Archive for the ‘意見’ Category

先日、題に示した記事を読んだ。煽り運転をなくすためには、運転をつまらなくすればいいんだと。その時は、車に乗らないアホ人の戯言だと思った程度だったが、その後で、思い付いた(昨日少し走ったら楽しかったせいか、コメントで読んだのか、影響を受けたのかも知れない)。記事自体が下らなかったから、昨夜は書くのは止めようと思ったが、言っていることが余りにもおかしくて納得できないので、やっぱり書く。

彼の意見を進めると、世の中の争いごとその他良くないことをなくすには、人生をつまらなくすればいいということになる。「人生あるいは世の中は楽しいものであるべき」と思い込んでいる人が、争い・諍い・犯罪を起こすのではないか。彼の書き方を借りれば、

安全な世の中のためには「世の中の楽しさ」など、不要なのである。

である。

僕はまっぴらごめんだが、彼はもちろん賛成するはずだ。そうであれば、とりあえず、一年くらい刑務所や拘置所や留置場、あるいはブラック企業に入ってみて、その考えが正しいことを証明して欲しいw 彼自身が「自分は問題を全く起こさないから関係ない」と言うのでは駄目だ。そういうところには楽しい要素が全くないから、一切の諍いがなくて安心・安全極まりないはずだけど、実際はどうか、まずはそれを確認して欲しい。

書いてから気付いたが、要するに彼は、目的と手段を取り違えているのだ。安全な運転は得てしてつまらないが、つまらない運転・車を押し付ければ安全になるとは限らない。無意味だし、逆に危険だと思う。確かに僕も若い頃は運転に楽しさを求める余り危険なことをした。一方、今だって楽しさを求めているが、なるべく危険なことをしないようにしている。それでも充分に楽しい。問題は運転者の考え方とか意識であって、そこを教育なり啓蒙するのが、まずやるべきことだろう。

 

(なんか、書き始めた時の意図からズレてマトモな結論になってしまって、つまらないw)

 

PS. 内容のおかしさ以外に、この人は改行が多過ぎて、読んでいてイライラする。これでプロのライターなのか。。。 今はそれも認められているのか。あっ、本だと枚数・ページ数が稼げるのかw

PS2. 安全のために自動運転を実現・普及させることについては、(それが可能であるとして)賛成だ。

PS3. 誤解されそうなのであらかじめ書きますが、「車に乗らないアホ」は、正確には「車に乗らないのに車を論じるアホ」です。運転しないことは全くアホなことではありません。

  • 運転をもっとつまらなく

    運転をもっとつまらなく

    昨年6月、東名高速道路で一家4人が乗るワゴン車に対してあおり運転を行い停車させた結果、そこにトラック…

  •   0
  •   0

地元の私鉄駅(一応、県庁所在地の駅)周辺が寂れているみたいで、活性化とかいって、いかにも良くある振興策をするようだが、「止めとけ!」って言いたい。

問題の駅の裏辺り? (下野新聞SOONより)

というのは、寂れたのには必然的な理由があるはずで、「ものすごくいいところなのに、なぜか寂れた」なんてことはないのだ(まあ、実際にはあの銀座も下火になっては居るが、原因はあるし基礎体力はすごい)。で、振興しようとする人たちは、そういうことに無頓着だったり目をつぶっていたりするのだ。そして、なぜか、「「何か」すれば問題が解決するかも知れない」と思ってしまう。正確にはそう思った振りをする。

もちろん無理だとは思うが、上から言われたからとりあえずやるんじゃなくて、やる前に少し、やる意味とか効果とかを考えて欲しい。

全然ありえない話だが、仮に僕がそのジジイに「やっても効果ないのでは?」と言ったらとんでもないことになりそうで、想像するのがおもしろい。それはともかく、少しは良識のある(反発できる)役人が居たっていいと思う。

それでは何をしたって効果はないので、やるだけ無駄だ。お役人は上には「やりました」のアピールができるし、コンサルを雇ったらそいつらの懐は潤うが、結果は「・・・」だ。こういうのは大抵小中高校の生徒たちを巻き込むのだろうが、彼らが可哀想だ。

とにかく、根本的な問題を解決しなければ無駄だ。僕の推測では、その駅はJRの駅から離れているのがそもそもの問題だ(そのJRの駅にしたって、すごく賑わっているとも言えない)。しかも、この駅は支線で便利じゃないので、そもそも人が来る要素がないのだ。だから、せめて線路を動かして駅を一緒にするとかしないといけない。まあ無理だが。LRTとどっちが重要だろうか? それはどちらでもいいが、いずれにしても、先人がアホだったということだ。こうなった歴史や経緯は知らないけど、結果はそうだ。

最後は例によって引用します:

君の生まれの不幸を呪うがいい

 

PS. 書いた後で、駅・鉄道にこだわらない可能性も思い付いたが、それならなおさら、この辺りで何かする必要はない。道は混んでいるし駐車場はないか高いしで、却って面倒だ。僕だって行きたくない。そこに行くくらいなら、郊外のモールの方がいい。結局、無理筋なのだ。市の役人は外から来た訳でもなく、ここに何十年か住んでいるんだろうに、そんなことも分からない(振りをする)のだろうか? すごい世界だ。

  •   0
  •   0

暇つぶしに、もう使わなくなってスパムや広告しか来ない、Yahoo!(数個)ともう一つのプロバイダ(ぷで始まる古いところ)のアカウントを削除(退会)しようとした。すると、予想通り、退会のボタンもリンクもなく、方法が分からない。どちらも、サポートや問い合わせのページで検索してやっと出て来た。後者は、退会ページで再度、自分の名前だの住所だのを入力し直させるというアホさ加減。意味あるのかね? あとでオペレータが確認して、少しでも間違っていたら再度手続きさせるのだろうか。

姑息過ぎる。無駄過ぎる。今時馬鹿かと思う。

退会が簡単にできてしまうと、退会する人が増えるとでも思っているのか。仮にそうだったとして、それを招いたのは誰だと思っているのだろうか。満足していれば、少なくとも不満がなければ、退会などしないだろう。逆に、退会が簡単にできないのなら、もう二度と入りたくないと思う。

こういう調子だから、みんなGoogleやAmazonなどの海外のサービスに集まるのではないだろうか(もしかして、それらも退会方法は分かりにくいのかも知れないが、未確認だ)。まあ、退会方法だけじゃなくて、一事が万事、昔からの日本的なセコいやり方(例: Yahoo!は広告メールが鬱陶しい)を続けていたのでは、全然駄目だ。暗い将来が約束されているよw

広告メールについて書くと、あんなの(こっちは必要ないが、POPやIMAPを使おうとすると、広告を受信する設定が要る)を読む人が今時居るのだろうか? 全部ゴミ箱直行では? 彼らは送信した数とクリック数でお金をもらっているのだろうが、クリック数なんて全然出ないだろう。そんな無駄なことをしてユーザーに嫌われるんだったら、やらなければいいのに。何も分かっていない。大体、今時、POPやIMAP程度でお金を取ろうなんてのが時代遅れ過ぎる。少しはGoogleを見習えばいいのに。。。

 

メモ: Yahoo! JapanのID削除ページ: ログイン後にここに行けば、手続きできる。

  •   2
  •   0

僕にはどうでもいいことだが。

橋下はたまにいいことを言うが、これに関しては全くのポジショントークというのか、きっと魂胆があるのだろうが、「経団連のクソジジイ」的な時代遅れ感しかない。

例えば、「並ばない」とか言ってるけど、そもそも、この現代に(自然とかじゃあるまいし、)わざわざそこに行かないと見られないなんてこと自体が古いよ!

(見出しだけじゃなくて)記事を読んだら、「来てもらわなくても楽しめる」と書いてあった。分かってるじゃん。だったらやらなくていいよね。

東京でオリンピックだから大阪は万博ってこともないのだろうけど、万博やって、本当に何かメリットがあるのかね?? そもそも、こういうお祭り騒ぎをしないと日本の経済が立ち行かない(と偉い連中が思っている)ことが情けない。

 

(11/28 9:53) 蛇足: 上の「日本の経済が立ち行かない(と偉い連中が思っている)こと」は、正確には、

日本の経済が立ち行かない(と偉い連中が本気でそう思っている訳もなく、自分たちのカネのためでしかないだろうが、「やってる感」を出せば国民の目を欺けるとは思っている)こと

である。

  •   1
  •   0

アクセスログで目にした1年半くらい前の投稿に、僕のPCの当時のシステムディスク(SSD)の使用量が載っていた。興味があったので今と比べたら、約35GB(25 → 60GB)も増えており、なんかおかしいと思って内訳を調べたら、Timeshiftという自動バックアップの領域が28GB使っていた。その他の大半は自分のファイルなので、そっちは仕方ない。

それで、Timeshiftを別の領域(HDD)に移動したり(実際には、そうと分かっていれば移動しなくてもいいのだが、気分的な理由で移動した)、不要なものを削除したりしたら、使用量が25GBに戻ってしまった。さすがに1年半で全く増えないというのはありえないので、移動や整理したためだろうが、少なくともWindows(その投稿の記載では、Windows 7は約1.3GB/月増加していた)より増加速度が低いことは確かで、これなら、かなり先までこの128GB(使用可能量は87GB)のSSDで賄えそうだ。

もう一つの例を挙げると、このブログサーバもLinuxだが、そのシステムディスクは17GB(全体の18%)くらいしか使っていない。もう5年以上動かしているが、PCと同様、満杯になる気配は全くない。メモリだって、(どのくらいあったのかすっかり忘れていたが、)1GBしかなくても(古い人間にとっては、これだって随分大きいが)、500MBくらいしか使っておらず、全く問題なく動いている※。まあ、サーバは画面がないし、動かすプログラムも少ないから、メモリもストレージも少なくて済むが、Windowsサーバはどうなんだろうね? 知りたくもないがw あと、それらとは直接関係ないけど、このサーバの現在の連続稼働時間は635日で(OSの自動更新で必要なら再起動するはずだが、していないので、逆に気になっている)、Windowsなんかが逆立ちしたって敵わないだろう。

※注: Linuxでも、デスクトップは普通にメモリを食う。僕のPCは32GB載せている。通常時でも8GBくらい使っているし、ブラウザ(Chrome系)でタブを増やすとかなり消費するので、少なくとも16GBくらいないと不安がある。なお、Spotifyは不具合(メモリリーク)のためにメモリを食う。

という訳で、PCにお金を掛けたくない人はLinuxを使うといいかも知れない。が、まだまだ手間は掛かるしソフトも(日本語の)情報も十分でないから、おいそれとは勧められないのが残念である。UnixやLinuxに慣れた技術者が使うにはものすごくいいが(とにかく自然に、シームレスに使える)、普通の人が気軽に使うのは難しいと思う。昔、WindowsをデスクトップLinuxで置き換え(ようとす)るのが流行ったのがすっかり廃れてしまったのも、ある意味仕方ない。

以下は余談である。

そもそも、手軽にWindowsを置き換えようと/代わりになると思ってLinuxを使うこと自体がズレているというか、邪道というか、無理がある(それは、Windowsの代わりにMacを使うことを想像すれば分かる。Macだって、Windowsを併用しなかったら無理があるはずだ)。「Linuxを使おう」と思って使わないと、うまく行かない。僕は、移行がそんなに簡単でないことは分かっていたが、どうしてもWindowsを使いたくなくなったので、十分に調査・検討してから移行した。それでも手間は掛かっている(技術的興味もあって使っているから、あまり苦でないが)し、Windowsを使わざるを得ない場合もある。

それから、昔の一時の流行を疑問に思って乗らなかったので、どうしてそういう流行が起こったのかは分からないが、不完全だったにも関わらず甘いセールストークで普通の人にLinuxを押し付けてしまって逆効果になってしまった気がする(今思い出したが、当時、妹にあげたPCを、「Windows NTよりはマシだろう」と思ってLinuxにしたのは、その悪い例かも知れない)。しかも、以前にも書いたが、Linuxにはいろいろな系統があって、それぞれが大きく/微妙に違うのもかなり良くない。ここら辺でみんながまとまるといいけど、開発者はそれにはメリットを見出していないのかも知れない。逆に、自分がやりたいように作りたいのかも知れないな。。。 そうこうしているうちに、擦り寄って来た大手にいろいろされてしまいそうな気がするが、杞憂だろうか。

最後に例え話: もし、Windows, macOS, Linuxで何か問題・不足があったら・・・

  • Windows: どこからダウンロードすればいい?
  • macOS: それがMacだ。我慢しろ。
  • Linux: さあ、直そう・作ろう!

 

PS. 自虐的な思い付き: Linuxなら、(今後も何も考えずに使えるようにはならないだろうから、)ずっと頭を使う必要があるので、ボケることもなさそうだ。そういう点では、一家に一台、Linux PC?w (11/24 19:06)

PS2. 書かなくてもいいことだが、これを書くきっかけの一つは、あるニュースサイトに、 なぜLinuxのデスクトップははやらなかったか みたいな文章(ブログ)があって、書いてあることは正しかったものの、すごくムカつかせられたことだ。

本人は、昔(10年くらい前のブームだった頃)会社の指示で嫌々使っていて不便だったたらしく、それは仕方ないが、それ以来触ってもおらず、他人が昔に書いたページの記述を引用して、さも今の状況も知っているかのような書き方がとても気に入らなかった。そして、題は疑問文だったのだが、題そのままに、結論としての自分の意見がないのも良くない(それとも、結論は(後にも書いた、)林檎礼賛だったのだろうか?)。まあ、「ブログ」の範疇だから仕方ないけど、一応、メジャーなITニュースサイトなのだから、もっとちゃんと調べて欲しい。

そして、最後が林檎礼賛だったのが一番ムカついた。「はいはい、そうかいそうかい」だった。 (11/25 14:42)

  •   0
  •   0

さっきニュースを見ていたら、「通勤決済に費やす時間、ICカード定期とスマホ定期で大きな差」というのがあって、「へえ」と思って本文を読んだら、結論は、

ICカード定期券からスマホ定期券に変更すると、年間約94.6分の時間創出が可能になることがわかった。

だってさ(太字にしたのは筆者)。すごい発見だね!w 草も生えない。

(一日じゃなくて)年に95分なんて、年に200日働くとすれば一日28.5秒だ。そんなの煙草吸う人なら一本以下、吸わなくたって、コーヒーを飲む時間にすらならない。あとは、年間で、(満員電車で)通勤する時間の高々3日分程度だ。それを大きな「時間創出」と言うのか? それで何ができるのか? 「都会の人は大変だね」とか言いたくなるが、そうじゃない。

定期をスマフォに変えるより、4日間は通勤しなくていいとか、1日休ませてくれるとか、1回でも無駄な会議をなくした方がずっと効果的だろう。それに、スマフォとICカード定期券のコスト面での比較とか、スマフォで遊んで無駄な時間を費やしてしまう(これこそ、1日90分は堅い)問題は考慮しなくていいのか。それに、キャリアのスマフォはどうだが知らないが、世界で主流の(安い)スマフォにFelicaはほとんど入ってないのだから、この調査(をする意図)自体が時代遅れ・的外れだ(おそらく、どこからか指示されたのだろう、キャッシュレスを推進しようとかいう魂胆で、キャリアしか念頭にない(情弱を対象にしているのか、MVNOまで考えると、Felicaがないから指示された結論が強くならないからか)連中がでっち上げたのだろう)。

このクソ統計を発表した連中(通勤総合研究所)、それ以外にも、こういう統計のための統計、あるいはアリバイ作りのための統計(というか、統計というのは名ばかりで、結局は捏造や「作文」だ)をひねり出す連中に、「さっさと無駄な仕事は止めろ」と言いたい。こういうのを作るのは、大抵、天下り団体や役人だろうが(しかも、「こういの作って」とか言って業者に丸投げだろ)、こういうのが変な政策の根拠にされて迷惑するので(そう頼まれるんだろうけど)、お前ら(とっ捕まったおフランスのボスよりずっと害だ)の金や時間を返上した方がずっと社会のためになるよ。

 

PS. 今考えたら、こんな統計なんてそもそも不要なことに気付いた。というのは、これは「定期券」の話なので、ICカードとスマフォの違いは自明だ。更新(または新規購入)するのに券売機を使うか窓口に並ぶ必要があるかどうかだけだ。それ以外の違いは何もない。だったら、その更新の時間が違うだけで、それを調べたら95分ということだ。それが分かったのはいいけど、いくら混んでたって定期の更新に何時間も掛かる訳がないので、「時間創出」なんて高が知れている。よって、こんな調査をする必要はない。「通勤総合研究所」と言うなら、通勤を楽にするような、もっと建設的なことを考え・提案して欲しい。 (20:59)

  •   1
  •   0

彼をそう呼ぶのは、一面だけを見たり、それもなしでみんなと一緒になって馬鹿にしているようだから好きじゃないが、今回は親しみというか共感したので題に使った。「堀江貴文さんが語る「みんな『お金』のことを勘違いしていないか?」」を見てみたら、本題はともかく、最後の方にはかなり賛同した。例えば、

親の常識とか、先生の常識は古い。どうしようもなく古い。20~30年前の常識なんて、現代にはまったく通用しない。  子どもの行動をコントロールするのが、正しい大人の役目だと思いこみ、子どもの本来の可能性を摘んでいる。そういうことが教育現場に理解されていないのは、大変な問題だ。

の前半なんて、僕は子どもの頃から思っていて、なるべく彼らの言いなりにならないようにしていた(まあ、一言で言えば、「小憎らしい、ひねくれたガキ」だったw)。当然、怒られたり叩かれたりひどい評価をされたりしたがw

協調性なんかいらない。スペシャリストの才能があればいいのだ。

これも同感で、ずっと実践して来たが、余りいいことはなかったw

とにかく体験しよう。多くの体験でしか、才能を伸ばせる、ワクワクする楽しい何かは見つからない。言うなれば「ノリの良さ」だ。

まったくそうだ。僕もたまに書くるように、「乗り」が良くなくちゃ駄目だ。楽しんでやろう。別の言い方をすれば、遊ぶのが好きなんだけどねw

最後に付け加えるとすれば、そうやって自分の才能を伸ばしても、必ずしも成功するとは限らないのが惜しいところだ(爆) でも、乗ることもなく、才能も知らず、平凡で退屈な人生を延々と送るよりはいいのかも知れない。と書いてみる。

 

PS. 堀江の話には全然関係ないけど、「お金」と「勘違い」というところがつながるので書く。例のおフランスの車メーカー。偉そうなボスが捕まって僕はすごくいい気分だけど、本質的におもしろい(いいことな)のかと疑問に思う。確かにボス猿は私服を肥やしていたかも知れないが、かといって、会社を傾かせるほど使った訳ではない。単に、「もう用済みだし、なんか気に入らないから、お役人と一緒になって放り出した」程度ではないか。日本のムラ社会の典型? (彼には何も同情の余地はないけど、そんなのよりもっと放り出されて欲しい、国のボスが居るよ!)

そもそも、そこにはいい車がない(新車自体が少ない)のだが、そいつを放り出して数百億円(本国の金食いメーカーの分も合わせるともっと行く?)を浮かせれば出来るようになるのだろうか? まず無理だろう。僕がシルビアを買った頃にすら戻れないだろう。まあ、そうならないように頑張って欲しい。期待してます(嘘)w

(11/22 20:06) → 僕の思いになんとなく近い記事を見つけた。

  •   0
  •   0

先日の気持ちよさを思い出して、ルガンスキーのラフマニノフ ピアノ協奏曲 第2番(2005)を掛けたのだが、音が全然リアルでなくてなんか乗り切れず(人ごととかまがい物のような感じ)、がっかりしてしまった。。。録音は確かにクリアで良く聞こえはする(ピアノがオケに負けたりしない)のだが、クリア過ぎてリアルでないというのか、バランスが全然なってない。僕がピアノ(あるいは、その時にメインとなる楽器)の真ん前(1mくらい)に居るようなのだ。。。 迫力がないのは仕方ないけど、この不自然さは音質とか音量以前の問題だ。どうしたって解決出来ない気がする。マズい。

本物が聴きたい!!

 

それにしても、これは単にミキシングがクソなだけなのだろうか? もっといい録音はあり得るのだろうか? 多分ないと思うが・・・

 

PS. これは「レコードの音がいい」とか言う人とも共通している、単なるマニアのたわごとのように思われる方も居るだろうが、たわごとである以外は全然違う。もう一回書きます。90°とか180°、全然違う。レコードなんてCD以下で、本物の演奏とは全く別の何かだ。それが聴きたいなら、ご自由にとしか言えない。

PS2. 続けて(気を取り直したくて)、大好きな同第3番(2003)を掛けてはみたものの、やっぱり同じで、がっかり感がひどい。第1楽章で終わりにしたい感じだ。好きなアルバムでがっかりすることで、更にがっかりしてしまう。音もひどく聞こえる。ピアノがペラペラだ。昔お世話になったピアノの先生がCDを余り持っていなかったのは、こういうことも一因だったのかと想像した。

  •   0
  •   0

掲示板のまとめサイトの「プログラミングで広がる進路。できない子供は淘汰される時代へ」という題を見て、中身が想像できるので読む気はなかったが、やっぱり読んだ。そうしたら、途中に、妙に身につまされるというか、苦笑しかできない意見があった(下の52番)。

何が苦笑かというと、僕の場合、「何の為に働く(「何のためにPCに向かう」と解釈した)のかと自問自答」すらせず、(もしPCがずっとあるのなら、)死ぬまでPCに向かうのがごく当たり前に思えるし、「守るべく家族」(sic)より「保守すべきコンピュータ」だろう(ちょっと盛っているが)。人間終わっているのか?w

その前の、「普通の20代」は憧れてたけど、余り達成できなかったねぇ。でも、「代償」とかいう嫌な気持ちはない。そして、後ろの、「プログラマーをアゴで使う」は全くそのとおりだと思った。だから、プログラマー育成よりそういう教育をすべきだ! というのは嘘で、そういう国は滅ぶ(でも、もうそうなってるし、「プログラマー」を育成したって滅ぶ)。

たぶん、

分かってない奴が政治(のようなもの)をする国は滅ぶ

のだと思う。

  •   0
  •   0

日本人は頭がいいせいかw、電子マネーだのキャッシュレス決済が乱立している。FeliCaやNFCだけでも多いのに、近頃出て来たQRコードが早くも乱立しており、仮想通貨すらあるから、一体全部でどのくらいあるのか分からないし、知りたくもない。コンビニの店員さんの苦労が偲ばれるが、使う方だって、そんなに何個も入りたくない。

そこで、素晴らしい方式を思い付いた。

どこかの会社が、すべて方式・会社の決済方式に対応して(要は取り次ぎ)、お客はそこだけに入ればいいのだ。技術的には、「かしこいアプリ」を作って、決済時に相手の方式を見分けて、それに対応して払うのだ。何種類も使用可能な場合に備えて、デフォルトで優先順位を決めておき、お客が設定できるようにもする。もし方式が増えたって、即座に自動的に対応する。

これなら、FeliCaが付いてないとかのハード的に無理な場合を除いて、どこに行っても決済できる。今はFeliCaも下火になりつつあるようなので、QRコードだけの対応でも大きな問題はないだろう(個人的にはすごく不満だが)。コンビニの店員さんは相変わらず大変だろうが(少しは楽になるかも)、使う方は楽だ。

冗談のようだが、もちろん本気だ。けれど、僕は例によって面倒なのでやる気がない。特許とかどうでもいいから、誰か作ってくれ。

でも、こんな面倒なこと(どうせ、各団体がごねて、あるいは、役人がいちゃもんを付けて、何年も話は進まないだろう)をしているうちに、外国の会社(A○azon?)が自分の方式で全部かっさらってしまうのかも知れないな。

まあ、僕は(支払いが楽になるから)それでもいいけど、大企業のみんなは、そんな下らない技術を作り・仕事をして、馬鹿らしくないのかと思う。実際には、馬鹿らしいと思ってもやらざるを得ないのは分かっているが、それでいいのかね? ジョブスじゃないが、それじゃ、一生「砂糖水」だよ。

  •   1
  •   0