Archive for the ‘ストレス’ Category

昨日、先日思い付いた、YouTubeの再生履歴を自作音楽ログMlhiに記録する件※をちょっと試し(事前検討し)てみたら、思わぬGoogleの嫌がらせにちょっとムカついた。

※今頃気付いたのだが、この、再生した曲を記録するってのは、Last.fmで有名になったscrobblingそのものだ。Mlhiを作り始めた時は全く気付かなかったのだが、頭の中にscrobblingの情報があって、インスパイアされたのだろう。これの運が悪いと「パクリ」になってしまう。

上に書いたように、YouTubeで再生した曲を記録するには、再生した曲をLast.fmなどに送るscrobblerと同様の処理をすればいい。ただ、Firefoxのscrobbleアドオンには送信先を変えられるものがなかった。アドオンのプログラムを変更すればいいだろうが、いろいろ厄介だ。

それで、代替案として、YouTubeのAPIを使って、定期的に再生履歴を取得することを考えた。YouTube Data APIのページなどを調べたら、再生履歴は自分のプレイリストの一つになっているようで、その内容はPlaylistItemsのlistで取ることができそうだった。ところが、webでAPIを試してみたら、大変残念な結果となった。

自分のプレイリスト一覧を取得したところ、再生履歴のプレイリスト("watchHistory")のIDがいかにもダミー("HL")になっていて、その内容を取得しても空だった(同様に、「後で見る」("watchLater")のIDも"WL"になっていた。その他のリストのIDはちゃんとしたもので、内容も取れた)。調べたら既知の現象で、以前はちゃんと使えていたようなのだが、数年前に廃止されてしまったようだ。きっと、内部にはリストが存在している(実際、別のページでは再生履歴が見られる)のだが、お偉いさん(名前すら知らないがw)がそれで稼ぎたくなったのか、何かセキュリティ上の問題があったのか、突然廃止することになって、担当者は「いろいろいじるのは面倒だから、IDをダミーの固定値にすれば楽ちんだ」とか思って、こういう安直かつこっちを苛立たせる仕様になってしまったのではないか。。。 (→ Stack overflowに廃止になるまでの経緯がまとめてあった。: 7/21 17:16記)

こんなの、雑誌に例えれば、「特別付録: 袋とじ(中身は書けません)」と表紙にあるから、ドキドキしつつも何食わぬ顔で買って、ワクワクしながら開けたら空っぽだった・・・ みたいなものだw

廃止したなら、名前もIDも出すな!

だから、YouTubeの再生履歴を記録するには、最初の案のとおりscrobblerを改造するか、PCのホストテーブル(/etc/hosts)やDNSを変更してscrobblerのデータ送信先のホストを自分にすげ替えるとか、プロキシを使うとかブラウザのログを見るなどしてYouTubeへの通信を傍受して(とりあえず、URLが分かればいい)、再生する曲のIDを記録するといった小技が要る。やればできるとは思うが、こんなつまらないことが要るなんて しち面倒だ。毎度のごとく言いたいのは、

あえて言おう、Googleはカスであると。

だ。せっかくいい技術者がいっぱい居るであろうに、使い方が悪いと思う。

 

PS. (題について蛇足) 調べたら、"Don’t Be Evil"は去年終わって"Do the right thing."になったそうなので、悪魔は解禁のようだw まあ、彼らにとって・彼らが言う「正しいこと」は何だってできるよね(実際には、"the"が付いているので、本当に正しいことを意味するのだろうけど、一体誰が確認するのかって話になる)。そんなの、日本のアホトップだってやってるよ。

(13:23 加筆)

  •   0
  •   1

前にも書いたように、下の家族がうるさくて辟易しているのだが、大家に苦情の電話をするのも面倒なので(大抵、効果がないから)、延々とイライラしながら我慢しつつ、騒音について観察・推測していたら、いくつか分かったことがある。

  • 下の家族がクソ&変(= DQN): 入って来た時から勘付いていた。
    • 親の動作が雑(玄関のドアを勢い良く閉める、帰宅するとなぜか部屋まで走る、重い物を落とすような音というより振動)
    • 親が雑だからガキもうるさい(走り回る足音+喚き声)。: 親の足音も合わせて、常に下で大太鼓が鳴っている感じ。
    • 謎の行動: 深夜・未明に出入り。(「普通」でない仕事?) → 寝ている時もうるさい。
  • でも、この建物はもっとクソ!! 名ばかりの鉄筋コンクリート造。
    • 構造がおかしいのか、下からの音(振動?)が伝わり過ぎる。なぜか、横は問題ない。
      • 足音(ガキ、大人)
      • ドア・引き戸を閉める音(推定): 住人が雑なせいでうるさくなっている。
      • ドアをストッパーにぶつける音(推定: 強くぶつけると硬い音になるのではないか?): 同上
    • 下だけでなく、離れた部屋の子どもが走る音も小さく聞こえることがある。: 小さいので気にならないが、ガキが居ると大抵うるさくなることは分かった。

イライラで頭がおかしくなって、良くないことをしでかす前に引っ越した方が良さそうだ。。。

それにしても、僕は今までこうやって騒音で何度も引越しているから(前回もそうだった)、自分が神経質というオチがあるのだろうし(いつか、「発達障害」などのように、こういうのの病名ができるのではないか。と思って調べたら、既に「聴覚過敏」というのがあったが、症状はちょっと違うようだ)、いくら探しても満足できる部屋は滅多になさそうだ。

今まで騒音に関して満足していたのは、最初の会社の寮(神奈川)と千葉のURくらいだ。どちらも建物がしっかりしていたのだろう。でも、神奈川ではバイクを盗まれそうになったし、千葉では引っ越し直前に車を当て逃げされたので、どちらも民度は低かった。

もし自分に原因があるなら、大家に苦情を言っても解決しないし、どこに引越しても無駄で、自分をなんとかしなくてはいけないが、満足できた部屋もあったから、解決する可能性もある。ただ、満足できた部屋は造りがしっかりしていたために、気になる時と同じくらいの騒音源があったとしても気にならなかったのかも知れない。ベストは無響室(冗談のようだが、ずっと前から結構本気で思っている)だが、そうもいかない。実際、埼玉では楽器演奏可の防音の部屋だったのだが、それでも他の部屋の音が小さく聞こえて来てがっかりした。民間業者が作るような生半可な防音仕様では無駄で、本物の無響室が要るのだ。なかなか難しい。。。

せめて、家族(ガキ)やDQN(学生も)が居ないと分かっている建物なら、期待できるかも知れない(それでも、足音については分からないし、外部からの騒音も考慮しなくてはならない)。あとは、山奥とか孤島の小屋で自給自足?w

  •   0
  •   0

あぁ 常識ない 数十年、遅れてる

ウインカー出す人ほとんどねぇ、
歩行者居ても止まらねぇ。

性格はいいけれど、
おらのムラにはルールがない!

おらこんなとこ嫌だ、こんなとこ嫌だ!

と、大好きな歌に似せてみた(誇張あり)が、正直言ってうんざりして来た。近頃、トラブル(嫌なこと)が多い。

  • スズキのディーラー: 6月中に終わったのに、車検証を送ってこない。明日が期限で、土曜日に催促したら、「至急送る」と言っていたが、まだ届かない(これだけ日数があれば、北海道にだって届きそうではないか)。車検証やシールがなくても実害はないだろうが、余りにもいい加減だ。これまでにも細かいことは見逃して来たが、さすがに堪忍袋の緒が切れた
  • ガス会社: 工事の前にガスを停める連絡をするのに、インターホンを鳴らさずにドアを叩いて居たようで、僕はそれに気付かずに2時間以上待たされた(結局、来なかった)。
  • 所要で行った病院: 僕らが費やせる時間が無限大だと思っているらしく、平気で何度も来させたり、延々と待たせたりする。
  • 下の部屋の親子: 毎日、ガキと親の運動会のような足音・動物園のような喚き声に加えて、謎の物音に辟易している。とにかく消えて欲しい。
  • ヤマト: 本人確認が要る配達(SIM)で確認を忘れ、それを取りに来る(これ自体意味がないのだが)のも、指定した時間に来ず(結局、最後まで来ず)。
  • 辞めた会社: 前世紀の慣習がまかり通る、クソの集まりだった。

理由を考えてみると、ここの連中は、常識がないか数十年遅れているのではないかと思う。まともな人も多いが、そうでないのも多い。平気で決まりを破る馬鹿(例: 車のウインカーを出さない、全く歩行者優先でない。スーパーで、果物(例: アボカド)をさんざん引っ掻き回して買わない、一旦容器に取った揚げ物や手巻き寿司を戻しに来る、ガキが揚げ物をいじる、トングを落としても平気な顔で戻す、自転車を自転車置き場でなく、入口の真ん前に停める)が多い。都会のように性格が悪くてそうするのでなく(たまに悪いのも居るが)、常識を知らない(あるいは、多少破っても構わない、あるいは、この辺りのローカルルールまたはマイルールがあると思っている)ためと思われる。あと、僕が常用しているネット(通販など)はもろ都会基準で、それが当たり前になっているので、それとの落差が大きいのもありそうだ。

要は、田舎は民度が低いってことか。

ここに来た時は、その分、いろいろなことが緩いのが楽で良かったのだが、さすがにイライラすることが多くて、それどころではなくなって来た。とはいえ、また都会で暮らすのも大変だし、大地震が起こったら怖いので、とりあえずここから脱出して、もう少しまともそうな別なところに行きたい気分になっている。考えてみたら、もう7年くらい居るから、さすがに「もういい」って感じだ。それ以外に、以前も書いたが、年金が予想以上にどうなるか分からないのと、収入がないために部屋の契約更新ができない可能性もあるから、仕事(勤め先)を探す必要があり、その点でも別の場所に行く可能性が高い。というか、僕のムラには仕事がないw

 

PS. スズキに関しては、メーカーにもディーラーにも愛想が尽きたので、全く優先(選好)する理由がなくなった。次はメーカーもディーラーも自由に選ぶことにする(でも、トヨタはまずないだろうなw)。ディーラーは、交換会員のオイル残がなくなったら「さようなら」だ。次の点検は近くのディーラーを試そう。

  •   0
  •   0

「次は私自身が向き合わなければならない」(本当に「向き合う」とは言ってないからセーフ?w)とか豪語していた、我が国のprime minstrel。自分が向き合う前にサクっと先を越されて、今度はどういう強がり・牽強付会をするのか楽しみだ。

まあ、国内のメディアや国民は屁の突っ張りのような力で手懐け・誤魔化せても、海外にはそんなものは通じないから、先日のお偉いさんたちの修学旅行でも冷たくあしらわれていたようだ。まあ、彼に笑顔でこびるのは、趣味の悪い芸人やアイドル()程度が関の山だろうw

北方領土では金だけ取られるし、安保でも更にむしりとられそうだし、海外にはばらまく一方で、国民には「年金は当てにせず、投資でもして自分で何とかしろ」とか言い出す(更に悪いことには、言い出し掛けて隠した)、無能で恥知らずな連中に税金なんて払いたくないね。いくら払っても、前述の「いい顔」するためのばらまきや兵器や箱物や政治家や役人の給料や無駄遣いに消えるだけではないのか。あと、原発の後始末にも大金が掛かるな。

もちろん、年金も払いたくない。せめて、世代間の格差を減らす努力をするとか方針でも出せばいいものを。今までの老人ばかりいい思いをして僕らは「頑張れ」では、払う気が失せるよ。あと、そもそも、最初(勤めた時)に意義も詳細も分からないまま自動的に加入していて延々と払わされていたのが良くない。年金の契約書とか約款とかはなかった気がするが、そういうものなのだろうか。払うことで何が対価として期待できるのか全く不明なシステムで、すごくずさんだ。おそらく、「対価」は何も保証されていなくて、その時々の高齢者を補助するというスタンスなのだろう。僕らは、「将来は年金が当てになる」という、どこからか来たような来なかったような、(今となっては)「根拠のない幻想」を持って何十年も我慢して払っていた訳だ。

年金が「その時々の高齢者を補助するシステム」なのであれば、僕らが高齢者になった時も今と遜色ない補助を受ける権利はありそうなものだが、それはもうご破算らしい。まあ、僕らも良く考えずに払って(自動的に払わされて)来た責任はあるが、何とも納得できない話だ・・・

年金の話になると長くなってしまうが、こっちだって、いつからいくらもらえるか不定なのでは、「自分で何とかしろ」と言われても、本当にいくら要るのか分からないではないか。最悪値で考えたらいくらあっても足りない。将来の計画ができなければ不安が募るばかりだ。僕だけの話ではない。今の若い人の多くは貯蓄などない・できない人が多いらしいのに、そのうえで少なくとも2千万円を貯めろとかはどう考えても無理ではないか。更に、将来もらえる年金の額は今の公式予測(かなり盛られているのだろう)より減るだろうから、途方もない額の蓄えが要ることになるが、それが出来なかった人たちは一体どうなるのだろうか。そういう人が増えたら生活保護も足りなそうだから、阿鼻叫喚とか北斗の拳のような社会になるのか?? そういえば、憲法には

すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。

とあるが、それは守れるのだろうか。改憲の時に削除?? まあ、「最低限度」の解釈次第でどうにでもなるし、裁判してもまず負けるのだろうが。

話がまとまらないが、まあ、この国に未来はない。前にも書いたが、いい国があればすぐにでも行きたいが、なかなかない。

 

PS. 今思ったが、わずかな未来への可能性は、僕の持論には反するが、英語教育かも知れない。英語自体は単なる道具なので、話せてもそうでなくてもどうだっていいのだが、英語を通して、わずかにでも多くの人が世界の常識に触れれば、今より少しでも多くのまともな政治家が選ばれる可能性が生まれると思うのだ。

そもそも、今一番やって欲しいのは、議員になるには海外留学とか英語が堪能とか、いや、実際はそういう表面的なことでなく(それくらいは、今の木偶の坊でもやっている)、「世界の常識を知っていて、それに準拠できること」なのだが、それは無理としても、せめて、英語圏的常識を持っていることを条件にして欲しい。そうすれば、常識を知らずに(日本でも通じるかどうか不明な)アホなことをして笑いものになったり(だけど、国内では、メディアを抑えているので、何事もなかったように偉そうにでき続ける)、ぼったくられるのは防げる。とはいえ、そんなことに生活が掛かっている本人たちが賛成する訳もないから1万%あり得ないだろう。そういう点では、子どもへの英語教育に賭けるしかないようだ。まあ、徒労に終わるとは思うが。 (20:25)

そうだ! あと一個あった。日本がUSの51番目の州になることだ。それが一番ベストだw 本当にそれでいいよ。何が悪いのだろうか? (20:45)

  •   1
  •   0

やっぱり、役人てのは平均値としてはクソアホ無能揃いだということを確信した。

ニュースで、茨城県の読みがなを30年以上も誤ったままにしている役所の話を読んだが、その画像を見て、それよりもムカつくことに気付いた。

画像の赤丸はそのニュースに元々付いていたもの。下の茶色は僕が気付いたものだ。

30年以上も読みがなすら直さないところでも、元号は一瞬で直せるすのか。

どこを見て仕事をしているか(いや、そもそも仕事なんてしてないのだろう)が良く分かる。全くアホかバカかだよ。「お前らにやる金なんてない!」と言いたい。何が「マスターデータが誤っている」、「会員が多い」だよ。元号だって同じことだろうが。その論理なら、未だに「昭和」で出せよ。クソが!

(2番目) 以下は6/12に書き掛けたものの、全くおもしろくないので止めたものだが、ついでに出す。

悪いことがない振りをしていれば、すべてうまく行くのか。自分で書かせた報告書を「読んでいない」と威張って受け取らなければ、それが指摘しているであろう問題までなくなるのか。

おもしろい論理だ。小学生レベルだな。いや、小学生に失礼かも知れない。

そして、その問題が発現する頃にはリタイアして悠々自適で知らん顔? それなら本当に問題は起こらないね。彼らだけには。

とにかく、気楽にお仕事をしている連中につける薬はない。

  •   1
  •   0

先日亀裂を見付けてもらった、右上の奥歯を治療(今回は切削(と言うのか?)と型取り)してもらった※。削ったら、ひびは1本(一箇所)ではなく、奥歯の、上下逆さにした風呂椅子の脚(あるいは、指輪の石を留める爪)のようになっている部分を挟んでもう1本あった。これまでは歯の間で見えなかったのだろう。あるいは、削る前に「虫歯」と言われた箇所(黒い線になっていた)がこれだったのかも知れない。

※ありがたいことに、前回と同じ、若くてちゃんとした歯科医師だった。

それを見て、その歯の見えないところに深い亀裂がないかと心配になったが、ヒビは誰にでも起こるから、(他の歯にもあるかも知れないし、)隠れていてもすぐには問題にならないと言われた。が、ここについては、下手をすればその「脚」が折れる可能性もあるとこのとだったので、見付けてもらって良かった。それで、その「脚」を削った。

なお、さっき歯を磨いたら、長年気になっていたその歯の辺りのピリピリが起こらなかった。治療直後で一時的に消えているだけかも知れないからぬか喜びは禁物だが、ちょっと(結構)期待できそうだ。

歯科のあと、気が向いたのと、汚れが結構ひどくなって(とは言っても、遠目には綺麗だったw)、乗る時にモティベーションが下がるので、洗車することにした(洗車は延ばして軽くドライブに行こうかとも思っていたが、モティベーションの低下が結構なものだったので洗車にした)。事前に調べて候補にした2箇所のうち、webの案内(作業内容の説明)がちゃんとしているところにした。ただ、長年の経験からそういうのと実際は違う(まず同じことがない)のは分かっていたので、手洗いで料金が手頃なところで決めた。ガソリンスタンドなので何となく心配はあったが、洗車くらいではまず大きな失敗はないと思って行った。(実は、その時点で大きな失敗だったのだがw)

行くと、珍しくセルフでない店で、ポンプ(と言うのか?)の近くに店員が2人居たのだが、邪魔にならないように店の前に停めても誰も来ない。この時点で結構がっかりした。いつものディーラーだったら即座に出て来るのだが・・・ 来ないので、僕が出て歩いて行って頼んだ。どちらもバイトの感じで、片方の男が洗うようだった。バイトだから駄目と決め付ける気はないが、webには(その系列店の)有資格者がやるみたいなことが書いてあったので、「あっ(察し)」だった。まあ、そのバイトが有資格者の可能性はあるし、そもそも「資格」とか言ったってあてにならないから、どうでもいいと割り切って、店内で待っていた。

少しすると、もう片方の女性店員が来て、コーティングを勧められた。「来たな」と思った。6000円だそうだ。そういえば、最初にも、男が「+300円でコーティングできます」とか言っていたが、それはどこへ消え去ったのか。この調子では、仮に6000円のを頼んだら、もっといい(長持ちする?)のがあるとか言って2万円くらいのを勧めて来るのだろう(渡されたパンフにあった)。

僕は、コーティングでは前の車で酷い目に遭った(何も知らなかったので、納車直後に大手チェーン店(「自動後退」とか言われている)で掛けたら、塗装が削れたようで、時間が経ったら表面がザラザラになり、劣化が速かった)し、コーティングなんてたかが知れている※(逆に、塗装に悪いのではないか)と思うし(その証拠に、今のは何もしてないけどまだそれなりに綺麗だ)、やるにしたって、「なんでガソリンスタンドでやる必要があるの?」と思ったので断った。が、どうにもしつこくてなかなか帰らず、3回くらい断ってようやく帰っていった。普通、説明の途中でジェスチャー付きで「いいです。」ってきっぱり言われたら止めるよね??

※コーティングは塗装ではないので、直射日光や雨でなくなってしまうだろう。ガラス質のコーティング(これは一種の塗装ではないか)というのもあるが、本当にちゃんと施工できるのかと思う。いずれにしても、洗車しなければやっぱり汚くなるから僕には同じことだし、そこまでして塗装を「保護」したい気持ちが理解できない。そこそこ綺麗ならいいと思うのだが。

と思いきや、また来た!

今度はエアコンのガスだ。効きが弱くなっていたとか言って、ガスとオイル交換を勧めてきた。「通常は1.3万円が今回は1万円になる」とか言っていた。効きが弱い気はしていたが、それは最初からで、車の構造によると思っていたし(実際、今日の帰路では充分涼しかった)、やるにしたって、やっぱり、「なんでガソリンスタンド(略)?!」と思ったので、断った。が、やっぱりしつこかった。今度も3回くらい断って、彼女の気が済んだら帰っていった。

全くのアフォだと思った。学習能力がないのかノルマが厳しいのか。。。 その時は気付かなかったが、奥に社員とか店長のようなオッサンが居たので、そういう「売り込み活動」をしないと怒られるのかも知れない。今は大変だよね・・・

いずれにしても、こんなにクソな売り込みは久し振りだ。いつもガソリンはセルフだし、ディーラーだって、こっちから「交換した方がいいですかね?」と言っても「まだ大丈夫です」とか言うことすらあるところなので、今回は結構ムカついた。いくら温厚な僕でもwさすがに途中でブチ切れたくなったが、そうしても何もメリットはないし、おもしろくもなくてこっちが疲れるだけなので止めた。手慣れた人は、こういう時に店員を手玉にとってテキトーに弄んで、コーヒーとか出させたりして、でも「じゃあ次に」とか言ってやらず仕舞いにして楽しむのだろうが、さすがにそういう腕はないw せいぜい、ここのネタにするくらいだ。

こういう手口で、ガソリンを入れるだけに来たのにうかつに「無料点検」を頼んでしまって、オイルからタイヤまですべて交換されてとんでもない金額をむしり取られる上客(カモネギ?)が生まれるのだろう。そんなことしているから、よほど酔狂な人以外はセルフに行くようになったのではないかと思うのだが、本人(経営者)は分かってないようだ。まったく馬鹿だ。

洗車は(売り込み込みでw)45分くらいで終わった。予想どおり、洗車料金がwebとは違っていた。約2000円(税抜き)だった。Webでは車種ごとのクラスで料金が書いてあったが、一つ上になっていた。まあ、これも想定内なのでいい。(僕はこういうのも想定していたし、高くなってもたかが知れているから聞かなかったけど、)そもそも、普通は最初に料金を言うよね。そういえば、最後にまた、ガソリンが安くなる会員カードの作成を勧められた。だから、もういいって!!!!

帰路にふとサイドミラーの腕を見たら、わずかに拭き残しがあって少し汚れていたので、がっかりした。Webではちゃんと拭き上げるとか書いてあって、そういうことはなさそうな感じだったが、こちらの過剰な期待だったのか? 僕としては、別に汚くなければいいからいいけど、広告には嘘ありだ。

次に洗車することになったら、もう一つの候補か別のところにしたい。そのもう一つのところは車屋(系列的な名前はあるが、それぞれ独立した店のようだ)で、webがちょっといい加減だったので、今回は止めた。ただ、作業はちゃんとしているかも知れないし、ここまでしつこい売り込みはないと思うから、それだけでもいい。それに、(再び)洗車くらいではまず大きな失敗はないから、仮に駄目でも大丈夫だw あとは、次回ディーラーに行ったら、有料で洗車だけやってくれるか聞いてみたい。それが一番いい。

てな訳で、個人的な感想は以下である。

敢えて言おう、ガソリンスタンド(の売り込み)はカスであると!

 

今思ったが、洗車は客集めの道具なのかも知れないな。45分(標準は25分と書いてあった)も掛けて2000円前後では割に合わないのだろう。だから、何か他にも注文を取らないと損になってしまうと考えるのだろう。だが、そこが浅はかなんだよ! そうやって押し売りして嫌な気分にさせたら、その客はその店にも系列店にももう来ないから、結構な量のガソリンと(もしかしたら)整備作業がなくなるだろう。知り合いにも「あそこはしつこい」とか言われるだろうし、ここにもこうやって「ガソリンスタンドは」などと書かれて同業他社にも影響を及ぼすかも知れないから、長期間とか広い目、全体的に見れば、押し売りの方が割に合わないと思う。大体、何時代の売り方だって話だ。

 

(19:22 わずかに加筆・修正)

 

PS. このしょうもないスタンドは更にやらかしていた。まあ、細かいことだけど、ハンドルの下に汚れを付けていた(ワックスのような灰色だった)。今日(6/4)運転していて気付いて、もしや傷付けられて知らん顔されたのだろうかと思って(昔は良くあった)、雑巾で拭いて落とせた時までは結構嫌な気分だった。作業者が気が付かなかったのだろうが、無料サービスじゃないんだから、洗車に来た客の車を汚さないってのは当たり前ではないのだろうか? そして短時間だって嫌な気分はさせないで欲しい。 (6/4 14:44)

  •   0
  •   0

どうしてか分からないが、同じアパートに、妙にタイミングが合う家族が居る。訳あって僕はその人たちが大嫌いだから全然見たくないのに、外出する時などに油断していると、必ずと言っていいほど出くわすのだ。

例えば、夕方、買い物に行く時、彼らの物音も声も聞こえないから、「今日は大丈夫だな」と思って部屋を出ると、それまで影も形もなかったのに突然降って湧いたように、なぜか帰宅して来るのに出会って、がっかりする具合だ。

大嫌いなら無視すればいいと思って、そうしようと思っていのだが、朝、やっぱり突然会った時に、向こうから挨拶されてしまって、仕方なく返した。更に弱いことに、その母親がいつも連れている子(幼児)までちゃんと挨拶してくるのだ。近頃は顔を覚えられたようで、笑顔で挨拶して来る。そんなことをされたら無視なんてできやしない。うるさいガキは嫌いだが、悪いのは親なのだ。馬鹿な親のせいで本人は常識を知らないだけなのだから、嫌な目に遭わせるのことはできない。

そもそも、なぜ大嫌いなのかというと、彼らが在宅している時は、年中、ドタドタ足音だの物音がして、すごく気に触るのだ。足音は、子どもの運動会のようなのだけでなく、親のものもある感じだ。物音は何か不明だが、こっちまで振動が伝わって来ることがある。どうしたら、そんなに頻繁に大きな音を立てる機会があるものかと思う。

子どもの足音にはムカつくが、子どもに罪はなく、悪いのは親なのでどうしようもない。毎日、「早く出て行って(引越して)くれ」とか、小さいパイナップルを放り込んでやりたいとか、いろいろひどいことを念じているが、まあどうにもならない。

そういえば、少し前に、外出する時に、ブチ切れていたので、「今度うるさかったら怒鳴りこんでやろう!」と思って、その家族の部屋をちらっと睨んだら、ベランダに、子どものものと思われる、小さい服(良く分からないけど、おむつカバーみたいなもの)が干してあって、それを見たら意気消沈してしまい、「彼らには悪気はなく、子育てなどで彼らなりに苦労しているんだろうから」などと思ってしまった(実際には、いくら悪気がなくても迷惑は迷惑だし、苦労しているのは彼らだけじゃないし、本当に苦労しているかすら不明だ※)。全くあまちゃんだ。まさに、

鬼の目にも涙

だw それで、とりあえずは大家に苦情を言おうと思っては居るのだが、電話すること自体が面倒だし、藪蛇になるかも知れないし、効果があるかどうかも疑問なので、いつも延期している。

※とは言え、僕らはまだしも、高齢者は古い知識と偉そうな言動で嫌がらせ(ありがた迷惑)をするようだし、都会では保育園を建てようとしても反対運動に遭うようだし、まあ、苦労はしているんだろうとは思う。そこに、家での物音にまで文句を言われたら、「あぁ・・・」ってなるだろうなと思うと、やっぱり無碍にはできなくなってしまう。

  •   1
  •   0

副題: 腐った革袋に良いワインか・・・

昨日行ったラ・フォル・ジュルネ TOKYO 2019へのいろいろな文句を、怒涛のようにぶちまける。その他に、いつものように、その日にあったことで気になったことなどを列挙する。

全般

何が「音楽祭」だよ! あんなのストレスを溜めるだけの苦行だ。音楽を楽しむ以前にイライラしたり疲れてしまって、そういうのに耐えて精神を鍛える修行とか、何かの罰ゲームだ。

東京国際フォーラム(以下、TIF)の問題

TIFの全ホールを使っているようなので、ものすごく大勢の人が来ていた。全ホールの収容人員を1万人とすれば、ピーク時にはその数倍から十倍は来ていたはずだ。人が多過ぎて、食事やトイレなど、普通のことすら何一つまともにできない。何でも行列だし、人が多い所(棟の間の広場)ではその行列で通路も塞がってしまって、まともに歩くこともできない。椅子もテーブルも空いている訳なくて、休むことも満足にできない。都心だけど土地は無駄に広いので、何をするにしてもとにかく歩くばかりだった。

まさに、阿鼻叫喚の地獄絵図だった。毎日満員電車で通勤している人は慣れているのかも知れないが、休みの日まであれでいいのだろうか?

ホールのある棟は階段やエスカレーターばかりで、どこに何があるか分からない。表示はあっても分からない。エスカレーターの前で、係員が「R(扉)は手、L手」(左右逆ではない)と連呼していたくらいだ。他には、トイレの表示を頼りに階段を降りたら、突然表示がなくなり、実は真後ろにトイレがあったりする。ここに比べれば、以前懲りた文京シビックホールの方がまだマシだった。

トイレについては、小さいの(小が数個、大が1室しかないのが多い・・・)が分散していて、そのせいかどれも混雑してしまって、すごく不便だった。女の人はどのトイレも長い行列で、更に大変だっただろう。。。

レストランは高いうえに行列※、周りも高級な店か飲み屋。なぜか、コンビニがほとんどない。これの客以外に、はとバスの観光客や有楽町やビックカメラなどの客も多くて、外も競争率が高そうだった。

※その中にはSizzlerもあった。それを見て、大昔(90年代半ば)、横浜かどこかに行って昼食の時だったか、どこも混んでいて、Sizzlerですら行列ができていて、「なんでSizzlerなんかに並ぶ必要あるの!?」とブチ切れたのを思い出した。一緒に行った方には大変申し訳ない・・・

結局、僕は、昼食は食べられず(探し回っているうちに最初の公演の時間が来てしまったため)、飲み物も買えず(気力がなくなった)、トイレで水を飲んだだけで最初の演奏を聴き、その後、地図アプリで何とか見付けたコンビニでおにぎり2個を買って食べた。一個の具は筍だったのだが、次の演奏の時に、なぜか湿った竹の匂いがして不思議に思ったら、自分だったw

ラ・フォル・ジュルネ TOKYO 2019(以下、LFJ)の運営の問題

クラシック音楽を知らない人が運営しているとしか思えない。とにかくうるさい。あれは、映画とかポップ音楽の乗りだった。というのは、ホールAのステージ両脇にはディスプレイがあるのだが、開演前に延々と うるさい音を出しながら動画広告(要はCM)が表示されていたのだ。興ざめだし、演奏前に集中を高めたいのに全く落ち着かない! あと、このCMはベレゾフスキーの調律中にも流れていたのだが、邪魔じゃなかったのだろうか?

同じくステージだが、視覚的にもうるさい。ディスプレイの下にはきらびやかで悪趣味なライトが点灯していた。演奏中もずっと! このライトはステージの背にも同じ色で光っていた。もちろん、演奏中も。

ホールに入って椅子に座って、このありさまを見たら、本当に嫌気が差した。それでも演奏を聴きたかったので耐えたのだが、最初の演奏は前に書いた通りの惨憺さだった・・・ もしかして、ベレゾフスキーが本気を出さなかったのは、この醜態のせい? (まあ、そんなことは全くないと思う)

それから、前の稿にも書いたが、ホールAは広過ぎて後ろの席の音が醜悪だ。音が悪すぎて苦痛のレべルではなかった。企画・設定する時に聞いて確認していないのだろう。多くとも収容人員を半分にすべき(サントリーホールだって2000人だったと思う)だが、それでは儲からないのだろう。逆に、5000人で3000円(最後列でも2500円)も取ったら、主催者は「割安」どころかすごく儲かるはずだ。

ステージ脇のディスプレイだって、細かいところが見えるのは確かに便利だが、視点が動くし、明るいから演奏への集中を削ぐ。遠くの人のためという建前だろうが、そもそも人を入れ過ぎるから要るので、客を減らしてディスプレイはなしにすべきなのだ。

とにかく、LFJは最低だった。

しかし、今思うに、実は僕の方が場違いで、趣旨や中身を確かめずに安易に行ったのが大間違いだったのではないだろうか? LFJは、純粋にクラシック音楽を楽しむ人に向けているのではなく、

連休だし、近くで気軽に時間つぶしができ、しかも、家族とかパートナーと一緒に行けて、いかにもセンスがあって文化的で意識高そうで、(若い人なら)彼女とかにうんちくなどを傾けられ、帰りにおしゃれなレストランで食事したい。

とか思う人たちに適当な、「テキトーなお祭り騒ぎ」だったのではないだろうかw

実際、若い人や家族連れ(赤ちゃん連れも)が多かった。しかも、曲や作曲家に特別に興味がなさそうな人が多そうだった。でも、そうであれば、どういう考えでクラシック音楽を、しかもその曲(僕が聴いた曲なんて、「運命」とか「別れの曲」などとは違って、どれもそんなに有名ではないと思う)を、聴きに行ったのだろうか。そこが理解できない。普通のポップ音楽とか映画でいいじゃん。そっちの方がずっと分かりやすいよw 確かに幅広い人に興味を持たれるのはいいけど、聴いたあとで「綺麗だ(すごか)ったね」などで終わって何もしなければ、余り意味がない気がする。まあ、それでも、低い確率ではあるが、これを機会に継続して聴きたくなる人が居るかも知れないから、紹介とか裾野を広げるという意味では価値があるのだろう。

良かったこと

そんなしょうもない催事ではあったが、わずかながら良かったことがあった(もちろん、演奏自体は概ね良かったが、別に書いたのでここには書かない)。

  • スタッフがちゃんとしていた。多くは学生のアルバイトだと思うが、みんなきちんと対応していた。ただ、かなりスタッフが多かったから、経費が掛かってそうだ。まあ、5000人のホールに客を詰め込んで総入れ替えで回転させれば、充分に元が取れるのだろう。
  • 人ばかりの外に比べて、ホールの中は涼しかったことw あと、椅子の幅や間隔が広めなのは良かった。

雑記

  • 若者(概ね2人連れ)の会話が楽しそうだった。映画の話(例の「ピカチュー」や長澤まさみが出ている作?)とか、本に書いてあったらしい音楽のうんちく(ホールの音を調整する人の仕事の話: 「調律師」と言っていたが、実際の名称は違うと思う)とか。うらやましかったし、後者の話には興味があったが、さすがに割って入る訳には行かなかった(それなことをしたら、良く居る、昔取った杵柄オジさんだ)w なので、微笑ましく聞いていた。
  • 写真を見て気付いたが、近頃は聖子ちゃんカットが復活した?? 単なるミディアムボブ? 服装も80年代っぽい気がする。
  • いまだにCD販売をやっていて、それを買う人が多いのが不思議だ。
  • (都内は)さすがに綺麗な人(女性)が多い。あんなにバッチリにして疲れないのか謎だ。慣れなんだろうが・・・
    •  でも、綺麗なのに性格が悪い人も居る。
    • でも、田舎は綺麗でなくても性格が悪い人が居る・・・ (そうだったか)
  • 年寄りは素直でない。
    • 行きのバスで、バスのカードが止まってしまうので手で押さえないように言われても、例によってムスっとして返事もしない。しかも、このババアは降りる時も同じことをして手間取っていた。
  • 連休のせいか、行きのバスは珍しく満員になった。
  • 行きの宇都宮駅で、今更指定席を取ろうとする人が多いようで、券売機は混んでいた。しかも半分くらい停まっていて、更に混んでいた。釣り銭切れだったのか?
  • 新幹線でもSpotiyは問題なかった。ただ、行きは疲れていたのと、帰りは聴いた演奏に満足して、ほとんど聴かなかった。脳内演奏や本物の音楽の方がいい・充分な気がしている。あと、近頃は無音もいい。
  • 新幹線の通路の反対側の列に、熱心に勉強する若い女性が居た。隣席のババアに嫌がらせ(荷物が邪魔だとか)をされても、丁寧な受け答えをしていたので感心した。集中したのか、最後はあぐらをかいていた。そういう人は結構好きだw
  • 演奏中に奇声を発する人が居た。最初の2公演で居た。子ども? 精神障害者?
    • あと、老人は例によってビニール袋をごそごそ。あれ、なんなのかねぇ・・・ やっぱり、飽きたんだろうか。だったら、曲名を見て分かる(分からない)んだから、来なければいいのに。
    • もちろん、隣には、演奏中にパンフを取り出して読みだす人も居たw あれはなぜ??
  • どの公演でも、席の周囲の女の人の匂いがキツかった。いい匂いの人は居なかった。ただ、いい感じの人は無臭だった気がする。その方が好印象だ。
  • 演奏が終わって下の階に降りる時、平然と横から列に割り込む(仲間内で「列になってるのねー」とか話しながら、しばらく列と並行に歩いて、おもむろに(僕の前に)割り込んだ)ババア数人が居た。オバさんて、なんでマナーを守らないのだろうか? まあ、ジジイも一緒か。
  • その後階段で、近くを歩いていた女性が連れに「隣の人が・・・」と言い出したので、もしや、隣に座って居た人で、「リズムに合わせて頭とかを動かして鬱陶しかった」とか言われるのではないかと、ちょっとドキッとした。だが、「煙草臭くてー」だったので、ほっとしたw
  • 疲れのせいか、帰る頃には視力が落ちた。暗いせいもあって、良く見えなかった。
  • なぜか口内炎ができていた。疲れなのだろうが、飲んでいるビタミンB剤が効いてないようだ・・・
  • 帰りの新幹線の通路で: 席に向かう時に反対側からも来たので、数人を通し、切れ目ができたから進んだら、ババアとガキが来て、避けずに(こっちを無視して)平気な顔で通って行った。譲り合いすることを知らないのだろうか。すごく疲れていたし、頭に来たので、少しぶつかったけど僕も無理して通った。それが結構後味が悪かった。
    • 僕は、車でのやり方のように、交互に行こうと思ったのだが、「普通の人」は、行列がなくなるまで、延々と待つものなのだろうか??
    • ババアはやっぱり・・・
  • 宇都宮駅に、いかにもアメリカンな白人女子が居た。「Youは何しに?」w
  • DQN車が駅前ロータリーを結構通っていた。連休のせいか。あんなに居たとは知らなかった。あと、バス用のレーンに入って、停留所に停めて邪魔になっている馬鹿も多かった。
  • なぜか、駅のコンビニは人が多くて列が分からなくて面倒だったので、何も買わずに帰った。吉野家も、最終バスの時間まで余裕がなくて入れなかった。結局、夕食もまともなものが食べられず・・・ さすがに、僕もそこまでストイックではないw
  • 帰りのバスは丁寧な運転手さんで怖くなかった。珍しい。
  • 珍しく何の忘れ物(持参し忘れも)もなかった。
  • かなり歩いたせいか疲れたせいか、今朝は1週間前に比べて体重が1kg減った。そして、ふくらはぎが痛い。

てな訳で、メモしたことや思ったことをほとんど全部吐き(掃き)出したので、すっきりしたw

AQUOS sense liteで撮影

  •   1
  •   0

郵便というと、あの西室とかいう、会社の甘い汁を吸いまくっては駄目にして渡り歩いていた上級国民ジジイの顔しか浮かばないのだが、今でもその文化が抜けていないようだ。

ゆうパックなどの配達を、宅急便のようにメールなどで事前通知するサービス(名前は調べたくもない)が発表された時は、「郵便も頑張ってるじゃん」とうれしくなり、サービス開始と同時に登録したのだが、その後、まったく使えないことが分かった。形だけは宅急便を真似しているが、それだけだった。最初に感じた(後述)、「無駄が多いサービス」以前に、このサービス自体が無駄だった。

(登録した時に無駄と思った話を書いた気がするのだが、ツイートだったようなので再度書く)

サービスに登録する時、webでの申し込み以外に、本人確認のために郵便が発送され、わざわざそれを自分で受け取らなくてはならなかった。気持ちは分かるが、ものすごい無駄だと思った。配達員の手間が増えるばかりだ(少しは彼らの気持ちを考えて欲しい)。もっと簡便な方法があるだろうに。例えば、ゆうびんIDはマイナンバーでの認証もできるのだから、少なくともそれが使えるではないか。

次に、そのサービスへの登録後最初にゆうパックが届く時、すっかり忘れていたのだが、通知がないことに気付いた。発送直後には来ないのかと思って翌日まで待ったが、全然なかった。登録漏れがあったかと思って調べたら、どうも通知先メールアドレスを登録する必要があるようだった(実際には、これは追加の通知先なのかも知れない)ので、登録した。ただ、そもそもゆうびんIDを作る時にメールアドレスを登録しているのだから、無指定ならそこに出すのが当然だし、サービス登録時に「通知先アドレスが未登録です」のような警告がなく、本人確認郵便で届いた紙には「これで使えます!」みたいなことが書いてあったのだから、全く納得できない。

それでも、「まあ、次は大丈夫だろう」と思っていたが、昨日、やっぱりゆうパックの通知が来なかった。全くおかしい。しかも、このサービスでできるはずの受け取り時間変更もできないと出たので、何かがおかしい(条件から外れている)ようだ。調べてみると、手書き伝票やこの通知に同意していない相手の場合などは通知が来ないらしいので、それのようだ(それ以上の情報がないので、実際のところは全く分からない)。ただ、発送者は2回ともヨドバシだったのだが、伝票はもちろん手書きではないし、ヨドバシが通知に同意しないとも思えないので、システム的な不備なのだろう。そのうち対応されるのかも知れない。でも、

もういい! 今後はあてにしないから。

もちろん、サポートの問い合わせなんてしない。徒労なだけなことが分かり切っているので。そもそも、手書き伝票に対応してなかったら、個人間のゆうパックなんてほとんど対象外ではないか? 宛先が読み取れなくて処理できないのだろうが、郵便(葉書や封書)はちゃんとやっているではないか。「システムが違うので統合(流用)できない」とか言われそうだが、それをやらなかなったら単なる手抜きだよ。すぐにできなくてもいいから、とりあえず予定を示さないと、使う側にはがっかり感やイライラしか残らない。

そこの技術系社員(もし居るのなら)は、上から言われたものを、大金掛けて丸投げして何かでっちあげればいい(しかも、細かい手間は全部現場に押し付ければOK!)、簡単なお仕事のようだw

 

PS. 結局、今も、以前作った問い合わせ番号から配達状況を表示するプログラムを改良したものを使っている。こっちの方がずっと便利だ。そのプログラムを使うと、以下のような感じで最新の状況が出るので、受け取り準備が多少できる。

$ ./bin/check-post3.sh 1234567890XX
05:52:59: 2019/04/27 02:58 到着; 配達予定日:4月27日
08:43:04: 2019/04/27 持ち出し中;

PS2. こんなにひどい状況なのに、ニュースや掲示板などで文句を見ないというのは、誰も知らなくて使われていないのか、僕とかヨドバシだけ何かおかしいのか? 謎だ。

 

(19:02 題とその他を少し変更・追加)

  •   1
  •   1

スーパーのセルフレジでの話。

夕方の混雑した時間帯に、「混雑時はご遠慮下さい」と張り紙があるにも関わらず、のんびり幼児にスキャンさせている母親が2人居て、数台しかないレジの大半を占拠していたので、行列は伸びる一方だった。

一人は、最初はガキにやらせていたくせに、途中から(行列の殺気に感付いたのか?)「触らないで! 面倒なことになるから!」とかヒステリックに喚き出し、当然ガキも(そんなことが分かる訳もなく)ギャーギャーうるさく更に手こずるようになるから、こっちまで気分が悪くなった。もう一人は、やっと精算が終わったと思ったら、カゴもガキの踏み台も片付けずに去って行ったので、ちょっとしたことだけど、すごくムカついた。

確かに、子どもにいろいろな社会の体験をさせるのはいいことだと思うが、時と場合を考える必要があるのではないか。最初はやっていいと言われたのに、なぜか途中から急かされたり怒られ、しかも、運が悪けりゃ、他の人から文句を言われたりするから、子どもにしたらトラウマにしかならないだろう。

良くあることだし、どうしようもないから、睨みつけつつも我慢していたが、あれを大目に見ろってのはちょっと無理だ(外見上は大目に見たことにはなったが、そのせいか、ずっと気分が悪い)。許せない原因は他にもある。例えば、そのスーパーでは、クソガキがうるさく喚きながら走り回ったり、揚げ物やパンなどを手で触るのを野放しにする親や祖父母が結構居ることも一因だ。そういう、自分と子どもしか見えない(自分と子どもが中心・御意見無用だと思っている)連中が居るから、子ども連れは疎まれてしまうのかも知れない。

逆に、たまにではあるが、していけないことなどを(怒るのではなく)きちんと説明しながら歩く、ちゃんとした親が居るのも確かで、そういう親の子はもちろん大人しい。そういう光景を見ると、「まだまだちゃんとした人も居るものだ(日本も捨てたものではないかもなぁ)」とうれしくなる。

ニュースなどでは、満員電車にベビーカーで行く(もちろん乗る権利はあるけど、個人的にはかなりの無茶だと思う・・・)だけで舌打ちされるとか、不寛容な社会※だと言われ、確かにそう思うし、こうやって書くのもその不寛容の一つになってしまうけど、ただでさえストレスが多い世の中で、その場の状況に無頓着(別の言い方をすれば、自己防衛しない)な親たちが多いから、そういう目に遭ってしまうこともあるのではないか(もちろん、いくら世の中が悪くたって、「弱者には親切にするべき」というのは正しいし、僕もそうしたいが、自分に余裕がなければなかなかできないと思う)。

※この不寛容性は、日本人の性質によるところも大きいだろうが、余りにも世の中が理不尽なので、みんなの心に余裕がなくなり、ちょっとしたことも許容できなくなり、少しでも気に入らないものを攻撃したくなっているのではないだろうか。

子育ては大変だとは思うけど、普通の人だって日々大変なんだよ。それなのに、「自分たちは優先だ」という気分で居られると(実際には本人の気持ちは分からない。そんなことは思っていないかも知れないし、傍若無人なのかも知れないし、単に気づいていないのかも知れない)、さすがにムカつく。あと、本題とは離れてしまうが、このことは高齢者も一緒だ。年取ったら何でも優先、何してもいいとかいうことは全然ないから!

うまく言えないが、リスペクト(あるいはhonor)されるためには、それなりの義務・条件があるってことだろうか。あ、中学の時に教わった、「権利と義務」ってやつか(でも、調べたら、ちょっと違うようだ・・・)。

  •   0
  •   0