Archive for the ‘ストレス’ Category

アクセス解析に使っているSlimstatに問題があるのでサポートに連絡したが、約1か月経っても回答がないので、悪い評価を付けた。その時に他のコメントを見たら、作者のとんでもない回答があってびっくりした。

コメント:

I requested an older version be an option after an upgrade. They decided to trot me out as a ‘naysayer’ in their Changelog. It shows a lack of concern for their users.

最後の回答 (太字にしたのは筆者):

Oh, and I would have expected that you stopped using Slimstat on your website, since you consider it such a poor product. Instead, I see that to this day you still (shamelessly) use it. Well, that in my book speaks to the quality of our product more than your own petty review. Thank you for being a loyal user anyway!

Best,
Jason.

(抄訳を載せようと思いましたが、馬鹿らしいので止めました。Google翻訳がなかなかいい感じです。)

上記回答のコピー:

Slimstat作者のすごい回答...

いくらなんでも、ユーザーに対してこの言い草はないだろう。更に、変更履歴にも揶揄する言葉を使うとは・・・ 余程のDQNなのだろうか。僕の問い合わせが無視されたのは当然だと納得した。Slimstat(随分改良した)を使って、このブログと仕事サイトへのアクセス状況に関していろいろ分かったから、あと少しで1か月経つので、そうしたら削除しよう。

そうか、僕も★1個を付けて使い続けていたら、同じように罵倒されるのか。早く消さなくちゃ。。。

 

PS. (後で知ったのだが)Slimstatは過去にセキュリティの問題を起こしていたし、作者はネットワークに関する知識があまりないようで、バグに関係するコードが酷いものだったので、使い続けるのは得策ではなさそうだ。

PS2. なんか、自分のことじゃないのに、読むだけで胸糞が悪くなる。。。英語でもこういう感情は伝わって来るものだな。

PS3. この作者は、元になったコメントを書いた人が相変わらずSlimstatを使っていると指摘しているが、どうやって調べたのだろうか? 偏執狂なのかスパイコードでも入れているのか、使う時には気付かなかったけど、結構怖い。

  •   0
  •   0

今朝、アクセス解析プラグイン(Slimstat)の具合を見るためにアクセスログを眺めていたら、僕が大嫌いな押し売り団体(勝手な論理で国民からお金を巻き上げて無駄遣いする)からのアクセスが目に入った。調べたら、以前にも何回かあった。記事は彼らに関するものではなく、偶然来たのだろうが、気分が悪い。

以前書いたように、「貴協会からの1回のアクセスにつき、10万円申し受けます」(これなら、将来、ネットを使っているというだけで受信料を取られても、十分ペイできる)などの契約確認ダイアログを出したい気分であったが、どうせ払わないだろうから手間を掛けるだけ無駄なので、単純にブロックした。

ついでにブロックしようと、音楽の敵の団体のアドレスを調べたのだが、webサーバしかないようで効果はなさそうだが、一応プロックしておいた。

 

NHK, JASRACの関係者は、団体としてはもちろん、個人でも本サイトへのアクセスを禁止します。

  •   0
  •   2

妹からのメールに返信したら、例の、宛先アドレスがないエラー。何回試しても、別のアドレスから出しても駄目だった。前にも何回かあったが、ドメイン拒否だか許可だかの設定を変えてしまった(勝手に変わってしまった?)のだろう。本人にもイライラするが、ドコモにもイライラする。

自分でメールを出した(あるいはアドレス帳に入っている)相手くらい、設定しなくても受信を許可するようにしたっていいではないか。

そもそも、メールを受け取る相手のドメインをわざわざ登録するって、使い勝手として最悪ではないか。使う人は素人でそんな意識がないのは分かっているのだから、破綻することは最初から分からなかったのか?

来るエラーメールにしたって、「宛先アドレスがない」ってのは全然適切でないから、本当の原因が分からず、すごく迷惑だ。

そういう頭が全くない、使う人のことを全く考えない、センスもネットの常識もない会社が日本のモバイルを牛耳っている。そして、余計な副業ばかりしている。で、高い料金で懐を肥やすと。そんなんだったらGoogleの方が100倍マシだ。

もっとまじめにやれ!!

  •   1
  •   0

昨夜、どうもThunderbirdが重いので再起動したら、スケジュールが出なくなってしまって慌てた。それで、アドオンをみてみたら、ほとんど全滅していた。どうも、Thunderbirdのバージョンが大きく上がった(自動更新されたようだ)せいらしい。Firefoxみたいなことをしたのだろうか。何でもいいけど、連絡とかアナウンスはして欲しいし(勝手に更新するのだから、その前にメッセージを出すくらいできるだろう)、それまでのアドオンを使えなくするのは、全くセンスが悪い。

このまま当分駄目だったら、スケジュールはスマフォで見るしかないかと思い掛けたのだが、いろいろ調べて、基本的には駄目になったアドオンを一旦削除してからインストールすれば回復できることが分かった。が、それでもインストールできないものがいくつかあった。スケジュール(Lightning)もそうで、どうしてか、Linuxからパッケージをインストールするか、新しいThunderbirdに対応した開発版を入れるしかなかった。あと、アドレス帳のための追加モジュール(Inverse SOGO connector)も駄目になっていたが、アドオン自体がなくなったようだ。まあ、元からうまく動いていなかったので、仕方ない。こちらは、別のアドオン(CardBook)で何とかはなっている(が、不便だ)。

更に困ったのは、アドオンを再インストールするにしても、駄目になったものも単に「無効」(使っていないと同じ)の状態になっているので、それまで何を使っていたか分からなくなってしまったことだ。それまで使っていなかったアドオンなら入れないけど、使っていたなら入れる必要がある。一つどっちか分からないものがあり、しかもインストールできないので、困った。

無料で使っているから何をされても仕方ないけど、突然こんなことをするのはクズ(無責任)だ。それで、以前も書いたように、過度のThunderbird依存(メール・スケジュール・アドレス)を解消したいという思いを強くした。が、Evernoteと同じで、いいのがないんだよなあ・・・

それにしても、ただでさえユーザーが少ないのに、こんなMSや林檎みたいに勝手なばかりことしていたら、更に減るだろうに。Mozillaは大丈夫なのかねえ・・・

(10/23 11:55追記) その後、どうしてもいいアプリがなくて、古いバージョンのThunderbirdを試していたら、悪かったのはMozillaでなく、Ubuntuだったことが分かった。というのは、公式サイトから最新のThunderbirdをダウンロードして実行すると、既にLightningが入っていて、何もしなくてもスケジュールが出るのだ(古いThunderbirdでも同様だった)。今まではUbuntuのパッケージ版を使っており、それが最新版(60.x)に自動更新された時に、Lightningがない・動かない状態になってしまったようだ。上に書いた、Linux(Ubuntu)のLightningのパッケージをインストールすれば使えるようになるが、それは英語版しかないようで不便なので、結局は公式サイトからThunderbirdをダウンロードするのが一番良さそうだ。ただし、この場合でも、いくつかのアドオンは再インストール(削除・インストール)する必要があった。

いろいろあったが、当面はThunderbirdで良さそうだ。

 

PS. 昨日入れたものの使い方(設定方法)が分からなかった、TbSyncという、スケジュールとアドレス帳の同期を行うアドオンの設定の仕方が分かり(ステータスバー右下の"TbSync"を押すと設定が出る: これはちょっと嫌だ)、Lightning(の同期部)とInverse SOGO connectorの代用になりそうなので試してみることにした。こっちはMozillaのように変なことはしなさそうだ(本当に?w)。

  •   0
  •   0

消費税を上げたら、キャッシュレスで支払うと還元するとかいう案がある話を読んだが、馬鹿馬鹿しいにも程がある。期間限定にしたって、返すんだった最初から上げなきゃいいのに。そもそも、増税とまったく関係ないキャッシュレスを結びつけるところに、日本らしいセンスのなさ・頭の悪さ・合理性の欠如が見える。結局、目先の餌で騙そうって魂胆なんだろうな。新聞の1か月無料とか携帯料金の1年間割り引きと同じようなものか。

そして、さっきスーパーでイライラしたことから、悪夢のような光景を想像してしまった。もし、プリペイドカードで還元されるようになったら、多くの人が

毎回千円ずつチャージして払う

のでは?

まったく浅はかとしか言いようがない。何の意味があるのだろうか? 店員だって手間が増えてしょうがない。誰得って感じだ。でも、やる人は多いんだろうな。もう、始まる前からストレスが溜まるよw

 

PS. さっき、小額でチャージする意図を考えたのだが、

  • カードを失くした時・盗まれた時の損失を抑えたい。
  • チャージしてから使うまでの利子を店に得させたくない。

程度だ。

失くした時の話は現金だって一緒じゃないか。(カードを裸で持つ人は論外として、)失くす時は財布ごとだろうから、そっちの方が被害が大きくないか?

利子の話は正しいけど、仮に今、1万円を1年間放置して、いくら利子が付くかねぇ??

はい論破w

  •   1
  •   1

先日、ようやく、辞めた会社から退職関係の残りの書類(離職票と退職金の源泉徴収票)が届いた。前回書いた週の終わり頃に届いた。余りにも遅かったので、(それまでは面倒だからしないことにしていた、)その会社の悪行(勤務時間の誤魔化し)を役所に通報しようと思って再度手順を調べたら、書くことが多くて(会社の規則を覚えていないと書けないこともある)面倒なうえに、今回問題にしたかったのは、明確な勤務時間カットでなく、始業前に半強制的に掃除をさせているとか、勤務時間の端数をカットする程度で、田舎では当たり前だったり就業規則で決めていれば通りそうなことで、実際に摘発される確率は低そうだから、止めた。

代わりに、社長のパワハラ(例: 調子が悪くて月曜に休んだあとで、他の社員の前で「3連休はいいよな」、「這ってでも出て来い」などと罵倒された)を通報しようと思って手順を調べたら、信じられないことに、上と同じだった。しかも、パワハラは直接には法で禁止されていないので、勤務時間以上に役所は何もしてくれない(できない)らしく、まずは、会社の内部通報窓口や上司や偉い人に相談するような感じだった。

終わってる。小さい会社にはそんな窓口なんてないし(あっても無力だろう)、(一応役員の)上司に言っても、薄ら笑いしながら(いかにもいい人そうに、こっちの気持ちを理解しているかのように)「良くないですね」程度で何の対応もしなかったし、トップ自身がパワハラしているから、そこに相談するなんてことはありえない。

パワハラ以外に、会社の私物化・不適切な経理(社用車(外車)が、なぜか、個人のものになっている(最初は社長が使っていたのが、ナンバーが2回変わった後、別の人(社長に親しいババア)が通勤に使っている))についても訴えたかったが、これなんて「おかしい」という印象だけで証拠がつかめないから、まさに役所は何もしない・できないだろう。それに、ズルい連中のことだから、法的には問題ないようにしている可能性は高い。

こういったことを役所に訴える代わりに転職サイトのようなところに書き込むことも可能なのだろうが、訴えられることもあるという情報もあって、迂闊なことはできない。訴えられて負けなかったとしたって、そのための手間や費用が膨大なものである一方、書き込むことのメリットは、気分が良くなるだけで、結果として何の得にもならないのだ。せいぜい、その会社に入ってしまって泣く人が減る程度だが、この程度の裁判ではそれだって怪しい。しかも、そんな会社はそこだけじゃなく、世の中にうようよしているので、そんな書き込み程度では被害者は一向に減らないから、世の中に対しても全く効果的でない。

(9/19 8:09追記) やっぱり、何か反撃をしないと気が済まないので、ある会社情報サイトに投稿した。もちろん、「社長がクソジジイ」とかの誹謗中傷はせずに、冷静に大人の書き方にしたので大丈夫だろう。そこは登録なしでも全文が読めるので、採用されればある程度は他人の参考にもなるだろう。(ある程度公平に見せるためw、)その会社のいいことも書いたので、他の悪いことがあっても気にしない人は入るかも知れない。

結局、こういう話でやれることといえば、会社を訴えて未払い給与や慰謝料を求める程度なのだろう(もちろん、そんなことをしても手間に見合わないし、僕が求めるのはお金ではなく、その会社あるいは社長一味を世の中から叩き出すことで、それは、僕が億万長者などでない限りどうしたってできないから、こうやって書いて忘れるのが一番いい)。これのひどい例は、今多い、本人が自殺してから遺族が訴えることなのだろう。

今、やりたい反撃として思い付いたのは、(とっても古いけど)元祖 四代目目高組組長 星泉さんに機関銃持参で社長の部屋に乗り込んでぶっ放して頂き、「カイ・カン」とつぶやいてもらうことだw (実は、これ自体がハラスメントではないかっw)

やっぱり日本は駄目だ。しかも、改善されるきざしなんて見えない(それどころか、次々と出てくるありさまだ)から、自己防衛するしかない。自分で納得して(割り切って)働くならいいが、そうでない人、何が大切なのかを分かっていない人は、まだ多い感じだ。

  •   0
  •   0

退職してから1か月が過ぎたので、思ったことを書く。

今までの話

辞めて良かった以外の何物でもない。何度も書いているが、辞めた会社は本当にどうしようもないところ(「だめだこりゃ」 by いかりやさん なところ)だったということが、改めて分かった。僕の感想だけでは不十分なので、客観的に分かりそうな事実をいくつか挙げる。

  • 盛夏にエアコン故障 → 暑い部屋で扇風機で仕事
  • 未だに離職票と退職金の源泉徴収票が届いていない。
  • 業務引き継ぎ資料に関する問い合わせが一切ない。

エアコンは、単に突然壊れたのなら仕方ないから、何も言わないのだが、経緯やその後の対処が、近頃、死者が出て問題になった病院と同じくらいしょうもない。会社のエアコンは、去年、別の部屋のが故障して交換した。それにも関わらず、他の部屋のエアコンの交換どころか点検すらせずに居て、案の定、僕の居た部屋のが壊れたのだ。どのエアコンも一緒に使い始めて、同じように使っていたのだから、普通の人は、「そろそろ他も危ないから、交換(点検)するか?」などと思うはずだが、ババア(事務のトップ)やジジイ(トップ)は、当座の支出を減らすことだけしか頭にないようで、何もせずに放置していて、結局、壊れた。彼らは何だってそうだ。まともなポリシーや長期的な展望はない。老人の凝り固まった古い考えだけだ。

直るまで1か月近く掛かったと思う(というか、修理が終わる前に辞めたのだが)。もちろん、耐え難い暑さだった。耐え切れなかったので、辞める直前はエアコンが壊れていない別の部屋で作業していたくらいだ。不思議なのは、そんな状況でも(文句も言わずに)暑い部屋に居続けた人が多かったことだ。移るのが面倒? (田舎者らしく、)みんなが動かないと恥ずかしい? 理由は分からないし、理解するつもりもないが、社員もアホ揃いだ。

暑さでストレスがかなり増して、退職の引き金になったことはあるだろう。

離職票と源泉徴収票がなんでこんなに遅いのか、全く分からない。離職票がなかったら、普通の人は失業手当がもらえなくて困ると思うのだが、どう考えているのだろうか。以前の会社ではどうだったか忘れたが、ハローワークに紙を出せばすぐに出そうだが、そうでもないのだろうか。

源泉徴収票だって、税金が掛からないのだから即座に出るはずだ。そもそも、税額などを計算してから支払うものだから、同時に発行できそうなものだが、違うのだろうか(そもそも、退職金の明細すら届いてない。単に口座に金が入っただけだ)。いずれにしても、こういう紙に何週間も掛かるのは理解不能だ。しかも、いつできるとか、どうなっているかの連絡もして来ないし、あの会社の事務は本当に常識がない。

どちらも急いではいないが、それらのために退職の事務が片付かず、思い出すとイライラする。今日来なかったら催促するつもりだ。

引き継ぎ資料は、そんなに完璧なものを書いたつもりはないのだが、上司は何やってるんだろう。まあ、こういうことは今までにも何百回とあったことだから、特段驚くことではない。というのは、彼に何か(例: 資料や頼まれた仕事の結果)を出しても、少なくとも1週間は反応がなく、そのまま忘却の彼方に放逐されるか、催促してようやく返事がある程度だったからだ。今回も、引き継ぎ資料なんて「ゴミ溜め」あるいはブラックホールの中に入ってしまったのかも知れない。彼らが僕のしていた仕事をつつがなく進められるはずはないが(何も問題なく進められているなら、それは喜ばしいことだ)、適当にお茶を濁しているのだろうか。何かまずいことがあると、「僕が居なくなったから」というのをいい言い訳にしているような気がする。まあ、それだって覚悟していたからいいけどさ。クソが!

ここら辺は軽く書くつもりだったのだが、積年のイライラでつい長くなってしまった。。。

要は、あの会社は上から下までどうしようもなかった。仕事の内容はまあまあだったが、会社の体をなしていないと思う。そういう会社が今まで数十年続いて来られたのが、全くの奇跡だ。田舎だからいい加減でも大丈夫だったのか。でも、結局、最後は、ジジイの独断(社員どころか役員にすら、事前の説明なし)で、ジジイの知り合いがトップのしょうもない会社に売り飛ばされてしまった。そういうことを見抜かずに入った僕が馬鹿だった。

今になって分かるが、前の前の会社は、ベンチャーだったけどかなりまともだった。最初はいかにもベンチャーで、社内の仕組みがいい加減だったが、それでも、辞めたところほどひどくはなかった。例えば、入った時から、残業代が全部出ていた(一方、辞めたところは長期に渡って誤魔化していて、摘発された)。上場したら途端に窮屈になってしまったが、それでも、「まともな会社」になれたことは、今は評価できる。まともな会社になろうという意識があった(= その時は、自分たちがまともでないことに気付いていた)ということだし、そういう仕組みを作り上げるのはやっぱり大変そうだから。上場して、窮屈になったり変な人が増えてしまったので、当時は嫌だったが、上場できるだけの会社は、それだけの何か(例: 価値・実力)があるのだろう。

そして、一番最初に入った会社は、まともそうでいておかしなところが多かったが、「社会人としての研修期間」としては良かったと思う。僕は最初は本当に世間知らずだったので。あと、会社や社会の嫌なところをイヤというほど教えてくれたという点でも、評価している。

で、次は?

仮に、次にどこかの会社に入るとしたら、どうやって、カスかそうでないかを見極めればいいかを考えてみたのだが、現段階では「無理」としかいいようがない。公開情報に「我社はアホ揃いなので、多少頭の悪い人も安心して来て下さい」などと書いてあるはずがなく、人や社員に聞いたって、各自のフィルタが掛かったり、部署で状況が異なったり、隠すこともあるだろうから、分からない。面接だって同様だ(前の前の会社では、社長たちに見事に騙されたw)。

そこで思い付いたのは、「お試し入社」である。Amazonプライムの「1か月間無料試用」同様、入社希望の人は、1か月くらい試しに働いてみてから決めるのだ。アルバイトとか学生の「インターン」に近いイメージだろうか。会社としても、こっちの中身を見られるから、お互いにいいだろう。今でも試用期間を設けているところはあるが、もっと手軽(例: ネットで申し込んで、次の日から行く)にできるといいと思う。試用期間のお金がどうなるかは問題だが、1か月くらいならいい。

そういうことを考えると、余り良いイメージのない非正規雇用にも価値があるように思える。更に、雇用の流動化、あるいは、終身雇用を撤廃することが効くように思う。ただ、現状は労働者からの搾取とか会社都合の押し付けの方策になっており、また、単に終身雇用を撤廃するだけでは誰も安心して働けなくなってしまうから、すぐにできるとは言えないが、仕組みとしては活用できる、あるいは、検討の価値があるのではないかと思った。

いずれにしても、そんな先進的なことを田舎の会社が思いつくこともやるはずもないから、ここにいたら、まともな会社を探すのは至難の業だろう。そもそも、まともな会社があるのかどうか。。。 いや、「まとも」と言ったら、そもそも日本自体がまともじゃないじゃないのに、会社に求めるのは酷だろう。

そう考えると、個人(フリー)で仕事をする方が良さそうだが、それはそれでいろいろ面倒があるし、どうやったら仕事が受けられるのかも不明だから楽ではない。まだ考えることは多いが、まあ、気長に構えよう。

日々

暑いせいもあって、ずっと家に居るが、ここを読まれても分かるように、まだ「暇過ぎて困った」ことはない。日々、やりたいことがいろいろ出てくるし、疲れたら寝る。そんな毎日だが、一週間があっという間だ。会社で(上司が無能なせいで)暇を持て余してイライラしているよりずっといい。おもしろいのは、会社で見ていた暇つぶしサイト(例: ねこメモ、ロケットニュース)を全然見なくなったことだ。あと、時間は潤沢でもできない(やる気が出ない)ことは多い。掃除なんてまだ駄目だ。これも気長に構えようw

あと、ストレスが減ったせいか、血圧は下がり、腹は出たw 血圧については、継続して注意する必要はあるものの、正常な領域に近付いている。2週間の平均血圧は、測り始めの今年の2月には149/100mmHgだったのが、8月末には136/96mmHgになった。結果的には、医師(降圧剤処方)より僕の判断が正しかった。

2月からの血圧の変化 (赤: 上、青: 下。直線は近似)

グラフを見ると分かるように、血圧はずっと減少傾向にある。それが、退職で傾き(減り具合)が約1.7倍になった。具体的には、2月から7月までは-1.4mmHg/月だったのが、7-8月では-3mmHg/月になった。季節によるものかも知れないが、退職の効果の可能性は高いだろう。

体重はそれほど増えていないが、下着のシャツがきついことがあるので、お腹が出た気がする。暑いので散歩すらせずに籠もっているのが、良くない気がする。まあ、もう少しで涼しくなるだろう。

誤算?

会社を辞めていいことだらけではあるのだが、事前検討で余り意識していなかったことがある。お金だ。もちろん分かっていたことだが、「収入なし」 の状態になったので、経済的な信用がない状態になった。それが何に影響があるかというと、例えば、クレジットカードだ。もちろん、新規作成はできないが、それ以外に落とし穴があった。

先日、退職関係の事務手続きを調べていたら、クレジットカードの勤務先を変更する必要があることが分かった。登録していたことすら忘れていた。読むと、無職になったことを連絡しても問題ないということだったが、結構ヒヤヒヤした。担当の人に更新などに問題があるか聞いたら、無職だけでは問題にならないと言っていたが、引き落としできなかったら危ないのだろう。当面は問題ないが、クレジットカードがなくなるとかなり困難な状況に追い込まれるので、充分な注意が必要だと感じた。

他は部屋の契約だ。今連絡するつもりはないが、更新の時に無職だったら断られる可能性があるので、ちょっと心配している。そういったリスク(落とし穴)は、実際にこの状況にならないと、気付かないものだ。

最後に、もう一つ気付いたのは、人との会話の機会が激減したことだ。時々病院などに電話したり、受付で話をしようとすると、うまくしゃべれなくて変な人みたいになることがあって、笑えるw 会話の少ない会社ではあったが、「一定の」価値はあったようだ。そのせいか、独り言が増えた気がする。ただ、僕は無意味な集会(例: 地区の何か)は大嫌いだし、スマフォなんかと話すのはつまらないし、却ってイライラするから、そういうのはやりたくない。そういえば、昔はなぜか分からなかったが、中高年の人が長々と立ち話したり、良く独り言を言うのは、こういうことが関係しているのかも知れない。まあ、これも気長に構えれば何かあるだろう。

結論?

書き終えた今思ったのだが、要は、(時間ができて)何でも気長に構えられるようになったのが、退職の一番の効果とか価値なのかも知れない。それは、奇しくも、自己紹介の最初に書いている、「自分のペースで暮らしたい。」が実現できているということで、まずは良かったということだろう。

 

(ああ、タネを一個消化できたー)

 

(13:45 加筆・修正)

  •   1
  •   1

たかがオリンピックのためにサマータイムを導入するとか、訳の分からない話が出ている。で、IT業界の人たちは「大変だ」、「殺す気か」などと盛んに反対している。が、僕に言わせれば、全然説得力がない。いかにも技術馬鹿だ。「ローカルタイム」・「UTC」だの「タイムゾーン」だの「NTP」などと言っても、サマータイムをやりたがっている人たちには全くピンと来ない。彼らには「(コンピューターの)時計を直せばいい」程度の認識しかないようなので(→ (本県の恥のうちの一))。

仮にその程度で済むとしても、日本(実際には海外にも波及する)に一体何億台の「時計を直すべきコンピューター」があるのか、連中は分かっていない・分かろうとしていないようだ。その程度の空っぽな頭なのだ。

そもそも普通の時計にしたって、家の中だけでも数えきれないほどあって、(電波時計は別として※)全部直すのは大変な手間じゃないか(そういえば、昔、「家中の時計を合わせて歩くロボットが要る」と、どこかに書いたことがあるw)。

※本文を書いた後で読んだ話だが、その電波時計でも合わせられない可能性が高いらしい。

そして、「不可能か?」と聞かれれば、不可能ではない(=可能)ので、脳味噌の少ない人は、それ以上のことは考えられない・たくないから、「やっぱりできるんだよね。じゃあ、やろう!」となってしまうのではないか。

でも、実際には、かなりの労力(=お金・時間)が掛かるし、時刻の切り替えに際してさまざまな問題が発生する可能性は高い。が、彼らには、2000年問題の時も特に大きな問題なく終わった記憶(成功体験?)があるせいか、「やればできる」と思っていそうだ。まあ、確かにやればできるのだろうけど、結局、かなり多くの人たちが泣く泣く長時間労働とかタダ働きとかをさせられるし、一般人もトラブルに巻き込まれて、被害を受けるのだろうと思う。

そこで、一番いいのは、対応のための費用をきっちり見積もって請求し、作業に要する時間も要求することだろう。そうすれば、結局、費用対効果の点で現実的でない、あるいは、準備期間が足りないからできないことが分かるはずだ。それでもやれと言われたら、可能な範囲でやって、多くの問題が起こるままにすればいい。そうしたら、政治家や役人は少しは責任を取るのではないか。

いや、甘い。「僕らは手抜きしていいなんて言ってない。問題が起こったのは、企業(→ 技術者)がいい加減な(先見の明のない)製品を作った・いい加減な作業をしたせいだ」と逃げられるだろう。何とも技術者は弱いものだ。。。

まあ、サマータイムは立ち消えになりそうだが、脳味噌のない人が思い付きを言い放題で(ここまでならいいけど)、誰も止めないどころか乗りまくりってのは、なかなか怖い。全く世も末だ。

 

PS. 僕が前の会社で携わっていた製品も時刻をシビアに扱っていたので、導入が決まったら対応させられそうだったが、運良く難を免れたw それにしても、一気に2時間も増減するなんて、一体どうしたらいいのかすぐには分からないな。例えば、増える場合(夏時間が終わる時?)、24時(正確には23:59:59)の次は「25時」, 「26時」(正確には、25:59:59まで)になるのだろうか? それって可能なのだろうか?? それとも、空白の2時間ができるのか? そうでなくて時間を重複させたり詰めたりするのか? あるいは、時刻はズレたまま、読みを変えるだけ? (← これっぽい。サマータイムの間はずっと2時間ずらしたままにして、終わる時に戻すのではないか。でも終わる時に余計な2時間が出そうだ。実施国はどうしているのだろうか?)

少し考えたら、時刻をUTCだけで扱えば大丈夫だが、ローカルタイム(JST)で扱うと、大変なことになりそうだ。やっぱり空白の2時間ができるので、24時、25時台を作ることになるだろうか。ほぼ100%のソフトはそうは作ってないので、どうするのだろう? サマータイム対応のOSはそうできるのだろうか?

「時刻をローカルタイムで扱うな」という意見もあって、確かに正しいのだが、時刻をローカルタイムで記録する腐った仕様もあるので、理想どおりには行かない。本当に最後の最後にローカルタイムに変換するだけなら簡単そうだが、記録するということはそれを読むシステムがある訳で、そっちも直さないといけない・・・ まあ、対応しないのもありかと思う。

いずれにしても、全く恐ろしい。もし、うるう秒まで一緒に来たら、確実に発狂するよ(実際に調べたら、前々回は2015年、前回は2017年だったから、2019年は危ないな)。

(技術馬鹿は、)なんてことを連中やマスコミに言うから理解されないのだがねw

  •   0
  •   0

NHKが参入を検討しているというTVerは、会員登録不要で、アプリ不要で、Linuxのブラウザ(Vivaldi)でも観られた(ブラウザの広告ブロックを解除するだけで観られた)。去年の心配が当たった。全く嫌な感じだ。

これはどうやって回避すればいいのか?

TVerがNHKを拒否する理由は余りなさそうだし(民放由来の団体だろうから可能性はあるが、豊富なお金で解決されそうだ。実際、radiko.jpにも入ったではないか)、会員制じゃないから退会運動もできない。せいぜいアクセスしないようにするだけだが、まず広まらないだろうし、効果も少ない。抵抗不可の最終兵器なのか?

「NHKの映らないプロバイダ」は出ないか!?

やるとすれば、自分でプロバイダ機能を作ることだろうが、さすがに携帯は無理だ。完全にペイしない。そして、そのうちプロバイダ経由で「受信料」を徴収するようになるだろうから、国外に出るしか手はなさそうだ。それもペイしないけど、日本にはもう魅力も将来もないし、政治が腐り切っていて居続けるメリットは少なそうだから、いいかも知れないな・・・

これは、以前JSさんがコメントに書かれた、高速道路の利用料の強制徴収を避けるために、車のタイヤを廃棄するってのと同じだw いや、実際は笑い話ではなく、昔から気にらない国ではあったが、ここまで「いいところのない国」、「なんかの罰ゲームですか?」になり下がってしまったことが、悲しい。

あとは、海外の企業が衛星経由で回線を提供してくれれば、NHKの押し売りは免れられそうだ。AmazonとかGoogleがやらないだろうか? そっちの方が高いだろうけど、いざとなったらそれでもいい。納得の行かないお金は1円だって取られたくない。

それにしても、NHKだけじゃなく、国も企業もどこも同じように、「取れるところから取る」、「今だけ・自分たちだけ良ければ、後は知らない」ってことをやってたら、そのうち本当にみんな出て行ってしまうと思うのだが、そういう危機感はないんだろうな。彼らがそのわずかな程度にも賢いなら、こんなことにはなっていない。

例えば、今までは、人が地方から都会に集まっていて、どうにかして地方に戻そうとして大抵失敗しているが、仮に、どこかの国が日本よりずっといい環境・条件で移民を受け入れ出したら、若い人たちはこぞって行くような気がする。僕も行きたい。

 

PS. TVer自体は、TVがなくても番組が観られるから、特に観たい番組がある時には便利そうだ。でも、そもそも、どんな番組があるかを知らないので、観たいものがあるかどうかw あと、必ず広告を再生しなくてはならない(ミュートは許されない)から、まあ使わないだろう。

  •   0
  •   0

近頃は、見るだけで嫌気が差すもの・人が多い。TVはないから頻度は低いのだが、webを見るだけでもイライラして来る。以下にそんなのの一覧を示す。

  •  東京オリンピックのキャラ
    • ゴテゴテし過ぎていて80年代以下w 目がチカチカして目障りなので、とにかく見たくない! 本当に子どもが選んだのか。消去法で仕方なくなのかねぇ・・・
    • まあ、オリンピック自体がゴリ押しだらけの、センスのかけらもないものだが。
  • 「ご意見番」
    • デブのデラックスなご意見番
    • 歌手や役者の癖にご意見番に成り下がった中高年たち
    • でも、こいつら(ご意見番といったって、副業じゃないか)の言うことをありがたがる連中の方が、もっとセンスが悪い。
  • 白塗りの顔が大きい女性芸人
    • 似たような人に、上着みたいな名前の女性芸人。髪の長さで区別するといいようだ。
  • 太眉を描いた女性芸人
    • 気持ち悪いので、あの眉は本当に止めて欲しい。
  • 音楽業界
    • レコードを「ヴァイナル」とか言って売るレコード屋
      • (30cmの)LPレコードは「12インチヴァイナル」だそうだw まったく「は?」だ。
      • 「アナログレコード」って書くのもアホかと思う。今、「デジタルレコード」なんてあるのか?
    • 紙ジャケでは飽きたらず、帯まで付けて「日本初版を復刻」とかいう、誰得仕様のCD・レコードを売るレーベル
    • かっこつけた顔や格好をジャケットに出すクラシック演奏者(かなり多いw)

こういう輩には、モーツァルトやベートーヴェンの爪の垢でも煎じて飲ませたい。いや、全く効果ないけどw

 

PS. 逆の例では、近頃、上下逆さまに顔が写っているジャケットのアルバムを出した、ちょっと不思議系の外国の若手女性歌手が妙に気になる。曲を聴く気にはならないが、二番煎じでなく、やり過ぎにもならずに目をひくところは、ある種のセンスの良さなのかも知れない。

PS2. 全くの余談だが、「デジタルレコード」があり得るかを考えてみる。まず、レコードにデジタルで記録できたとしても、恐ろしく使い勝手が悪いだろう。モデムのような「ピーガー」音を格納するのだろうが、どのくらいのデータが入るのだろうか。

(本当は33kbpsまでしか無理だが、)ビットレートを56kbpsとして裏表46分とすると、

(56*1000/8)*46*60= 18.4MB

となる。300kbpsのMP3を格納するとすれば、1枚のLPレコードには

(56*1000*46*60)/(300*1000)= 515秒= 8.5分

のデジタルデータしか入らないから、SPレコードと同様に盤の交換が頻繁そうだw しかも、事前に何枚ものレコードを読み込ませてから(85分分を読みこませるとしたら、10枚分なので、460分= 7.7時間も掛かる)でないと聴けないのは不便だ。

ハイレゾオーディオのビットレートは知らないが、仮に4Mbpsとすれば、

(56*1000*46*60)/(4*1000*1000)= 38.7秒

となって、テスト信号には充分だろうが、音楽再生には全く実用的ではない。

この試算をする前は、「ハイレゾだったら、おそらく1秒分くらいしか入らないのではないか」と予想していたが、まあそんなものだった。

そもそも、「アナログの音」が好きな人にとっては、いくら雑音がなくて音が劣化しない「デジタルレコード」があっても逆に意味がないだろうから、需要はなさそうだw (8/8 10:37, 17:19)

  •   1
  •   0