Archive for 5月, 2017

時々、アン・プラグドという演奏形態が取り上げられる(クラシックは全部そうだが)。そこから連想して、これからの社会は、「アン・コネクテッド」かなあと、思った。きっと、今までにもこういう意見を言う人は居ただろうけど、僕もそう思う。

昔に戻って、ネットをなるべく使わずに生きる、そこまで行かなくても、何かをする時に、なるべくネットを使わないようにするのだ。

例えば、見積もりや予約は電話・ファクスを使うとか、メールじゃなくて手紙にするとか、通販じゃなくて本物のお店で買うとか、ストリートビューなんて使わず、自分で見に行くとかだ。

そうすることで、人間本来の良さが再発見できそうではないか。あと、今のギスギスした世の中が、少しはマイルドになるかも知れない(まあ、ありきたりの考えという気はするが)。でも、あと数十年経ったら、「まだネットなんて使ってるの?」なんて言われるかも知れない。

今の僕にはとても無理だけど、将来は分からない(かも知れない)。

 

PS. ビールを飲みながらラフマニノフのピアノ協奏曲(3番)を聴いていたせいなのか、「ネット・計算機命」の僕がこんなことを書いたのは、自分でも意外だ。勝手に指が動いたようだw

  •   1
  •   1

よく、技術系のニュースに、「次のiPhoneはこうなる」とか「次のWindows 10のアップデートは・・・」とかあるが、全くつまらない記事だと思う。

非公式情報から予想したって(大抵は海外サイトからのパクリなので、予想すらしていない)、外れることが多いだろうし、そもそも、次の製品を予想して何かいいことがあるのかと思う。

一部の信者は趣味として楽しいかも知れないが、現状に不満のない人にしたってある人にしたって、確定していない情報に一喜一憂させられるだけで、何もいいことがない。メリットがあるのは、その不確かな情報を信じて現行製品からの乗り換えを考えるバカ者が増えるであろうメーカーと、ニュースの出版社だけだろう。

そんなのより、4月1日の嘘記事の方がおもしろいくらいだ。もっと技術の本質を考えて欲しいが、きっと、考えられないのだろう。

そんな提灯記事を書く出版社のニュース(I○mediaだのI○press watch)なんて読みたくないのだが、他にないので仕方ない。

  •   1
  •   0

先日、ちょっと出張した。出張の楽しみと言えば、人(まあ、着目するのはほとんど女性だがw)を観察するとか、夜の飲み会や、宿での音楽(演奏)選びだろう。それに加えて、今回は新しい楽しいことがあった。以下、そういうことや思ったことを書いてみる。

行きの新幹線で、前の席のサラリーマンが、タブレットで「日経新聞」(紙で出版されたものをスキャンしたようなフォーマット)を読んでいたが、全然便利じゃないだろうと思った。昔から全く進歩がない。あんなのだったら、webの方がずっといい。まあ、日経を読む時点で「察し」なのか。

初日の仕事の後、宿に戻って飲み会の時間を待つ間聴いた、ギーゼキングとカラヤンのK.488 (1951)は、どことなく透明でなくて好みでなかった。ギーゼキングは初めてかも知れないが、想像どおり癖がある感じだ。聴いていたら、一緒に行く人が部屋に呼びに来てくれたので、再生を停める方法が分からず慌てた。

今聴くと、カラヤンらしくなく、オケがルーズな感じがする。ピアノがそれに合わせてしまっているのも、気に入らなかったのかも知れない。

飲み会の後、部屋に戻ってから、ラローチャのK.488 (1991)を聴いた。やっぱりいい感じだった。が、酔っていたのですぐに寝入ってしまい、気付いたら午前3時頃で、演奏はとうの昔に終わっていた。

翌朝、朝食前に、彼女のモーツァルト ピアノ協奏曲 21番 (1987)を聴いたのだが、今ひとつだった。彼女には波があるのかも知れない。この前後にも数人の演奏を聴いた。どういう訳か、結局、ラフマニノフ ピアノ協奏曲 3番になり、それも何人か(トリフォノフ、フェドロヴァ、ブニアティシヴィリ、アルゲリッチ、マツーエフ、ベルマン)を試しに聴いたがどれも満足できず、最後はBehzod Abduraimov (ベフゾド・アブドゥライモフ)という人の演奏(2016)を聴いた。新人らしいピアニストはすごく頑張っているのだが、残念ながら熟練不足な感じだった(今聴くと、それほど悪くないけど)。指揮はゲルギエフで、いつものように振り方(外見)が独特だった。あの妙な感じは結構好きだ。

余談: iPhoneでも、Googleにログインしていれば、YouTubeの再生履歴に表示できることが分かって、上のような文章がかなり正確に書けるようになった。個人情報収集の問題はあるだろうが、便利だ。

そのせいか、その日は朝からラフマニノフのピアノ協奏曲 2番が脳内で無限ループしていて、早く帰って好みの演奏を聴きたかった。

仕事は展示会での説明(補助)だったのだが、社員が多くて特に声も掛からず暇だったので、場内をぶらぶらしていたら、販売コーナーに出店されている方と話が弾んだ。その方は、自分で製作した、写真やイラスト・絵を表に出した包みボタンを販売していた。僕は、もちろん手芸やボタンには興味はないのだが、ある作品の色使いが綺麗だったのでちょっと見ていたら、話しかけられたのだ。

その方は、昔つくばに住んでいたが、雰囲気が嫌いで、今は埼玉に住んでいて、バイトで通っているとのこと。そして、茨城に住むなら南の方がいいと言っていた。いろいろな話がおもしろかったので、何か買ってもいいとは思ったのだが、買っても死蔵するだけで、それでは全く意味がないので、「申し訳ないけど今日は買えません」と言って、別れた。いつか、何かの機会があれば、頼みたいと思う(読まれている方で、ご興味のある方には、店名やURLをお教えします)。30分くらい話していたかも知れない。

その後もぶらぶら見ていたら、2つのブースで留学生から声を掛けられて、話し込んだ。最初の人は通り掛かって目が合っただけで話し掛けて来た。興味はなかったのだが、僕の分野にも少し関係があったので、質問したり話を聞いたりするうちに、段々おもしろく感じてきた。15分くらいは話しただろうか。

2番目は、題がおもしろそうだったので見ていたら、声を掛けられた。実際には、題からの想像とは異なる内容ではあったのだが、話を聞くうちに、おもしろくなって来た。こっちも15分くらいは話した気がする。その方は、京都の社寺が好きだそうで、まだ行ってないから是非行きたいと言っていた。

どちらも中国系の人だったと思う。普通の日本人だったら、ちょっと見ていた程度で話し掛けては来ないだろうし、素人に長々と説明なんてしてくれないだろうから(あ、ボタン屋さんはそうでもなかったか)、熱意とかやる気とか開放的な性格を感じた。もちろん全員ではないだろうが、平均的には高いのではないか。それは欧米にも通じるのではないだろうか。そういうところが、日本が追い抜かれてしまった原因ではないかと感じた。僕は、それらの国は好きじゃないけど、すべての国民(なんて知らないから)が嫌いという訳ではないし、たとえ嫌いだとしても、見習うべき点はあるように思う。少なくとも、目を閉じていまだに「日本はすごい」、「*国はレベルが低い」とか言って自己満足しているだけでは駄目だ。

つつがなく仕事が終わり、宇都宮駅に着いて、いつものように吉野家に行き、黒カレー(大盛り+半熟卵、けんちん汁・サラダセット)を試した。結構香りが良かった。750円。

部屋に戻ったら22時近かった。さっそく、ブロンフマンのラフマニノフ ピアノ協奏曲 2番 (1992)を聴いた。家のオーディオは音質はすごくいいけど、iPhoneだって、音楽(演奏)を楽しむ点では全く問題ないことを再確認した。音楽は音質じゃないんだよね!

 

PS. 今回の演奏選びで消費したデータ量は、約1GBだった。結構多い。1泊1GBとすると、いくら繰り越しがあっても、4泊程度で容量を使い果たしてしまう。僕はそんなに長い出張はしないだろうが、YouTubeの音だけを聴けるアプリを作ってくれると助かるのだが・・・

もしかして、自分のサーバに、YouTubeのビデオから音を抜き出して再送信するプログラムを作ればできるのだろうか? YouTube互換のクライアントを作るのが厄介そうだし、YouTubeも不正利用に目を光らせていそうだから、いろいろ難しいだろうが、そこがクリアできれば何とかなりそうな気がしてきた。そういうサイトは既にありそうな気がするが、訴えられていそうな気もする。(14:24)

PS2. 全くの別件だが、webショップのあるクラシックアルバムの見出しに、「深い内省と慈愛に満ちた」とあったのには笑った。さすがにそれは、オーディオの「演奏者の息遣いが聞こえる」と同じ類の眉唾だろうと思う。演奏者の性格なんて、演奏からは分からないと思う。そして、僕は、そういう個人の背景の類は気にしないことにしている。性格のいい人が、必ずいい演奏をする訳ではない、というか、性格が演奏に現れるとは思っていない。曲にしても同様だと思う。

かなり横道に逸れるが、上の論理を突き詰めると、「音楽(芸術)とは何か」という疑問にぶち当たる気がする。別の言葉で言えば、「AIの演奏(作品)は芸術か」だ。

今まで僕は、芸術は人間がするから芸術であって、機械が作るものは違うと思っていた。でも、近頃は、それは怪しいような気がしている。というのは、バッハやモーツァルトのようにかなり昔に死んでしまった人は、本当に人間だったのか怪しいと言えなくもない(まあ、そんなことはないが)し、上に書いたように、その人の背景や性格を無視したら、すごくいい演奏をする機械と何が違うのかということになる。

人間には機械と違って創造性やオリジナリティがあるとは思うのだが、近頃のAIの発達を見ると、それもずっと人間だけができるものとも思えなくなって来ている。

例えば、演奏技術はもちろん、作品の「理解」に関しても、膨大な情報を駆使できるAIが勝つのではないだろうか?

なんてことは、追伸の追伸に書き切れるものではないのだが、ちょっと前から思っていることなので書きたくなった。

そして、僕は古い人間なので、上のようなことを自分で書いて悲しくなってしまう。仮に機械に負けたとしたって、人間の演奏が聴きたい。(15:21)

  •   2
  •   1

(他にも書きたいことがあるが、手軽なのを先に書く)

僕は、基本的には仕事はだらだら先延ばしにせず、短期間で決まりを付けるタイプなのだが、他人が絡むと「だらだら」になってしまうことがある。今抱えているのは、ある人に頼んだことだ。

ある部品が製造終了になるので、その代替品の評価をするのに、その人でないとできないことがあるので半年以上前に頼んだのだが、その結果が未だに来ない。本人は忙しいようで、まだやってないのは分かっているから、催促すればいいのだが、それが億劫で(がっかりさせられて、嫌な気分を味わいたくない)ずっと延期している。概ね以下のような順序の繰り返しで、なかなか打破できない。

  1. 月曜(午前): 週明けの午前は打ち合わせがあったり、自分の仕事があったり、気分が低調なので、午後に延期する。
  2. 月曜(午後): 引き続き忙しかったり気分が低調だったり、本人も忙しそうなので、翌日に延期。
  3. 火曜-水曜: 本人が忙しそうなのと、自分の仕事に集中していて聞くのが面倒なので、「まあいいか」と、翌日に延期。
  4. 木曜(夕方): 結局この日も聞けず、延期するのだが、翌日(金曜)に作業してもらうように頼んでも、週末を挟むとコロッと忘れられそうなので、「来週は朝イチに聞こう」と思って、月曜の午前に延期。(1へ戻る)

その人は結構親切なところがあるから、悪い人ではなく、きっと忘れているだけなのだろうが(でも、別件でも、自分でやると言いながら数年間やってないことがあるので、時効を待つ確信犯=ずるい人なのかも知れない)、頼まれたことは忘れないで欲しいと思う(できないなら、それでいいから、そう言えばいいのに)。そして、どうして、忘れないためのツール(例: スケジュールアプリのTODOやリマインダ)を使わないのだろうか。スマフォだって持っているんだから、いくらでもできるのに。やっぱり、やる気がないいい加減な人なのか、ツールやアプリをインストールするだけで使いこなした気分になっているアフォなのか、あるいは、単なる「意識低いだけの人」なのか。

まあ、頼んだ仕事はその人が担当する製品に関係しているから、時間切れ(部品の製造中止)になったら、その人が一番苦労することになって自業自得だからいいかと思っている。いよいよその時が来たら、僕は、「そう言えば、すっかり忘れてましたが、昔*をお願いしたんですけど、どうなりました? ※か月後にディスコンの連絡が来たんですが・・・」とさらっと聞くつもりではいるw そして、偉い人(彼らも、だらだらすることが多い)も巻き込んで、どうするかを彼らに考えてもらうことにするだろう。

  •   0
  •   0

今日の昼間、突然、目の前に黒い紐のような影が数本見えるようになった。即座に嫌な予感がした。目を動かすと影も動き、右眼を閉じると見えなくなるので、飛蚊症だろうと思った。

そういえば、数日前だったか、右側の視野の外れに変なものが見えるような気がしたのは、この予兆だったのかも知れない。

問題は原因だ。調べたら、加齢などによる自然なものと、網膜剥離、出血などが原因の病的な場合があるそうだ。実は、20年くらい前に左眼が網膜剥離になった(しかも再発した)ので、右眼もなったのかも知れない。その時とは症状がかなり違うが、突然出たので心配だ。

明日眼科に行くつもりだが、「また(すごく苦痛な)レーザー治療だろうか」と思うと、溜息が出る。でも、ひどい場合は外科手術の可能性もあるので、レーザーならまだマシだ。。。

さて、どうなるか。

さっき眼科で診察して頂き、幸い、加齢によるもので、急に悪化しなければ、(何もしなくて)問題ないとのことだった。「黒い紐」は、まあ、そのうち慣れるだろう。何にしても、レーザー治療の拷問がなくて良かった。

という訳で、今は、検査のために散瞳して右眼が少し見ずらいものの、安心してビールを飲んでいます。ご心配下さった方々に感謝致します。(5/27 18:05)

  •   0
  •   0

うちのオーディオ系(スピーカー)で生じる、600Hz付近の谷が気になって、原因を考えた。以前の検討や直感から、原因は机の天板での反射波との干渉だと思った。他に、ディスプレイの背面での反射波や出窓の形状の影響も疑った。

それで、出窓の固有振動数はなかなか求められないので、まずは机の天板とディスプレイの背面について、実験してみた。

まず、PCから400-800Hzの周波数の音を出して、実際に聴いてみた。すると、音量の変化は分かるが、気になるほどではなかったので、実害はなさそうなことが分かった(← 後半を読むと分かるが、この確認は不十分だった。もっと高い周波数まで聴くべきだった)。

次に、ディスプレイ背面での反射を減らすために、手前に回転させてみたが、大きな変化がなかったので、これは原因ではなさそうなことが分かった。

それから、机の天板での反射について調べた。天板上に吸音材(夏用掛け布団)を敷いたり衝立を立てたりしたが、マイクを動かさない限り、大きな変化や改善がなかったので、原因とは言えなかった。

それでも諦め切れずに、苦手ではあるのだが、時間はあったので、数学・物理的に考えてみた。干渉による音量の低下は、2つ以上の経路の距離差が1/2波長の場合に最も強くなるので、実際に距離差を求めてみようとした。

最初は、高校の数学や物理などすっかり忘れていたし、3次元的なので、どうやって計算するかまったく見当がつかなかったのだが、段々思い出して来て、次のようなを描きつつ、計算式を考えた(作った)。

すっかり忘れていた重要なポイントは、「入射角と反射角は等しい」ことだった。あと、三角関数も、脳の片隅に残っていたらしく、適当に思い出した(「要らない」っていう人も居たけど、やっぱり役に立つよw)

余談: 後半のatanの式は、どこからか「自然に」湧いて来たのだが、本当に正しいのだろうか?? これが駄目なら、全部駄目だ。が、角度はそれっぽいので、きっと合っているのだろう・・・ それと、最初の方の、2つの比の等式("↓"の上)は直感的に浮かんだのだが、これも本当に正しいのだろうか? なんともいい加減な数学であるw

最初は、計算で求めた距離差が全然合わなかった。諦めずに見直したら、測定値や計算の誤りが見つかり、最終的には、距離差は約21cmとなった。

それでも、谷ができるのは818Hzと、まだ高かった。ただ、上の計算で使った自分の耳の位置がマイクの位置と異なるかも知れないことに気付き、測定する時のマイクの値を使ったら、距離差は約33cmとなった。この距離差で谷ができる周波数は約514Hzで、実測値に近い。

更に、いちいち手で計算するのが面倒なので、(プログラムを作るのは面倒だったので)計算のためのスプレッドシート(Excelは使ってないので、"excel"とは書かない)を作った。そして、気温(室温)を指定すれば、正確な周波数が出るようにもした(それまで使っていたサイトは気温は15℃がデフォルトだった)。それに25℃を指定したところ、谷になる周波数は522Hzとなり、左チャネルの谷の実測値(左チャネルの低い方)とぴったり合った。

右チャネルでは谷はもう少し高いところ(576Hz)にあり、左チャネルは642Hzにもある(正確には、2つの谷の間(576Hz)に山があるので、何らかの原因で谷が反転したのかも知れない)が、マイクの位置や経路が微妙に違うせいかも知れない。

という訳で、600Hz付近の谷の原因は、机での反射波との干渉である可能性が非常に高くなった。

が、悲しいことに解決は無理だ。机の前(=自分の正面)にスピーカーを置くのは必須だから、スピーカーを移動できないし、机をなくすこともできない。机の天板に吸音材を貼ることもできない(実験で分かったように、ちょっと厚いくらいの布では効果がないようだ。波長が長いせいだとすると、かなり分厚い物が要りそうだ。うっかり、こんなのを想像してしまったが、もちろんあり得ないw)。あとは、机の奥行きを短くして反射点を作らなくするのも有効そうで、一番可能性があるが、実現はなかなか難しい。

また、上の計算結果が示すように、聴いている場合の谷の周波数は830Hz(ピアノの鍵盤の60番目辺り)で、高目ではあるものの、やはり多用される帯域なので、実際にどのように聞こえるか確認が必要だ。

という訳で、結果的に好奇心を満たしただけではあるが、まあ、「おもしろかったので良しとする」w まったく、久し振りにまともなことに頭を使った気がするよ(爆)

なお、題は、本文を書いた後に思い付いて付けたのだが、僕は数学や物理などが苦手なので、まったく該当しない。単に、尊敬すべき物理愛好家を想像して書いたまでであるw

 

(5/22 4:58 一部修正; 5/22 7:38 少し加筆)

PS. これを考える時、紙(手書・描きのメモ)はまったく使わなかった。全部PCで書いた。面倒もあるが、式をコピーペーストでブラウザに貼って計算するとか、別のノートに貼れたりとか、便利なことも多かった。これも時代なのだろうか?

  •   0
  •   1

先日、JACK(Linuxのサウンドシステムの一つ)のプラグインのPEQ(パラメトリック・イコライザ, 実際にはCalf Studio Gearの12バンドイコライザ、以下"EQ12")をなるべく少なく使って補正ができないものかと思った。何度もいじるのは面倒ではあったのだが、興味はあるのでちょこちょこ試してみたら、できそうな気がしたので、さっき本格的に測定・調整した。そうしたら、予想外にいい結果が得られた。何かの間違いではないかと思うほどだ。

鍵は、EQ12の"Lowshelf"というフィルタを使ってみたことだ。これは、指定した周波数以下を一定量増減できるフィルタである(下図左側の階段状の部分)。今使っているグライコ(DEQ2496)では、ある範囲の中低域を平坦に下げているので、それを代用できそうな気がしたのだ。ただ、実際には下限までずっと下げている訳ではないので、Lowshelfだと超低域のレベルが減少するおそれがあった。それでも、試しに設定してみた。

更に、もう一つの挑戦として、ある程度の差は許容して、PEQの数を極限まで減らして、音の劣化を減らそうとした。というのは、DEQ2496でPEQを多用すると音が悪くなった(耳が詰まる感じ)からである。この時は時間がないのとマイクを設置するのが面倒なので、音をマイクから取らず、ライン出力と入力を直結して特性を測り、DEQ2496のものに近づくようにした。結局、LowshelfとPEQ 1個(右、86Hz)だけで実現できたのだが、どうも信じられなかった。ただ、聴いた感じでは大きな問題はなかった。

試しに作った最小構成のPEQ

そしてさっき、細かく測定・調整したのだが、驚くほどすんなり完成してしまった。10回未満の調整で問題ない特性になり、それをDEQ2496と比較したら、(55Hz付近の谷の深さを除いて)ほとんど差がなかった。55Hzの深さの違いは、Lowshelfで一律に落とした影響だろう。

DEQ2496と比較 (灰: DEQ2496-LR; 黒: PEQ-LR; 青: PEQ-L; 赤: PEQ-R)

意外だったのは、直結して測った特性(イコライザ自体の特性)には差があったことだ(まあ、Lowshelfとグライコで設定した特性は違うのだから、当然ではあるが)。

直結して測った特性の比較 (水色: DEQ-L; オレンジ: DEQ-R; 青: PEQ-L; 赤: PEQ-R)

結局、測定して得られた特性を見てグライコで細かく調整して「補正」しようとしても無駄な、「手強い」領域(部屋の特性のせいか、音量を下げても下がらず、上げても上がらない)があるようだ。

なお、最終的にPEQは2個しか使っていないので、使うイコライザを12バンドから5バンドのもの(EQ5)に換え(設定値を移植した)て、更にシンプルになった。こんなにシンプルなら、音の劣化(フィルタによる位相の変化や歪みの増加が関係しているのではないか)が少ないことが期待できる。

作ったPEQの設定を5バンドイコライザに移植

ただ、聴いた感じだと、DEQ2496とは少し違う気がする(PEQ特有の、耳が詰まる感じが少しある)が、今朝からずっと(DEQ2496に戻しても)そうなので、今日は耳の調子が悪いのかも知れない。しばらく試してみたいと思う。

前にも書いたが、今のスピーカーの設置場所(出窓)の特性が意外に素直(低域が少し強いだけ)なことに驚く(実際には、下げても下がらない箇所は共鳴しているのだろうから、「素直」とは言えない気もする)。これなら、グライコじゃなくても、普通のトーンコントロール(しかもバスのみ)でも代用できそうなくらいだ。今までの、細かい調整の苦労は何だったのかとすら思える。

それから、DEQ2496のPEQでもLowshelfフィルタに近いものが実現できそうなので、あとで試してみたい。

そして、ソフトでの処理だと、さまざまな種類の仮想的なエフェクタを気軽に「取っ替え引っ替え」でき(ダウンロードすれば、いくらでも追加できる)、それらの接続も自由に変えられ、調整も楽で設定の保存も容易で、すごく便利なので、DACを買う気が盛り返しそうな気配がする。が、実際には、DACを新たに買わなくたって、DEQ2496の内蔵のを使えばいいのだ。だから、ソフトでプロトタイプを作って効果を検証し、可能なものはDEQ2496に移植するのが良さそうだ。それが一番安価で安定だ。

難なくDEQ2496に移植できた。PEQにLowshelfモードがあるようだ。そして、直結での測定結果はほとんど同じ特性になった。プロ用機材に共通の機能・仕様(この場合、イコライザのカーブ)は結構あるのかも知れない。

グライコ(DEQ2496)に移植 (水色: ソフト-L; オレンジ:ソフト-R; 青: DEQ2496-L; 赤:DEQ2496-R)

ちょっと聴いた感じもいいので、しばらくこれで試す。(23:37)

今思い付いたのだが、ソフトのイコライザで55Hzが少し深くなっている件を解消するには、Lowshelfでなく、幅広いPEQ(中心が150Hz付近)を使えば何とかなりそうだ。あとで試そう。(5/20 0時)

今回は細かい調整に苦労したが、できた。使用したPEQは、左が1個(200Hz)、右が2個(79.6, 200Hz)と少なく、補正量も5dB前後だが、特性は以前とほぼ同じにできた。上で気に入らなかった55Hzは、もちろん問題ない。

上段(L+R): 緑: 今回(PEQのみ); 灰: オリジナル(GEQ+PEQ); 中段(L, R): 青: L; 赤: R; 下段(直結(=補正量)): 青: L; 赤: R

150Hz付近の山を調整しなかったので少し大きくなっているが、+4dB程度で自分の許容範囲内なので、PEQを増やすよりは良い思ってそのままにした。聴いた感じは全く問題なく、耳が詰まる感じもない。ソフトと本物のイコライザでは、微妙な特性の違いがあるのかも知れない。「本物」といっても、内部はDSPで、やっぱりプログラムでできているのだが。

余談: 実は、この前に作った設定は、例の440Hzの山を調整しなかったせいか、ピアノの特定の音(モーツァルト ピアノ協奏曲 第18番 第1楽章の始め)が強く聞こえたので、PEQの位置や強さを修正した。

なお、補正量はオリジナル(GEQ+PEQ)とは概形は似ているものの、細かいところは結構違う。補正が効かない・無意味な領域が多いようだ。

補正量の比較 (水色: オリジナル-L; 青: 今回-L; ピンク: オリジナル-R; 赤: 今回-R)

という訳で、まさに「悟りの境地」とでも言うようなシンプルの極みに達し、イコライザの断舎離ができた。しかも、何も買わずw、ソフトも変えずに済んだ。補正量のグラフなんてすごくすっきりしたから、(聴いても分からないけど)音質も良くなったのではないだろうか? 最終的には、DEQ2496の機能の1/10くらいしか使っていない(GEQなんて全然使ってない)が、あれをここまでしゃぶりつくした人も少ないのではないだろうか。

それにしても惜しいのは、部屋の構造によってできていると思われる、60Hzと600Hzの谷だ。どうにかして解消できないものかと、つくづく思う。(5/20 10:42)

 

PS. 測定に使った、マザーボードのサウンドインタフェース(Realtek)は、意外に特性がいい。というのは、間違ってイコライザを入れずに直結して測定したら、約20Hzから15kHzで平坦だったのだ(もちろん、特に入力がそうでなかったら、ここまでの測定や調整は全部無意味になる)。

オンボードのサウンドインタフェース(Realtek)の特性

入出力のアナログ回路が、それなりにちゃんと作られていることが分かる。もちろん、専用の機器に比べてノイズや歪は多いのだろうが、普通にスピーカーで聴くのには充分なんじゃないかと思った。たぶん、屋外で聴く数十万円のポータブルDAC+アンプなんかよりはずっといいだろうw まったくASUS(ボードのメーカー)は侮れないな。(5/20 10:43)

PS2. その後、問題の60Hzの谷を解消・改善できないか検討したのだが、無理そうな感じだ。まず、原因が分からない。部屋を引き戸で半分に仕切ってもほとんど変化がなかったので、縦方向ではないようだ。また、横にあるクローゼットの扉を開閉しても変化がないので、横方向でもない。

だから、おそらく上下方向の定在波だと思う。シミュレーションすると、スピーカーの位置や聴く場所を変えればいいことは分かるのだが、いい場所がない。上下に動かすにしても、50cmから1mくらい動かさないと変化がなさそうだが、そんなに動かすのは無理だ。

だから、打つ手はない。ただ、いくつかいいことに気付いた。どういう訳か、左右で谷になる周波数が10Hz近く違うので、60Hzの音が完全に出なくなる訳ではなく、その付近では片チャネルは何とか出ているのだろう(谷の重なる58Hzが最悪なポイントだ)。そして、低音は方向感が鈍いので、不自然には聞こえないのではないのではないか。

また、谷はシャープだが、最悪なポイントがピンポイントで一つの音になっているのではなく、ある程度の幅で音になっているはずだし(ここによれば、12音音階では、60Hz付近の音は約3Hz刻みのようだ)、楽器には倍音成分もあるから、その音が弱くはなるが、完全に聞こえなくなる訳ではないのではないかと推測する。

そもそも、60Hzの音を聞いてみると、すごく低くて単体では使われそうもない音のような気がするから、実害はなさそうであるw

一方、場所が変わって500-700Hzの広い谷は、ピアノの鍵盤でいうと51(シ)-57(ファ)番、真ん中辺りのよく使われる場所で、影響のある音の数も多く、実害がありそうなので、何とかしたくなってきた。(5/21 14:29)

  •   0
  •   1

先日、どうしてもスリープ(サスペンド)後の復帰がうまくできなくて、諦めた(と書いた)JACK(Linuxのサウンドシステムの一つ)だが、実はしつこく継続していた。暇なのと、興味があったのと、(理論的には)できないはずはないと確信していたのと、PC(Linux)ごときに降参するのが嫌だったのである。

厭きずに検索していたら、2つほど有効そうな情報が書かれたページが見つかり、そのうち1つがビンゴだった。

僕の問題は、長時間のスリープ後の復帰時に、JACKのサーバとクライアント(例: 制御プログラム、音楽プレーヤー、イコライザ)との接続が切れてしまって回復せず、音が出なくなるということだった。上のページは、それを解決する策を(僕の期待とは違っていたが)実に簡潔に(基本部分はたった2行で)示していた。

ポイントは、スリープ前にJACK制御プログラム(qjackctl)経由でJACKのサーバを停め、復帰時にqjackctl経由で開始することだ。(おそらく、復帰時に停めて再開させるのでも充分だろう)。

試したところ、復帰後もJACKで再生できるようになった。が、それでも完全ではなく、以下のような問題があった。

  • サーバを停めるせいか、JACKのクライアントからサーバへの接続は自動的には再開しないことがほとんどなので、駄目なクライアント(例: イコライザ)を再起動するなどの処理が要る。
    • これに関連して、gmusicbrowser(GMB)がスリープ時にエラーダイアログを出すのが鬱陶しい(それでも再生はできるようだ)。
  • 同様に、JACK関連の設定(例: alsa_outによるJACKからALSAへの転送)も消えてしまうので、再設定が要る。

それで、スリープ時と復帰時に必要な処理を追加して、復帰後にもうまく再生できるようになった。ただし、GMBは余り再起動したくなく、すぐにエラーダイアログを消すこともできないから、ひとまずPulseAudioに音を出す設定にし、JACKに転送するようにした。正式に使う時は対処が要る(ただ、PulseAudio経由での問題は音が出るまでの遅延が大きくなる程度だし、聴いてみて音質の劣化は感じられないので、そのままでも大丈夫そうな気がする)。

対処したところ、以前あったいろいろな問題(例: 復帰後に接続(パッチベイの結線)が回復しない)も解決した。

ただ、個人的には、サーバへの接続なんて自動的に回復すべきだと思っているから、この対処は気に入らない。それで、qjackctlやJACKサーバの設定を調べたが、関係するものはなかった。おそらく、クライアントの設定の問題なのだろうが、すべてのクライアントの設定なりプログラムを直すのは無理だから、仕方ないのだろう。

晴れてJACKが使える(=ソフトでグライコを実現できる)ようになり、今日までの数日間、グライコの代わりの外付けDAC(それもPC内に入れたいと思っていた)は何を買おうか迷ったのだが、結局、買わないことにした。というのは、そもそも、DACを内蔵した本物のグライコ(DEQ2496)がちゃんと動いていて、音にだって満足しているのに、わざわざ別の物に替える必要がないからだ。新しい物を買うのは楽しいが、やっぱり、手段を目的にするのは良くないと思う(それでも、買いたい気分が-90dBくらい残ってそうだw)。

あと、今の低価格DACは中国や台湾のものがほとんどで、確かに性能も外見も悪くない感じではあるのだが、紹介の文章が胡散臭い(→ : 性能を向上させたと書いている割には仕様をどこにも記載しておらず、最も重要な電源(本人もその重要性を力説している)を添付も別売りもしておらず、なぜかブログで、おまけにケバい!)し、(アンプの話ではあるが)危ういトラブルが結構あるし、中の配線がしょぼかったりするのも、(60dBくらい)買う気をそいだ原因だ。今はUSB接続のみの物がほとんどになってしまい、光接続対応のものの選択肢が少ないのは残念だ。

余談: 「昔処分してしまった小さいDAC(Styleaudio CARAT-TOPAZ Signature)があれば、気軽に試せたのに」と今になって思うが、まあ仕方ない。

それで、今は以下のような結論・方針でいる(途中経過を省略しているので、論理が飛躍している)。

  • JACKの(グライコでなく)PEQだけで補正ができるか、その結果がグライコより良いか調べる。: JACKのPEQ(Calfのイコライザ)は各PEQを合成した補正量がグラフで見えるので、見えないグライコのPEQよりも補正結果が変になる可能性が低くなり、少ないPEQで補正できるのなら、その方が音が良くなる可能性があると思ったので。
  • 上がOKなら、グライコからJACKでの補正に切り換える。
  • そして、特性の測定を楽にするため、内蔵のサウンドカードを買う。: JACKとREW(特性測定プログラム)でサウンドデバイスを共用する場合、測定ごとに入力を設定し直す必要があるので、内蔵のオーディオを測定専用にして、その手間を省きたいため。
  • 外部DACは、グライコが壊れたら購入を検討する。

今朝、測定用の内蔵サウンドカードも不要になりそうなことが分かった。オンボードのサウンドデバイス(Realtek)を使っているのだが、それは、入出力が光とアナログの2系統ずつあるので、REWが使う入力デバイス(アナログ)とJACKに割り当てる入力デバイスを変えればいいのだ。基本的に、JACKでは録音しないので、JACKに光を割り当てた。すると、REWでの測定のたびに入力デバイスを設定し直す必要がなくなり、何回でも測定できた。それが分かる直前まで、ちょっと思い付いて、USB接続のオーディオインタフェース(こんなの)を物色していたというのに。トレビアン! (5/18 19:18)

(5/18 22:14 わずかに加筆・修正)

  •   0
  •   0

今日の午前だったか、

ガリガリガリクソンとかいう人と厚切りジェイソンとかいう人の雰囲気が似ている。

と思った(きっと、「はぁ?」と思われることだろう)。実は、ガリガリが逮捕された時に、厚切りのことかと思ったくらいだ。でも、そのニュースを読んで顔写真を見て「何か違う」と思い、僕が想像していたのは厚切りだったと気付いた。

僕は、ニュースになるまでガリガリの写真どころか名前すら見たことがなかったし、厚切りだってwebの記事か何かで数回しか見たがない。初めて厚切りの名前を見た時は、「いつもホッケーのマスクを被っておもしろいことでもしゃべってるのかな」と思ったくらいだ。

TVを持ってないから、近頃の有名人を知る・見る機会がほとんどないので、字面だけからの勝手な想像が膨らみがちであるw

  •   1
  •   0

暇なのと平凡な日常に変化が欲しかったので、模様替えをしてみた(が、その日のうちに戻した)。スピーカーの置き場所を変えたら、もっと特性が良くなる(=谷が少なくなる+グライコの調整量が少なくなる)かも知れないと思ったのだ。

結果は、筋肉痛と「謎」だった。

出窓にスピーカーを置いているのだが、凹んでいるところに置くのが悪いと考え、窓から1mくらいのところ移すことにした。事前に、以前使ったStndWave2というシミュレーションプログラムで、どんな特性になるか調べたのだが、今一ついい結果にはならなかった。それで、「まあ、(部屋の形は厳密には設定できないので、)シミュレーションと実際は違うだろう」という、何の裏付けもない甘い期待(あるいは、日本伝統の神風への期待)で、やってみることにした。

作業は、昨日の朝7時前から始めた。駄目だった時のために、元のスピーカーの位置に目印を付けておいた。一旦動かしたら、特性が微妙に変わるので再調整が要るとは思っていたが、ダメモトである。

9時頃には移動が終わった。ちょっと聞いただけで、何か変な音(共鳴しているような感じ)だったが、測定してみたところ、全然駄目だった。65Hzにすごく深い谷があった。出窓よりも全然良くなかった。改善するかと思って、スピーカーの位置や高さを少し変えたりしたのだが、やっぱり直らなかった。

ちなみに、シミュレーションでも同様の特性が出ていたから、結果論ではあるが、論理的に判断して移動を止めれば良かったのだ。「下手な鉄砲」なのか、「下手の考え休むに似たり」なのか。でも、現状に満足して(変化を恐れて)新しいことに挑戦しなかったら、東芝や日本になっちゃうしね!

結局、「場所が悪い」という結論に達し、14時頃に元の配置に戻し終わった。早速特性を測ったところ、案の定、以前と異なっていた。嫌らしいことに、440Hzに鋭い山ができていた。偶然なのか、ピッチ(A)の音だ。それで、グライコの設定を仮調整することにし、山をPEQやグライコで下げられることを確認した。

本棚などに物を戻していないからかと思い、戻してから測り直したら、今度は347Hzに鋭い谷ができていた。仕方ないので、(多少はマシになるかと思って、)グライコの設定を作り直した。その結果、谷は解消できなかったものの、どういう訳か、以前よりグライコの調整量を減らすことができた。特に、中高域はほとんど調整なし(真っ平ら)にできた(ただし、左右に1個ずつPEQを使っている)。

作り直したグライコ設定を見ると、出窓の素の特性は、(いくつかの谷はあるが、その谷は今回失敗した場所ほどはひどくないので、)意外に良好なことが分かる。グライコを導入した初期の頃は自動調整機能に頼っていたため、かなり補正量が多かった(→最初の調整の時)。しかし、手動で丹念に設定すると、こんなにわずかな補正で充分なのだ。ただ、それには、「谷を諦める」ことも重要だ。というのは、多くの場合、谷は定在波によって生じるので、(ブラックホールのようなもので、)いくら強くしてもほとんど補正できないので、音が悪くなるだけなのだ。

それはいいのだが、新しい谷や山ができた理由が知りたくて、今朝、いろいろ試した。スピーカーの直前にあるディスプレイの背面で音が反射するのが悪いような気がしたのだが、そうではなく、マイクの位置(=聴く位置)に依存しているようだった。そうは言っても、机やスピーカーの位置は大きく変えていないし、大きく変えられるものでもないから、心当たりがない。いずれにしても、部屋の構造の問題なので解決不可能という結論になった。幸い、調整した特性は新しい谷を除いて以前と同様だし、音を聴いた感じも問題ない(それでも、谷があるってのは音が減っている気がして、やっぱりいい気分ではない)。

今、子どもの頃に読んだ、肉をくわえた犬が橋の上から川を見て、川に映った自分を見て、「その肉を出せ」と吠えたら、肉を落としてしまった話を思い出した。欲張るのは良くないな。。。

それにしても不思議だ。物を移動して戻しただけなのに、音(微妙な特性)が変わるとは。今までは結構変えてもそんなことはなかったし、今朝だって、いろいろ変えても(悪いまま)ほとんど変わらなかったのに。。。部屋のどこかにオーボエ吹きでも発生したのだろうか?

そして、物の移動や設定の際には無理な体勢をすることが多く、脚や腕や腰が筋肉痛になった。でも、腰痛にならなかったのは良かった。

(19:59 若干加筆・変更; 20:33 題を「身近な謎w」から変更; 21:00 グラフなどを追加; 22:47 加筆・修正)

PS. グライコの調整(補正)は結構面倒なので、今回のようにスピーカーを移動するのは躊躇しがちである。その面倒さというのは、グライコが今一つ使いにくい(ほとんどはMIDI接続でPCから操作できるが、できないことも多いので、最終的にはパネルを操作しなければならない)ことと、マイクなどを引っ張り出して距離を測って設置して、特性を測定し、使いにくいグライコを調整することを、うまく行くまで何回も行うことだ。結果として、アイデアが浮かんでも、それを試すのには腰が引けてしまう。

でも、もし、以前試した、ソフトでイコライジングするなら、面倒さの1/4くらいは軽減できそうだ。1/4なんて微々たるものだが、それで試行錯誤がしやすくなるのであれば、検討の価値があるかも知れない。おもしろそうなのだが、前回試した時の結論のように、JACKでは使い物にならないからすぐには試せない。でも、他の方法があるのかも知れない。(20:16)

  •   0
  •   0

ショパンのピアノ協奏曲 第2番は、ラローチャの演奏(1972)が好きだ。彼女の演奏は、他に、余り聴かないが、モーツァルトのピアノ協奏曲集(1991-1997)も持っている。一方、毎日(ダメモトで: とはいえ、今まで何度も掘り出し物を見つけているので、結構有用だ)チェックしているHMVのwebに、たまたま、「ラローチャのラフマニノフ」と書かれているのが目に入り、彼女のラフマニノフは余り想像できなかったけど、興味が湧いたので開いたら、大好きなこの曲の演奏で、更に興味が出た(一緒に入っているのはハチャトゥリアンで、まったく知らないし、余り好みでなさそうだが、問題ない)。しかも、値段が850円と安かった(Amazonでは2千円以上)ので、試しにYouTubeで聴いてみた。

かなり遅目だが、ゆったりしていて悪くはない。が、ちょっとまどろっこしい感じがするので、買うかどうか迷うところだった。ただ、なぜか、キーシン(1993)のよりはずっといい印象だ。勝手な想像だが、このくらいのテンポはHaruさんはお好きだろうと思った。

遅いけれど嫌になるほどでもないので聴き進めると、カデンツァがマエストロチック(ふと浮かんだ、ありそうでない言葉。「巨匠的」というのだろうか、悪く言うと、「うまそうに」)で、そういう弾き方は、わざとらしく嫌味になる危険性をはらんでいるのだが、辛うじてやり過ぎになっていないのがいい。バランスの取り方がうまいのだろう。

全体的な印象は、彼女らしく美麗・ロマンティックな感じで、好きなショパンの協奏曲に通じるものがある。オケ(プレヴィン、LSO)はとても滑らかで落ち着いていて、(遅いのを除けば、)いい。ただ、勢いとか加速度の好きな第3楽章はもう少し速いと良かった。でも、ピアノの音(音の出し方)はかなりいい(好みだ)。そして、終盤はなかなか迫力が出て来たので、買うことにした。

速さに興味があったので、演奏時間をブロンフマン(1992年のアルバム)と比べてみたら、意外なことに全部で2分程度(約5%)長いだけだった(ただ、2004年のライブよりは4分以上長かった)。気分的には、1割以上、2割くらいは遅いと感じたが、(僕にとっての)最適なテンポはすごく狭い範囲にあるのだろう。(5/12 10:14追記)ただ、2回目に聴いたら、彼女の演奏は、速さの変化が結構大きいことが分かった(何となく、彼女らしい気がするし、ブロンフマンとは違うところだ)。その関係で、全体を平均するとそれほど遅くなっていないのかもしれない。

注文しようとHMVの「欲しい物」を開いたら、以前登録したまま忘れていた、リリー・クラウスのモーツァルトのピアノ協奏曲全集があったので、やっぱりYouTubeで試聴してみた。いろいろあって、23, 20, 24番のどれから聴くか迷ったが、まずは、ピアノ協奏曲 第20番(1966)を聴く。オケ(スティーヴン・サイモン、Vienna Festival Orchestra)は最初はわずかに違和感があったが、すぐに慣れて結構いい。ただ、少し速目だ。ピアノはうまいと思うが、ちょっと速過ぎて、この曲の重みが感じられなくて、もったいない。

それで、途中からピアノ協奏曲 第23番(1966)に移ってみたのだが、残念ながら、これも速かった。オケは良く、ピアノも悪くないのだが。この曲はゆったりと伸びやかに弾いて欲しいのに、せっかちに感じられてしまって、もったいない。。。あと、第1楽章の一部(後半だったか)で音を切っていたのが嫌だった。更に、第2楽章は冒頭から嫌だったので、止めた。

そんな訳で、ラローチャだけを注文した(ポイントを使って、約800円になった)。一度聴いてしまったので、届くのを待つ楽しみはないが、まあ、発売は来月下旬だから、新たな気分で聴けるかも知れない。

 

PS. 別件だが、首を長くして待っているフェドロヴァの新アルバムはまだ出ていない。ちなみに、メーカーのサイトは、結構前から「工事中」になったままだ。。。

彼女はツアーなどで忙しいのかも知れないけど、ちょっと無責任だ。自分が出した作品なんだし、みんな待っているのに、放置している気持ちが理解できない。もっとケアしてもいいんじゃないか。 YouTubeに上がっているのと同じなんだったら、「出るまではこれを聴いていて欲しい」と書くとか。結構がっかりしている。そのうち怒りに変わる気がする。(5/12 7:52, 9:50)

PS2. 2回目にラローチャの演奏を聴いた後、YouTubeのリコメンドを見ていたら、まだ聴いたことのないワイセンベルクのこの曲の演奏があった。1960年代のフランスのTVでのライブだそうで、聴いてみた。もちろん、彼女とは全然違う。一粒一粒がはっきり見える音、ある意味、バッハのようにきっちりと角ばった音、でも、角張り過ぎてはいない、が独特でいい。そして、やっぱり僕はこのテンポ(約42分)が好きだ。彼はブロンフマン同様に、テンポを揺らさず、豪快に一気に弾き切るタイプだ。運動部のような、「男のラフマニノフ」? 僕は、この曲は、その方が乗れる。(5/12 11:17)

  •   0
  •   0

今までオーディオでいろいろ遊んで来て実感するのは、

メディアなんて何だっていいんだよ!

ってことだ。これは、動画や写真なども同様だと思う。反論はあると思うが、そういう方に聞いてみたい。

ハイレゾにして、今までつまらないと思っていた演奏が、実は名演奏だったと気付くことがありました?

まあ、昔の演奏をハイレゾのフォーマットにしたって「偽レゾ」になるだけだが、リマスターが近いだろう。上記の発見が1例でもあれば、僕は謹んで意見を変える。もちろんないだろうが。

一番分かりやすいのは、文学だ。電子書籍やPCで、数千dpiの、ものすごく精細で、職人が丹念に作った、美しい字形のフォントで表示したら、普通のフォントで読んだのでは分からなかったことが分かって、すごくいい作品であることが分かるかということだ。全くあり得ない。

(少し早いけど)まとめると、芸術は本質(人間が見たり聞いたりして感じること?)が重要であって、媒体なんてどうでもいいのだ。別の例では、車だって、「いい車」や「高い車」に乗ることなんかより、どこに行くかとか、乗って楽しいかどうかが重要なのだ。まあ、高い車に乗るのが楽しいと思い込んでいる人は多いだろうが。

物(媒体や手段)にこだわるのは、感じようとする気持ちを持たず、本質を分かろうとしない、外見から入るミーハーな人なんだと思う。実際にはそういう人が多いし、企業はそこから儲けようとしているのだが、邪道としか言いようがない。

 

5/12 19:46 追記: 本質が重要で、媒体や手段は何でもいいのだけれど、趣味として行う場合には、どこまでが意味あるのか、僕自身も判断するのが難しい場合がある(そして、つい余計なことをしてしまう)。基本的には、何かやるとして、それが本質を楽しむための必要条件(例: 音楽が、雑音まみれなどでなく、「ちゃんと聞ける」)だったり、やることが目的になっていない(「*にしたからいい」になっていない)のなら、「あり」なのだと思う。

以下に、僕がある程度詳しい分野で、個人的な意見としての、あり/なしの例を書いてみたい。

  • (音楽を楽しむための)オーディオ
    • 雑音のない再生: あり
    • 制作された音をなるべくそのまま再生することへのこだわり: あり
    • アナログ(例: レコード)へのこだわり: なし
    • ハイレゾ: なし
    • ポータブルHi-Fi機器: なし
    • 「プロ仕様」: 概ねなし (本当のプロ用ならいい)
    • 自家用電柱・トランス: なし
    • その他のさまざまなまやかし物: なし
  • 音楽
    • 初回プレスへのこだわり: なし
    • 限定・デラックス盤: なし
    • ボーナストラック・未公開だった曲: 概ねなし (ボツになった曲が多い)
    • さまざまな特典(投票だの握手だのも含む): なし
    • 紙ジャケ・帯: なし
    • リマスター: なし
    • 古楽器(当時の楽器)での演奏: なし? (演奏の仕方まで完全に再現できるのか?)
    • 原典版: あり? (楽譜はオリジナルとして、解釈はどうなのか?)
    • 竹輪のように薄いタイヤ: なし
    • 低い車高: なし
    • 羽: なし
    • 最高速、0-100のたぐい: なし
    • 「ニュル最速」: なし
    • レース仕様: なし
    • 赤いブレーキカバー(○レンボなど): なし
    • ものすごいパワー: なし
    • 軽さ・コンパクトさ: あり
    • その他のさまざまなまやかし物: なし
  • 文学
    • 初版本: なし
    • 初版レプリカ: なし
    • 限定本・サイン本: なし

余談: ピュアオーディオマニアの方にとっておきの音源がある。音楽を再生するなんてまどろっこしいことをせず、是非、テスト信号発生器を使って欲しい。これなら、いい音の録音を探すことなく、いつでも希望するさまざまな音域・音量の音(例: 1Hzとか100kHzとか32ビットとか)が出せるから、ご自分のシステムの性能を確認することが可能だ。この時、再生した音が耳で聞こえない場合に備えて、スペアナなどの測定器も欲しいところだ。ただ、計測器で測定できない音の違いを再現できるシステムの場合は難しいので、ご自分の耳だけで判断して欲しい。

あと、楽器を何台か買って来て、自分で出した音を、ご自分の最高のシステムで録音して再生すれば、それよりいいことはない。別に、音楽が弾けなくたって、いい音が出ればいいではないかw

余談に追加: ちょっと気付いたのだが、自家用トランスを設置する人は、部屋までの送電線やトランスの巻線の素材にはこだわっているのだろうか。やっぱり、OFCとか6N(99.9999%)とか純銀とかの純度・品質の高いものを使うんだよね。じゃないと、屋内の電源ケーブルや信号線だけいいものを使っても、片手落ちだもんね!w (5/13 19:16)

  •   0
  •   0

仮想通貨の取引所がダウンして、イライラだかヤキモキだかした人が多かったそうだが、意外だった。

良くは分からないが、仮想通貨は自分が口座を持つ(=通貨を預けている?)、特定の取引所でしか取引できないのか。なんか、今時信じられない。全然「仮想」じゃない感じだ(まあ、それは言い過ぎだけど)。

「仮想通貨」って言ったら、やっぱり、どんな取引所でも、というか、取引「所」なんて経由せずに取引できてもいいんじゃないだろうか。ブロックチェーンなんて、そんなことを目指しているのではないか(見当外れかも知れないけどね)。

まあ、そのうちそうなるんだろうけど、まだまだだと思った。

  •   0
  •   0

昨日の投稿でちょっと書いた、音質調整(正確には、再生系の特性の補正)のためのグライコ(DEQ2496)をソフトで代替する件の見通しが立った(と思ったのだが、結論は追記を参照のこと)。

昨日、軽い気持ちで始めたのだが、さまざまな困難(というか、分からないこと)があった。でも、検索と先人の業績のおかげで、やりたかったことが概ねできることが分かった。

要求事項

  • DEQ2496と同等のイコライジング(31バンド、左右独立)をPCのソフトで行う。
  • イコライジングした音(スピーカー用)としていない音(ヘッドフォン用)を同時に別々に出力できる。
  • プレーヤーソフトgmusicbrowser(GMB)だけでなく、他の普通のアプリやOSの音も出せるようにしたい。

試行錯誤の内容(概略)

  • グライコ探し
    •  Linuxのグライコを検索して出て来た、以下のソフトは、バンド数が足りなかったり、左右独立でないので、使えないことが分かった。
      • Pulse Audio Equalizer, alsaequal, mbeq (swh-plugins), PulseEffects, CAPS audio plugin suite, Jamin
    • GMBのイコライザ(実際にはgstreamerのイコライザ)を改造して拡張するのは、特性測定時に測定ソフト(REW)の音をイコライジングできないので不採用とした。
    • Calf studio gearのイコライザは、30バンド・左右独立で、DEQ2496と同等なので、候補にした。
    • zam-pluginsのサイトには、31バンド・左右独立のイコライザ(ZamGEQ31X2)が書いてあるが、実際のパッケージには入っていないので却下した。
  • Calf studio gear (以下Calf)を動かす。
    • Calfが動くJACK(Linuxのサウンドシステムの一種)で音を出すのにとても手こずった。結局、デフォルトのデバイスでなく、明示的に光デジタル出力を指定すれば良かった。
    • 音の経路(例: スピーカーに出す前にグライコを通す)を指定するのも難しかった。qjackctlには「パッチベイ」という配線のような機能があるのだが、どういう訳か、使っているうちに設定を無視して直結し、イコライジングした音としていない音が重なってしまうので、使うのを諦めてjack-plumbingというコマンドを使った。この機能はありそうだと思っていたのだが、実際にはどうすればいいか分からなかったのだが、コマンド名から、もしやと思った。
  • イコライザを設定して、音を聴いてみる。
    • DEQ2496とは若干周波数やゲイン(音量)の刻みが違っていたが、正式に使う時に微調整することにし、おおまかな値をCalfのイコライザ(Equalizer 30 band)に設定した。
    • おそらく、各バンドのフィルタの特性はDEQ2496とは異なるので、実際の微調整は必須だと思う。
    • 聴いた感じでは、特に問題はなく、聞き慣れた普通の音が出ている。
  • OSや通常のプログラムの音も出力できるようにする。
    • pulseaudio-module-jackというモジュールを使い、標準のPulseAudio(Linuxのサウンドシステムの一種)に出る音がJACKに出せるようになり、ブラウザ(Vivaldi)の音が出た。
  •  2系統独立出力できるようにする。
    • チップ自体に機能があるので、ドライバを何とかすれば2系統出力できそうだからと、ダメモトでRealtekのサイトのLinuxドライバを入れたら、音が出なくなった(古い物を無理にインストールしたせいだろう)。バックアップからドライバを戻して復旧した。
    • 実際には、ドライバ自体は独立出力に対応しているので、alsa_outというプログラムにアナログ出力を受け持たせて、それに、以下のように音源を分岐して入れるようにして、イコライジングしない音も出るようにした。
      • 音源 → イコライザ → 光出力
      •   └→ アナログ出力
  • qjackctlが使いにくい問題への対処
    • JACKの制御のためにqjackctlが要るので、JACKは止めてALSA(もう一種のLinuxのサウンドシステム)にしたかったが、CalfはALSAでは使えず、他に要求を満たすイコライザがないので諦めた。
    • qjackctl以外のプログラム(Cadence)を試したが、もっと使えない(設定が保存できない?)ものだったので、諦めた。(5/8 7:21 追記:設定保存のメニューはないが、保存できているようだ)
    • qjackctlに指定できる、サーバ起動後の実行スクリプトが今一つまともに動かないので、上記に書いてきた機能を実現するためのいろいろな処理を行う起動用スクリプトを作って、そこからqjackctlを起動することにした。
  • その他
    • JACKは、位置づけとしては、WindowsのASIOのようなもののようだ。
    • 恐ろしいことに、JACKの試行錯誤中はOSすら不安定になった。今後は大丈夫か、ちょっと心配だ。
    • 複数のサンプルレートには対応しないようだ。設定していないサンプリングレートでも変換するから聞けないことはないが、本当は切り替えて欲しい。が、CD(44.1kHz)さえちゃんと聴ければ、とりあえずは問題ない。おそらく、いろいろな音をミックスして出すポリシーなのだろう(まあ、それが普通だ)。
    • イコライジングをソフトで行うため、CPU負荷は上がった。Calfのプロセスは、15%前後のCPU使用率となり、load averageは1前後になっていることが多い。ただ、全体的なCPU使用率(前述の使用率とは測っているプログラムが異なる)は4%未満なので、大きな問題はないのかも知れない。
    • なぜかOS(正確にはThunderbird)の音がJACKから出ないので、今後の課題だ。→ PulseAudioの「出力装置」の設定でJACKを「代替として設定」(右のチェックボックスをクリック)したら出るようになった。「代替」というのは、デフォルトのことだろうか? (17:59)

設定・操作画面

JACKで音質調整+2系統独立出力を実現した。(左上から時計回りに、JACKの制御(qjackctl)、音の経路設定(qjackctl)、30バンドグライコ(Calf)、Calfの制御)

30バンドグライコと音の経路設定は、なかなかの見物だ。

今後の予定

  • 複数のサンプルレートを自動で切り替えできないか、調べる。
  • 安定性を確認する。また、音質の異常や音飛びなどがないかを確認する。
  • 録音(入力)にも対応させる。(特性を測定する時)
  • DEQ2496でのイコライジングを止めるのか、熟考する(今は、興味を除いては、止めることに特段のメリットはないので、DEQ2496の故障時のバックアップや故障後の代替手段に位置付けるのがいいように思う)。
  • 実際の特性を測って、イコライザを調整する。

知らなかったものを試した結果、やりたかったことができて結構おもしろかったけど、疲れた。そんな訳で、あっという間に連休が終わりそうだ。。。

(19:39追記) モーツァルトのピアノ協奏曲23番を聴いていて、何となく音が悪い(元と違う: わずかに響きが違う感じなのと、ピアノの音がほんの少し平板的に聞こえた)気がして、気のせいなのか、イコライザの特性の差のせいかと思っていたのだが、ふとDEQ2496のパネルのLEDを見たら、思わぬ落とし穴を発見してしまった。DEQ2496はグライコだけでなく、数点だけPEQ(パラメトリックイコライザー)も掛けていたのだ。

だから、ソフトでDEQ2496を代替できるのはもう少し先だ。もちろん、CalfにはPEQもあるだろうから、不可能ではないだろう。が、やっぱり、そこまでしてやる気はなくなって来たというのが、正直なところだ。という訳で、この投稿の最後は、

To be continued?

(5/7 4:21追記) スリープからの復帰後に音が出なくなっていた。jack-plumbingが処理に失敗して、音の接続ができなくなっているようだ。jack-plumbingを再起動しても直らない。JACKのサーバが異常になったのだろうか。

これでは使い物にならないので、JACKは諦める。DEQ2496が壊れたら、その時に改めて考えよう。

(5/7 10:35追記) 結局、その後スリープからの復帰の問題にはまってしまった。この問題が解決したかは分からないが、GMBの出力が勝手に接続される問題は解決できた。勝手に接続するのはGMBのようで、再生をストップした後で再度再生する時に、デフォルトの出力先("system")に接続している感じだ。それで、qjackctlのパッチベイの設定で、systemの入力を「排他的」にすると、一つの出力(ここではCalfの出力)しかから接続されないようになって、勝手に接続されなくなる。

なお、qjackctlのパッチベイを使うことにした理由は、jack-plumbingがスリープに対応していないからではないかと思ったからだ。

また、alsa_outはJACKサーバが起動していない場合、勝手にサーバを起動するため、余計なサーバ(jackd)が起動していたことが分かった。本当のJACKサーバは今はjackdbusのようで、これはqjackctlが起動するので、alsa_outはqjackctlの後で起動するようにした。これもスリープに関係しているのではないかと予想(期待)している。

なお、昨夜、PEQも仮に設定してみた。しかし、音の違いは良く分からなかった。違いを判別するには、測定してみる必要がありそうだ。

(5/8 6:25追記) その後、興味本位で特性を測定したくなってしまって、連休の最終日を潰してしまった。

測定にはマイクの音を入力する必要があるのだが、測定ソフトREWがJACKに対応していないので、手こずった。最初に試した時は、うまくいったと思って測定したら、やけにいい特性が出て、「実はグライコは要らなかった??」と思い掛けたのだが、それは科学的でないし、実際、聴いたら音が良くなかったので、何かおかしいと思って調べたら、雑音(内部的なハウリング?)を録音していたようだった。

結局、JACKがオーディオインタフェースを専有するために、REW(標準サウンド(ALSAかPulseAudio)を使用)が録音できなくなっていたのが原因だった。もう一枚オーディオインタフェースがあれば楽だったのだが、ないので試行錯誤した。いろいろ調べて、JACKの制御プログラムをqjackctlでなくCadenceにし、JACKでは出力だけするように設定すればいいことが分かった。ただし、REWが何かおかしいようで、測定のたびに入力を設定し直す(一旦別のに設定して戻す)必要があった。

それでようやく測定ができた。結果としては、暫定的な設定で大きな問題はなかったが、右が少しずれていたのでグライコとPEQを微調整した。なお、PEQは必要だった(左右別のグラフを見ると分かる: 左: 80Hz付近、右: 150Hz付近に山がある)ので、Calfの"Equalizer 5 band"(これはグライコでなく、PEQ)を使用した。

調整前の特性は以下のとおり:

調整後の特性は以下のとおり:

左右一緒だと、調整前後の差は分からない。なお、左の220Hz辺りが強いことに気付かなくて調整しなかったのだが、本当に使う時に調整しようと思う。

結論としては、Linuxのソフト(JACKとプラグイン)でグライコ(DEQ2496)を完全に代替できる。ただし、使うためにはさまざまな面倒があるうえ、前述のように、JACKにはスリープの問題(今、別のプログラム(Cadence)を試している)があるので、当たり前のことながら、(技術的興味や物減らしへの熱意は別として、)DEQが使えるのなら使った方がいいだろう。

補足: 物減らしの面では、今はDEQのDACを使っているので、仮にDEQをなくしたとしたら、別の、ある程度良いDACが要るので、あまりメリットはない。それどころか、新しい物を買うという点で言語道断だ。だから、この方式は、DEQが壊れた時だけ意味がある。

PS. JACKのスリープからの復帰で再生できなくなる問題は、Cadenceでも駄目だった。JACKのサーバとの通信ができなくなるようだ。いくら技術的におもしろくたって、こんなに出来が悪いのでは、使い物にならない。よくこれを「プロ用」と言えると思う。これで、完全に諦めることができた。(5/8 19:55)

  •   0
  •   0

オーディオアンプ(SAYA SP192AB)はPCの上に載せていたのだが、常々、ちょっと邪魔に感じていた。小さいから場所は取らないのだが、収まりが悪いというのだろうか。アンプがあるとPCの上にティシューがうまく置けなくて、アンプの上に載せると不安定になるのが一番嫌だった。あと、PCの上を這うケーブルも邪魔に感じていた。

それで、昔見た、PCの5インチベイに入るアンプ(例: 鎌ベイアンプ; 当時は「アンプをベイに入れる意味なんてないし、雑音が入るよ」と思っていた)にインスパイアされてしまったw 僕のアンプも高さがベイと同じくらい(3.5cmくらい → 1.5インチの規格でもあるのだろうか?)なので、頭の中では、ベイに入れられそうな気がして来たのだ。

それで、いつもは思うだけで実行しなかったのだが、今朝は暇だったのと、なぜかやる気が出たので、2.5インチデバイス用アダプタと高さを比べたり、ベイの高さと比べてみた。すると、ギリギリ入るような雰囲気だった。

それで、実行してみた。2.5インチデバイス用アダプタにアンプを載せたのだが、普通に載せると微妙に高さが合わず、ベイ1個には収まらなかったので、2ベイを使うことにした。更に、アダプタの取り付け方を工夫した(ベイを1段上にし、取り付けレールの取り付け位置を下にずらした)ところ、信じられないくらい丁度いい高さになった。なお、アダプタの底面に薄型CDケースの上半分を付けて穴を塞いで上下逆にケースに取り付け、その上にアンプを載せた。

ただ、それでも問題はあり、空きベイのカバーの高さが微妙に高くて(縁の部分が余計)前面パネルが閉まらなかった。仕方ないので、見栄えは悪いが、カバーも2個外すことにして作業を進めた。ケーブルは、後ろのカードスロットの最下部の蓋を外して入れ、PC内を通してアンプに繫いだ。一応、雑音が少なくなるように、基板やCPUからは離した。

それでひとまず完成と思いきや、2個目(アンプ下側)の空きベイのカバーを付けてみたら、なぜか付いたので、見栄えが向上し、本当にひとまず完成となった。

アンプ下側のカバーが付いた理由は、おそらく、アンプを少し(5mmくらい)奥に置いたからだろう。そのため、アンプは「ツライチ」にはなっていない。カバーを削ればいいが、不器用なので、綺麗にできる可能性はかなり低い。まあ、「今後の課題」だ。他に、(暗くて目立たないが、)アンプの左右に隙間があるのを何とかしたい。見栄え以外に埃が入る問題がある。あと、アンプの色が黒で、PCと合ってないのもちょっと気になる。余ったカバーを加工してアンプ前面のカバーを作れば、横の隙間も一緒に解消するが、かなり難しい(その加工をするくらいなら、3Dプリンタを一式揃えて作った方が楽だw) そういうところが、「ひとまず」とした理由だ。

完成後、音を出してみたが、もちろん、ちゃんと出たし、雑音はなかった(実際には増えているのだろうが、レベルがかなり低いか、数MHz以上の高周波だから聞こえないのだろう)。

ただ、なぜかというか、心配が当たって、HDD(新HGST)の温度が1℃上がって35℃になった。アンプ左右の隙間のせいかと思ったのだが、ファンはHDDの直前にあるから、論理的に考えると隙間は関係なさそうなので、昼になって室温が上がったせいかも知れない。まあ、40℃近いわけではないから、大きな問題ではないので、少し様子を見たい(と思っていたら、今は更に1℃に上がっている。室温も1℃近く上がったので、そのせいか?)。

これを書いていて、ふと、「グライコ(DEQ2496)もPCのベイに入ったらいい(おもしろい)なあ」と思った。もちろん、今の物はサイズ的に全く無理だが、新製品としてであれば充分可能だろうし、出たら欲しくなりそうだ。

というか、「グライコをソフトで実現すればいいんじゃない?」って気もしてきたが、できない理由はあっただろうか? もちろん、プレーヤーかOSがDEQ2496と同等の高精度なグライコを実現している必要があるし、DAC(今はグライコ内蔵のを使用している)をどうするかという問題はある。DACはできれば光で繋ぎたいし、PCとは別にしたい気はする。が、まあ、それも今は大きなこだわりではない。

そもそも、DEQ2496は単独で特性の調整ができるから買ったのだが、その後、自動調整では不十分になったので、今は最初の荒い調整以外は手で調整している。だから、グライコがDEQ2496である必要はなかったのだ。固定観念にとらわれていたと言えるし、そこから抜け出せそうな気もする。

最初は、思い付きで始めた「(結局無駄に終わる可能性の高い)余計な暇つぶし」だったのだが、なんか、おもしろい展開になって来た。

 

(5/6 2:08追記) などと思いながら、モーツァルトのピアノソナタを聴いてくつろいでいたら、突然デロリアンが現れて、中からドクが出て来て、「大変だ!」とか言って車に乗せられ、画面に

To be continued...

と出た。

なんてことは残念ながら全然なく、naokiさんへのコメントを書いていたら、隙間の塞ぎ方のアイデアがひらめいたので、深夜ではあったけど早速試してみたら、位置の調整に苦労したけど何とかできて、結構綺麗にできた。ツライチにはできなかったけれど、ちょっと見ただけでは隙間はほとんど分からなくなった。これなら、埃は余り入らなそうだ。あり合わせの物を使ったのだが、色も、ちょっと見ただけでは、うまく合って見える。

さすがに疲れたので、詳細は寝てから書く。

(5/7 5:02追記) 思い付いたのは以下だった。

  • 隙間を塞ぐのが難しいのは、アンプがBDドライブの下にあって、上段にベイのカバーがないので、パネルにテープなどを貼れないため。
  • それなら、アンプを一段下に置いて、上段にベイのカバーを付ければいい。

実際に試すとアンプの位置が合わないので、2.5インチのアダプタに載せるは止めて、CDケースを重ねて調整した。ベイの中央からアンプが出るように、いろいろな物を使って位置を上下・前後に微調整した。アンプとパネルの隙間は2mm程度だ。また、写真では見えないが、アンプの上部も2mm程度空いている。ボリュームの大きなつまみを外さずにパネルを開閉できるようにするために、空けざるを得なかった。

アンプ左右は、厚紙(菓子箱?)を両面テープで貼って塞いだ。いつか剥がれそうなのが、ちょっと気になる。

  • 株式会社サイズ

    株式会社サイズ

    PC自作・冷却機器の専門メーカー。ハイコストパフォーマンスなCPUクーラーやケースファンをラインナッ…

  •   0
  •   0

昨日だったか、ちょっと変わった音楽の聴き方を見つけた。

僕は、大抵は、以下のいずれかの聴き方をしている。

  • 聴きたいアルバム(似たようなカテゴリのもの)を何枚か連続して
  • 全ポップスをシャフルして
  • 聴きたいアーティスト(ポップス)のアルバムを発表年順に延々と
  • 聴きたい作曲者(クラシック)の特定のカテゴリの曲(例: ピアノ協奏曲)のアルバムを延々と

ところが、昨日、音楽プレーヤープログラム(gmusicbrowser)のウインドウを見たら、ポップスの全アルバムが、アーティストが入り混じって発表年順に表示されているのに気付いた。そういう設定にしているのだから当たり前なのだが、いつもはポップスを選んだら、すぐに聴きたいアーティストを選択するので、そういう表示を見るのは新鮮だった。そして、1980年前後を見ると、実に興味深かった。

意外なアルバムが同じ頃出ていたことに気付いたり、リアルタイムで買ったアルバム(もちろん、CDは後で買った)と、後で(社会人になってから初めて)買ったアルバムが混じっているのを見ると妙に感慨深い。そして、個人的に「最高の年」と思っている1979年を見ると、本当にすごいアルバムばかりで感激する。今、モザイクモードという表示を見つけたので、それで1979年頃のを載せてみる。

1979年のアルバムたち

1979年のアルバムは、最上段右から3番目の"Back to the egg"から始まっている。以下、大好きなアルバムやヒットしたアルバムが何枚もある: "Candy-O", "Discovery", "Dream police", "Get the Knack", "Head games", "London calling", "The long run", "Reggatta de Blanc", "The wall"などなど。図には載っていないが、1979年の最後は、あの"Solid state survivor"だ。こんなに何枚もすごいアルバムが出た年って、他にあるだろうかと思う(まあ、僕の好みにうまくマッチしただけのことなのだろうけど)。

余談だが、この頃は、John Lennonは「主夫業」をしていて、半ば引退していると考えていて、当時はビートルズの中では一番好きだったけど、何も期待していなかった。それが、次の年におもむろに新作を出してすぐに(僕がそのレコードを受け取る前に)死んでしまうことなど全然分からなかったかと思うと、不思議な感じがする(もちろん、分かる訳などないが)。

それから、市販のアルバムに混じって、自作のカセットのジャケットがあるのもおもしろい。中学生の頃、FMを録音したりレコードをダビングしたりして、盛んに作っていたのを思い出す。ただ、その「マイブーム」も、どうしてか、この年をピークに終焉を迎えた感じだ。おそらく、高校に入って、音楽の好みが合う人が余り居なかったとか、勉強が忙しかったとか、別の趣味を始めたからなどではないか。

それで、今日の午前中辺りまでは、聴きたい年のポップスのアルバムを延々と聴いていた。1979, 1980, ..., 1985年などと。そして、こういう聴き方は、PCならではだと思う。CDやレコードだと、メディアを探して取り替えるのが面倒で途中で嫌になりそうだし、携帯音楽プレーヤーでもできるだろうけど、操作が煩雑そうだ。

PS. 上に書いた、「意外なアルバムが同じ頃出ていたことに気付いた」で特におもしろかったのは、1984年だった。

玉石混交というのか、The cars, Toto, Queenといった大御所の中に原田知世が居るのだ。あと、当時、Queenは聴いていなかった(中学の頃は聴いていた)ので、好きで良く聴いていた"Heartbeat cityや"Isolation"と、"The works"が同じ年に出ていたというのは意外だった。完全に興味がシフトしていたことが分かる。

  •   0
  •   0

近頃、Dropbox Paper (以下、Paper)に対するイライラが溜まっているのだが、今日は朝からトラブル続きでブチ切れた。

トラブルというのは、iPhoneアプリ(時々ブラウザも)の同期が終わらないのだ。それで、いざメモしようとしても、どうにかして同期を終わらせることに気を取られてしまって、大変煩雑なのだ。しかも、それは大抵数分程度では終わらない。その間は、メモアプリとかエディタに書くしかない。さっきなんて、全然同期が終わらないので、新しく書いた箇所を自分にメールで送ったほどだ。もう、アホかバカかと!

メモしたい時にできないメモサービスなんて、無用の長物だ。

ちょっと考えるだけで、Paperには以下のような欠点がある。今まで「Evernoteよりはマシ」と思って我慢して来たが、もう限界だ。

  • 同期エラーや、同期に長時間掛かることが頻発する。(iPhone, ブラウザ)
  • 画像がペーストできないことが多い(なぜかドロップは可)。
  • テキストのフォーマットが貧弱。例: 2階層目以降の番号リストの先頭が数字にならず、アルファベットになる。
  • 同期が遅い。バックグラウンド更新をonにしていても、開くと全然同期してない。そして、同期エラー。(iPhone)
  • ":"で顔文字一覧が出たり、"(ダブルクォート)が勝手に”など(しかも、方向がいい加減)変わるなど、結構余計なことをする。しかもそれが解除できない。(ブラウザ)
  • エクスポートした時のファイル名が日本語非対応なので、タイトルに英語を入れないと、ファイル名が重複して面倒なことになる。
  • コピーしたテキスト(HTML)に、余計な属性("author=…")が入る。→ ブログにそのままペーストするとセキュリティ的な不安があるので、いつも神経を遣う。
  • コピーしたテキストをNixNote2にペーストすると同期エラーになることが多い。画像が駄目な感じ(問題ないこともある?)。 (ブラウザ)
    • プレインテキストとしてペーストすれば問題は起こらないが、画像はペーストできない。
    • 画像を削除するとエラーは出なくなる。
    • 画像はPaperへのリンクなので、いずれにしても、そのままペーストできない。
  • やっぱり、ブラウザは使いにくい。(特に、Vivaldiの日本語変換モードの遅れにイライラする)

それから、正式サービスになったのに、未だにスマフォ用アプリのしかない(Linuxはともかく、Windows用すらない)っていうのは、会社のやる気のなさや馬鹿さ加減が窺い知れるというものだ。去年、せっかくEvernoteがヘマをしたのに、それを利用することに完全に失敗していて、本当にウスノロな会社だと思う。

調べたら、まだPaperのノートはそれほど多くない(Everenoteから移行したものを含めて75個)ので、戻るのはそれほど大変ではない。それで、今朝から移行方法を検討している。とにかく、Paperは止めたい! いくらうざくても、今となってはEvernoteの方がまともだ。

そして、以前試した時は使い物にならなかった、Linux用Evernote互換ソフトNixNote2が改善されたので、ブラウザでなくネイティブのアプリが使えるから楽だ。NixNote2は、会社ではほとんど問題なく使えている。NixNote2なら、クライアント数の制限にも引っ掛からないないかも知れない。仮に引っ掛かっても、今はお金を払うつもりはある。

とにかく、今夜でも明日でも、即座に移行したい気持ちだ。

 

(2017/5/3 6:23追記) PaperからEvernote(NixNote2)へノートを移行する方法をいくつか試したので、結果を書く。

  • Linuxで
    • ブラウザ(Vivaldi)でコピー → NixNote2にペースト : 画像が含まれているとNixNote2で同期の時にエラーになる。余計な属性(author)が付く。
    • PaperをエクスポートしたwordファイルをLibreOfficeで開いてコピー → NixNote2にペースト : 画像が埋め込みになるが、同期で別のエラーになる。
    • ブラウザ(Vivaldi)のPaperでコピー →ブラウザ(Vivaldi)のEvernoteにペースト : 画像もうまく行くが、NixNote2では日本語が化ける。 → WindowsのEvernoteでフォントをメイリオに直すと文字化けは直るが、同期エラーになる。
    • Evernoteでエクスポートしたファイル(enex)をNixNote2でインポート : NixNote2で同期エラーになる。
  • Windowsで
    • エクスポートしたwordファイルをLibreOfficeで開いてコピー → Evernoteアプリにペースト : 結構まともに入る。フォーマットはWordより良い。大きなノートではLibreOfficeが落ちるか、ペーストできない。→ LibreOfficeのメモリを増やすと直るが、NixNote2で同期の時にエラーになる。
  • iPhoneで
    • Paperアプリでコピー → Evernoteアプリにペースト : フォーマットがイマイチ(背景色が指定される箇所がある。リストの間隔が広い。横線が消える。)。画像はOK。手間が掛かる。時々Evernoteアプリがハングする。

NixNote2の文法チェックが厳しいのか柔軟性が欠けているのか、ほとんどの方法ではNixNote2での同期時にエラーが起こり、意外にもiPhoneのPaperアプリからEvernoteアプリへコピー・ペーストする方法が一番うまく行くので、それでノートを移行している。

さっき、Evernoteへの(再)移行が終わった。途中でEvernoteのアップロード量の制限になったので、「プラス」(1GB/月, 360円/月)に入った。来月以降も継続するかは要検討だ。さすがにiPhoneの電池が減った。こんなに仕事のように使うのは、珍しいことだ。 (5/3 8:38)

 

PS. 僕に会ったことのない方は、きっと、いつもブチ切れている、怖い人だと思われるかと思いますが、それで正しいです。一見、穏やかで人当たり良さそうに見えますが、全然そんなことないですw

  •   0
  •   1

毎年恒例の、オーディオ再生系(部屋も含む)の特性の確認。

去年Linuxに移行したので、今回はちょっとしたトラブルがあった。移行した時、それまで使っていた測定ソフトSpeaker WorkshopがWine(LinuxでWindowsのソフトを動かせる(かも知れないw)ソフト)で動くことを確認していたつもりだったのだが、実際には、音の再生がまともにできず(再生が短時間で終わってしまう)、測定できなかった。仮想環境(VirtualBox)のWindows 7で動かしても駄目だった。

それで、慌てて代替ソフトを探したら、ありがたいことに、すぐにいいものが見つかった。Room EQ Wizard (REW)というソフトだ。去年は結構探しても見つからなかった気がするのだが、今回は"Speaker Workshop alternative"で検索したのが良かったようだ。

REWはSpeaker Workshopの10倍はいい感じだ。使いやすいし、機能も豊富だし、安定している。

Room EQ Wizardの測定結果の画面

実は、今日はだるくてやる気がなかったので、ソフトを見付けて動くのが分かったら終わりにしようと思っていたのだが、余りにいい感じなので測定までしてしまった。

その結果、問題がない(前回から大きな変化がない)ことが分かった。以下に、グライコ(DEQ2496)で調整後のスピーカー出力(左右同時再生)の特性の測定結果を示す。

使用したソフトの違いにより、今回はスイープ信号で、前回と前々回はM系列の擬似雑音で特性を測定している。また、今回は1/12oct(オクターブ)の、前回と前々回は1/6octの平滑化をした。今回は、グラフが0dB付近になるように数十dB下げた。なお、前回との比較図は、グラフィックソフト(gimp2)で前回の縦横のスケールを調整して重ねて作成した。

なぜか、前回より若干特性が良くなった感じだ。具体的には、低域(40-60Hz)のレベルが4dB程度上がり、55Hzの谷もその分浅くなっている。比較図には載せなかったが、前々回に近い感じだ。マイクの位置の違いによるのか、部屋の条件が変わったのか分からないが、まあ、良い分には問題ない。

なお、今回は鋭い谷がいくつかある(150, 320Hz付近)が、平滑化の違いによるものではないか。それから、500-600Hzの谷はいつも深さが変動するので、余り気にしていない。

一行でまとめると、

60Hz〜20kHzで±5dB、40Hz〜20kHzでも-10,+5dB

と、なかなかいいと思う。逆に、低音や高音なんて、そんなにちゃんと出ているのかとさえ思う。余談だが、測定している時、測定が終わったと思って画面を見ると、実際には超高音(10kHz以上?)がまだ出ていて、もはやそんな音はかすかにも聴こえず、ハイレゾなんて全く不要なことを実感させられる。。。

なお、REWを使う時には、いくつかのコツがあるようだ。

  • デフォルトのサウンド(Preferences→Soundcard)設定では音が入出力できなかったので、試行錯誤したところ、出力も入力も"default [default]"にするとうまく行った。紛らわしいが、これはREWのデフォルト("Default Device")とは異なり、Linuxのデフォルトという意味なのだろう。
  • 最初はマイクからの入力ができなかったが、上記の設定や、マイクの接続端子(マイク/ライン)やPulseAudioのミキサーの設定(設定→プロファイル)を変えていたら、なぜかうまく行くようになった。

 

参考: システム構成(前回からの変更点のみ)

  • 周波数特性測定プログラム: Room EQ Wizard V5.18
  • OS: Linux Mint 18.1
  •   0
  •   0

池田直渡 「週刊モータージャーナル」: 「歴代ロードスターに乗って考える30年の変化」 (2017/5/1)を読んで、なるほどと思った。その部分を引用する(太字は僕):

マツダにはロードスターのための「ライトウェイトスポーツのパッケージ哲学」がある。

  • フロントミッドシップのFR方式
  • 軽量コンパクトなオープンボディ
  • 50:50の前後重量配分
  • 低ヨーイナーシャモーメント
  • アフォーダブル(手ごろな価格)

これは歴代すべてのモデルが守った掟(おきて)である。筆者は最初にこの5カ条を見たときに、無駄のないライトウエイトスポーツの定義に深く感銘を受けたが、今、振り返ると1つ足りない。それは「いかなる速度でも楽しいこと」だろう。

たびたび書いて来たが、僕がSWIFT Sportでゆっくり走っても楽しいと感じるのは、この「いかなる速度でも楽しい」ようにできているからなのだろう。手前味噌だが、本当にいい車だ。

ただ、彼の言う「接地感」と「軽快感」が相反するというのは、分からない。SWIFT Sportには両方備わっているように思うが、客観的にはどうなのだろうか。どちらかと言えば接地感なのだろうか。まあ、乗って楽しいので、どちらでもいいことだが。

彼の論には賛成なのだが、引用部前半のマツダの「哲学」には異論がある。まず、オープンボディは軽量化には反する。軽快感(実際には開放感)は出るだろうが、強度を出すために重くなるから、ライトウェイトスポーツだったらこだわるべきではないと思う。そこにこだわるのは、レジャーカーのカテゴリではないか。

そして、方式や仕様(軽量コンパクトとアフォーダブル以外全部)は、どうだっていいと思う。そういうのを「哲学」と呼ぶのはおかしい。目的と手段を取り違えていて、無駄なこだわりだ。車でもオーディオでもコンピューターでも同じなのだが、特定の方式や技術を組み合わせればいい物になるのではない。もし、それがあり得るのなら、現代はいいもの(実用的な面ではなく、感性的な話)がゴロゴロしているはずだ。そうではなくて、できあがった物(ここでは車)がいいもの(車なら、例えば「乗って楽しい」)になっていればいいと思うし、そこにこだわるべきだと思う。それが哲学であり、難しいことなのだが。

蛇足だが、いくら感性が重要とは言っても、鬼キャンとか仮想アース装置とか水素水みたいな、科学的でない不思議なものはお断りだ。それはまやかしだと思う。

  •   0
  •   0