Archive for the ‘人’ Category

僕は、音楽は好きだけど、演劇(特に中小規模)もなかなか好きだ。ただ、僕の中の「劇ブーム」が一段落してから いろいろあったせいか(そういえば、ピアノを習い出したのは劇のあとだった)、何十年も離れてしまって居た。それが、近頃妙な切っ掛け(後述)で ぶり返しつつある。

乗り切れずにフェードアウトする可能性が なきにしもあらずではあるが、今は ちょっとおもしろくなっている。

 

今回は、そんな近頃 ふと思い付いたことを書きたい。音楽(主にクラシック)と演劇(主に小劇場)の人の雰囲気・行動の違いである。これはあくまでも僕の想像で、決め付けとか「こうあるべきだ」というものではない。もちろん、どちらがいいとか言うつもりもない。そもそもどっちも好きなので、「そういうことを想像して楽しんでいる」というのが正しい。

それを以下に列挙する。

  • 音楽: (どちらかと言えば)メンタル派。時に繊細過ぎるかも?
    • 楽器が必要(歌を除く)
    • 基本的にアドリブや変更はない。
    • 知らない人とは会わなそうだし、SNSなどは余りしなさそう。 → ちょっと遠い
    • 酒は飲むが煙草は吸わなそう。
  • 演劇: (どちらかと言えば)肉体派。「生(生身の身体)の迫力・気合いで勝負する」的。
    • 身体一つからOK(僕はそういうシンプルな劇が好きだが、実際はそうも行かないようだ)
    • ハプニング対応・アドリブや、回ごとに(あるいはその回の雰囲気で)細かい変更が結構ありそう。
    • 生(F2F)やSNSなどで同業者や一般人との交流が活発そう。 → 親しみやすい
    • 酒も煙草も行きそうw

二つに分けはしたが、それらが全く分断されている訳ではなく、演劇の人はロック系音楽の人に近そうな感じだし、音楽(クラシック)の一部の人、例えばピアニストYuja Wangは体育会系の雰囲気で演劇人に近そうだ。

 

そして、今なかなか気になっている劇団 地蔵中毒※は いかにも「破天荒な乗り」で期待させる(まだ作を観ていない)小劇場系で、公演を紹介する対談の配信を観たら、主宰の方は(以下は全部失礼な表現です。済みません)外見は「いかにも危なそう」なのに、考えや行動が意外にしっかりしていて(例: 時代に合わないネタは控える、コロナなどへの配慮がきちんとしている、ITを活用している)感心した。もちろん、配信に出られていた方々の 、僕にとってはものすごく久し振りの劇の話(それ以外もいろいろあったw)が結構熱かったので、カンゲキした^^

※どうしてかは分からない(忘れた)が、暇つぶしに見ていたツイッター(だと思うが、ニュースかも知れない)に出た前回(2021/春)の公演のチラシの独特な世界にひかれたあとに、近頃出た今回の公演の案内の題「無教訓意味なし演劇vol.14『母さんが夜なべをしてJavaScript組んでくれた』」で俄然夢中になってしまったw

「無教訓意味なし」に関しては、常々 劇(音楽も)はそういうのがいい・そうあるべきと思って居るし、「母さんが夜なべをして組んでくれたJavaScript」は一体どういう出来でどんな動きをするのか*、是非見たいと思った。(いやこれ、想像するだけでご飯十杯は行けるよw)

*その後、残念ながら件の母さんのJavaScriptは、音楽のアルバムのジャケットみたいなもので劇には出て来ない可能性が高そうなことが分かったが、もしかしたら何かあるかもと期待はしている。

ただ、実際の公演を観て(配信で観る予定)果たして、彼らの乗りに僕がついて行けるか かなり心配はあるが、無理だった時は仕方ない。

その後、劇団の主宰の思わぬひどさが発覚して、配信は観ないことにした。当事者の片方の方の言い分だけで判断しては いけないけど、やっぱり、「見た目」はある程度中身を反映しているのか。なんとも驚いたし、すごくがっかりした。 (7/21 5:35)

僕はいつも、「作品(の良し悪し)と作者の性格・言動は別だ」と書いているが、それでも今回は観ない。この公演の良し悪しは主宰の言動とは関係ない可能性はあるが、その前に観ない。主宰に拒否感が生じたので、観ることができない。評論家でないので、苦痛を押して観るものでもない。評価する以前の問題だ。 (7/21 9:23)

(7/23 5:46) 上の件、その後の経過に大変幻滅した。クソなので それについては書かない。まあ、最初に気になった、原作(すごく有名な古典)を読まずに演ずるのに問題を感じず恥じない人(主宰でなく、問題を暴露した人)だけあるかも知れない。※ 初めに原作を読まないなら、一体何をしているのだろうと思ってしまう。音楽だったら楽譜を読まずに演奏する、ソフトなら仕様書を読まずに(リーダーなりに言われるままに)作るのと同じことだ。それを平気な顔して「それでも ちゃんとできたから問題ない」などと公言するのと同じことだ。お前は一体何を演じ・作ったのか?

※しかも、その人だけでなく、今回の公演では出演者のほとんどがそうなんだから(上に挙げた対談で確認できる)、信じられないほど、あきれる未満のレベルの低さだ。

これは作り手の言動・性格などでは全くなく、作品の作り方そのものの問題で、全く看過できない。

とにかく、いろいろがっかりした。あと、そういうことに最初に気付けなかった(目をつぶった)僕も馬鹿だった。

 

PS. 明日(てっきり今日と思って居たw)は彼らの"JavaScript"の初演なので、それに何とか間に合ったw

PS2. このブログには「演劇」のカテゴリがないのだが、僕の中では劇と「映画・TV」とは全然違うので、そこには入れていない。ついでに書くと、僕の中では、オペラやミュージカルも劇とは枠が違う。

  •  0
  •  0

先日、突然電話が掛かって来て(まあ、電話は常に突然だが)、「うるせーな。掛けて来んなよ・・・」と思って相手を見たら、車のディーラーのおっちゃんからだったので、結構うれしくなって出てしまった。

以前も書いたように、僕は筋金入りの反電話派で※、堀江とか ひろゆきが言ってることにはほとんど賛成で、掛かって来てもまず出ない。なのに、おっちゃんのには出たという矛盾。

余談だが、他に、仮に床屋のおっちゃんから掛かって来ても出るだろう。なんか「好きなおっちゃん」が居るんだろうなw

※どのくらいかというと、電子メールがない頃から電話は使いたくなかった。その頃は、手紙や葉書を愛用して居た。FAXは持ってなかったし、面倒だし、(図がある場合は別として、)文字をわざわざ画像にして情報を落としてしまうところが馬鹿らしいから嫌だ。

FAXの余談になるが、ブロックしまくるらしい肝っ玉の小さそうな大臣は官庁でのFAX廃止を打ち出したけど、メールに画像やPDFを添付とかの下らないオチになりそうだ。結局、ハンコ廃止と同様に、手段そのものしか目に入ってなくて、本質が分かってない気がする。

なんだかんだ言っても、題に書いたように、相手次第なんだろうと思った。いくら「電話はこっちの都合を考えない暴力だ」とか「効率が悪い・低下させる」とか言っても、親しいとか好きな人からなら、怒りもせずにホイホイ出るのだ。(堀江などもきっとそうだろう)

それから、電話は駄目だけどLINEなどは いいというのもおかしい。あれだって、通知が鳴って割り込みもいいところではないか。しかも、すぐに読まなくても読んで返事しなくても悪い印象を与えるようだから、電話より たちが悪い気がする。そういう人は本質を分かってないんだろうな。まあ、僕は使ってないから関係ないけど。

人間は勝手なものだな。

 

ちなみに、その電話は車検の誘い(営業)だった。普段は掛けて来ないのに(車検や整備では今まで一度もなかった)、コロナで暇になったせいか、たまたま思い出したのか。もう少しあとに こっちから電話しようと思って居たので、丁度いいから予約した。そういう抜け目ないところに、あのおっちゃんのうまさを感じ(しかも、全然嫌らしい感じがしない)、まったく すごい人だと実感した^^

  •  1
  •  0

昨日、散歩と買い物の帰りに遊歩道を歩いて居たら、小学生(4-5年生くらい?)の女の子に挨拶された。予想外だったから ちょっと驚いたけど、何とか自然に返せたw 珍しいけど、そういう ちゃんとした子はたまに居るものだ(以前も中学生に挨拶された)。

ただ、一人で小川を見て物思いに耽って居たし、微妙に不思議な雰囲気を醸し出して居た(数m手前から何かを感じた)ので、戸川純の生まれ変わり(済みません。存命です)かも知れない。将来が楽しみだ。そして、今思えば、(その時は背負ってなかったが)戸川のようにランドセルが似合いそうだ^^

そして、現代は、僕らのような大人(老人は除く)が、挨拶にしたってああいう小さい子に声を掛けたりすると(そのうえニコニコなんてしたらw)まずとんでもないことになるが、逆は可能なのが非対称で妙だと思う。そのため、知らない大人からはまず挨拶されないだろうが、まあ、そういう不条理に負けずに立派な戸川純になって欲しい。

 

PS. 非対称性の原因を考えたら、「子どもは弱いから、大人をたぶらかす・大人ににひどいことなどできない」のような、先入観に基づいていることに気が付いた。これは昔通った道で、(何とは書かないが、)そのうち、「子どもも大人も平等なので、子どもを特別扱いしてはいけない」とかいう風潮になるのだろうか? いや もちろんないと思うし、僕はそうなって欲しいと思って居ない。ただ、そのうち(今でも)、大人を嵌める「すごいガキ」が出て来る(居る)ような気がする。「末恐ろしい」ってやつか。

例えば、現代の事情を良く理解しているガキが、そんなことをおくびにも出さずに、通り掛かった一見不審に見えるけど実は無害なオッサンにちょっと困った感じで話し掛けて、少し経ってから、突然防犯ブザーを鳴らしたり大声で叫んだら、そのオッサンの人生を終わりにできそうだよ。

だからこっちも、「子どもだからといって決して見くびって(軽んじては)は いけない」という、いつもの結論に帰着する。 (20:32)

  •  1
  •  0

右往左往しつつ鋭意作成中の(かつ、翌日にはちゃぶ台返しになるのに「今日は進歩があったから」と毎晩飲んでいるw)次期アンプBA3886の放熱について調べていたら(→ 見付かったページ)、いかにも僕の20年後みたいな気がしたサイト、「Asunaro-net(アスナロネット)」が見付かった。近頃僕が書いているような、ちょっとした電子工作や電子機器の修理などの情報が興味深い。ただ、書かれている方は70代なのに※ 僕よりすごく(だから、正確には「僕の20年後」ではなく、それ以上だ)、素直に負けを認めざるを得ない。

※僕は作者の属性(性別年齢、経歴、性格その他)で作物・結果の良し悪しを判断しない主義だが、彼については、内容に加えて世の中の一般的な70代の「IT? なに?」のような方とは全然違うのにも感心したということである。結果的に属性で感心してしまっているし、ステレオタイプな見方を露呈しているが・・・

まあ、ニュースなどで良くある「70歳のおじいちゃんが−した」みたいなのを先に知ったら見る気はしなかった。まず内容で感心して、それから作者が高齢で驚いたということだ。

 

もちろん僕らしくw、読むといくつか注文を付けたくなる。なかでも、投稿・記事の日付がないのが一番残念だ。その点は情報の価値に対する意識の違いだ。あと、全部のページの下部にその方の経歴などが出るのは「うーむ」と言いたくなる。でも、彼のサイトなので問題はない。僕の趣味では ないだけだ。

更に重箱の隅を突かせてもらえば、「ユーザー エクスペリエンスには特にこだわっています。」という割には、今ひとつ使い勝手が悪い(例えば「見通しが悪い」というのだろうか?)のは なぜだろうか。もちろん、まあ、大したことではない。が、それがUXではないかな?

済みません、あと一個。「このサイトの引用はしないでください。」は全くない。※ 「ない10」くらいだw 法的に、適切な引用は許されているはずだし、僕は、参照・引用できなかったら そのサイトは死ぬと思うからだ。まあ、そのあとに、「リンクは大歓迎です。」とあるので、参照で引用を兼ねる考えなのだろう。が、それでは不便で、御自分でこだわっているUX的にはいかがなものかと思うが・・・

※これ自体が引用で、彼の頼みを聞いていないがw、法的に可能なのでしている。

そう書かれている理由を推測すると、「常に更新や訂正をしていますので−引用先まで訂正することができません。」とあるので、投稿・記事の日付を出していないために、常にサイト全体を「現時点」(トップに出る更新日)で正しくしようとして・正しくなければいけないと思っていて破綻しているのだろう。

最後に、本名で出られているのもなかなかすごい。単に仕事の宣伝とか危機感がないとかなのかも知れないが、これも僕とは違う。

 

(BA3886のネタは多いのだが まとめるのが面倒・疲れるので、横道に逸れた。)

  •  1
  •  0

先日、車のオイル交換をした。

ディーラーは久し振りだったが、平日の午前のせいか何か雰囲気が違っていた。室内が煙草臭いせいもあったのだろうか。見たら、外の喫煙所の真上の窓が開いていたから、そのせいなのだろう。全く残念なことだった。まあ、健康増進法とかいうのとコロナ対応がバッティングしてしまったのだろう。普通の人では、そこら辺を完璧にできなくて無理もない気はした。

そのせいなのか、それから数日間はなぜか部屋でも少し煙草臭くなって困った。服や身体に付いた以外に、外から電子タバコ系の臭いが入って来たようだ。一度かぐと敏感になるのかも知れない。

作業を待っていたら、担当(その人から買ったという意味)のおっちゃんが来て挨拶してくれた。久し振りだったので、うれしかった。

オイル交換は1年振りだったので、ついでにオイルフィルタの交換も頼んだら、走行距離が少ないから不要とのことだった(そもそも、オイル自体も「まだ交換しなくても・・・」みたいな雰囲気ではあった)。聞くと、フィルタはオイルと違って劣化しないとのことなので(確かに、10年間そのままとかじゃなければ、フィルタを通ったオイルの量が少なければ、濾過効果は下がらないのは真っ当な気がした)、フィルタはそのままにした。「普通の」ディーラーなら、「エレメントは1年で交換したほうがいいですよ」とか言いそうだが、いつもながら良心的な店だ。

つつがなく終わり(何も悪いところはなく)、オイル交換よりも楽しみにしていた洗車をしてもらって、気分が良くなった。出る時、なぜか、ブレーキの効きが良くなった気がした。無料点検はあったにしても、調整はないはずなので、気分的なものだろうか?

それから、もう一つの楽しみのデニーズに向かった。のだが、入ろうとしたら、駐車場の入り口が閉鎖されていた。閉店になってしまったようだ・・・ まさかの事態だった。もう、フレンドリーな小泉さん(仮)に会えなくなってしまうことになるとは、全く想像もしていなかった。

あとで調べたら、今年の頭に閉店になったようだ。店の整理的なものはあったにせよ、コロナの影響も大きかったのだろうか?

本来は、オイル交換は1月にする予定だったので、そこでグズグズしていなければ、彼女に最後に会えたかも知れないが、まあ仕方ない。今は何やってるんだろうか?

仕方ないので、そのあとの予定の軽いドライブをした。食事しながら行き先を決めようと思って居たので、行き先もなくテキトーに走り、北のほう(日光市辺り)に行くことにした。久し振りに日光の杉並木街道(旧例幣使街道)を走った。例によって?、軽を煽るバカプリウスが居た。あそこは道が狭いから遅くなるのは仕方ないのに、全く無駄なことを・・・ それに、そもそも今は煽りは厳罰化しているのに、(田舎者は)まだ分かってないのか。

デニーズで食べられず、いい店もなかったので、コンビニでバナナを食べた。これも久し振りだった。その駐車場で、作業員の人たちがハイエースで昼飯を食べていた。以前の会社で似たようなことをしたことがあるので、懐かしい感じがした。運転手役の若者はカップ焼きそばだった。以前も見たが、若者は好きなのだろうか? 僕も近頃は良く食べるがw

経路: 時計回り

なんだかんだで3時間くらい走って帰宅した。ドライブ以外も含めて75kmだった。帰路はすごく眠かったが、どうにか無事に帰れた。デニーズを除き、盛り沢山だったその日の予定は全部こなした(別の日にするのも面倒だったためw)。

車の総走行距離は約5.8万kmだった。コロナでの自粛の関係や別のことをしていて余り出掛けなかったため、1年前の交換の時から約1500kmくらいしか増えていない。それでも、一か月に130km近く走っているのが意外だ。まだ調子はいいが、段々塗装が劣化して来たようで、汚れを吹くと布が黄色くなる。そのうち白っぽくなってしまうのだろうが、まあ仕方ない。というのは、以前書いた気もするが、この夏は車検で早くも10年目になるからだ。

  •  0
  •  0

常見: 「痛い中年」として生きる

以前、ツイッターだったかで参照したら、「いいね」されて 驚いたことがあった。今回は、エゴサされて ここで議論できると最高だが、特段議論するネタでもないw

まず、僕と彼は同類なのは認めるが、全然相憐れみないw 彼は僕から見てもイタい。数十年前の僕よりもひどい気がする。毎回自分の写真(ネタじゃなくて、何もおもしろくない)を載せるなんて、ナルシシズムの極みではなかろうか。

ただまあ、年齢が僕より十歳若いので、十年前の僕と比べると・・・いや、それでも駄目だ。せいぜい30年前だw そして、

今時、BRUTUSなんてまだ売ってるの? おもしろいの?? POPEYEはあるの?

と言いたい。

が、まあ、僕としても、好き勝手に生きていると、下手しなくてもああいう風に見られることを肝に命じて、こういう人を他山の石として、日々つつましく暮らしたいものだ(大嘘)

 

関係ないけど以前から書きたかったので書くと、香港の周さんには本当に感心している。逮捕とか収監とかされるのに、逃げも隠れもせず、堂々としていたではないか(都合が悪くなるとすぐに入院する、どっかの政治家に ならわせたいよ)。記事で見た数枚の写真はどれも堂々と写っていて、すごく感心した。

ああいう人が居るから、若者に期待するのだ。

  • 「痛い中年」として生きる

    「痛い中年」として生きる

    今さらだが、気づいてしまった。自分は「痛い中年」であるということを。以前も、「痛い中年」を描いた『デ…

  •  1
  •  0

Ceronに出ていて読んだら、爆笑した上に感心した。

宮崎駿が38歳で監督デビューした時の鬼畜エピソードクソワロタwwwwwww

彼のことはほとんど知らない(し、作品を好きでもなかった)が、読む限り(あと、あの老舗K書店のトップをクビになった太ったお兄さんを一喝した件も合わせて)、こういう人は「ジジイ」ではあるが、きっと、「老害」ではなさそうだ。

全くの想像だが、スズキの爺さんも近そうだ。

でも、一緒に居たら、きっとムカつくだろうから、「うるせージジイ!」って言いそうだw

 

(と、無事にネタを消化。今日のネタは今日消化する、まさに、地産地消。じゃないかw)

  •  0
  •  0

数日前に女優が亡くなった。僕はその人の名前や顔しか知らないから、好きでも嫌いでもなく、今まで全く関心がなかったのだが、記事を目にしたら、なぜか悲しみの塊に覆われたような気分になった(今でも、こうして書いていると悲しくなってしまう)。僕は、知らない有名人のそういうことには無関心なのだが(実際、近頃こういうことが多いが、この女優以前の方たちの時には何も感じなかった)、なぜ、その人にはこうなるのか分からない。

これに近い例がもう一つあって、以前、ある事業所の従業員が業務中に非業の死を遂げてしまったあとでその近くに行ったら、なんか悲しくなってしまった。その人にも面識がないのだが、その時のその人の思いを感じてしまうような気がする。だから、そのことがあってからそこには行かないことにしている。行ったら重い気分になりそうだからだ。

何だか分からないが、強い感情は伝わったり残留したりするのかも知れない。ただ、実際には、女優に関しては記事を見るまではそういう気分にならなかったから、思い込みとか自分の神経が過敏とか弱くなっているせいの可能性が高い。もし本当に感情が伝播するなら、何かあったら即座に感じるはずだからだ。従業員の場合も同様だ。

僕は霊感はないが、ある人は こういう感じが強いのかも知れない。それから、良く、「あそこは*があったから気味悪い(から行かない)」とか言われることがあるが、その少し違う発現形態がこれなのかも知れない。

 

なんか、「その」や「それ」などが多くて ぼやっとしてしまったが、そもそもそういう話なので仕方ない・・・

 

PS. この稿は、最初は後半の従業員の話だった。その人が従事していた事業所の行動が、どうにも従業員の死を丁重に扱っていないように思えたので、「それはないだろう」ということを書きたかったのだが、書き方が難しくてしばらく進まなかった。そこに行かないことにした理由にはそれもある。

PS2. この不思議な「塊」から脱したいので、いつものように書いて忘れたい。ただ、女優については余りにも記事が多くて困る。

  •  0
  •  1

先週切除した唇の染みの傷口の抜糸をして、ひとまず終了となった。今日は、手術をした外部の医師ではなく、医院の医師が行ったが、つつがなく終わった。今まで一週間、唇から糸の切れ端が数mm飛び出ていて何とも邪魔だったし怖かったが、すっきりした。

切った組織の検査結果も問題なかった。良性で、簡単に言えば、普通の黒子だった。最初から分かっていれば切る手間はなかったのだが、僕はもちろん複数の医師も分からなかったので仕方ない。分からずに延々と気にしているよりはいい。

傷跡はやっぱり凹んでいるが、そのうち盛り上がるのだろうか。まあ、仮に凹んだままでも、今までの黒い染みよりは目立たないからいいかとも思っている。

ちょっと気になっているのは、今まで触るとわずかに痛かったことで、医師に聞いたら、例によってさらっと

あ、抜糸すればなくなります。

と言われた。うむ。まあ、一般的にはそうなのかも知れないが、そうじゃなかったらどうするんだと思った。が、ひとまずは様子を見ることにした。

それにしても、あの医師はドクターXの大門医師に似ている気がした。僕は一度も番組を観たことがないが、記事などを読む限り、「失敗しないので」などという、僕の大嫌いな言動が似ている感じだ。あと、歳は大門に近い(医院に掲示されていた医師免許(?)を見て知った)。今まで十歳くらい若く見ていたことが分かり、僕の目の悪さに愕然としたw いや、でも、随分若く見える人ではあった。。。

僕からすれば、その医師とは水と油、まさに天敵なのだが、機嫌がいい(本人は特に機嫌がいい・悪いと自覚していないと思う)時は何ともいい感じで、いわゆるツンデレ系なのか、元々合わない いけ好かないヤツだということをもってしても、つい、気に入ってしまいそうな危険な人物ではあったwww

  •  1
  •  0

先日、車の1年点検をしてもらった。もう9年目なのだが、大きな問題はなく、点検でも全く何もなくて拍子抜けした。

ブレーキパッドなんて、元々10mmらしいのが 6mmくらい残っているとのことで、まだまだ交換は要らなそうだ。減らないように気を付けて走っているつもりはないが、普段はATと間違われることを目指してw、なるべく滑らかに走るようにしているので(飛ばすのでなく、こういう妙なことにも楽しさを感じるようになった)、結果的にブレーキは軽く踏むことが多いので、それがいいのだろう。

それから、赤信号や渋滞が見えていても加速して すぐに停まる、いつもベストを尽くしていたい人wが多いが、そんな無駄にブレーキを踏むような運転をしてたら、頻繁にギアを変えたり再び加速するのが面倒じゃないか。そういうのは山でだけでいいwww

走行距離は約5.7万kmと、当然ながら増えない。今年1月からの平均走行距離は約170km/月だった。

点検料金は1万円だが、自分で持っていたので8千円になった(どちらも税抜き)。平日に行くせいか、近頃は担当のおっちゃんが居なくて寂しい。

 

点検の間にいつものデニーズで昼食にした。居ないと思って居たら、やっぱり小泉さん(仮)が居て、覚えてくれていて挨拶してくれたので、うれしくなった。でも、いつも似た人が居て紛らわしいw あれはやっぱり姉妹の気がする。

 

ちょっとだけ乗った代車のアルト(現行)は結構良かった。CVTだと思うが、電車みたい(実際には違う)な回転数の一定な加速は、僕はそんなに嫌いじゃない(実際、僕のはMTだけど、電車みたいなアクセル操作をする)。ちゃんと加速するのなら、普通の車だったら それでいいと思う。

一つだけ良くなかったのは、マイルドハイブリッドの回生機能で、アクセルの戻し加減が難しく、停止時にぎくしゃくすることだった。慣れの問題だとは思うが。

あと、リアカメラはないものの、障害物のアラームが付いていて なかなか便利そうだった。それから、お約束なのか、エアコンは余り効かなかったw そして、鬱陶しいので、アイドリングストップは切った。あれだけはマジで要らない。センスも筋も悪い、どうしようもない機能だ。

  •  0
  •  0