Archive for the ‘音楽’ Category

Spotifyで掛かった、昔の好きな曲(瑞々しい果物のバンドの、狭過ぎる車に文句を言う、わがまま女子の歌w)のカバーが聴きたくなってYouTubeを探したら、ほとんどなくてがっかりした。アマチュアバンドのが数曲あったが、どれも「うーん・・・」であった。他に、同じく素人の「弾いてみた」が数曲あったので聴いてみたら、全部「は?」あるいは「いやいや」だった。

というのは、オリジナルの演奏を流しながらエレクトリックギターなどを弾いているだけだからだ。まあ、広義には弾いているけど、それは(僕も子どもの頃やっていた)遊びとかカラオケもどきであって、作品ではないと思う。まあ、そういうつもりでないのなら仕方ないけど。

全部の楽器を演奏するのは難しいとは思うが、パートの演奏を聴かせたいのなら、例えばリズムボックスだけで演奏して欲しい。それに、今ならスマフォやPCなどでいくらでも伴奏が演奏できるのではないだろうか? 伴奏なら多少機械的でもいいから。あとは自分の声とか歌でもいいじゃん。そもそも無伴奏でいいと思うが。

ここで大きく横道に逸れる。: こういうポップ音楽の「演奏してみた」の目的が良く分からない。いや、個人的には良く分かるが、音楽的意味が不明だ。

まず、「コピー」は、自分の技術を見せたいのは分かる。が、僕からすれば意味がない。だって、技術があるのはすごいけど、オリジナルに似せて何がおもしろいのかと思うからだ(実際には、僕もできたらおもしろいと思うけど)。敢えて言えば、コピーはピアノの「ハノン」みたいなものだろうか。

更に逸れる。: プログラミングに類推して考えると、ある演奏をコピーすることは、ソフトやプログラミングでは互換品(同じ仕様の別プログラム。非公開の仕様書などは参照せず、外部動作だけ見て作る)を作るってことだろう。これは良くあって、本物に近いほど喜ばれる。例えば、UNIX・LinuxでのSambaだ。

というのは、元々のソフトが有料だったり非公開だったり(最新の環境では)動かなかったり、クソだったりして、(自由に)使えないからだ。だが、音楽ではそういうことはほとんどない。CDやレコードなどを入手するのが高いことはあるかも知れないが、ほとんどの演奏は聴くことができる。そういう意味で、コピーには余り意味がないと思う。

だから、もし、全然世の中に出てないけど、素晴らしい・すごい演奏をコピー(再現)して世の中に公開するのは、とても意味があることだと思う。模写・写本みたいなものか。けれど、その忠実度を誰も分からないという点で、難しさはある。

コピーが大半であろうが、それ以外の、自分なりの解釈・アレンジでの演奏は意味があると思う。けれども、大抵は上記のようにオリジナルの演奏に被せているので、今一つだ。

最後に残る、完全にオリジナルな解釈・アレンジでの単独演奏、これは意味があるだろう。でも、オリジナルに勝るものはどのくらいあるだろうか・・・ だって、本人だって再録して成功することはほとんどないではないか・・・ でも、やるからにはここを目指して欲しい。

なんてこと言ってると、ハードルだけ上がっちゃうのかも知れないね・・・ 言ってみれば、こういうふうに気軽に始めるのはもちろんいいことで大切だけど、人に聴かせるのなら もう少ししっかりやろうってことだ。

 

PS. 本題とは関係ないけど ついでに書くが、YouTubeなどで動画を公開するなら、ちゃんと編集して欲しい。演奏の前が無駄に長いのは それだけで聴く・観る気が失せる。音だって最低限は整えて欲しい。とんでもない音量で始まって急に下がるとか、ありえない。おそらくAGCのせいなんだろうけど、少しは調整して欲しい。

  •  2
  •  0

掲示板のまとめ「カーチャンの運転する車で松任谷由美流れがち問題wwwww」を読んだら、ユーミン、Queen、竹内まりや、ビリー・ジョエルなどが出て来て(ビートルズがないのは偶然か、更に年代が上のせいか)、まったく身につまされる。というか、別に なんにも悪いことはないがw そして、今は丁度、僕らの世代が「トーチャン」だの「カーチャン」だのになっていることに気付く。

車だの家で なんの気なしに好きな歌を掛けていると、こうやって子どもにばらされて間抜けにも笑いものになると。なかなか家族の暖かみが感じられておもしろい^^

 

なお、クラシック音楽はすごく古いのから こういう問題はなさそうだ。と思いきや、実は演奏者でありそうだ。

まだカラヤンとかゼルキン(父)※掛けてるよ問題www

※先日、ゼルキンの子(Peter)が亡くなったそうで、父(Rudolf)は随分昔の人だったことに今更気付いた。

などと。でも、僕は若い(新しい)演奏者も大好きになれるので問題ない。まあ、クラシック音楽という時点で、松任谷由美以前ではあろうが(爆)

 

PS. こういう掲示板(「なんJ」とかいうやつ?)用語で「カーチャン」もいいけど「マッマ」や「ネッコ」みたいなのの独特の音感や語感が好きだw 特に「ネッコ」は、ちょっとひねくれた感じがしていい。

  •  1
  •  0

キャンディーズの「微笑がえし」(1977)は大好きだが、一つだけ(例によって細か過ぎるw)不満がある。イントロのギターの弾き方(音の伸ばし方)がどうにもソフトで、なんかハワイアンみたいで嫌なのだ。にぎにぎしい感じはするが、それは合わない気がする。ここは、ロックのようにちょっとハードに弾いて欲しかった。例えば、(何度か書いている)ピンク・レディーの「ウォンテッド(指名手配)」(1977)のようにしてくれれば、とてもかっこ良かった。

ただ、実際には、曲としてはかっこ良さは求めていなかった気はする(解散する時の決算のような曲なので、にぎにぎしい感じでいいのだろう)ので、これでいいのだろう。あと、当時の他の曲(例: 尾崎紀世彦 「また逢う日まで」(1971))のように、(どういう訳だったのかは分からないが、)当時は普通でも今となっては「微妙」なアレンジになってしまったのかも知れない。

 

そして、全くありえないけど、大のキャンディーズファンらしい大物政治家の"Exploding stone" 茂さんと話すことがあったら、是非、ご意見を賜りたい。

本人がこんな風に出て来たら、さぞかし受け    ないねw

 

PS. 政治家と言えば、可哀想な まさこさんは、無事、どさくさまぎれだけど叩かれなくなって良かった^^

  •  0
  •  0

ショパンのピアノ協奏曲(第1, 2番)はイントロが長い。それで、昔、「何十分もある(退屈な)イントロでは寝てしまう」のような文章を読んだ記憶がある。随分ひどい(実際には何十分なんてなくて、せいぜい十分だ)のだが、演奏によっては、確かにそういうふうに感じるのだ。

今思ったが、交響曲が好きな人は、そういう長いイントロも全然苦ではないのだろうか?? 僕は上述の文章の筆者同様、ピアノが大好き(ピアノしか好きでない)ので、どうにも退屈に感じて、「あくしろ」とか思ってしまう(嘘)のだが・・・

ところが、僕は近頃、Spotifyのおかげで、その長ーいイントロも苦にせず聴かせる演奏を発見し(例: Aleksandar Madzar, Dmitri Kitayenko (指揮) (1997))、「これだ! これがショパンの本当の意図を表わしているのだ!」などと思って気に入った。そして、今も聴いている。

まあ、そこまではいいのだが、さっき気付いたのは、それでその演奏のピアニストまで「いい!」と思って居たのは大間違い、ボケもいいところだってことだ。

だって、イントロではピアノは一音も発せず、ただ座して待っているだけだから・・・ (上記の「寝てしまう」のはピアノだったのだwww) コンサートで聴いているならまだしも、録音ではなぁーんにも関係ない(でも、世の中のオーディオ評論家は、「待っているピアニストの緊張感すら伝わって来る」とか言うのかもね(爆))。

 

PS. だからじゃないけど、ラフマニノフの(第2, 3番)は最初っから臨戦状態だから、寝る暇がなくていいね^^ ちゃんと心得ているのか。 そして、いくらイントロが死ぬほど長くたって、省略したらアカン! 僕は そういうのは絶対に許容できない。

  •  0
  •  0

(いくつかネタはあるが、疲れて酔っているので、軽く)

この曲※のイントロが格好いい。どのくらい格好いいかというと、以前書いた、ピンク・レディの「ウォンテッド(指名手配)」(1977)以上だ。しかも、オーディオ(スピーカー)の調整後は低音がちゃんと出るようになって、更にグッと来るようになった(毎度書いている、「それまで聞こえていなかった音が−」)。

※YouTubeにはオリジナルがないので、リンクはSpotifyにした。

書いた時は酔っていて気付かなかったが、上の2曲はどちらもピンク・レディ関係ではないか! 全然意識していなかったが、何か関係あるのだろうか。作曲家が同じ? (覚えてたら、あとで調べる) ← "Never"はオリジナルは海外の曲なので、作曲家が同じ訳はない。ボケてるなwww (20:10)

 

それから、音楽には関係ないが、この曲が掛かると、ドラマ「不良少女とよばれて」(1984)のオープニングで伊藤麻衣子(当時, 実際は別人だろう)が雅楽(に合わせた舞踊)をしているシーンを思い浮かべる。あの動きもかっこ良かった。

 

ジジイの昔話で失礼しましたw

 

PS. 全く余計で全然書かなくていいことだが、Mie(今は未唯mie)は、イメージが似ている、某強面ネトウヨ的女性国会議員みたいに、恥を知ってか知らずか軽々しくw(以上、全部想像)政治に入らなくて安心している。これからも頼む。

  •  0
  •  1

今、SpotifyでProcol Harumの"A Whiter Shade of Pale" (1967)を聴いて思った。終わり頃で唐突にキーボードが(1オクターブくらい?)上がるのが、どうにも気に入らない(以前書いたが、唐突な転調は大好きだが、それではない)。これ、普通は何とかなる(上げなくて済む)ものだと思うが、どうなんだろう?? (僕の能力不足のため、聴いても楽譜は出て来ないので、これ以上は分からない)

なぜ嫌かというと、これ、子どもの頃、教会で隣のおっさん(他でも可)が歌の途中で声が出なくなったせいか、急に1オクターブ低くしていたのを思い出して、「なんかしょうもないなあ」(当時は情けないとかかっこ悪いとか「それでいいの?」と思って居た。そして、今想像するに、「計画性や根性がないなあ」などと思っていたのだろう)と思うのだ・・・

今気付いたが、「根性」という点では、彼らの使っていたキーボードの音域が余りにも狭くて、本当に音が出なかったってこと??? だとしたら、可哀想だったな・・・

 

PS. あと、全く関係ないけど、Spotffyではこの曲のジャケット画像は蜘蛛みたいな絵で、これは何かと毎回思う(そのレーベルの当時のシングルの統一絵面だったのかな)。

  •  1
  •  0

大好きな/だった音楽グループ、フライング・ドクター。少し前から追うのを止めてしまった。自分でも訳が分からなかったのだが、考えてみると、コロナの影響で彼女たちがリアルタイム配信(有料の場合もあり)を始めたのが切っ掛けのように思う。

あと、彼女たちの演奏は好きなのだが、申し訳ないが、僕は彼女たちのオリジナル曲よりも他者の曲のカバーの方が好きなことはあるかも知れない。ただ、一度、リアルタイム配信を観たらとても楽しかったから、曲目は本質ではなさそうだ。

では、リアルタイム配信の何が悪かったと考えると、僕の嫌いなTV(あるいはラジオ)と同じ送り方・受け方だからではないだろうか。つまり、自分の都合のいい時に都合のいいように(例えば、休みながら)一時停止などしながら観られないのが、「すっごく面倒」なのだ。例えば、うっかりすると見逃す場面・発言や演奏(の部分)が出るではないか。僕に言わせれば、時代に逆行している。

でも、今はそういうのが多いようなので、まあ、僕が今に合ってないのだろう(あるいは、わがまま過ぎるのかw)。その他に、そもそも僕は、同じ曲の演奏なら、ライブ版より正規?(その曲の「マスター演奏」の意)・初出のスタジオ版がずっと好きなので※、仕方ない面がある。

※同様に、再録とかアレンジを変えて演奏した版も、なんか偽物とか嘘臭くて大抵嫌いだ(基本的に、一回しか完成された「本物」はできない気がする → 最初に完成させたものを「本物」と思うのだろう)。でも、グールドの「ゴルトベルク」(1981)のような、「(最後に)再度、全力でマスターを作り直したぜ!」みたいなのは、もちろんいい。逆に、顔が黒い歌手の、ヒットした一曲のいろいろなバージョンだけを入れたアルバムなんて、クソもいいとこだ。そんなメモリー要らないよw

くどいけど敢えて書くが、この根底にあるのは、ピアノの先生に教えられた、「一度出した音は変えられない」だ。だから、演奏をリリースするのも一回限りだ。一球入魂とか一期一会じゃないけど、いくら気に入らなくたってやり直しはできない・してはいけないと思う。

出したものはそれで「終わり」にして、次に行くのだ・行こう。

とはいえ、ライブが全く嫌いかというとそうでもなく、(収録でない)本当の生演奏は好きだけど、乗り過ぎて疲れることもある。リアルタイム配信もいいけど、そういうのが頻繁にあったら疲れてしまうのだ。せめて、リアルタイムで配信したら、あとで観られるようにしてくれれば手軽でいいのだが、他の人でもそういうのはほとんどない。方式的に無理なのだろうか、収録して編集するのが面倒なのか。

あと、有料配信もちょっと嫌だ。以前は、彼女たちの演奏が大好きだから寄付してもいいとすら思って居たが、どうも、配信に払うのには違和感とか抵抗がある。この理由はうまく説明できない。

他に、細かいことだが、先日書いた、(配信の対価として)手作りマスクを売るっていうのの衛生面の意識の足りなさにちょっとがっかりしたこともあるだろう。

逆説的だが、サイン色紙とかハンカチとか、もっと詰まらないものを売れば良かったのにと思うw あとは、メンバーの肉声とか生演奏(一部で可)だったら、喜んで買ったかもね^^

でもまあ、嫌いになった訳じゃないから、そのうち観る・聴く気になるかも知れない。

  •  2
  •  0

観月ありさ: 「もしもピアノが弾けたなら」 (2012)

ピアノが機械並にひどいし、歌は今一つなのだが、妙に来るものがあった。歌がオリジナルよりもいい(上手い下手でない、説明できない次元で: 歌の透明感?)からか。

良く分からない。

 

書いたあとでほんの少し考えた。: 観月はいかにもピアノが弾けそうで、歌の背景には全然そぐわないのだが、仮にそれを無視すれば、(本当はどうだか知らないがw、)か弱そうな女性が自分の思いを歌っているのが、(巨漢が歌うよりも)曲に合っている気がした(あくまでも僕には)のかも知れない。

でも、この歌は、不器用でピアノなんて弾けない人が歌うというのがそもそもの背景という気もするので、やっぱり、オリジナルの西田の方が合ってそうではある。

  •  1
  •  0

先日、ようやく山口百恵がSpotifyなどの配信サービスに入ったとのことなので、聴いてみた。600曲とか書かれていたけど、僕が聴きたいのは「横須賀ストーリー」(1976)から「美・サイレント」(1979)までと追加で「しなやかに歌って」(1979)のヒット曲10曲しかなかった・・・ まあ、好みなので仕方ないだろうが、彼女の歌はどうも暗いとか重いところがあって、それだけなら藤圭子や戸川純みたいな感じでいいのだが、どうもそれ以上の「何か」がある。

今、初出年を調べて気付いたが、僕には彼女は「1970年代後半の人」なのだろう。なるほどという気はする。その前もその後も、僕には駄目なのだ。

そのため、僕には その十曲になってしまう。逆に、キャンディーズは「際限ない」とは言えないけど、随分多い(ほとんどのヒット曲約20曲)から、キャラが違うのは確かだ。ちなみに、(誰も知りたくもないだろうが、)小泉今日子や松田聖子はもっと多いw

山口百恵をSpotifyで (やっぱり、鋭い顔はいい^^)

最初の「横須賀ストーリー」を聴いてみると、最初の数音でグッと来た。やっぱり、いい曲はいい。ただ、、、

 

何となく音質が悪いというか変だ。帯域は広いのだが音がこもった感じで、耳閉感すらすることがある。オーディオの設定は問題ないはず(他の曲では「絶好調」だw)なので、音作りってこともないだろうから、マスタリングの問題?? 聴きながら首をひねってばかり居るし、十曲の最後の方では「これはひどい」とすら感じる。。。

試しに、「横須賀ストーリー」と「いい日旅立ち」(1978)を、手持ちの、CDから取り込んだものと比べてみたら、そっちの方が印象は良かった(必ずしも音質がいいとは言えないが)。妙だ。わざわざ「当時の音」にしたのだろうか? いや、当時の音(スタジオで録音した音)は実は良かったはずなので、単なる失敗とか手抜き?

→ 良く聴くと、CDからのも余り音が良くないので、当時の録音の問題だろうか? 70年代だから仕方ないのか。あるいは、僕の耳が今突然不調になった???

→ キャンディーズの曲(「危い土曜日」(1974))を聴いたら問題ない。ずっと音がいい印象だ。だから、耳やオーディオの設定は問題なく、録音からマスタリングまでの問題だろう。同じ会社なのに、どうしたことだ?

書いた後で検索したたら、どうやら、このアルバム(CD)の元々の音質が悪いようだ(→ 参照)。じゃあ、他のアルバムだったらいいのか?? もう聴く気はしないが、配信する前に揃えておけばいいのに。やっぱりンニーなのかねえ・・・

 

PS. あとの目ぼしい人は小泉さん(kyon2)だけど、いつ来るのかねぇ・・・ でも、待ってるよ。

  •  0
  •  0

息詰まる(苦しいけど詰まらなくはなかったしw、なかなか捗った)プログラミングが一段落し、Spotifyのアルバム画像を見ると、"Bette Davis Eyes"だった。

この歌がヒットしていた当時からこれを見るたびに、写真の人(キム・カーンズ?)がうさぎに見えるのだが、僕だけだろうか? 特に耳だ。向かって右は"Kim Carnes"と書かれた三角形、左は背後のおっさん(?)の腕。どちらも白くて頭の左右にあるので、うさぎの耳に見える。座り方も うさぎっぽい気がするw

そもそも、この写真はどういう状況なのかや、このアルバムの題の"Mistaken Identity"(1981)の意味も分からないし(「(他人と)取り違えられて・間違われてしまった」とか?)、ベティ・デイヴィスすら知らないので、「キム・カーンズの瞳」なのか「ベティ・デイヴィスの瞳」なのかも良く分からなくなるwww

  •  1
  •  0