Archive for 1月, 2016

最近叩かれまくっている、shouldちゃんw 別に好きじゃないけど、あれだけ叩かれているのを見ると、逆に応援したくなる。判官贔屓か。まあ、本当に彼女がしょぼんとしているのかどうかも分からないが。

それにしても、ここ数年、国全体で誰かを吊し上げておもしろがって、本人が回復不可能になったりして気が済んだら、次に移るような風潮が恐ろしい。自分もその一員になっているのかも知れないが、健全ではないな。日本だからなのだろうか。。。

PS. 彼女のことについて、今の自分の考えを書くと、確かに叩かれてもしょうがないことをしたんだろうと思うが、LINEの私信を公開されて、ひどい奴だとか反省がないとか叩かれるのは筋違いだと思う。プライベートで何を話そうが自由じゃないか。あと、TVに写っているキャラと日常の行動が違うとかいって叩かれるのもおかしい。TVを見ている人は、「裏切られた」と思うのだろうか。そこまでは仕方ないが、その先がどうも良くない気がする。昔の村八分が、国全体で行われているのではないだろうか。やっぱり、村社会は解消していないのだろうか。

  •   1
  •   1

例の人の「あの日」。Amazonのレビューを読むだけで暇つぶしになったし、興味が湧いてきた。マスコミの書いたことだけで一方的に判断するのは良くないから、彼女の言い分を聞きたい気もするが、多かれ少なかれ「いい加減なこと」をした人にお金を払うのはちょっと癪だ。数か月から1年くらい待って、図書館で借りればいいのだろうが、そこまで気長でもない。

PS. レビューを読むと、世間の人が持つ「研究者」に対するイメージが実際と違うのに気付く。僕に言わせれば、研究者なんて大抵俗物だ。あることないこと言って予算獲得に走り、せしめたお金は残さず使う。世の中のためというより、自分の興味や名誉欲を満たすことが第一なんじゃないだろうか。論文はノルマだから書いているのだ。ある意味、政治家に近いと言えよう。

もちろん、志の高い研究者も居るだろうし、結果的に世の中のためになることをしている人も居るのは確かだ。でも、世の中にとても多くの研究者が居て、ものすごいお金を使っているのに、未だに「バラ色の世の中」になっていないのを見ると、僕の印象は間違っていないように思う。

PS2. あ、マーケットプレースで安くなってから買う手もあるな。

  •   0
  •   0

総務省が余計なこと言うから、携帯キャリアは端末実質0円を止めてしまう。割安プランを増やすって言ったってやっぱり高いから、一般ユーザーにはほとんどメリットがない。一方、キャリアは端末代(販売奨励金)が浮くから、とてもうれしいことだろう。

それを見越していた訳ではないが、僕はMVNO+自前で調達した端末なので、何も影響は受けないが、キャリアのあこぎな商売にはあきれるばかりだ。

  •   0
  •   1

今は取り引きしていないR銀行から(あるいはそこを名乗って)、「重要: 偽メールが多数…」というメールが連日届いているが、果たして効果はあるのだろうか。まず、それ自体が本物か怪しい。そして、そのメールを簡単に信じる人は、詐欺メールにも簡単に引っ掛かるのではないだろうか?

どうしたらいいかは分からないが、もっと別の方法を使って欲しい。

PS. 例えば、ネット専業銀行のS銀行は、メールに電子署名を付けているが、R銀行のにはない。せめて、そういうことだけでもすべきだろうな。。。

  •   0
  •   0

月曜の手伝いで疲労困憊したのがまだ抜けず、腕や太腿が痛い。しかも、その作業のせいなのか、昨夜長時間(10時間くらい)寝たせいなのか、今朝から腰まで痛くなって、会社で大変だった。いずれにしても原因は手伝いだ。まったく踏んだり蹴ったりだ。そして、歳を実感した。。。だって、他の人は何ともなさそうなのだから。

  •   0
  •   0

昨日、会社で、別のグループが納期に間に合わなくなったらしく、作業を手伝わされた。僕だけでなく、社員総出で手伝った。僕は、電子工作の経験があったものだから、朝から夜10時頃まで手伝う羽目になって、ものすごく疲れて身体中が痛いし、身体に半田の臭いが付いてしまった。

納期に間に合わないからといって、人海戦術でしのごうとするのは大嫌いだ。前の会社でも、そんなことがあった。無理なものは素直に無理と言えばいいのに。

それはともかく、手伝ったのはハードウェア(装置)の準備だった。そこに、とても不平等さを感じた。もし、ソフトウェアが間に合わない場合、ハード担当の彼らや他の社員は手伝ってくれるのだろうか? Noだ。仮にその気があっても無理だろう。プログラミングなんて、数十分説明しただけでできるものではないのだから。だから、「不平等」というのは違うかも知れない。

言いたいのは、ソフト屋はハード屋の尻拭いをすることが多いが、その逆はほとんどないってことだ。例えば、ハードができるのが遅れたら、ソフトの開発期間が短くされて、「あとは頑張れ」だし、ハードの機能がイマイチだったら、ソフトで吸収することを余儀なくされる。いつか、ソフトを先に作る開発ができないものだろうか。

「このプログラムが動くハード作って」って。

  •   0
  •   0

何もやましいことがなければ、わなを仕掛けられようと、隠し撮りとか録音とかされても構わないと思うのだが。政治家ともなると、甘いわなに易々と引っ掛かるほど、お金に目がないのだろうか。

PS. いやぁ、さすが熟練した政治家はすごいね。不可能を可能にしたウルトラCに、何も言うことないよ。それにしても、政治家の秘書ってのは余程お金に困っているらしく、親分宛てに渡されたお金を300万円も横領したりするんだね。可哀想だから給料上げてやってよw (1/28 19:31)

  •   0
  •   1

小ネタ。

賄賂疑惑の出ている大臣の長い頭を見ると、大昔のルパン3世に良く出てきた、悪い金持ち(例: この画像の最前列の右から4人目や、後ろから2列目の右から2人目)を思い出す。まあ、ルパン自身も頭が長いが。

  •   1
  •   2

会社の飲み会。

偉い人は意外にフランクだった。

若い子が酔い潰れていて可愛かった。ちゃんと帰れたのかな?

PS. 会場に行く時に、スーパーから出てきたワンボックスにひかれそうになった。こちらが前に居るのに発進して来た。後ろから車が来なかったら、ぶつかっていた。ぶつかったら、頭、左腕、左足を強打して入院するところだった。危ない。馬鹿には敵わない。(1/23 7:59)

PS2. そういえば、昨夜は締めの挨拶がなかった気がするが、僕が途中で帰って来てしまったということなのだろうか? それとも、あったけど記憶にないのか? (1/23 17:50)

  •   0
  •   1

昨夜、芥川賞を受賞した本谷有希子を、昔劇を観て凄さに惹かれた俳優かなと思ったのだが、年代的にあり得ないと思っていた。その名前を今朝思い出した。南谷朝子だ。「谷」だけが同じだった。今も現役だが、シンガーソングライターを中心にやっているようだし、雰囲気も昔とは違っていたので、ちょっと残念だった。

そりゃあそうだ。劇を観たのは1990年代前半で、今から20年以上も前なのだから。彼女を最初に観たのは「ハムレット」(グローブ座カンパニー, ストルマーレ演出, 1995年)で、最後にノルウェーだかの王子フォーティンブラス※役でちょっと登場しただけなのだが、その印象が強烈だった。

hamlet-1995-1

※記憶ではノルウェーだかの王子だったのだが、パンフレットを調べたら、フォーティンブラスだった。でも、やっぱり違う気がする。。。→ 分かった! 「ノルウェーの王子=フォーティンブラス」だったのだ。一件落着。

ニュースで本谷有希子の言動を読んで、かなりぶっ飛んでいるのとストイックそうなので、興味が湧いたのだが、今から彼女の劇を観に行っても超満員だろうし(そもそも観に行くのが物理的に大変だ)、受賞作を買うのだって今更な感がある。そして、どちらも人の目にはミーハーに写る。それがちょっと癪だ。

PS. とは言え、別に本屋で買う訳じゃないんだから、受賞作を買うのは恥ずかしくないな。近頃新しいことに飢えていたので、いいかも知れない。問題は、すぐには手に入らないかも知れないことだ。ああ、でも、本当は、本を読むより、久し振りに凄い劇が観たい気分だ! (20:25)

PS2. ちょっと調べたら、「グローブ座カンパニー」はWikipediaに載ってないし、足繁く通った東京(パナソニック)グローブ座はジャニーズの運営になってるし、浦島太郎状態w でも、グローブ座カンパニーの座長をしていた上杉祥三は今もかなり活躍しているようなので、すごい人だったということが分かった。(21:33)

(20:38,41,21:18 一部訂正・加筆、画像追加)

  •   0
  •   2

今朝、何となく聴きたくなって、Eaglesの"Hotel California"と"The long run"を聴いた。ついでに、「そういえば、どういう経歴だったっけ? "The long run"てどういう評価なんだろうか?」ってWikipediaでEaglesを調べた。「へえ、バンドの仲が良くなかったのかぁ。気付かなかったけど、80年代は解散(休止)してたんだなぁ」と思った。時間が来たので、"The long run"の最初の曲(同名)の途中で、出勤した。

そして、会社でニュースを見たら、グレン・フライが亡くなったという知らせがあって、びっくりした。バンドとして好きだったので、特に彼のファンだった訳ではないが、一応、グループ末期やソロをリアルタイムで聴いていた者としては寂しい。まだ60代でも寿命なのかも知れないな。比べちゃいけないけど、僕にとっては、デビッド・ボウイよりも残念な感じだ。

今は、ちょっとした追悼に、"The long run"を最初から聴いている。

  •   2
  •   0

今朝は、雪のせいで、通勤が大変辛かった。いつもは車で数十分で着く会社に、3時間以上掛かったのだ。

雪でスピードが遅いのはもちろん、立ち往生している車や事故があったりしたせいだ。ひどい時には、車がずーーーーーっと動かないので、Evernoteに日記を書く暇すらあった。その時は、約20分経ってやっと10mくらい進んだ。。。

結局、会社に着いたのは11時近かった。途中、トイレに行きたくなったりお腹が空いて困った。まあ、それでも、都会の満員電車(しかもホームにも入れない?)に比べれば、天国だろう。

でも、明朝は路面が凍ってそうだから、大変怖い。

  •   2
  •   0

近頃妙に気になる女性が居る。といっても、周りの人ではない。Web広告の人妻らしい人だ。

20160115-ad

色白で端正な顔で化粧もきまっていて、綺麗じゃないか。宣伝文句を見ると、疲れが激しい40代の奥さんの顔を意図しているようだが、とてもそうは見えない。こんな人なら二度寝しても許せる。

てのは、単に僕が物好きだということなのだろうか?

PS. この女性、というか、画像の元を見つけてしまった。検索すると、協和発酵はロイヤリティフリーの素材画像を使っているようなので、そのページで女性の「寝顔」で検索したら、その物が出てきた。タイトルは「ベッドで眠る女性」。同じ人で他の画像もある。情報を見ると、20代のようだ。道理で(以下略)。

20160115-ad-source

正面から見ると少し印象が違うが、美人なことには変わりない。今にしては珍しい、和風の人だ。

20160115-ad-source-2

モデルさんの名前などが分からないのが残念だ。(17:51)

  • ベッドで眠る女性

    ベッドで眠る女性

    商用利用でも安心。プロが選んだ「ベッドで眠る女性」(12913564)の写真素材。ストックフォト・イ…

  •   0
  •   0

以前、100円ショップの醤油さしのキャップをアンプのボリュームつまみにしたが、今日も同じ系統のことをした。

IMG_2523_サイズ変更

お好み焼き屋で良く見るような、ソース入れです。これを何に使ったでしょう?

 

 

 

 

答え: シャンプー入れです。

 

僕は、石鹸シャンプーを使っていて、いつも(といっても年に1回程度)詰め替え用を買っているのだが、その容器の蓋が取れてしまったのだ。以前もそんなことがあったのを思い出したが、蓋が嵌りにくくて実に使いにくい。それで思い付いた。100円ショップに容器がいくらでも売ってそうだと。

それで、今日行ってみたのだが、残念ながら容量が200ml程度の小さいものしかなかった。僕のシャンプー(の詰め替え)は400ml程度だから、それでは余ってしまうのだ。容量が大きい物もあったのだが、ポンプ式で、何となくシャンプーを適量出せない気がしたので、止めた。そもそも、そういうのは壊れやすそうな気もしたのだ。

諦めて、別の店(アンプのつまみを買った店)に行ったのだが、やはり、小さい物しかなった。が、前回同様、別の棚を見ていて、ふとひらめいてしまったのだ。それが、上のソース入れである。穴の径はそれほど大きくないから、シャンプーが出過ぎないような気がしたし、蓋の径が大きいから、詰め替えを入れるのも楽そうだった。更に、色が好みだったw

実際に、古い容器からの入れ替えはとても楽だった。シャンプーが適量出せるかは、追って確認したい。懸念としては、キャップを連結しているプラスティックがすぐに折れたりしないかだ。もしそうだったとしても、まあ108円なので、諦めはつく。

  •   0
  •   1

今朝、CDラックを粗大ごみに出した。少し迷ったが、もう何百枚もCDを買うことはないだろうし、仮に買っても並べることはないから、処分することにした。オークションに出すことも考えたが、分解して傷付かないように梱包するのは結構な手間だから、止めた。処分の手数料は830円だった。壊れてないから、市で誰かに売ってくれるといいのだが。

結構重く(15kgくらい?)、階段を建物の入り口まで下すのは、予想通り大変だった。最初、縦に持って下ろそうとしたら、後ろが階段に引っ掛かって、一瞬、落ちそうになってヒヤッとした。

何とか無事に下せたが、腕が痛くなり、息が切れた。更に、今は腰と太ももが痛い。でも、大物が一つ片付いて良かった。

PS. あのラックは千葉に引越した時(2010年)に買ったもので、当時は右足首を折って札幌から帰って来た後だったから、引越しの後始末と一緒に、友人のannとTakに組み立ててもらったのを思い出した。もう6年になるのか。

てなことを書いていたら、当時の車のディーラー(ヤナセ)から着信があった。車検の連絡だろうが、2003年に買った車にまだ乗っていると思っているのか。今思えば、あの会社には随分お金を搾り取られたなあ。。。

  •   0
  •   2

昨日から、暇つぶしに、昔(主にバブル期)のTV CMをYouTubeで観ていた。YouTubeのリコメンドは大した(恐ろしい)もので、最初は全く別のビデオ(Duncan's Divasが演奏した、Katy Meluaの"Nine million bicycles")を観ただけなのに、なぜか、バブル期のCMのビデオが何本も出てきた。

「おお、そういうのがあったか!」と、懐かしくて楽しく観た。ただ、続けて観ると飽きるので、昨日は1本(30分)で止めた。が、今日も暇だったので、検索して観た。懐かしい物・人や感心することがいっぱいだった。

更に、いろいろなことに気付いた。

他人のビデオをコピーして使っている人が居る。二人のビデオで、複数のCMが同じ順番だった。どっちがコピーしているのかは分からないが、もっとまじめにやって欲しい。とは言っても、そもそも違法コピーなのだから、まじめになりようはないか。

あと、音量くらい揃えればいいのに。

そして、他人のをコピーしている人は、どちらも、変なセールスのサイトやメーリングリストを立ち上げていて、どうやら、「バブル期のように儲けたければ、こっちにどうぞ」というふうにやっているようだった。

そういうのに引っかかる単純な人が居るのか分からないが、未だにバブル的な、単刀直入にいかがわしい商売をする人が居るんだなあと思った。

PS. そもそもの、Katy Meluaの曲は歌声がとても綺麗で、ちょっと興味が出たのだが、アルバムを買うとがっかりしそうなので止めた。

  •   0
  •   3

(1/11 20:32) なんと、標準カレンダーアプリに戻しても、電気を食うことが分かり、どうしていいやらさっぱり分からなくなってしまった。とりあえず充電して、策を練っている。

---

(1/11 16:33) 結局、Fantastical 2+サーバーOでも消費電力が増えたので、消費電力はカレンダーアプリ(Fantastical 2)の可能性が高いことが分かった。それで、結局、不便は我慢して最初の構成(標準カレンダーアプリ+サーバーO)で使うことにした。年をまたいだ試行錯誤は、徒労と化した。

---

年末からiPhoneのカレンダーと格闘している。完全な結論を出すにはあと1週間は掛かるのだが、大体先が見えてきたので、一旦書く。

前回の投稿の後も毎日試行錯誤して来て、これまでの試行パターンは46を超える。フェッチ(CalDAVサーバーからのスケジュールの取得)の周期が乱れるのと、消費電力が増えることが主な問題だった。サーバープログラムをOからBに変えて一旦結論が出たかに見えた。しかし、Bを使うと、フェッチの周期は比較的正確になるのだが、長時間使い続けるとiPhoneの消費電力が増える(約4割増)うえに、かなり増える(約2倍)場合もあり、前者は何度試しても直らなかった。

仕方なく、昨夜からサーバープログラムを元のOに戻して試したところ、フェッチの周期はいい加減(30分に設定しているのに2時間前後になることがある)なのだが、消費電力が増えることはないようだ。

iOSのフェッチ動作や消費電力がCalDAVサーバに左右されるというのは信じがたいことだが、現実に僕のiPhoneではそうなのだから、認めざるを得ない。

今の構成・設定は、以下である。

  • CalDAVサーバ: 元から使っていたO。
  • 2つ(個人用と仕事用)のカレンダー: アカウントを分けずに、1つのアカウント内の別のカレンダーにした。
  • iPhoneのフェッチ周期: 30分
  • iPhoneのカレンダーアプリ: 標準アプリとFantastical 2を併用
  • カレンダーの通知: Fantastical 2で出す(標準アプリの通知は、表示していないカレンダーのも出すうえに、予定の期間が終わると消えてしまうため)。

少食だがフェッチ周期がいい加減な怠け者Oと、フェッチ周期は正しいが電気を食う大食いのB。人それぞれの選択だろうが、僕は前者を選ぶことにした。

PS. カレンダーアプリの、ロック画面にカレンダーの通知が残る時間について書いておく。

  • 標準アプリ: 予定の期間が終わると消える。
  • Fantastical 2: 自分で消すまで残る(ただし、ロックを解除すると消える)。
  • Calendars by Readdle: 約30分で消える。

僕にはFantastical 2が一番都合が良いので、使うことにした。前に購入していたので、それが使えて良かった。本当は、ロックを解除してもダイアログなどで表示され続けて欲しいのだが、iOSの都合で無理なのだろう。

  •   0
  •   0

以前、近所で偶然会ってからちょっと親しくなった店員のおばさんと、いろいろ話した。今日は僕が来るんじゃないかと思っていた時に本当に来たから驚いたとか、(僕の)実家が隣の市だとか、前の会社は都内だったとか。そして、歳を聞かれたので言ったら、驚いていた。40代と思っていたとのこと。

馴染みの客になれたようで、何となくうれしかった。ああいうお店があるこの地区で、ずっと暮らしたいと思っているが、いつ何があるか分からないから、果たしていつまで居られるだろうか。

  •   0
  •   4

(話題不足なので、過去(去年の8月頃)の話を書く)

数十年前のテープからPCに取り込んだ曲で、音が結構ひどいものがあって、それをなんとかしたいと思ったので、Audacityのグライコで調整してみた。

1. "Another Let it be"

映画"Let it be"を映画館で録音したテープ。ブーミーな音になっているのと、館内の残響がある。

調整前(曲: "Let it be"):

let it be-before

100-400Hz辺りが山になっている。また、高域が弱い。

グライコ:

let it be-EQ

グライコ適用後:

let it be-after

映画館の残響は取れないが、大分クリアな音になった。少し高音が強いので、高域の強調を減らした。

高域調整後:

let it be-after2

大分いい感じになった。

2. 「ビートルズ日本公演」

TV放送を録音したテープ。音域が狭い感じ。

調整前(曲: "Rock'n'roll music"):

Beatles at Budokan-before

700Hz付近に山。高域と低域が小さい。高域の直線的な下り方は、昔のTVの特性だったのかも知れない。

グライコ:

Beatles at Budokan-EQ

グライコ適用後:

Beatles at Budokan-after

グラフはいい感じになったのだが、聞いた感じは余り変わらなかった。高域を強調しなかったせいか。

暇だったので思い付きで始めたことだが、(Audacityのグライコが不安定で結構手間が掛かったが、)意外に効果があっておもしろかった。本当のリマスタリングも、こういうこと(だけではないだろうが)をやっているのかと思った。

難しいのは、グライコの調整に使う曲の周波数特性がなるべく平坦でないと、補正結果がおかしくなってしまうことだ。実際、曲ごとに周波数特性は異なっていた。だから、テープにホワイトノイズなどが録音されていない限り、ある程度以上は耳で調整することになるのだろう。

  •   1
  •   2

19時頃、実家から帰宅。やっぱり自分の家が一番だ。なじみの机とPCに向かって椅子に座ると、ほっとする。ちょっと疲れた。。。

母の行動にはいつもイライラするのだが、いつものことだし、もう直りようがないので、ここには書かない。

紅白は安っぽいどんちゃん騒ぎばかりで下らなかったので、松田聖子は少し聴きたかったが、途中で寝た。どうしてああいう色遣い・音遣いをするのか、全く理解できない。そして、長過ぎる。その前の番組(しあわせニュース2015「おおみそか」)に、可愛いセクシー女優と昔のアイドルに似た女性が出ていて、一瞬まだやっているのかと思ったが、どちらも別人だった。前者は元AKBの篠田麻里子、後者はNHKのアナウンサー(片山千恵子)だった(()内は今検索して調べた)。

実家で暇つぶしに「探偵物語」(TVドラマの方)を観た。DVDボックスを買った時に全部観たのだが、すっかり忘れていた。基本的にはコメディだが、続けて観るのは疲れるので、1枚くらいしか観なかった。ああいうおもしろい番組は、今はいろいろな制約があって、できないのだろうな。。。

今日はなぜか、7時頃まで寝続ていた。いつも早朝に目が覚めるのだが、実家だと少しは違うのだろうか。

帰宅して、早速、ポップスを聴く。最初はシャフルにしていたのだが、ふと聴きたくなって、Queenの"The game"にした。実家のTVを見聞きさせられ続けた耳には、とても音が自然でいい。そして、落ち着く。

それから年代順に聴くことにして、次は"Hot space"、今は"The works"。

PS. ファンの方は読んでいないと思うので書くが、紅白で、F山某の時は苦笑した。何あの人? 母ですら「自分に酔ってる感じだね。」と言っていた。自分に酔ってもいいけど、フレディーと紙一重で駄目な方って感じだ。それでも、多くのファンが居るのだから、僕らには計り知れない、何かしらいいところがあるのだろう。(21:50, 22:43, 1/3 8:46 若干修正)

  •   2
  •   3