Archive for the ‘引越し’ Category

今の部屋は昔ながらのやり方で、汚損の修復費用分担などの条件が全く明確でなく、退去時にどのくらい修繕費用を請求されるのか分からず、ちょっと心配になっている(大家がまともならそんなことはないが、ここの大家は、節電のためか、階段の照明を減らしたり消したりする(しかも、明るくても暗くても、タイマーで決まった時刻で自動でon/offするようで、一般の人は点灯できない: 階段なんて危険なところで節電する考えがクソだが、それでも節電したかったら、ごく普通の頭があれば、まずはLEDにしたり人感センサーにするのではないか!? まあ、その初期投資すらしたくないのだろう)、セコいアフォである)。逆に、新居は汚損の修復に関する条件や費用が明確なのはいいが、かなり細かくて、「これ、無傷で使い続けられるかなぁ・・・」と、今から心配している(規則なのでワーストケースを書いていて、実際には緩い可能性もあるが、今は分からない)。

両方に共通するのは、入った時からあった瑕疵(傷・汚れ)は、入る時に双方で確認せずに出る時だけチェックされるので(新居でもそうかはまだ不明)、自分は何もしてないのに請求される可能性があることだ。

今の部屋については、僕も、最初から汚損していた状態を写真などで記録しておかなかったので、入った時からあるものを指摘された場合、証拠なしで「入った時からです」と言うしかないが、数が多いので信じてもらえるかは不明だ。そこで、新居ではそのようなことがないようにしたいと思った。

どうすればいいかというと、入居した時からあった瑕疵を写真撮影をするのはもちろんだが、撮影日時を客観的に証明できるようにしたい(本来は、瑕疵を見付けた時点で管理会社に確認してもらうのがベストなので、そのつもりでは居る。ただ、確認に来ないとか、確認してくれても記録・保存しない可能性があるので、その対策が要る)。その点では、画像のEXIF情報やファイルのタイムスタンプはいくらでも変更できるから使えない。何か、誰でも簡単に分かる、改ざん不可能なタイムスタンプが欲しい。それで、以下のような案を考えた。

  • タイムスタンプサービスの利用
    • 無料のものはほとんどなく、あってもサービスが終了する可能性が高い(終了した例: かんたんタイムスタンプ)。
    • 無料サービスの例: freeTSA
      • WebのPDFにタイムスタンプの画像が埋め込める。
      • フォントの関係か、日本語が出ない。
  • 第三者によるwebの保存 (Webに画像を貼るとした場合)
    • ウェブ魚拓: いつ終わるか、なくなってしまうか不明
    • Wayback machine: いつ保存されるか不明(保存されない場合もある)
  • SNSなどに非公開投稿
    • Twitter: (基本的には)過去の投稿はできず、投稿の編集もできないので、使えそう。
    • Facebook: 過去の投稿ができるし、投稿の編集も日時の変更もできてしまうので不可
  • 日付変更できないものを一緒に写す。
    • その日の新聞、変質しやすいレシート(例: 感熱紙): 後日でも使えてしまう。
    • スーパーなどの、日付入りラベルが貼付された食品(消費期限が短いもので、変質がすぐに分かるもの)?: ふざけてるのかと思われそうだし、店に知り合いが居れば偽造もできる(が、それは犯罪になるから余りないか)し、ラベルを剥がして保存しておく抜け道もある。
      • → 使うとすれば、簡単にラベルが剥がせず(例: ラップに貼ってある)、腐りやすい食べ物。
        • パック入りの鮮魚や刺し身、たらこ、寿司など?
    • 2要素認証などのOTPの トークン: 普通の人は理解できないし、日時を証明・検証できない。
    • スマフォの時計画面: 手でも設定できてしまう。
      • 原子時計などなら時刻が変更できず、この用途に使えるのだろうか?: でも、説明しても分からないだろうし、上辺だけの偽物でも可能だ。
    • 公的期間で貸してくれるもの(日時が入っていて、短期間で必ず返却するもの)。: いいものがあるのか??
      • 車の仮ナンバー: 有料だし、ふざけてるのかと思われそうw
      • 図書館の本の貸出カード(昔ながらの、本の貸し出しごとに日付と名前が記入されるもの): 今は、プライバシーの関係でそんなものはなさそう。
      • 運転免許証: かなりスパンは長い(数年)が、無効になった後(更新後)は回収されたり穴があくから、使えないことはない? (やっぱり、数年は長過ぎて使えない。)

今のところTwitterが一番有望だが、やっぱり突然仕様が変わったり終わる可能性はあって、なかなか安心できない。あとはパック入り生鮮食品(実は、一通り書いたあとで思い付いた)だが、やっぱりふざけていると思われそうだ(でも、ローテクだけどネットやインフラ不要のタイムスタンプのアイデアは我ながらおもしろいw)。厄介な問題だが、技術的な話でもある(し、わずかにBTTFぽくもある)のでおもしろがって来ているw 実際にうまく使えれば、無駄なコスト削減やイライラ軽減に大いに役立ちそうだから、考える価値はある。

 

PS. こういうのこそ、国が(使えない番号だのカードを押し付けるんじゃなくて)無料でやればいいのにと思ったが、まあ、誰も思い付かないんだろうねえ・・・ こういう時だけ「民業圧迫は良くない」とかいう論理?

  •  1
  •  0

注意 3か月くらいiVideoを使って何度かトラブルがあったが、SIM・ルーターの管理や障害対応が全く適切でないと感じた。更に、通信障害が起こっても、通信に関してはキャリア任せなのでトラブルシューティングができず、機材(SIM・ルーター)の交換しかできず、それも「様子見しろ」と言って渋るし、交換されるにしても届くのが数日後で、その間は障害はそのままなので、iVideoをメインに使うのはリスクが高過ぎることが分かった。その経験から、iVideoを重要な用途(例: 光回線の代わり)に使うことは全く推奨しない。

具体例については、「[悲報] 完全無線は時期尚早でござった。」を参照のこと。(2020/3/25 6:34)


ひところ流行った言い方だと、「レッツ ノンワイヤー」?w

 

iVideoの大容量モバイルSIM(900GB/月※)を試し始めてから10日近いが、大きな問題はなかった。また、念のため、今日、新居付近で電波強度や通信速度を調べて来たが、全く問題なかった。

※今webを見て気付いたが、「極超大容量」とはあるが、「900GB/月」の記載がなくなっている。さすがにそこまでは担保できなくなったのか? ただ、では一体どのくらい使えるのか、結構不安になる。他のサービスを見ると、「超大容量」は300GB/月で、「使い放題」というのもあるから、それらの間だとは思うが、うーむ・・・ まあ、こういうところが、最初からこの会社に感じていた胡散臭さではある。

でも、一方で、「まあ、(とりあえずちゃんと使えているんだから、)細かいことはどうでもいいんじゃない」とも思うw もし、「きっちり」の大好きな日本人が訳も分からずどんどん入って来て、細かくしつこくガタガタ文句を言うようになったら、全部終わっちゃう気がするから、それだけは止めて欲しい。

今までに見付かった問題はたった一つで、それは、たまに、通信が一時的に(数分間)すごく遅くなることである(先日書いた、「突然、PC(Linux)から通信ができなくなった。」はこれだったようだ)。それで、iVideoのweb(今回使ったSIMとは異なる)を良く読んだら、以下のように書いてあるのが気になった。

通常7GBを超えると通信速度制限が発生しますが、その場合の制限解除費用をサービス提供会社で負担しますので、制限・追加料金は発生しません。

そこから原因を推測すると、今のSIMも同様に、キャリアで良くある7GB/月の制限はあるが、データ量が制限を超過して速度制限が掛かるたびに自動的に制限解除費用を支払っているのだが、制限が掛かってから解除されるまでに数分間のタイムラグがあって、その間は低速になって遅く感じるのではないか。

実際、遅くなったのは1-2日に1回だった。一方、この一週間のPCの通信データ量を調べたら5GB/日前後だったので、1-2日ごとに7GBを超えて一時的に遅くなるのは腑に落ちる。

900GBに達するまで(最大128回?※)制限解除費用を支払えるほどSBMの回線使用(卸)料が安いのか、iVideoはお金があるのか、そんなに払ってもこのサービスの利益率が高い(実際に900GB使い切る人がほとんどいない)のかなど、疑問は多いが、今は気にしないことにする。ただ、このサービスの継続性に関係するので(払えなくなったら、突然「終了」になる可能性が高い)、「安く使えるからいい」とのん気に構えるだけでいいものでもない。

※128回の追加はさすがに多いと思う。そうなる人は、別の制限「キャリアの判断により「不正利用の可能性と短期間での過剰利用がある」とみなされた場合には、月末まで通信速度が128kbpsになります。」に引っ掛かって、ずっと低速の憂き目に遭うのではないだろうか。ただ、それでは「900GB」はどうしても使えずに誇大広告になるので、ものすごく急激に使わなければ大丈夫なのだろうか?

そして、冒頭に書いたとおり、今はどのくらいのデータ量が使えるか不明(非公開?)になっているから、少なくともサービス内容(= 何回追加料金を払ってくれるか)は随時変わりそうだ。また、実際に128回は払い切れず、誇大広告になるのを避けるために、上限を書かなくしたのかも知れない。

実際問題として、数分間すごく遅くなるのはいい気分ではないが、通信できないとか繋がらない訳ではなく、待てば必ず回復した(例: 3回速度測定したら、3回目に回復した)ので、僕にとっては致命的な問題ではない。まあ、webにも書いてあるように、「ベストエフォート」の範疇ではあろう。

この、「一時的にすごく遅くなる」問題を回避するのに、例えば、随時それまでの累積通信データ量を調べておいて、そろそろ遅くなりそう(7GBを超えそう)だと思ったら、アイドル時にわざとちょっと多目の通信をして7GBを超えて(遅くなって)制限解除してもらって、僕には遅くなったのが分からないってのを思い付いたが、何となく藪蛇になりそうな気がするw

そういえば、遅いといえば、今は「無理やりLTE対応」のNexus 4のテザリングを使っていて、最大10Mbpsくらいしか出ないけど全く気にならないのが不思議だ。逆に、本物のモバイルルーターを買って高速になったら、上の7GBの壁が早く(頻繁に)来てしまって、却って使い勝手が悪くなりはしないかと、ちょっと心配になった。が、まあ、いくらルーターが速くても、各アプリが使うデータ量が増える訳でもないから、大丈夫ではないか(Spotifyの「自動」モードのように、適応的にデータ量(速度)を変えるものもあるが、少ないだろう)。

 

そんな訳で、この引越しを機に光を止めて完全に無線に切り替える方向に決めた。今の光プロバイダのOCNは、とても高性能なシステムをお使いのようで、日割り計算なんてできないようなので、月始めでも末日でもいつ止めても同じ(2年縛りの違約金はある)だから、iVideoを使ってから2週間経つ日(1/24)まで様子を見て、それから退会しようと思っている。

ただ、無線はiVideoを使うとして、一番のリスクは事業継続性だろう。例えば、以下のような原因でサービスが突然終わる可能性がある。

  • 経営状況の悪化
  • キャリア(SBM)の値上げ・方針変更 (いじめ?w)

長期契約していたとしても、終了時の返金は余り期待できない気がする。せいぜいの補償は、期間内は一応使えるけど、その後の更新ができなくなることだろうか。あるいは、破綻した時から制限解除費用が支払われなくなって、単なる7GB/月のSIMに成り下がる可能性は高い(その時も、下手な日本語のうまい言い方の言い訳のメールが来る程度だろうw)。

そういうことを考えると、一年などの長期契約は得策でない気がする。iVideoの長期はそれほど割り引きがないので、それでも大きな損はなく、単に、数か月ごとに忘れずに更新・延長する(しかも安い日を見計らうw)のが面倒なだけだろう。何となく、スーパーでの買い物のようだw

SBMに切られた時の対処として期待できる話としては、他のキャリア(例: 今、地獄の苦しみを味わっているであろう、何がすごいのか分からんが「仮想化なので」とか楽天的な寝言を言ってるところw)に移ることが考えられる。僕は、どこでも普通に(超高速とか全然不要)通信できればいいから、それなら問題ない。そして、そのキャリアはこの辺りはまだサービスエリアではなさそうだから、auが使われるだろうから、通信は大丈夫そうだ。

そのミッキーくんにしたって、ある程度大量のユーザ(というか、「回線出荷量」とでも言うもの?、要は「実績」)ができれば国にも株主にもちょっとは顔向けできるから、Win-Winではないか?w

もしiVideoが終わってしまったら、今でも他にいろいろな会社があるので、そっちに移ればいい。ただ、iVideoほどコストや使いやすさ(契約面)で手頃なところはほとんどない。が、仕方ない。そのうち新しいところが出るかも知れない。

ちなみに、僕のPCの1か月の通信データ量は、通常は300GBにもならないが、100GBは確実に超える(上記のこの一週間の値も約5GB/日なので、150GB/月にはなる)ので、「微妙に惜しい」。100GB/月のプランなら結構手頃なところがあるのだが、それでは足りないのだ。そして、200GBのプランはほとんどない。それで、例えばSpotifyの音質(今は最高("Very High", 約320kbps)にしている)を少し下げる("High", 約160kbpsに)とか自動バックアップの間隔を長くすれば100GB/月でも余裕ができるのなら、検討の余地はあるだろう。が、ちょっと本末転倒な気はするし、一時的に大量の通信をする場合があるだろうから、やっぱり200や300GBは欲しい。

と、先を考えると悩ましい問題が起こる可能性はありそうだが、まあ、光の工事も配線も面倒で鬱陶しいし、前回書いたように、無線なら外でも自由にスマフォでデータが使えるから、やっぱりこっちだ。

それから、そうだそうだ、そうだった。無線が全然駄目でどうしようもなくなった時には、(仕方なく)光に戻ればいいのだ。今はPCなんて使う人が少ないから、いつだってすぐに引けるよ。でも、もちろん、OCNなんて間違っても入らないw 今はDTIかなと思っている。(DTIは、大昔ISDNかADSLの時に使っていた。なんとも懐かしい・・・)

まとめると、以下のようなストラテジーになる。

  1. iVideoを使い倒す。
  2. iVideoが駄目になったら、他の大容量無線プロバイダに移る。
  3. いいところがないかそこも駄目になったら、光回線を引く。

 

PS. 家(半固定)用以外に、スマフォ用のモバイルは0SIMに移るのが結構有力だ。ちょっと調べたら、普通は月に100MBも使っていないようなので、未使用分が繰り越しになったとしてもほとんどの容量(500MB)が無駄になっている。更に、本文に書いた大容量SIMを併用すれば、スマフォ用モバイルのデータはほとんど消費しなさそうだ。であれば、もし0SIMに実用性があるのなら、移れば確実に料金が安くなる。ただし、移行のための手数料(6400円程度)をペイするのに一年以上掛かるのがなかなか苦しい・・・

今までの経験上、僕はこういうのは1-2年でダイナミックに変えていくので、ペイするのに一年以上掛かるのなら、その前に移動する可能性が高く、コストメリットがなく、単に気分の問題に帰着するだけなのだ。少し考えたって、全然評判が良くない0SIMに何年も留まることはなさそうだ(だったら、最初から足切りしろ? www)。

ってことで、こっちの答えは出ていそうだ。

  •  0
  •  0

引っ越す前に必要な、部屋の原状回復※作業の一つに、出窓のパッキン(シール)のカビ防止のために窓に貼った断熱材(結露防止シート)を剥がして清掃するというものがある。あらかじめ大変だと思っていたので、早目に1つの窓で試してみたのだが、想像通り手こずった。2.5時間近く掛かった・・・

※「現状」回復というのはどうも違う気がする。入った時の状態に戻すので、単に「復元作業」でいいのか。

何が悪かったかというと、題に書いたように両面テープだ。今回だけじゃなくて昔から好きじゃないのだが、こいつは全くどうしようもない(いや、両面に限らず、粘着テープはどれも嫌いだ)。記憶では剥がしやすいものを使ったはずなのに、剥がそうとしたら窓枠にこびりついて かなり残ってしまった。温度変化で劣化したのだろうか。まあ、6年くらい経ったら劣化するのは仕方ないだろう。

劣化といえば、窓に貼った断熱材も紫外線や温度変化で劣化したようで、剥がす時にボロボロ・パリパリと破け・砕けてしまった。あわよくば、剥がしたものを梱包の緩衝材(プチプチ)に使おうと思っていたが、ゴミを撒き散らすだけなので止めて、新しいものをヨドバシに注文した。

まあ、きっとこんなことになるだろうかと思って、あらかじめ、カーナビのTVのアンテナを剥がす時にすごく効いて感心したオレンジ油の剥離剤(ディゾルビット)を注文しておいた。意外にも、その時に使ったのと同じものが売っていた。あれは駅の通路とかホームセンターのワゴンで売っていたのを思い付きで買った記憶があるのだが、ちゃんとした製品だったのだ。今回は両面テープが剥がれにくそうで多く使いそうだったので、100mlの多目のものにした。ヨドバシで千円くらいだった。もっと大きいのも同様の値段だったが、そこまでは使わないのでこれにした。

予想どおり、ディゾルビットを掛けて拭けばスルッと綺麗になるほど容易なものではなかった。基本的に、ディゾルビットは糊を溶かして剥がすもので、糊にしみ込ませないといけないから、まず、(断熱材が破れて剥がれない部分が多いので、)どうにかして断熱材を剥がし、それから両面テープ(のベース)も剥がし、それからディゾルビットを掛けないと本来の効果が発揮できない。とはいえ、上に書いたように断熱材も両面テープも劣化していて困難なので、それらを大まかに剥がしたあとでディゾルビットを掛け、少し待ち、布や爪や指やプラのヘラで擦って剥がし、再度ディゾルビットを掛けて擦るのを数回繰り返した。なお、良く言われるように、ドライヤーで暖めてもみたが、寒いせいか少しくらいでは全然温まらず(焼け石に水の逆?)、無駄そうだったので止めた。

途中で「これは駄目かなあ?」と思いつつも諦めずにやったら、最後には嘘のように綺麗になったので(これでうまく誤魔化せるとw)嬉しくなった。おそらく、気長に構えて、ディゾルビットを掛けてしばらく(数十分?)放置してから擦ればもう少し楽にできる気がするので、次はそうしてみたい。あと、次は少しでも気温が高くなる午後にしたい。

残りは2窓だ。うち1つは使っているうちに断熱材が剥がれて来たので更にしつこい両面テープ(今回と違い、ベースがスポンジなので、引っ張っても繋がって剥がれず、ボロっと崩れる)を使っているから、もっと苦労しそうだ・・・ まあ、早目に気長にやろう。

それから、パッキンにカビは生えておらず綺麗だったから、目論見どおりの効果があって嬉しかった。カビは湿気だけでなく胞子が飛んで来て生えるのだろうから、綺麗にして密閉しておけば防げるのだろう。だったら、最初からそういう作りにできないものだろうか?

 

なお、大変な復元作業はこの他に2つもある。ウォシュレットを元に戻すのと廊下の人感センサースイッチを撤去することだ。前者は元々付いていたのがひどかったので自分で買って付けた。しゃがんだり寝たりして作業することになるからキツいし、水漏れにも神経を遣う(まあ、退去まで無事ならいいのだがw)。全然使っていなかった元のウォシュレットがちゃんと動くかという心配もある。まあ、動かなかったら、「使ってなかったので、いつの間に故障したのか分からない」とか言ってとぼけようと思っている(実際、全くの嘘ではない)w 後者はそれに比べれば楽だが、(5Vのような甘いものでなく100Vの強力な)電気なので、それなりに神経を遣う。火事などになったらシャレにならない。

 

PS. 復元作業と言えば、既に終わったもので結構大変だったものがある。外していた居間の仕切り戸を戻す作業だ。引き戸は矢鱈に重く、しかも、(以前から気になっていたのだが、)うまくレールに入らず、何とか入れても途中で引っ掛かって動かなくなってしまったりして(今考えると、これって実家の引き戸と同じだよwww)途方に暮れた。やっぱり「まずい・・・」と思ったのだが、戸の端の上下にあるネジを(「上」(何が上に行くのか不明だ)はまだしも、「右」とか「強」とか書いてあって意味は分からないものの)テキトーに回していたら突然スルッと動くようになって、事なきを得たw

仕切りがあると何とも邪魔だし狭苦しいが、あと少しのはずなので、我慢している。ちなみに、次の部屋には(記憶と間取り図では)こういう仕切りはないはずなので、その点もいい^^

  •  0
  •  1

今日、無事、新居の審査が通り※、あとは契約して引越すだけだ。引越しは来月中旬なので、まだまだ余裕はあるが、明日から本格的な引越し準備が開始できる。

※実は、例の、審査に必要な書類がもらえるまでに百年くらい掛かりそうな会社は即座に見放して、別の先進的な会社から書類をもらって通した。前者から未だに申込書すら届かないのは予想以下の感じだが、まあ実害がなかったので苦笑しかない。

それにしても、(話は全く変わるが、)憎んでも憎みきれないのは(何度でもしつこく書くが、)OCNである。引越しや解約に伴って光回線を撤去する費用はどのくらいになるのか※聞いたのだが、今回も回答がない。なんなんだろうね。「腐臭しかしない、ゾンビ寸前の会社」ってことでファイナルアンサーなのかね。

※検索すると、撤去に費用は掛からないようだ。だったら、webに書いておけばいいと思うが、まあ、ノーミソがない連中なので、何を書けばいいか分からないのだろう。

そして、あそこの問い合わせページでイラつかせられたのは、フォームに入れた文字を、ご丁寧にもリアルタイムで全角に変換しやがったことだ。例えば、"1"は気づくと「1」になってるし、空白も全角の空白になってしまっていた。全く醜い! しつこいことに、書いたあとで見ておかしいと思って直しても再び変換しやがった。以前に書いた気もするが、なんでそんな下らないことに金や手間を掛けるのか。そもそも、客の書いた文章を勝手に変えるって許されるのかと思うが、自分で「私達は脳みそがないので、全角しか使えません・処理できません」と公言しているのか! そんなの、今時の普通の役所以下じゃないか?? つまり、クソ未満てことだ。

回答がないのも、僕のメールサーバが彼らのノミほどもない脳みその想定外のアドレスだったものだからスパム扱いされて、質問が捨てられたのではないかと思う(実際、質問を送信しても、エラーにはならなかったのに、良くある確認のメールは来なかった)。

そんな訳で、質問を出すまでは、とりあえず工事費(約1.5万円)を払って移転して、2年縛りの中途解約の違約金(1.1万円)が掛からなくなる時期までゆっくり別のプロバイダを探そう(と言いつつ、ほぼDTIに決まっているw)と思っていたのだが、もう、違約金を払ってでも退会したい気になった。ただ、次も安易に光回線にするのでは進歩もおもしろみもないので、以前からやりたかったけど時期尚早と思って保留していた「完全モバイル」をちょっと試してみようと思った。

近頃は大容量・無制限のモバイルのプロバイダはいろいろあるのだが、料金や違約金や機器の故障対応※とかいろいろ見ると、最も胡散臭そうなiVideoのレンタルSIM(900GB/月, 約3600円(時期によって変動するようだ。税込み))が一番まともな感じだったので注文して、明日届く予定だ。本当はそんなところに個人情報(運転免許証)を出したくなかったのだが、「(他にいいところがないし、)まあ試そうか」という感じで諦めた。ただ、注文したら、意外にまめに連絡が来るので、それほどテキトーではないのかも知れない。少なくとも、OCNの一万倍はマトモだ。

※レンタルのルータにもかかわらず、なぜか、自然故障ですら修理費用が掛かるところがほとんどだ。そして、その故障対応用に「安心サポート」みたいな名前で月額数百円をせしめる魂胆は大嫌いだ!!

あと、モバイルルータしかないところばかりなのもがっかりする。まあ、そういう用途・層がターゲットなんだろうけど、もう少し視野を広げればユーザが広がると思うのだが・・・

それから、全く比較にならないけど、例の余りにも事務が遅い前世紀的な会社と違って、iVideoは注文の2日後にSIMが届く予定という、ワープ航法を彷彿させる速さ(というか、現代はそれが当たり前だが・・・)にも感心したw

それで、今日はその完全モバイル用のルータ相当を、(本格的に移行するまで使う予定の、)手持ちの機器で実現する方法を何とかでっちあげたのだが、明日、SIMが来たらどうなるかドキドキだw

構成など詳細はあとで書きたいが、手持ちの使っていないPCとスマフォでLTE-Wi-Fiルータを実現する(スマフォにSIMを入れ、USBテザリングでPCに接続し、EthernetとWi-Fiで本来のPCとスマフォから接続する)。それを使えば、今使っているWi-Fiルータなしで、それと同様にPCとスマフォからネットに接続できるはずなのだ。でも、きっと、さまざまな「思わぬ落とし穴」があるに違いない。なかったら逆に驚くよw

 

PS. 嫌な会社だけでなく、前回の続きみたいな憎めない人も居た。引越し会社の営業の人だ。新卒かどうかは不明だが、そんな感じに若くて、しかも、いかにも営業が向いてなさそうな、朴訥とした感じ(何となく左門豊作的だった)だった。あの調子ではジジイや若造や上司などに偉そうにされていそうで可哀想だと思った。

予想したとおり、経験が浅いために、規則を厳密に守り、あまり値引きやサービスをしてくれなかったが、結果的には前回と同様の料金で(前回のを保存しておいたPDFを一緒に見た)、予想より十万円くらい安かった※ので許したw

※いや、その予想は全然駄目じゃんてのはあるがwww

あ、そういえば、照明(シーリングライト)が見積りに入ってなくて、慌てて再計算し出したのには、ちょっとだけムカついたな。

  •  1
  •  0

引越しの件だが、思い立つきっかけとなった、最初に目を付けた部屋は残念ながら駄目だった。確かに保証人は要らないものの、その部屋に指定された保証会社は無職は通さないとのことだった。でも、相談に行った不動産屋が、無職でも審査してくれる保証会社が使える部屋をいくつか見付けてくれ、4箇所を内覧して(意外に時間が掛かって、結構疲れた)3つの候補が残り、そのうちの一つがとても気に入った。もう一つも同様に良かった。今回も「防音(静かさ)第一」の観点なので、(今の部屋と違って)ちゃんとした鉄筋コンクリート造(例: 壁もコンクリートで、叩いても太鼓のように「ボンボン」しない。実際、不動産屋もそこはしっかりしていると言っていた)なのはもちろん、最上階なので、少なくとも上からの「ドスドス」はなさそうなことが決め手になった。

ただ、さすがにその場で申し込むほどの勇気はなくて※、店から帰って少し休んだあとで再度一人で偵察に行き(これもなかなか疲れた)、夜には地図やwebで詳細に確認・検討したら、防音はもちろん、コスト(今よりわずかに安い)や便利さの点で、これ以上のものはなかなかなさそうな気がしたので、申し込むことに決めた。そして、気合を入れて引越し準備をして、(予定より早く)一日でも早く引っ越したくなった。とにかく、一刻も早く、この騒々しい部屋から逃れたくなったのだ。もちろん、新しい部屋が静かな保証はないが、壁などの造りを見た限り、ここよりはずっと良さそうだったので、賭けてみることにした。あと、その部屋(物件)は家族には狭いから、クソガキ元気な幼い子が居る確率は少なさそうだという主旨の不動産屋のアドバイスも良かった(まあ、それだってあてにしている訳ではなく、完全に自分の判断・自己責任だと思っているが)。

※想像かつ記事に良く書かれていそうだけど、お金持ちとか事業に成功する人は、こういう時に即決する気がする。が、仮にそうしてもお金持ちになれたり成功したりする訳ではないと思う。逆に、普通の人では無駄な出費をするのがオチだろう。つまり、お金持ちとか成功者の行動というのは結果論とか十分条件であって、必要条件はもっと別なところ(この場合は、いいものを瞬時に見抜く目と、即座に将来を予測して損得の判断ができる頭だろうか)にあるのだと思う。

それで、今朝不動産屋に連絡したら、保証会社の審査にはある書類が必要だとのことで、それを入手することになったのだが、前もって予想して心配していたとおり、電話で依頼して、申し込み書が郵送されて来て、記入して返送するという、手に入るまでに百年くらい掛かりそうな前時代的な手順だったので、すぐに審査開始されないのが嫌だった。そうこうしているうちに成約してしまったら困るではないか(意外にも、この時期でも不動産屋には頻繁に客が来ていたし、担当も「のんびりしているとすぐに決まっちゃうかも知れませんよ」などと言っていた。まあ、それは半ば戦術なのだろう。実際、今日電話したら、先客があるからと、僕の申し込みは夕方になってしまった。まあ、株とかじゃないんだから、そこまで電光石火じゃないんだろうねw)。

そして、(ようやく本題なのだが、)その書類の作成を依頼した時の窓口が、どういう訳か、妙にホワンとしたおっとりとしたしゃべり方で、「は? 郵送とか待てねーんだよ!!」と心の中で叫びつつも、(そういう人は好きなものだからw、)つい許してしまった。その人がたまたまなのかも知れないし、その会社の立地の地域性なのかも知れない。立地という点では、その会社は地方にあるせいか、大きい会社のように電話が繋がるのを何十分も待つとかなくて、一発ですぐに繋がったのは良かった。そこでイライラさせられなかったのが、まず良かったのかも知れないw

なんというか、今時いちいち申し込み書を郵送してなんて手順のところも結構あるんだなあと思い、そして、果たしてそんなペースで今後も生き残れるのかとも思った。特に、あのおっとりとした人なんて・・・w

 

PS. 不動産屋の担当者は、雰囲気が前の前の会社の車好きの若者に似ていた。外見やノリは若者らしく軽くはあるのだが、することはそれなりにちゃんとしているので、やっぱり憎めない。というか、そもそも、彼はまだ何も悪いことをしていないw

PS2. それにしても、今は保証人不要で賃貸が契約できるようになって、随分改善されたと思う(無職が難しいのは、僕だって仕方ないと思う)。不動産屋(実際には家主?)によっては、まだまだ旧態依然のやり方なのかも知れないが、保証人なんて現代の人質制度のようなものだから、早く絶滅して欲しい。

PS3. 雑談ついでに書くが、不動産屋の人と内覧に行く時、「今までで、どこ(街)が一番良かったですか」と聞かれ、少し考えてから、「宇都宮ですかねぇ」などと答えた(消去法でそうなった)のに、我ながら驚いたw 誤解してほしくないのは、「郷土愛」なんてものじゃ全然ないことだ。特に何もない田舎なのだが、それが疲れなくていいのだと思う。車は便利に使えるし、以前も書いたように、都会に比べていろいろ「ゆるい」のも楽でいい(その分民度が低いってことで、イライラもするのだが、平均値では都会よりストレスが少ないと思う。更に、実家辺りのようなド田舎ではないので、それに起因するストレスが皆無なのは本当にいい^^)。

それでも、人に勧めるかと言えばそうでもない。特に若い頃は都会で暮らして、世の中の(厳しい)常識を身に付ける方がいいと思う。

  •  0
  •  1

(前半は汚い話なので、お食事などの時は避けて下さい)

調べたら、5年間近くも解決できなかった問題だった。当時は直ったと思っていたのだが、その時の解決策にも問題があって止めたので、トイレなどが時々臭う問題が再発していたのだ。

その後、さまざまな調査・検討や試行錯誤の結果、去年の年末頃にようやく原因が分かり、対処して解決した感じだ。それまでは、洗濯のあとにトイレがなんとも言えない臭い(その時々で異なる。いわゆる「トイレの臭い」ではない)で臭っていたのだが、対処後は数回洗濯しても臭わなくなった。

この建物でトイレが臭う原因・メカニズム(仮説)は、以下のとおりである。

  1. 洗濯をする。
  2. 排水時、洗濯機用の排水口に接続されたホースから、急な勢いで、水が下水管に流れる。
  3. この建物は下水管の気密のバランスが悪い(吸排気がうまく行っていない?)ようで、急に水を流すとトイレの水位が低下する。
  4. その時、あるいは次回トイレを使った時に、(一瞬であろうが)封水が破れて、下水の臭気が便器と水の間にできた隙間から漏れ出て、トイレが臭う。

調べたら、この下水の臭いは換気扇を掛けてもなかなか抜けないようで(抜けるまで半日から一日もかかるとのことだ)、確かにしばらく抜けなかったのが腑に落ちるし、瞬間的に臭いが漏れ出たのが残っているのなら、臭っている時にいくら探しても出処が分からなかったのも当然だ。それにしても、下水の臭いってのは恐ろしいものだ・・・

あと、たまに洗濯機のある洗面所が臭うのもこれと類似(トイレの水流の勢いで洗濯機の排水口の封水が破れる)のメカニズムだと思われる。

それで、以下のように対処した。

  • 洗濯機からの排水の勢いを弱めるため、ホースを排水口(のホースを接続する部分)に接続せず、排水が防水パンに流れるようにした。
    • これは前回の対処と同じだが、前回そうしたあと、洗濯機用の排水口が臭ったので、そこから臭気が出て来るのではないかと考えて止めていたのを復活させた。上述のように、こっちが臭うのは、トイレの水流が強過ぎた場合と推測する。
  • トイレの水流が強過ぎた場合に臭うのを緩和するため、排水口のホースを接続する部分をビニルで塞いだ。
    • 臭うのは洗濯機のホースを接続する部分が開放されているからで、それを取り囲む部分のトラップ・封水は問題ないと想像したが、今までのところ一度しか排水口が臭ったことはない。また、時々排水口のトラップの水位を確認して、低いようだったら水を追加するようにしている。

なお、調べたら、この下水臭への対処はなかなか難しいようで、いろいろな説や対処方法が見付かった。中にはトンデモなものもあった。例えば、臭い時はマッチを擦って便器に入れるなんてのがあったが、それじゃ危険だし、火災報知機が鳴る可能性があるし、まず効かないと思うが・・・ 他(トンデモでない)には、部屋の気密が良過ぎるため、吸気が悪い状態で換気扇(今は常時換気しているせいもあるようだ)を使うと便器の水位が変わって封水が破れるという説があった。今回はそれも疑ったが、違っていた。

 

それにしても、以前からも書いているように、この建物にはこれ以外にもいろいろな問題があって(例: 窓枠の結露、なぜか湿度が高目、エアコン内部のカビ※)、見掛けとは違って良くないことを実感した。建物以外にも周囲(特に下の部屋)の足音・物音*がひどくて嫌気が差していた。とは言え、現状の収入なしの状態では引越すのは難しいと思っていた。

※エアコンについては、今朝散歩に出るまでは、内部の清掃方法を調べて(→ )、自分でできそうだけどすごく面倒だと思っていた。大家に頼むにしても、故障するか「黒い物が出る」(← 以前居たところでは本当にそうなったので、清掃してくれた)などと言わない限り、清掃はしてくれないだろう。

まあ、仮に引越してもエアコン内部の汚れはいつか起こるので、引越せば汚れるのが防げることを期待しているのではなく、(他にもいろいろ面倒が増えるうえに大家は何もする気がないので)「そろそろ逃げる潮時」という意味合いだ。

*騒音については、その後の検討・分析の結果、下の部屋だけではない(他の部屋や周囲の建物からも出ている可能性が高い)し、下にしても、悪気や故意でうるさくしているのではなさそうな(単に、連中がクソガサツなだけ)ことは分かったが、いずれにしても、僕にはうるさいことに変わりなく、容易に解決できる問題ではない(いくら うるさい連中を木っ端微塵にしたくても、手榴弾や機関銃を用意するのはなかなか容易ではないw)のは確かだ。

のだが、今日、気晴らしに散歩していたら、なぜかピンと来る建物・部屋(鉄筋コンクリート造らしく、最上階、角部屋)に「入居者募集」と書いてあったので撮影しておいて、帰ってから調べてみたら、家賃はそれほど高くなく(でも、総額は今より高いので交渉したい)、保証人不要※(保証会社利用)とあったので、光が差した気分で、とりあえず、無収入でも可能か問い合わせたら、すぐに不動産屋から返事が来た(ただし、まだ可否は不明)ので、すっかり乗り気になって、明日早速相談に行くことにした。

※保証人については、以前から頼んでいた(近くの)妹が遠慮したいと言って来て困っていたのだが、その後、もう一人の(遠方の)妹がなってもいいと言ってくれたので、とりあえず今の部屋は何とかなりそうな感じなので、大変ありがたく思っている。

そして、そこに限らず、無収入でも可能で静かなところがあれば、是非引っ越したくなってしまって、もう、引越しの計画を立て出しているw 引越しには数十万円のお金と多くの手間が掛かるが、イライラしたり嫌な気分で毎日を過ごすよりはずっといいと思う。もし次も駄目だったら、仕方ないからURを考えよう。

 

PS. 引越し歴を調べてみたら、ここにはもう6年近くも住んでおり、(実家を除いて)今までで一番長い感じで、騒音以外は気に入っているものの、確かに飽きて来たから、「そろそろかな」って気はする。でも、本当に引っ越せるかはまだ不明だ。実は、今の部屋の契約期限は来月末辺りで、以前から、更新せず・できずに引越すにしてもそんなに急には無理だと思っていたのだが、なぜか急にやる気が出たw

  •  0
  •  1

過去の投稿にカテゴリ(「手仕事」)の追加をするので見ていたら、おもしろいことが分かった。部屋(引越し)に関してだ。

前の部屋から引越そうと思った理由は、「うるさかったから」というのは記憶にあるのだが、実は、想像(今思い出せる)以上にうるさかったことが分かった。ひどさが分かる実例として、その頃は膝を怪我していたのだが、それが治ったらすぐに引越した(= 治る前から探していた)ことがある(これも忘れて居た)。今でも思い出せるのは、近くの家の野球部らしい坊主がバットを素振りして、それがタイヤにぶつかる音がうるさかったことだけなのだが、それ以外に、部屋自体にも問題があったことが分かった。以下に、(再発見したことを含めて)前の部屋の問題をまとめる。

  • 野球ガキのバットの打撃音
  • 上の部屋の足音
  • 周囲(上か隣)の部屋の父親が子どもを怒鳴る声
  • 周囲(隣?)の部屋からの下手なピアノの音 (ベートーヴェンだのを気合いを入れて弾いていた・・・)
  • 窓を開けると煙草臭い

これを知って、今の部屋も確かにうるさいことがあって嫌だが、前よりはずっと良さそうなことに気付いた。ただ、詳しく検討したら(下を参照)、「良さそう」と思った割には、程度の差はあれ、今もほとんど同じ問題があることが分かったw が、まあ、前よりはマシだ。少なくとも、下の人が居なかったり静かな時は、すごく静かだ。

バットの打撃音は、こっちでも似たような音が聞こえることがあるが(間隔が短かったりするので、工事とか作業の音のようだ)、短時間だしそれほど大きくないので、それほど気にならない。足音は下からあるが、上からでないのでイライラ度は低い。怒鳴り声の代わりに喚き声はあるが、頻繁ではない。ピアノの音は少し聞こえることがあるが、離れた部屋の子どもや親がお遊びにちょっと弾くだけなので、ほとんど気にならない。今は窓は開けないので(多分、前の部屋での嫌な記憶が残っていて、(理由を忘れても)開けないようになったのだろう)、煙草の臭いはしない(ゴミ袋に吸い殻が入っているのを見ることがあるので、開ければ臭うと思う)。

それに、たまにこっちが音楽を盛大に掛けても文句を言われたことがないから、そこそこ防音がいいのだろう(あるいは、下は自分たちがうるさいのを自覚して我慢しているとか、音に全く無頓着で気にしていないのかもw)。

だから、今以上の静けさ(防音性)を求めて引越して成功するのは難しいような気がする。会社と同様、部屋は「お試し」がまずできないので、失敗する可能性は高い。おそらく、成功するには更にお金が要りそうだが、全く無理だ。そもそも、今は無職なので借りられるかも怪しい。

例外的に、URの建物は静かな可能性が高いし、入居のハードルも低い(保証人など不要)が、ハードルが低いために民度も低い(= DQN度が高い)という問題がある(例: 前にも書いたが、車を当て逃げされた)。だから、今は、どこにも入れない時以外はURは考えたくない。

という訳で、ここがものすごく嫌にならない限り、多少のことには目をつぶって居続けるのがいいと思った。認めたくはないが、「青い鳥はここに居た」ということかw

 

PS. とは言え、下の連中にはやっぱりムカつく。それはどうしようもない。(本文に書いたとおり)すっかり忘れていたことだけど、前の部屋のひどさを思い出して我慢するか。それに、これも忘れて居たのだが、下の部屋の前の住人のガキの足音もうるさかったようだ。だから、足音に関しては、下の人自体が悪いのではなく、建物が悪い(、あるいは、僕の耳が敏感過ぎる)ようだ。

PS2. 仕事(会社)も同様に妥協は要ると思うのだが、どこも妥協できるレベルではなかった。速攻で辞めた最後のところを除き、(妥協して)我慢し続けて心身を壊したくらいだ。(やはり、過去の投稿で思い出したことだが、)2つ前の会社なんて、入って2年目に早くも壊れたくらいだ。

PS3. それにしても、忘れていることが多い。まさに、このブログの目的を達成しているなw

  •  1
  •  0