Archive for the ‘映画・TV’ Category

いかにも商社の営業マンて感じの、ガタイが良くて首が太くて頭が小さく見える、体育会系の人。近頃威勢のいい例の党首を見ると、そんなイメージが浮かんで来て、「頭が余り良さそうでないな」と思っていた。(てなことを名指しで書こうものなら、狂犬のごとく本当に訴えられるので、結構怖いw)

案の定、議員になってからは力任せに余計なことばかりしていて、昨日は脅迫だかで聴取とか。本来の仕事はどうしたのだろうか? 彼が居なくなったら、ちょっとだけ期待していたことも霧散してしまうよ。

結局、「本当の悪」という点では、押し売り放送の足元にも及んでなかったようだ。小物だね。というか、実は最初からその放送とグルだったんじゃ??

 

というのは、あくまでも架空・空想・想像の内容です。実在の個人・団体などとは何の関係もありません。

 

PS. 一方で、USや北のトップも似たような外見のように思えるのだが、「頭が余り良さそうでない」とは感じない。微妙に外見が違うのか、日頃の言動から(良し悪しは別として)「大物」、あるいは、「本当の悪」と判断しているからなのか。言動の「軽さ」・「重さ」のようなものが関係しているのかも知れないな。 (14:47)

  •   1
  •   0

白のババシャツ(みたいなの)とか、ガラケーで動画はないだろう。バブル世代の名折れだよ。恥ずかしいよ。TVに出るならもっとかっこ良くしろよw あのオッサンも、車だけじゃなくて何もかも趣味悪い。

(済みません、酔ってます)

 

PS. 全国的に「ガラケー女」とか呼ばれてしまっているのは、さすがにちょっと可哀想な気がした・・・ でもまあ、数か月のことでしょう。そのうち新しい「ネタ」が現れるのだ。 (8/22 5:01)

PS2. ガラケーは動画ですらなかったようで(確かに、「ガラケーじゃ、撮影できる動画は短いから意味あるのかな」と思っていた)、僕の中では「時代に取り残された、可哀想なおばちゃん」になって来た。だから、みんな、もう叩くのは止めては? (8/22 20:28)

  •   1
  •   0

トイレみたいな臭いがする」って、今は臭いトイレってほとんどないが・・・ (田舎の観光地の公衆トイレみたいなの?) そこで泳がされるなんて、拷問とか虐待ではないのだろうか。少なくとも、今問題が分かっているのに、ちゃんとした対処をしないで本番を迎えたら、人権侵害で国際問題になるだろう。

 

PS. 「膜で仕切る(仕切った)」とか言ってるけど、何の役に立つのかと思う。少なくとも、仕切ってから中の水を浄化しなければ、汚いまま淀んでいるだけで、水流がないから却って悪そうだが・・・ そういう条件で行けと言う人に、まず泳いでもらったらいいのに。泳げなくても、2-3時間漬かっててもらって、「湯加減は最高ですかー?」とか聞けば?w

  •   0
  •   0

彼の

契約→不払い

の主張・スキームを(「ほう」とか思って)真似て、契約しても払わない人が増えるかも知れないが、

→裁判→敗訴確定

となったらどうする? 知らないよ。

そもそも、(実物がないから分からないけど)契約書に「受信料を払うかどうかは自由」などと書いてある訳もなく、金額などが書いてあるはずだし、その前提の約款などにもいろいろな条件が書いてあるはずで、それにサインしたということは、受信料を支払う意思を示した訳で、そのうえで払わないのは契約違反になるはずで、支払い義務は生じるだろう。(それでも払わないことも可能だが、上が確定後に提訴されたら敗訴するだろう。それでも払わないことも可能だが、割に合わないだろう・・・)

僕は、契約しないに越したことはないと思う。もちろん、「受信設備」は設置せずにね。

PS. ただ、さすがに、「スマフォ・PCでも契約義務」とか言い出したら、法を破ってでも契約はしないだろう。

  •   1
  •   0

いろいろ思うことはあったが、日本人はクソ偏狭なんだなあという結論になった。愛知で炎上したあれ、芸術展(かどうか疑問はあるが、そういう枠組みの中での展示)なので、それぞれの展示品にはそれぞれの作者の意図や考えや表現がある訳で、「けしからん」と思ったり、気に入らないものもあるかも知れないが、そういうのは「クソだ」と思って通り過ぎるなり、(あれば)アンケートに書くだけでいいじゃないか。展示を止めさせたら負けだ。一種の暴力で、そういう連中には作品を観る意味はないから、家でTVでも観て寝なさい。

 

以下、何種類かの下書き。(上の投稿に至った道筋・背景・参考として)

いろいろ考えたけど、カテゴリは「国際芸術祭」なのに、なぜかジャーナリスト(と書かれているので、そう書いた)※が「芸術監督」になっているところで、なんかおかしい・間違っていたと思う。

※経歴や肩書がどうであれ、その人が芸術作品を出していればいいけど、そうではなさそうだ。

やらせる方(お金は出したけど、後から文句を言い出した人たち)もやる方も芸術なんて分かってなくて、何か他のことをやろうとしていたのでは?・・・ 見てないから、あくまでも想像だが。

PS. 仮に現場に芸術作品が並んでいたとしても、素養のない「監督」に選ばれたって、全くうれしくない気がするがなあ・・・

以下下書き。

  • 表現の自由
  • ジャーナリストが「芸術監督」? → 展示は芸術じゃなくて、意見とか意図とかそういうものでは?
  • 行っても居ないのに文句?
  • なぜ文句を言う? もっとけしからんことは多いが・・・

純粋な芸術なら、どんなにおかしくても通りそうだが(でも、今はそうでもないか)、「芸術監督」がジャーナリストで、どういうカテゴリ(芸術? 報道? プロパガンダ?)として出したのか知らないが、展示物に特別な芸術的価値がなく(実際はどうだが知らないが、報道された写真を見る限り、芸術作品とは思えない)、その人の意見とか意図を表に出してしまった(これも想像)から、「けしからん」ことになってしまったのだろうか。

題が「表現の不自由」というところを見ると、芸術というよりプロパガンダ的だから、ある意味仕方ないのかも知れない。が、そんな展示程度でなぜギャーギャー騒ぐのだろうか? 何か自分に損害があるとでも? それよりもっと騒ぐべきことはあると思うが・・・

PS. まあ、ポップスは別として、(クラシックのような枯れた)音楽なら、まずこんなことは起こらなさそうだから、安心だw

  •   0
  •   0

彼女の最新アルバムが夥しい種類(ボックスだのデラックス版だので輸入盤6、国内盤2)で呆れた。しかも、輸入盤は通常版以外はどれも高い。聴くたびに挫折しているし、仮に聴こうと思ってもSpotifyがあるから(買わないから)どうでもいいけど、こういうのは日本のアイドルだけかと思っていたので、なんか嘆かわしい。

そして、少し経ったら、「待望のアナログ盤入荷」(しかも、重量盤を含むバージョン違いで出して、そのあとで「カラーヴァイナル」(ピンクを予想)で締める)となるオチ?w

(済みません、車じゃないですw)

  •   0
  •   0

今時、「テープ」で録音する人なんてまず居ないから、マジで冗談だったんだねw

  •   0
  •   0

たまたま目にしたニュースに石田ゆり子が載っていたのだが、どうも彼女は違う感じがした。何が違うのかというと、岡村孝子とは違うのだw なんだろうね。ホッとする感じ・安心感とか頼れそうな感じがしないというのだろうか。石田の歳は僕より下ではあるが、まあ、岡村と同じくらいの年代と言えるのに(でも、十歳近く違うのか・・・)、岡村の、お姉さん的な雰囲気とか、「いい歳を取っている」という感じはしない。その理由は不明だが、(僕が勝手に感じる)「頑張っちゃってる感」がいけないのかも知れない。

なお、「頑張っちゃってる感」がないからといって、岡村が頑張っていない訳では全くなく、頑張りを表に出さない・周りにそう思わせないという意味である。それがホッとする感じに繋がっていそうだ。「自然体」とか、そういうものかも知れない。

余談だが、近年の森高はホッとする感じが出て来たが、それが却って良くない。それもなんか違う感じなのだ。やっぱり彼女には、迂闊に近付けないような鋭い雰囲気を漂わせてもらいたい。いろいろ難しいw

  •   1
  •   0

以前から何回か触れていた、「実質ガッキー」と言われていた椎木という人がYouTubeを始めたというので、当然ながら酷評はあったものの、観てみたら、頭の1秒未満で「駄目」という結論に達した。

僕は、訳もなく世間から叩かれてしまっている人には、判官贔屓のように「頑張って」と言いたくなる(今までに何回かここに書いた。例えば沢尻や昔のJRスキーの人(川口)だ)のだが、彼女には全く起こらない。やっぱりセンスがないんだろうな。だって、例えばイチローのような国際的な有名人でもないのに、頭っから

Hi everyone♡

はないだろう。もう、1秒未満(0.3秒くらい?)で耐えられずに止めて、Thumbs downを押したよ(キャプチャを見ると、実際には数秒は観たようだ)。まあ、可愛い(かどうかは意見が別れるだろうが)かも知れないが、センス・能力がない。これを観てもらいたい相手を分かってない。いい歳して、「なんか作ればきっと受けるだろう」という安易な気持ちで作ったのではないだろうか。いや、逆にとんでもない数のThumbs downをもらいたくて作ったのかも知れない。それなら大成功だ(観た時はUp: 433/Down: 1.1万で、downはすぐに千増えた)。

いずれにしても、まったくもったいない。だから、これを機に忘れるということもなく、これからも冷ややかな目で見つめ続けたいと思う次第だw

 

(5/28 20時 追記) 本当かどうかは分からないが、彼女は留学経験がないとのことだ。なるほどと思った。それが本当なら僕の違和感の一因だと思う。留学は必須でもなんでもないと思うし、そもそも、英語(=道具)が話せること自体に意味も価値もないとも思うけど、彼女は、真に必要で英語を話したことがないし、それ以前に、英語圏(西洋)の考え方を分かっていないのだろう。だから、日本人しか見ないYouTubeなのに英語で挨拶してしまったのだと思う。

とは言え、僕だって留学したことなんてないし、英語圏(西洋)の考え方を分かっているか まったく怪しいものだがw

 

PS. 今思ったのだが、こう思う理由は、この人は確かにしょうもないけど、決して、「CDで握手/投票」なんてクソみたいなことをするほど世の中を舐めていないからかな? あとは、烏合の衆よろしく何百人もで徒党を組むことなどせず、自分で悪評を引き受けているのは、数少ない認められる点だろう。だから「とりあえず観た」のかも知れないw

(5/22 7:34 誤りを修正)

  •   1
  •   0

岡村孝子も白血病で入院とのこと。彼女の近頃の歌には関心はないのだが、どうしてか、本当にいい人に思えるし※、姉が居たらあのくらいの年齢なので、全く可哀想にと思ってしまう・・・

※もちろん、会ったことすらないから本当にいい人かどうかは分からないが、もしそうだったら、世の中は全くうまく行かないものだ。それに、いい人かどうかは別としたって、いい歳の取り方をしているから(実際には、これすら思い込みであって、確証はないw)、その点では魅力的だ。

来月出る新作をSpotifyで聴いてみたくなった(でも、申し訳ないが、多分すぐに飽きると思う。これは僕の持論で、人と作品は別だから仕方ない)。

シングルが出たのか、「と・も・に」(2019)という曲がSpotifyに入っていたので聴いてみた。まあ、「岡村」だった。ただ、声がちょっと枯れているような乾いた感じで伸びとか厚みが少なく(「夢をあきらめないで」(1987)と比べると良く分かる)、あまり声質が良くない。単に加齢のせいなのか、この頃から調子悪かったのかな。。。 (4/26 11:17)

 

PS. 岡村「も」と書いたのは、ここに書かずツイートしたような気がするが、少し前に、若い女子水泳選手が白血病になったのを読んで、水泳には全然興味ないのになぜか可哀想に思ったことが背景にある。

  •   2
  •   0