Archive for the ‘音楽’ Category

(彼女が悪くなったという意味ではなく、僕の中での話です)

昨日、久し振りに内田光子のモーツァルトのピアノ協奏曲 第25番(2016, ライブ)を聴いた。どうしてか、近年、彼女のは余り聴かなくなっていたのだが、どうもその理由が分かった気がした。いつからか僕の好みでなくなったのか、元々好みでなかったようだ。クラシックを聴き始めた頃は、(特にモーツァルトのピアノソナタを)とても良く聴いていたのだが、他のいろいろな人のを聴くうちに、無意識のうちに気付いたのだろう。

その演奏への感想を少し書く。

雰囲気が、期待や曲のイメージと違って細かった。そして、それよりも、音を跳ねるように(スタカート気味に)切ることがあるのがちょっと(結構)嫌だった。細さと相まって、おしゃれとか意識高い感じになってしまって、嫌味に感じた。なお、オケは悪くなかった。そして、「なんか違う」ので、第2楽章の途中で止めた。

そういえば、彼女の弾き振りは以前から好みでないのを思い出した。その前(1980年代末-1990年代頭)に出した、テイトの指揮の方が良かったと思う。ちなみに、今、この曲はフレイの(2010)が一押しだ。

余談だが、「なんか違う」のがもう一つあったので書く。: 昨日は、フレイのその演奏の指揮をしたJaap van Zwedenという人の新作の「春の祭典」(2019)も聴いた。フレイののオケも気に入っていたので、興味があったのだ。最初は普通にいいと思っていたのだが、段々パンチが足りないように感じ、そのうち、大人しくて迫力がなく、切れも足りなくて、「今ひとつ」になってしまった。これだったら以前(2008)の方が良かった。このアルバムは、数か月前に広告で見てから出るのを待っていたのだが、残念だった。

ポリーニやゼルキンについて書いた時は、刷り込みだろうかと書いたが、彼女はそうではなかったようだから、これは刷り込みではないように思う。僕の中での曲のイメージ(これがどうやって生まれたかは不明だし、だから必ずしも正しい解釈であるとは思えない)と、演奏との近さ・ギャップなのだろう。

PS. その後何の気なしに聴いてみた(別の人の演奏の指揮をしていたので)、Christian Zachariasの同第25番(2011)が、どういう訳か、実に自然で良かった。「すっ」と入って来た。自然なんだけど、ありきたりとか通り一遍ではなく、オリジナリティもあって(それも違和感はなかった)いい感じだった。ゼルキンに近いと思う。ただ、自然な分、フレイよりは大人しい。同じアルバムの第26番も良かった。それにしても、どこが違うのか(いや、確実に違うんだけど)、謎だ。 (3/1 19:11)

  •   0
  •   0

(例によって、僕が弾くわけではないです。)

今日、ちょっとしたことで題の曲をYouTubeで探したら、なかなかなかった。6人目くらいで、Olga Schepsという人の(2014)が、その目的(第2楽章の最後の音の例を示す)には良かったのだが、Spotifyでちゃんと聴いてみたら、イマイチだった。オケは室内楽になっていて、それは基本的には嫌いなんだけど、伴奏(演奏)としては良かった。が、ピアノがすごくイマイチだった。

それで、まともなのが聴きたくなって、ポリーニ(1960)にしてみたのだが、どうも気に入らなかった。その後、ルガンスキーも含めて8人のを試したが、どれも気に入ることができなかった。。。

結局、(当たり前過ぎて止めていた)一番最初(僕のクラシック初期)にいいと思った、Israela Margalitの(1974)を聴いている。これだって最高ではなく、言いたいこと(演奏については少なく、音質が主なので、許せる)はあるが、他よりはずっといい。

一体なぜだろうと思う。刷り込みなのか、お酒を飲んたせいで判断力がおかしいのか。ただ、どうしても一言言いたいのは、長ーいイントロのあとのピアノの最初の音は、「ダーーン」と かなり開放的に(、でも、力任せにではなく)弾いて欲しいのだが、そこで既に気に入らないのだ! (「いいから僕にやらせろ!」と言いたいけど、まったく無理で、歯がゆい限りだ)

我ながら、まったく困ったものだw

 

PS. だから、(前にも書いた気がするが、)ずっと、この曲はそれほどいい曲ではないと思っていたのだが、いい演奏が少ないせいもあるのではないだろうか。要は、この曲の良さとか良さの引き出し方が理解されていないのだろうか。でも、それはなさそうだ。単に僕の好みだろう。

  •   0
  •   0

(結構前からやっている、スマフォ関係の作業(家に居る時にモバイルデータを使わないようにすることの徹底)が予想外になかなか収束しないので、先日から思っていた別の話題を書く。)

先日、Spotifyで、あるピアニストのモーツァルトのピアノ協奏曲 第21番を聴き、(第1楽章の時点では)「結構許せる」と思った。知らない人だったが、ジャケットに目をひかれたので、試す気になったのだ。

それで興味を持って、聴きながら、どういう人なのかと検索したら、その人は目が見えないことを知ってしまった。全然気付かなかった。これなら問題ないと思った。どうりで、ジャケット写真で黒いサングラスを掛けていた訳だ(それがなかなかかっこ良かった)。

ところが、その後、第2楽章が少しガタついているのが気になってしまい、その後で試したK. 488もガタガタで駄目だった。

自分では、決して演奏者の属性(例: 経歴、言動、身体的特徴、民族・国・地域)で演奏の良し悪し(正確には、「自分がいいと思うか」)を判断しないようにしているつもりなのだが、もしかしたら、目が見えないことを知って、無意識のうちに負のバイアスを掛けてしまったのかも知れない。自分の感覚とか意識を疑ってしまった。知ってしまった以上、再度同じ演奏を聴いても同じ(中立な)感想にはならない気がするので、もう遅い。

同様に、数日前に、あるピアニスト(以前から好きではない人)が難病であることを発表したが、そうなると(そういう行動でなく、)演奏を批判するのも躊躇われる(例: 不用意に批判すると、「病気にも関わらず頑張っているのに けしからん」となる)ので、僕としては好ましくない。

結局、以前からの持論の、(芸術家の)属性は作品とは別であり、属性を知らないほうがいい・知る必要はないというのを更に堅くした。

PS. とはいえ、気に入った人なら どういう人か知りたくなるのも人情で、そこの解決は難しい。半分冗談だけど、演奏者は全員、記号とか番号で発表すればいいのに。もちろん、ジャケットには本人の写真などなしだ。作曲者なども同様にして、「X1234のピアノ協奏曲第1番、ピアノ: P345、指揮: C87、オケ: O65」とかにする。そうすれば、ちょっと昔の偽作曲者騒動もなかっただろう。でも、随分味気ないなw

それに、この方法はコンサートでは使えない(本人がステージに出て来ざるを得ないので)し、演劇でもまったく無理だ。パフォーミングアートとは相容れない考えなのだろうか。

実現の可能性があるのは、自分がまったく何にもとらわれずに、常に中立の立場で鑑賞し、評価することだろう。だが、なかなか難しいと思う。強靭な精神力(例: 大嫌いな人の演奏でも聴く)と、正しく評価するための知識(例: 単に「いい」でなく、「※が*だからいい」と示せること)が要るだろう。

  •   0
  •   0

技術面ではなく(簡単だという意味ではない)、「僕が気に入る演奏が少ない」という意味である。昨夜、ふと聴きたくなってSpotifyを漁っていたのだが、許せる人が全然居なかった。正確には、大好きなゼルキンは全然間違いないし(「鉄板」)、内田もピレシュも問題ないし、昨夜最初に掛けたアンスネスもいいのだが、いいと分かっているものをわざわざ聴くのではおもしろくないので他を探したのだが、おそらく10人以上試しても全然見つからなかった。

自分でも物好きだと思うのは、そうやって何度も同じ曲を(途中まで)取っ替え引っ替えしても、疲れはするものの、全然飽きないことだ。

そして今、振り出しに戻って、アンスネスの(2000)を聴いている。

彼の演奏は結構癖がある(素直そのもののゼルキンの(1982)とは全然違う)のだが、なぜか許せる。きっと、(僕にとって)何かいいもの、グッとくるものがあるだろう。技術があるのはもちろんだが、強い信念があるように感じる。そういうのには大抵反発するのだが、不思議と許せるもののようだ。

僕にとっては、(下手はもちろん駄目で、)普通も、奇をてらっても、わざとらしくても、この曲らしさを失っても(例: 音が薄い)駄目なのだ。まったく針の穴のように狭い。

彼のラフマニノフのピアノ協奏曲第2, 3番を最初に聴いた時は余り好きになれなかったが、近頃は大丈夫だ。そして、モーツァルトもラフマニノフもいいという点で、ルガンスキー(彼の演奏(2007)は今ひとつだった: 彼のモーツァルトは最高ではない、ラフマニノフほどすごくはない、と思った)を超えているのかも知れない。もちろん、「僕の中」での話である。

 

PS. 今日、自分でもおもしろかったのは、使う楽器でかなり印象が違ったことだ。フォルテピアノはもちろん好きでないのだが、遠山慶子という人のベーゼンドルファーでの演奏(2000)はどうも気に入らなかった(結構期待して聴いたのだが・・・)。音は澄んでいて綺麗だとは思うのだが、フォルテピアノみたいに弱くて芯が細いのだ。一方、同じアルバムのスタインウェイ(楽器の区別はwebによる)での第21番は悪くなかったから、僕はスタインウェイの「鋼の音」、骨太で凄みがあって、しかもきらびやかな音が好みのようだ(もちろん、それがモーツァルトに適しているのかは、議論のあるところだろう)。ヤマハやカワイは知らないw

  •   0
  •   0

さっき(16時頃)までは、「誕生日だからといって、別に何もすることもないよ」と思っていた(し、今は「展覧会の絵」(オリジナル版)の聴きたい演奏が溜まっているから、そっちを聴かなきゃと思っていた)のだが、やっぱり、彼のピアノ協奏曲が聴きたくなった。そうとなれば、ポリーニとベームのK. 488が最高(大好き)なのだが、もちろんそんな安直な道には走らずw、新しい演奏を求めてSpotifyを探した。

最初は(短調の曲が好きなのと、好きなピアノ協奏曲の最初なので、)第20番にした。詳しい途中経過は省くが、7人目(約25分後)にようやく聴き続けられる人に当たった。それまでは以下のような人たちのを試した。全部の演奏が気に入らなかった訳ではなく、フォルテピアノ(古楽器による演奏)は好きでないし、抜粋の演奏も避けたので多くなってしまった。

Malcolm Bilson (1999)、Christian Zacharias (1989)、Edwin Fischer (?)、Hai-Kyung Suh (2016)、Branka Musulin (2018)、John Gibbons (1987)

今、Lars Vogtの(2009)の第3楽章を聴いている。彼だって満足できる訳ではないが、悪くはない。ちなみに、彼の演奏は、2年前にゴルトベルクを、去年K. 488を試したことがある。

聴くと、楽章によって印象が変わって妙だ。

冒頭のオケはちょっと抑揚を付け過ぎな感じだったが、それ以外は、第2楽章までは薄味な感じだった(ただ、止めるほど嫌な感じではなく、音量を上げた程度だ)。ピアノも綺麗ではあるが、(彼の怖い顔には似合わず)音が細目だった。それが第3楽章になると、一気に味付けが濃くなった感じで、打楽器はちょっと大げさな感じだった(これは冒頭と同様のことか)。全体的には、音が良く、重厚さもあって良かったと思う。

最後に分かったのだが、これはライブだった。だから、演奏時の乗りとか演奏者の「温度」のようなもので微妙に印象が変わったのかも知れない。実際、僕が聴いたコンサートの多くは、序盤は余り乗りが良くなかった。

さて、これから、彼の同じアルバムのK. 488(第23番)を聴く。

これは結構いい。多分、以前の印象よりいいと思う。

冒頭のオケは綺麗で良かったし、第2楽章はオケもピアノもしっとりとしていて良かった。第1楽章のピアノは、悪くないが、わずかに滑らかでない感じがした(これは第3楽章でも少し感じるので、彼の弾き方なのかも知れない)のが惜しかった。今は第3楽章の前半だが、このまま問題なく行きそうだ。

ライブらしく、最後の最後にちょっと力んでしまった感じだが、全体的には乗れて良かった。

***

そして、やっぱり今日の締めはポリーニのK. 488 (1976)だ。どうしてか、彼の演奏を聴くとすごく落ち着くし、ほぼすべての音が「すっ」と入って来るから、安心して聴ける。僕にはこの曲は彼のでないといけない感じだ。確か、この曲を最初に聴いたのは彼のだったから、いわゆる「刷り込み」なのか、彼とベームがこの曲の良さを最大限に引き出しているのかは分からないが、僕には彼の演奏を超えるものがまだない。ただ、それでは(音楽の進歩とか発展がないことになって、)僕としては納得行かない(し、自分で自分が最高と思える演奏ができる訳もない)ので、いつもポリーニ以上の演奏を探しているのだ。

 

PS. ポリーニの前に試した、溜まっていた「展覧会の絵」(Dumont, Gavrylyuk, De Pledge, Economou)もVogtのゴルトベルクも全滅だった。我ながら厳しい。。。

  •   0
  •   0

昨年、事件になったカショギという人の名前を見た時、どうも見覚えがあった。クイーンの曲に出て来た覚えがあったので昨夜調べてみたら、"The Miracle"(1989)というアルバムの中の"Khashoggi's Ship"という曲だった。

ただ、ずっと、「カショギ」(当時は「カショーギ」と読んでいた)は、なんか親しみがあるようなないような妙な名前ではあるが、中東には多いのだろうと思っていて、事件があった時も、歌とは特に関係はないと思っていたのだが、調べたらそうでもなさそうで、「へえ」と思った。

公式な情報ではないのだが、このページこのページによれば、歌のカショギはアドナン・カショギというアラブの武器商人で、Wikipediaによれば、殺害された人の甥だそうだ。この人は、アルファイダやイメルダ・マルコスとも繋がりがあったようだし、Wikipediaや前掲のページによれば、歌の船(大型ヨット)は最後はトランプに売られたそうで、なかなかすごい(& 恐ろしそうだ)・・・

PS. ちなみに、僕は昨夜調べるまで、長年この歌の名前を"Khashoggi's Shop"(カショギの店)と誤読していた(そのうえ「カショギ」の綴りも分からなかったため、プレーヤーではなかなか検索できなかったw)。そして、(詞を分かろうと思ったことがないので)「中東の人の経営するお店で、何か楽しいことやおもしろい物でもあるのだろう」と思い込んでいた。なに、良くあることだw

  •   0
  •   1

とりあえず手短に。

Spotifyで偶然見つけて、Karl Engelという人のモーツァルトのピアノ協奏曲 第20-27番(c. 1975)を聴いたのだが、どれも全く問題ない。オケもピアノも安心して聴ける。信じられないことだが、全くがっかりすることがなかった。イントロだけで大丈夫だと確信できた。彼がどういう人なのかは知らないが、一つの「標準」・「メルクマール」と言っていいだろう(と書きたかったw)。だから、誰にでも勧められる。

けれど、「これが最高か」と言えばそうではない。何が足りないのか、何が違うのかは分からないが、最高ではない。余りにも「普通にいい」ということなのだろうか?

 

蛇足だろうが、上の疑問について思ったことを書く。

猫は居るだけで可愛い。

新米は普通に炊くだけでおいしい。

ってことだろうか。Engelは曲の良さを充分に発揮していると思うが、自分の個性は余り出していないのかも知れない(そこは僕には分からない)。個性を出して、それが僕のような聴き手と合わなかったら、がっかりされたり文句を言われたりするだろう。でも、その個性(あるいは、例えば「危うさ」)がなければ、最高にはなれなさそうだ。

  •   0
  •   0

全くの個人的な思いである。

岡村は嫌いじゃないけど特別好きでもない(ある意味、槇原敬之に似た立ち位置かも知れない)のだが、なぜか何度か書いている。そして、Spotifyで、有名な「夢をあきらめないで」なんかが掛かると、つい聴いてしまう。そのうえ、アルバムのジャケット写真なんて、いかにも良くある(自意識過剰な女性の)パターンなのに、つい見入ってしまうw 見ながらつい、「このクソがー!」(ひどい意味じゃなく、猫に対してと同様)とか思ってしまう。

「夢を―」は、本人がいかにも「素直ないい人」そうな感じがたっぷりで、つい元気付けられてしまうw (聴きながら感じたのだが、実際には、自分を元気付ける歌だったのかも知れない。詳しくないので全くの想像である) 細かいところだと、時々入るおかずのようなドラム(金属的な音。スネア?)も「いかにも」なのだが、不思議ななごみ感があっていい感じだ。

この、「いかにも」ばかりなのに反感を持たせないところはさすがだと思う。本人の能力とか魅力(やっぱり、人徳?)なのだろうか。全く末恐ろしいw

検索してみると、年齢的には僕の姉におかしくない感じで、もし姉が居たらこんな感じなのかと思った(と、前に書いた気もするが定かではない)。本当はもっと色っぽい姉に憧れるが、いろいろと差し障りがありそうだw そして、余計なことだが、想像にしても、姉は五輪真弓や高橋真梨子や中村あゆみや渡辺美里ではなさそうだ。あ、岡村とは全然違うだろうけど、渡辺真知子もいいなあ。って、話が逸れてしまったよw

PS. いろいろな人を出したが、「理想の姉」で検索したってかすりもしないw それはそうだ。一体いつの話してんだってことだ。

  •   0
  •   0

例によって、HMVで彼の新作(同同第3番)の広告を見て、知らない人だけど興味が出たので、早速Spotifyを探したら、(発売がまだのせいか)なかったものの、この曲があった。それで、とりあえず聴いてみた。一言で言えば、

悪くはないけど、なんか違うんだよなー

あるいは

なんかピアノが美しくない。ルガンスキーとは全然違う気がする。

だった。ただ、同じアルバムの「パガニーニ」がそれほど悪くない(普通にいい)ので、彼自身は悪くなくて、曲との相性なのかも知れない。そのせいか、最初からがっかりしても停めずに、(その段階で)第3番を聴いてみたいと思った。

以下、思ったことを列挙する。

  • 第1楽章
    • オケ(バッティストーニ指揮、イタリア国立放送響)はとても綺麗だが、ピアノは少し荒い感じ。
    • 何が良くないのだろうか?? → 例えば、本楽章後半の音の伸びが足りない。
  • 第2楽章
    • なんか気が抜けた感じ。若干遅いせいか。
    • パワーも足りない。音が切れ気味なのも良くない。
    • やっぱり遅過ぎる。気が抜けた感じだ。そして、やっぱりパワーが足りない。
  • 第3楽章
    • これも滑らかさに欠ける。彼なりの弾き方なのだろうが。
    • そして、やっぱり遅い。速くもなるが。
    • オケとずれた箇所あり。
    • なんか乗れない。
    • 残念ながら、最後は「見事」ではなかった。

なお、書きながら聴いている「パガニーニ」はかなりいい感じ(ピアノもオケ(バッティストーニ指揮、東京フィル)もいい)なので、第3番には期待したい。

PS. 「パガニーニ」にも(僕には)遅過ぎる箇所がある。例の、美しい第18変奏だ。気持ちは分かるが。そういう人なのだろう。

  •   0
  •   0

この投稿は、それぞれのアーティストのファンの方には怒り心頭かと思われますが、素人がSpotifyでちょっと聴いただけの素朴な感想なので、ご容赦を。

チューリップが理解できない

彼らがどういうグループなのか分からない。彼らの歌の内容と、実体・実態が乖離しているように思えるのだ。「心の旅」(1973)の歌の加工された声(僕は、詞の内容からすれば、自然な声の方が適切だと思う)とか、"We believe in Magic Vol.2"(1997)などの変なジャケット(特に、あの変な人は何者?)は、いったい何を意味しているのだろうか? 謎が多いグループだ。

サーカスとハイ・ファイ・セットの識別方法?

これらのグループはイメージが似ていて、どうやって区別すればいいのだろうか、あるいは、それぞれの方向性に違いがあるとすれば、どういうものなのだろうと思う。他にももう一つ似たようなグループが居たような気がするが、それすら思い出せない。

同様に、1980年前後の渡辺真知子、庄野真代、久保田早紀らも区別が難しい。ただ、実際には渡辺真知子は区別できて、他にもう一人居た気がするのだが、そちらが思い出せない(桑江知子だったか)。

他に、高1の時の英語の先生(新卒だった)が自己紹介で好きだと言っていたグループがチューリップだったかオフコースだったのか、今となっては謎になっている(当時からその辺りの音楽には興味がなかったので、グループ名を聞いた途端に「ミーハーな奴だ」とがっかりしたのと、上と同様、それらの区別が若干難しいせいである)。ただ、先生はお嬢様的(というか、「女子大生」の方が合っていそうだ)な雰囲気だったので、おそらく、オフコースのような気がする(と書く程度には、違いを認識しているような気がしている)。

岡村孝子はどれも同じ?

Spotifyで掛かるのを聴く限り、どの曲も(ジャケット写真も!)とても清楚かつ素直な感じなのはいいのだが、それ以外はあるのだろうかと思う。どうもワンパターンで、飽きてしまうのだ。もし彼女の歌に、中島みゆきのように悪い歌とか戸川純のように変な歌、あるいは、藤圭子のようにドロドロに暗い歌があるとしたら、是非聴いてみたい気はするw (まあ、「待つわ」なんて、暗いといえばかなり暗いので、ありそうだ)

  •   0
  •   0