・使うのか分からない。

接続先の固定(できず)

設定ファイルの一部を変更してauに繋がらないようにできないか試したが、できなかった。具体的には、楽天とau(KDDI)のPLMNの設定らしき部分があったので、auの値をダミーにして再起動したが、効かなかった。バグ(書いてある値の10の位と1の位がコメントと逆だった・・・)でその設定は無効なのか、設定方法が違うのかは分からない。

また、管理画面のネットワーク設定で接続先をマニュアル設定にすればLTEの接続先を選択できるのだが※、Rakuten(44011)にしても、電波状態によって勝手にKDDI(44053)に変わってしまった。

Rakuten WiFi PocketのLTEの接続先を楽天モバイルにしても・・・

※この設定を変更するには、一旦WAN(LTE)を切断する必要がある。

ちなみに、上記nvコマンドで取れる動作状態ではmcc, mnc, network_num_oper, cell_idなどが現在のLTEの接続先を調べるのに有用そうだ。

IPアドレスの変更

RWPのIPアドレスは192.168.0.1に固定されていて不便だと思って居たが、実は変更できる。上と同様に、一旦WAN(LTE)を切断すれば変更できるようになる。なお、WAN(LTE)を切断している状態で起動するとtelnetで接続できないので、接続後にLTEを切ること。

Rakuten WiFi PocketのIPアドレスを変更できた。※

※キャプチャではDHCPサーバの設定が元のままなので注意。

 

結局のところ・・・

まあ、1円で確かに「Linuxが動く小さい物」は手に入ったが、以前諦めたWi-Fi内蔵SDカード(PQI Air Card II)と同様、I/Oがない(外部のセンサや動くものなどに繋げられない)ので、僕には全くおもしろく使えない。温度計や照度センサやGPSや接点出力が入っていればいろいろ使えそうだが もちろんなく、せいぜい、電池の温度(本体が熱くなければ、周囲の温度に比例した温度になる)を取ったりセルの番号で大まかな位置を取る程度か。

これのCPUがものすごく高速だったら、何か(少し前だったら、仮想通貨のマイニング?)計算させるとかできるが、全くそんなこたぁないw ちなみに、BogoMipsはCore i7-2600 (3.4GHz)の1/10くらいだ。

ただ、USBはあるので、そこにカメラや温度計などを繋いで使えればいいが、果たしてどうだろうか(Androidスマフォと同様に繋がるのかも知れないし、ホストに繋げる専用ポートなのかも知れない)。面倒なので試していない。

もしUSBストレージやPTPが認識できれば、デジカメの画像をRWPのSDに一時保存するようにするのは容易そうだ。が、「やればできる」程度で実用性があるかどうか・・・ せめてauに繋がらないようにできれば、画像をクラウドにアップロードするようにできるだろうが、auに繋がるのではすぐに通信データ量オーバーになって不便だ。

あとは、本体に付いている小さい画面とボタンで文字などを表示・入力できるようにしたり、ゲームを動かすこともできるかも知れないが、僕は興味ないのでやらない(やってどこかに「Rakuten WiFi Pocketでテトリスを動かしてみた」とか投稿すると受けるとは思うがw)。

でも、そのうち何か思い付くかも知れない。とは言え、本当にやりたいことがあるならRaspberry Piでも買ったほうがずっと早いwww

 

最後に一応書きますが、以上のようなことは全く奨励しません。下手したら動かなくなります。「こういうこともできるかも知れないなぁ」という、初夢や幻想だと思って下さい。

 

PS. 今遊んでいる・試行錯誤されている方から、「お前、余計なこと書くなよ(塞がれるだろうが)!!」とか言って怒られるだろうか?

  •  1
  •  2

時間にものを言わせw、しつこく、煮ても焼いても食えない楽天モバイルをなんとか料理しようとした。結果を先に書くと、さまざまな制限付きで「まあ使える」ようにはなったが、やっぱりイマイチであった。

そもそも一番の問題は、勝手に容量上限付きのパートナー回線(au)に切り替わってしまうため、実質的にはデータ量無制限でないことだ。それで、どうにかして、モバイルルータ(Rakuten WiFi Pocket, 以下RWP)の現在の接続先(楽天かauか)を調べられないか、そして、可能なら、接続先(またはバンド)を楽天(Band 3)だけに制限できないかと思って試行錯誤した。

すると、接続先(またはバンド)の制限はできなかったものの、現在の接続先は、管理画面(web)で簡単に分かることが分かった。なんとも灯台下暗しだった(これ、楽天のFAQにも書いてないので、彼らも知らないのかも知れない)。以下に示す(英語モードで使っていたので英語で書いたが、日本語モードでの表現は適宜推測して欲しい)。

Network Settings → APNのタブにMCCとMNCが出る。 (下図の赤枠)

MCC= 440, MNC=11なら楽天モバイル, MNC=53ならau

Rakuten WiFi Pocketの接続先(楽天/au)を調べる。 (表示は楽天の場合)

そして、管理画面のソースを調べて、iVideoのiV501用に作ったスクリプトを少し手直してRWPでも使えるようにして、MCCとMMCが取得できた。変数名はmccとmncである。以下に実行例を示す。

./iv501-vars.sh mcc mnc
mcc="440";mnc="11"

なお、RWPの変数の取得は以下のようなコマンドでできる("rssi"(電波強度)は取得する変数名)。

wget -q -O - --header \
'Referer: http://192.168.0.1/index.html' \
"http://192.168.0.1/reqproc/proc_get?isTest=false&cmd=rssi"

更に管理画面のソースを見たら、RWPのいくつかのコマンドの実行方法も分かり、RWPの再起動も出来るようになった。以下に、wgetを使った実行例を示す(事前にブラウザなどで管理画面にログインしておく必要がある)。

wget -q -O - --header \
'Referer: http://192.168.0.1/index.html' \
--post-data='isTest=false&goformId=REBOOT_DEVICE' \
http://192.168.0.1/reqproc/proc_post

なお、RWPの変数名やコマンドは、管理画面のソース(特にservice.js)を見れば結構分かる。そういう素直な作りにしてくれていたのはありがたいw これがUSやEUや日本だと、難読化されてしまってやる気が失せるが、CNの「別にいいじゃん」精神には好感が持てる。

ここまで出来れば、RWPの接続先(またはバンド)を固定できなくても※、定期的に接続先を監視して、auだったら再起動すればいい(実際には、再度auに繋がるかも知れないし、NWが切れてしまって不便なので、良くはなくて「まあ使える」や「いいかも」程度)。

※調べると、これの元になったようなZTEのLTEルータではSET_NETWORK_BAND_LOCKコマンドでできるようなのだが(→ 参照)、RWPではできないようだ。実は少し違うコマンドでできるのかも知れないが、管理画面にないので、コマンドなどを調べられなかった。

それで、「こいつ 動くか!?」と思い、(上記のiv501-vars.shで)接続先と電波強度を監視しつつ、設置場所を変えつつ速度を測定して位置を調整した。すると、(iVideoの時と同様、)とても狭い範囲(上下左右前後: 約10-20cm, 水平方向の回転角: 20°くらい(ちなみに、この角度はiVideo(SBM)とは違う))で、(最初に比べれば)悪くない速度が出ることが分かった。例えば、ダウンロードが30-40Mbps, アップロードが2-3Mbpsである。

ただ、その狭い範囲を外れると速度は落ち、下手すればauに繋がってしまうこともあるので(今日試した限りでは、位置を変えなければauにはならなかったが、前を鳥が横切ったりしたらどうなるか・・・)、ルータをガッチリ固定する必要があり、全くモバイルではない。それに、そもそも、(特にアップロードが)遅い!!!

遅いのは、電波強度が-110dBm前後と弱いせいだと思う。-105dBm前後の場所は少し速かった。全く低レベルだ。

それで更に微調整して最適な位置を探していたら、ある時からぱったりと上下ともに3Mbpsしか出なくなってしまった。もしやと思って調べたら、また速度制限である。どうも、一日10GB使うと、その日いっぱいは3Mbpsに制限されるようで、調べたら確かにそのくらい使っていた。

再び溜息・・・

まあ、モバイルとしては一日10GBは小さくないし、3Mbpsも激遅ではないし、その日限りで解除されるのも悪くないけど、上のルータが固定必須という件も合わせて、余りにも不便だ。これでは全然光の代わりにはならないし、外に持ち出してスマフォで使うのにも気後れする。

 

というところで、また何か思い付くかも知れないけど、楽天モバイルは(光に比べて)制限が多いので、それが緩和されない限り僕には使えない。

 

でもまあ、いろいろ分かっておもしろかったので、良しとする^^

 

PS. 従来は新年の挨拶などを書いていましたが、なぜかどうも今年は全くそういう気分でないので、全部すっ飛ばして通常運行してますw たぶん、全部こいつが悪いんですwww

  •  1
  •  2