Archive for 11月, 2015

GPSロガーアプリの評価を目的としたドライブだったが、山と違って、結構のどかに走れて良かった。特に朝は(7時頃出発した)車が少なくて気分が良かった。午後の帰路は、「ドキュン」が増えて来るのか、特に遅過ぎずに走っているのに煽られることがあった。そういう車は、ワンボックスか軽かプリウスかアクアだった。

経路は前の投稿にも書いたが、自宅→ 渡良瀬遊水地 → つくば → 自宅 だ。今回は3つのGPSロガーアプリを使ったため、すべての経路を一つの地図で表示できない。帰ってからカーナビの画面を写しもしたのだが、デザインが今一つなので載せない。

渡良瀬遊水地には初めて行った。田中正造で有名だし、昔読んだ小説に書いてあったりしたので、前々から興味はあったのだが、今まで行く機会がなかった。とにかく広かった。30分くらい歩いただけでは、全く全貌がつかめなかった。その広さは八郎潟と似た雰囲気があった。どっちが広いのだろう? 広過ぎて比較できない。

風景も良かった。鴨が居たりして、のどかだった。ランニングや自転車の人も居た。皇居の一周とどちらが長いのだろうか? これもイメージが湧かない。

遊水地はのどかで良かったのだが、それ故に感じたことがある。ここは元は谷中村だった訳で、そこに暮らす人を追いやって足尾の鉱毒を溜めたのは、果たして良かったのかということだ。そして、現代の放射性廃棄物の「貯蔵」なり「処分」も同じことじゃないのかと思った。昔から、時の政府のエゴなり恣意なり欺瞞で、問題に何の関係も落ち度もない住民が迷惑を蒙らされるのだと思った。

重い話はそこまでで、この後は懐かしのつくばに向かい、以前仕事で行った時に教えてもらった、おいしいラーメン屋(さいらい亭)に行った。酸辣湯麺か黒胡麻ドッキング麺(黒胡麻担担麺と餡かけラーメンのミックス)で迷ったが、黒胡麻が食べたかったのでそっちにした。いつもながら、熱くて辛くて、暑く満腹になった。喉が渇いたので、ノン・アルコールビールがおいしかった。

もう一つ迷ったのは鉄板焼きそばだったのだが、カウンター(というか、相席用の広いテーブル)の横の人が頼んだのを見て、止めて良かったと思った。量がものすごかったのだ。あれは食べきれないだろう(その人は更に半ライスまで頼んでいたが)。でも、焼きそば好きな僕としては、いつか挑戦したい(ただ、僕はソース焼きそばが好きなので、あそこの餡かけ焼きそばはそれ程でもない)。

横の座敷に居た集団の女性たちのしゃべり方が、「場末のスナックの人」みたいだと思っていたら、本当にそうだったのでびっくりした。店主に「ピ○ロ」という店名を言ったので分かった。「場末のスナック」という表現は差別的かも知れないが、実際にそうなのだから仕方ない。現代は使える言葉がどんどん減っているが、まだ許されるだろう。

それから、筑波大の周回路を周った。昔はとても無謀な走りをしていたのだが、今はそれが嘘なくらい、安全運転をした。それでストレスがないのだから、自分の成長がすごい。大学の駐車場の入り口にはゲートが付いて、決まった車しか入れないようになっているようだ。時代は変わる。

帰路は疲れが出て、眠くなって困った(そりゃあ、200km近く走ったら疲れるね)。途中の真岡の工業団地のコンビニで少しうたた寝した。そこで食べたチョコ(ガルボ)がおいしかった。お腹は空いてなかったのだが、チョコを食べたおかげで、眠気が減った。そうして休んでいたせいで、帰路だけ所要時間が1時間くらい長かった。

約186km、約7.5時間。
IXY digital 3000ISで撮影(ラーメンはiPhone 6s)。

PS. 実は風邪をひいていて、直前まで行くかどうか迷っていたのだが、部屋に籠っていても眠れないし、退屈なだけなので行くことにした。それで良かった。体調は良くも悪くもなっていないが、明日はどうだろうか・・・

  •   0
  •   5

iPhoneのGPSロガーアプリ、会社での比較ではLogLocationsが良かったのだが、実際にドライブしてみて一番良い物を選ぶことにした。候補はLogLocationsとSpottizmo!だ。ただ、どうしてか「僕の来た道」も気になっていたので、それを加えた3つを試した。

そのため、一辺が約90分(約60km)の3角形で走ることにした。本来は、1つに2時間くらい掛けた方が精度が出るのだが、疲れるので90分にした。頂点の一つは自宅として、Googleマップで他の2点を探したところ、渡良瀬遊水地とつくばが丁度良い感じだった。本当は山に行きたかったのだが、携帯やGPSの電波状況が均質でなくなりそうなので、今回は止めた。

各頂点をスタートする前と到着時に、時刻と電池残量を記録した。また、以下の順にアプリを切り替えた。()内は実測の距離と所要時間である(1つ90分の予定だったが、休憩などが入ったため、2時間前後になった)。

  1. 自宅 → 渡良瀬遊水地 (約56km, 約2.4時間): LogLocations
  2. 渡良瀬遊水地 → つくば (約55km, 約1.9時間): Spottizmo!
  3. つくば → 自宅 (約75km, 約3.2時間): 僕の来た道

それぞれのアプリの「モバイルデータ通信」はoffにし、移動中に地図や地名を取得したりして消費電力を増やさないようにした。

以下に、それぞれの電力消費率と推定使用可能時間を書く。また、電力消費のグラフも載せる。

  • LogLocations: 2.9%/時、35時間
  • Spottizmo!: 2.7%/時、37時間
  • 僕の来た道: 4.7%/時、21時間

放電特性-GPS-ドライブ-1

僕の来た道なんて、試しただけ無駄だった! そもそも、事前の調査で駄目なことが分かっていたのに、どうして候補にしたのだろうかと、今になって思う。Yahoo!製だから期待したのか。全く情けない。

消費電力ではLogLocationsとSpottizmo!が同等だった。推定使用可能時間は、どちらも40時間未満となって、実際の使用時の電池切れが心配だが、12時間ですら連続して走ることはまずない(もうそんな体力はない)から、まあ大丈夫だろう。それに、Lightningケーブルも用意してある。ただ、電車移動などで長時間外に居ることがあるが、それでも12時間以上も移動する(海外旅行?)ってのは余り考えたくないから、良しとする。

次に、それぞれのアプリでの経路表示も比較した。

どれもしょぼいが、LogLocationsが好みだ。ただ、GPXファイルをエクスポートすれば、MapPathというアプリで綺麗に表示できることが分かっているので、地図表示は余り重要でない。

使い勝手も比較した。すると、以下のことが分かった。

  • LogLocations: GPXのエクスポートはメールだけで、ちょっと面倒。また、速度などの情報は入ってない。
  • Spottizmo!: GPXを直接MapPathにエクスポートして地図表示可能。速度などの情報も入っている。
  • 僕の来た道: そもそも、GPXをエクスポートすることができない。。。

またしても、僕の(以下略)にはやられた。どうしてこうも出来損ないなのだ!!

以上の結果から、今後はSpottizmo!を使うことにした。経路はGPXをエクスポートして、MapPathで表示することにする。

ただ、Spottizmo!は記録した地点数が11点と少ないのが気になったので、次回はしきい値を10mにして試してみる(今回は100mだった)。

Spottizmo!のしきい値を10mにして通勤の往復で試したのだが、地点数がたった5点でがっかりした。もちろん、会社まで25mしかないということはない。前回は8点だったので、このアプリは信用できないと考えて、LogLocationsを使うことに決めた。(12/1 20:10)

以下、MapPathとGMapToolsと僕の来た道(Evernote)で表示した経路。

※その後、GMapToolsというアプリで複数のGPXを同じ地図に表示できることが分かったので、やってみた。こちらはスタートとゴールが分からないのと、広告が出るのが欠点だ。また、僕の来た道はEvernoteに経路画像がエクスポートできるので、それも載せた。(11/30 6:49)

(ドライブ自体の話や写真は、追って投稿する予定)

  •   0
  •   1

まず、CDショップ。HMVのwebが改悪されて、Amazonの劣化コピーのようになってしまい、ニュースが一覧できなくなった。しかも、おすすめにクラシック音楽の情報ばかりが出る始末(僕が買ってるから?)。もはや価値がないので、ちょっと探してdisk UNIONにしてみた。ただ、何となくその店オリジナルの物しか出てない気がするので、もっと他も探そう。

次に、スマフォのブラウザ。これまでの親近感からFirefoxにしていたのだが、iPhone版は電池を異常に食うことがあるので、Safariに戻した。出たばかりだから、こなれてないのかも知れない。そのうちiPhone版Vivaldiが出ることを期待しているので、今はSafariでも全く構わない。まあ、時代が変わったのかも知れないな。

PS. もう一つ。芸能関係ばかりでYahoo! ニュースが下らないので、再び止めた。(17:49)

  •   0
  •   3

年中行事。12月に入るとタイヤ屋が混むので、今日やってもらった。数人待っていたが、1時間掛からずに終わった。空いていて良かった。工賃は(もう忘れてしまったが)2千円掛からなかったと思う。町工場らしく、伝票はもちろん、レシートすらなしw

いつも思うのだが、スタッドレスは走行音が静かだ。約3.3万km。

  •   0
  •   2

非常用に鞄と車に常備するために、安い巻き取り式のLightningケーブルを探していたのだが、Amazonで100円程度の物の評価を読むと、「使えない」とか「ゴミ」とかいうのが多くて、二の足を踏んでいた。

丹念に探したら、★1個の評価がない180円くらいの物があったので、試しに買ってみたら、コネクタカバーはズレやすいものの、問題なく使えた(前に書いたとおり)。純正品は2千円程度するようなので、すごいコストパフォーマンスだ。もちろん、iOSがバージョンアップしたらどうなるかは分からないが、さすがに10回は上がらないだろう。

それで、同じ物をもう一個買おうと思ったのだが、探してみると、同じ外見(ただし、色違いの白)で100円以下の物があった。さすがに悪い評価が多いのだが、「駄目でも100円だし、外見が同じなら中身も同じなんじゃないか?」と思って、注文してみた。

今日届たので、早速充電してみたら、ちゃんと使えている。勘は当たったようだ。まあ、まだ完全に充電が終わってないので、ぬか喜びかも知れないが、おそらく大丈夫だろう。(→ 充電は問題なかった。)

不思議なのは、この2個とも同じ店で買ったことだ。もちろん、他の店にもあるが、この店では、同じ物が色違いで2倍の値段だった。どういう値付けをしているのか、全く理解できない。黒は人気があるから高いのか。そして、送料込みで100円以下で、果たしてお店は儲けがあるのか、心配になった。

もう一つは、「エラーメッセージが出る」などの悪評にも関わらず、最新のiPhoneで使えたこと。同じ外見でも中身が駄目なのがあるのかも知れない。そして、たまたま僕が買った店には優良品が揃っていたのかも知れない。

最後は、今のiPhone用アクセサリにはチップが入っていて、それで認識するそうなのだが、こんな安物のチップはどうなっているのかということだ。何か(純正品?)のコピーとか横流し品なのだろうか。まあ、これは知らない方が幸せかも知れない。そして、次にこれを買っても同じように使えるとは思わない方がいいと思う。

PS. 家で毎日充電に使うケーブルは丈夫でないと困るので、認証付きの千円程度のにした。もちろん、ちゃんと使えている。なお、純正のはPCとの接続用に使っている。

(題は、懐かしの「今日の必ずトクする一言」へのオマージュ。このテーマは本家にも書いてありそうだが、ちょっと見たらなかった。)

(11/28 6:42 写真・文章を追加)

  •   0
  •   2

なぜか、電気ストーブを入れた直後にマウスの動きが引っ掛かる。電圧降下かノイズか。念のため、PC連動タップの非連動口に接続していたのを止めたのだが、直らず。ノイズでマウスがリセットするのかも知れない。

  •   0
  •   2

家での静止状態ではSpottizmo!が圧勝だったが、実使用の条件で比較する必要があるので、昨日(11/24)・今日(11/25)、会社で使用した場合の消費電力を測定してみた。更に、11/26にはGPSロガーアプリなしの場合も測定した。

通勤時に車での移動があり、(会社のWi-Fiは使っていないため)ネットはLTE接続である。測定時間はどちらも約11時間だった。会社では、それなりに操作した。

結果を先に書くと、LogLocationsの勝ちだった。

以下に、それぞれの電力消費率と推定使用可能時間を書く。

  • Spottizmo!: 2.2%/時間、45時間
  • LogLocations: 1.6%/時間、61時間
  • 差1(LogLocations - Spottizmo!): -0.6%/時間、16時間
  • GPSロガーなし: 1.4%/時間、73時間
  • 差2(GPSロガーなし - LogLocations): -0.27%/時間、12時間

それぞれ2つずつしか点はないが、放電特性のグラフは以下のとおり(電池残量は100%からに正規化した)。

放電特性-GPS

折角お金を払ったのだからSpottizmo!を使いたいが、使用可能時間の差、16時間(半日以上!)は大きい。また、GPSロガーなしの場合に伸びる使用可能時間が、12時間程度だったのは意外だった。もっと伸びるかと思っていたが、LTEは結構電力を食うのだろうか。あるいは、ロガーアプリ以外(例: 天気予報)でGPSが使われているせいかも知れない。

どうしてSpottizmo!は、家での静止状態と会社とで結構な差が出るのかが分からないが、静止状態でもネットにアクセスしているのかも知れない。そして、家ではWi-Fi、会社ではLTEだから、その分差が出るのかも知れない。

週末にちょっとドライブして、長距離(といっても片道2時間以内)の移動をした場合を比べて、結論を出したい。ただ、地図での経路表示を見ると、Spottizmo!は、(LogLocationsの作者には大変失礼だが)LogLocations以上にしょぼい(→ )ので、方向性は決まっている気がする。

それにしても、iPhone 4Sの時代に偶然見つけたLogLocations、iOSのバージョンがかなり上がっているにも関わらず、未だにちゃんと使えて、消費電力が低いのにはとても感心する。

(11/26 19:31 会社でGPSロガーなしの測定結果を追加、11/27 0:10 放電特性のグラフを追加)

PS. 上の他に、TrackRecとGeo Logger GPXも試したが、消費電力に関しては、どちらも話にならないレベル(室内で静止状態で、それぞれ10, 3%/時間)だった。(11/26 19:42)

PS2. 参考までに、「僕の来た道」も同じ条件で試したのだが、やはり駄目(2.3%/時間)で、ロギングを止めても電気を食って性質が悪いので、半日で削除した。(11/27 20:26)

  •   0
  •   0

ドライブや散歩の時に使用するGPSロガーアプリは、なるべく低消費電力の物が良いので、いくつか比較してみた。なお、今回は、室内で静止状態で比較した。比較したアプリは以下のとおり。

  • LogLocations: 無料
  • Spottizmo!: 有料(240円)
  • GPS-Trk: 無料

結論を先に書くと、静止状態ではSpottizmo!が断然低消費電力だ。

以下に、各アプリの実測した電力消費率と推定待ち受け可能時間を書く。なお、各アプリの位置精度あるいは移動距離しきい値の設定は、100mとした。

  • LogLocations: 1.44%/時間、69.4時間
  • Spottizmo!: 0.5%/時間、200時間
  • GPS-Trk: 6.2%/時間、16.1時間

Spottizmo!は良い。良過ぎるくらいで、なぜか先日測定したアイドル時の消費率(0.78%/時間)より良くなっている。実使用時にもこれくらいなら、買った甲斐があるだが。

なお、上記以外に、「僕の来た道」を実際のドライブで使ってみたのだが、以下の問題があって論外だったので、今回は比較しなかった。

  • 移動時の消費電力が大きい。約4.5%/時間。
  • ログに記録される滞在地点名が誤っていて、ログの価値が全くない(例: 矢板北PAなのに、「那須高原SA」となった)。

今日と明日、Spottizmo!とLogLocationsを、通勤で移動する実使用状態で1日ずつ測定し、使い勝手も併せて評価する予定だ。

  •   0
  •   2

iPhone 6sを充電する時、ACアダプタとLightningケーブルは純正の方がいいのか(充電が速いのか)気になったので、充電速度を比較してみた。比較に使用した機材は以下のとおり。

ACアダプタ

  • Apple純正 5V 1A (iPhone 6s添付)
  • LG製 5V 1.2A (Nexus 4添付)

Lightningケーブル

結論を先に書くと、上の機材では、どのように組み合わせても純正も非純正も充電速度に有意な差はなかった。

以下に、実測した充電速度と推定フル充電時間(0%→100%)を、測定した順序で書く。なお、各測定は15分間ずつ実施した。測定開始時の電池残量は59%、測定終了時は100%だった。

  1. Apple純正アダプタ+巻き取り式ケーブル: 0.6%/分、2.8時間
  2. LG製アダプタ+巻き取り式ケーブル: 0.53%/分、3.1時間
  3. Apple純正アダプタ+Apple純正ケーブル: 0.53%/分、3.1時間
  4. LG製アダプタ+Apple純正ケーブル: 0.6%/分、2.8時間
  5. Apple純正アダプタ+巻き取り式ケーブル(残量: 93%→100%): 0.18%/分、9.5時間

以下に、この測定で分かったことを書く。

  • 充電速度は一定でない。本体の電源消費量や電池残量に依存しているのだろうか。また、100%に近づくとかなり遅くなる。
  • 充電速度はアダプタの容量(200mA程度の増減)には関係ない。本体側で充電電流を制御しているのだろう。
  • 純正アダプタが本体と特別なこと(電源容量のネゴシエーションなど)をしている訳ではない。
  • 充電速度はケーブルの太さには関係ない。

ただし、巻き取り式ケーブルは、Lightningコネクタのカバーが緩くて、本体から抜く時にずれてしまったので、常用は難しそうだ。

なお、手元に2Aのアダプタ(ANKER製)もあるのだが、測定しようとする時に、電池残量が既に90%を超えていたので、測定は後日にすることにした(おそらく、速度は変わらないと思う)。

ANKERのアダプタ(2A)とANKERのケーブルで測ったが、予想通り、充電速度は0.57%/分と、特別速い訳ではなかった。(11/28 19:09)

  •   0
  •   1

今月のAmazonプライム無料体験に続いて、Yahoo!プレミアムの2か月間無料キャンペーンが当たった(応募などしていないので、正確には「勝手に選ばれた」)。AmazonもYahoo!も、もう2-3回目じゃないか。

DACを手放すのは年明けにしようと思っていたのだが、早めようか。そうやってヤフオクの落札手数料を稼ごうとするのが、彼らの魂胆かも知れない。

それにしても、通知のメールは詐欺メールのように見えるので、当たったキャンペーンに申し込むのは、なかなか神経を遣う。

  •   0
  •   1