Archive for the ‘無線通信’ Category

さっき、スマフォで光回線を申し込んだwww

↑ これだけですべてが伝わる??

昨夜(前の投稿をした直後)からiVideoが激遅(通信速度が100kbps前後しか出ない)になって※、今(3/24 16:30頃)も直らない(3/25 4:33 丸一日以上経ったが、もちろん直らない)。もちろん、契約のデータ使用量上限には充分余裕がある。サポートに連絡しても今ひとつで、「しばらく様子を見ろ」とか言って来たけど、さっきようやく交換ルーターが送られることになったが、届くのは明後日で、それまでどうすればいいのか・・・

iVideoが昨夜から激遅・・・ (通信速度: 右半分は昨夜から)

※PC(iVideo)では光回線の申し込みページすらまともに出ず、この投稿だって、スマフォでは手間だからPCから書いているが、保存するのにも時間が掛かってヒヤヒヤ・イライラするくらいだ。この状態だと、スマフォ(のLTE)が爆速で笑えるw (というか、ありがたい)

おそらく、SIMが駄目(契約が違っていて容量超過になった?)で遅くなっていると思うので、向こうの言うとおり様子を見ていたら、このまま月末まで遅い状態が続くだろう。だから、ルーター(とSIM)を交換すれば直るのだろうが、問題は、iVideoはこちらのSIMの状態をすぐに把握できず、調査しても問題ないと言っていたことだ。そもそも、この遅い問題は初めてではなく2回目(前回も今と同様に、SIMを交換して直ったし、遅かったSIMも月が変わったら速くなった)なので、SIMの管理も障害管理もすごくいい加減なのは間違いない。

そういえば、今のルーターには前の客のものかと思われるSMSの通知が残っていたし、チェックとか全然せずに出荷しているのではないだろうか? 要は、「テキトーに出して、問題が起こって文句を言われたら交換すればいいや」なのではないか。

(3/25 4:33追記) そのサポート(同じ人)が信用できない証拠はもう一個ある。先日、別件で僕にSMSを送ったというが、来ていないと言ったら、「自分でやったから確かだ (キリッ)」みたいなことを言ったので、送った端末の記録を見せてくれと言ったら、記録は手で書いたexcelみたいなもので、「送信先は記録してなかった」と抜かした。呆れた。送信先がなかったら、何のための記録なんだか・・・ それで「確かに送った」と豪語するとは・・・ まったく、幼稚園児並の知能の奴とは付き合えない。

あと、そのサポートは、最後の頃に恩着せがましく「今は障害が多発している」とか言って、「僕の問題は普通だから我慢しろ(特別に交換してやるんだよ)」のようなことを言っていたが、近頃の通信障害なんて以前に書いた どんなときもWiFiだけしかニュースに出ていないから全然信用できない。それだったら、最初に書けよって思う。

あ、トラブルが多発しているのはiVideoのことだったのかな? だったら納得だ。あんなクソ以下のところだったらね。

結局、僕もセーフじゃなかった訳だ。

それにしても、通信が途絶えるとこれほど不便になるとは思ってもいなかった。ほとんど何もできない。ニュースだってまともに読めない※し、Evernoteすら同期できない。トラブル時はここまでひどくなると思わなかった点が、甘かった。

※今のwebはJSやCSSやフォントが重いのか、画像を非表示にしてもまともに出ないことが多い・・・

この調子だと、あと数年経っても完全無線は無理そうな気がした。5Gとか言ったって、キャリアは(結局は)高いうえに制限が多いだろうし、再販会社がこんなふうにいい加減では、全然頼れない。便利だったんだけどね・・・

  •   1
  •   1

ブログに詳しい顛末を書いたか分からなくなってしまったのだが、今年の1月中頃に、iVideoのSIMで使おうと、モバイルルーター(「やっすいルーター」)をAmazonのマーケットプレイスに注文したけど、全然連絡がなく発送される見込みもなくて(China postを何度も検索していたのだが、ずっと「伝票発行済み」状態だった)、怒ってキャンセルしたのだが、時期的に新型コロナの関係で当局から停められていた※のかも知れないと、近頃思っている。これだけでなく、その頃注文したWi-Fi子機も発送されなかった。

※中国の地理は分からないが、確か店は深圳の辺りで、武漢の近くなのかも知れない。いや、実際に地図を見ると距離はすごく離れているが、「南の方」というくくりとか、実はそこらにも感染者が居たってことで、輸出保留になってしまったのだろうか。

まあ、そんなことは関係なく、二つの業者のどちらかまたは両方がいい加減とか嘘つきだった可能性も濃厚だが、ルーターの方の店は悪い評価じゃなかったので、コロナかも知れない。発送しようとしたものの、理由を知らされずに保留されていて、向こうも困っていたのかも知れない(し、ルーターは、単に「発送手続きしたから、あとはよしなに」だったのかも知れないw)。

そして、今となっては遅いが、台湾の店(Amazonにあれば)に注文したら良かったのだろうか?

としたら、激怒してレビューに悪い評価を付けたのは可哀想だった・・・ (でも、保留されたのなら、一度くらいはそういう状況を連絡して来るべきだろう。が、中国は(日本以上に)いろいろ隠蔽するようだから、それすらできない状態だったのかも知れない。China postに問い合わせても回答がないとか・・・)

 

そして、これを書く気になったのは、さっき、掲示板のまとめサイトで「【悲報】ワイが買ったLenovoのノートPC、40日経ってもまだ届かないwwwwww」てのを見て、まさに(、もし僕が聖人のように優しかったら)「一月からルーターを待っている僕orz」の同類のように思ったからだw それにしても、いくら安い(+今の準備状況が分かる)とはいえ、良く何十日も待てるものだ。せっかちな僕だったら「クソがっ!」となって、すぐにキャンセルするがwww

  •   1
  •   0

以前検討して止めた、どんなときもWiFiがトラブっているとのこと。「クラウドSIM」という、技術を誤解させそうな名称やサービスの仕方(例: 縛りあり、縛りの後は値上げ)などから、何となく会社が信用できなかったので却下したが、当たりだった。

そもそも、「クラウド」と称するなら、多少の問題があっても大方のサービスが継続できると思わせるが(いや、そもそも、クラウドとかの使う物に関係なく そうだろう)、違うようだ。やっぱり、ローテクで脆弱な(single point of failureが多い)システムだったようだ。

とはいえ、正直言って、今使っているところもいつどうなるか分からないので、「今のところ」としか言えない。けど、まあ、とりあえずは、僕の選択は正しかった。

と、たかみの見物をしているw

 

PS. あ、だからって、僕の使っているところに大挙して来られたら困る(おそらく、サポートの負荷・手間で会社が破綻・撤退・劣化してしまう気がする)。。。

  •   0
  •   0

注意 3か月くらいiVideoを使って何度かトラブルがあったが、SIM・ルーターの管理や障害対応が全く適切でないと感じた。更に、通信障害が起こっても、通信に関してはキャリア任せなのでトラブルシューティングができず、機材(SIM・ルーター)の交換しかできず、それも「様子見しろ」と言って渋るし、交換されるにしても届くのが数日後で、その間は障害はそのままなので、iVideoをメインに使うのはリスクが高過ぎることが分かった。その経験から、iVideoを重要な用途(例: 光回線の代わり)に使うことは全く推奨しない。

具体例については、「[悲報] 完全無線は時期尚早でござった。」を参照のこと。(2020/3/25 6:34)


iVideoのモバイルルーターiV501に関する情報(その2) (→ その1)。題は"tips"だが、今回はほとんど情報(「どうすればいい」ということが少ない)。

  • PCとUSB接続して通信している時に充電が不足する。 → USB接続は止め、Wi-Fi接続に戻した。
    • PCとUSB接続すると電源容量が不足する? 充電が弱い? USBで通信中はUSB電源が使われない(電池が使われる)?
    • 現象
      • USBでの通信後は充電状態になる。
      • 頻繁に充電状態になる。充電・非充電状態が頻繁に切り替わる。
      • 満充電になるまでが遅い。
      • ハブ経由ではほとんど充電されない(充電できない?)。
  • ごくたまに再起動する。
    • 原因不明。約1.5か月で1度発生した。
    • USBで接続・切断を繰り返したりしたせいか?
  • 置く位置によって電波強度も速度も変わる。かなり敏感。
    • 置き方(東西・南北・上下・水平/垂直回転)を数cm変えただけで随分変わる。回転(向き)はすごく効く。
    • 電波強度がとても弱い(例: -100dBm)と速度は落ちるが、強いから速いとも限らない(次の項を参照)。
  • ダウンロード速度とアップロード速度が不平衡、あるいは、それらの和の上限は一定値に近づく? (キャリアの基地局やLTEの仕様?)
    • 同じ電波強度でもダウンロード速度とアップロード速度の比率が異なることがある。
      • ダウンロード速度が速い場合、比率は2:1が多い。遅い場合、1:1や1:2などになる。
      • ダウンロード速度が速い位置とアップロード速度が速い位置がある。
      • ダウンロード速度とアップロード速度がどちらも速い位置(1:1)は なかなか見付からない。
  • 無通信や通信データ量が少ない状態が継続すると電波強度が下がる。 (キャリアの基地局やLTEの仕様?)
    • 通常時より10dBmくらい下がる。その状態でデータ量の多い通信(速度測定など)を実行すると上がる(戻る)。
      • → 電波強度が低いせいか、1回目の速度は遅いが、2回目は通常に戻る。
  • SIM交換が必要なことがある。 (iV501でなくiVideoの話)
    • ルーター内のSIMが(キャリアとの)契約期限切れになる場合、連絡が来て、送付先を連絡すると新しいSIMが送付される(はず)。
      • その通知が何となくフィッシングメールのようで、心もとなかった・・・

 

ルーターの置き方や電波強度や通信速度が出たので、それに関連することを書く。

数日前にルーターの置き方を調整(チューニング)した。ルーターの台を別の所に移動させたかったので、位置を変えて電波強度と速度を測定した。結局、台は移動できなかったが、同じような位置でも電波強度と速度が結構違っていた。

それまでの位置は、ダウンロードは高速だがアップロードが遅かった。それでもいい位置だと思っていたが、実はもっといい位置があった。大体、それまでの位置から45cmくらい下、3cmくらい東である※。電波強度は同様だが、ここだとアップロードが約2倍の速さになってダウンロードとアップロードのバランスが改善され(約3:1 → 約3:2)、ダウンロードとアップロードの和も大きくなった(約1.3倍に)。高さが低い方がいいというのは結構意外だった。

※ちなみに、場所を探す時には、0.5-1cm単位で動かして電波強度と速度を測定した。ただ、速度は測定する時によって変わるので、ちゃんと比較するのはなかなか難しい。また、早朝の回線が空いている時に始めても、何度も測定しているうちに混む時間になってしまうので手早く測定することも重要だが、それも難しい。

以下に速度の比較例を示す。

従来の位置

  • 電波強度: -86dBm
  • ダウンロード: 27.7 Mbps
  • アップロード: 11.1 Mbps
  • ダウンロードとアップロードの和: 38.8 Mbps

新しい位置

  • 電波強度: -85dBm
  • ダウンロード: 30.6 Mbps
  • アップロード: 20.4 Mbps
  • ダウンロードとアップロードの和: 51 Mbps

※速度はGoogleのインターネット速度テストにて測定した。測定ごとに値は異なるが、数回測っても、それぞれの傾向は変わらなかった。

  •   0
  •   0

注意 3か月くらいiVideoを使って何度かトラブルがあったが、SIM・ルーターの管理や障害対応が全く適切でないと感じた。更に、通信障害が起こっても、通信に関してはキャリア任せなのでトラブルシューティングができず、機材(SIM・ルーター)の交換しかできず、それも「様子見しろ」と言って渋るし、交換されるにしても届くのが数日後で、その間は障害はそのままなので、iVideoをメインに使うのはリスクが高過ぎることが分かった。その経験から、iVideoを重要な用途(例: 光回線の代わり)に使うことは全く推奨しない。

具体例については、「[悲報] 完全無線は時期尚早でござった。」を参照のこと。(2020/3/25 6:34)


iVideoのモバイルルーターiV501を一か月使っていたが、大きな問題はなかった(いくつかちょっと変なことはあったが、原因不明である)。丁度、昨日、新しいプラン(300GB/月)用のiV501が届いたので、今日入れ換える予定である。今度は6か月のレンタルにした。

トラブル(らしきもの)など

  • 月の最初の日(2/1)の未明にLTE接続が切れていた。しかし、今日(3/1)は大丈夫だった。 (→ 原因不明)
  • 一度、外出から帰宅した時にスマフォのWi-Fiが切れていた。電池切れかと思ったが、その後、電池はもっと持つことが分かったので、そうではないようだった。 (→ 原因不明)
    • なお、電池残量不足の時は、本体の電池ランプが赤く点灯することが分かった。

通信データ量(2月分(2/29昼に測定), PCとスマフォを合わせた量)

  • iV501の管理webでの表示値: 103.7 GB
  • 自作のスクリプトで取得した値
    • 受信: 78.1 GB
    • 送信: 33.3 GB
    • 合計: 111.4 GB

iVideo: iV501での累積通信データ量の変化 (2月)

iV501の管理webと自作のスクリプト(Munin)のデータ量が違うのは、"K"などの単位(スケール)が異なるからのようだ。iV501は1024で、Muninは1000だからのようだ。というのは、変換してみると、111.4*1000*1000*1000/(1024*1024*1024)= 103.7 と、ぴったり一致するからだ。一般には、通信速度には1000が、データ量には1024が適切そうなので、スクリプト側を修正すべきだろう(が、大きな問題ではない)。

合計通信データ量より、31日間では約123GBになるので、見積りどおり、僕には300GB/月のプランで充分なことが分かった。

なお、スマフォのモバイル(LTE)の通信データ量(2月分)は、なんと22.4MBだった※。余りにも少ないので何かの間違いを疑ってしまうが、日々のリストを見てもちゃんと記録されているようだし、先月は外出時にはほとんどスマフォと一緒にルーターを持参していたので、正しそうだ。

※これくらいのデータ量なら0SIMでも充分行けそうだが(そのためにデータ量を調べた)、残念なことに終了してしまったので、新たな安いプロバイダを模索している。が、移行費用を考えると、容易にペイするところはなかなかなさそうだ。

これより、(寝ている時など、)気付かないうちにiV501が落ちたりiV501のLTEが切れていたということはなさそうである。

その他

部屋に固定して置いておいても、電波強度は結構変動する。以前も書いたが、外出からの帰宅後の充電完了後に一時的に下がる感じだが、それ以外(例: PCが停まっている時)にも下がることがある。そして、下がっている時にデータ量が多い通信をすると強くなる気がしている。ただ、電波強度が弱い時(-95dBm前後)でも通信速度が遅くないことも多い。

iVideo: 過去一週間のLTEの電波強度の変化(青)

通信速度も変動するが、概ね20Mbps(Google, ダウンロード)前後出ていて、充分実用になっている。なお、今まで見た最高は約35Mbps(同)である。

(適度な田舎のせいかw、)すごく遅いと感じる(のが継続してイライラする)時間帯や曜日はなかった。通信データ量が7GBの区切りを超える時に遅くなることはあると思うが、数分間の一時的なものなので、たまたま遅いとかサイトが重い場合と区別が付かず、気にならない。

(3/2 21:34 新しいiV501が届き、切り替えて使っているので、それについて追記する)

新しいiV501を起動したら、なぜか、メールのランプが点滅していた。管理webを見てみたら、未読SMS数が出ていた。だから、あのランプはちゃんと機能していたのだ。ただ、webでSMSを削除しようとタブを開いても開かなかった。ユーザーが変わったからロックされたのか、対応ブラウザでないのか、単なるバグで絶対に読めないのかw まあ、そういうこともあるかと設定を初期化したら、ランプの点滅は停まり、SMSも消えた。前の人が受信したんだろうけど、見えないほうが却って良かった。

不思議なことに、新しいiV501は電波受信感度が若干弱いようで、前のと同じ置き方をしても電波強度が2dBmくらい低くて、-89dBm前後だった。まあ、そのくらいは実害はないと思ったのだが、例によって気に入らないので、位置を調整した。前よりも数cm西・北に移動させたら、前よりも良くなって-85dBm前後になった。なぜかは分からないが、製品ごとのバラつきなのだろうか。新しい位置の電波強度は大分安定している感じだ。

なお、通信速度は少し遅くなった気がする。たまたま測った時が混んでいたのか、バラつきなのか、SIMによって待遇が違うのか、以前と同様に電波が強いからといって速い訳ではないのか。結構10Mbps台になって「うーむ」となるが、20-30Mbps台が出ることも多いので、タイミングや気分の問題だろう。

それから、ルーターの台を間違って動かしても分かるように、段ボールで位置決め用のスペーサー(治具?)を作った。例によって見栄えは悪いw これなら接着したりないので、床や壁が汚れる心配はないし、壁側に押しても動かないし、足をぶつけて痛いことも余りないw そして、時々辺や角を見れば、ずれているかどうかが分かる。

  •   1
  •   0

注意 3か月くらいiVideoを使って何度かトラブルがあったが、SIM・ルーターの管理や障害対応が全く適切でないと感じた。更に、通信障害が起こっても、通信に関してはキャリア任せなのでトラブルシューティングができず、機材(SIM・ルーター)の交換しかできず、それも「様子見しろ」と言って渋るし、交換されるにしても届くのが数日後で、その間は障害はそのままなので、iVideoをメインに使うのはリスクが高過ぎることが分かった。その経験から、iVideoを重要な用途(例: 光回線の代わり)に使うことは全く推奨しない。

具体例については、「[悲報] 完全無線は時期尚早でござった。」を参照のこと。(2020/3/25 6:34)


大容量モバイルプロバイダiVideoで来月からレンタルするモバイルルーターを何にするかの話。501HWは画面で情報(特に電池残量)が見られて便利だが、連続稼働時間はどちらも同じくらいで、残量が分かっても電池が減ることには変わりないので、長時間外に居て充電できない時には外部電池を持たなければならないから、軽さ(約半分)の点でiV501にした。

あと、web APIでルーターの情報を取得するプログラムを作り直すのが面倒(APIの有無すら不明なので、作れるかも不明)なのと、電波の受信特性(向きと感度の関係など)が変わるとセッティングし直しになって面倒、という事情もあった。

25日までのキャンペーンで安く延長できるかと思ったらなぜかできず(高かった)、調べてもらったらプランが別だった。自分のプランが何か忘れていたという間抜けさw (そう言えば、キャンペーンのプラン(iV501で「超大容量」, 300GB/月)は僕が質問した直後に追加されたものだった)

それにしても、iVideoは結構サービスや料金がコロコロ変わる(例: 今月頭に案内があって検討していた契約プラン(料金を月ごとに払う)はなくなっていた。また、900GB/月相当のプランもなくなっている)ので、「プロ」とかチャレンジャー向きだと思う。

その他に、ネイティブでない人が多そうなので、webや問い合わせの回答などの文章が若干分かりづらい場合がある。原文を推測しながら読むといい気がした。まあ、聞けばちゃんと教えてくれる(しかも速い)ので、僕は余り気にしていないが、懇切丁寧とかおもてなしとかいうガラパゴスなサービスを期待する人は国内の会社を使うべきだろう(でも、国内にしたって、慇懃無礼なだけで何もいいことがないのかも知れない)。

サービスや料金が変動するのはいいが、それが昂じて会社自体がなくなってしまう(あるいは日本から撤退)可能性もちょっと心配している。レンタルの場合、料金は前払いなので、その時に返金されなかったら困る(期間中は使い続けられるならいいが)。なので、とりあえず6か月にした。

いずれにしても、いつでも別のプロバイダに移れる覚悟と知識のある人、ダイナミックな対応ができる人でないと、使いこなせないだろう。でも、そういうリスクや手間を除けば、安くて(例: キャンペーン料金: 300GB/月、ルーター込みで3000円/月(税抜き))手軽で(初期手数料が無料の曜日があるし、中途解約でも違約金なしで返金される。ただし、返金額は「時価」: 解約時の料金で計算される。あと、ルーターなどは郵便受けに投函されるので、受け取る手間要らず)いい。

それから、コストを光の時と比べると、OCNは2年縛りの割り引き後で約4千円/月(税込み)だった。一方、今回申し込んだiVideoは、6か月(-12か月未満)で約3200円/月(税込み)である。年にすると9千円くらい安い(今計算して感心した)。なお、iVideoは最初に手数料(無料の曜日がある)や送料500円が掛かるので、頻繁にプランを変更するのは得策でない。

 

PS. iVideoについて書き足らなかったこと。: いろいろリスクや面倒はあっても僕が使う気になる理由は、コストが安いことはもちろんあるが、それ以外に、彼らのやり方がストレート・ダイレクトとか「正直ベース」(少なくとも、客を騙そうという気持ちはない)だと感じ、そこをかっているからだと思う。

日本のキャリアは言うまでもなく、プロバイダ(MVNO)だって「引っ掛け」がてんこ盛りではないか。「無制限」と言いつつ、なぜか3日で何GBの制限とか、半年とか一年間は安いけどそのあと高くなるとか、指定された月以外に解約すると違約金が掛かるとか、細かい文字で山のように書かれた注意事項を把握しなければならないなんて、一体誰得(「彼ら」だがw)だと思う。そんな詰まらないことに時間と労力を費やして、客を半ば騙して金をむしり取るなんてクソそのもので、大っ嫌いだ。そういうのが「お・も・て・な・しの国」なのかねえ・・・ (20:06)

  •   1
  •   0

9:30頃出た。行きはのどかで、のんびり気持ち良く走れた。車内などは暑くて春の感じだった。そういえば、帰宅してから目が痒いので、花粉が飛び始めたのかも知れない。

道の駅きたかわべ には2時間くらいで着いた。Google地図の予想はいつも速目で、カーナビの予想時間はもっと長いので、経路を設定したあとで慌てた(実際、待ち合わせに遅れた)。久し振りに生姜焼き定食を食べた(学生時代を思い出す)。おいしかったけど、ちょっとぬるかったのが残念だった。他にも、カツカレーとか蕎麦とかいろいろ食べたいものがあったので、次に行ったら試したい。

いつものように、なおきさんと話が弾んだ。それにしても、「会食」というと堅苦しいし、「談笑」と書くと政治家みたいだし、「遊んだ」というのもおかしいので、なかなかいい表現が浮かばない。もしかして「男子会」??www

帰路はなぜか遅い車が多かった。行きと違ってちょっとイライラしたので横に逸れたら、別の車も遅く、それが居なくなったあとでスピードを出したせいで本来とは逆に曲がってしまったりして、却って遠回りになってしまったw (地図の下の方の凹部)

実は、おそらくそういう車のスピードは行きと同じくらいだったのだろうが、疲れがイライラを増したのだろう。他には、走りのペースやタイミングが微妙に僕(あるいは「普通」の車)とずれていたのかも知れない。とんでもなく遅い訳ではなかったから悪くはないけど、意図せず煽られたり事故の原因になったりするかも知れないので、周囲を良く見て運転した方がいいように思う。とはいえ、自分の安全な範囲を超えたスピードを出せというのも無茶な話だ・・・

反時計周り、139km、約8時間。

以下、今日の細かい話題いろいろ。

iVideoのモバイルルーターiV501の電池残量の謎

先日7.5時間くらい外に持ち出して帰宅したらスマフォのWi-Fiが切れていたので、電池が切れたのかと思った。ただ、iV501の電池残量は、本体の電池ランプはどういう表示になるか不明だし、webも4種類程度のアイコンだけで%では出ないので、確かめようがない。それで、今日、定期的にランプとwebのアイコンの変化を見ていたのだが、約6.5時間経過してもランプに変化はなく(電源ボタンを押すと点いて、しばらく点灯したまま)、アイコンも段階3(残量75%前後と推定)から変化がなかった。帰宅後(約8時間経過)にweb APIで残量を見たが、アイコンと同じ3だった。

実際、充電も速く、2時間以内に満充電になったので、それほど電池は減っていなかったと思われる(まあ、すべての情報がおかしい可能性もなきにしもあらずではあるが・・・)。

なので、通信状態にもよるのだろうが、8時間くらいは余裕で持つのだろう。先日Wi-Fiが切れたのは、頻繁に通信して電池がなくなったか、何かのトラブルでたまたまWi-Fiが切れたと推測する。

以上は全部推測ではあるが、昨日までは、次のレンタルでは正確な残量が分かる501HWに換えてみようかと思っていたが、そっちは2倍くらいの重さだし、結局、どちらの連続使用可能時間も8時間程度なので、長時間外に居たら外部電池が要ることに代わりはないし、iV501の電池の持ちは意外にいいので、このまま使い続けるのも悪くないと思っている。

それから、偶然の一致だとは思うが、満充電になったあとしばらく電波強度が-100dBmくらいに下がるという謎もある。いろいろバグのようなものがあるのかも知れない。

なかなか優秀なGPSロガーアプリ: Geo-Log - GPS Logger & Notebook

スマフォ(AQUOS sense lite)の電池消費率が大きくなる問題はまだ原因が分からないのだが、もしかしたら、GPSロガーアプリ(GPS Logger)が古い(新しいAndroidの前に出た版を最後に、Google Playからなくなっている)ためかと思い、近頃は別のアプリ(Geo-Log)を試している※。それがなかなか優秀で、3分間隔で記録するようにしたところ、今日8時間使っても電池は12%(他のアプリも込み)しか減っておらず、電池消費率は約1.5%/hと随分少なかった。もちろん、記録結果は上の図のように全く問題ない(記録間隔が比較的長いので、徒歩の場合には経路がショートカットになることはあるが、僕には問題ない。もちろん間隔を短くすることもできるし、移動距離での記録も設定可能だ)。

※Geo-Logは有料なのだが、なぜか、Googleからアプリ購入などに使えるクーポン(500円だったか)が来ていたので、それで安く買えた。なお、無料版(LD-Log FREE)もある。

  • 今日ガソリンを入れたら、燃費は13.4km/lだった。前回は14km/lだったので、少し落ちた。引越し関係や通院などで近場が多かったせいか。
  • 先日オイルとフィルタを交換した。オイル会員なのと他の店を探すのが面倒だったので、先日切る決心をしたいつものディーラーを許してしまったw そこは事務を除いては問題ないから、まあ妥当だろう。なぜか、担当のおじさんが居なくてちょっと寂しかったw
  • ついでに先日の不調を調べてもらったが、問題は記録されていないとのことだった。バッテリーは、寿命まであと少しあるようで(「駄目」まで1目盛り残っていた)、「この冬を越せば、もう少し使えるでしょう」とのことだった。いつもそうだが、なんとも商売気のない店で好感が持てる。
  • 累計走行距離は約56000kmになった。去年の今頃から3000kmも増えていない。

引越しとスーパー

引越したというのに、旧居の時に良く行っていたスーパーに良く行っている。そこは僕にはいろいろ(例: 価格、品揃え、味、雰囲気)「丁度いい」(= 最高ではない)のを再発見したのである。僕だけでなく、他の人もそういう良さを評価して行くために、決して安くはないその店が潰れないのかも知れない。今度は徒歩では辛いので、車で行っている。まあ、重いもの(例: ホッピーの瓶)が持てるので、それも悪くない。今日もドライブ帰りに寄った。

ひらがなの氾濫を憂う。

いつからか、(今日の目的地のような)固有名詞のひらがな書きが偏重されるようになったが、文章に書いた時に読みにくい。僕としては、本当にひらがなの効果を狙う場合やネタ以外では、ひらがなだけで表記するのは止めた方がいいと思う。例えば、題の「道の駅きたかわべ へ−」だって、普通に空白を入れずに「道の駅きたかわべへ−」ではどこで切るのか即座に分からず、見た目も何かおかしいではないか。

(稿を別にするのが面倒で、少しずついろいろな話題を盛り込んだので、カテゴリが多くなった。)

  •   0
  •   0

新居で無線通信(iVideoの大容量モバイル, SBM)の状態を確認してみたら、旧居に比べて電波強度が10dBm以上低く、-100から-95dBm辺りだった。最初は、場所のせいでそんなものなのだろうと思った。が、通信速度がいつも10Mbps台になってしまったので、もちろんそれでも問題はないのだが、どうも気に入らなくなった。

それで、ある朝(夜)、寝ていて思い付いた。ルーターを室内の窓から離れた机の上に置いているから、電波が通りにくくて電波強度が下がり、それで速度も下がるのではないかと。そして、旧居は角部屋で窓が多かったせいか、造りがいい加減だったせいか、室内でも問題なかったのではないかと。

それで、試しにルーターを窓際に置いて、電波強度と速度を測ってみた。すると、確かに、電波強度が10dBmくらい上がり、速度もダウンロードが4Mbpsくらい、アップロードが10Mbpsくらい速くなった。そうだったかと思った。それはそうだ。携帯の電波は周波数が高く、直進性が強いので、部屋の奥だと入る方向が限られてしまって弱まるのだろう。弱いと伝送エラーが増えて再送などが増えて、速度も下がるのだろう。

ただ、不思議なこともあって、二つある窓のどちらでも同じような結果になる訳ではなく、良さそうだと思った窓の方が悪かった(電波強度が4dBmくらい弱かった)。

謎はあるものの、ルーターを窓際に置くことにした。ただ、そうするとケーブル長の関係でPCとUSBで繋げられないので、とりあえずブリッジを使ってWi-Fiで接続することにした。すると、以前高をくくっていた問題が起こった。ブリッジをPCのケース内に置いたために電波が弱まったせいか、全然速度が出なかったのだ。実際、ケースの蓋を開けると速くなった・・・

やっぱり、理論を無視してはいけない。

仕方ないので、とりあえず、ブリッジをPCの外に出すことにした。

それから、前述の謎(置く窓によって電波強度が異なる)が気になって、少し調べてみた。電波強度の強い方の窓でも置く位置で変わるのか調べたら、結構変わった。ルーターと窓の微妙な位置関係(cm単位!!)を変えると10dBmくらい変わる。これでは、僕がいつも苦労しているスピーカーの音と同じではないかwww

僕は今まで、携帯(モバイル)の電波は基地局から遠いうえに、辺りに幅広く散乱しているから多少の位置の変化は関係ないと思っていたが、そうではなさそうだ。屋外は別として、屋内では建物での反射・吸収などの影響が出て、短い波長(例: 1.5GHzだと約20cm)の単位で効いて来るのではないか。だから、良く「*は遅くてクソ」とか言っている人も、もし室内なのなら、スマフォなどを置く位置を変えてみると驚くべき結果が出るのではないか(ただ、通信速度は、無線だけでなくキャリアやプロバイダの状況にもよるので、変わらないかも知れない)。

もちろん、モバイルはいつも位置が変化するから電波強度も可能な通信速度もさまざまに変わるのだろうが、それで通話や通信ができなくなっては駄目なので、さまざまな補正・調整・冗長化で補っているのだろう。実際、-90dBmという(僕にしてみれば)超微弱電波で まともに通信できていることだけでも奇跡と言える。

僕の今の部屋の場合、なぜか、障害の少なそうな窓の中央付近は駄目で、窓枠や壁の近くが良かった。しかも、左右の枠のうち、左が良かった。更に、ルーターを窓に向けるのでなく窓に並行に置かないと駄目だった。高さも関係していて、低いのは駄目だった(これは腑に落ちる)。それらのどれか一つを数cmでも変えると強度ががらっと変わってしまうので、とても敏感だ。

更に謎はあって、電波強度が強くても速度が出ないことがあった。これは全く分からないのだが、遅い基地局に繋がるのだろうか? あるいは、電波強度と品質(→ 速度)は異なるということなのかも知れない。あるいは、表示される電波強度は接続中の基地局のものとは限らないのかも知れない。

三次元の位置と使い勝手(邪魔にならないか)もからむ調整のため かなり試行錯誤して、ようやく電波強度と速度と使い勝手が最適な位置を見付けた。最終的には、電波強度が-87dBm前後、速度(ダウンロード)が30Mbps前後と旧居と遜色ない「ポイント」が見付かったので、満足できた。

ただ、そこはやっぱりUSBでは繋げられない場所なのだが、なんとか繋げたいと思い、手持ちの長いケーブルを使えるようにするため、変換ケーブル(B(F)-A(F))を注文した。それが大失敗だった。昨日、それが届いて試したら、全然繋がらなかった。それどころか、ケーブルを繋いだら他のUSBデバイスも動かなくなってしまった。すっかり忘れていたのだが、USB 2.0のケーブル長は5mまでで、手持ちの長いケーブルがおそらく5mで、変換ケーブルとその先のルーターに繋ぐA-micro Bのケーブル(約1m)を繋ぐと長さ制限を超えてしまうのだろう。

実際、途中にハブを入れると動くようになった。が、なんか馬鹿らしいし、バスパワーハブ経由だとなぜか充電できないから困る。4mくらいの少し短いケーブルにする手もあるが、買わなければならないし、それで届くか分からないし、そもそも無線通信をするのに長いケーブルを部屋に引き回すこと自体がアフォらしいので、腹をくくってWi-Fiで接続することにした(ルーターの電源は、近くのコンセントに繋いだACアダプタで供給する)。この時も、懲りずにブリッジをPCのケースの中に入れようとしたが、やっぱり駄目だった。しかも、ケースの上や近くも今ひとつだったので、少し離して置いた。

あと、問題は、ルーターを持ち出して帰宅してから戻す時に、その最適なポイントにきっちりと、しかも容易に置けるようにする必要があることで、これも、(実際と文章の順序は異なるが、)スタンドを作ったりと試行錯誤した後、高さが丁度いい(今は持て余している)CDラックの上に置き台を作ることにした。置き台は、以前、カード入れのために買った石鹸入れの蓋(セコくも捨てていなかったのが役に立った!!www)を耐震マットで固定した。CDラックが動かないようにしておけば、蓋のくぼみにルーターを置けば、まず位置は狂わない。それから、設置場所は窓の近くなので、カーテンを開け閉めする時にルーターが動いてしまったら困るが、カーテンの前にCDラックを置くから それも回避できる。

CDラックの固定は難しい。今は仮にマスキングテープでマークしているが、正式には耐震マットで隅をマークしようと思っている。が、変質して床にくっついたり跡が残ると困るので、ちょっと躊躇っている。一番いいのはレンガや鉄塊のような重い物体をラックの四隅や四辺に置くことだが、足をぶつけると痛いw あとは定期的に自動で電波強度を調べて、強度が落ちていたら「位置ずれかも?」と通知するのもいいかも知れない。これなら設置位置だけでなく基地局の状況変化も分かっていい(その時は再調整だが)。

(2/16 0:44) とりあえず、電波強度をチェックするスクリプトを作って試すことにした。自分でRSSIを取得せず、Muninが記録した過去データを利用することにした。過去6回(30分分)の平均値がしきい値より小さかったら警告を出す。それをcrontabで30分ごとに実行することにした。以下のような感じである(crontabなので、強引なワンライナーになってしまっていて判じ物だが・・・)。

0-59/30 * * * * UID=`id -u`; log_file="/run/user/$UID/chk-iv501-rssi.log"; n=6; ref_rssi=-87;delta_r=0.07; rrdtool fetch /var/lib/munin/localdomain/localhost.localdomain-iV501_radio-grp2-g.rrd LAST | grep -iv nan | tail -$n | awk 'BEGIN {sum= 0; n= 0; min_rssi= '$ref_rssi' * (1 + '$delta_r'); } /^[0-9]+: (-)?[0-9\.]+/ {sum+= $2; n++;} END {print "END: n=" n ", sum=" sum > "/dev/null"; if (n > 0) {ave= sum/n; print strftime("\%Y/\%m/\%d \%H:\%M:\%S") ": Ave. RSSI=" ave >> "'$log_file'"; if (ave < min_rssi) {print "Warning: Last ave. of iV501 RSSI is low: " ave "(dBm) (ref='$ref_rssi', min= " min_rssi ", n=" n ")."; }}}'

→ 早速役に立った。外から帰宅したのにルーターを台に戻し忘れたのを、気付かせられた。 (2/16 13:32)

てな訳で、無線はオーディオ以上にピンポイントな設置が要求される場合があることが分かった。無線は素人のせいもあるが、全く予想外のことだったので結構驚いた。

 

PS. 速度測定サイトはGoogleはいいのだが、混むせいなのか、結構値が変動する。FAST.comは比較的安定しているようだ。

  •   0
  •   0

注意 3か月くらいiVideoを使って何度かトラブルがあったが、SIM・ルーターの管理や障害対応が全く適切でないと感じた。更に、通信障害が起こっても、通信に関してはキャリア任せなのでトラブルシューティングができず、機材(SIM・ルーター)の交換しかできず、それも「様子見しろ」と言って渋るし、交換されるにしても届くのが数日後で、その間は障害はそのままなので、iVideoをメインに使うのはリスクが高過ぎることが分かった。その経験から、iVideoを重要な用途(例: 光回線の代わり)に使うことは全く推奨しない。

具体例については、「[悲報] 完全無線は時期尚早でござった。」を参照のこと。(2020/3/25 6:34)


交換ルーターが届いてから一週間。あっけないほど問題なかった。通信速度を時々測っているが、通常は約30Mbps前後と悪くないし、たまに結構速くなる。今までの最高速は66.5Mbps(Googleにて, ダウンロード)と、予想以上に良い。このくらいになると、最初に使っていたEthernet-Wi-Fiブリッジ(100Mbps)よりUSB 2.0(480Mbps)のほうが速度の低下が抑えられそうだから、USB接続にして良かったかも知れない。

なお、通信速度の測定を自動化して定期的に測って、変化を調べることもできるが、確かにおもしろいけれど、通信データ量が増えるだけで無益なので しないことにしている。測るとすれば、PCのifconfigコマンドで送受信データ量を細かく(例: 30秒や1分間隔)定期的に記録して、何かで大容量通信している時の速度をついでに求めるのが良さそうだ。 → やりたくなったw

それから、数日前から いくつかの状態をweb APIで取得してMunin(Linuxのシステムモニタリングプログラム)でグラフにして見ている。特におかしなことはないのだが、いくつか興味深いことがあった。

電波強度(RSSI): 意外に安定している。ただ、通常は約-85dBm前後だが、たまに-95dBm辺りまで下がることがある。朝に多い感じだ。短時間で戻るが、どういう契機で起こるのだろうか? 基地局との間に障害物ができたりなくなったりするとは考えにくいので、混み具合に合わせて基地局が変わるのだろうか? (混雑なら昼や夜に下がりそうだが、確かに夕方から夜に少し下がっている) また、その時に速度が低下するかも知れないので測ってみたが、そうでもなさそうだ。

電池の状態: 外出して30分くらい使うと、残量値は(目が粗いために)変わらないのだが、満充電になるまで1時間くらい掛かる。それはいいとして、PCがスリープから復帰する時に、なぜか充電が始まる(30分くらいで終わる)。(電流が出そうな気がしたため)USB 3.0のポートに繋いで、それが復帰時に瞬断する(推測)せいかも知れないので、2.0のポートに繋ぎ換えて試している。

なお、満充電までの時間を正確に測れば正確な残量も推測できそうだが、充電を開始してからでないと分からないので、それが有益かどうかは不明だ。

他に、本体や電池の温度や繋がっている基地局のIDが分かるとおもしろいのだが、可能かどうかも含めて、まだ分からない。あと、これがZTE社の製品であると仮定すれば、中でLinuxが動いているらしいし(ポートが塞がっているようで、まだ、telnetなどでは接続できていない)、おもちゃとしてもなかなかおもしろそうだ^^

  •   0
  •   1

注意 3か月くらいiVideoを使って何度かトラブルがあったが、SIM・ルーターの管理や障害対応が全く適切でないと感じた。更に、通信障害が起こっても、通信に関してはキャリア任せなのでトラブルシューティングができず、機材(SIM・ルーター)の交換しかできず、それも「様子見しろ」と言って渋るし、交換されるにしても届くのが数日後で、その間は障害はそのままなので、iVideoをメインに使うのはリスクが高過ぎることが分かった。その経験から、iVideoを重要な用途(例: 光回線の代わり)に使うことは全く推奨しない。

具体例については、「[悲報] 完全無線は時期尚早でござった。」を参照のこと。(2020/3/25 6:34)


謎の多いiVideoのモバイルルーター、iV501。余り需要はないと思うが、使ってみて分かったことを書く。なお、以下はiVideo社とは関係なく、すべて私の推測や試行の結果である。質問には可能な範囲で回答するが、余りにも初歩的なものは控えて欲しい。例えば、書かれている単語の意味が全く分からない場合には、まずそこから理解すべきで、安直に試すべきではない。とにかく、自分でトラブルシューティングする覚悟が必要である。

本体のLED

右上の電源LED(後述)以外は全く挙動不審だw おそらく、何かの契機(通信・充電開始や電源ボタンを押したら?)で、それぞれの意味(LTE・Wi-Fi接続の有無)で点灯するが、しばらくすると省電力のために消えるのだろう。ただし、左下のメール(おそらくSMS)のLEDはSMSを受信した場合(未読がある場合?)は点滅無効で、他が点灯する時は常に点灯するようだ。

電源LEDは以下のような規則のようだ。以下では管理webの挙動や関連するweb API: goform_get_cmd_processの変数(前の投稿を参照)についても書く。

  • 充電中の場合
    • 電池のLED: 緑点滅: 1秒間隔 (消えることもある?)
    • Web: 充電しているアニメアイコン
      • 画像ファイル: img/battery_charging.gif
    • APIの変数:
      • battery_charging: 1
      • battery_pers: 4(満充電), 3, ...
  • 残量が充分ある場合
    • 電池のLED: 緑常時点灯 (ボタン操作せずに時間が経つと消える)
    • Web: 普通の電池アイコン(黒い部分が残量に比例)
      • 画像ファイル(残量は推測):
        • img/battery_full.png: 100%
        • img/battery_three.png: 75〜100%
        • img/battery_two.png: 50〜75%
        • img/battery_one.png: 0〜25%
        • ※電源を抜くとすぐにthreeになるようなので、threeでも満充電の場合があると考えても良さそうである。
    • APIの変数:
      • battery_charging: 0
      • battery_pers: 4(満充電, 画像ではfullに相当), 3(画像ではthreeに相当), 2?, 1?
  • 残量が少ない(要充電)場合: まだなったことがないので不明。 (2020/2/29 更新)
    • 電池のLED: 赤常時点灯 (ボタン操作せずに時間が経つと消える)
    • Web: 電池内に赤枠のアイコン (最初に管理webを表示した時に一瞬なるので、これだと推測した): LEDとは基準が異なるようで、赤常時点灯の時も最低レベルのアイコンだった。
      • 画像ファイル: img/battery_out.png
    • APIの変数: (これもLEDとは基準が異なるため、赤常時点灯の時も0でないことがあると推測する。)
      • battery_charging: おそらく0
      • battery_pers: 0?

備考

  • 電源LEDは通信時(ある程度データ量が多い時?)にも点滅するようだ。 ← 違う感じ。電源やPCに接続中は常時点灯? (2/5 17:25)
  • Web APIの変数battery_vol_percentはいつも"100"なので、残量とは関係なさそうだ。接続されている電池の仕様上の容量を示しているのだろうか?

管理web

URLはhttp://192.168.0.1で、最初にパスワード(ここには書かないが、良くあるもの)を入れる必要がある。どうやって分かったのか(他のZTEのルーターと同じなのかも知れない)、パスワードを公開されている方が居たので、私はそれを使っている。

なお、デフォルトの設定では、管理webも他のポートも、外からは接続できない(なぜか"closed"になっている343/tcp以外は応答しない)。ただし、2000/tcp以上のポートについては未確認。 → 外部からの攻撃でiV501を操作されたり、接続している機器が攻撃される可能性は低そうだが、TCP以外については不明だし、何らかのバグを突かれる可能性がないとは言えないので、全く安全と言うことはできない。あと、iV501から外部に情報を流出させている可能性は0とは言えない。

iV501にファイアウォール機能はあるが、機能が今ひとつ貧弱なので実用には向かない。他にポートフォワード機能などもあるが、試していない。

なお、未読SMSがある場合には上部に件数が表示されるが、SMSのタブを押してもなぜか開かない。

注意: 設定を変更して問題が起こってもiVideoのサポートは受けられないので、自己責任で行うこと。また、返却時には初期状態に戻すこと。

PCとのUSB接続

Linux(Ubuntu 16 LTSベース)では、PCに接続するだけでネットワークインタフェースとして認識され、すぐにLTE通信に使える。なお、AndroidスマフォのUSBテザリングとは異なり、接続するポートを変えてもインタフェース名は変わらない。インタフェース名は、擬似的なMACアドレスから作成されるようだ。このMACアドレスはどういう規則なのかは不明である(Ethernetでないので、固定値にしている気がする)。

iV501の内部には仮想CD-ROMも入っており、Windows用ドライバをインストールするアプリが入っている。また、内部(電池の下側, SIMの隣)にmicro SDを挿すと、Linuxにマウントされるはずだが、未確認である。

Linuxでは、接続すると自動的に上記の仮想CD-ROMがマウントされてしまうが、以下の内容のファイルを /etc/udev/rules.d/75-ign-zxic-mb-cd.rules (パスやファイル名は適宜調整すること)に作成したら、マウントしないようにできた。

SUBSYSTEMS=="usb", ATTRS{idVendor}=="19d2", ATTRS{idProduct}=="1557", 
  ENV{ID_FS_TYPE}=="iso9660|udf", ENV{UDISKS_IGNORE}="1"

なお、私がiV501をUSB接続する理由は以下である。

  • Wi-Fi接続でないから、PCでの通信が盗聴される可能性が減る(LTEについてはその限りではない)。
  • 電源をPCから取れるので、ACアダプタが不要になる。
  • (PCにWi-Fiインタフェースがないので、)Wi-Fi接続するための追加機器(ブリッジ)が不要になる。

注意: USB接続はiVideoのサポート対象外なので、自己責任で行うこと。

電池を入れずに起動できるか?

電池を入れずにPCのUSBポートにつなぐと、(全く動かない訳ではないが)惜しくも起動しない。Linuxでは、接続直後にUSBデバイスのconfigurationを設定する時にエラーになってしまって起動しない。

通信速度がものすごく遅い場合

月の終わりにレンタルを開始したら、前の人が多く使ったせいなのかキャリアの契約が始まってなかったのか、100kbpsくらいしか出なかった。私は交換してもらったが、同じルーター(実際にはSIM)でも、月が変わったら問題ない速度が出た。

Web API (2/5 19:28追加)

今のところ、goform_get_cmd_processでは以下の変数が取れることが分かっており、一部については内容を推測している(追記予定だが、自明なものが多い)。他にもありそうだが、管理webからアクセスされないので分からない。

  • modem_main_state
  • modem_init_complete
  • pin_status
  • blc_wan_mode
  • blc_wan_auto_mode
  • loginfo
  • fota_new_version_state
  • fota_current_upgrade_state
  • fota_upgrade_selector
  • network_provider
  • is_mandatory
  • sta_count
  • m_sta_count
  • signalbar
  • network_type
  • sub_network_type
  • ppp_status
  • rj45_state
  • EX_SSID1
  • sta_ip_status
  • EX_wifi_profile
  • m_ssid_enable
  • wifi_cur_state
  • SSID1
  • simcard_roam
  • lan_ipaddr
  • battery_charging
  • battery_vol_percent
  • battery_pers
  • spn_name_data
  • spn_b1_flag
  • spn_b2_flag
  • realtime_tx_bytes
  • realtime_rx_bytes
  • realtime_time
  • realtime_tx_thrpt
  • realtime_rx_thrpt
  • monthly_rx_bytes
  • monthly_tx_bytes
  • traffic_alined_delta
  • monthly_time
  • date_month
  • data_volume_limit_switch
  • data_volume_limit_size
  • data_volume_alert_percent
  • data_volume_limit_unit
  • roam_setting_option
  • upg_roam_switch
  • fota_package_already_download
  • ssid
  • dial_mode
  • ethwan_mode
  • default_wan_name
  • sms_received_flag
  • sts_received_flag
  • sms_unread_num
  • rssi
  • rscp
  • lte_rsrp
  • lan_station_list

 

まだ少ないが、他に分かったらまた投稿したい。

 

(2020/2/29 メールのLED、電池残量が少ない場合、webのSMSタブなどを更新)

  •   0
  •   0