Archive for 1月, 2019

e-Taxが、ICカードなし(ID・パスワード)でできるようになったというので、印刷して送る手間やお金が省けるのはありがたいから、そのID・パスワードをもらいにわざわざ税務署に行った。行かないともらえないってのがどうにも情けないが、仕方ないと思った。まだ確定申告の時期ではないし、月曜ではないから混んでないと思った。

のは間違いだったw 行ったら、税務署の手前からなぜか渋滞していて、ほとんどの車はその列を追い越して行っていた。僕もそうしたら、それは税務署の駐車場待ちの列だった。。。 11時前に着いたのだが、既に遅かったようだ。仕方ないので今日は諦めて、実家のある市まで40kmくらい、軽くドライブして来た。相変わらず、どこをどう走っているのか全く分からなかったが、車が快調でとても気持ち良かった。

ただ、次回、徒歩(遠いから結構辛い)やバス(直通便なんてない)などで行ったり、近くの別の駐車場に停めても、中も混んでいて待たされると思うので、行くだけ無駄だと思い、今年は諦めることにした。

あと、ドライブしながら、この手続きは他の管轄でもできるのか知りたかったが、まあ、どこでも混むのは一緒だろうから、調べて行くだけ無駄な気がした。かなりの田舎(村?)なら大丈夫だろうか? ただ、それにしたってガソリン代などが掛かる(それに、署員が少ないうえに、田舎だと話が面倒で時間が掛かる人が多そうだ)から、余り得策ではなさそうだ。 ← 調べたら、県内に税務署は8箇所しかないから、「かなりの田舎」にはないし、どこでも混んでそうだ。

大体、ID・パスワードをもらいに行かなくちゃいけない時点で終わってる。そんなの"e-"Taxじゃないよ。署の人も余計な仕事が増えて迷惑だろう。ネットで完結させろとは言わないから、郵便とか市役所とかでもできるようにすればいいのに。こっちは納税するつもりがあるから手続きしようとしているのに、門前払いではやる気が失せる。

内情を推察するに、お偉いさんは簡単にそうする・しろとは言ったけど、年内に本人確認とかID発行の仕組み(システムや処理の流れ。郵送だと「センター」を構築する必要がありそうだし、市役所に頼むなんてネゴできる訳がないw)を新たに作るのは時間もお金も無理なので、仕方なく人海戦術にした気がする(それなら、e-Taxのシステムとしては、ログイン経路を増やせばとりあえずはできそうだ)。まったく、「マイナンバーはどこに行ったの??」って話だ。みんな可哀想に・・・

それにしても残念だ。マイナンバーカードにはパスワードが入っているのだから、それで本人確認とかログインは充分できると思うのだが(パスワードはカードにしか入ってないのだろうか?)。日本を代表するお利口なIT企業の面々が作ったシステムは、そんなことすらできないようになっているのだろうか? 「ICカードの認証機能(とかカードに記録されたIDだかなんだか)を使わないと駄目だ!」とか言い張る頭の硬い連中が居るのかも知れないな。

  •   2
  •   0

先日のカレンダー・住所録サーバの移行先を探している時だったか、POLARというドキュメント管理ソフトが出て来て、その時は目的とは関係ないから無視したのだが、その後、自分のファイルを整理している時に、ディレクトリ名じゃなくてタグ(カテゴリ)などで分類できて、ファイルにコメントが付けられて、ディレクトリ名やファイル名だけじゃなくてタグやコメントで検索できたら便利かも知れないなと思った。

それで今日、検索してみたら、いくつかのソフトが見付かったのだが、どれもイマイチだった。なぜか、大規模指向(「エンタープライズ」)の物がほとんどで、その上、まともに動かない物が多かった。POLARは機能が少ないうえに、バグなのか、コメントが入力できなかった。JAVAを使っているもの(Openkm, LogicalDOC)は、純正(Oracle)のJDKでないと動かないからOpen JDKをアンインストールしろなんてアホみたいなことが書いてあって、そのせいかどうか分からないが、動かなかった。Open JDKをアンインストールするとひどい目に遭うのでしないから、基本的には使えない。時間を掛けて調べれば動くのかも知れないが、そんな気は起こらなかった。

他には、容易に動きはしたがプログラムを暗号化するプロテクトを掛けているセコいもの(FileRun)もあった。こういうのは、ある時突然有料になったり使えなくなったりするから、最初から却下だ。他には、無料版ではコメントが書けないものも(TagSpaces)あって、それではドキュメント管理の機能としては不十分で、使いたいと思う人は少なそうだから、余り販促にならない気がする(ロゴが妙に古臭いのも、そういう頭の固さを表しているのかも知れない)。

あとは、先日移行したカレンダー・住所録サーバの機能でもある程度のドキュメント管理ができる(それが本来の機能のようだ)ことに気付いて試したのだが、イマイチで使う気になれなかった。そもそも、そういう用途のソフトなのに、それが使いにくかったら立つ瀬がないのだが、僕はそれは使ってないからまあいいw

結局、使えるものは何もなかった。が、良く考えたら、本気で使うなら、ただ「ドキュメント管理ソフト」という名前の物を導入するだけでは駄目で、さまざまなファイル(例: Word, Excel, PDF, 画像, 音楽)に対応した、全文インデックス(正確には、インデックス型の全文検索)機能などがないと駄目なことに気付いた。ファイル名やコメントやタグだけでなくて、ファイルの中に含まれる文字列でも検索したいではないか。そういうことを考えると、まずは、仕様をちゃんと調べるべきだった。

それから、そもそも僕の個人のPCにはそんなに大量のドキュメントがある訳ではないから、使う意味がないのではないかと思った。確かに、目当てのファイルがなかなか見つからないことはあるが、探すこと自体が少ないし、チームではないので、自分の記憶やメモを探せば出て来ることが多いし、いざとなったら検索するスクリプトを作ることだってできるから、ドキュメント管理を効率化しても余り意味がなさそうなことに気付いた(逆に、通常時に各ファイルにタグやコメントを付けるのが面倒な気すらした)。という訳で、ドキュメント管理ソフトの導入は保留にした。

こういうことは、会社では良くあることで、偉い人がニュースとか「日経」などで見た流行りの技術を、部下に「*いいんじゃない。うちでも使ってみたらどうだ」とか言い出して、その部下や担当部門(例: 情シス)が慌てて探して入れるのだが、誰もそれがいいかどうか、その会社に合っているのか分からない。そもそも、本当にそれが必要なのかすら不明だ(多くは不要だろうw)。

結局、社員は「意味は分からないが、使わないと怒られるから使わされる」羽目になって、また一つ余計な仕事とストレスが増えるパターンだ。まあ、そうでないこともあるが、2/3はこうじゃないか。あとは、機能自体はまともでも、充分に試さずに決めたために、操作がとても面倒で、結局は効率化できないとか効率を落としてしまうパターンも多い(残り1/3のほとんどはそうじゃないか?)。

PS. かといって、世の中の新しいいいものに全く無頓着で、時代遅れなことをしていても平気な顔をしている(あるいは、時代遅れであることに気付かない)人は、救いようがない。

PS2. 寝ている間に(起きたら?)、広範なファイル形式について全文インデックスできると、タグとかコメントを付けなくても検索できるから、結構便利そうだなあと思ってしまった。更に、インクリメンタルサーチがあれば最高だ。エンタープライズ用だとできる気もする。が、有料になるのかも知れない。気が向いたら調べてみるかな。この時に問題になるのが、日本語対応だ。無償でまともに使えるものがあるかどうか・・・ (1/29 6:47)

  •   0
  •   0

さっき(16時頃)までは、「誕生日だからといって、別に何もすることもないよ」と思っていた(し、今は「展覧会の絵」(オリジナル版)の聴きたい演奏が溜まっているから、そっちを聴かなきゃと思っていた)のだが、やっぱり、彼のピアノ協奏曲が聴きたくなった。そうとなれば、ポリーニとベームのK. 488が最高(大好き)なのだが、もちろんそんな安直な道には走らずw、新しい演奏を求めてSpotifyを探した。

最初は(短調の曲が好きなのと、好きなピアノ協奏曲の最初なので、)第20番にした。詳しい途中経過は省くが、7人目(約25分後)にようやく聴き続けられる人に当たった。それまでは以下のような人たちのを試した。全部の演奏が気に入らなかった訳ではなく、フォルテピアノ(古楽器による演奏)は好きでないし、抜粋の演奏も避けたので多くなってしまった。

Malcolm Bilson (1999)、Christian Zacharias (1989)、Edwin Fischer (?)、Hai-Kyung Suh (2016)、Branka Musulin (2018)、John Gibbons (1987)

今、Lars Vogtの(2009)の第3楽章を聴いている。彼だって満足できる訳ではないが、悪くはない。ちなみに、彼の演奏は、2年前にゴルトベルクを、去年K. 488を試したことがある。

聴くと、楽章によって印象が変わって妙だ。

冒頭のオケはちょっと抑揚を付け過ぎな感じだったが、それ以外は、第2楽章までは薄味な感じだった(ただ、止めるほど嫌な感じではなく、音量を上げた程度だ)。ピアノも綺麗ではあるが、(彼の怖い顔には似合わず)音が細目だった。それが第3楽章になると、一気に味付けが濃くなった感じで、打楽器はちょっと大げさな感じだった(これは冒頭と同様のことか)。全体的には、音が良く、重厚さもあって良かったと思う。

最後に分かったのだが、これはライブだった。だから、演奏時の乗りとか演奏者の「温度」のようなもので微妙に印象が変わったのかも知れない。実際、僕が聴いたコンサートの多くは、序盤は余り乗りが良くなかった。

さて、これから、彼の同じアルバムのK. 488(第23番)を聴く。

これは結構いい。多分、以前の印象よりいいと思う。

冒頭のオケは綺麗で良かったし、第2楽章はオケもピアノもしっとりとしていて良かった。第1楽章のピアノは、悪くないが、わずかに滑らかでない感じがした(これは第3楽章でも少し感じるので、彼の弾き方なのかも知れない)のが惜しかった。今は第3楽章の前半だが、このまま問題なく行きそうだ。

ライブらしく、最後の最後にちょっと力んでしまった感じだが、全体的には乗れて良かった。

***

そして、やっぱり今日の締めはポリーニのK. 488 (1976)だ。どうしてか、彼の演奏を聴くとすごく落ち着くし、ほぼすべての音が「すっ」と入って来るから、安心して聴ける。僕にはこの曲は彼のでないといけない感じだ。確か、この曲を最初に聴いたのは彼のだったから、いわゆる「刷り込み」なのか、彼とベームがこの曲の良さを最大限に引き出しているのかは分からないが、僕には彼の演奏を超えるものがまだない。ただ、それでは(音楽の進歩とか発展がないことになって、)僕としては納得行かない(し、自分で自分が最高と思える演奏ができる訳もない)ので、いつもポリーニ以上の演奏を探しているのだ。

 

PS. ポリーニの前に試した、溜まっていた「展覧会の絵」(Dumont, Gavrylyuk, De Pledge, Economou)もVogtのゴルトベルクも全滅だった。我ながら厳しい。。。

  •   0
  •   0

先日、画像管理アプリをXnViewMPに変えた。digiKam5(以下、digiKam)は重い(起動が遅いことがある、メモリを食う(メモリリーク)、いろいろな処理(特にDB関係)が重い)のと、UIの使い勝手が微妙にイライラするうえに変更できないからだ。移行先のXnViewMPは、以前試した時に比べて大分良くなったので、移行しても問題ないと考えた。とはいえ、いくつか問題があったので対処したら(→ 投稿1, 投稿2)かなり良くなったのだが、digiKamとコメント・カテゴリの格納場所(タグ)に違いがあってちょっと不便なので、その対応をした。なかなか手間が掛かったので書く。

そもそもの問題は、digiKamとXnViewMPがコメントとカテゴリを格納・取得するタグが違うため、digiKamで付けたコメントやカテゴリがそのままではXnViewMPでは表示・書き込みできないことだ。それらの違いを以下に示す。なお、digiKamのタグは、それ以前にWindowsで使っていたACDSeeが使用する(ACDSeeで設定したか、digiKamに移行する時に設定したか)タグも含んでいる可能性が高い。

コメントのタグ

  • digiKam: UserComment, Notes, Caption-Abstract, Descriptionの全部またはいずれか
  • XnViewMP: Comment, Description(補助?)

カテゴリのタグ

  • digiKam: Keywords, Subject, Categories(階層化して格納)の全部またはいずれか
  • XnViewMP: Keywords, HierarchicalSubject(階層化して格納)

コメントについては、XnViewMPではIPTC/XMPの編集機能を使えばdigiKamと同様に書き込むことができるが、標準的な扱い(例: サムネイルの下に表示する、コメントの編集で表示・編集する)ができないので不便だ。カテゴリも、カテゴリを付けるペーンでは表示されるのだが、標準的な扱い(例: サムネイルの下に表示する)ができないので不便だ。おそらく、将来のXnViewMPではできるようになると期待する(が、いつになるかは分からない)。

digiKamは結構柔軟に使用するタグを設定できるのだが、XnViewMPはそうではないので、標準的な扱いをしようとしたら、XnViewMPが使うタグに値を入れる必要がある。そこで、digiKamのコメント・カテゴリをXnViewMPにコピーすることにした。まず、XnViewMPの機能でやろうとしたのだが、変更ができないタグが多くて無理だった。今にして思えばdigiKamでやればできたかも知れないが、そうはしなかった。というのは、既にXnViewMPに乗り換えた後だったので、「もう使いたくない」という気持ちが大きかったからだと思う(digiKamが重いのが大きな理由だ)。それに、以下に書くように、単純なコピーでは済まなかったので、digiKamでやったら手作業で間違いが多くなっただろうし、対象の画像の数が多くてかなりの時間が掛かっただろうから、使わなくて正解だったと思う。

作業の前にいろいろな画像のコメントを調べたら、digiKamの前に使っていたACDSeeのせいなのか、UserComment, Notes, Caption-Abstract, Descriptionの全部に入っている訳ではなく、どれか3つ(確か前の3者)とか1つだけ(Description)の場合があった(おそらく、DescriptionはACDSeeが付けたのではないか)。更に、元々のコメントに気付かずに(コメントがないと思って)XnViewMPでコメントを付けてしまった画像が数十枚あり、そういう画像は2つの異なるコメントが付いている状態になっていた(この移行作業をしようと思った大きな切っ掛けだ)。

そこで、以下のような処理をした(試行錯誤したので、最初から一気に分かった・した訳ではない)。

コメントの移行処理

  1. 画像にCommentがなかったら、
    • それにUserComment, Notes, Caption-Abstract, Descriptionのいずれか(digiKamのコメント)が付いていたら、最初に見付かったものをCommentにコピーする。
  2. 画像にComment(XnViewMPで付けたコメント)とdigiKamのコメントが両方付いていて、双方が異なっていたら、
    • 後者(digiKam)の後にセパレータを挟んで前者(XnViewMP)を追加(digiKamのコメントを先に付けたため)したものをCommentにする。
    • 以下に処理の例を示す(時間的順序とは逆だが、その画像の元々のCommentタグはXnViewMPのものだったので、そのようなセパレータにした)。
      • digiKamのコメント
      • --- Orig. Comment ---
      • XnViewMPのコメント

カテゴリの移行処理

  1. 画像にKeywordsがなかったら、
    • Subjectが付いていたら、Keywordsにコピーする。

カテゴリは、上記の処理以外にCategoriesに従ってHierarchicalSubjectを設定しないと完全ではないのだが、書式の変換が要るから間違う可能性があるのと、数が多い(約1.5万個)ため諦めた(数が多くても時間を掛ければ処理できるが、クラウドバックアップの変更データ量が数十GBにも及ぶため、バックアップ時間が長くなるのとしばらく料金が増えるのが嫌だった。とは言え、1か月50セント未満でしかないが)。HierarchicalSubjectを設定しなくても、カテゴリ設定ペーンやマウスオーバーでは表示できるので、(画像の下に表示するのは諦めて、)それで代替することにした。

マウスオーバーでは表示できるけど画像の下に出せないのは、単純にXnViewMPの未実装な点なので、将来はできるようになりそうな気がする。

書いたあとで、ちょっと確認しようとしてexiftoolでCategoriesを出したら、"(none)"になってしまった。いろいろ試したら、exiftoolのオプションとして、普通に"-Categories"でなく、"-XMP:Categories"や"-All:Categories"のようにグループを指定しないと駄目なようだ。理由は不明だが、仮に階層化カテゴリのコピーもやったら、多くが"(none)"になって、とんでもない処理をするところだった。危ない危ない。。。

タグの操作には主にexiftoolを使った。基本的な処理はexiftool単体(コマンド1行)でできた(ただ、上述のように処理が複雑なためにコマンド文字列がかなり長くなったので、スクリプト中で一時的なスクリプトを作り、それでexiftoolを実行するようにした)※。なお、exiftoolはsymblic linkの実体(リンク先)を処理せず、通常のファイルに変更してしまうため、あらかじめ除外した(多くの場合には、-overwrite_original_in_placeを指定すれば問題ないと思う)。

※exiftoolの機能の豊富さには驚くし便利だとは思うが、進む方向がなんか違うと思う。

処理後に、exiftoolを使う別のスクリプトで、全画像に対して移行処理ができているかの確認をした。こちらは、上記処理に不足や問題がないかの確認もしたかったので、exiftoolでタグの値を取り出して判定する別のスクリプトで行った。

※今回作ったスクリプトやexiftoolのコマンド文字列は有用ではあるが、機能が特殊なうえに、そもそもユーザー(使いたいであろう人)がほとんど居なさそうなので、例によって公開はしない。要る方がいらっしゃいましたら、お知らせ下さい。

 

PS. それにしても、なぜ同じ意味を格納するタグがこんなにあるのかと思う。ACDSeeも合わせて調べたら、以下のよう仕様になっているようだ。

コメント

  • ACDSee: Description ← digiKamへの移行時にexiftoolで書き込んだ。
  • digiKam: UserComment, Notes, Caption-Abstract, Description, ImageDescription(文字化け): ImageDescription以外は、どれかあれば使われるようだ。
  • XnViewMP: Comment, Description: Comment以外は表示できない局面がある。

カテゴリ

  • ACDSee: Categories(階層化) ← digiKamへの移行時にexiftoolで書き込んだ。
  • digiKam: Keywords, Subject, TagsList, Categories(階層化), CatalogSets(階層化)など: どれかあれば使われるようだ。
  • XnViewMP: Keywords, Subject, HierarchicalSubject(階層化): Keywords以外は表示できない局面があり、HierarchicalSubjectがないと階層が保存されない。

ACDSeeは「マイルール」でやっており(実際にはexiftoolで書き込んだのでタグは関係ないが、exiftoolを使わなくてはいけないほど、汎用性がなかった)、digiKamは節操がない感じ(設定可能なので、実際には互換性を広げるための機能だ)で、XnViewMPはちょっとズレているうえに一貫性や柔軟性がない。こういうのは不便なので、アプリごとにタグをバラバラにせずに統一して欲しい。

まあ、それでも、EXIFでタグの記録フォーマットが統一されているので、exiftoolのようなツールを使えばいくらでも変換できるから助かる。これがもし、独自フォーマットのDBだったら、どうにもならない(コメントなどを移行できない → 打ち込み直し?)事態に陥ることになる。実際、ACDSeeは基本はDBだが、各ファイルのタグに書き込むことも可能で(これがあって助かった)、digiKamに移る時に全部に書き込んだ覚えがある。 ← すっかり忘れていたが、実際にはexiftoolで書き込んでいた

  •   0
  •   0

昨夜、母と食事をしながら話をしていて驚かされたことがある。実家の辺りは(中途半端な)田舎なのだが、母の友人(2-3人)とその家族の関係が予想以上に希薄、あるいは、異常なのだ。

例えば、母の友人の家の奥さんは、外出する時に姑(母の友人)に何も言わずに出て行くそうだ。本当に何も言わないので、気付くと居らず、どこに行ったのかも分からないそうだ。逆に、その姑は体調が悪くても友人(僕の母など)には相談するが、なぜか家族(息子や奥さん)には余り言わず、なるべく頼ろうとしないようだ。それで、仲間の中で唯一車を運転できる母が病院に乗せて行くとのこと。

車の件は、母は病院以外でもいつもみんなを乗せているので、お人良し過ぎて馬鹿みたいだし、タクシー代わりに使う方もおかしいと思うが、僕がおかしいと言っても母は例によって「そうだね」で終わるので、どうしようもない。そして、昨夜乗せてもらったら結構運転が危なっかしかった(よく煽られないものだと思った。高齢者マークを付けているおかげかも知れない)ので、新たな不安材料だ。

この話を聞いて、僕の実家も似たようなものだったことを思い出した。家では祖父と父が顔を合わせるたびに喧嘩しており、それだから、双方が何かするにしてもまともな相談などすることなどなく(相談どころか、普通の会話なんてなかった)、挨拶だってしていなかったし、食事だって祖父母とこっちは別々にしていた。さすがに、怪我とか病気の時は、母などが病院に連れて行っていたから、そこだけはマシだったようだ。そんなことなら実家に戻って来なければ良かったのにと思うが、昔の慣習にならったのか、戻って来てしまったようだ。

同じ家に住んでいながら、いい歳した大人がごく当たり前の連絡もせず、調子が悪くても言わないというのは信じ難いことだ。それで家族と言えるのか? 一緒に住む意味があるのか? 母の周りの数人(一人ではない)のことだから一般化はできないけれど、田舎の普通の家庭は街より親密な関係なのだろうと思っていたが、必ずしもそうではないのかも知れない。なぜそうなるのだろうか。

今想像したのは、相手(しかも、姑などは親ではない他人だ)との距離が近過ぎるために、お互いに嫌になっているのではないかということだ。田舎なので、外に出ることが少なく、家に居れば、姑と奥さんはいつも顔を合わせざるを得ず、好き勝手なこともできないから、イライラしたり顔を見るのもうんざりだという気分になるのかも知れない。そして、これも想像でしかないが、こういうところは、街の方がまだましな気がする(そもそも、一緒に暮らしている家が少ないという話はあるが、割合では言えそうだ)。

街の人だって、確かにうんざりはしているだろうが、少なくとも、出掛けるとか帰ったとかの当たり前の連絡はするだろうし、調子が悪かったらまずは家族に言うだろう。田舎の人が当たり前のことをしない原因は、田舎にばかり居た・居る人は、街の人より交際の範囲が狭かったり外部と接する機会が少ないから、社会的な常識が不足してしまうのではないかと想像する。

自分のことを思い出すと、確かにそうだ。僕が子どもの頃の交際範囲はすごく狭かったので、大学に行ったり勤めてから、たびたび世の中の常識が違うのに驚き苦しんだのを思い出した。今にして思えば、確かに自分に常識がなかった(要は、田舎者だったってことだ)。恥ずかしいくらいだ。けれど、当時はそれすら分からず、自分が普通だと思い、さまざまな問題がなぜ起こるのか分からなかった。。。

おもしろいのは、当時だってTVやラジオで都会の情報は入って来たけれど、それでは全然足りなかったことだ。なぜそうなのかは分からないが、そういうのは別の世界と思い込んでいたのか、社会常識に繋がる、人対人の関係は、TVなどからは伝わって来ないということなのではないか。だから、現代の田舎の人も、数十年前の僕と同じことなのかも知れない。まあ、聞いてみないと分からないが。もちろん、何のメリットもないから聞く気なんてないがw

(最後はちょっと飛躍するが、)だから、田舎は決して「いい人ばっかり」とか「暖かい」なんてことはなく、住みやすいところでもない(でも、のどかなのは確かだ)。あこがれとか想像で移住すると大変なことになる。これは昨夜のことだけで導いた訳ではなく、僕が実際に(すごく貴重な)小中高の12年前後暮らして実感したことだ。その結果、僕は逃亡した。近年、血迷って戻ったが、やっぱり逃亡して今に至る。

僕の経験から言えば、都会に疲れたなら、真の田舎じゃなくて、地方都市がいいと思う。

  •   1
  •   0

以前からやっている、PHPを最新版に更新する件。デスクトップPCは問題なくできたのだが、サーバが結構面倒なことになった。

PHP自体は、PPAを使えば比較的容易に更新できるのだが、PHPを使っているソフトの互換性も確認する必要がある。それで、仕様などを調べて、大体は問題なさそうだったのだが、一つ、カレンダーや住所録の共有・同期に使っているサーバソフトBが怪しいことが分かった。検索すると、少し前のPHPのバージョンからいろいろな問題が出ていたようだし、そもそも開発が終わってしまっていて、ずっと更新されていなかった。それでも使い続けたい人がパッチを出しては居るのだが、さすがにもう「騙し騙し」でも使えない、誤魔化しが効かない状態になった。

仕方ないので、別のサーバソフトを調べていくつか試したのだが、なかなかいいものがなかった。以前使っていたOなら実績があるのだが、どうも下火なようだし、その分家(クーデター版?)Nはあるが、O同様にインストールや保守がちょっと面倒そうなので、もうちょっと楽なのを探したのだが、やっぱりない感じだ。インストールがやけに面倒だったり、インストールしてもうまく動かなかったりするものばかりだった。

仕方ないのでNを使うことにした。やっぱりいろいろ面倒だったが(この中で、前に書いたSnapの問題が発覚した)、デスクトップPCでうまく動くようになったので、今朝からサーバに入れて実際に使って試している。ところが、スマフォ(Android)側同期アプリCとの相性が今ひとつで、スケジュールがうまく同期できないことが多い。確かにそのアプリは、以前から最初はうまく同期できないのだが、時間が経つとなぜかできるようになっていた。これももう駄目と考えて、別のを探すことにした。

同期アプリもなかなかいいものがなく、以前試して止めたソフトの後継のDしかまともに動かなかった。これは同期はちゃんとできるからいいのだが、なぜか、スマフォのアラームを停めても1分後に再度出ることがあるのが嫌だ。どうも、PC側でもアラームを停める場合、停める順序やタイミングが関係しているようだ。気に入らないのだが、ないものは仕方ないので我慢することにした。

影響の連鎖

サーバ [PHP → カレンダー・住所録サーバ*] → スマフォ [カレンダー・住所録同期アプリ*]

※PHPの更新のために、*を取っ替え引っ替えする羽目に。

ただ、どうにも諦められないので、また元のCを試したい気もしている。理由は分からないが、気長に一晩くらい置くといいのかも知れない。

(1/25 6:24) なんとか、アプリCで同期出来るようになった感じだ。どうも、最初は予定(データ)の量が多くて全部同期できていなかったようなので(バッファサイズに制限があるのか、1回の転送量や処理量を制限しているのかと推測した)、1度に同期する期間を短くし(例: 過去は1週間、先は4週間)、短い間隔(10分など)で同期するようにして30分くらい待ったら、遠い過去・将来はいざ知らず、直近の予定は全部同期できた(その後、設定を普通に戻した)。これで様子を見てみたい。

 

最後にちょっと意見を書くと、世の中に良くある、古いソフトが更新・刷新できないというのは、こういう風に、そのソフトが使っているソフト(多くはプログラミング言語、あるいはOS)のバージョン間の互換性のなさが原因になっていることが多い。ソフトを作った人が居なくなり、仕様書・設計書などがなかったりすると、動くかどうかも、どう確認すればいいかも、どうやって直していいかも分からない。もちろん、お金(作業時間)だってない。

だから、「動いているからそのままにしよう」という気持ちは分かるが、重要な用途で、サポートが終わったものを使い続けるのは無責任だ。例えば、過去のバージョンに不具合があって、それが原因で間違った結果になることがあるからだ(でも、その不具合も含めて仕様として作っている場合もあるので、話は単純ではない)。一方、作る方にも責任はあって、バージョンを上げる時に、従来のプログラムが可能な限りそのまま使える(動く)ようにするべきなのだ。

個人的な印象だが、PHPは随分いい方だが、Pythonのように、2つのバージョン(2.*と3.*)がずっと混在して使われている(Ubuntuですらそうだ)のは、(僕は何が違うかは知らないが)余りにも醜悪だと思う。実際、Pythonのプログラムで、「これは(2と3の)どっちで動かすのか?」と疑問に思うけど分からないので、両方試さざるを得ないことが結構ある(両方とも別の原因で動かないことも多い)。そして、Ubuntuのように重要なところでPythonを使っている場合は、片方を削除するとシステムがまともに動かなくなってしまうことすらある。時間もストレージも無駄だ。まったく、「何考えて作ったの?」と言いたい。まあ、「使う方はちゃんと更新しろよ。こっちはお前らのために良くしてるんだからさあ」って論理だろうが、使う方は作る側と違って、その言語を使うこと自体が仕事ではないので、それは全然通らない。

 

※個人情報を扱うサーバに関することで、興味本意で攻撃される可能性を減らしたいので、具体的なプロトコルやソフトの名前などは記載していません。読んでも余り役に立たないかも知れませんが、僕のメモとか、問題の原因の推測・対処の例としたいと思います。

  •   0
  •   0

あるソフトをインストールしようとして調べたら、通常の手順でするもの以外にSnap版(必要なものが全部まとまっているパッケージ)もあった。そのソフトはいくつかの別なソフトを使うため、インストールと設定がなかなか面倒なので、Snapなら全部一括してインストールできて、ほとんど設定しなくて済むうえに更新も自動でされて便利なので、試してみたのだが、最終的には止めた。Snapのセンスの悪さ・将来性のなさを実感したからだ。

まず、Snap版アプリをいくつか使っている際の、Snapのものだけを抽出したマウント(OSへのファイルシステムの登録)状態を見て欲しい。

$ df | grep snap | sort
/dev/loop0 91648 91648 0 100% /snap/core/6034
/dev/loop1 91648 91648 0 100% /snap/core/6130
/dev/loop2 90368 90368 0 100% /snap/core/5897
/dev/loop3 177536 177536 0 100% /snap/spotify/26
/dev/loop4 177792 177792 0 100% /snap/spotify/28
/dev/loop5 55040 55040 0 100% /snap/core18/536
/dev/loop6 35456 35456 0 100% /snap/gtk-common-themes/818
/dev/loop7 173568 173568 0 100% /snap/gimp/94
/dev/loop8 178688 178688 0 100% /snap/spotify/30
/dev/loop9 173568 173568 0 100% /snap/gimp/101

Snapは、基本部分とアプリごとにそのパッケージのファイルを仮想的なファイルシステムとしてマウントするようなのだが、アプリをたった2つ(Spotifyとgimp)しか入れてないのに、10個もマウントされている。。。それぞれのソフトが更新されるたびに、これらは増えるようだ(ディレクトリの最後の数字が増えるようだ)。普通はアプリなんて山ほど入れるが、それが全部Snapになって、それぞれが何度も更新されたら、一体どうなるのだろうか。OSは問題なく動くだろうけど、人が見た時に状態が把握できなくなってしまうだろう。Snapのマウントポイントだけならいいけど、他のものが埋もれてしまって不便になるだろう(上とは反対に、Snapのものを除外して表示すればいいが、今まではいらなかったのに毎回指定すのは手間だ)。どうして、Snapのマウントポイントは1個だけ見えるように(あるいは見えないように)しようとしなかったのだろうか?

見た目だけならまだいいが、もっと深刻なのは、それぞれのSnapパッケージは、各々のアプリが自分に必要なモジュールを全部入れていることだ。仮にアプリ間で同じモジュールがあっても共有しないようなので(共有することにすると、依存性が生まれてSnapの目指すところに反するだろう)、同じライブラリが何個も格納され、同じソフト(例: HTTPサーバ, PHP)が複数動く事態になる*。そうすると、ディスクやメモリの使用量が無駄に増えるし※(Windowsと似たような事態ではないか)、CPUの負荷だって無駄に上がるだろう。

* 日常生活に例えれば、お米だけが欲しいのに、なぜか、専用の炊飯器や米びつまで一緒に買わされるようなものだ。当然、そんなの持っているのに、「持ってないかも・合わないかも知れないから」とか言って手持ちのを使わせてくれないのだ。

※ディスク使用量については、上の一覧(3列目がサイズ(KB))を見ても分かるように、各アプリの量は少なくない。Spotifyもgimpも170MBくらいのがバージョンごとに複数あるようだ(普通のパッケージなら共通のモジュールは共有されるから、全体としてはそんなに大きくならないはずだ)。いくらストレージが大きく安くなったとはいえ、アプリを入れるたび・更新のたびに浪費するなんて止めて欲しい。そして、ディスクを多く使うってことは、使用メモリだって増えるのだ。論外もいいところだ。

更に、重複したモジュールはバージョンや設定が少しずつ違うだろうから、間違いなく悪夢を生み出すだろう。確かに、手っ取り早く使い始められて楽なのだが、使っているうちに、同じモジュールを使っているはずのアプリの動作が微妙に違っていて(例えば、Snapと同様の目的のシステムのAppImage版アプリの日本語入力はそういうことがある)、困って検索して調整する羽目になるのだ。そうでなくても、何かあって設定を調整するにしても、普通の場所にはないから、いちいち調べるのが面倒だ。その設定ファイルも、同じ名前のモジュールであっても、それを含むアプリごとに別だから、それぞれを調整する羽目になって、面倒臭いとしか言いようがない。。。 要は、Linuxの良さをぶち壊しにして、Windowsへの道を進んでいるのだが、それでいいのか??

先のことを考えず無駄ばかりの(「腐った」)システムなんて、全く許容できない。だから、通常のパッケージがあるなら、多少面倒でもなるべくSnap版は使わないことにした。

それにしても、そもそも、Linuxに派生が多過ぎるからSnapのような「全部入り」パッケージができたのだが、それすらAppImageとかFlatpakなどのような別物ができてしまっていて、まとまりのなさには全くがっかりだ。本来、OSの派生を減らせばこんな無駄なものは要らないのに、なぜ、そこに目をつぶるのだろうか。

Linuxにもクソなところはある(でも、クソなのは物じゃなくて人だ※)。

※クソなのは人だけど、クソな考えややり方で作られた物は、やっぱりクソになってしまう。結果は作者の属性には無関係と思うが、当然ながら、作者の考えには大きく影響される。

  •   0
  •   1

迷惑メールが来た時、なぜか、"unsolicited"という単語が頭に浮かぶ。これの読み方すら分からないのだがw 大昔、ネットニュースか何かで目にしたのが記憶に残っているのだろう。

近頃、それにぴったりの、まさにunsolicitedなクソメールが来たので、紹介したい。これは何というか、海外からのお馬鹿メールと違って本当にunsolicitedで頭に来たので、書くことにした。

先週、eleven-tenthsの飯塚とかいう奴(どうせロボットだろう)から、「アーティクル記事の掲載について - スポンサーシップのお願い - blog.piulento.net」という題のメールが来た。もう、この題だけで大笑いなので、放置した。だって、「アーティクル記事」って何ですか? こいつは自分で使っている「article」の意味も分からないのか? 全部日本語にしたら、「記事記事」だぜ。そんな能なしにどんなに金を積まれたって、クソ提灯記事を載せるのはまっぴらだ! そもそも、ここに広告だの他人の記事を載せるつもりは全くない。まず、そういうことを確認してから出せ。

放置して忘れていたら、昨日、そのアホがのこのことまた出して来た。「確認メール アーティクル記事の掲載について - blog.piulento.net」(最初の空白は全角)だと。勝手に出して来たメールへの返事を催促するとは、これぞまさにunsolicited mailだ。ムカつく。

こんにちは。

大変お世話になっております。
お忙しいところ恐れ入りますが、blog.piulento.netさまのウェブサイト上に記事を掲載させて頂く私からの提案を考慮されて頂いておりますでしょうか?
blog.piulento.netさまにご協力頂けると大変光栄に存じます。

何卒よろしくお願い申し上げます。

飯塚

飯塚の世話なんてしてないよ! お前の提案なんて誰が考慮するか。アホ。少しでも脳味噌があったら、返事のない意味を理解しろって感じだ(まあ、これもロボットなんだろう)。

それだけでなく、鬱陶しいので、これに書いてあったメール不要の返信("UNSUBSCRIBE")を出したら(やっぱり、出したのは馬鹿だった)、今日、株式会社もしもの松本 法子(空白は全角w これもロボットだろうから、そのまま載せる)とかいうのから「報酬アップAmazon Music Unlimited 500円→1200円、広告掲載のご相談」というのが来た。以下、見せしめのため、全文掲載する(ただし、真に受けて登録する被害者を生まないように、登録用URLは削除した)。

突然のご連絡恐れ入ります。
もしもアフィリエイトの松本法子と申します。

弊社はもしもアフィリエイトというASPを運営しております。
今回、【Amazon Music Unlimited】の報酬アップキャンペーンのお知らせをさせて頂きたく、連絡致しました。

【通常報酬の500円が1200円】に報酬アップしております。
期間は2019年5月8日までです。

Amazon Music Unlimitedは、4000万曲以上が効き放題の音楽サービスです。
Prime会員なら月額780円と、競合他社は900円代が多い為他社と比べても紹介しやすいと思います。

詳細は以下をご覧ください。(ログイン後ページ)
(URLは削除)

もしもアフィリエイトの登録は以下URLからできます。
(URLは削除)

また、弊社は振り込み手数料無料、報酬も弊社から10%上乗せしてお支払いしています。
(報酬が10000円の場合、11000円のお振込みになります。)

是非、この機会に記事作成いただき、貴サイトの成果向上にお役立てください。
またご不明点がございましたらご連絡いただければ幸いです。

何卒、宜しくお願いいたします。

-------------------------------------------
株式会社もしも
松本 法子

〒140-0002
東京都品川区東品川2丁目2-24
天王洲セントラルタワー12階
MAIL: n.matsumoto@moshimo.co.jp
URL: http://www.moshimo.co.jp/

-------------------------------------------

へえ、Amazon Music Unlimitedは、4000万曲以上が効き放題(ママ)の音楽サービスなんですか、すごいねー。どんな症状に効くのかな? そのうえ、Prime会員なら月額780円なんて安いねー(棒読み)w 更に10%も上積みなんて、そんなに儲かるなら、自分でやればいいじゃん! (どこの金利よりもいいから、マジでやればいいのに) ところで、ASPってなんだっけ?w

もしも、もしもが少しはまともなんだとしてもw、少しはサイトを読んでから出せよ。何も読まずに出して来るなんて全くの手抜きだ。それだけでunsolicitedの極みだし、何万通出しても効果なんて出ないだろう。

見事にUNSUBSCRIBEの罠に引っ掛かった感じだが、これからも来るならアドレスを変えるから別に問題ない(その点は、Googleには大変お世話になっている)。

知らねーよ! eleven-tenthsだの株式会社もしもなんて!

 

PS. 細かいことだけど、IT関係者のリテラシーを見る(というか、そもそもIT関係者かどうかを調べる)のに、全角空白・アルファベットとか半角カナは最初のフィルタにはとても良い。

  •   1
  •   0

さっき眼鏡を掃除して(鼻のパッドを固定する金具のところがひどく汚れていた)、その画像をPCに取り込もうとしたら、「通信エラー」※になった。なんとなく、以前もなった気がする。記憶はないが、画像の枚数が増えるとこうなる気がしたので、画像が余り入っていないであろう古いSDで試したら問題なかったので、SD内のファイルをPCに移動して減らすことにした。それは全く問題なくできて、無事に取り込めるようになった。ちなみに、前回の整理(移動)は2015年6月だったので、次は2022年の後半だろうか。それまでカメラは持つだろうか?

※書いた後で気付いたが、これ、メッセージが全然正しくないではないか! 「通信」とあるから、最初はUSBコネクタの接触とかPCがおかしくなったかと思ったよ。まあ、内部的には、PCと通信(画像転送)する時は、転送の下請けに丸投げして、その中でファイル一覧を作る処理があって、そこで失敗したから「駄目でした」と返されるが、頼んだ人は「何か分かんないけど、失敗しやがったか。原因を調べるのも面倒だから、適当にエラーを出しておけば、こいつ(僕)は諦めるだろう」とか思って出しているのだろう。まあ仕方ないが、ちょっとムカつくw

使用量やファイル数や前回移動したファイルなどを調べたら、SDの使用量が8GBくらい(またはファイル数が3000個くらい)になると、この問題が起こるようだ。結果的に、このデジカメ(IXY Digital 3000IS)に8GB以上のSDカードは使えないことが分かった。今のカードは16GBなので、無駄な物を買ってしまった。まあ何年も前のことだから構わない。実際、画像数が多くなると、(PTPでの)PCへの取り込みの時にえらく時間が掛かる(ファイル一覧の作成か転送が遅い)ので、実用上は(6GBというのはないから)4GBくらいが最適そうだ。

そして、残っている昔からのSDのうち1枚(赤枠)を(小さくないなら使えるかなと思って、)ちらっと見て驚いた。

昔のSD

容量が32MB(GBではない)なのだ(上段のもそれに負けず、128とか512MBだ・・・)。すっかり忘れていたが、昔はこんなに小さいものを使っていたのだ。調べたらデジカメ添付のものも32MBだったので、これはその前のカメラ(IXY Digital 900ISか30かミノルタ?)の時に買ったのかも知れない。それにしても、こんな小さい容量に一体何枚入ったというのか、甚だ疑問だ。

書いた後で気付いたのだが、元々添付されていた32MBのSDカードはどこに行ったのだろうか? 松田優作になって母に聞きたい気分だがw、もうどうしようもないので良しとする。 (18:58)

そして、上に書いたように、今のデジカメの制限を知らずに16GBのカードを買ったのは無駄だったのが残念ではあるのだが、そもそも添付品が32MBだったのに16GBのものが使えているだけでも奇跡のような気がするし、当時は良くそんな大胆なことをしたものだw カードリーダーだって2004年に買ったものが未だに使えており、その頃(SmartMediaが現役の頃と思われる)に16GBなんてカードがあったかどうか怪しいから、もう一つの奇跡のような気がした。

  •   0
  •   0

通信データ量が少ないのでいつもNAVIを試して来たのだが、以下のような欠点が見付かった。

  • [解決済み] 使わない時は地図表示モードを解除しないと(アプリ一覧で閉じても駄目)、電池が減る。
    • 地図モード中はずっとGPSを使い続けるのだろうか。
    • → 設定のアプリの「バックグラウンドアクティビティ」とモバイルデータの「バックグラウンドデータ」をoffにしていたからのようだ。両方をonに戻したら、電池消費量は正常になり(約3.5%/h)、アプリを表示していなければ、地図表示モードを解除しなくても電池は減らなくなった。バックグラウンドデータを切ると、通信失敗とみなして何度もリトライして、電池を食うのかも知れない。(1/21 15:31)
  • 屋内などGPS電波が取れない状態で地図表示させた場合には正しい現在位置が表示できない。
    • バックグラウンドアクティビティを解除しているせいか、位置情報を「端末のみ」にしているせいか。
    • 他のアプリ(GPSロガー)が継続して位置を取っているので、それが使えるはずなのに。
    • → バックグラウンドアクティビティをonにしても駄目な感じ。画面を表に出しておかないとGPSが動かないようだ。まあ、その方が省電力なので好都合ではある。次回は位置情報の設定を「高精度」に変えて試してみたい。 (1/22 16:56)
    • → 「高精度」なら、屋内で少し(結構長い)待つと位置が出るようだ。もしかすると、「端末のみ」でも待てば出るのかも知れない。でも、GPSの電波が取れない状態では無理か。そういう状態では、「高精度」では位置が出てもおかしいことが多い(全く高精度ではない)。だから、特段「高精度」にする必要はなさそうだ。Googleに位置が通知されるのは嫌だし。 (1/26 8:39)
  • 施設名を押しても情報は出ない。
    • 長押しすると住所が出るが、それを押しても住所の情報が出るだけ。
    • ここ地図は出る施設が少しある(アイコンが出ているものは情報が出るようだ)。

Googleマップに慣れているので、施設情報が出ないのは結構不便だ。昨日のドライブ中に困った。いざという時はGoogleマップを使うしかなさそうだ。

※2番目の選択肢にしていたここ地図は、無料版でもナビ(案内)ができる以外はあまり存在価値がなさそうな感じだ。また、NAVITIMEやMapionやYahoo!なども再度試したが、施設情報に関してはいつもNAVIやここ地図と同様に今ひとつだった。

  •   0
  •   0

前回のオイル交換から約1500kmしか増えておらず、距離的にはまだ余裕なのだが、半年経って劣化した気がするので、一応交換した。論理的に考えれば、ほとんど乗らないのだから、乗る時に過酷な運転をしない限り、多少劣化していたって大きな問題はないはずだ。それはともかく、実は、オイルよりも洗車してもらいたいから行ったという方が正しい。もう、自分で洗う気力や体力がない。特に、今は水が冷たいから全く無理だ。それから、メーカーの無料点検の期間が今月までというのもあった。この「無料点検」、何を目的にやっているのか分からない。きっと何か闇があるのだろうが、車には全く問題がないので、余り詮索しないようにするw でも、雑誌とかにスクープされて叩かれたりしないかとか、余計な心配をしてしまう。

スズキは珍しく忙しかったようで、昔の会社の人に似ている女性の店員(事務員というのだろうか?)さんがてんてこ舞いしていたが、オイルも点検も問題なく、洗車してもらって綺麗になった。その後、軽くドライブに行こうと思っていたのだが、行き先が決まらないので、近くのデニーズで食事しながら考えた。うれしいことに、もう居ないと思っていた、あの小泉さん(仮)が居て、うれしくなった。居る日があるのか、また来るようになったのか。その代わり、以前居た無愛想な男性店員(店長のような感じ)が居なかったので、また行きたくなった。

今日はカレーにした。辛くておいしかったけど、少し脂が浮いていた。やっぱり、1500円くらいになった。前の席の男の子のお子様ランチと緑のソーダを見て、僕もあの頃はああいうソーダが好きだったのを思い出した。意外にも、あの毒々しいソーダは今もあるのか。「健康に悪い」とか非難されないのだろうか。まあ、都会の親はどうか知らないが、どうせ少しくらい飲んだって死なないんだから、どうだっていいw 食べ終わる頃には昼時になって、うるさくなった。

会計の時、5人くらいで全員が個別会計していたババア集団が居た。nanacoでスパっと払うならともかく、それぞれが現金(例によって、端数を数えながら出していた)だったりチャージ(しかも、どうせ千円とかだろう)したりしゃべったりと、とにかくノロノロ払っていて、なかなかイライラさせられた。2人くらいならいいけど、5人ともなると店員さんも迷惑だろう。金さえ払えばこっちが偉いと思っているのだろう。個別会計は店の厚意でやってもらっていると思うのだが、それに甘え過ぎていないかね・・・ ああいう手合は本当に「迷惑」とか「公共」とかいう言葉を知らないようだ。ただ、歳だけは自動的に取っているせいか、自分はそういうのは知り尽くしている常識人だと思っているから、たちが悪いクソだ。

結局、第一候補だった茨城の日鉱記念館の辺り(山)に行くことにしたのだが、ナビに設定してみると意外に遠く(90km以上)、着くのが結構遅く(15時頃?)なるので、次の候補の大田原城跡(約50km)にした。

徳次郎というところに行く途中の道で、クソな運転でイライラさせるオープンのベンツが居た。ジジイが乗っていたようだ。出だしからしばらくはすごく遅いのに、途中から速くするってのは、一体どういう理由なんだろうか? それが一回だけじゃなくて、信号のたびにそうだったから参った。単なる自分勝手とか、ボケてスピード感覚がないだけなのかも知れない。

その後、国道4号に入ったら妙に混んでいたので、やる気がなくなってしまい、南東に逸れて喜連川に向かった。その辺りは気持ち良く走れた。ただ、途中の市街地でクソジジイの運転する軽トラが対向車線から半分はみ出してこっちに向かって来たので、ひやっとした。すぐに戻ったから何もなかったけど、やっぱりボケなのか? お茶でむせたとかいうのも居たし、あの乗りで高速を逆走したりコンビニとかに突っ込んだりするのかも知れない。

喜連川の道の駅に行ったら、駐車場がいっぱいで探すのが面倒だったので、停めずに出て来た。以前、変な歌が流れていたところだ。何があったのかは不明だが、頻繁にああやって混雑しているなら、「100万人達成」とかいうのは本当のようだ。それから近くの7-11に行った。14時頃で疲れたので、もう帰ることにした。帰りも少し遠回りしようと思ったが、走っていたらそれすら遠く感じたので、途中で止めて普通に帰って来た。

途中に最後のクソが居た。今度はマツダの赤い車にヒヤッとさせられた。こっちが優先のT字路(というより、こちらから見て左に細い道が分岐している形)で、向こうから来たそいつは僕の前を横切ってその分岐に入って行った。全く予想外だったので、何が起こったのか分からずあっけにとられたが、結構危なかった。何を考えていたのか分からないが、余程のノータリンか、スピード感覚がない奴だったのではないか。そいつは老人ではなく若かった。田舎はたまにこういうのが居るから危ない(まあ、都会よりは安全な気はするが)。休日のせいもあったのかも知れない。僕も今はサンデードライバーだが、もっとひどいのがうようよしていた。

時計回り。喜連川は右上のL字になっている辺り。114km、5時間

クソばっかりだったが、15:30頃、無事帰宅した。これからは、なるべく平日にドライブしよう。平日は営業車が飛ばすが、そっちの方がまだ安全だし、イライラは少ないからずっとマシだ。

家の近くでガソリンを入れたら、前回同様、燃費は15km/lだった。勤めている頃は12km/l程度だったが、近頃は近場はほとんど乗らないから、なかなかいい。車はやっぱり滑るように走って調子良かった。総走行距離は53000kmくらいになった。このペースなら、10年乗ってもまだ寿命には余裕がありそうだ(と期待したいが、どうだろうか?)。

  •   0
  •   0

僕は決して「働いたら負け」と思っている訳ではなくw、嫌な目に遭わなければ・おもしろければ仕事をするつもりは大いにあるのだが、なかなかすぐには実現できないので、

限りある資源の枯渇を防ぎ、長く持続可能な生活をしよう。

と思っている。いつものように回りくどく遊びっぽく書いたがw、要は、「支出を減らそう」ってことだ。それで、どうするかと言えば、当たり前だが、何もせずに手っ取り早く生活費を削減することは不可能だし、良くあるパターンで、手当り次第にケチればうまく行く訳でもないと思う。そこで、仕事柄、プログラムの処理速度の高速化とか使用メモリ量の削減の時にやっているようにしてみた(と書いたが、実際には後付けの説明である。正確には、気付いたらそうしていた)。その考え方は、

最も効果のある部分(もの)から対策する。

である。今回の場合なら、お金の使用量を分類して集計して、それらの項目を額が大きい順に並べてその順に優先度を付けて減らして行けば効果的なはずだ。あるいは、全体に対する影響が出やすい(容易に出る)順に減らすのだ。

例えば、月の支払額(多い順に並べる)を以下としたら(あくまでも例で、書いていない項目も多い)、

  1. 食費: 10万円
  2. 家賃: 7万円
  3. 電気、ガス、水道: 計1.2万円
  4. ネット回線(光・モバイル): 計6千円
  5. 車(ガソリン): 3千円
  6. ネットサービス(Spotify、ブログサーバ): 計1667円

以前検討したが、ブログサーバやSpotifyを0にしたって、高々年に2万円しか浮かない(それだって不可能だ)。だから、そこは頑張るところではない。でももし、食費や家賃を合わせて月に1万円減らせば年に12万円も浮くから、Spotifyやブログサーバなんて「屁でもない」(まあ、実際には「塵も積もれば山となる」※なのでそうでもないが)。だから、まずは食費や家賃を減らすべきだ。

※最初に書いたことと少し矛盾するが、プログラムの効率化には「塵も積もれば」もある。例え大きいところを対処したって広範に無駄な処理をしていたら、全然速くならない。だから、まずは大きいところなのだが、細かいところをテキトーにしないように心がけることは重要だ。

実際には、プログラムでは、そういう細かい無駄が積み重なって大きい無駄になっていることが多い。例えば、すごく時間が掛かっているところを高速化しようとして見ていったら、細かい部分(例: 最適な方法が分からないから、とりあえず正攻法を書いた1行)がすごく効率が悪くて、そこをちょっと直すだけですごく効いたということは結構ある。余談になるが、今の肥大化ソフトは、こういう細かい無駄(システムが大きくなり過ぎて、もう誰も直せない・・・)が大量にあるような気がする。そのために、CPUもメモリにとんでもないスピードや量が要求される。全くもったいないことだ。

そして、ひとまずの目標を年に10-12万円(1万円/月)減らすことにした。それを1日に直すと約300円となる。意外に少ないので、これなら実現できそうな気がする。

ここで気付くのは、よく、1円でも安いスーパーを回る人が居るが、仮に1品2円安いとしたって、300円減らすには1日に150品も買わないといけないから実現できず、労力の割に効果が薄いことだ。10円安いなら30品だが、何でもそんなに安いところはあるだろうか? (ありそうな気もするw)

あと、これは反発されるだろうが、ヘビースモーカーの方は煙草を1日1箱減らせば300円/日以上達成できるし、健康にもいいから一石二鳥だ。(実際にはそんなに簡単に減らせないだろうし、吸わなければイライラするから健康にも悪いだろう。しかも、今はどんどん肩身が狭くなって吸えるところが少なくなっているのだから、全然いいことがなさそうだ)

次に、最初に書いた考え方で、額が大きいものから減らそうとすると、すぐにできるのは食費となる(これは世の中で最も実践されていること、当たり前のことなので、「いろいろ考えても結論は一緒」だったようだw)。そして、300円くらいであれば、食べ切れないおかずを買わないようにしたり、外での飲み物(自販機)やおやつやお酒を減らせば、簡単にできそうな気がする。

と思ったのだが、実際には、並んでいる惣菜を見ると、もう一品食べたくなりそうな気がするから買ってしまい、散歩したら喉が乾くから飲み物を買ってしまうので、なかなか減らせない※。せいぜい、おやつやお酒を減らすことだ。それならダイエットにもなるので、一石二鳥だ。

※そもそも、食べ物を買わずに自炊すればかなり減るのは認めるが、嫌なことは長続きしないので考えない。

次に減らす候補は家賃である。これは、実行は面倒なものの、うまく行けば劇的に効く。例えば、月に2万円安いところに越せば、年に24万円も減らせる。もちろん、契約関連の費用や引越代などが掛かるうえにさまざまな手間があるから、ちょっとだけ安いところに越すのでは意味がない。仮に初期費用を1年でペイさせるとすれば、ざっと考えたところでは、月に1.5-2万円くらい安いところでないと難しそうだ(「礼金敷金無料」といったところなら結構良さそうだ)。これに関しては、この部屋の次回の更新時に無収入で断られる可能性があるので、早目に確認して、更新できないなら本気で実行しようと思っている。

あとは、光熱費とネットだが、余り効果的でない。以前検討した時は、意外に水を使っているのに驚いたのだが、なかなか減らせない。最も水を使うシャワーやトイレを減らすのは難しい。ガスも同様だ。電気も余り無駄には使っていない。せいぜい、冬に(エアコンや電気ストーブでなく)灯油ストーブなどを使う程度だ(が、嫌いなのでしない)。それにしたって、冬だけ減らしても半分にはならないから、年に1.5万円程度だろう(本当にこれだけ減るなら少なくはないが、火事や換気不良での健康被害のリスクがあるし、灯油を買いに行くなどの不便は大きい)。

ネットは、先日モバイルを安くしたが、500円/月(→ 6千円/年)程度と、前述のとおり、全体への寄与は少ない。あとは、以前書いたように、光を止めてモバイルに一本化する程度だ。それだって、年に1万円前後しか減らない。

他には車が考えられる。ただ、ガソリン代以外の維持費用を考えても年に20万円程度(→ 1.7万円/月)となり、意外に大きくない。ガソリン代は、今だって普通の時は全然乗らないので、これ以上は減らないだろう。だから、経費が安い車に買い換えるとか手放すという案が考えられる。

昨日は、長遠距離ドライブはもう余りしない気がしたので、もし次に買うなら軽でもいいと思ったし、今日は、自分で車を持たなくてもいいから(逆に、保守が面倒なので持ちたくない※)、料金が安ければカーシェアリング*でいいとも思った。が、ここは都会ではないからいろいろ難しそうで、軽にするのが現実的な気がする。すると、ガソリン代以外に税金や保険や車検などの費用も減る。が、初期費用が百万円前後と結構掛かるので、本当に効果があるかは更に検討が要る(でも、今の車の寿命で買い換えるのなら、全く問題ない)。あとは、車を持たずに必要な時にタクシーやレンタカーを使うことも候補になり、結構安く済みそうだが、不便さや気分的な抵抗は大きい。

※要は、僕は今は、車自体が好きなのではでなく、気持ち良くとか楽しく走ることが好きなようだ。だから、車を買う必要はないと思っている。ただ、もし、自分で買わなければ気持ち良く走れる車に乗れないなら、仕方ない。

*カーシェアリングを少し調べたが、料金は安くはないけど高くもなかった(レンタカーと同じくらい)。まあ、買って持つよりは安そうだ。あと、イメージと違って、レンタカーと似たようなシステムだった(実際、レンタカー会社が運営している)。そして、やはり地方だけあって、受け渡し場所が家から遠いので、そこまで徒歩で(自転車も可能だが、嫌いなので持っていない)行かなくてはならず、それではちょっと乗りたくなっても「面倒だからいいや」になってしまうので、時期尚早だと思った。あと、シェアもレンタカーも、ほぼすべてAT車なのを忘れていたw MTじゃなきゃ楽しくない訳ではないが、選択肢が少ないのは残念だ。 (1/20 7:47)

という訳で、結局は、

食べる物を減らし(例: 1日1品、自販機は控える)、安い部屋があれば移る

という、ごくありきたりな結論になった。でもまあ、食べ物は手軽にできるから試してみたい。

  •   0
  •   0

ちょっと思い付いて、(普段使わないから全然減ってないが、いざという時のため)モバイルバッテリーを充電しようと思ったら、なぜかケーブルが挿さらなかった。見ると、バッテリーの受け口はmicro B、使おうとしていたのはCだ。サイズは似ているが違う。大量のケーブルを放り込んでいる箱を探したが、普通の(A-B)以外はA-mini Bしかなかった。

更に探したら、缶コーヒーか何かの景品だったと思われる、しょぼいケーブル(長さが15cmくらいしかない)があった。一抹の不安はあったが、他にないのでそれで充電した。日本の飲料メーカーなら、景品だって簡単に発火するようなものは出さないだろうと期待した(でも、今は全然甘いかもね)。

それにしても、確かに整理はしたが、少しは残したはずだ。きっと、知らないうちに捨ててしまったのだろうと思い、仕方ないから買おうかと通販サイトを探したら、300円くらいのがあった※。ケーブルの他にB→micro Bの変換コネクタもあったので、それなら邪魔にならないし、安い(150円くらい)からポイント利用で0円で買えると思って決めたのだが、やっぱり物を増やしたくないので、もう一度探してみた。

※別件で100円ショップに行ったら、探していたmicro USBケーブルがいろいろあった。まさに灯台下暗しだ。たまに充電に使うくらいなので、わざわざいいものを買わなくても良さそうだ。ただ、さすがにB→micro Bの変換アダプタはなかった。あれはいかにも特殊だ。でも、あれば便利なのに、ほとんど売ってないのが不思議ではある。 (13:09)

すると、あった! 古いスマフォをまとめて入れておいた箱に入っていた。ケーブルをぐちゃぐちゃに入れている箱に一緒にすると壊れたり捨てたりするとか、使う時や手放す時に素早くまとまるので好都合だと思ってそうしたのだろうが、すっかり忘れていたw 何をどこにしまったかのメモをEvernoteなどに書いておくといいだろうが、毎回書くのはどうも面倒だ。

それにしても、まったく野放図にコネクタ(下記参照)を作り出して来た連中(USB-IF)に、「どうしてこんなに多いんだ?!」と小一時間問い詰めたい。

参考: USBコネクタの種類

  • Type-A, B
  • mini Type-A, B
  • micro Type-A, B
  • USB 3.0(SuperSpeed)のType-B, micro B
  • Type-C

余談: 今のところ合計9種類だ。一見、莫大ではないように思えるが、異なる種類間を繋げる要求があり、しかも、それぞれの端にはM(プラグ)/F(ジャック)の種類もあるので、そういう変換コネクタ・ケーブルの種類は膨大になる。どういう計算をすればバリエーションの数が出るのかは、僕には分からない。(9!)2だと恐ろしい数になるが、そこまでは行かないだろう、きっと。でも(9!)×2だって72万だし、(2×9)!なんてとてつもなさそうだ・・・ まあ、部品業界への需要を生み出すという点では役立っているのか?

(15:06) 余談その2: リストを見ると、今となっては余計とも思えるminiとSuperSpeed用のコネクタがなければ、いくらかはマシだったと思う(それでも5種類は多いが)。A, B, Cだけだったらベストだが、無理だっただろう。それにしても、すぐに廃れさせられてしまった(= 半ばobsoleteになった)miniやSuperSpeed用のコネクタを出したのは全く思慮に欠けていたとしか言いようがない。SuperSpeed用のBなんて、美しさのかけらもない。おそらく、携帯機器への対応や高速化で競合に負けたくなくて泥縄的に出したのだろう。

そして、Cは便利だけどやっぱり角度(回転)は合わせなければならない。そこで、半分冗談だが、更に楽にするために、イヤフォンプラグ・ジャックのように360°どの角度でも本当に「ただ挿せ」ばいいようにできないものかと思った。そのままやると、電気では一瞬ショートする可能性があるが、光なら全く問題ない。不可能ではなさそうだ。そうすると、将来は今しきりに除け者にされているイヤフォンジャックが復活することもあって、結局、「林檎は間違っていた」と言われるかも知れない。なんてことを考えて、ほくそえんでいるw

結局、賢そうな顔(見たことないがw)しているけど、全く先見の明がないバカだったと思う。コネクタだけじゃなく、仕様だってすごく増えたじゃないか。今は、外見はCでも中が違うから調べないとちゃんと使えないとかいうこともあるらしい。これでは、我田引水的な規格をドヤ顔ででっち上げては捨てる林檎社やMS(ソフト面)と似たようなものだ。だいたい、最初のコネクタ(A, B)からして、どうして、いつも逆に挿そうとして失敗してしまう(しかも、直そうとして反対にしても挿さらず、やっぱり最初が正しかったことすら多い)形をしているのかと思う。

実は、USB関係の仕事もしたことがあるのだが、その時はこんなことは全然思いもしなかった。「USBはいい・すごい! 是非広めよう」、「レガシー(シリアルなど)は古いから駄目」とかいう純朴な気持ちだけ(= 技術馬鹿)だったしw、そもそも、仕様で逆に挿さらないことを知っていたから注意していたし、開発の時はコネクタが見やすいところに機器を置くせいもあって、挿し間違いすることはまずなかった。が、やっぱりただ作るだけでは分からないことが多いものだ。

PS. そういう点では、例えば、Ethernet(*base-TX)のモジュラーコネクタ(RJ-45)はすごく優秀だ。確かに、初期のEthernetのコネクタは2-3種類あったが、10base-Tが出てからは何十年も同じものが使い続けられている。「ギガビットだからコネクタが違う」ってことはない(と書いたら、実は違うコネクタもあるし、高速なものは中のケーブルの本数や品質が違うことはあるが、一般人が使うものは大体同じだ)。固定電話のコネクタも同様だ(そろそろ固定電話自体がなくなってしまうがw)。そもそも、例えケーブルが違ったって、上下(裏表)の向きを間違えて挿さらないことがまずないだけでもありがたい(しかも、C以外のUSBと違ってケーブルの方向(A/B)もないから、合計で4倍?ありがたい)。

あの系統(RJコネクタ)はちゃんと考えられたのだろうか? コンシューマ系と違って通信系の人は(頭が)堅い(無駄かも知れないのに何十年も先のことまで考える)から、いろいろ考えたのが(これについては)良かったかも知れないな。ちょっとかっこ悪いけど、USBだってあれにすれば良かったのに・・・

そして、「USBが出たばかりの頃は、分からないことが多かったからああなった」とは言えない。そのずっと前からRJコネクタはあったのだから。そういう経験を軽んじた業界が馬鹿だったのだ。

まあ、将来は無線になって、こういうつまらないイライラはなくなってほしい(実は、USBは昔無線の規格を出したが、なぜか失敗している。次は別の団体が別の規格でやればいいだろう。同じことの繰り返しかも知れないがw)。

PS2. USB-IFはカスだが、それよりも更にカスなのは、某国の国営だった電話会社だ。USではとっくにRJコネクタを電話機に使っていた(らしい)頃でも、延々とバラ線でネジ止めしていて、それをやるには資格が要るから、「お前らは勝手にやるな!」、「勝手な電話機も許さん!!」とのたまわっていたのだから。外圧に負けてようやくモジュラージャックを認めた頃が懐かしい。

それ以外にも、さまざまな役に立つのかどうか不明な独自規格を制定していたようで(これが「ガラパゴス化」の発端の一つかも)、ある時、現場の経験が少ない人が、特殊な工具がないと電話線を端子に接続(挿入)することらできないのを知らずに現場に行ったら大変慌てたが、偶然、古参の人が持っていて助かったという話があるかも知れないし、ないかも知れないw

PS3. とはいえ、「つまらないことでこんな長い文章を書く気力があるなら、その時間で『どこに何があるかリスト』でも書けっ」てのはごもっともですw

そして、つい、スマフォやバーコードとかでリスト作成を自動化したくなってしまうという技術馬鹿精神が出て来ると(爆)

  •   0
  •   0

僕にしては珍しく、一週間くらい書かずにいた。ある方が入院されているので、(自分の禁を犯してw)twitterでやり取りしている。その流れで細かい投稿をそっちにしていたら、こっちに書かなくても満足できていたようだ。何もしていなかった訳ではなく、以下のようなことをやっていたので、詳しくは追って書きたい。

  • 画像管理アプリのdigiKam5からXnViewMPへの移行
    • digiKamに移った時と同様、コメントとカテゴリ(メタデータ)を引き継ぐ(普通に表示できるようにする)のがかなりの手間と苦労だった。 (→ 投稿)
    • ちょっとした(でも面倒な)残件と謎があるものの、概ね終わった。
    • XnViewMPは軽くていい。が、将来もまた何かに移りそうだw
    • それでも、データ仕様(EXIF)がオープンなので、(Linuxなら)ツールを使ったりスクリプトを作ったりすれば、いくらでも移行できるのがいい。
    • ついでに、過去にし忘れていた画像のカテゴリ分け(タグ付け)もした。そのために更新ファイルが増えて、オンラインバックアップのデータ量が半端ないw
    • ただ、オンラインバックアップの履歴保存のおかげで、XnViewMPで気づかずに上書きしてしまって失われたコメントを復活できたのは良かった。ちゃんと過去の版がリストアできることが分かった。
      • 履歴は頻繁に使うものではないが、いざという時には便利だ。今は3か月までにしているが、1年くらい残すといいかも知れない(お金次第ではある)。
      • ただ、復活させたコメントはどれも大したものではなく、「そこまで頑張る意味あった?」というオチではあったw
  • スマフォの地図アプリのデータ量と電池消費率の最適探し (→ 投稿)
    • 概ね結論が出た。「いつもNAVI」がいい感じだ。ただ、電池消費率はもう少し詰めたい。
  • 生活費の削減方法の検討 (→ 投稿)
    • とりあえず、10-12万円/年(約1万円/月)の削減が目標。手段は分かり、意外に簡単そうだが、実行は難しそう。
    • 更に、年間数十万円減らす策もあるのだが、結構な手間が掛かる。
  • 大掃除 (まだ残りありw)
    • TODOの作成日を見たら、随分長ーーく掃除してなかったのだが、本当なのか? 確かに、あの埃の量はそうだったかも・・・
  • (昔の写真を整理していて思い出した)白黒画像のカラー化手法がすごい。
    • 以前にも書いたが、画像によってはすごく自然にできる。
    • どうやっているのか興味はあるが、(論文を読んで)調べる気は起こらないw
  • 地図アプリの評価にヨドバシへ散歩して
    • 有機ELテレビが紙のように薄くて感動した。「買いますか?」→「まさか!」だけどねw
      • 技術バカの極地と言えよう。気持ちは分かるけど、ほとんど意味がない。
    • (naokiさんに教えて頂いた、)無制限Wi-Fi(ポケットルータ)は大体約5千円/月で手頃だが、3日で10GBの制限が惜しい。あと、電話が使えなさそうなのも惜しい。光回線をなくせるのはもう少し先だ。
    • (モバイルデータ量をケチるために試した、)ヨドバシの無料Wi-Fiが使えなかった。いくらやっても、認証だの証明書だのの文句を言われてwebが見られなかった。プロキシのせい? 全く惜しい。

並べてみると大したことではなく、先進性も生産性のかけらもないが、いろいろおもしろくやって、いい暇つぶしではあった。この調子で50年くらい一気に過ぎると、いいかも知れないw

  •   0
  •   0

僕のモバイル回線は500MB/月というケチケチ契約なので、可能な限り通信データ量を減らす必要がある。それで、昨年末から試行錯誤してある程度の目処が立ったので、書く。

基本的には、不要なモバイルデータ通信(以下、モバイル)をせず、必要な通信でもデータ量を減らせばいいので、アプリやOS(Android)でそのように設定すればいい。

ここで問題というか疑問なのは、僕のスマフォ(AQUOS sense lite)は長い(数時間)スリープ時にWi-Fiがoffになり、その時に通信が発生するとモバイルが使われてしまうのだ(その後、Wi-Fiに切り替わるのかも知れない)。AndroidはWi-Fiは「スリープにしない」にしているのだが、なぜかoffになってしまう。検索すると、Wi-Fiにもう一個設定(Wi-Fiの自動有効化)があるはずなのだが、なぜか僕のにはない。OSのバージョンが微妙に違うのだろうか。そして、Wi-Fiを自動でoffにするのはAndroidのディープスリープ(Doze)機能なのか、AQUOS固有の省電力機能なのかと思っている※。それでも、可能な限りモバイルを使わないようにしてみた。

※更に調べたら、Androidの既知の(ずっと無視され続けている)問題のようだ。(→ 参考1, 参考2) Android 8 Oreoでは設定の体系が変わってスリープ時のWi-Fi動作の設定がなくなった(→ 参考)ために問題が隠れてしまったが、僕のにはまだ設定があるので効かないことが発覚しているのか。一旦設定を解除して再設定すれば直るという情報もあったので、それを試してみたが駄目だった。。。 → Wi-Fiをonにし続けるアプリ(例: Best WiFi Keeper)を使うといいようだが、電池消費が増えるのは望ましくない(結構矛盾した要求だw)が、どうだろうか?

(1/12 7:51) Best WiFi Keeperなど、Wi-Fiをonにし続けるアプリをいくつか試したが、どれも効果はなかった(30分から1時間でWi-Fiがoffになる)。また、Automagicで同様の機能を作ってみたが、完全にonにし続けることはできなかった(タイマー(exact timer)が指定時間間隔で起床しないようで、処理自体ができない。「電池の最適化」をoffにすればいいのかも知れないが(→ 参考)、更に電池消費が増えそうだ)。AndroidはどうしてもDozeしたいようだ。それに、Wi-Fiをonにし続けていると若干電池消費が増えて(約1.5倍になる)好ましくないので我慢することにし、モバイルを使うアプリを更に減らすことにした。

ただ、いろいろ変える前にデータ通信量を調べるアプリを入れて、どのアプリが(いつ)どのくらいモバイルを使っているかを調べ、多いものから対処する必要がある。また、変更後に効果を見る必要もある。僕は通信量チェッカーとデータモニターを併用している。基本的には前者で充分だが、たまに変なことがあるので、その時には後者でも確認する。

通信量チェッカーで見ると、予想外のアプリが通信している(→ モバイルを使っている)ことが分かった。それぞれの量は少ないのだが、そういうのをカットしていれば残量が貯まって繰り越されて、どうしても必要な時に使える(チリも積もれば山となる(キロを笑うものはメガに泣く?))ので、小まめに切るのは重要だ。それから、知らずに素行の悪いアプリを入れていて、こちらの情報を流出させる場合もあるから、そういう点でも小まめに確認して切るのは良さそうだ(この用途には、後述の通信ブロックアプリの方がいい)。そうして余計な通信を減らすと電池消費量も減る可能性があるから、なお良い。

以下に、モバイル通信データ量を減らせる可能性があることを列挙する。

  • アプリの設定
    • 「自動同期」を止める、「Wi-Fiのみ使用」にするなど。 (例: Evernote)
    • 「データ節約モード」にする。(例: Spotify)
  • Androidの設定のアプリのモバイルデータなどの設定
    • 「バックグラウンドデータ」をoffにする。
    • 「バックグラウンドアクティビティ」をoffにする。: バックグラウンドでのアプリ実行が不要な場合に設定すると、更に通信をしなくなりそう。
    • (1/21 15:33追記) アプリによっては(例: いつもNAVI)、両方またはどちらかをoffにすると電池消費率が増える場合があるので、適宜調整する必要がある。
  • データ量の少ないアプリを選ぶ。 (例: 地図アプリ)
  • データ圧縮するアプリを選ぶ。 (例: ブラウザ)
  • 通信ブロックアプリで通信を制限する。 (例: NetGuard)

一番有用なのは、不要ならアプリの「バックグラウンドデータ」をoffにすることだ。丹念に各アプリをoffにすると、大分減る。Androidを「データセーバー」に設定するのでも良さそうだ。この場合は、モバイルが必要なアプリにデータセーバー時にもモバイルを使う設定をする必要がある。

アプリごとの話を書くと、Spotifyのデータ節約モードは効く。

地図アプリのいつでもNAVIは、大抵は少ない(1回数百KB程度)のだが、たまに多い(5MBくらい)場合があって謎だ。それでも、Googleマップよりはずっと少ない(ただし、使い勝手は少し劣る)。

Evernoteもたまに数MBの通信を行う。それで自動同期を止めると、他のデバイスとの同期がうまく行かない場合があるので、そうはせずに「バックグラウンドデータ」をoffにした(これでも駄目かも知れない)。

Operaブラウザの圧縮機能は悪くはないがすごく効く訳ではないので、僕は使っていない。圧縮時は通信が一旦Opera社を通るのも、ちょっと気に入らない。

NetGuardは最後の砦にいい。アプリごとにモバイルだけでなくWi-Fiも切断できるので、意図しない通信をカットできる。それで、元々通信しないアプリでは広告がほとんど出なくなって(広告は外部から取ってくることが多いが、それが取れないため)、うれしい(→ : 最下部は広告の領域)。ただ、何となく、スリープからの復帰が遅いことがある気がするのと、VPN機能を使っているので、通信時に電池を食う可能性を心配している(未確認)。なお、同様の機能はGoogleのDatallyにもあるが、Datallyはモバイルしか設定できない。

そのような設定をして、今は、余り外で使わなければ一日3MB以下に収まるようになった。

  •   0
  •   0

全くつまらない話です。が、僕には理解不能なので、もし分かる方が居れば教えて頂きたいです。

前の会社でどうやって住所を調べたか、毎年賀状を送って来る人(若い。30代)が居た。送って来るのは彼だけだった。手書きで「昨年はお世話になりました」とか書いてあったので、こちらも(毎年、本意ではなく他のついでに)送っていたが、退職したらなしのつぶてだ。本当にお世話になったと思っていたなら、辞めた時に何か言って来ても良さそうなものだが、そうではなかったようだ。単に、慣習とかで送っていたのか。そうだったら、馬鹿そのものとしかいいようがない。そんなんだったら、最初から送って来るな!

仮に、本心からお世話になったと思っていたら、勝手に送付する紙なんかじゃなくて、こっちに迷惑を掛けないように、日々少しずつ努力するとかで返して欲しいね。だから、そんな賀状は無駄の極みだと僕は思う。良く言われる、人間関係を円滑にするとかいう意味なんてない。紙切れ一枚で円滑になる関係なんてあるのか?w

まあ、本人の考えは分からないから、どういう論理なのか小一時間聞いてみたい気はするw

でもまあ、結局深い考えなどなくて、「そうは言っても、(田舎なんだから、)『会社の人』には賀状を出すのが当たり前なんだよ」ってのが本当のところなんだろう。でも、今って、1980年代じゃなくて2010年代なんだけど、そこは分かってる?w

PS. そもそも、僕の住所をどうやって調べたのかと思う。まあ、会社の社員情報DBが開放だったんだろうが、さすが田舎だねw だから、やっぱり田舎の会社は嫌だな・・・

 

全然話題が違うが、論理不明なことがもう一個ある。良く見るニュースサイトの「女子」の欄は大抵、

のような感じで、いかにも「どうしたら男にモテるか・男ウケが良くなるか」※とかしか目当てでない(= 男に媚びている)ように感じるのだが、それはこのpolitically correctな世の中でも許されるのだろうか? なぜ炎上しないのか不思議だ。読み手が若いから特に問題視されないとは思えない。というのは、これは誰だって目にするから、ターゲット以外の人が目にして問題視する可能性は高いからだ。女性向けに女性が書いている(ように見せている)から問題ないのだろうか(→ 少しでもオヤジ臭がしたら炎上するのか?)。単に僕が古くて、そういう風に読んでしまうだけなのか。

※横道に逸れるが、今は昔ながらの男-女じゃない関係(LGBT)も大いに認める風潮なのに、ここではそんなことが一切なくて、昔ながらなのはどうなのよ・欺瞞はないか?とも思うが、僕は良く分からないので、ここでは触れないでおく。

まあ、これも本人たちに聞かないと分からないが、理解不能なことである(でも、記事はおもしろく読んではいるよw)。

  •   0
  •   0

先日書いたように、XnViewMPでは日本語入力ができず、OSやlibsslのバージョンによってはウインドウ内のGoogle mapsの地図表示もできない場合があるので、それぞれできるようにしたので書く。なお、XnViewMPのバージョンは0.92を、OSはLinux Mint 18.3 (x86 64bit)を想定する(Ubuntu 16.04 LTSでも同様と思われる)。

日本語入力

現象: コメントなどの入力フィールドで日本語(全/半)キーを押しても、Mozcなどの日本語変換モジュールが起動しない。

原因: XnViewMP添付のライブラリ(/opt/XnView/lib)にQt5の日本語入力関連のプラグイン(例えば/usr/lib/x86_64-linux-gnu/qt5/plugins/platforminputcontexts下にあるもの)が不足しているため。

対処: XnViewMPが不足するライブラリを参照できるようにする。

詳細

  • 基本的には、環境変数QT_PLUGIN_PATHにQt5の日本語入力関連のプラグインのディレクトリを追加すればいい。
  • しかし、/usr/bin/xnview(シェルスクリプト)の中でQT_PLUGIN_PATHに/opt/XnView/libを指定(上書き)しているので、単に設定するだけでは有効にならない。
  • そのため、QT_PLUGIN_PATHにOS本来のディレクトリとXnViewMPのディレクトリを設定するようなスクリプトを作るか、xnviewを修正すれば良い。
  • XnViewMPを起動するスクリプト例:

#!/bin/sh

export LD_LIBRARY_PATH=/opt/XnView/lib

export QT_PLUGIN_PATH="/usr/lib/x86_64-linux-gnu/qt5/plugins:\
/opt/XnView/lib"

/opt/XnView/XnView $*

  • 未確認だが、使われていないスクリプト/opt/XnView/xnview.shは設定済みのQT_PLUGIN_PATHを参照するので、それを使えばいいかも知れない(XnViewMPのディレクトリが前に来るので、駄目かも知れない)。

地図表示

現象: 位置(GPS)情報付き画像を選択し、GPSのペーンを開いても、空白のまま地図が出ない(出ることもある)。

原因: XnViewMP添付のライブラリ(/opt/XnView/lib)のQt5は古いSSLライブラリ(libssl1.0.0)を参照しているようで(→ 参照)、新しいOSやPHP 7.3をインストールしたシステムなどでは、libssl1.1がインストールされているためにlibssl1.0.0を参照できないことが多いために、地図表示が不安定になる。なお、システムにはlibssl1.0.0もインストールされているのだが、参照できない(できることもある)理由は分からない。

対処: XnViewMPがlibssl1.0.0を参照できるようにする。

詳細

  • 基本的には、環境変数LD_LIBRARY_PATHに、libssl1.0.0のライブラリのあるディレクトリを追加すればいい。libssl1.0.0のライブラリは以下である。
    • /lib/x86_64-linux-gnu/libssl.so.1.0.0
    • /lib/x86_64-linux-gnu/libcrypto.so.1.0.0
    • /usr/lib/x86_64-linux-gnu/openssl-1.0.0/engines/*
  • libssl1.0.0だけのディレクトリになっている訳ではないため、親ディレクトリ(/lib/x86_64-linux-gnuなど)をそのまま指定するのでは指定する意味がなさそうだし、XnViewMP添付のライブラリと競合するかも知れないと考え、XnViewMPの追加ライブラリ用ディレクトリを作って、その下に参照させたいライブラリへのsym-linkを作り、そのディレクトリをLD_LIBRARY_PATHに設定した。また、上述の日本語入力用に追加するQt5のプラグインも同様にsym-linkした。
  • その他は日本語入力と同様である。
  • XnViewMP用追加ライブラリディレクトリディレクトリの準備(場所は$HOME/.local/lib/XnViewとした):

cd
mkdir -p .local/lib/XnView
cd .local/lib/XnView
ln -s /lib/x86_64-linux-gnu/lib{ssl,crypto}.so.1.0.0 .
ln -s /usr/lib/x86_64-linux-gnu/openssl-1.0.0/engines/* .
mkdir qt5-plugins
cd qt5-plugins
ln -s /usr/lib/x86_64-linux-gnu/qt5/\
plugins/platforminputcontexts .
cd

  • XnViewMPを起動するスクリプト例(日本語入力対応も含む):

#!/bin/sh

export LD_LIBRARY_PATH="$HOME/.local/lib/XnView:\
/opt/XnView/lib"

export QT_PLUGIN_PATH="$LD_LIBRARY_PATH"

/opt/XnView/XnView $*

※32ビット版ではライブラリのディレクトリ名が異なる(上のx86_64i386)ので、適宜読み替えること。

動作例

(1/8 9:25 わずかに修正)

 

PS. 本題とは関係ないが、XnViewMPはかなり柔軟にレイアウトをカスタマイズできるのだが、結構惜しいところがある。例えば、ファイル・画像情報のペーンの名前と値のカラム幅が変更できないので、見やすくするには幅を広くする必要がある(そうしないと、左右のスクロールが頻発する)。試行錯誤して、情報ペーンなどをまとめて下部に置いた。本当は左右どちらかの端に置きたいが、使いにくくなってしまうので仕方ない。

筆者のXnViewMPのレイアウト

とはいえ、どうも使い勝手が悪いので、やっぱり情報ペーンなどを左右に置いてみた。結局、ありきたりなレイアウトに落ち着いた感じだ。これはdigiKamにも似ている気がするから、要は馴染みのUIを変えたくないのだろう。 (1/8 9:27)

筆者のXnViewMPのレイアウト (出戻り?版)

PS2. これはもう全くの余談だが、上の2つのキャプチャ画像、幅は同じなのに大きさが全然違って見える。錯覚なんだろうか。全く不思議だ。 (1/8 20:36)

  •   0
  •   1

PCを使っていて、気付いたら空きが半分くらい(= 約16GB使用)になっており、ブラウザをFirefoxに換えたにも関わらず、想像以上に空きメモリが減るので調べたら、Spotifyやブラウザ(Vivaldi)の他にもメモリを大量に使っているアプリがあった。昨夜に分かったのは、NixNote2とdigiKam5である。まとめるため、以前から分かっていたものも合わせて、以下に示す。

  • ChromeとVivaldi: メモリをふんだんに使う作り。
  • Spotify: メモリリーク: 長時間動かすと数GBに増え続け、全く減らない。
  • NixNote2: メモリリーク: データベースのバックアップをすると1GB以上に増えて、減らない。
  • digiKam5: メモリリーク: タグでの検索(例: タグのタブを開いて、あるタグを選択する)をすると数GB程度に増えて、減らない。

対処の方針としては、別のアプリを使うか回避策を見つけるかである。

ブラウザについては、Firefoxに移ることで緩和・軽減した。Spotifyは使用量が一定以上になったら自動で再起動するようにした。

新しく見付かったNixNote2については、データベースのバックアップは頻繁には行わない(定期的なバックアップ時のみ)ので、バックアップ後に再起動するか、(NixNote2ではバックアップせず)Windows版のEvernoteでバックアップ(エクスポート)することを考えている。

同じくdigiKam5(以下、digiKam)については、(自動で再起動するために)外部からプロセスを停めると画像やDBが壊れる可能性があるので、別のアプリとして、以前検討して止めたXnViewMPを再度試した。あれから改良されたのか、今回は結構いい感じだったのだが、いくつか問題があったので以下に示す。

XnViewMPの問題(不満な点)

  1. [済] コメントなどに日本語が入力できない。
    • Qtのライブラリの問題だったので、AppImage版digiKamと同様に追加して入力できるようにした。
    • これは、今まで採用を見送っていた最大の理由である。
  2. [TODO] 画像の日付でのフィルタリングができない(日付などでの検索は可能)。
    • 元々、画像の格納ディレクトリを年月日で分けているので、この機能はほとんど使っていなかったので、大きな問題ではない。
    • 追って、改良できるか検討したい。
  3. [済] 画像内に設定されたカテゴリの反映が自動でない。
    • 新規追加したファイルのカテゴリは、それらのファイルをXnViewMPで読み込まないと反映されない。そのため、ファイルの格納場所が分からないと、カテゴリで検索できない。
    • アプリの作りの問題なので、どうするか検討中。 → 以下のようにして対応した。 (1/7 9:17) → 問題なく動作している。 (2019/1/26 15:40記)
      • 問題となっている、「格納場所が分からない新規追加したファイル」は、自作の取り込みプログラムでカメラなどから取り込んで日付のディレクトリに振り分けたものなので、取り込んだファイル一覧を作成し、それをXnViewMPに指定して起動することで反映されるようにした。なお、既存のファイルを外部プログラムでカテゴリを変更した場合の更新は、この方法ではできない。
      • 以下のような処理のスクリプトを作成し、XnViewMPのツールバーのコマンドに登録して、そのボタンを押せば自動で取り込んだ画像を反映できるようにした。その時使っているものとは別のXnViewMPのプロセスで画像DBを更新しても、ちゃんと反映された。
        1. (画像取り込みプログラム: 取り込んだファイル一覧を作成する。 → img-list.txt)
        2. XnViewMPに一覧を指定して起動する。: xnview -filelist img-list.txt
        3. 少し待ち(0.5秒程度)、XnViewMPを最小化する。
        4. XnViewMPのDBへの反映が終わるまで待ち(余裕をみて3秒程度)、XnViewMPを終了させる。
        5. ファイル一覧を削除する。
  4. [TODO] ファイル・ディレクトリ名での除外ができない。
    • 余計なファイルやディレクトリが表示されて使い勝手が悪いので、どうするか検討中。
    • なお、ファイル名の拡張子では除外可能。
  5. [済] コメントの格納フィールド(タグ)がdigiKamと違う。
    • digiKamで書いたコメントはXnViewMPの"Edit comment"では出ず、"Edit IPTC/XMP"の"Caption"に出る。
    • ただし、サムネイル一覧のラベル("Comment")には出せる。
    • 場所は違うが見られるので大きな問題ではないが、追ってどうするか検討する。
    • → XnViewMPの認識するタグにコピーして対応した。カテゴリも同様にした。 (→ 投稿: 2019/1/26 15:40記)
  6. [済] 画像内に格納された位置情報(GPS情報)で地図が表示されない(地図ペーンが空白になる)。
    • ライブラリのバージョンの問題だったので、対応した。
      • 新しいライブラリ(libssl1.1)では廃止されたと思われる、SSL2やSSL3を使っているようだ。(このままだと、将来はGoogle mapsに接続できなくなりそうだ)
      • なお、libssl1.1はPHPの7.3への更新時にインストールした。
    • なお、外部サイト(GeoHack)での表示機能は問題なく動作する。
  7. [済] 画像回転の処理・結果がdigiKamと違う?
    • (EXIF情報だけで回転させるモードの場合、)画像を(論理的に)回転させても埋め込みサムネイルは回転しないために誤解していた。 → 埋め込みサムネイルを使わない設定にして回避した。 (1/8 9:10追記) それでも駄目な場合があるので、EXIF情報だけで回転させるのは止めた。
  8. [保留] 類似画像検索や顔認識機能がない。
    • これらの機能は使っていなかったので、大きな問題ではない。
    • なお、若干機能が違うものの、類似画像検索はあった。

探すと結構多かったのだが、重要なものについては対処できた。そして、確かに問題は多いものの、XnViewMPには以下のようなメリットがあり、それがdigiKamでは実現できずずっと不満だったので、対処に手間を掛けても移行する価値は大きいと感じた。

  • 起動が高速で操作も軽い。
  • メモリ使用量がとても小さく(起動直後は300MB以下)、使用量の増加速度が小さい。
    • なお、増える場合も減る場合もあり、増減の条件はまだ分かっていない。
    • (1/8 9:10) サムネイルをキャッシュすると、表示した画像(サムネイル)数に応じてメモリ使用量が増え続けて減ることがないようだ。そのため、キャッシュを行わないようにした。
  • 良く使うディレクトリをFavorites(お気に入り)に登録できるのが、とても便利。
  • ESCキーで画像表示が閉じるなど、使い勝手がいい。
  • ウインドウのレイアウトを柔軟にカスタマイズできる。
  • マウスホイール加速への追従性はdigiKamより良い。

なお、日本語入力とGPSの地図表示の対応方法については別途投稿する予定である。

PS. XnViewMPの一番の問題は、ドキュメントやサポートがすごく貧弱なことだ。コマンドラインオプション一覧すら出ない・存在しないし、マニュアルもヘルプもなく、使い方は、想像するかwebやwikiの少ない記述やフォーラムを見るか検索するしかない。フォーラムのlibsslの件を見る限り、不具合を報告しても直ることは少なそうだ(言ってみれば、「悪魔対応」だw)。。。 まあ、それでも他のアプリ同様、自分で何とかできるから良しとしている。

ただ、これでは本当に、物好きとかプロしか使いこなせない。基本的にはいいアプリなのだから、サポートをちゃんとすればユーザーがもっと増えると思うのに、全くもったない。 (1/7 9:33)

(19:54 わずかに加筆; 1/7 9:34 加筆・修正, 15:55 わずかに加筆, 16:03 題に追加; 1/8 9:10加筆)

  •   0
  •   1

昨年、事件になったカショギという人の名前を見た時、どうも見覚えがあった。クイーンの曲に出て来た覚えがあったので昨夜調べてみたら、"The Miracle"(1989)というアルバムの中の"Khashoggi's Ship"という曲だった。

ただ、ずっと、「カショギ」(当時は「カショーギ」と読んでいた)は、なんか親しみがあるようなないような妙な名前ではあるが、中東には多いのだろうと思っていて、事件があった時も、歌とは特に関係はないと思っていたのだが、調べたらそうでもなさそうで、「へえ」と思った。

公式な情報ではないのだが、このページこのページによれば、歌のカショギはアドナン・カショギというアラブの武器商人で、Wikipediaによれば、殺害された人の甥だそうだ。この人は、アルファイダやイメルダ・マルコスとも繋がりがあったようだし、Wikipediaや前掲のページによれば、歌の船(大型ヨット)は最後はトランプに売られたそうで、なかなかすごい(& 恐ろしそうだ)・・・

PS. ちなみに、僕は昨夜調べるまで、長年この歌の名前を"Khashoggi's Shop"(カショギの店)と誤読していた(そのうえ「カショギ」の綴りも分からなかったため、プレーヤーではなかなか検索できなかったw)。そして、(詞を分かろうと思ったことがないので)「中東の人の経営するお店で、何か楽しいことやおもしろい物でもあるのだろう」と思い込んでいた。なに、良くあることだw

  •   0
  •   1

今日は、トイレの他にもう一つうまく行った。先日、思わぬ問題が見付かって仕切り直しにした、PHPのバージョンアップである。問題は、最新版PHPをインストールするためのPPA(公式パッケージ以外のソフトを手軽にインストールできる非公式パッケージ)に、PHP以外の余計なパッケージ(→ PPAのページ下部の一覧を参照)が沢山入っていたことだった※。そのPPA(以下、ondrejのPPA)を使うのは一般的なようだが、セキュリティ上のリスクが高いように思えるので避けたかった。

※今考えると、余計に思えたものはいずれかのPHPのモジュールが依存するものなのかも知れない(だから、全部のPHPモジュールをインストールした時には余計なものがなくなるのではないか)。そうならなおさら、自分が使うモジュールに必要なものだけをインストール・更新対象にしたい。

それで、今日までは、OS(Linux Mint)を更新してそれ(公式パッケージ)に含まれるPHPに更新することを考えていたのだが、良く考えたら、最新のOSに含まれるPHPは最新ではないため、すぐにサポート期間が切れてしまうことに気付いた。以下にその関係を示す。

Linux MintとPHPのサポート期間の関係

  • Linux Mint (→ 参照)
    • 18.3(現在使っている版): 2021/4まで
    • 19.1(最新版): 2023/4まで
  • PHP (→ 参照)
    • 7.2(Linux Mint 19.1(Ubuntu 16 LTS)のパッケージで入るもの): 2020/11末まで
    • 7.3(最新版): 2021/12頭まで

OSをLinux Mint 19.1に更新するとPHPは(最新の1つ前の)7.2にできるが、それは来年終わり頃にサポート期間切れになってしまうので、また今回のような状況になる。しかも、それがOSの期限切れまでに何度も起こるので、そのたびに必要もないのにOSを更新することになって無駄だ。それで、代わりの案を考えたら、以下の2とおりになった。

  1. ondrejのPPAの中のPHPだけを抜き出して使う。
  2. 自分でPHPをビルドしてインストールする。

2の自分でビルドするのはさまざまな問題や手間がありそうなので、却下した。1の、PPAからPHPだけを抜き出して使う方法を考えたところ、以下のいくつかの方法が浮かんだ。

  1. OSの設定を調整して、ondrejのPPA中のPHP以外のものを無効にして、PHPだけがインストールできるようにする。 (→ 参考1, 参考2)
  2. ondrejのPPAからPHPだけを抜き出した、「自分のPPA」を作る。 (→ 参考1, 参考2)
  3. ondrejのPPAのサイトからPHPのパッケージファイル(deb)だけをダウンロードして、インストールする。その処理を自動化する。

1番目はPinning(aptの設定ファイル中にPinという設定を記述する)でできそうだが、間違えると、前回のように厄介なことになりそうだ。2番目は、抜き出すだけでなく、抜き出したものをパッケージにするための情報を再度作成する必要があって面倒そうだ。3番目は一見簡単で、やればできるのだが、自動処理するにはOSのパッケージのインストールの仕組みを自分で作るようなものなので、間違いやトラブルのリスクが増えそうだ。

結局、1番目(Pinning)を採用することにした。試行錯誤でシステムを壊さないように、仮想環境で試した。すると、意外にうまく行った。以下のような手順で設定すれば良い。

  1. ondrejのPPAをOSに追加する。
  2. aptの設定ファイルを修正する。(→ /etc/apt/preferences.d/ondrej-php.pref)
  3. PHP 7.3のインストールに必要な依存モジュールを調べて、上記設定ファイルに追加する。
  4. 余計なパッケージがインストール対象になっていないか確認する。

1は、検索するとすぐに出て来る方法で、例えば以下である。

sudo sh -c "export LC_ALL=C.UTF-8; \
add-apt-repository ppa:ondrej/php"

2は、参考ページを参考にして、以下のようにした。

/etc/apt/preferences.d/ondrej-php.pref:

# ondrejのPPA中の全パッケージを無効にする。
Package: *
Pin: release o=LP-PPA-ondrej-php
Pin-Priority: -1

# ondrejのPPAのPHP7.3のパッケージを有効にする。
Package: php7.3*
Pin: release o=LP-PPA-ondrej-php
# 公式パッケージがない時だけ、ondrejのPPAのパッケージを使う。

Pin-Priority: 400

# ondrejのPPAのPHP7.3が依存するパッケージだけを有効にする(下線部は自分が使うPHPのモジュールによって変わる)。
Package: libargon2* libpcre2* libsodium2* libssl1*
Pin: release o=LP-PPA-ondrej-php
# 他にパッケージがない時だけ、ondrejのPPAのパッケージを使う。

Pin-Priority: 50

なお、上のPin指定の"o="に指定する名前(提供者名)は、1の後に以下のコマンドを実行すれば確認できる。

apt-cache policy | grep -i php | grep "o="

3の追加パッケージを調べるには、必要なPHPのモジュールをaptitudeに指定して、インストールをシミュレートするモード(-sを指定)で実行する。以下にコマンドの例を示す。

sudo aptitude -s install php7.3 \
php7.3-{common,cli,cgi,curl,mbstring,wddx,\
xml,xmlreader,xmlwriter,xsl,opcache,json,\
readline,exif,posix}

上のコマンドを実行すると、依存するパッケージlibargon2-0, libpcre2-8-0, libsodium23, libssl1.1が不足していると出るので、ondrej-php.prefの3番目のPackage指定に追加する(下線部。指定にはワイルドカードが使用可能)。

4の、余計なパッケージがインストール対象でないか確認するには、apt-cacheコマンドやアップデートマネージャーを用いる。以下にapt-cacheコマンドでの確認の例を示す。

apt-cache policy | grep -i php | grep -v sury
apt-cache policy | grep -vi php | grep sury

1番目はPPAの説明が出ればOK、2番目は追加した依存パッケージのみ出ればOKである。

実際のPHPのインストールは、3のコマンドに-sを指定せずに実行すれば良い(私はインストールの前に現在のPHPをアンインストールした)。インストール後に、PHPのバージョン(php -v)やモジュール(php -m)を調べて、想定どおりならOKである。その後、既存のプログラムの動作確認や調整などを行う。

書くと長くなったが、意外に簡単にPHP 7.3に更新することができた。作業時間(事前検討などは含まず)は30分程度だった。これで、再来年の頭までは(大きな問題がない限り、)今のOSでも行けそうだ。

PS. OSをバージョンアップする際は、設定ファイルのPackageで追加したモジュール(libargon2など)はおそらくOSに含まれているだろうから、バージョンアップの前に設定を調整(php7.3*だけにする)した方が良さそうだ(バージョンアップ後でも大丈夫だと思う)。 ← その後、PHP7.3や依存モジュールのPin-Priorityを下げることで、仮に公式パッケージが出た場合やOSのバージョンアップ後には公式のものを優先させる設定にした。

(1/5 6:21 ondrej-php.prefの設定を改良)

  •   0
  •   0