Archive for the ‘音楽’ Category

今月の中頃Amazonで発見して注文し、1か月程度と連絡されていたのが昨日届いた。2枚で約4300円。どちらも、いつも同様、タイトルの意味とかアルバムの意図とかを調べもせず、「何となくこういう意味かな」程度で買った。"Latino-"はラテンアメリカに関係しているんだろうし、"- Zitarrosa"はそういう人が居て、その人の作品集なのだろう。中高生の頃は、宣伝文句やLPに添付されていたライナーノーツをしきりに読んだものだが… (まあ、宣伝とかライナーノーツなんて、実際には、赤の他人が適当に書いていることが多いから、読むことに余り意味はないと、今は思う。)

"Latino-"はCDDBの曲順が滅茶苦茶だった。前回買った”Berretín”と同様にCD-Rだった。このアルバムは以前から見つけていたのだが、既に持っていると思い込んでいて、まだ買っていなかった。

"- Zitarrosa"は盤質が悪いようで、読み取り面が若干曇っている感じ。そのせいか、取り込みが遅く、15分くらい掛かった。CDの印刷はぼけていて、文字はほとんど読めない。CDDBは更にひどく、曲名が1文字しか入ってない曲などがあった。どういう訳か、アーティスト名と曲名が混ざったりしたようだ。これの発表年は2015年なのか2016年なのか、判然としない。ジャケットには"Ⓒ y Ⓟ 2015"と書いてあるが、検索すると2016年になっている。ここは、ラテン系らしく気にしないことにしようw

どちらも、「いつもの彼のギター」で安心して聴けた。彼の演奏するアルバムは22枚になった。彼の音楽ははっきり言ってマンネリなのだが、マンネリに感じて買うのを止めることにしたTOTOやForeignerと違って、何枚目になっても聴く気が起こるのが不思議だ。TOTOなどは、マンネリでなく劣化とか変質してしまったのかも知れない。

新しいことに挑戦するのは大切だが、ずっと変わらずに飽きずにやり続けるのも、価値あることだと思う。そして、同じ(ように聞こえる)演奏を飽きさせずに聴かせられるのは、すごいことだ。それは、きっと、気付かれずに賞味期限を(改ざんすることなく)延ばすことに成功しているからなのであろう。(実際、失敗している人は多い: TOTOとか今のQueenとか今の森高とか…)

PS. 彼のアルバムを買うなら、まだAmazonだ。HMVなどにはなかなか置いていない。

  •   1
  •   1

昨日(5/27)の夕方に受け取ったのだが、今、2回目を聴いている。どうしてなのか、最初の印象と2回目の印象が全然違う。

最初は、次のように感じていた:

再生するとイントロがすぐに出るのがちょっと興醒め。スケールが大きい感じ。録音は余り良くない。ピアノが強調されている。音が何となく不自然。マイクが近すぎるのか? オケがわざとらしい。ピアノもわざとらしいところがある。。。

6/11のコンサート(月曜の朝に偶然聴いた彼女の演奏が気に入ったので、火曜にチケットを手配して、横浜まで行くことにした)ではもう少しうまくなっているといいが・・・チェロソナタは、協奏曲よりはいい感じ。

今は「意外にいい/悪くない」と感じている。興醒めなイントロは変わりようがないが、録音の悪さや音の不自然さは感じない。演奏のわざとらしさはあるが、余り気にならない。

最初はスピーカーで、今はヘッドフォンで聴いているからなのか(ヘッドフォンに最適化されている? まさか)、時間が経ってアホワンボックスに対する怒りが収まって来たせいなのか。おそらく、後者なのだろう。音楽の感じ方は精神状態にかなり影響されるのだろうから。

今、協奏曲が終わったのだが、最後の部分が少し遅めなのが、わずかに残念かな。でも、結構乗れたので、もう一回聴きたい気分だ。

PS. 火曜に注文したのを、今日コンビニ(ローソン)で受け取った。Pontaポイントを約180ポイント使って、約930円になった。ローソンでの受け取りは結構便利だ。送料は無料になるし、近頃は、端末に番号を打ち込んで伝票を印刷しなくても、スマフォでバーコードを出せば良くなった。あと、再配達の手続きとか配達に来るのを待つ必要がないのもいい。これからは、もっと活用したい。

PS2. 彼女の名字は「フェロドヴァ(Ferodova)」なのか「フェドロヴァ(Fedorova)」なのか、いつも分からなくなる。ややこしい名前だ。

  •   0
  •   0

ジョン・ケージの"4'33""を初めて聴いた。しかも、デスメタルで。紹介の記事を読んで、メタルだから、例え無音でも激しく動いたり(ヘドバンとか)してるのかと思っていたが、みんな大人しく、頭で軽く拍を刻んでいるだけなので、がっかりした。

すみません。上の文には嘘があります。まだ聴き終わってません。だって、退屈だからw あ、今終わりました。最後に「ジャーン」とか叫び声とか楽器を壊すとかは全くなく、大変つつがなくて、拍子抜けしましたw

  •   0
  •   0

会社で、ふとPink Floydの"Nobody home" (1979)が頭に浮かんだのだが、さすがに曲は再生できないから、歌詞を見て脳内で歌って我慢していた。そして帰宅して、いつものようにシャフルで音が気を聴いていたのだが、さっき掛かった!

この寂しい感じがいい。映画("The wall", 1982)だとそれが見えるから、なおいい。でも、やっぱり、何を言っているのかは分からないw

PS. そういえば、映画"The wall"は、大学生の時、h.takくんと原付バイクで都内に観に行ったのではなかったか。懐かしい…

  •   0
  •   1

今日も直前まで行くか止めるか迷ったのだが、久し振りにクラシックのコンサートに行った。きっかけは本当に偶然で、数日前の朝、コンビニの窓にポスターが貼ってあるのに気付いて、(普段はそういうのは見ないのだが、)どういう訳かちょっと見たら、大好きな曲、ラフマニノフのピアノ協奏曲第2番が入っているのに気付き、興味が出た。曲目は以下のとおり。

  1. シベリウス 「フィンランディア」
  2. ラフマニノフ ピアノ協奏曲第2番
  3. チャイコフスキー 交響曲第5番

演奏は、宇都宮ジュニアオーケストラで、「ジュニア」というのだから、子ども(小中学生?)が演奏しているのだろうから、申し訳ないが余り期待できないと思った。が、それでも、生のラフマニノフのピアノ協奏曲を聴きたい気がして、2/3くらいは行く気になっていた。それで、webを調べたら、高校生や大人も入っているようなので、ちょっと期待が持てた。指揮は水越久夫、ピアノは大嶋浩美で、YouTubeで彼女の演奏を聴いた限りでは、余り好みではなかった。ここにもちょっと引っ掛かったのだが(実は結構昔、あるコンサートで、別のピアニストのこの曲にとてもがっかりして、最後の交響曲を聴かずに帰ったことがある※)、まあ、無料だし、ダメモトだと思った。

今日になって、寝過ぎか冷えたか頭痛がしていたので迷ったのだが、シャワーを浴びたら治まった感じなので、行くことにした。出る直前に、今まで聴いたことがなかった、 チャイコフスキーの5番(ムーティ、ウイーンフィル、2008年)をYouTubeで聴いてみた。が、余りピンと来ず、退屈な感じで、好みではない曲だった。

車を停めた県庁の辺りは、広々としていて気持ちが良かった。

IMG_0064-1_サイズ変更

栃木県庁

IMG_0065_サイズ変更

県庁前の広場

開場の頃にホールに着いたのだが、予想外に人が多く、入場待ちの長い行列ができて居た。それでも、一階の真ん中付近の、音が良さそうな席に座れた。隣には老人夫婦が居たのだが、席を移って行った。なぜか、2組とも移り、最後は若い男性が座ったのだが、彼も右にズレて隣が空いた。真ん中なのに不思議なことだ。

ホールは、昔、ピアノの発表会をしていた江東区文化センターくらいの広さだ。椅子は両脇が少し広い。

10分前にオケの人たちが入って来て、「例の音」が聞こえて来た。この雰囲気は久しぶりで、結構ワクワクした。いつもの眼鏡では遠くが見えないので、車用の方が良かったかも知れない(実はバッグの中に入っていたのに、持って来てないと思い込んで、掛け直さなかった)。

フィンランディアの出だしは別の曲かと思った。金管が弱い(音量でない)感じだ。全体としては、音に深みが足りない気がした。あと、金管の音がひずんで聞こえたが、それは元々なのだろう。

ラフマニノフは、やっぱり予想通りだった。ピアノは音に深みが足りず、音量の幅も足りなかった。小さく弾く箇所は大き目になり、大きく弾く箇所はオケに隠れてしまっていた。機関銃のように一気に弾く箇所も物足りなかった。その他にも文句はあるが、まあ、まだ若いし、とても難しい曲だからね。彼女にはいい経験だったでしょう。。。本当に、崩壊しなくて良かったね!

それから、第1楽章にホルンの見せ場があるのだが、残念だった。ホルンの演奏の時にはオケの人が祈るそうだが、その気持ちが分かった。。。でも、弦と打楽器は結構良かった。特にシンバル。だから、何だかんだ言っても、結構乗れた。誰もやらないし、周りに迷惑だからやらないけど、ノリのいい箇所ではヘドバンしたいくらいだった。

中休みには、ピアニストが、結構長い時間ホワイエで談笑・記念撮影していた。知り合いが来ていたのだろう。「あの演奏であの余裕はどうなの??」と書くと厳しいかな。

最後のチャイコフスキーは結構良かった。ラフマニノフで懲りて帰ろうかとも思ったのだが、聴いて良かった。曲は退屈なのだが、第4楽章のノリが良かった。いつも思うのだが、最後になると(僕も演奏者も)調子が出て来るのかも知れない。この曲では、ティンパニ(「のだめ」の千秋みたいな男子高校生)が一番良かった。気合いを入れて演奏していた。あとコントラバスも。小柄な女性が先頭で演奏していた。彼女だけの音ではないのだが、豊かな低音に身体を包まれて、すごく気持ち良かった。

アンコールの作曲者は忘れてしまった。曲名は聞き取れなかった。滑らかな感じの、クールダウンにはいい曲だった。→ 検索して分かった。おそらく、エルガーの「ミーナ」だろう。旋律すら記憶には残っていないのだが、「エルガーらしくない」と思ったのと、題が付いていたがポイントだった。(22:11)

ここでいつもの文句を書くのだが、うるさいガキが居た。2-3歳くらいだろうか、しきりにしゃべっていた。うるさくするんだったら、本人は理解できないのだから、連れて来ないか帰ればいいのに。。。老人でも迷惑な人が居た。禁止されているのに演奏中に席を外したり、ビニル袋をガサガサさせたり、しゃべったり。でも、今までに比べて少ない方だった。

結構真剣に聴いたので、終わったら結構疲れた。駐車料金は300円だった(2時間まで無料)。帰りに、車のオイル交換をしにディーラーに行く予定だったのだが、疲れたので、止めるか迷った。でも、折角なので行った。洗車してもらって、結構綺麗になって、満足した。後日、別の店で洗車してもらおうと思っていたが、それは不要になった。車の調子は元からいいので、変わらない。走行距離は、約38000kmになった。お店に、バレーノが展示してあった。実物を見ると案外悪くない。ナビの地図の更新の件は、面倒だったので、12か月点検の時に聞くことにした。

夕方になってお腹が空いたので、デニーズで夕食にした。斜め後ろの席の女性2人が旦那のグチを言っていた。夫婦はいろいろ難しいようだ。それはともかく、この店はとても気持ちいいので、たまに行きたくなる。

19時頃帰宅した。気持ちの良い午後だった。

iPhone 6sで撮影

PS. 今、「耳直し」に、ブロンフマンとサロネンのラフマニノフのピアノ協奏曲第2番を聴いている。

※途中で帰った公演を調べたら、2002年5月の江東シティオーケストラだった。ピアノが弱すぎたようだ。最後は今回のと同じ、チャイコの5番だった。こういうプログラムが一般的なのかな。(23:27)

  •   0
  •   1

たまたま、ニュース(Google → ロケットニュース)で見つけて、改めてすごいと思ったので、転載。

We are the champions (vocals only)

でも、いったい、この音源をどうやって入手したのだろうか?

PS. ロケットニュースでは褒めちぎられているが、フレディーの声域(特に高音)はロジャーよりも狭いようで、ライブでは、時々オクターブ低く歌っており、それをロジャーが補っていたようだ。でもまあ、そんなことはどうでもいいことだ。

  •   1
  •   1

2月にAmazon(だったか、webのニュースか?)で偶然見つけて、彼のファンという訳ではないのだが、彼の曲はとても好きだし、その好きな曲がいっぱい入っているので注文した。2700円。最初は500円高い初回限定盤を注文したのだが、特典CDの内容を調べたら全然興味が湧かなかったので通常盤にしたのが、今日届いた。それで、今改めて値段を調べたら、通常盤でも高い気がして来た。さすが国内盤だ。

さっき聴き始めたのだが、最初の曲(「熱き心に」)のイントロを聴いた時は「いい!」と思った。のだが、彼の歌声が出てきたら、がっかりした。小林旭のに比べて、何か甘くてぼんやりしていて、熱い心が感じられないのだ。確かに彼の音(ナイアガラ・サウンド)は甘いもんなあ。ジェフ・リン系なのか? あと、もしかしたら、演奏(カラオケ)はオリジナルと同じものを使っているのかも知れない。(→ ダイジェスト)

「怪盗ルビイ」も、やっぱり、ちょっとがっかり。当然ながら、小泉今日子と違って、声に派手さがない。まあ、少し先の「探偵物語」、「星空のリビエラ」、「風立ちぬ」を楽しみにするか。

探偵物語」は、何とも眠い歌声だ。何となく、「透明な水の底」からではなく、泥水の中から聞こえてくるような雰囲気だ。作者の表現なんだから、これが正しいんだろうけど・・・僕はやっぱり、透明感のある薬師丸ひろ子の歌が好きだ。

「すこしだけ やさしく」も同様。やさしい歌い方だとは思うが、軟弱な感じだ。「星空のリビエラ」は、歌が英語のせいか、他ほど悪く感じない。慣れて来たのか、「風立ちぬ」は、それほど違和感がない。ライブ収録のせいもあるのか。

まあ、なんだかんだ言っても、おもしろいアルバムだし、聴き込んだら気に入るかも知れないから、買った価値はある。が、彼の他のアルバムを買うきっかけにはならないだろうなあ・・・

PS. まだ海外のCDDBに登録されてなくて、手でタイトル・曲名などやジャケット写真を入れた。

  •   0
  •   2

一昨日届いたCD(オンデマンド製造とのことで、実際にはCD-R)。Amazonでは発行は"2015"と書いてあったので、最新盤かと思っていたのだが、実際には2006年だった。CD-Rでの再発が去年なのだろう。まあ、いずれにしても、彼(ドミンゲス)のアルバムは何でも聴きたいので、古くたって構わない。

聴いてみたら、まあ、いつもの彼らしいギターと、初めて聞くマホ・ランソンの歌で、全く違和感がない「ラテン音楽」で良かった。ちなみに、彼のギターのアルバムは、これで17枚、延べ261曲だ。なかなかすごいライブラリだ。

PS. 相変わらず、タイトルも曲名も全く意味が分からないし、調べる気もないが、これでいいのだ。

  •   0
  •   1

Amazonで定期的なCD探しをしていて、今回はファンホ・ドミンゲスとマホ・ランソンの"Berretín"を見つけたのだが、ついでにこの本を見つけてしまった。でも、どうして見つけたのだろうか。いつものように、ふいに「バブル」を思い付いて検索したのだったか。この本の関連で、「バブルの肖像」というのが出てきたので、それも注文してしまった。

本2冊(中古)とCD、それぞれ2千円くらいだったので、合わせて6千円くらいになった。ちょっと高い気もしたが、バブルがからんでいるので良しとしたw

今日この本とCDが届いて、早速CDを聴きながらぱらぱら見た。気付いたことは、バブル期のピークを1985から1989年とすれば、その頃僕は(都会でなく)地方の大学に籠って(サークル活動でなく)バイクやパソコンなどにうつつを抜かしていたので、(本に書かれている)ほとんどのことはTVや雑誌でしか知らず、それなりに気にしつつも、どこか別世界のことのように思っていたということだ。まあ、それでも流行に敏感な同級生は僅かに居たので、雰囲気は感じていた気がする。

そう言えば、就職に苦労しなかったのは、今にして思えばバブルのおかげだった気がする。そして、入社直後に同期全員で合宿した研修期間に、(今にして思えば)バブルをちょっとだけ体験した気がする。それが記憶に残っているのかも知れない。

音楽については、この本に書かれているような、当時はやっていたアーティスト(例: ティファニー、ハート、デビー・ギブソン、ブライアン・アダムス)はほとんど好きではなく、既に「過去」になっていた音楽(例: ビートルズ、ポリス、YMO)が好きだったことに改めて気付いた。もちろん"MTV"は好きだったが、局が違う(確かTVKだったか)のでなかなかTVに映らなかったり、深夜だったりしたので、それ程頻繁に観ていなかった。そもそも、前に書いたように、当時の音楽が余り好きでなかったせいもある。

僕はどうも流行を追わない(追いつけない?)ところがあって、森高なんてその頃が良かったのに、後から(1990年代末期)好きになったというのは、もったいないと思う。

この本は予想外に真面目に作られていて、資料としておもしろいのだが、まあ、それ程根を詰めて読むものでもないだろう。というより、読んでも何となく物足りない気がしてしまう。というのは、バブル期を文字情報にすれば、それはもちろんいろいろあるのだが、そうでない、あの頃(上に書いたように、僕は実際にはバブル終焉後の「余熱」しか体験していないのだが)の、みんなでまじめに馬鹿をやっていたような、熱気とかちょっとした狂気が伝わってこないからだ。そういう点では、昔ビデオで観た「バブルへGO!!」は良かった。また観たくなった。

PS. 文字が小さくて、眼鏡を外して本を眼に近づけないと駄目なのが悲しかった。。。

("80'S"という表記は正しくないのだが、題なのでそのまま記載した)

  •   0
  •   1

昨日、ジョージ・マーティンが亡くなった。時代を感じる。彼は偉大だったと思う。冥福を祈る。

が、少し前からその息子がビートルズの作品をいじり出したのは、これの伏線だったのかと思うと、素直には祈れない。もちろん、職業は自由だし、本人は有能なのかも知れないが、偉大な人の子どもが、同じレコード会社(レーベル)で、父親と同じアーティストの作品に携わるのって、ちょっと不自然ではないか? 音楽(芸術)は世襲じゃないと思っていたのだが、芸術というより、金儲けや政治の世界のような生臭さを感じて、あるいは、ビートルズを私物化されたような気がして、興醒めしてしまった。。。

素直な本音としては、「ガキは知ったかぶりして出しゃばって来るな!」だ。

PS. 昨日から、彼(ジョージ)が間奏でピアノを弾いている"In my life"を聴こうと思っているのだが、そんな訳で、まだ聴いていない。

  •   0
  •   2