Archive for 1月, 2016

最近叩かれまくっている、shouldちゃんw 別に好きじゃないけど、あれだけ叩かれているのを見ると、逆に応援したくなる。判官贔屓か。まあ、本当に彼女がしょぼんとしているのかどうかも分からないが。

それにしても、ここ数年、国全体で誰かを吊し上げておもしろがって、本人が回復不可能になったりして気が済んだら、次に移るような風潮が恐ろしい。自分もその一員になっているのかも知れないが、健全ではないな。日本だからなのだろうか。。。

PS. 彼女のことについて、今の自分の考えを書くと、確かに叩かれてもしょうがないことをしたんだろうと思うが、LINEの私信を公開されて、ひどい奴だとか反省がないとか叩かれるのは筋違いだと思う。プライベートで何を話そうが自由じゃないか。あと、TVに写っているキャラと日常の行動が違うとかいって叩かれるのもおかしい。TVを見ている人は、「裏切られた」と思うのだろうか。そこまでは仕方ないが、その先がどうも良くない気がする。昔の村八分が、国全体で行われているのではないだろうか。やっぱり、村社会は解消していないのだろうか。

  •   1
  •   1

例の人の「あの日」。Amazonのレビューを読むだけで暇つぶしになったし、興味が湧いてきた。マスコミの書いたことだけで一方的に判断するのは良くないから、彼女の言い分を聞きたい気もするが、多かれ少なかれ「いい加減なこと」をした人にお金を払うのはちょっと癪だ。数か月から1年くらい待って、図書館で借りればいいのだろうが、そこまで気長でもない。

PS. レビューを読むと、世間の人が持つ「研究者」に対するイメージが実際と違うのに気付く。僕に言わせれば、研究者なんて大抵俗物だ。あることないこと言って予算獲得に走り、せしめたお金は残さず使う。世の中のためというより、自分の興味や名誉欲を満たすことが第一なんじゃないだろうか。論文はノルマだから書いているのだ。ある意味、政治家に近いと言えよう。

もちろん、志の高い研究者も居るだろうし、結果的に世の中のためになることをしている人も居るのは確かだ。でも、世の中にとても多くの研究者が居て、ものすごいお金を使っているのに、未だに「バラ色の世の中」になっていないのを見ると、僕の印象は間違っていないように思う。

PS2. あ、マーケットプレースで安くなってから買う手もあるな。

  •   0
  •   0

総務省が余計なこと言うから、携帯キャリアは端末実質0円を止めてしまう。割安プランを増やすって言ったってやっぱり高いから、一般ユーザーにはほとんどメリットがない。一方、キャリアは端末代(販売奨励金)が浮くから、とてもうれしいことだろう。

それを見越していた訳ではないが、僕はMVNO+自前で調達した端末なので、何も影響は受けないが、キャリアのあこぎな商売にはあきれるばかりだ。

  •   0
  •   1

今は取り引きしていないR銀行から(あるいはそこを名乗って)、「重要: 偽メールが多数…」というメールが連日届いているが、果たして効果はあるのだろうか。まず、それ自体が本物か怪しい。そして、そのメールを簡単に信じる人は、詐欺メールにも簡単に引っ掛かるのではないだろうか?

どうしたらいいかは分からないが、もっと別の方法を使って欲しい。

PS. 例えば、ネット専業銀行のS銀行は、メールに電子署名を付けているが、R銀行のにはない。せめて、そういうことだけでもすべきだろうな。。。

  •   0
  •   0

月曜の手伝いで疲労困憊したのがまだ抜けず、腕や太腿が痛い。しかも、その作業のせいなのか、昨夜長時間(10時間くらい)寝たせいなのか、今朝から腰まで痛くなって、会社で大変だった。いずれにしても原因は手伝いだ。まったく踏んだり蹴ったりだ。そして、歳を実感した。。。だって、他の人は何ともなさそうなのだから。

  •   0
  •   0

昨日、会社で、別のグループが納期に間に合わなくなったらしく、作業を手伝わされた。僕だけでなく、社員総出で手伝った。僕は、電子工作の経験があったものだから、朝から夜10時頃まで手伝う羽目になって、ものすごく疲れて身体中が痛いし、身体に半田の臭いが付いてしまった。

納期に間に合わないからといって、人海戦術でしのごうとするのは大嫌いだ。前の会社でも、そんなことがあった。無理なものは素直に無理と言えばいいのに。

それはともかく、手伝ったのはハードウェア(装置)の準備だった。そこに、とても不平等さを感じた。もし、ソフトウェアが間に合わない場合、ハード担当の彼らや他の社員は手伝ってくれるのだろうか? Noだ。仮にその気があっても無理だろう。プログラミングなんて、数十分説明しただけでできるものではないのだから。だから、「不平等」というのは違うかも知れない。

言いたいのは、ソフト屋はハード屋の尻拭いをすることが多いが、その逆はほとんどないってことだ。例えば、ハードができるのが遅れたら、ソフトの開発期間が短くされて、「あとは頑張れ」だし、ハードの機能がイマイチだったら、ソフトで吸収することを余儀なくされる。いつか、ソフトを先に作る開発ができないものだろうか。

「このプログラムが動くハード作って」って。

  •   0
  •   0

何もやましいことがなければ、わなを仕掛けられようと、隠し撮りとか録音とかされても構わないと思うのだが。政治家ともなると、甘いわなに易々と引っ掛かるほど、お金に目がないのだろうか。

PS. いやぁ、さすが熟練した政治家はすごいね。不可能を可能にしたウルトラCに、何も言うことないよ。それにしても、政治家の秘書ってのは余程お金に困っているらしく、親分宛てに渡されたお金を300万円も横領したりするんだね。可哀想だから給料上げてやってよw (1/28 19:31)

  •   0
  •   1

小ネタ。

賄賂疑惑の出ている大臣の長い頭を見ると、大昔のルパン3世に良く出てきた、悪い金持ち(例: この画像の最前列の右から4人目や、後ろから2列目の右から2人目)を思い出す。まあ、ルパン自身も頭が長いが。

  •   1
  •   2

会社の飲み会。

偉い人は意外にフランクだった。

若い子が酔い潰れていて可愛かった。ちゃんと帰れたのかな?

PS. 会場に行く時に、スーパーから出てきたワンボックスにひかれそうになった。こちらが前に居るのに発進して来た。後ろから車が来なかったら、ぶつかっていた。ぶつかったら、頭、左腕、左足を強打して入院するところだった。危ない。馬鹿には敵わない。(1/23 7:59)

PS2. そういえば、昨夜は締めの挨拶がなかった気がするが、僕が途中で帰って来てしまったということなのだろうか? それとも、あったけど記憶にないのか? (1/23 17:50)

  •   0
  •   1

昨夜、芥川賞を受賞した本谷有希子を、昔劇を観て凄さに惹かれた俳優かなと思ったのだが、年代的にあり得ないと思っていた。その名前を今朝思い出した。南谷朝子だ。「谷」だけが同じだった。今も現役だが、シンガーソングライターを中心にやっているようだし、雰囲気も昔とは違っていたので、ちょっと残念だった。

そりゃあそうだ。劇を観たのは1990年代前半で、今から20年以上も前なのだから。彼女を最初に観たのは「ハムレット」(グローブ座カンパニー, ストルマーレ演出, 1995年)で、最後にノルウェーだかの王子フォーティンブラス※役でちょっと登場しただけなのだが、その印象が強烈だった。

hamlet-1995-1

※記憶ではノルウェーだかの王子だったのだが、パンフレットを調べたら、フォーティンブラスだった。でも、やっぱり違う気がする。。。→ 分かった! 「ノルウェーの王子=フォーティンブラス」だったのだ。一件落着。

ニュースで本谷有希子の言動を読んで、かなりぶっ飛んでいるのとストイックそうなので、興味が湧いたのだが、今から彼女の劇を観に行っても超満員だろうし(そもそも観に行くのが物理的に大変だ)、受賞作を買うのだって今更な感がある。そして、どちらも人の目にはミーハーに写る。それがちょっと癪だ。

PS. とは言え、別に本屋で買う訳じゃないんだから、受賞作を買うのは恥ずかしくないな。近頃新しいことに飢えていたので、いいかも知れない。問題は、すぐには手に入らないかも知れないことだ。ああ、でも、本当は、本を読むより、久し振りに凄い劇が観たい気分だ! (20:25)

PS2. ちょっと調べたら、「グローブ座カンパニー」はWikipediaに載ってないし、足繁く通った東京(パナソニック)グローブ座はジャニーズの運営になってるし、浦島太郎状態w でも、グローブ座カンパニーの座長をしていた上杉祥三は今もかなり活躍しているようなので、すごい人だったということが分かった。(21:33)

(20:38,41,21:18 一部訂正・加筆、画像追加)

  •   0
  •   2