Archive for the ‘引越し’ Category

1μsも顔を見たくないクソと言えば、もちろん、押し売り放送ИНКである(間違っても連中を呼び寄せたくないので、キリル文字にした)。引っ越して一か月経ったので、そろそろ嗅ぎつけられそうだなと思っていたら、本当に次の日に郵便受けに不躾な封筒が入っていて それだけで気分が悪くなったし、次は部屋に来るかと思うと、更にムカついた。

対象者かどうかの確認もせずに一方的に契約を迫るって、一体どういう頭だろうといつも思う。対象者じゃないから何度も拒否しているのにしつこく来るところは、より始末が悪い。

そういうダニやゴキブリ以下の連中を労力ゼロで門前払いするため、旧居ではある仕掛けをしていた。「仕掛け」といってもごく簡単なもので、インターフォンの電源を切っていたのだ。そして、宅配便などが来る時だけ事前にonにしていた。ここはド田舎じゃないし、そもそも、周りに知り合いなんて居ないから、突然訪ねてくる人は居らず、それで何も問題ない。仮に急に家族などが来ても、今は携帯電話があるから連絡できるはずだ。

この方法はその押し売り放送以外に、新聞だの保険だの(未だに訪問なんて、無駄そのものだと思う。まあ、やらされている人は大変だとは思うが、そういう人が居るからコストが高くなっているんだし、全体的な効率も上がらないのだ)もシャットアウトできて、実に効果的だった(最後に残ったのは、郵便受けに突っ込まれる紙だ。意外に捨てる手間が馬鹿にならない。いい加減にして欲しい!)。

この方法を連中が嗅ぎつけて対策されたら困るので、今までここに書かなかったし、今回は連中の名前を伏せた。

それをここでもやろうと思ったら、なんと、インターフォンに電源スイッチがなかった。調べたら、AC電源の線に直結だった。どういう発想でそういう不便かつ危険な作りにするのか全然理解できない。スイッチの分だけでも安くしたかったのか。あるいは、ここのインターフォンは来訪者の画像を保存するから、そのバックアップのためなのか。それにしたって、もっといい方法があると思う。やっぱりパナはエアコンや照明同様、UIのセンスが悪い。

(途中が長くなったが、)それで、上にも書いたが、「そろそろ来そうだから、早目に電源スイッチを付けておこう」と思った矢先に来たので、昨夜急いでやり方を検討し、今日の午前中に実行した。やる方法といっても余りなく、以下のどちらかにしようと思った。

  • インターフォンに直結されているAC電源の線を片方外し、スイッチを経由して接続する。
  • 直結されているAC電源は使わないことにして、インターフォンの電源をスイッチを経由して別のコンセントから供給する。

検討し、外に出るコードの量が少なくなって若干見た目が良くなりそうな前者にすることにした。また、手持ちの部品で何とかなりそうな点でも前者が良かった※。後者は、外したAC電源の線を安全に「ぶらぶら」させるための、名前すら分からないキャップのようなものが必要で、それは買わなければならなかったのだ。

※おもしろかったのは、自分でもないと思っていたのに、手持ちにスイッチがあったことだ。いつか分からないくらい昔に、テーブルタップにスイッチを付けようと思った時に余裕をみて二個買ったものの一個が残っていた。「いつか使うかも・・・」ということも、意外にあるものだ。でも、小さい物に限るw

以下のような回路・接続にしようと思った。

電源コード1 −→ ギボシ端子(F) == ギボシ端子(M) −→ スイッチ −+
(↓: この接続を外す)                                                             |
インターフォン親機 |                                                             |
電源端子1           | ←−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−+

作業の前に説明書で確認したところ、AC電源の線にはかなり太い単線が指定されていた。当初は、上記のように、スイッチへの線とスイッチからの線は先日鳩よけにも使った細い電源コードを使おうとしていたのだが、本体への接続がネジでなく差し込み式だったので、その細い線を確実に本体に接続するのは難しそうだった。

そこで思い付いた。本体から子機に接続しているケーブルを接続/切断しても、電源のon/offと同じ効果が得られることに。それで、以下のような回路・接続にすることにした。

子機接続ケーブル1 ←− ギボシ端子(M) == ギボシ端子(F) ←− スイッチ −+
(↑: この接続を外す)                                                                      |
インターフォン親機 |                                                                      |
子機接続端子1      | →−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−+

これなら、改造する部分はAC電源でなく低電圧だろうから、安全面でのリスクが低いのも良かった。仮に外れてショートしても、インターフォンだけの問題で収まるだろう。

手持ちの部品を探したところ、コネクタはギボシ端子でなくてもPC用のもの(ファン用や4ピン)でも良さそうだった。ギボシ端子だと元に戻す時に圧着した部分を切断しなくてはならず、長さがアンバランスになったり短くなったりしてしまうが、PC用のものだと半田付けは要るものの(本当はPC用でも圧着するようだが)、元に戻す時は半田を外せば良く、切断しなくて済むから好都合だ。

今考えると、ギボシ端子だって半田付けすれば良かったのだが、あまり好きじゃないしw、今ひとつ安定性や絶縁が不安だし、ちょっとかさばるので、PC用コネクタで良かったと思う。

使うコネクタについては、HDDなどに使われていた4ピンコネクタは大きいうえに抜き差しが堅くて嫌いなので、ファン用(写真中央の白い物)にした。

実は、コネクタの許容電力については事前に考えていなかった。後付けだが、インターフォン全体の消費電力が約7Wなので、子機の消費電力を3Wとすれば、PCでもそのくらい通す(例: 12V 250mA, 5V 600mA)だろうから、まあ大丈夫かと思う。なお、細い電源コードは100W(100V 1A)まで通せるので、充分だ。

作業は概ね滞りなく進んだ。知らないうちに左手の指を怪我していたことを除けばw 動作確認もOKだった。子機スイッチをoffにした状態で外部モニターのボタンを押すとエラー画面になり、onにしてモニターすると外の様子が見られた。

こたつみたいなスイッチやひねったケーブルが微妙に昭和な感じだが、まあ仕方ない。赤とか黒とかの目立つ色じゃないから許せるw

当初は、スイッチをインターフォン下部の電話のモジュラージャックの箱に入れるか隠せるようにしたかったが※、ケーブルを固定・整理したあとでそれを思い出したため、やり直すのが面倒だったのと、モジュラージャックを動かそうにもプレートから外れなくて(やっているうちに、プレートを壊すか指を怪我しそうな気がした)、入れる場所が確保できなかったので止めた。

※隠そうと思ったのは、仮に管理会社の人が来た時に気付かれて、「改造は困りますよ」などと咎められるのが嫌だったからだが、まあ、これなら「なんかぶら下がってるな」程度で、インターフォンのスイッチとは気付かれないだろう。なんなら、アクセサリとかカレンダーなどを被せて偽装すれば完璧だw

 

お断り: 本文に記載された改造は、すべて自己責任で行っています。真似て実行することは全く推奨しません。自分の記録や押し売り対策のヒントとして掲載しています。

  •  0
  •  1

この部屋に越してから いつの間にか一か月経っていた。速いものだ。今のところ、旧居でずっとイライラさせられて来た、周囲(特に下)の部屋からの騒音(足音「ドタドタ」や(比喩でなく)びっくりするほど大きな物音「ドスン」)がないので、それだけで満足だ。

一方、この部屋で気付いた点(不具合・欠点)は少なくないが、その一つに、洗面所が微妙に臭う問題があった。旧居のトイレほど強烈ではないが、どうも下水系の気がした。最初は、洗濯やシャワーの後に出る(= 旧居同様に封水の問題)ような気がしていたが、実際には何もしなくても臭っていた。

ソース(「臭い源」)としては洗面台の下(収納の中)が(文字通りw)クサかったので、排水管の継ぎ目などを見てみたのだが、特に問題はなかった。それで管理会社の人に見てもらったが、やっぱり問題なく、使っていなかったあとはしばらく臭うことがあるので、「様子見」になった。

しかし、少し経ってもやっぱり直らなかったので、再度頼むのは面倒だし期待もできないので、無駄・無理かも知れないが自分で対処してみることにした。洗面台の下の排水管には いくつか継ぎ目があるのだが、見た目では問題なくても微妙な隙間がある可能性があるので(旧居の前に住んでいた部屋(旧々居?)がそうだった)、可能性のある箇所をパテで塞ぐことにした。特に、固定金具なしでホースを差し込んでいる箇所が微妙に曲がっているので、怪しかった。他には、洗面台の下の本管(?)に繋がる部分が古くて汚れていたので怪しかった。ただ、そこは洗面台の底板の下で手が届かないので、まずは洗面台の下の部分をやることにした。

二箇所の継ぎ目の周囲にパテを盛った*が、どうも効果がなかった。それで、本管に繋がる部分にも盛った。手が届かないので、菜箸を使って少しずつ「遠隔操作」した※。

*昔、確か旧居のトイレの臭い対策(失敗した)のために買ったものがふんだんに残っているので、使い放題だw

※それで疲れてしまって、作業後の写真がない。

残念ながら、それでも効果がなかった。

無駄な苦労をしたかと思ったが、その部分の工事がどうも雑で、床板と管に隙間があって害虫などが入って来そうだったから、塞いだ意味はあったと思う。

それでも諦めず、(いつものようにしつこくw、)もう一度、排水管の継ぎ目の部分を裏側まで良く見てみた。今度は、継ぎ目がシール(見た目は単なる接着剤のようだった)されていて問題ないと思っていたところも念入りに見た。管の裏(壁)側は見えないので、カメラで撮影して確認した(その時はまさか見付かるとは思っていなくて、「ダメ元」的とか「折角だから」だった)。そして、その裏側の写真(これの裏側)を良く見たら・・・

本当に穴があったのだ!

ちょっと見ただけでは影だろうと思って見逃すが(実際、写真でも影に見える)、シールが細長く破れていて穴になっていたのだ。硬そうな材質なので、力や振動や経年劣化で破れたのではないか。いや、それ以前に、シール材の塗り残しのようにも見えるが・・・ (ここも素人目には塗りが雑な感じだ)

こんな小さな穴なので、常時通気している訳でなく、トイレや洗濯などで管内の気圧が変わった時だけ下水の空気が出て来て臭うのではないか(もし常時通じていたら、さすがに工事の人も気付くだろう)。旧居でも思い知ったが、それほど下水の臭いは獰猛なのだ。

そもそも裏側なので、普通は見ないし見えないから、気付かないのは仕方ないかも知れない。でも、先日来た管理会社の作業員には「プロだったら一応見るよね?」と言いたい。(外見で決めつけるつもりはないが、)何となくいい加減そうな若者※だったけど、本当にそうだった。もし、彼がここの工事もしたのなら、シール材の塗り残しもあり得る(と、決めつけるのは良くないね)。

※余談: そいつは化粧品の臭いをプンプンさせていたので、洗面所の微妙な臭いに気付かなかったとか、臭いが出て来る場所が分からなかった可能性も高いw

それで、その継ぎ目に これでもかというほどパテを盛った。盛りすぎて管と洗面台の底面の隙間を塞ぐプレートが通らなくなってしまったので、無理に通してプレートの上から盛り直した

 

ようやく問題が解決した。それから十日以上経つが、嘘のように臭わない。それまでは、朝、顔を洗う時に微妙に臭くて「(うーん・・・)」となったのだが、対処の後は無臭(洗面台の下(内側)は、ちょっとパテの臭いがするw)で、「これが本当だ」と思える。

めでたしめでたし。

ただ、昨日、洗濯のあとに少しだけ臭って、再発したかと心配になったが、系統の違う臭い(洗濯系: 防水パンからだと思う)なので、しばらく使えば直ると思う(それはそれで別な問題なのかも・・・)。

 

それにしても、前の住人はこの臭い(本当にわずかなものだが)を気にしていなかったのだろうか。ベランダの鳩といい、無頓着な人だったようだ。

それから、これには興味深い序話がある。: 最初に管理会社(不動産屋)の人に話した時、受付の方が、「前の人が物を押し込んでパイプを押して、ずれてしまったのかも知れませんね」と言っていたのだが、本当に前の人や僕がそうした可能性がある。この部屋は収納が少ないので、洗面台の下にいろいろ詰め込んだ時に管に力が掛かってシールが破れた可能性がある。

その時は、不動産会社の人がそんなに詳しい訳ない(「例によってテキトーな言い訳だろう」と思った)と思って気に留めなかったが、実際には本質を突いていたのだ。穴を見逃した作業員よりまともだった。経験から来る話は、「まさか」と思ってもちょっとは考えた方がいいようだ。

 

PS. 素人の疑問だが、なぜ排水管のシールをああいう接着剤(「ボンド G17」のような感じ)のような硬そうなもの(触っていないので、実際には柔らかいのかも知れない)にしたのか疑問だ。安くて工事が楽だからだろうか。こういうところはゴムとかシリコンとかが適切だと思うし、僕が使ったパテだっていいと思う。まあ、ゴムでもシリコンでもいずれ劣化するだろうし、パテは作業が面倒で、盛ると かさばるし、ずっとべとつくから使われないのだろうか。

まあ、旧居のように、末端のシールはまともでも、基本的な本体の設計や造りが駄目で、素人では手に負えないパターンもあるから、それに比べればずっとマシだろうw

  •  1
  •  0

鳩対策の第二弾は手すりだ。一昨日、手すりの上にワイヤーを張った。そして、昨日・今日と楽しみに待っているのだがw、鳩の姿が一向に見えない。ただ、時々、ちょっと離れたところを少し大き目の鳥が通過するのは見えるので、どうやら、障害物(ワイヤー)があるのを察知して避けているようだ。白いケーブルで見えにくいと思うのだが、ちゃんと認識できるようだ。さすがだ。それか、僕が見ていない時に失敗して懲りたか、あるいは、この前にしたエアコンの室外機への対策で懲りたのか。

いずれにしても、(当面のところは、)糞害が回避できたので一安心だが、鳩の復讐が怖いところだ。例えば、猛スピードで何度も突っ込んでワイヤーをぶち切るとか、窓ガラスに特攻して来るとか、仲間を誘って大群で押し寄せるとかである。そこまで行かなくても、手すりを無視して、いきなりベランダに入って来てくつろぐ可能性もあるので、油断はできない。

以下、作業について書く。

調べたところ、ワイヤーやテグスを少し緩めに張ると、不安定で鳩が止まれないからいいそうだ。あと、上下に2本張ることを紹介しているページもあった。そこではワイヤーを5cm間隔くらいで張っていたので、僕もそうしようと考えた。

いつもどおり、手持ちの材料で見繕うことにしたw ワイヤーは以前センサーランプに使った細いACコードの余りを、支柱は数膳組を買って余っている菜箸を考えた。

事前に室内で試してみたら、まあできそうな気がした。ただ、問題は、ワイヤーの支柱の固定方法である。ベランダの手すりの両端に縦に溝があるので、最初はそこに差し込んで固定しようと思ったのだが、菜箸では細くて駄目で、他に丁度いいものがなかった。万が一の落下を想定して、軽い棒(しかも、容易に腐食・劣化しない)が良かったのだが、手持ちにはなかった。それで、ホームセンターでアルミなどのパイプを買おうと思っていた。

しかし、その夜寝ている時だったか、旧居で水切りトレイの台に使った100円ショップの整理棚の脚(金属製)を思い付いた。これは軽くはないが、コの字型の形状の上下の横棒の一本が手すりの桟数本に固定できそうな気がしたので、試すことにした。落下については、棒をしっかりコードに結び、コードは手すりに結んでおけば防げると考えた。

支柱の他の候補としては、昔パナの通販でもらったまま死蔵していた箸も考えたが、実際に試したところ、上下逆さに挿せば溝に嵌まるが、弱くてコード(細いワイヤーやテグスでないので、結構重い)の張力に負けそうだったので却下した。だから、菜箸でも駄目だっただろう。その点で、整理棚の脚は丁度良かった※。

※なお、トレイの脚を使うことに決めたのと作業に取り掛かるのが(= やる気が出たのがw)結構急だったので、残念ながら支柱に使った脚の写真がないが、実物はこの製品の脚である。

それから設置した。やっぱり大変だった。まあ、室外機に比べれば疲れはしなかったし怖くもなかったが、物や工具の落下にすごく神経を遣った。僕はそそっかしいので、何も考えずにやると、本当に危ない。力を入れて作業しているうちに、「あっ!」とか言ってラジオペンチを飛ばしかねない。。。それで、大き目の物(コードや支柱など)は建物に結んだコードで縛り、工具や結束バンドはとにかく落とさないように慎重に扱った。その甲斐あって、物を落としたりはしなかったが、最後の辺りで、間違って付けてしまった結束バンドを再利用しようと思ってあがいていたら、ドライバーを指に刺して「あっ!」と言ったwww

そんな訳もあって、当初はワイヤーを2本張るつもりだったが、すっかり忘れて1本だけになったし、手すりとの間隔だってテキトー(約10cm)になってしまった。これについては、終わったあとに「あっ!」と気付いてw、「面倒だから、駄目だったら改良しよう」と思ったが、今のところ大丈夫なようだ。それに、2本張るには支柱の高さが足りないうえに、1本でも張力が結構あるので、2本は難しそうだ。

あと、位置の微調整と失敗を防ぐため、いきなり支柱を固定せずに、まずは別のケーブルや針金で仮止めしてから結束バンドで固定した。そしてできた。いろいろ考慮して、残念ながら、設置した写真は載せないが、以下に概略図を示す。図中、二本線(=)はベランダの手すり、一本線(-)はワイヤーの支柱(整理棚の脚)、波線(~)はワイヤー(細いACコード)である。

   -------~~~~~(ワイヤー)~~~~~------
   |                              |(ワイヤーの支柱)
===X===========(手すり)============X==
‖ | ‖ ‖                    ‖ ‖ | ‖
‖ --X--X-                   -X-X--- ‖ 
‖   ‖ ‖                    ‖ ‖   ‖

手すりに付けた鳩よけの概略図

支柱は、手すりの横棒と縦棒2本の3箇所で結束バンドで固定した(Xの箇所)。ワイヤーは数箇所で支柱に結び、更に(結束バンドがなくなったので)針金でも固定した。また、落下防止のため、コードの末端の余った部分を手すりに結んだ。支柱は手すりの側面に付けたので、ワイヤーが手すりの真上に近くなるように くの字に曲げたのだが、100円のものにしてはすごく硬く、思ったようには行かなかった。鋼鉄製なのか。

付けてから、もう少し支柱の手すりへの固定やコードの支柱への固定を強固にしたいと思ったのだが、前に書いたように結束バンドを使い尽くしてしまったので、追加を買ってからする予定だ。昨日や今日にでもホームセンターに買いに行こうと思っていたのだが、どうも疲れて面倒になったし、欲しい物がなかったり高かったりするので、昨夜ヨドバシに注文した。まあ、すぐに壊れる気配はないから、届くまでしばらく休もう(と言いつつも、延々とオーディオの調整はしている)。

あとは、しばらく・定期的に効果や緩みなどを確認したい。時間が経ったり季節が変わるとワイヤーが弛むと思われるが、その時は調整するか(でも、何かうまい方法がないものかと思う)。そして、いつまで「持つ」かが気になるところだ。結束バンドと支柱は、どちらが耐久力があるのだろうか?

PS. 今まで随分長く上の階に住んで来たけど、一度もこんなこと(鳩害)はなかったので全然意識していなかったのだが、単に運が良かっただけなのか、たまたまここが鳩の都合がいいとか鳩が多い地区なのか、そのうえでこの部屋の今までの住人が無頓着で鳩を気にしていなくて、鳩が居心地がいい場所だと覚えてしまったのかと想像している。

  •  0
  •  0

昨日、センサーランプの改良やベランダの手すりの鳩よけを作るのに結束バンドを多用したら ついに一本もなくなり、引っ越し関連の作業や鳩よけ作りで指先があかぎれになったり軽く怪我したりしたので絆創膏を数枚貼ったら、それもなくなった。

もう少し結束バンドを使いたいところがあったが、どこを探しても一本もなかったので とりあえず針金で代用し、あとで補強することにした(巻き方を間違えて二本失敗したのが、悔やまれる・・・)。指先が割れていたので すぐに絆創膏が欲しかったが、ないものはないので、とりあえず医療用紙テープ(包帯を留めるもの?)を貼った。その後スーパーで買ったら、意外に高かった。

 

PS. 引っ越し関連と乾燥で指(手)はもうボロボロで、今は寝ていて目が覚めたら割れたところが痛くなったので、起きて薬を塗り、ついでにこれを書いた。が、もうそういう作業はほとんど終わったはずだから、これから治るのだろう(と、期待する)。

PS2. 絆創膏はケアリーヴを愛用している。一番いい感じだ。

  •  0
  •  0

昨日、エアコンの室外機の支柱にケーブルを巻き、上に入れないようにした。作業は予想以上に大変で、しながら、それまでは「鳩(の習性)だから仕方ないよな」程度にしか思っていなかったのに、「クソが! 意地でもお前らを排除するぞ!!」という敵意に変質した(西部劇の、髭面で葉巻をくわえて銃を持った、荒くれ者のオッサンのイメージ)。こうやって苦労し(てなおかつ成功しなかっ)た人が、鳩に空気銃や矢を撃ったりして捕まるのかも知れないと思った。そりゃあ、家を糞だらけにされてうるさくされたら、イライラするよ。

作業について書く。

まず、検索して、今の僕のような初期段階で鳩を避けるためには、手すりなどの上にワイヤーやテグスを張る、手すりや物や床の上に剣山を置く、忌避剤を塗布するという方法があることが分かった。それで僕は、手すりと室外機をワイヤー・テグスで対処しようとした。というのは、万が一外れた場合に他者への被害が少ないことが重要で、ワイヤーなどなら大きな物と違って少ないと予想したからだ。あと、物の両面テープでの固定と違い、縛っておけば切れない限り飛散・落下することがないと思った。両端を縛っておけば、仮に切れても(細切れにならない限り、)どちらかで止まることも期待した。あと、ものぐさだから「手間要らず」なのは重要なので、忌避剤は全く選択肢に入らなかったw

次に現場を調べて張り方を検討したのだが、室外機は高いところにある(室外機の天板に手が届かないほど)ので、思いの外困難だった。それで、ワイヤーならまだしも、剣山は置けないし固定もできないから無理なことが分かった。ワイヤーにしても、上部には手が届かないから難しいので、室外機の上の隙間に、サイズがぴったりで容易に抜けなさそうな物(例: 押入れケース)を置いて塞ごうとしたのだが、開口部が狭くて入れられなさそうだったし、強風などでの落下が怖いので、結局、ワイヤーにした。

それで材料を準備したのだが、例によってお金を掛けたくなかったのでw、ワイヤーは、昔買ったけどイマイチな感じ(会社のページなどに、やたらに「最高」とか「これしかない!!」みたいなことが書いてあって、今となっては「ごく普通のケーブルなのに、良くそんなの信じたものだ。全くのアフォだったよ」※と恥ずかしいw)だった、ベルデンとかいうスピーカーケーブルを使った(写真の黒白の線)。5mなので(4本で)20mは使えて、見積りでは充分だった。被覆されているので、短期間では腐食・破断しないという期待もした。

※個人の感想です。

取り付けは、室外機を吊り下げている支柱にケーブルの末端を縛り、室外機上部の隙間の前の支柱間に、少し張力を掛けつつ、簡単に言えば、靴の紐のように交互に通して5本(正確には5筋?)張った。横からも入られないようにするため、(なかなか難しかったが、)少し通した。その都合上、初めを室外機裏側の支柱に縛った(輪にして、ずらして位置を上に上げた)のと、念入りに前面に張った(これは、鳩に対する強烈な意思表示である)せいもあって意外に長さを食い、約15m(3本)使った。そのため、途中でケーブルを繋げた(途中で色が変わっている: もう一対をほぐせば同じ色にできたのだが、その場ではちょっと面倒だった)。

高所恐怖症なので、ベランダで椅子に乗っての作業はかなり怖かった。作業しながら、「これで落ちたら鳩のせいで死ぬのか。それはちょっと・・・」とか思い、鳩への憎しみが増した。だから、手が届かないからといって椅子を更に高くすることはしなかった。その代わり、支柱の上部にケーブルを巻く時には掃除に使った箒の柄が孫の手のように使えて便利だったw あと、自分だけでなく、工具などを下に落とさないようにするのにも神経を遣った。

順序が逆になるが、最初に室外機の上を掃除したら、大量ではないものの、意外に多くの糞や羽根やゴミ(短くて細い木切れのようなもの: 松葉?)があったので、今やって良かったと思う(実際、昨日は木の枝をくわえて来た)。このゴミのせいかどうかは分からないが、うっかり窓を開けて作業したら部屋が微妙に臭くなってしまい(なんか、青臭い感じ)、その点でも憎しみが増した。あと、そういうのには病原体が含まれていると読んだので、作業後は念入りに手や道具などを洗い、ゴミはビニル袋で二重に密封して玄関に置いた。

そして今朝、まんまと鳩が二羽(つがい?)来たけど室外機の上には入れず(片方は待っていたが、雌なのだろうか)、手すりで少し考えてから飛んで行った。ひとまず成功だ!! ただ、彼らの反撃とか抜け穴探しがありそうなので、しばらくは気を抜かずに観察が必要だ。

使っていないスマフォを監視カメラにできるかもと思ったが、まあやり過ぎだろうし、他人に誤解されるかも知れないし、面倒なので止める。

なお、昨日は室外機だけで疲れてしまったので、手すりの対処(上にワイヤーを張る)は今日(晴れてから)やる予定だ。こっちも別のケーブル(先日センサーランプに使った余りの、細いACコード)を使う予定で、その支柱の固定が難しいので、試行錯誤したい。と書いている間にもまた鳩が来たので、なるべく早くしたい。

PS. ところで、鳩が来るのは午前だけで、午後には全然来ないのだが、何をしているのだろうか? そのままずっと来なくていいのにwww

  •  0
  •  2

(他の話題もいくつかあるのですが、まだ進行中なので手軽なネタを)

少し前から、ベランダに時々鳩が来て、鳴き声が聞こえるようになった。朝や午前中が多いように思う。最初はのどかで良かったのだが、結構頻繁に来るので段々不安になってきた。いわゆる「糞害」を恐れたのだ(調べたら、居着かれるとなかなか大変そうだ)。今はまだ糞が落ちていなくて軽症なのだろうから、鳩は早いうちに撃て「やる」なら今のうちだ。

今日は姿が見えないのに鳴き声がするので、どこに居るのか見たら、エアコンの室外機(天井から下がっている)の上に座っていた。。。 「うーむ」と思いつつカーテンの内側から見ていたら、目が合ったw しかも、何度も行き来していた。

鳩先輩には申し訳ないが、糞を掃除するのは面倒なので、対策をTODOに追加した。とはいえ、室外機は高いところにあるので、なかなか大変そうだ・・・

PS. これが猫だったら大歓迎だが、そんなことは全くないのが猫だw (それに、可愛いといえども、糞尿・繁殖されたらやっぱり困るので、「猫可愛がり」ばかりという訳にも行かない・・・)

  •  0
  •  0

引っ越しで残っていた大きな仕事、オーディオの再生音質の調整(補正)。何度かやったのだが、どうも気に入るようにはならなかった。147Hzに鋭い山があって取り切れないのだ。その周波数は、(旧居でも問題になったのだが、)床と天井の間の共振と思われる。それだけならまだしも、厄介なことに、スピーカーと耳(聴く位置)の間に机があると強まってしまうことが分かった。机なしでうまく行ったと思っても、机を入れると台無しになった。

スピーカーと耳の間に机を置くと常に駄目なのか、「147Hzが駄目な領域」に机や耳があると駄目なのかは、まだ分からない。今は後者と推測して、配置に苦心している(駄目な領域ははっきりとは分かっていないうえに、机が大きいためにうまい配置がなかなかできないのだ)。

それで、配置をどうしたらいいか考えていたのだが、昨夜、なぜか低音の騒音(車のエンジン音とかエアコンの室外機のような音)が聞こえて来て、どうにも嫌な気分になった(騒音が音楽を濁すので、聴くのを止めた)。それで、それがどこから来るのか調べようと室内を歩いていたら、その音がほとんど聞こえなくなる位置があることに気付いた。数箇所あったので、マークした。

それで、そこを聴く位置にすれば、その騒音が聞こえなくなり、更に、「もしかしたら(あわよくば)、147Hzも少しは良くなるかも知れない」なんて都合のいいことを思い付いてしまった。それで今日やってみたのだが、大失敗だった。

事前にスピーカー一個で音(147Hz)と使い勝手が最適な位置を探し、そこにスピーカーや机・PCなど一式を仮設置して試しに聞いてみたら、随分音が変わった気がした。最初は音が良くなったのかと思っていたのだが、特性を良く見たら気付いた。

これ、低音が出てないんじゃ??

84-100Hzが谷になっていたのだ。最初の特性と比較すると、その帯域が10dBくらい低くなっていた。特性を測定したけれど、147Hzの高さに気を取られて、他をちゃんと見ていなかったのだ。馬鹿だね。

新しい位置(緑)では低域が出ていない(赤丸)。

実際、信号発生器で音を出してみたら、80-90Hzがほとんど聞こえなかった。これでは全く使い物にならない。だから音が違って聞こえたのだ。

ということは、昨夜の騒音もこの辺りの周波数だったか、あるいは、ファンの(電源の)50Hzの2倍の100Hz辺りだったか。まあ、車のアイドリングの周波数がどのくらいか分からないから、何かは不明である。

アイドリングの周波数について少し調べたら、計算どおりの値を当たり前のように書いてあるページが多くて面食らった。その計算とは、エンジンの回転数(rpm)と1回転当たりの爆発回数から周波数を求めるのだが、例えば、アイドリング時の回転数が750rpmで、4サイクル、4気筒のエンジンの場合、

(750/60)/2*4= 25Hz (/2は2回転で1回爆発、*4は4気筒の意味)

となる。アイドリングの周波数を書いてあるページはあまりなかったが、数千回転での周波数も上の計算で出すので、すごく低くなっていた。例: 「4サイクル、4気筒のエンジンで6000rpmなら200Hz」

いや、さすがにそれはないでしょうと言いたい。確かに基本周波数はそうだけど、聞こえるのは倍音のもっと高い音ではないか。アイドリングなんてまさにそうだ。25Hzなんてほとんど聞こえないはずだけど(聞こえにくいので、低周波騒音として問題になっている)、僕らは「アイドリング音」をはっきり聞いている。それは倍音(2倍か3倍?)なのだろう。記事を書く時は自分でちゃんと確かめて欲しいと思う(と書いた僕も、まだ確かめてないw)。

つまり、(推測ではあるが、)低音の騒音が消える(聞こえなくなる)位置というのは、スピーカーで出した低音も消える位置だったのだ(定在波の影響なのだろう)。要するに、「ブラックホール」に入ってしまった訳だ。

仕方ないので、明日、最初の配置に戻すか、もう一つの候補の別な配置・位置を試すかする。あと、今の配置で聞く位置をずらせば低音は直るかも知れない。明日の元気次第だ。

こればかりはシミュレーションとかソフトだけでは済まず、実物を動かさないと確かめられないので、なかなかキツい。

疲れた・・・ さすがに(悪い音では気分が悪くなるので、)音楽を聴く気にもならない。

 

PS. 今考えると、最初の配置は「まあ、普通はこうだろう」と決めたのだが、それがこの部屋では(消去法的に)最良の可能性もあって、下手な考え休むに似たりなのかも知れない。

PS2. 昨夜の騒音は結構気になる。たまたま車が長くアイドリングしていたとか、工事か何かで機械を動かしていたのならいいが、そうでなかったら・・・

  •  0
  •  0

ウォシュレット(洗浄便座)とガスコンロの運用コストを検討した(それらを比較したのではなく、それぞれについて検討した)。

引越してから、ウォシュレットは部屋に付いているものと自分のとどちらが電気代が安いか、ガスコンロはカセットコンロと部屋に引かれているプロパンガスとどちらがガス代が安いかが気になっていた。まだそれほど日が経っていないが、中間結果を書きたい。なお、コストは各自の使用条件や使用機器などで変わるので、測定方法やコストの計算方法のほうが有用かも知れない。

ウォシュレット

測定方法: 手持ちの消費電力チェッカー(エコチェッカー)で消費電力量と使用(通電)時間を測定した。

コストの計算方法: 上の測定結果から平均消費電力、日・月・年間の消費電力量と電気料を推定した。

結果

  • 消費電力量: 5.19kWh
  • 使用時間: 98:54

これより、平均消費電力は0.0525 kW、日・月・年間の消費電力量は1.26kWh/日, 39kWh/月, 469kWh/年となり、年間の電気料は9370円/年となった(電気料の単価は20円/kWhとした)。

また、自分のウォシュレットの推定年間電気料※との差は約4660円/年となった。

※自分のウォシュレットの年間消費電力量は、部屋のものの推定年間消費電力量がカタログ値の約2倍だったので、自分のウォシュレットの年間消費電力量もカタログ値の2倍になると推定した。

考察

電気料だけなら交換する価値はあると思うが、交換の手間、水漏れのリスクや自分のウォシュレットが壊れた場合に戻す手間も考慮する必要がある。故障については、折角買った自分のを寿命まで使い切るのでいいという考え方もありそうだが、交換の手間がどのくらい掛かるかが問題だ。

(3/1 11:20追記) 今は冬で水温や室温が低いために、加熱や保温のための電気が多目になって、年間消費電力量がカタログ値より大きくなった可能性がある。よって、上記の「2倍」は少し小さくなるかも知れず、1.5倍程度が妥当なのかも知れない。すると、自分のウォシュレットの推定年間電気料との差は約3500円/年くらいになりそうである。それだと微妙だ。

一方、僕のウォシュレットは瞬間湯沸かし式のために保温しないので、年間消費電力量がカタログ値に近い可能性もある。すると、推定年間電気料の差は大きくなる。実際に使ってみないと分からないようだ・・・

が、少し論理的に考えてみる。

  • 同じ量の水を温めるエネルギー(→ 消費電力量)はどちらも同じはず。
  • お湯を吐出させるのは水圧なので、電気は使わないはず。
  • 便座の暖房の電力はここでは考えない。
  • 部屋のウォシュレット: 貯湯式なので、水を加熱後、保温する。
    • 消費電力量は使用回数(お湯の使用量)と保温時間に依存する。
  • 僕のウォシュレット: 瞬間湯沸かし式なので、保温しない。
    • 消費電力量は使用回数・時間(お湯の使用量)に依存する。

どちらもお湯の使用量が同じとすると、差は保温時間の分となるはず。 → 部屋のウォシュレットは保温の分、常時電力を消費するが、僕のウォシュレットは常時使用する電力は0。 → 消費電力量の差は、保温の消費電力量とほぼ等しくなるはず。 → 部屋のウォシュレットの加熱ヒーターの仕様が分かれば求められそう。

→ 調べたら、250Wだった。測定結果より、平均消費電力は52.5Wだったので、ヒーターの稼働率は20%前後だろうか(便座ヒーターの分があるので、もう少し低そうではある)。この52.5Wから使用に伴う加熱の分を引いた分が保温電力と考えられる。加熱の分は使用回数などに依存するが、すぐには分からない、 → 仮に、保温の電力を40Wとすると、年間約350kWhとなり、電気料金の差は約7千円となる。これならやる気が起きる。

他に、便座の暖房の電力は、水と同様、同じ温度にする・保温するのなら基本的に同じだが、節電機能の有無(部屋の物にはなさそう)で変わる。その点でも僕のウォシュレットが有利だ。

ガスコンロ

測定方法: 手持ちのはかりでガスボンベの重さを測った※。また、未使用のボンベの重さも測って缶の重さ(風袋)を求め、今までに使用したガスの量(重さ)を求めた。

※この方法は、昨夜、寝ながらだか寝る前に思い付いた。それでこの稿が生まれたw また、使用量の求め方は、当初は少し時間が経ってから差を求めようと思っていたのだが、今日重さを測った時に思い付いた。ごく当たり前のことだが、我ながら、なかなかいいひらめきだと思った^^

コストの計算方法: 上の測定結果から1日当たりの平均使用量を求め、1缶がどのくらい持つかと1か月のガス(ボンベ)代を推定した。

結果

  • 使用中のボンベの重さ: 287g
  • 未使用のボンベの重さ: 350g

充填されているガスの量は250gなので、缶の重さは100gとなる。

これより、使用中のボンベのガス残量は187gで、今までに使った量は63gとなる。入居してから約16日経過しているので、平均使用量は約4g/日となり、1缶で約63日間(約2か月)持つ。使用頻度が増える可能性を考慮して1.5か月(45日)で1缶使うとすると、1缶100円とした場合、約67円/月となる。

考察

プロパンガス料金は重さでなく体積で計算されるうえに基本料金も掛かるが、それにしても約67円/月は誤差の範囲と言える。僕の場合、ガス代はシャワーの比率がほとんどのようだ。

プロパンガス料金との比較をしてみる: 今のガス会社の料金表では、0.1m3で約60円増えるので、1か月のカセットガスボンベ代はそのくらいの量に相当すると考えられるが、岡谷酸素のページによれば、LPガスは1m³あたり約2kgとのことなので、約250gのプロパンガスは約0.125m3となり、カセットコンロは1.3倍くらい割高な計算となる(どこかで間違っている気がする・・・: 基本料金を考慮していないせいか?)。

→ 更に調べて、「LPガスを、液体にすると気体の時の体積の約250分の1になる」(→ 参照)、ガスボンベのサイズ: 直径68×高さ198mm(→ 参照)よりテキトーに計算したところ、1缶では約0.153m3となった。

計算: ボンベ(缶)に入っているガスの体積(m3)を、(缶の半径(cm))2*π*高さ(cm)*使用率/(1000*1000)として、缶のサイズと使用率0.85(推定)を代入すると、
(6.8/2)*(6.8/2)*3.14*19.8*0.85*250/(1000*1000)= 0.153(m3)
となる。この結果ははてなの回答とも近い。

すると、カセットコンロのガスの単価(安いボンベの場合)は家庭用プロパンガスの1.1倍くらい高い(少なくともオーダーは同じ)となって、最初の計算同様、すごく割高なわけではなさそうだ。

ガス代(絶対値)だけならカセットコンロが安上がりだ。ただ、コンロを頻繁に使うことで本体が劣化した場合の交換費用を考慮する必要がある。が、3000円程度で買えるから、それほど大きくなさそうである。

他には、(あり得ないことではあるがw、)僕が料理をするようになってコンロを頻繁に使うようになったら、使いにくいうえにガスボンベのコストがかさむしボンベ交換の手間が増えるので、(当然ながら、)本物のコンロを買うほうがいいだろう。その時はガスにこだわることはなく、IHもいいかも知れない(比較的安全だし、都市ガスとかプロパンとかないので、どこに行っても使える)。

それから今気付いたが、本来、このカセットコンロは非常時用に用意したものなので、そのために常にガス切れや故障に注意する必要がある(と言っても、本当に必要になった時に「駄目」ってパターンが多いのだが・・・)。

 

PS. 以前にも書いたが、ガスメーターの前でガス管を冷却し、メーターの後で戻せばガス代の削減になる気がするが、危険だし法や規約にも反しそうなので、もちろん実行してはいけない。

  •  1
  •  0

(引越し関連の投稿も、そろそろ終わりだろうか)

「営業妨害」とか言われると嫌なので会社名は書かないが、今回はひどかった。今まで何度も使って来たが、次はないと思う。昔のTVのCMでは、関西弁のオッサンが安くするとか言ってた会社だ。

営業はアフォだったが、まあ許せた。でも、作業担当がひどかった。物とか建物に傷が付いたという論外なことはなかったが、担当者がなんともいい加減でムカついたってのが正直なところだ。以下に、ものすごく問題だと思ったことを書く。

重い段ボール箱を3個とか一度に運ぶのには感心したが、危ういバランスで搬入して来て(確か、照明だったか3個を顎で押さえながら、フラフラしながら持って来た)、一つ間違ったらガシャンだと思った。それでいいのか? 保険があるから壊してもいいの?

布団を彼らが提供した布団袋に入れていたのだが、いかにも「(荷物に愛情はないので)テキトーに運びました(キリッ)」って感じで、乱れた荷姿で搬入して(袋の上の方が随分はだけていた。後述の黒いゴミも付いていた)、それが当たり前でございって感じで、直しもせずに放置した。そういえば、立てて置いてた気もするな。いくら実害がないからと言って、寝具をそういう風にぞんざいに扱われても構わない人って、結構少ないと思うが・・・

靴を新居の(使えない)靴箱に入れた時に、とりあえず入れればいいと思ったのだろう、無理して入れられたので、あとで全然開かなかった。お前らは力技で押し込めばいいのか? だったらさ、「閉まらないけどどうしますか」とか聞けばいいのに。しかも、その時に隙間に挟んだのか、傘の柄を擦って傷つけて申告しなかった。傘なんていいけど、隠されると気分悪い。他にもありそうだと思ってしまう。

本棚に黒いススのような汚れが付いていた。微量ならいいが、そうではなく結構大量だったので(汚い緩衝材かトラックに付いていたのだろう)、新居の床にも落ちて汚くなっていた。

僕はそれに気付いたので、その会社の「サービス」で、搬入が終わってからちょっとした作業が頼めるので、「軽く掃除を」と頼んだのだが、総勢5名(前回のように、暇だったのか、新居に数人「応援」が来た)くらい居たのに、誰一人その汚れに気付かず、もちろん綺麗にもせずに帰った。どいつもこいつも、どこに目があるんだろうかね? やる気がないんだったら、そんなサービスはしなければいいのに。

無料の作業だって、いい加減にやったら、本業までマイナスの評価になるってのは結構厳しいとは思うけど、そういうものだと思う。再度書くが、そんなことならやらなきゃいいんだよ。

そういえば、前回も、(CCBの一人みたいな)作業員が小さいCDラックを搬入する時に、調子に乗ったのか小走りして廊下で滑って床にぶつけて床を凹ませたけど、ヘラヘラして誤魔化していたのを思い出した。やっぱりあそこは全体あるいは平均的に意識が低いようだ。ヘマしても気付かれなければ問題ないって意識すらありそうだ。

要するにアマの集まりで、いかにテキトーにやって速く終わらせるかしか考えていないようなので、大事な荷物なんて任せられない。何が「マイスター品質」だ。品質にもマイスターにも失礼だ。気易く使う前に、何が品質なのか最初から勉強しろ! へそでお茶が沸くぜ。というか、ムカついた頭で沸くよ、汚い黄色とパンダの会社!

 

PS. ご存知ない方のために: 見積りしてもらうと、なぜかお米を持ってくる引越センターがあります。いくらおいしくたって(僕は食べたことないw)、引越しとお米は全く別だからある意味クソで、こっちは要らないんだけどね・・・

基本は当日現金払いでクレジットカードは(普通には)使えなかったし、なんか、そういう前時代的な考えの詰まったクソ会社だって気がして来た。良く持っていると、逆に感心するよw

  •  0
  •  0

新居は基本的にはいいのだが、設備でいろいろ気に入らないところがあるので、カスタマイズしている。以下にその内容を書く。

  • 掛け時計を設置
    • 壁はほとんどが硬くてピンは入らず、また、柔らかいところでも壁紙に穴を開けると退去時に交換費用を請求されるので、穴を開けずに付ける方法を考えた。
    • → 少し部屋を眺めて居たら目に留まった換気(吸気)口の開閉つまみに、引っ掛ける金具を作って付けた。
      • キーホルダーのリングに壁に貼るフックを付けた。
    • 同様な流用では、外気温度計をエアコンのリモコンホルダーに入れた。うまい具合に幅と奥行きが合っていた。
  •  照明の交換・改良
    • 種類・色がバラバラ(LED, 蛍光灯, 白熱)なので、LED・電球色に統一したい(人感センサーランプと合わせて試行錯誤中)。
      • 居間と寝室、洗面所・浴室を自分のLEDランプに交換した。
        • 外した元の照明を並べた写真を見たら、妙な物(二個だったら・・・w)を連想してしまった。あとは、大福にも見えるかもw
          • 部屋の元の照明

      • 廊下の電球はサイズが小さかったのだが、偶然100円ショップで見付けたLEDランプ(200円)にした。
      • 玄関がなぜか丸い蛍光灯で点灯が遅くてまどろっこしいので、蛍光灯型LEDにしようとしたが、手頃な値段で信頼性のあるものがなさそうなので、下記のように人感センサーLEDランプにした。
    • 玄関と廊下に人感センサーLEDランプを付けた。
      • 新居の玄関と廊下の照明のスイッチの片方が居間にあってセンサースイッチにできないので、元の照明はそのままにして、センサーランプを併設した。元の照明のランプをセンサー付きLEDに交換する手もあったが、連続点灯したいことがあるかと思って併設にした。
      • ランプは突っ張り棒に吊るした。
      • センサーランプは、(なぜか安かったので、)オーム電機のLDR7L-W/S 9にした(ヨドバシで約1200円)。ランプホルダーはELPAのSPOT-BNE26C-PW(同約1200円)にしたが、シェードが予想以上に深過ぎて感知領域が狭くなったので、エクステンダーを追加した。
        • それでもまだ狭い気がしたし、シェードのために明るさが減る気がしたので、ランプホルダーを分解・改造してシェードを撤去し、ソケットとクリップだけにしてしまったw また、もう一個(玄関で使用)もホルダーは使わずに、ACプラグをランプソケットに変換する部品(ヤザワ SF-1040)を使った。そのため、エクステンダーは無駄になった。
        • なお、口コミにもあったのだが、SF-1040のGND(外側)の接点はイマイチ(ランプの端子を包む環状になってなく、一枚の細い板)で、最初は接触不良でランプが点灯しなかったので、少し外側に変形させて直した。LEDだからいいが、白熱球だと危ない気はする。
          • 同様に、ランプホルダーのスイッチ周りも危ない感じ(点接触、コード端面の絶縁処理なし)はしたが、それで検査を通っているのだから問題ないのかも知れない。 → シェードを撤去した時に このスイッチも止めた。
        • それから、玄関の蛍光灯と同様に、海外製の比較的安価なセンサーランプはあるのだが、やっぱり評判が悪いし、常時電源を入れているものだから信頼性を重視して、国内企業のにした。国産ではないが、ある程度の信頼性はあるだろう。
      • 電源は近くのトイレや洗面所から引っ張った。その際、普通の太いコードは目立つので、部品を買って来て(実物を見て選びたかったので、ホームセンターで買った)細いコードを自作した。かなり細くても1A(100W)通せると書いてあって不思議だったが、それだからUSBの細い線でも何十Wも通せる訳か。
        • ↑なんか違う気がする。 というのは、USBPDの最大電圧は20Vで、対応ケーブルが不要な最大の60Wだったら3Aも流れるが、そんなの可能なのかと思う。一方、家庭用電源は100Vなので、100Wでも1Aだ。面目ないが、ケーブルの太さは電流だけに効くのか電力に効くのか分からない。
      • 旧居で人感センサースイッチが便利だったので付けたのだが、やっぱり便利で付けた甲斐がある(これでないと、点け忘れ・消し忘れてしまう身体になってしまったw)。ただ、旧居とは機器が違うため、若干の不満(反応が鈍いことがある、意図せずに消えてしまう)はあるが、まあ仕方ない。ランプの設置を微調整してみようと思う。
  • ガス漏れ警報器が期限切れなので、自分のを併設した。
    • 元のを撤去しようとしたら、ガス漏れを通報する線が付いていたので、(それが生きているかは不明だが、)そのままにした。
  • 寝室の引き戸を外してカーテンにした。
    • 開放感を得るためと寝室に冷暖房を効かせるためと、音の反射を減らして周波数特性を多少良くするため。
    • 旧居でクローゼットに使っていたものの丈を安全ピンで少し短くして、使った。
  • 靴箱の棚板の角度を調整した。
    • 部屋には靴を斜めに入れて蓋を閉める(けど、大きい靴が入らないし、蓋はまず閉まらないし、閉めたらまず開かないw)「使えない靴箱」(→ イメージ)が付いており、いつも棚板を出しておくしかないため、スペーサーを入れて少し持ち上げて、手前の占有スペースを少なくした。
    • 新しく買うことも考えたが、意外に高いのと、元の靴箱をどうにかしないと(といっても、どうにもならない・・・)玄関が狭くなるので、とりあえず、元のものを活用することにした。
  • シャワーホース・ヘッドを交換した。
    • 短いうえに柔らかくて、使っていると折れてお湯が一瞬止まって冷たくなってしまうので、硬いものに交換してみた。 → 交換したらお湯は止まらなくなったものの、やっぱり時々冷たくなる。微妙な圧力変化が駄目な感じだ。 → 新しいシャワーヘッドが節水型のせいかも知れないので、元のシャワーヘッドで試しても駄目なら見てもらうことにした。
    • ホースだけで良かったのだが、なぜかヘッド付きの方が安かったので、それにした。
    • シャワーにはさまざまな規格や注意事項があって、随分戸惑って何度も調べたり店に足を運んだりしたのだが、最終的にはホームセンターで売っている普通の互換品がそのまま付いたw
  • 洗浄便座を自分のウォシュレットに交換 (検討中)
    • 機能的には自分のがいいが、電気料はどちらが安いかや故障や水漏れのリスクを考える必要がある。
      • → 現状の電気使用量を測定中。自分のものと直接比較できないが、双方のカタログ値を参考にして比較してみたい。
      • 推測だが、僕のは瞬間湯沸かし式なのに対し、部屋のは貯湯式なので、お湯を保温している分、消費電力が大きそうだ(カタログ値は大きくなっている)。あと、現状のは機能が最小限で特段の節電機能がないので、それでも消費電力が大きそうだ。
        • その電気料の差がどのくらいになるかがポイントだろう。

照明に関しては、僕は「部屋のコーディネート」みたいなものにはこだわりも興味もない(と思っていた)のだが、さすがに同じ部屋で色が違っていたりすると とっ散らかった感じで嫌だ。あと、元の照明は何台(種類)かあるけど、色を変えられるものがほとんどなく、好みの色(暗目の暖色)にできなかったので、旧居で使っていた自分のに交換することにした。

他に、カスタマイズまでは行かないこと:

  • 旧居で作った、水切りトレイから樋でシンクに水を流す「からくり」のその後
    • 部屋と同様に流しの方向も反転しているために使えなかった。作り直すのは大変なので、とりあえず、シンクにトレイを少し張り出させて作業場所を確保した。
  • 壁にピンが刺さらない・刺せないけど、紙を貼りたい件
    • いつも貼っている世界地図とゴミの出し方の紙を壁に貼りたかったのだが、今の部屋は壁のほとんどがコンクリートで硬いうえに、穴を開けたり汚したりすると退去時に(ガイドラインに沿った分担で)張り替え費用を請求されるので、代替手段を探した。
    • 最初はコマンドタブを思い付いたのだが、調べたらポスター用ではないようだった。その系統のポスター用は、凸凹面は駄目とこのとだった(と記憶している)。
    • それで、ゴム系の粘着剤にすることにした。ひっつき虫というのが一般的なようだが、ホームセンターで見たら、成分がブチルゴム系とあって、(昔、ベトベトになった嫌な思い出があって、)残らないか不安になったので、横にあった、ハリ玉というのにしてみた(これは「合成ゴム」としか書いてなくて、やっぱりブチルゴム系なのかも知れないが、まあ、物は試しだ)。
    • 最初は全然付かなかったのだが、再度良く練って強く押したらくっついて、一週間以上経っても大丈夫だ。意外に使えそうだ。多目に使うのがコツの感じだ。
      • ハリ玉で地図を貼った。

    • 壁紙に汚れが残ったり変色しないか不安なので、ちょっと確認する必要がある。でも、いざとなったら、例のオレンジ油の剥離剤(ディゾルビット)で何とかなりそうな気がする。

もちろん、紙の世界地図を見ることなどない。「あんなの飾りです」だがw、ないと殺風景な感じだし、掛け時計と同様に慣れ親しんでいるので、ないと物足りないのだ。でも、気が散るから机の前には貼らない。それから、これは表は地理、裏は国ごとの地図なのだが、出版されてから随分経っている(1997年改訂)ので、裏面を眺めてみるのはおもしろいかも知れない。

 

引越しの後始末は大分済んで、TODOはほとんどなくなった。何も生産している訳ではないけど、一仕事した気分である。あ、一番重要なw、オーディオの音質の調整(補正)がまだだった。

 

(2/26 7:21 若干修正・加筆, ランプホルダーのスイッチの画像へのリンクを追加)

  •  1
  •  0

引越してから早くも十日を過ぎた。部屋・荷物の片付けや引越しの後始末が概ね終わったので、感想などを書く。

第一印象: 明るい、すごく綺麗

  • 旧居も同じくらいの築年数(かつ、入った当時はもっと新しかった)だったが、ここまでいい感じはなかったと思う。旧居と違って、ここは前が開けているせいだろう。
  • 最初の清掃がすごくちゃんとしていた(旧居は結構いい加減だった記憶がある)。
    • 床がワックスでピカピカだった。
    • が、残念なことに、今は引越しのためにうっすらと埃が溜まってしまった。掃除しないと・・・
    • あと、ガスコンロを置くところもピカピカで顔が映る。清掃がすごいのに加え、前の人も料理しなかったようだw

ピカピカの台とカセットコンロ

長所

  • 静かさ(防音)がかなり良くなった。(ガキフリー!! 「太鼓連打」や「動物園の運動会」からの解放)
    • でも、建物内か近所にガキが居るようで、夕方や夜に外から喚き声が聞こえる(ガキはみんなそうなのか??)。でも、ドタドタ(足音)はないから問題ない。
    • 不思議なのは、深夜などに近くの部屋らしい人のくしゃみの音が聞こえることだ。くしゃみはエネルギーが大きいのか。
    • あと、旧居同様、たまに「ゴツン」という音も聞こえるが、鉄筋なので仕方ないのだろう(「不思議音」?)。それに、ガキと違って、そういう単発のものは全然気にならない。
    • 他に、道路が近いので車の音が少し聞こえるが、普通の車なら「シャー」っという高目の走行音だけでエンジン音や排気音は聞こえないので問題ない。
  • 結露はほとんどなし。むしろ結構乾燥する(湿度計が"LL"(20%未満)になることあり・・・)。
    • 旧居は逆にかなり湿度が高かった(冬でも30-40%くらいだったか)が、造りの違いなのか?
    • 旧居の大家は鉄筋コンクリートでは結露が当たり前のように言っていたが、(旧居の前に居た部屋でも結露はなかったから、)彼は誤魔化されているように思う。
      • 旧居は二重ガラスの窓なのに結露がひどかったが(枠が金属のせいもあったと思う)、今は普通の窓でも大丈夫だ。不思議だ。北向き(旧居の結露のひどかった部屋)は駄目なのだろうか?
    • 乾燥しているため、とにかく良く乾く。流しの水滴や洗濯物は、旧居の3倍wは早く乾く気がする。
      • 引越しでの水作業のせいか乾燥のせいか、手が荒れて指紋認証が通らないのだが、いつ治るだろうか・・・
    • 好みによるだろうが、例え指紋認証が通らななってもw、僕はこっちの方がいい。結露やカビの恐怖に苛まれないのはすごくいい。
  • 暖かい!
    • 引越し中に季節が変わったのかも知れないが、旧居は寒くて、寝る時は一晩中暖房していたけど、ここでは全然そんなことがないのがすごくいい(電気代が安くなりそうなので助かる)。やっぱり、造りが違うのだろう。
      • 旧居新居の2月の電気使用量を比べたところ(グラフ上段)、新居は旧居より1日当たり約30%少なかった。また、最低気温が近い日の電気使用量も比べたが(グラフ下段)、やはり新居は約30%少なかった。
      • 一日の変化(グラフ下段)を比べると、旧居は保温が悪いのか、日当たりが悪くて日中も温まらないのか、使用量が多い時間が多い。また、就寝中も暖房しているため、深夜も継続的に使用している。
      • 仮に、冬季(使用月: 11-2月)を通して電気使用量が30%少なくなるとすると、旧居のその間の電気料は約4.3万円(2018-2019年)だったので、新居では1.3万円くらい安くなる計算だが、果たしてどうなるか。また、夏はどうなるかも興味あるところだ。
    • ただ、湿度が低いせいか、日中、室温が高くても寒さを感じることは結構ある(エアコンやサーキュレーター代わりの扇風機の風のせいもありそうだ)。作業したりすると暖かくなるので、身体の関係がありそうだ。
  • 建物の造りがしっかりしている。
    • 壁や床は硬く、後ろや下に空洞がなく、叩いても響かない。僕の求めていた、「まっとうな鉄筋コンクリート造」(URの建物の系統)だ。
    • 書くまでもないが、旧居は逆に空洞ばかりで、太鼓のように響いていた。あれは、外壁だけ鉄筋コンクリート板を使っていたのではないか? 一種の詐欺だと思うが、法的には問題ないのだろう。
  • LRTが(開通したら)使えるw
    • それを期待して引越した訳ではなく、本当にたまたまなのだが、駅に行くには便利になりそうだ。今までは「無駄」だの「不要」だのと散々けなしておいて、まったく現金だ・・・ (スミマセン)

短所

  • 建具や備品(ウォシュレットなど)はチープ。
    • 旧居は逆だった。例えば、引き戸なんて、今の部屋のは旧居の半分くらいの重さしかなくて、とても軽い(おかげで外すのが楽だったw)。でも、どちらがいいかと言えば、本体がちゃんとしているこっちに決まっている。
      • 旧居の大家は不動産や建築に関しては素人だろうから、業者にそそのかされたか、「折角だから」と「いい物」をふんだんに入れてしまったと想像する。車で言えば、安いものにオプションをフルに付けるようなものか。
      • でも、本当は、今のところのように、本体に全振りするべきだ。
    • ただ、安物だけあって、いくつか不満なところがあるので、いろいろカスタマイズしている(あとで投稿する予定)。
  • 「残念」なところが結構多い。
      • コンセントの種類がいろいろ(普通のもの、アースピン付き(3端子)、アースネジ付き: 用途で変えているのかも知れないが、洗濯機用がアースネジ付きでなく3端子なのはどうしてかと思う)。
      • 照明の色・種類もいろいろ(白, 電球色; LED, 蛍光灯, 白熱)。: とっ散らかった印象なので、順次対処中。
      • 壁に付いている機器(パネル)の微妙な傾き
      • 風呂は追い焚き不可(僕はシャワーだけだから問題ない。それに、一人だし、雑菌が繁殖するから何日もお湯を貯めておくことはないだろうから、追い焚きは不要だ)。
      • パナの機器が妙に遅い(例: エアコンのリモコンの反応)。
        • あと、パナのエアコンは、時々スマフォのバイブみたいな音を出すので紛らわしい。
      • クローゼットが幅広いのはいいのだが、戸が大きいために前の物が置けない領域が広い。あと、奥行きが狭くて押入れケースが縦に入らないのは、悲しかった・・・ (仕方ないので、横にして入れた)
    • これも上の建具や備品と同じことなのだろう。あと、クローゼットのように、設計時に細かいことを良く検討しなかったことも考えられる。照明とパナ以外は余り気にならない。
  • 鏡の国?
    • 僕が今まで住んでいた多くの部屋と配置が左右逆のようで、いろいろなところで今までと逆の手を使う必要があるなど、なんか別の世界のようで、ちょっと不便だ。まあ、慣れの問題だとは思う。
      • 流し台の配置(シンクとガス台の位置関係: 今までは、左からガス台→調理場所→シンクだったが、今はその逆: 普通の人には今の方が便利なのかも知れないが、僕は料理しないので分からない。)
      • ドアの開き方 (開く方向は同じなのだが、周囲の配置が違う感じだ)
  • スーパーが(旧居ほど)近くないので、毎日強制徒歩w
    • 面倒ではあるが、健康のためにはいいだろう。悪天候の時はちょっと困るが・・・

それから、以前も書いたが、使用規則のようなものが異様に厳しくて、退去時にぼったくられるのではないかと不安だったのだが、管理会社に状況確認リストを出しに行った時に質問したりちょっとした不具合を言ったらちゃんと対応してくれたし、床の傷などについては、物件が新しくないから元々あることを認めたし、それほど神経質ではなさそうなことが分かって安心した。受付の人が、人懐こそうな にこやかなお嬢さんだったのも良かった^^

という訳で、今のところはなかなかいい感じだ。地域もどことなく明るい雰囲気(+前と同様にのどか)なので、それもいい。

 

PS. そう言えば、まだ他の住人を見たことがない(車を動かす音は聞こえる)が、そのうち会うことだろう。

  •  0
  •  0

コンビニなどのマルチプリンタはなかなか怖い。いくら注意しても忘れ物をする。先日はFAXの領収書だか明細を印刷したのに取らずに帰って来たし、今日は原稿を忘れてきた。。。

↑少しあとにようやく気付いて電話したらちゃんとあったので、取りに行った。まったく田舎でありがたかったw

まあ、僕が粗忽者だというのは正しいが、それにしても、落とし穴が多過ぎる。全くfool proof(って、今でも使っていいの??www)じゃない。原稿、印刷物、USBメモリ、お釣り、領収書・明細・・・ こんなにいっぱいあって全部別の場所だったら、誰だって一つは忘れるのではないか?? (そう言えば、領収書だか明細を忘れた時は、前の人の預金通帳が忘れられて居て、僕はそれを届けるのに気を取られて領収書だかを取り忘れたのだ)

マルチプリンタなんて技術の塊なんだから、某コンビニLのように余計なアニメ(これがどうにも誤解させる!!)を表示する暇があったら(しかも、そこはタッチパネルの感度が悪い)、ATMみたいに原稿忘れなどのいろいろな忘れ物を警告して欲しいものだ。

 

PS. まあ、そもそもの話をすれば、「いい加減、紙とかハンコとか手書きとか免許のコピーとかFAXなんて止めろっ!!! (アホかボケ!)」なのだが、まあ、そう思っても言っても遅々として実現しそうにもないので、次善の策を探すしかない。

  •  0
  •  0

9:30頃出た。行きはのどかで、のんびり気持ち良く走れた。車内などは暑くて春の感じだった。そういえば、帰宅してから目が痒いので、花粉が飛び始めたのかも知れない。

道の駅きたかわべ には2時間くらいで着いた。Google地図の予想はいつも速目で、カーナビの予想時間はもっと長いので、経路を設定したあとで慌てた(実際、待ち合わせに遅れた)。久し振りに生姜焼き定食を食べた(学生時代を思い出す)。おいしかったけど、ちょっとぬるかったのが残念だった。他にも、カツカレーとか蕎麦とかいろいろ食べたいものがあったので、次に行ったら試したい。

いつものように、なおきさんと話が弾んだ。それにしても、「会食」というと堅苦しいし、「談笑」と書くと政治家みたいだし、「遊んだ」というのもおかしいので、なかなかいい表現が浮かばない。もしかして「男子会」??www

帰路はなぜか遅い車が多かった。行きと違ってちょっとイライラしたので横に逸れたら、別の車も遅く、それが居なくなったあとでスピードを出したせいで本来とは逆に曲がってしまったりして、却って遠回りになってしまったw (地図の下の方の凹部)

実は、おそらくそういう車のスピードは行きと同じくらいだったのだろうが、疲れがイライラを増したのだろう。他には、走りのペースやタイミングが微妙に僕(あるいは「普通」の車)とずれていたのかも知れない。とんでもなく遅い訳ではなかったから悪くはないけど、意図せず煽られたり事故の原因になったりするかも知れないので、周囲を良く見て運転した方がいいように思う。とはいえ、自分の安全な範囲を超えたスピードを出せというのも無茶な話だ・・・

反時計周り、139km、約8時間。

以下、今日の細かい話題いろいろ。

iVideoのモバイルルーターiV501の電池残量の謎

先日7.5時間くらい外に持ち出して帰宅したらスマフォのWi-Fiが切れていたので、電池が切れたのかと思った。ただ、iV501の電池残量は、本体の電池ランプはどういう表示になるか不明だし、webも4種類程度のアイコンだけで%では出ないので、確かめようがない。それで、今日、定期的にランプとwebのアイコンの変化を見ていたのだが、約6.5時間経過してもランプに変化はなく(電源ボタンを押すと点いて、しばらく点灯したまま)、アイコンも段階3(残量75%前後と推定)から変化がなかった。帰宅後(約8時間経過)にweb APIで残量を見たが、アイコンと同じ3だった。

実際、充電も速く、2時間以内に満充電になったので、それほど電池は減っていなかったと思われる(まあ、すべての情報がおかしい可能性もなきにしもあらずではあるが・・・)。

なので、通信状態にもよるのだろうが、8時間くらいは余裕で持つのだろう。先日Wi-Fiが切れたのは、頻繁に通信して電池がなくなったか、何かのトラブルでたまたまWi-Fiが切れたと推測する。

以上は全部推測ではあるが、昨日までは、次のレンタルでは正確な残量が分かる501HWに換えてみようかと思っていたが、そっちは2倍くらいの重さだし、結局、どちらの連続使用可能時間も8時間程度なので、長時間外に居たら外部電池が要ることに代わりはないし、iV501の電池の持ちは意外にいいので、このまま使い続けるのも悪くないと思っている。

それから、偶然の一致だとは思うが、満充電になったあとしばらく電波強度が-100dBmくらいに下がるという謎もある。いろいろバグのようなものがあるのかも知れない。

なかなか優秀なGPSロガーアプリ: Geo-Log - GPS Logger & Notebook

スマフォ(AQUOS sense lite)の電池消費率が大きくなる問題はまだ原因が分からないのだが、もしかしたら、GPSロガーアプリ(GPS Logger)が古い(新しいAndroidの前に出た版を最後に、Google Playからなくなっている)ためかと思い、近頃は別のアプリ(Geo-Log)を試している※。それがなかなか優秀で、3分間隔で記録するようにしたところ、今日8時間使っても電池は12%(他のアプリも込み)しか減っておらず、電池消費率は約1.5%/hと随分少なかった。もちろん、記録結果は上の図のように全く問題ない(記録間隔が比較的長いので、徒歩の場合には経路がショートカットになることはあるが、僕には問題ない。もちろん間隔を短くすることもできるし、移動距離での記録も設定可能だ)。

※Geo-Logは有料なのだが、なぜか、Googleからアプリ購入などに使えるクーポン(500円だったか)が来ていたので、それで安く買えた。なお、無料版(LD-Log FREE)もある。

  • 今日ガソリンを入れたら、燃費は13.4km/lだった。前回は14km/lだったので、少し落ちた。引越し関係や通院などで近場が多かったせいか。
  • 先日オイルとフィルタを交換した。オイル会員なのと他の店を探すのが面倒だったので、先日切る決心をしたいつものディーラーを許してしまったw そこは事務を除いては問題ないから、まあ妥当だろう。なぜか、担当のおじさんが居なくてちょっと寂しかったw
  • ついでに先日の不調を調べてもらったが、問題は記録されていないとのことだった。バッテリーは、寿命まであと少しあるようで(「駄目」まで1目盛り残っていた)、「この冬を越せば、もう少し使えるでしょう」とのことだった。いつもそうだが、なんとも商売気のない店で好感が持てる。
  • 累計走行距離は約56000kmになった。去年の今頃から3000kmも増えていない。

引越しとスーパー

引越したというのに、旧居の時に良く行っていたスーパーに良く行っている。そこは僕にはいろいろ(例: 価格、品揃え、味、雰囲気)「丁度いい」(= 最高ではない)のを再発見したのである。僕だけでなく、他の人もそういう良さを評価して行くために、決して安くはないその店が潰れないのかも知れない。今度は徒歩では辛いので、車で行っている。まあ、重いもの(例: ホッピーの瓶)が持てるので、それも悪くない。今日もドライブ帰りに寄った。

ひらがなの氾濫を憂う。

いつからか、(今日の目的地のような)固有名詞のひらがな書きが偏重されるようになったが、文章に書いた時に読みにくい。僕としては、本当にひらがなの効果を狙う場合やネタ以外では、ひらがなだけで表記するのは止めた方がいいと思う。例えば、題の「道の駅きたかわべ へ−」だって、普通に空白を入れずに「道の駅きたかわべへ−」ではどこで切るのか即座に分からず、見た目も何かおかしいではないか。

(稿を別にするのが面倒で、少しずついろいろな話題を盛り込んだので、カテゴリが多くなった。)

  •  0
  •  0

引越す前に新居の入居・退去時の状況を確認するリストをチェックした時、想定外のことがあって慌てた。

この部屋にはガスコンロが付いてない。

まあ、確かにそれは良くあるのだが、この辺りの賃貸なら普通に付いてそうなので、ノーチェックだったのだ(それよりも、音(例: 防音性、ガキの有無)の方がずっと重要だった)。それで、「もしかしてエアコンもなかったりして・・・」と思って再度確認したら、さすがにあったので胸を撫で下ろしたw (それくらい静かさを重視して探していて、記憶になかったのだ。照明についても同様だった)

それで、当面は電子レンジでいいが、いつかはコンロを買うしかないとAmazonなどを見たら、意外に高かった。一口のものは4千円くらいで妥当だが(でも、昔は2-3千円くらいじゃなかったか?)、二口は高く、一万円くらいした(まあ、僕には一口で充分だが)。「だったらガスじゃなくたっていいや」とIHも調べたら、ガスに合わせたのか似たような値段だった(ただし、有名メーカー製はもっと高い)。近頃は何でも高いのだろうか。ガスコンロは、安全装置を追加して高くなっているのかも知れない。

それから少し考えたり、Amazonの検索結果を見ていたら思い付いた。

カセットコンロはどうだ?

僕は、ガスコンロはレトルトを温めるとかカップ麺のお湯を沸かすくらいにしか使わないから、それで充分だし、災害時用のを買ったきり全然使っていないけど、ガスボンベにも寿命があるのを知って何とかしよう(使い切らないと捨てられない)と思って居たので、それらを使えるのなら丁度いい。

気になるのはコストだが、丁度IHコンロのページに料金比較があって、電気(IH)は最も安く、都市ガスは中間、プロパン(今の部屋)は一番高いとあった(個人的には電気が安いというのは、にわかには信じられない)。それと一緒にカセットコンロについても書いてあるものもあって、プロパンと同等だった※。結局、カセットコンロは(ものすごく)割高でないことが分かったので、安心して使い続けられる。

※おもしろいことだが、カセットコンロとプロパンは「物」が同じだから値段も同じなのだろうか。

なお、その記載を見る前にカセットコンロのガスの単価を求めてプロパンと比較しようとしたのだが、質量から体積を求めるのが面倒だと思っていた。温度が関係するが、何度を想定すればいいのだろうか。そして、プロパンガスも気温によって料金(単価は同じだが、燃費が変わるのだろう)が変わるのだろうか?

→ もしかして、ガス管を冷やすか温めるかすると料金が下げられる?? (なんか危険そうだ)

てな訳で、新居では一瞬のうちにガスコンロをセットアップできた。実際に使ってみたら結構強力で(音に迫力があるw)、全く問題なかった。

そして、これって、「縛り」(固定)をなくすという点で、PCの通信を(光でなく)モバイル(無線)にするのに近い気がする。良く言えば「ノマド生活」、悪く言えば「放浪(可能)生活」だと思うw 他に電気と水を何とかすれば、完璧だ。それもいい感じだ。ただ、今はまだノマド生活が手軽に(例: 「住所不定」ではできないことが多過ぎる)できないから難しい。それ以前に物が多過ぎる。それが一番の縛りかも知れないwww

  •  0
  •  1

僕の身体のことではない(まあ、溜まってるとは思うが)w 引越しまでは物が少ないと自負していたのだが、どうやら幻想だったようだ。確かに、部屋には物が少なくてすっきりしていたのだが、実はクローゼットに詰め込んで居ただけで、物の量はなかなかのものだった。今回の引越しで段ボール箱などの数を数えてみたら、大型家具・家電を除いて約50個にもなった。そのため、新居の部屋は昨日までうんざりするほどの段ボールの山に占領されていた(まあ、毎度のことだし、今見ると、今回は以前より山が低い気がするw)。

余談: これは想像だが、旧居で積み込むまでは丁寧だった引越し業者が、新居で運び出す時に何となく雑になったのは、始めるまでは楽勝だと思っていたのに、予想以上に物が多くて疲れたり嫌気がさしたせいではなかろうか。まあ、例えそうであっても、仕事なんだから丁寧にして欲しいと思うし、今回の担当者はかなりテキトーだったので、今まで何度も使ってきた会社(箱でバレるね)ではあるが、次は頼まないと思う(詳細はあとで書きたい)。

昨日の夜、ようやく、段ボールが掃けた。とは言え、エネルギー保存の法則によりw、物は何一つ減っていないので、単に箱が、あるいは、出した中身が見えないようにしただけではある。

それにしても、聴くどころか眺めもしないレコード※やCD、もう使わないであろう機器(イコライザ、ディスプレイなど)、今後着ることがあるかどうか不明な服(スーツなど)は一体どうしたらいいものかと思う。もちろん捨てればいいのだが、どうにも踏ん切りが付かない。

※前にPCが超重かったと書いたが、実は、レコードはそれ以上に重かった。情けないことに、たった一箱(30cm角程度)でも持てなかったくらいだ(箱に持つところがないせいもあるが、体力が落ちているのだろう)。仕方ないので、今回はクローゼットに仕舞う時に持てるように箱を二つに分けた。。。(その過程ですごく懐かしい物を発掘したwww)

今はレコードが復活して、そのうえ「重量盤」なんてのも多いが、数千枚とか集めた人はちゃんと引越しできるのだろうか?? みんな若いから大丈夫なのか? などと、余計な心配をしてしまったw

片付けや整理が一段落したら、もっと物を減らすことを考えてみたいが、できるだろうか? ただ、今の部屋は意外に収納が少ないので(その関係で、机が横並びになった)、どうにかして減らさないと収まらない気がしている(今は壁際に積み上げたりしている)。

  •  1
  •  0

新居で無線通信(iVideoの大容量モバイル, SBM)の状態を確認してみたら、旧居に比べて電波強度が10dBm以上低く、-100から-95dBm辺りだった。最初は、場所のせいでそんなものなのだろうと思った。が、通信速度がいつも10Mbps台になってしまったので、もちろんそれでも問題はないのだが、どうも気に入らなくなった。

それで、ある朝(夜)、寝ていて思い付いた。ルーターを室内の窓から離れた机の上に置いているから、電波が通りにくくて電波強度が下がり、それで速度も下がるのではないかと。そして、旧居は角部屋で窓が多かったせいか、造りがいい加減だったせいか、室内でも問題なかったのではないかと。

それで、試しにルーターを窓際に置いて、電波強度と速度を測ってみた。すると、確かに、電波強度が10dBmくらい上がり、速度もダウンロードが4Mbpsくらい、アップロードが10Mbpsくらい速くなった。そうだったかと思った。それはそうだ。携帯の電波は周波数が高く、直進性が強いので、部屋の奥だと入る方向が限られてしまって弱まるのだろう。弱いと伝送エラーが増えて再送などが増えて、速度も下がるのだろう。

ただ、不思議なこともあって、二つある窓のどちらでも同じような結果になる訳ではなく、良さそうだと思った窓の方が悪かった(電波強度が4dBmくらい弱かった)。

謎はあるものの、ルーターを窓際に置くことにした。ただ、そうするとケーブル長の関係でPCとUSBで繋げられないので、とりあえずブリッジを使ってWi-Fiで接続することにした。すると、以前高をくくっていた問題が起こった。ブリッジをPCのケース内に置いたために電波が弱まったせいか、全然速度が出なかったのだ。実際、ケースの蓋を開けると速くなった・・・

やっぱり、理論を無視してはいけない。

仕方ないので、とりあえず、ブリッジをPCの外に出すことにした。

それから、前述の謎(置く窓によって電波強度が異なる)が気になって、少し調べてみた。電波強度の強い方の窓でも置く位置で変わるのか調べたら、結構変わった。ルーターと窓の微妙な位置関係(cm単位!!)を変えると10dBmくらい変わる。これでは、僕がいつも苦労しているスピーカーの音と同じではないかwww

僕は今まで、携帯(モバイル)の電波は基地局から遠いうえに、辺りに幅広く散乱しているから多少の位置の変化は関係ないと思っていたが、そうではなさそうだ。屋外は別として、屋内では建物での反射・吸収などの影響が出て、短い波長(例: 1.5GHzだと約20cm)の単位で効いて来るのではないか。だから、良く「*は遅くてクソ」とか言っている人も、もし室内なのなら、スマフォなどを置く位置を変えてみると驚くべき結果が出るのではないか(ただ、通信速度は、無線だけでなくキャリアやプロバイダの状況にもよるので、変わらないかも知れない)。

もちろん、モバイルはいつも位置が変化するから電波強度も可能な通信速度もさまざまに変わるのだろうが、それで通話や通信ができなくなっては駄目なので、さまざまな補正・調整・冗長化で補っているのだろう。実際、-90dBmという(僕にしてみれば)超微弱電波で まともに通信できていることだけでも奇跡と言える。

僕の今の部屋の場合、なぜか、障害の少なそうな窓の中央付近は駄目で、窓枠や壁の近くが良かった。しかも、左右の枠のうち、左が良かった。更に、ルーターを窓に向けるのでなく窓に並行に置かないと駄目だった。高さも関係していて、低いのは駄目だった(これは腑に落ちる)。それらのどれか一つを数cmでも変えると強度ががらっと変わってしまうので、とても敏感だ。

更に謎はあって、電波強度が強くても速度が出ないことがあった。これは全く分からないのだが、遅い基地局に繋がるのだろうか? あるいは、電波強度と品質(→ 速度)は異なるということなのかも知れない。あるいは、表示される電波強度は接続中の基地局のものとは限らないのかも知れない。

三次元の位置と使い勝手(邪魔にならないか)もからむ調整のため かなり試行錯誤して、ようやく電波強度と速度と使い勝手が最適な位置を見付けた。最終的には、電波強度が-87dBm前後、速度(ダウンロード)が30Mbps前後と旧居と遜色ない「ポイント」が見付かったので、満足できた。

ただ、そこはやっぱりUSBでは繋げられない場所なのだが、なんとか繋げたいと思い、手持ちの長いケーブルを使えるようにするため、変換ケーブル(B(F)-A(F))を注文した。それが大失敗だった。昨日、それが届いて試したら、全然繋がらなかった。それどころか、ケーブルを繋いだら他のUSBデバイスも動かなくなってしまった。すっかり忘れていたのだが、USB 2.0のケーブル長は5mまでで、手持ちの長いケーブルがおそらく5mで、変換ケーブルとその先のルーターに繋ぐA-micro Bのケーブル(約1m)を繋ぐと長さ制限を超えてしまうのだろう。

実際、途中にハブを入れると動くようになった。が、なんか馬鹿らしいし、バスパワーハブ経由だとなぜか充電できないから困る。4mくらいの少し短いケーブルにする手もあるが、買わなければならないし、それで届くか分からないし、そもそも無線通信をするのに長いケーブルを部屋に引き回すこと自体がアフォらしいので、腹をくくってWi-Fiで接続することにした(ルーターの電源は、近くのコンセントに繋いだACアダプタで供給する)。この時も、懲りずにブリッジをPCのケースの中に入れようとしたが、やっぱり駄目だった。しかも、ケースの上や近くも今ひとつだったので、少し離して置いた。

あと、問題は、ルーターを持ち出して帰宅してから戻す時に、その最適なポイントにきっちりと、しかも容易に置けるようにする必要があることで、これも、(実際と文章の順序は異なるが、)スタンドを作ったりと試行錯誤した後、高さが丁度いい(今は持て余している)CDラックの上に置き台を作ることにした。置き台は、以前、カード入れのために買った石鹸入れの蓋(セコくも捨てていなかったのが役に立った!!www)を耐震マットで固定した。CDラックが動かないようにしておけば、蓋のくぼみにルーターを置けば、まず位置は狂わない。それから、設置場所は窓の近くなので、カーテンを開け閉めする時にルーターが動いてしまったら困るが、カーテンの前にCDラックを置くから それも回避できる。

CDラックの固定は難しい。今は仮にマスキングテープでマークしているが、正式には耐震マットで隅をマークしようと思っている。が、変質して床にくっついたり跡が残ると困るので、ちょっと躊躇っている。一番いいのはレンガや鉄塊のような重い物体をラックの四隅や四辺に置くことだが、足をぶつけると痛いw あとは定期的に自動で電波強度を調べて、強度が落ちていたら「位置ずれかも?」と通知するのもいいかも知れない。これなら設置位置だけでなく基地局の状況変化も分かっていい(その時は再調整だが)。

(2/16 0:44) とりあえず、電波強度をチェックするスクリプトを作って試すことにした。自分でRSSIを取得せず、Muninが記録した過去データを利用することにした。過去6回(30分分)の平均値がしきい値より小さかったら警告を出す。それをcrontabで30分ごとに実行することにした。以下のような感じである(crontabなので、強引なワンライナーになってしまっていて判じ物だが・・・)。

0-59/30 * * * * UID=`id -u`; log_file="/run/user/$UID/chk-iv501-rssi.log"; n=6; ref_rssi=-87;delta_r=0.07; rrdtool fetch /var/lib/munin/localdomain/localhost.localdomain-iV501_radio-grp2-g.rrd LAST | grep -iv nan | tail -$n | awk 'BEGIN {sum= 0; n= 0; min_rssi= '$ref_rssi' * (1 + '$delta_r'); } /^[0-9]+: (-)?[0-9\.]+/ {sum+= $2; n++;} END {print "END: n=" n ", sum=" sum > "/dev/null"; if (n > 0) {ave= sum/n; print strftime("\%Y/\%m/\%d \%H:\%M:\%S") ": Ave. RSSI=" ave >> "'$log_file'"; if (ave < min_rssi) {print "Warning: Last ave. of iV501 RSSI is low: " ave "(dBm) (ref='$ref_rssi', min= " min_rssi ", n=" n ")."; }}}'

→ 早速役に立った。外から帰宅したのにルーターを台に戻し忘れたのを、気付かせられた。 (2/16 13:32)

てな訳で、無線はオーディオ以上にピンポイントな設置が要求される場合があることが分かった。無線は素人のせいもあるが、全く予想外のことだったので結構驚いた。

 

PS. 速度測定サイトはGoogleはいいのだが、混むせいなのか、結構値が変動する。FAST.comは比較的安定しているようだ。

  •  0
  •  0

(引越しにまつわる話題は多いうえに、力作業が多くてパワーが落ちているので、時系列にしたりまとめようとは思わずに、書きたい・書ける順に順不同に書くことにした)

まあ、「日本や世界は悪い冗談ばっかりだ」とか、「そうでないことの方が少ないのが悪い冗談だ」とか言ってもおもしろくないので、止めておくw

転居したので、市役所で手続きをして来た。そこで唖然としたのは、マイナンバー(カード)の事務がローテクの限りだったことだ。そもそも、市の転居届を出したらマイナンバーも自動で変わるのだろうと思っていたが、念のために聞いたらそうでないらしく、その手続きもした(そういうこともあろうかと、カードも持参した)。しかも、どういう訳か、住所が変わるとマイナンバーカードの電子証明書なるものを発行し直さないといけないらしく、更に、(今まで一度も使ったことのないのだが、)電子証明書や他のいろいろ(僕ですら何だか理解できない)なものの暗証番号(全部で4種類くらいあった)も必要だそうで、紙に書かせられた。

もちろん、こういうこともあろうかと、僕はそれらを全部パスワードマネージャに登録し、スマフォもPCも同期させて最新版が見られるようにしていたので、事無きを得た。て言うか、予想外の時に役に立ったよw

更に、カードの電子証明書を更新したら、その証明書の破棄書だの受領書だのを書かされた。「何それおいしいの?」だよ。役所の人ですら忘れていて、終わってから椅子で整理していたら、呼び掛けられた。担当の方は、「忘れたら怒られるところでした」と言っていて、とんでもなく大変だと思った。

僕のちょっと前の人(若い人)は、その暗証番号の一つが分からなくて、担当の人と一緒に困っていた。何でも、正しいのが分からなかったら、全部を新しく付け直しする処理をすればいいらしい・・・ でも、なぜかその人はすごすごと帰って行ったようだ。家で探すのだろうか?(あるのかねえ・・・) 別の人(ちょっと高齢の人)も、暗証番号と言われて困っていた感じで、初期化したようだが、「次はカードを作らなくてもいいですか」とか聞いていたようだ。もう、役所の人が可哀想でため息しか出ない。

極めつけは、新しい住所が役所の人の手書きでカードのメモ欄(そこはそれに使うことを初めて知った)に記載されていたことだ・・・

マジっすか?

百年前の運転免許じゃないんだよ。まさに、「IT後進国」なのを実感した。この調子じゃ、(理由は知らないし、知りたくもないが)国が勝手に推進して、ポイント還元などの「人参」に釣られて多くの人がカードを作り出したら役所は麻痺するよ。

「このクソシステムを作った連中の顔が見たい」どころか見たくもない。反吐が出るわ。

それから早速住所が更新された国保の保険証を使い、警察署で運転免許の住所変更をして来たが、書くところが本当に少なく、処理も、もう感心するくらいスピーディーだった。いや、それが当たり前なんだがね。

こうして手に入れた「新住所と本人を証明するもの」を使い、怒涛のような数の銀行だのなんだのの住所変更作業をしなくてはならないと思うと、げんなりする・・・

 

PS. 警察署はなんか不思議な雰囲気で、ちょっと好きだ。たまに眼光や雰囲気が鋭い人(そういう係の人なのだろう)が通ったり、交通課の人は逆にフレンドリー(な感じ)だったり(免許の処理をする人も警察官なのか分からないが、そうだとしたら、全く妙だ)、ドラマみたいにおっちゃんの警官とおじさんが椅子で話していたり(今気付いたが、「踊る大捜査線」の長さんが出て来るような光景だった)で、結構雑然としたカオスな感じが好きだ。どうしても「こち亀」(あと、「踊る大捜査線」も)を思い浮かべてしまう。まあ、間違っても「ご厄介」になりたいとは思わないがw

PS2. 「悪い冗談」と言えば、今日市役所に出る時、車のエンジンが掛からなかった。引越しした日は問題なかったのに、突然駄目になった感じだった。少し待って何度か試したらようやく掛かったが、エンジン音がひどく(調子の悪いバイクみたいな感じだったし、1気筒死んでそうな感じでもあった)、いたずらでもされたかと思ってマフラーが詰まってないか見たりしたが、大丈夫だった。

まあ、バッテリーの寿命なのだろう(前回の交換は3年くらい前の冬)が、USの映画で良くありそうだということになっている、「おーい、悪い冗談は止してくれよ」と思ったかもw

  •  0
  •  0

トヨタのおっちゃんじゃないけど、場所食って、重くて、電気も食って、ケーブルがスパゲティ状態の、そんな原始的なマシンが大好きでねえwww

てな訳で、ようやく新居でPCが使えるようになりました。もちろん、スマフォは引越しとか関係なく使えたけど、画面は狭い、文字入力も七面倒臭い、音も悪くていいことなしで(これは言い過ぎw)、全然使う気になれなかったです。ちょっとしたことならいいけど、腰を据えて文章を書くとかはできないです。

書きたいことはいろいろあるけど、PCを使えるようになったといえども体力の限界を超えることはできないので、おいおい書きます。ただ、とりあえず一つ書きたいのは、今のところ、「動物園の運動会」には遭ってないので、一安心してます。

 

PS. あー、PC、超重かったしめんどかったwww 梱包も設置もとんでもない手間だった。しかも、オーディオもまともな音なんて出やしなかったので、マイクも引っ張り出して暫定的な(「とりあえず」の、「テキトー」な)補正をして、なんとか、「聞くにたえない音」ではなくなった。こんなに手間が掛かるのは大っ嫌いだけど、僕にはなくてはならないようだ。

あー腰(どころか身体中)痛いw

  •  1
  •  0

新居の鍵を受領する時に受領書を書く時、

ハンコがなければサインでいいですよ。

と言われ、「氏名」の欄に自署したからそれで充分だろうと出したら、「印」のところにも「サイン」(というか、ハンコの代わりらしきもの)が要るようだwww

は???

そういえば、ガスの契約の時もそうだった。(まあ、ガスの経験からそう来そうなことは想定内だったので、何食わぬ顔で「印」のところに名字を書いたよ。)

田舎だからほとんどないのだろうけど、仮に僕が外国人で英語で話して居たら、これはなんて説明するんだろう?? 「ここ(氏名)とここ(印)の2箇所に署名して下さい」? いや、何か英語になっても、理解されるとは思えん。でも、きっと、外国人には外国人向けのマニュアルみたいなのがあって、「意味不明だけど、そうしないと話が進まないので、素直にそうしておけ」みたいに書かれているのかと想像する。

そんな日本でも「好き」とか言う人が居るんだから、世界は広いwww

 

ハンコと署名はどっちかが上位互換なような、あるいは同等なようなそうでないような、不思議な位置づけなんだねえ・・・ てか、「いつまでこんな無意味なことやってんの?」って言いたいけど、言っても無駄なので ここに書くだけにする。まあ、世界の普通の人から見たらクレイジーなことだから、「お前ら好きなだけやってろ!!」としか言えない。いやマジで。これが素晴らしい日本の「文化」の一つなんだよね。好きなだけやってろ!!! (あ、同じ文句を二回書いてしまった。でもいいや)

 

PS. 少し考察すると、法的には自署はハンコと同じ価値がある(推測)のだが、不動産屋は面倒を起こしたくない(リスクを減らしたい、コストを下げたい)から、(本音では)無意味だと思っていることでも、前例あるいは業界で一般的なことを踏襲すべくやっているのだろう。が、世の中全体がそういう、非論理的・不合理で下らないうえに手間ばかり掛かるローカルルールを後生大事に守っているから、日本は駄目になってしまったんだ。この件以外にも、署名・捺印した紙をFAXしろとか本当に止めて欲しい。

みんな、世の中を見ず、今本当にやるべきことを考えていない。

それが大きな問題だ。

まあ、そう言ったら、言われて素直に「サイン」した僕も(長いものに巻かれている時点で)同罪だが、あと数日で引越しだって時に「『サイン』しなかったら鍵をくれないのはおかしい」って裁判とかする金も気力もないから、仕方ない。

PS2. 別の話だけど、不合理ということでは、今回の引越し業者が頑なに(昭和じゃないのに)「当日現金払い」(クレジットカードは手数料が掛かる)を指定するのも似ていると思った。それだけでなく、なぜか何度も「お釣りのないように」と言われたので、十円まで揃えるのにどれだけ苦労したか! 現金は何もしなかったら生まれないんだよ! (しかも、料金が何度か変わったので、そのたびに小銭を集め直した。今は現金を使わなくなっているってことを全く理解していないようだ)

僕だけじゃなく、引越しの作業員だって手間が掛かるだろうし、安全面のリスクがあるし、お釣りがなかったら自腹とかにもなるだろう。安いし引越しの手際はいいけど、客や現場の人に手間やリスクを負わせるという点で、会社としてはクソだ。

  •  1
  •  0

引越しの準備も佳境である。今日は、ウォシュレットを元のに戻した。すごく疲れたが、運良く水漏れせず(少しチェックするつもりだ)、ちゃんと動いてほっとした。終わった後で自分のを梱包する時、仕切りの段ボールの一部が邪魔なので切ろうとしたら、何と、はさみが壊れてしまった・・・

刃は大丈夫だったのだが、柄がバチっと折れてしまった。いやぁ、折れるなんて思ってなかったので、結構ショックだった。はさみも壊れるんだなぁ・・・

段ボールを切ろうとしたら、はさみの柄が折れてしまった・・・

このはさみは実家に居た頃、遅くとも高校生の頃から使っていた覚えがあるので、40年以上使っている。馬鹿なことに、壊してからそういうことに気付いて感慨(と言っても、「あの時、このはさみのおかげで−」なんてことはないが、「長年使っていたのに、なんてことだ・・・」とかいう感じだ)にふけってしまった。だったら、もっと丁寧に使えばいいのに・・・

まあ、壊れたものは仕方ないし、さすがに僕はこれは直すことはできないから、代わりを買うしかない。が、「今度は丈夫なのを」※とか思うとなかなかいいのが見付からない。僕は柄がプラスティックだけでできているなんて思っていなかったが、これも今の多くもそのようなので、今度は柄も金属のをと思っても候補が見付からない。まあ、気長に探すかな。

※イメージしているのは、昔、会社かバイト先かピアノの先生のお宅で使ったことがあるのだが、柄まで刃と同じ素材でできていて、柄の上下だったか指を入れる周囲だったかにプラスティックが被せてあるものなのだが、どうやって探せばいいのか、途方に暮れている(ということはないw)。

ただ、壊れたものだって、何も考えずにラフに使って何十年ももったのだから、今回も何だっていいって気もする。が、今のものはコストダウンがひどくて弱くなっている気がするので、そこら辺の見極めが要りそうだ。

 

おまけ。作業のあとで、使った(用意しただけで使わなかったのも多いw)道具を掃除して干した光景※。何となく手術の器具みたいでかっこいいので、載せる。

使った道具を掃除して干す。

※あと、この並べ方はピンク・フロイドの映画"The Wall"の、主人公が何か(つまらない物)を整然と並べたシーンもちょっと意識した。(って書いたら、観たくなってしまった)

 

PS. 同様に長年使っているものには、他にホチキスがある。これも実家に居た頃から使っている。父が取引先からもらったもののようで、そんな名前が印刷してある。これはいつまで使えるだろうか? あと、こういうのは他に何かあるだろうか? → 写真に写っている黄色いカッターナイフも結構長そうだ。ただ、高校ではなく大学の頃に買った気がする。

まあ、僕は基本的に物には執着しないようにしているのだが、たまたまこういうことがあると、やっぱり気になるね。

  •  0
  •  0