Archive for the ‘映画・TV’ Category

「ロック!!」って言ったり書いたり変なことするだけじゃ、本物じゃないぜ。音楽でロックしてくれ! おじいさんたちw

森高も歌ってるよ「ロックはダメなの ストレートよ」と。 (→ : 岩をも砕く破壊力w)

でも、若い子でも、大人の操り人形でメタルをやってる(た)と思われる人も居るから、歳は関係なさそうだ。

逆説的だが、ロックを名乗るならまじめにやって欲しい。

  •   0
  •   0

ある球技(でも、羽根は球なのか?)の選手が国の宿舎かなんかの自室に女性選手を連れ込んだとかいうニュースを読んで、うらやましくなっさすが強い選手は元気だなあと思ったがw、昔賭博だかで捕まったのに懲りない人だ。でも、なぜか憎めず、つい笑ってしまうのは、昔の知人に似ているからかも知れない。たまたま、最初の会社の知り合いが、同じ競技の部に入っていたのだが、なかなかの遊び人で、たまに遊ぶと僕の知らない世界を垣間見せてもらってw楽しかったので、その種目にはそういう人が集まるのかと思ってしまったが、まあ、単なる偶然だろうw

それにしても、犯罪や薬物をした訳でもなし、そういうことをしたために負け続きだとか怪我したとかじゃないのなら、どうだっていいと思う。そもそも、国の施設でそんなことするとはけしからんと責めるが、抜けだしてホテルに行っても自宅で会っても、どうせ叩くじゃないか。一体、何ができるのだろうか? 大人しく文通チャットでもしてろってことかw さすが日本には聖人君子が多いようで、まったくありがたくない今日この頃。

  •   1
  •   0

(下世話な話題続きで・・・)

大阪の選挙区で野党から立候補するとかいう女性弁護士。手を取り合ってにやける代表と一緒の写真を見たら、なんか、顔立ちとか髪型が、いろいろな疑惑を碌に説明しないで略奪婚すらした、偉そうな(だけど、顔にはとても引きつけられる)同じ党の女性議員に似ているのだが、誰かの好みでもあるのかと思ってしまう。あるいは、その枠の世代交代なのだろうか(と思ったら歳は同じだったので、単なる入れ替えなのか)。

まあ、そういう下らないことは一切なくて、本人の実力で選ばれたのだろうが、どうしても一抹の不安を持ってしまう。

が、まあ、僕にしてみれば、鑑賞のタネが増えるだけなので、いいことではあるw

 

PS. どこかで見たことあると思って、(検索で出て来た)沢山の写真を眺めていたら、(naokiさんもお好きな)有名な卓球の女性選手にも似ていることに気づいた。なるほど、この手には弱いなあ・・・

PS2. 検索すると画像がいっぱい出て来たので、どうやら、TVなどでの有名人のようだ。ううむ。

  •   0
  •   0

飲酒運転とひき逃げで捕まった芸能人が保釈されたそうだが、その写真を大きくして3回くらい見てしまった。

言うことないじゃん!

白いシャツと黒いタイトなスカートのシンプルな服装は僕好みでほとんど言うことないし、色白で神妙な顔もいいじゃないか。今まで名前程度しか知らなくて、逮捕の時の(とっ捕まった猫のような、)うなだれた顔の写真を見た程度だが、随分雰囲気が違うものだ。

そうやって多くの人に好印象を与えて、なるべく早くほとぼりを冷まそうとしているだけなのかも知れないが、こっちは見て楽しむだけなので、(その人の今後がどうなろうと)どうでもいいことだw

  •   0
  •   0

女子テニスの大坂なおみは、少し前からニュースの見出しで目にしていた程度だったのだが、今日、いつものようにとんでもない思い込みをしていたことに気付いた。てっきり、大阪に住んでいて、関西弁をしゃべる人かと思っていたら(TVがなくて彼女の話を全然聞いたことがないから、こういう想像になる。今となっては、「坂」の文字すら違うが・・・)、3歳から海外在住だそうではないか。その割には行動が日本的なので、不思議な感じがした。

でも、海外で過ごしたから彼女はここまで来れたような気がする。テニス界はどうか知らないが、日本のスポーツ界はとんでもないことが次々と発覚しているので・・・

PS. 「なおみ」は純和風な名前だが、実は"Naomi"は英語圏でもポピュラー(今調べたら、かなり歴史あるようだ)だから、とてもユニバーサルな名前ということになり、親御さんの先見の明は大したものだと感心した。ただ、現代的な名前かというと、日本でも海外でも、きっと違うような気はするw と思いきや、(上のページによれば、)USでは2016年に76位だったそうなので、決して古臭い名前ではないようだ。

  •   1
  •   1

NHKが参入を検討しているというTVerは、会員登録不要で、アプリ不要で、Linuxのブラウザ(Vivaldi)でも観られた(ブラウザの広告ブロックを解除するだけで観られた)。去年の心配が当たった。全く嫌な感じだ。

これはどうやって回避すればいいのか?

TVerがNHKを拒否する理由は余りなさそうだし(民放由来の団体だろうから可能性はあるが、豊富なお金で解決されそうだ。実際、radiko.jpにも入ったではないか)、会員制じゃないから退会運動もできない。せいぜいアクセスしないようにするだけだが、まず広まらないだろうし、効果も少ない。抵抗不可の最終兵器なのか?

「NHKの映らないプロバイダ」は出ないか!?

やるとすれば、自分でプロバイダ機能を作ることだろうが、さすがに携帯は無理だ。完全にペイしない。そして、そのうちプロバイダ経由で「受信料」を徴収するようになるだろうから、国外に出るしか手はなさそうだ。それもペイしないけど、日本にはもう魅力も将来もないし、政治が腐り切っていて居続けるメリットは少なそうだから、いいかも知れないな・・・

これは、以前JSさんがコメントに書かれた、高速道路の利用料の強制徴収を避けるために、車のタイヤを廃棄するってのと同じだw いや、実際は笑い話ではなく、昔から気にらない国ではあったが、ここまで「いいところのない国」、「なんかの罰ゲームですか?」になり下がってしまったことが、悲しい。

あとは、海外の企業が衛星経由で回線を提供してくれれば、NHKの押し売りは免れられそうだ。AmazonとかGoogleがやらないだろうか? そっちの方が高いだろうけど、いざとなったらそれでもいい。納得の行かないお金は1円だって取られたくない。

それにしても、NHKだけじゃなく、国も企業もどこも同じように、「取れるところから取る」、「今だけ・自分たちだけ良ければ、後は知らない」ってことをやってたら、そのうち本当にみんな出て行ってしまうと思うのだが、そういう危機感はないんだろうな。彼らがそのわずかな程度にも賢いなら、こんなことにはなっていない。

例えば、今までは、人が地方から都会に集まっていて、どうにかして地方に戻そうとして大抵失敗しているが、仮に、どこかの国が日本よりずっといい環境・条件で移民を受け入れ出したら、若い人たちはこぞって行くような気がする。僕も行きたい。

 

PS. TVer自体は、TVがなくても番組が観られるから、特に観たい番組がある時には便利そうだ。でも、そもそも、どんな番組があるかを知らないので、観たいものがあるかどうかw あと、必ず広告を再生しなくてはならない(ミュートは許されない)から、まあ使わないだろう。

  •   0
  •   0

近頃は、見るだけで嫌気が差すもの・人が多い。TVはないから頻度は低いのだが、webを見るだけでもイライラして来る。以下にそんなのの一覧を示す。

  •  東京オリンピックのキャラ
    • ゴテゴテし過ぎていて80年代以下w 目がチカチカして目障りなので、とにかく見たくない! 本当に子どもが選んだのか。消去法で仕方なくなのかねぇ・・・
    • まあ、オリンピック自体がゴリ押しだらけの、センスのかけらもないものだが。
  • 「ご意見番」
    • デブのデラックスなご意見番
    • 歌手や役者の癖にご意見番に成り下がった中高年たち
    • でも、こいつら(ご意見番といったって、副業じゃないか)の言うことをありがたがる連中の方が、もっとセンスが悪い。
  • 白塗りの顔が大きい女性芸人
    • 似たような人に、上着みたいな名前の女性芸人。髪の長さで区別するといいようだ。
  • 太眉を描いた女性芸人
    • 気持ち悪いので、あの眉は本当に止めて欲しい。
  • 音楽業界
    • レコードを「ヴァイナル」とか言って売るレコード屋
      • (30cmの)LPレコードは「12インチヴァイナル」だそうだw まったく「は?」だ。
      • 「アナログレコード」って書くのもアホかと思う。今、「デジタルレコード」なんてあるのか?
    • 紙ジャケでは飽きたらず、帯まで付けて「日本初版を復刻」とかいう、誰得仕様のCD・レコードを売るレーベル
    • かっこつけた顔や格好をジャケットに出すクラシック演奏者(かなり多いw)

こういう輩には、モーツァルトやベートーヴェンの爪の垢でも煎じて飲ませたい。いや、全く効果ないけどw

 

PS. 逆の例では、近頃、上下逆さまに顔が写っているジャケットのアルバムを出した、ちょっと不思議系の外国の若手女性歌手が妙に気になる。曲を聴く気にはならないが、二番煎じでなく、やり過ぎにもならずに目をひくところは、ある種のセンスの良さなのかも知れない。

PS2. 全くの余談だが、「デジタルレコード」があり得るかを考えてみる。まず、レコードにデジタルで記録できたとしても、恐ろしく使い勝手が悪いだろう。モデムのような「ピーガー」音を格納するのだろうが、どのくらいのデータが入るのだろうか。

(本当は33kbpsまでしか無理だが、)ビットレートを56kbpsとして裏表46分とすると、

(56*1000/8)*46*60= 18.4MB

となる。300kbpsのMP3を格納するとすれば、1枚のLPレコードには

(56*1000*46*60)/(300*1000)= 515秒= 8.5分

のデジタルデータしか入らないから、SPレコードと同様に盤の交換が頻繁そうだw しかも、事前に何枚ものレコードを読み込ませてから(85分分を読みこませるとしたら、10枚分なので、460分= 7.7時間も掛かる)でないと聴けないのは不便だ。

ハイレゾオーディオのビットレートは知らないが、仮に4Mbpsとすれば、

(56*1000*46*60)/(4*1000*1000)= 38.7秒

となって、テスト信号には充分だろうが、音楽再生には全く実用的ではない。

この試算をする前は、「ハイレゾだったら、おそらく1秒分くらいしか入らないのではないか」と予想していたが、まあそんなものだった。

そもそも、「アナログの音」が好きな人にとっては、いくら雑音がなくて音が劣化しない「デジタルレコード」があっても逆に意味がないだろうから、需要はなさそうだw (8/8 10:37, 17:19)

  •   1
  •   0

Spotifyを始めてから、岡村孝子を再評価した。以前は、「あみんで売れた人だけど、なんかミーハーっぽいよな」と思っていたのだが、改めてヒット曲(「夢をあきらめないで」(1987))を聴くと、悪くない。それから、その曲が入っている"liberte"(1987)のジャケットの雰囲気(主に髪型?)が森高に似ている(森高より落ち着いて見える分、上かも知れない)せいか、妙に気になった(そんな自分こそミーハーだw)。意外に僕より年上で、今は56歳でおばさんになっているけど、近影を見る限りいい歳の取り方をしている感じで、なかなか好感が持てる。こういうお姉さんが居たら悩みを聞いてくれそうだ。

岡村とは関係ないのだが、やっぱりSpotifyで改めて好きになった(というか、昔からヒット曲が好きだったから懐かしいけど、今聴いても、やっぱり曲も歌もいいと思う)渡辺真知子には誤ったイメージを持っていた。結構前から大阪出身と思い込んでいて、今は、いかにも「大阪のおばちゃん」になっているのだろうと思っていたのだ(実際、公式ブログの写真はそう見える)。好きな曲(「迷い道」(1977)や「かもめが翔んだ日」(1978))の歌い方やTVでの言動(といっても、観たのは大昔のことなので、記憶が確かでない)が、どことなく大阪の人を思わせたのだ。でも、岡村を調べたついでに調べたら、横須賀出身だったことが分かって、ちょっと驚いた。だから、大阪出身と思い込んだのは、姉御的な雰囲気を感じたせいかと、今思っている。こういうお姉さんが居たら、乗りが良さそうで楽しくて、頼りにできそうでいいと思う。

結局、「いいお姉さんが欲しかった」ってことに帰着しそうだ

と思いきや、ついで(記述内容の検証のため)にもう一人調べたら、大どんでん返しがあった! 渡辺と同時代にヒットした庄野真代が大阪出身だったのだ。ヒット曲、「飛んでイスタンブール」(1978)はいかにも都会的で(大阪が都会でないという意味ではないです。東京人の、いかにも「私、かっこいいでしょ」とかどことなく冷たい雰囲気を感じたのです)、横須賀とか東京出身のイメージがあったのだが・・・ どこかで渡辺と記憶が逆転したのかも知れない。更に調べたら、同じ頃に東京出身の久保田早紀が「異邦人」(1979)をヒットさせており、この3人のイメージが混ざっていたような気もして来た。実際、「イスタンブール」と「異邦人」はどちらも好きだけど、頭の中では渾然一体としていて、聞かないと分からない(当然、頭を歌うこともできない)。

結局、僕のイメージや記憶は当てにならないってことに帰着しそうだw

  •   0
  •   0

近頃は、無駄に名前にこだわりすぎたり、名前を付ける意味を理解していない連中が多くて嘆かわしい。

  • 古の 。 に始まって、 、 や . や , とかの句読点を一般的な意味なく名前の最後に付けるアホ。なんか意味あるのかねえ? (本人はあると思っているから付けるのだろうけど、本当に意味はあるの?) 。が出た当時ならおもしろかったけど、さすがにもう古いと思う。 ★とかの記号もあるし(こっちの方がまだ納得できる)、そのうち、昔のツェッペリンのように、絵文字も出そうだ(って、前に書いた気もする)。今は、Unicodeでとんでもない数の記号が使えるからいいねw 逆に、これだけ文字が豊富な世の中にわざわざ , なんて使う人の気が知れない。余程愛着があるのか。
    • それにしても、 , なんて、コンピュータで処理するには面倒な気がする(CSVの区切りと競合する)。まあ、ちゃんとしたシステムなら問題ないだろうし、TVや新聞・雑誌などは全角で処理しているかも知れないから、問題なさそうだ。
    • 個人的には末尾に を付けて欲しい。誰も分からないだろう。あ、全部空白だったら最高だw
  • 記号でなくても、西暦の数を名前の最後に付ける馬鹿なグループも居る。それでは名前の意味がないでしょう。毎年元日にメンバーチェンジするのか? そのうち、毎月変えたりしてw でも、日本の月の名前(例: 「如月」)だったら、雰囲気はいいと思う。
  • "Fall creators update"とかRSとかその他覚えられないほど多くの、Windows 10のリリースの名前・識別記号(今は"April 2018 Update"が最新?)。それ以外にリビジョン番号もあるし(彼ら自身は"Windows 10 バージョン 1803"などと呼んでいる。バージョンは10じゃなかったのか??)、パッチの番号もある。「Windowsは10が最後で、もうバージョンは変えない」とか言っていたが、出鱈目ではないか?
  • プロセッサやOSの名前も数多い。まあ、その辺りは節操がないとまでは言えないから、まだ許せる。でも、なんで、地名とか動物とかお菓子とかのシリーズに揃え続けるのかな。それだと新鮮味がないから、その時々でチームがおもしろいと思った物を使えばいい気がする。素数を2から順に付けるのもおもしろそうだ(以前あった気がする?)。
  • あと、林檎社謹製腕時計の"Edition"なるものには笑った(というか嘆息した)。Editionという言葉には単なる「版」という意味しかないと思うのだが、ネイティブには「特別」とか「高級」とかの雰囲気が伝わるのだろうか。いずれにしたって、"Apple Watch Edition"という名前はなんかおかしいと思う。WatchとEditionの間に何か入れるべきだと思うが、違うのだろうか。
  • 最後に、空港のようなアルファベット3文字(または地名みたいなの)+数字(この数字に意味はあるのか?)の○製×造グループに至っては、もう「極まれり」で何も言うことがないw

とはいえ、上を見ても分かるように、僕も名前で遊びたいのでw、結論としては、名前は各自が楽しんで好きに付ければいいけど(子どもの名前とかは別)、ある程度のセンスは必要だと思う。

  •   1
  •   0

昨日、ふと、「なぜ日本の演劇は「大げさ」「わざとらしい」と感じるのか」という見出しが目に入った途端、本気で膝を叩きそうになった。もしかしたら、「おお」とか口に出したかも知れない。

20年以上前、僕は劇にはまっていた。特にシェークスピアが好きだったので、戸山のグローブ座なんかに良く観に行った。いろいろな劇団のを観た。劇を観るのはおもしろかった。劇は、音楽同様、生身の人がリアルタイムに目の前で演じるところが好きだ。

その頃意外だったのは、日本の老舗の劇団(「**座」のような名前のところ)の演技が、どうもわざとらしくて滑稽にすら思えたことだ。一方、RSCなんて、英語でまくしたてるから、言ってることはほとんど分からないのだが(状況や雰囲気とか記憶の中の原作から推測していたw)、全く不自然さは感じず、引きこまれた。

ただ、今気付いたことだが、書かれたままの原語をネイティブが演じているのだから自然なのが当然というのの他に、言ってることが分からないから、不自然さを感じるまで達していなかったのかも知れない。

当時は、まあ、(日本のは)古い劇団だからそういう作風なのかとか、(有名な)その人がそういう演技(で固まってしまっているせい)なのかとか思って、「いくら有名でもいい訳ではない」と自分の中では思っていたが、観客はいかにも良かったかのように拍手していたし、周りにそういう話をする相手が居なかったので、僕の好みの問題だと思っていた。

が、昨日、上の記事を目にして、僕だけの問題でなく、日本の演劇の本質的な問題だった(少なくとも、プロでも「わざとらしい」と感じる人が居た)ことが分かり、安心した。要点は、台本のセリフの書き方の問題と、「日本には「対話」という概念がない、あるいは薄い」ということらしい。

後者は初めて知ったのだが、それが本当なら、僕がいつも感じているストレスの一因はそこにあったのだと思った。対話の概念が薄い社会なら、いくらこっちが問いかけてたって、応答なんてなくて当たり前だ。「じゃあ仕方ないな」と思える。

そういうストレスは、実は、シェークスピアが原因だったように思う。シェークスピアを読んで・観て、あの世界にかぶれてしまい、「とにかくやってみる」とか「(黙っているより)意見を言ってみる方がいい」などと思うようになった。これに関して一番影響が大きかった作品は、「ハムレット」だったと思う。

だから、劇なんて好きにならなければ、そんなストレスはなかった訳だ。が、自分の意識を変えたことで減った、それまであった別のストレスは依然としてあっただろうし、そっちの方が重かったような気はする。

書いた後でちょっと気になったのは、彼は「日本には対話の概念がない」とは書いているが、日本だってしゃべり好きな人は沢山居るから、彼が言っているのは僕の思ったこととは違うのかも知れない。「対話」(dialogue)と「会話」(conversation)の違いなのだろうか。あるいは、西洋の劇(戯曲)の主な構成要素である対話のことを指している(つまり、本当に劇だけの話だった)のか。これを確かめるには、彼の本を読むしかない。まあ、いずれにしても、僕がかぶれたのは西洋の劇の「対話」的なものだったように思うので、その点は合っていそうだ。少なくとも、日本の劇はわざとらしかったことは確かなので、それだけでも充分だ。

それならどうしたらいいのかを知るには、その記事の筆者(平田オリザ)の本を読めということだろうが、まあ、そこまではしない。そもそも読むのが面倒だしw、おそらく、彼の本を読んだところで、書いてあるのは劇の話が中心かも知れないし、そうでなくても、周囲の人や社会が(自然に)変わる訳じゃないので、逆に更にストレスが溜まりそうじゃないか。

今は、「じゃあ仕方ないな」で良しとするし、ごくまれに対話に応じて下さる方が居るだけで幸いだと思う。

PS. ちなみに、今は劇は全然観に行っていない。劇よりは音楽に行きたいが、そっちにすら行けていない。でも、RSCとかが来て手軽に行けるなら、行ってみたい。

PS2. 「わざとらしい」劇の話では、先日、ある大学に出張に行った時、その庭で、演劇部であろう学生数人が劇の練習をしていた。いかにも青春という感じで、楽しそうでうらやましかった。が、やっぱり、セリフの言い方などが「いかにも劇」で今一つだったので、一緒に行った人に思わずそう言ってしまったのだが、本人たちに聞こえて彼らをスポイルしてしまわかったか心配になったw

PS3. 今頃、冒頭に、

またやっちゃったよ! 家の階段で。いや、それは「膝を折った」だ。

とか軽くボケればおもしろかったが、僕はいつも気付くのが遅いw それに、これは真面目な稿だ。 (13:52)

PS4. 日本には「対話」の意識がないということで、(平田の言う「対話」と同じかは不明だが、)ちょっと思い出したことがある。昔、ある人が演劇を目指していると書いて来たので、僕がシェークスピアが好きだとか、昔は良く観に行ったので、演劇にはうるさいとか、どういう方向を目指しているのかとか聞いたら、返事がなかったことがある。

その時は大変ムカついたのだが、数年経った今だってそうだ。自分の目指す道について聞かれて何も答えないというのは、僕の質問が余りにも低レベルで答える気を失ったか、そいつの考えが全くいい加減で、単に「役者を目指している」と言いたいだけのような場合だろうが、当時は後者と考えた。その証拠に、その人は、役者でなく「女優」になりたいと言っていた。全く笑う気にもならない。

そして今、日本人には「対話が重要だ」という意識がなさそうなことが分かり、その人は、僕の質問なんて大した意味はないから、無視してもさしたる問題はないと思ったのかも知れないと思った。まあ、それにしたって、役者(、それだけでなく、performing arts)を目指す人には他人との対話が重要だという、余りにも基本的なことを分かっていないという点で、どう逆立ちしたってまともな役者になんて絶対になれないと、今、無慈悲な怒りを込めて再びディスる。 (17:41)

 

(カテゴリは「映画・TV」だが、それに「演劇」も含まれることにした)

  •   1
  •   0