Archive for the ‘意見’ Category

復興に水を差したくはないが、そして、確かに大地震で全く問題なかったところは多いんだろうが、でも、次にどこがどうなるか(本当にもう安全なのか)、分かる人は居るのだろうか? 地震(火山の噴火なども同様。以下、そういう自然災害(= 天災)を意図している)は予知できないので、大きいのが起こったら、また起こるかも知れないと思うのは当たり前ではないか。そもそも、気象庁だって、まだ余震に気を付けろと言っている(あるいは、「もう安全です」とは言っていない)はずだ。それなのに、「(もう大丈夫だから、)どんどん来てくれ(行こう)」ってのは、ちょっと無責任ではないかと思う。

ただ、地震は予知できないという観点では、日本のどこでも同じようにリスクがあるから、地震が起こったところとは全く別のところに行っても、あるいは、どこにも行かなくても災害に遭う可能性はあるだろう。ただ、上に書いたように、(経験則あるいは本能で、)直前に大きな地震があったところでは、続けて大きいのが起こる可能性は他の場所に比べて高そうだと考えられるから、やはり、直近に地震が起こっていないところに行くほうが、確率的なリスクは低そうではないか。そして、飛行機などで行くような遠い場所は、災害が起こったら帰れなくなってしまうのだから、遊びで行くのをためらう・ためらわせるのは自然だと思う。

具体的な話になるが、先日の大地震では信じられないくらい大規模な停電があった。それは、その地域の電源システムがとても脆弱だという証拠である。僕としては、それが解消されない限り、安心して遊びに行けるとは思えないが、どうだろうか? もう大規模停電は起こらないようになったのか、今度大きな災害や大規模停電があったとしても、前回のように旅行者を暗い夜に露頭に迷わせることはないと保証してくれるのだろうか?

こういうのを「風評」と言うのであれば確かにそうで、それで減収のような「被害」はあるだろうが、僕はこのように考えている。逆に、確たる証拠もなしに「安全」とうたうのも、一種の風評ではないか?

  •   0
  •   0

「100%…SOかもね!」とは言わないw 僕は天才じゃないので、ひがみはあると思う。

確かに、世の中に天才プログラマーは居ると思うが、成功(= 成果が世の中に認められる・広まるなど)のための必要条件ではないと思う。まあ、十分条件ではあろう。というのは、今の世の中は余りにも大規模・複雑化しているからだ。ソフト開発は芸術と違うので、一人がすごいことをしても・すごいものを作っても、それだけではまずうまく行かない。

もっとも、下に書いたように、芸術だってすごい作品を作った・演奏(演技)しただけでは駄目だってことはある。ただ、芸術は天才が居なければ始まらない(→ 天才が必要条件)ところが、ソフトなどとは違う。

天才プログラマーがうまくいくために必要なのは、サポートだと思う。昔の芸術界でのパトロンのような人だ。天才が作ったものを(あるいは、天才にお金を出して売れそうな物を作らせて)世の中に出す人が必要だ。他に、ほとんどのソフト(ハードも)は一人では作れず、多くの人が携わるので、オーケストラの指揮者のように、その人たちをまとめる必要もある。そんなのは天才プログラマーにはできないだろう。

具体的な例を挙げると、仮にウォズ(Appleだった人)が一人だったら、AppleやMacは出せなかったということだ。彼にはジョブズが必要だったのだ。逆に、ジョブズにウォズは不可欠だったかというと、そうでもないと思う。ウォズが居なかったら、別の人を騙してやってたはずだw

(12:38) ウォズはMacに関係なかったので訂正した。逆に、彼が居なくてもすごいものは作れたことが実証された?

一方、トーバルズ(Linuxの人)は、天才かつサポーターといえる珍しい人なのかも知れない。ただ、Linux自体は全く目新しいものではなかった(元々あったUNIXを自分で作った)ので、天才とはちょっと違うようだ。これに関しては、天才かつサポーターはUNIXの人(トンプソンら)だが、彼らは天才と言うにはちょっと違って、「普通の、でも、石頭でないコンピューター好き」って気がするが、実際のところは不明だ。

だから、天才プログラマーは必ずしも主ではなく、サポートする人とか尻を叩く人とかパートナーが重要なのだと思う。結局、世の中のほとんどは文系の人(= 必ずしも自分で作らない人)に動かされている訳で、僕としてはおもしろくないことではあるが、本当なので仕方ない。

 

PS. 全くの余談だが、自称も多いので結構呆れる。天才とは書いてないが、あのWindows 95やIEを作った人が偉そうなことを言っているのを読むと、「へぇ、さすがだ()」と思ってしまう。あと、レシートを買い取るとかいう、1日で終わった革新的なサービスwのガキは天才と言われていたっけ。

 

(貯・溜まったタネは大分減った)

  •   0
  •   0

会社(転職情報)のクチコミサイトを見ていて思ったことがある。評価項目の中に、「教育」とかいうのがあって、大抵、「入っても、何も教えてくれない(講習会などがない)」とか「セミナー受講は自費」とか「資格に受からないと費用は出ない」などど不満が書いてあったのだが、なんか甘いと思った。

僕は、事務とかは別として、専門的なことで、今まで会社の(押し付けの)講習会とかセミナーとか受けたいと思ったことはないし、受けさせられて「これはためになった。明日から3倍の速さで開発できる!」なんて思ったことなどなかった。

会社は学校じゃないんだから、必要なことは自分で勉強したり周りに聞くものだと思う。頼みもしないのに教えてくれるのを期待するなんて、甘い。そもそも、自分が何を知りたいか、会社や周りは分からないではないか。古いけど、技術は盗めとかいう話もある。そのくらいでないと、身に付かないだろう。例えば、教育体制がないという文句を書いた人は、何かの講習(例えば、Python講習会)などを受けたら、その分スキルが上がったのか(例ではPythonが自由自在に使えるようになって、売り物のアプリが作れるようになったか)と聞きたい。僕からすればありえないことだ。そういう人が居たら、感心する。それでも、僕はその講習会には出ないだろうw

かといって、会社は社員に何も教える必要はなく、放置しておけばいいとは思わない。例えば、最初と次の会社で教わった、知財権・特許・オープンソースの話は、確かに役に立っている(とはいえ、これは専門というより事務の話に近い)。それでも、必要なことは自分から学ぶ姿勢は必要だ。その上で、勉強するのに必要な本などにお金を出してくれるのなら、まともな会社だと思う。

ちなみに、前の会社は教育する気が皆無だった。教育という意識はないのだろう。僕はそれでも良かったが、若い人は基本的なことを知らないうえに、自分から学ぶ気がある人はほとんどいなかった(言われたことの理由や基礎などを考えようとせず、とにかく言われたとおりにやるだけ)から、この先どうなるか大変興味深いものがあるw

と、今回は結構まじめなことを書いた。でも、今は手取り足取りの時代なのかも知れず、古い考えなのかも知れない。でも、それ(手取り足取りを期待する・良しとすること)って「IT奴隷」への道かも?

  •   0
  •   0

今年の頭辺りにHMVの広告で見てから、ずっとSpotifyでの配信を待っていたのだが、全然入らないので、調べてみたら、どうもレーベル(Hyperion)のトップが石頭で、反Spotify派のようだ(参照: "Is Spotify good for classical music?" (2014): "Hyperion"で検索: 真ん中辺り)。以下にその言い分を引用するが、僕は全く賛成できない。

Services like Spotify and YouTube are great for the consumer, but they’re training an audience into thinking that classical music has no intrinsic value in terms of money. And the Spotify model does not work for classical because as a proportion of listeners, there is not enough traffic for it to generate the sort of income a label needs to invest in a performer and recording.

前半は、「(Spotifyなどは)ユーザーに『クラシック音楽にお金を払う価値はない』と思い込ませる」といった主張だが、どうしてそういうことになるのだろうか。「妥当な料金で正当に聴けるのなら、お金は払いたい」と思う人が配信サービスを使っているのではないだろうか。どんなジャンルだって、お金を払う価値はないと思う人は、サービスに入らないと思う。昔のスウィフトのような主張なのだろうか。

後半は、「クラシックを聴く人が少ないから、商売にならない」ということのようだが、そんなこと言ってるから、更に聴く人が減るのではないかと思う。別に、配信サービスだけで商売しなくたっていいのに、どうしてこういう考えになるのだろうか。配信サービスからのライセンス料が少ないのが背景にあるのだろうが、値上げ交渉の余地はないのだろうか。それに、そもそも、CDなどを作った時点でコストは償却されるだろうだから(今は、それで収支計算しているのではないか)、多少安くたって出したほうがいいと思うし、勝手なYouYubeや違法ダウンロードよりはずっといいと思うが。そもそも、これはレーベルの(営業的な)論理であって、演奏者の意見ではないところが、身勝手な気がする。演奏者が認めれば出せばいいのに。

上の記事を読んだら、石頭の下に書いてある、(若い)チェロ奏者Alisa Weilersteinの意見がすごくまっとうで賛成できた。やはり、石頭が言っているのは、レーベルとか老人の論理なのではないか。まあ、確かに、レーベルがなくなってしまったら、演奏を録音・販売できなくなってしまうが、いつまでも高コスト体質のままでいるのは良くないような気がする。ただ、そもそもクラシック音楽の録音・販売にはお金が掛かりそうなので、難しいのは分かる。下手をするとメジャーレーベルしか残らないことになりかねない。だから、もっとローコストな方法を探すべきなのだろう。

それに、記事に書いてあったように、クラシックの好きな人は、まだレコードだのCDだのの物理的なコレクションが大切な人が多いらしいから、当面はそこに売って行けば収入は確保できるではないか(古い人は、「ここは配信サービスにも出しててけしからんから、CDを買わない!」とは言わないだろう)。そして、新しい人用に配信サービスの経路を追加すれば、少ない支出(ほとんど0?)で少しは収入が増えるし、知らない人に聴いてもらって裾野が広がる可能性があるから、悪いことはないと思う。

と、いろいろ思うところはあったのだが、待ってても永遠にSpotifyには入らないことが分かって観念し、もしやと思ってHyperionのサイトに行ったら、ダウンロード購入できることが分かり(実際には、最初に、もうちょっとCDやダウンロード版を安く買えないものかとHyperionのサイトを検索し、そのあとでSpotifyに入る可能性を調べたら上の記事が見つかった)、試聴しても悪くなかったので、少し迷ってから買った。そのサイトは全体的には良い方だと思うが、いいところと悪いところが混在していた。

  • いまだにFlashの「ダウンロードマネージャ」を使っており、僕のブラウザではもうFlashなんて動かないから、1曲ずつダウンロードすることになって面倒だった。せめて、「全部ダウンロード」の機能が欲しい!
  • でも、アルバム全体でなく、欲しい曲だけ買えるのはいい。しかも、トラックごとでなく、曲(ここでは「春の祭典」)をまとめて買えたのが良かった(それで割り引きがあると思い込んでいるが、実際にはどうだったか)。
    • こういう「切り売り」は上の主張に反していて、むしろSpotify的な気がするのだが、そうではないのだろうか? クラシック的に売るなら、アルバム全体でしか売らない方がまっとうに思えるが、それでは誰も買わないのを知っている?w
  • CDのブックレット(PDF)がダウンロードできるのはいい。でも、見ないけどw
  • MP3とかの圧縮版だけでなく、(非圧縮の)FLAC版があるのもいい。
  • ファイルのタグはちゃんとしていて、全く修正が要らなかったので、感心した。購入日と再生ゲインを追加しただけだ。
  • ジャケット画像が埋め込まれていて、これも手間要らずだった。
  • 曲間での音切れもない。当たり前ではあるが、重要なことだ。FLAC版やタグの件も含めて、この辺りは「分かってるな」と感じた。
  • PayPal対応で、気軽に買える。

価格は、「春の祭典」だけの14曲でGB(UK)£4.8で、PayPalでは約740円だった。為替レートより高いのだが、手数料が高目なのだろう。調べたら、クレジットカードだと少し安いようだが、数十円の差なのでPayPalにした。なお、CDだとAmazonで1800円くらいなので、曲を絞ったせいもあって、かなり割安になった(アルバム全部のダウンロードは約1300円)。ファイルサイズは、FLAC版でも全部で約120MBと、小さかった。

そして、肝心の演奏は「言うことない」と言えるくらい良い。最初から最後まで、「うっ」と思うことがなくw、流れるように進んだ。サイの(2000)のような驚きはないが、正統的な演奏でいい。オリジナルはオケ用だが、元から2台ピアノ用と思えるくらい自然、かつ、物足りなさを感じなかった(これは、僕がピアノ好きだからなのはあると思う)。ピアノの音もいい。好きな音だ。そして、乗れる(本来はすごく変なリズムらしいが・・・)。あっという間に聴き終わってしまった。「うーん、うまい。もう一杯」と、また聴いているw

  •   0
  •   0

日頃から、「頑張る必要はない」とか「頑張ること自体に意味はない」とか「成果がなかったら、頑張っても(そうでなくても)意味がない」と思っているのだが、近頃、少し迷いがある。

例の「総裁選」(≒ 首相選)。結果は決まっている感じ(僕は外れて欲しいけど)だが、対抗馬の方に感心している。

本人はいろいろな思い(損得勘定など? 仮に今負けても損ではないと思っている?)があって立候補しているのだろうが、手出しできずに見ている側にすれば、彼の主張に全面的に賛成できないにしても、もう片方の馬の骨に比べれば随分まともそうだから、仮に彼が負けたとしたって、「まともな政治家は全然居ない訳じゃない」という、ちょっとした安心感や期待が得られるので、政治家は、人に希望を与えることも仕事だろうから、そういう意味で、本来の成果が得られなくても意味がある、頑張って立候補したことに意味があると思うのだ。

まあ、僕が安心した時点で、「成果」が出たという意味では、最初に書いた主張は正しいとも言えるか。。。

それでも、いずれにしても、「血と汗」を流して頑張った(でも成果はない)人はなぜか偉いことになり、「さらっ」とできちゃった人は偉くないという風潮は大嫌いだ。そういうのが、神風とか一億総火の玉とか竹槍戦法につながるのだと思う。いくら頑張ったって、結局、負けたじゃないか! 苦労して負けるより、余裕で勝つ方がずっと偉い。同じ負けるなら、不戦敗とか苦労しないで負けた方がずっとマシだ。: ここまで書いて気付いたが、これが上の思いと矛盾する。この考えを貫くなら、ぐだぐだ言っていた割には早々と総裁選から撤退したchiken野郎の方が偉いことになってしまうではないか。難しい。

少し言い訳すれば、chiken野郎は世の中にもその政党にも何も変化を起こさなかったが、対抗馬はわずかにでも変化を起こしたという成果があるのだろう。だから、彼の頑張りは少しは意味があったと。

 

(タネをもう一個消化できた)

  •   0
  •   0

たかがオリンピックのためにサマータイムを導入するとか、訳の分からない話が出ている。で、IT業界の人たちは「大変だ」、「殺す気か」などと盛んに反対している。が、僕に言わせれば、全然説得力がない。いかにも技術馬鹿だ。「ローカルタイム」・「UTC」だの「タイムゾーン」だの「NTP」などと言っても、サマータイムをやりたがっている人たちには全くピンと来ない。彼らには「(コンピューターの)時計を直せばいい」程度の認識しかないようなので(→ (本県の恥のうちの一))。

仮にその程度で済むとしても、日本(実際には海外にも波及する)に一体何億台の「時計を直すべきコンピューター」があるのか、連中は分かっていない・分かろうとしていないようだ。その程度の空っぽな頭なのだ。

そもそも普通の時計にしたって、家の中だけでも数えきれないほどあって、(電波時計は別として※)全部直すのは大変な手間じゃないか(そういえば、昔、「家中の時計を合わせて歩くロボットが要る」と、どこかに書いたことがあるw)。

※本文を書いた後で読んだ話だが、その電波時計でも合わせられない可能性が高いらしい。

そして、「不可能か?」と聞かれれば、不可能ではない(=可能)ので、脳味噌の少ない人は、それ以上のことは考えられない・たくないから、「やっぱりできるんだよね。じゃあ、やろう!」となってしまうのではないか。

でも、実際には、かなりの労力(=お金・時間)が掛かるし、時刻の切り替えに際してさまざまな問題が発生する可能性は高い。が、彼らには、2000年問題の時も特に大きな問題なく終わった記憶(成功体験?)があるせいか、「やればできる」と思っていそうだ。まあ、確かにやればできるのだろうけど、結局、かなり多くの人たちが泣く泣く長時間労働とかタダ働きとかをさせられるし、一般人もトラブルに巻き込まれて、被害を受けるのだろうと思う。

そこで、一番いいのは、対応のための費用をきっちり見積もって請求し、作業に要する時間も要求することだろう。そうすれば、結局、費用対効果の点で現実的でない、あるいは、準備期間が足りないからできないことが分かるはずだ。それでもやれと言われたら、可能な範囲でやって、多くの問題が起こるままにすればいい。そうしたら、政治家や役人は少しは責任を取るのではないか。

いや、甘い。「僕らは手抜きしていいなんて言ってない。問題が起こったのは、企業(→ 技術者)がいい加減な(先見の明のない)製品を作った・いい加減な作業をしたせいだ」と逃げられるだろう。何とも技術者は弱いものだ。。。

まあ、サマータイムは立ち消えになりそうだが、脳味噌のない人が思い付きを言い放題で(ここまでならいいけど)、誰も止めないどころか乗りまくりってのは、なかなか怖い。全く世も末だ。

 

PS. 僕が前の会社で携わっていた製品も時刻をシビアに扱っていたので、導入が決まったら対応させられそうだったが、運良く難を免れたw それにしても、一気に2時間も増減するなんて、一体どうしたらいいのかすぐには分からないな。例えば、増える場合(夏時間が終わる時?)、24時(正確には23:59:59)の次は「25時」, 「26時」(正確には、25:59:59まで)になるのだろうか? それって可能なのだろうか?? それとも、空白の2時間ができるのか? そうでなくて時間を重複させたり詰めたりするのか? あるいは、時刻はズレたまま、読みを変えるだけ? (← これっぽい。サマータイムの間はずっと2時間ずらしたままにして、終わる時に戻すのではないか。でも終わる時に余計な2時間が出そうだ。実施国はどうしているのだろうか?)

少し考えたら、時刻をUTCだけで扱えば大丈夫だが、ローカルタイム(JST)で扱うと、大変なことになりそうだ。やっぱり空白の2時間ができるので、24時、25時台を作ることになるだろうか。ほぼ100%のソフトはそうは作ってないので、どうするのだろう? サマータイム対応のOSはそうできるのだろうか?

「時刻をローカルタイムで扱うな」という意見もあって、確かに正しいのだが、時刻をローカルタイムで記録する腐った仕様もあるので、理想どおりには行かない。本当に最後の最後にローカルタイムに変換するだけなら簡単そうだが、記録するということはそれを読むシステムがある訳で、そっちも直さないといけない・・・ まあ、対応しないのもありかと思う。

いずれにしても、全く恐ろしい。もし、うるう秒まで一緒に来たら、確実に発狂するよ(実際に調べたら、前々回は2015年、前回は2017年だったから、2019年は危ないな)。

(技術馬鹿は、)なんてことを連中やマスコミに言うから理解されないのだがねw

  •   0
  •   0

ある日、僕が会社から脱走したことはおいておいてw、よく、猫が「脱走」したと聞くが、それは猫にとっては不本意だと思う。

というのは、「脱走」とは、本来居るべきところから逃げることを言うと思うのだが、元々猫は外で生きる生き物なのだから(まあ、人間以外のほとんどの動物がそうだろう)、(人の都合で)家の中に閉じ籠もっている状態が不自然な訳で、外に出るのが当たり前のことだ。

だから、「脱走」、「逃げた」じゃなくて、「遊びに出た」とか言って下さい。

  •   1
  •   0

恒例の、車の点検をしてもらった。早くも6年くらい経ち、走行距離は52000kmくらいになったが、信じられないくらい問題がなかった。それ以前に、ディーラーに行くまでの運転(実に10日以上ぶり)が死ぬほど気持ちよかった(いや、死ぬ手前の状態が果たして気持ちいいか分からないがw)。

交換したのは、オイル、オイルフィルタとワイパーのゴム(3本)だけだった(他に、自分で鍵の電池を交換する程度)。それからタイヤのローテーションをしてもらった。料金は1.7万円程度でリーズナブルだった。前にも書いたが、昔は、(今はおフランスと化した、ドラスティックに決まりを破るところが尊敬の的である)Nや(お金持ち御用達の)Yといったディーラーにさまざまな物をふんだんに交換されて、今の数倍の額が掛かっていたが、結局、この程度で充分なのだろう。それは、今の車の質が向上したからなのかも知れない。一方で、今のディーラーが「超ザル」という可能性もあるが、今までの実績や今の状態からは考えにくい。

実は、点検で一番ありがたいのは、洗車してもらえることだ。自分では全然する気にならないので、洗車したい時はオイル交換や点検が待ち遠しいw ただ、無料では限界があり、少し前からボディーに少し汚れ(小さいけど頑固なもの)があって、水で拭いても落ちなかったので、ちゃんと掃除しなくちゃと思っていて、今回落ちるかと少し期待していたが、駄目だった。これは気が重い。

といいつつ、2つだけ意外だったことがある。まず、タイヤのローテーションは、「どうせ点検でタイヤ(ホイール)を外すのだから、無料でやってくれるよね」と思っていたのだが、実際には明細に工賃が書かれていた。それを見た瞬間、目の前が真っ暗になった(というのは盛り過ぎだw)。

まあ、僕も技術者なので、プロが何か作業をしたらお金が掛かるのは分かっているが、勝手な思い込みが外れてがっかりしたのは確かだ。病院で、病気じゃない時の治療(これは治療というより「作業」という気がする)とか検査に保険が効かないのと似ているか? いずれにしても、今までだって請求されていたのだから、当たり前のことで、何も問題はない。

次に、いい方に意外だったのは、ブレーキパッドがまだ半分くらい残っていて、交換不要だったことだった。普通は5万kmも走ったら交換だろうから、(今まで全然交換していないので)今回は覚悟していたのだが、大丈夫だった。随分長持ちだ。自慢になるが、おそらく、僕の運転がスムーズだからなのだと思う。MTなので、車間を詰めたり、小刻みなスピード調整は疲れるから、車間を空けて、なるべくアクセルを変化させず、ブレーキも余り踏まず、信号の手前などは可能な限り惰性で走っている。結果的にブレーキを踏む回数(量)が減って、パッドも減っていないのだと思う。

ところで、ブレーキパッドの減りは、減速させるエネルギーに比例するのだろうから、スピードの2乗に比例するのだろう。だから、少しでもゆっくり走るのは、ブレーキを踏まないのと共に効果的なのだろう。

いわゆるひとつの「堕落した運転」である。「無駄だ! 何のためのスポーツ車だ!」というそしりもあろうが、今の僕はこれでも意味があると思っている。目的は、「楽しく走ること」なので、スピードを出しても出さなくても関係ない。気分が良ければいいのだ。そして、今の車は、車体がかっちりしているせいか、安定感(うまく書けないが、「どっしり」ではない。軽量だから、「かっちり」が一番近い)がすごいせいか、ゆっくり走っても楽しいのだ(もちろん、周りが見えない馬鹿みたいに、流れを滞らせてまで遅くは走らない)。ごくたまに、アクセルをガッと踏むこともあるが、それももちろん楽しい(正直書くと、結構すごくて焦る)。

「何のためのスポーツ車だ!」と言われたら、逆に返したい。「お前は車のために運転しているのか?」と。別にいいじゃん、車の性能をフルに発揮させなくたって。それに、何も考えずにいつでもどこでもスピードを出すのが格好いいとは言えない。僕も若い頃はフルに発揮させなくちゃならないと思っていたが、そもそも公道じゃ無理だし、全くおもしろくない。そして、そう思っているうちは、車に乗られている・操られている・負けているのだと思う。外見じゃなくて中身が本物の車に乗って、それに余裕で乗っている方がいいじゃないか。

と、書いたら、僕が「新人」の頃、先輩と話してムカついたのを思い出した。その時は、電車の中でコンピュータの話をしていた。僕が「(コンピュータの)性能をフルに発揮する必要があるんです! (それが難しいんです!!)」などと熱弁したら、彼は「別に、適当に(余裕を持って)使って、そこそこ速ければいいんじゃない? (速いコンピュータなんて、お金を出せばいくらだって買えるんだから)」のようなことを言った。大変ムカついて顔が真っ赤になったかも知れないがw、今となっては彼は正しかったと思う。妙に偉そうなので好きではなかったが、まあ、大人ではあったw

いつものように余談が長くなってしまったw という訳で、僕の車はまだまだ調子がいい。これ以上何を望めばいいかという程だ(僕がここまで気に入る物って、他に何かあるだろうか??)。しばらくは収入がないから新車は買わないけど、そのほうが余計なことを考えなくて済むし、手間もなくて好都合だ。調子が良くて、買い換える必要が当分なさそうなのはありがたい。

PS. 当たり前のことだが、鍵の電池は、使わなくてもなくなる。2個のうち1個は、納車されてから全然使ってなかったので、中学生のような根拠のない自信で、「きっと使える」と思って試したら、全然使えなかった(もう片方の電池は3年目に交換した)w

  •   0
  •   0

亡くなった方を貶すつもりはないのだが、近頃、「無駄に命を落とされたなあ」と感じるケースがいくつかあった。

  • 自称ドンファン
  • Hag○xというネットの有名人
  • エベレストに無謀な挑戦をし続けた若者

どの方も詳しい状況は不明だが、時々書いている、ハインリッヒの法則が当てはまるのではないかと想像し、もう少し慎重にしていれば、もしかしたらもう少し長生きできたのかも知れないと思った。

例えば、泥棒とか強盗に入られたら、その次はもっと恐ろしい人たちが現れると思って警戒・自重するとか、嫌がらせをされたら、その次はもっと危ないことがあると思って、言動や表現に気を付けるとか(この件については更に思うところがあるが、そもそも詳しくないし、亡くなった方なので控える。が、実際、複雑な思いの方も居て、偶然にも「ヒヤリハット」と書かれている)、大怪我をしたら、その次は更に危険なことがあると思って、目標を調整するなどである。

結局、何でもやり過ぎたり調子に乗り過ぎるのは良くないように思った(上に挙げた方たちがそうだったと断言する訳ではない)。僕も、嫌な相手をやりこめ過ぎたり、体力や精神力の限界を自覚せずにダウンすることがあるが、自分なりに手加減したいと思う(今までもいろいろ「良しとする」として来たが、更に割り切るのかな。あとは、嫌なことからはとことん逃げるだ)。他には、近頃は「馬鹿には絶対に勝てない。逃げるしかない」というのを実感している。それから、周囲を見回し続ける必要もあるだろう。

最後に、冷たい言い方だが、「死んだら終わり」ってことだ。自分の代わりはいくらでも居るし、いくら悲しまれても自分は生き返らないし、時間が経てばほとんどの人は忘れる。いつでも喜んで死ねますというのでなければ(不意に死にたくないのであれば)、気を付けるしかない。

  •   0
  •   0

日本人は礼儀もアップデートできていない。礼儀2.0世代が感じる「相手の時間を奪う」非効率なマナー」という記事を読み、全く同感だと思った。何度でも書くが、日本は遅れている。まだ時間の無駄遣いがいいと思っているのか。

苦笑したのは、VRエヴァンジェリスト(余談: 僕は、「エヴァンジェリスト」なんていう肩書が大嫌いだ) GOROmanという人の

(前略)
礼儀2.0
相手の時間を奪わないようにする(電話しない、リモートで済むものはリモート)

とか、記者の

「相手の時間を使わせるのが失礼」というマナーは、ミレニアル世代には遺伝子レベルでしっくりくる考え方だと改めて思った。

だった。いやいや、僕なんてバブル世代だけど、最初から(遺伝子レベルで?)「礼儀2.0」だったんですがw だから、電話なんて掛かって来たら、それだけでムカっとしていた(る)。(それはそれで問題だが・・・) あとは、カタログ請求した程度で、大した情報もなしにのこのこ「挨拶に」来る営業も大嫌いだった。時間ばかり食って全く逆効果だ。他には、展示会なんて、多くの場合、行くのも出すのも時間と体力の無駄だと思って来た(でも、行け・出せと命令されれば、そうするしかなかった)。会場にのこのこ行かずに(リモートで)済めば・済むようにすればいいではないか。

電話についての僕の言い分はこうだ: 仕事なら、まず論理的に、理路整然とこちらの話を伝える必要がある。そして、お互いに記録も残すべきだと考える。そうすると、電話のメリットなんてないに等しい。受ける側は、仕事を中断させられ、(大抵、要点のはっきりしない長々とした)話を聞いて、自分でメモして、その場で対応を考えて返答しなければならない。多くの場合、会話は論理的でも理路整然ともしていないので、あとから誤解や問題に気付くことがある。全く時間の無駄だ!

これがメールなら、一石五鳥くらいだ。事前に推敲するから、論理的・理路整然とするし(しかも、書く時に自分の認識不足や誤りに気付くことがある)、メールは記録そのものだし、仕事を中断しなくて済むし、対応は自分のペースで考えられるし、誤解や問題の有無について充分に考えることができる。ものすごく効率的だ。

とは言え、相手が遅れた連中(例: 丁寧さは 対面 > 電話 >> メール と思っている)とか、日本語が読めない連中(驚くべきことに、書いたことと逆に受け取る人が本当に居る! そういう人に、改めて書いたままを話すと、なぜか理解される。。。)だと、途端にメールの効力が失われるから、とても歯がゆい。

余談: 僕は、メールが出る前から電話は使わないようにしていた。その頃は、可能な限り、葉書や手紙を書いていた。文章の方が確実にこちらの意図が伝わる(気がした)し、妙に神経を遣う(ドキドキする)必要がないので楽だったのだ。今だって、メールが使えない相手には手紙を書くだろう。要は、遺伝子レベルで会話が苦手なのだw

まあ、でも、会社の連中はまだまだ礼儀1.0で、例えば、「メールしてから電話する」なんていう、「えぇ、江戸時代ですか?」wっていうのが多いから、世の中はようやく2.0になりつつあるのだろう。いいことだが、僕にはちょっと遅すぎた。

  •   0
  •   0