Archive for 1月, 2020

本サーバのプロバイダによるメンテナンス作業(物理サーバの交換準備)が行われるため、下記の時間はアクセスできなくなります。

2020年2月3日 14:00 - 17:00

作業の終了後、私も動作確認する予定です。

 

某良品の会社のように長期化せず、つつがなく終わることを祈りましょうw

2/3 17:24 簡単に確認し、OKでした。

実は、メンテナンスはもう一回(実際にサーバを交換する)あり、その時が本番みたいなものです。今から楽しみにしてます(嘘)。

クラウド(このサーバは正確には"VPS")といえども、最終的には「物」なので、いつかは老朽化して交換する必要があるのを実感しています。GoogleやAmazonのような本物のクラウドだと、停めずに交換できるのかも知れません。いずれにしても、自分で買って保守するよりはずっと安そうです。

  •   1
  •   1

注意 3か月くらいiVideoを使って何度かトラブルがあったが、SIM・ルーターの管理や障害対応が全く適切でないと感じた。更に、通信障害が起こっても、通信に関してはキャリア任せなのでトラブルシューティングができず、機材(SIM・ルーター)の交換しかできず、それも「様子見しろ」と言って渋るし、交換されるにしても届くのが数日後で、その間は障害はそのままなので、iVideoをメインに使うのはリスクが高過ぎることが分かった。その経験から、iVideoを重要な用途(例: 光回線の代わり)に使うことは全く推奨しない。

具体例については、「[悲報] 完全無線は時期尚早でござった。」を参照のこと。(2020/3/25 6:34)


大容量MVNO SIM(iVideo)による通信の完全無線化も大詰めである※。iVideoの大容量SIMを試用し出してから今日で20日経ったが、大きな問題は何も起こらなかった。そこで、(Nexus 4経由の通信速度の遅さが不満になった(とは言え、ほとんどは気分の問題w)せいもあるが、)次のステップとしてモバイルルーターをレンタルした。以前書いたが、僕なりに調査・検討したら、(iVideoでは)ルーターは買うより借りる方が得策だと思ったからだ。

※ちなみに、先日、もう無線で行けそうだと判断したので、光の解約の連絡をして早々にケーブルやONU、ルーターを撤去した。ようやく因縁のOCNから離れられてせいせいしたし、神経を遣う光ケーブルが部屋からなくなったので、なかなかすっきりして気分がいい。

iVideoのレンタルルーターはいくつかあるが、僕が使う容量(200GB/月程度※)では、iV501と501HWの2つに限られる。501HWはSBMの公式ルーターのようで、容量プランが300GB/月と丁度良く、しかも、iV501(容量は「超極大容量」: 以前は900GBと書いてあったが・・・)より300円/月くらい安いので、最初はこっちにしようと思っていた。

※今までの通信データ量は約71GBで、約3.6GB/日、約111GB/月となって、(100GB/月では少し足らず、)とても惜しい。

なお、試しにSpotifyの品質を"High"に下げたら、約10日間での計測では約3.3GB/日となり、少し減らせることが分かったが、それでもギリギリ100GB/月で余裕がないから止めて、元の"Very High"にした。まあ、"High"でも全く音の違いが分からなかったからそっちでもいいのだが、「同じ値段ならいい(原価が高い)もののほうがいいだろう」という貧乏論理であるw でも、もし"High"にして65GB/月くらいになるなら、喜んでする。ただ、それが"Normal"だったらどうだろう? 沽券に関わるような気がするので、しない気はする(爆)

しかし、501HWには気に入らない点が二つあった。一つは、TV機能があることだ。最初は全然意識していなかったが、あとになって気付いた。スマフォのアプリにデータを転送して観るようだ。ご丁寧にもフルセグまで観られるようだ(B-CASはどうしているのだろう?)。それを知る前は乗り気だったのだが、これでかなり盛り下がってしまった。「余計なもの付けやがって、いい加減にしろ!」って感じだ。いや、メーカーは悪くなくて、某押し売り放送がすべて悪いのだが。

メーカーの技術者は全く可哀想だ。上司だのキャリアが「やれ!」と言うから苦労して入れたのに、今となっては誰にも喜ばれないものに成り下がってしまったのだから、踏んだり蹴ったりだ・・・

次は重さだ。501HW(150g)はiV501(90g)より随分重い。毎日持ち歩く訳ではないが、他に普通のスマフォ(やっぱり150gくらい)も持つから、ルーターも持つなら少しでも軽い方がいいと思った(ちなみに、サイズは同じくらいだ)。使用可能時間は概ね同じなので、TV機能のために増えた消費電力を賄う電池やロッドアンテナ、あとは綺麗そうなディスプレイのせいで重いのだろうか?

なお、iV501は一見ディスプレイだが、実はLEDが4つしかなくて、なかなかミニマムだ。そのLEDにしたって、どこにも詳しい説明が書いてないから意味不明だ。使っていると消えるが突然点く。そして、電池不足の時にどうなるのか、全く分からない。まあ、気にせずテキトーに使えばいいってことなんだろうw (でも、それにしたって、電池残量は知りたいなあ・・・)

あと、501HWはUSから目の敵にされているメーカー製なのも、少し気がひけた。ただ、そんなこと言ったら、iV501なんて名もないCNのメーカーだから、中身がどんなことになっているか全く分からないのでw、この点は特に気にしないことにした。

その他には、501HWはルーターの機能が豊富そうだった※が、今までの経験上、そんなにいろいろ使わなかったし、あってもイマイチだったのでw、一通り使えればいいと考えた。また、一か月使ってみて、機能などが不足だったら501HWに替えればいいと思った。それ以外は、僕にとっては大きな違いはなかった。

※一方、iV501には詳細なマニュアルが存在していないようで、分からなかった。ただ、YouTubeの紹介動画(僕は音は出さずに見た)で必要な機能はありそうなことが分かった

数日前にiV501を注文し、今日届いた。早速 設定して動作確認したら、なぜか、通信速度がすごく遅かった。全然使ってないのに速度制限が掛かっているような感じで、100kbpsくらいだった。それで、試しに以前から借りているSIMを入れたら速くなった。測定サイトや時間によるが、大体、ダウンロードは30Mbps, アップロードは20Mbps前後出た。欲張りな本音としては50Mbpsくらい出て欲しかったが(← 何度か測ると出ることがある)、とりあえず、Nexus(10Mbps)よりはずっと速いし、実用には問題ないので良しとした。

元々のSIMでいろいろ試しても遅いのが直らなかったので、iVideoに連絡したら、(最初は良くある「あれしろこれしろ」だったが、2回目に)交換品を送ってくれることになり、なかなかサポートが迅速でちゃんとしているのに感心した。ただ、今回はたまたま交換できるSIMがあったので通信途絶状態にはならなかったが、今後もこういうことがあるのであれば、切り替え時にはある程度の余裕が要りそうだ。まあ、その分安いのだから仕方ないだろう。だから、先日考えたのだが、スマフォのSIMを0SIMにしてしまうと こういう時の代替に使えなくて不便な気がしている(まあ、そもそも速度が遅過ぎるようだから、その時点で駄目ではあるが)。

ルーターは、SIMに起因する速度の遅さ以外に大きな問題はなかったが、「ちょっと臭い」という問題があったw 本体はどうやら新品のようだが(でも、残念なことに、そうは見えなかった)、収納バッグに男性用化粧品の臭いが付いていたようだ。レンタルビデオの袋みたいなものだろう。とりあえず、別の袋に入れて仕舞っておくことにした。

という訳で、このルーターで一か月間様子を見て、大丈夫そうなら長く(6か月や1年)レンタルしようと思う。

 

(1/31 12:27) 通院時に少し持ち歩いての感想: 通信は問題なかったが、なんかルーターがカイロみたいに暖かくなっていたので大丈夫かと思った。スマフォなどでは良くあるようだが、僕は初めてなので、少し心配になった。まあ、電池が持てばいいけど、どうなのか様子見だ。

あと、僕が「ないんですか?」と質問したからでもないだろうが、今日、あればいいと思っていた、iV501での300GBのプランができたという案内が来た。今のプランより一か月200円ほど安い。「慌てる何とかは−」じゃないだろうが、まあ、次回乗り換えればいい。こうやってダイナミックに契約を切り替えられるのは本当に便利だ。というか、普通はこうあるべきなのに、ガラパゴス国のずるい売り方のせいで不便になっているのだ!

 

PS. ちなみに、iV501は、以前Amazonで注文したけど全然届かなくてキャンセルしたものと同じ物のようだ。まあ、Amazonマーケットプレイスでは外見が同じだからといって中身も同じと思ってはいけないようだがw

PS2. スマフォで通信速度を測った時、なぜかGoogleではSIMを換えても遅かったので調べてみたら、Operaがデータ圧縮のために外国のサーバを経由しているからのようだ(サーバが"Manilla"などと出た。Chromeにしたら"Tokyo"に直った)。

PS3. PCとルーターをWi-Fi接続するブリッジ(TP-Link TL-WR802N)をDHCPで動かすと、初期のIPアドレスが競合するようで、若干面倒なことになるので、固定アドレスにした。

あと、WR802Nには謎がある。iV501の接続デバイス一覧で見ると、WR802Nらしきものが3つも接続されているように見える。どれも、本来のWi-FiのMACアドレスではなく、ローカル管理のMACアドレスのようだ。最初は早くも侵入されたかと思い、気分が悪いのでブロックしたら繋がらなくなってしまった。何をしているのだろうか?

  •   0
  •   0

大容量MVNO(iVideo)を用いた通信の完全無線化のための確認の一つに、「(車などでの)移動中の通信も問題ないか」がある。もちろん、元の回線は腐ってもSBMなので問題あるはずはないが、仮にSBMがクソだったり、僕の環境(使い方)では問題が生じたりする可能性があるので、一応確かめておこうと思った。

方法としては、車で移動しながら通信が途絶えたりしないかを調べればいいのだが、電話やブラウズしながら走るのは不可能で危険だし、今は違反になるからできない。あとは何か自動的に通信するプログラムを動かす手がある。そこで、ここは趣味を生かしてw、Spotifyを使うことにした。

最初は普通に(構成は以下のとおり)、スマフォ(AQUOS sense lite)でSpotifyを再生しながら(通信は通常どおり、Nexus 4でLTEをWi-Fiテザリングする)走り、途中で音が途切れないかなどを確認しようと思ったのだが、AQUOSのスピーカーの音はとんでもなくしょぼいから、走りながらイライラしそうな気がした。

Spotify → LTE(iVideo, SBM) → Nexus → (Wi-Fi) → AQUOS → 音

そこで、AQUOSの音を車のステレオから出せば、多少は音が良くなるかと思った。が、接続する手段がない。車のステレオ(ナビ)には外部入力(ビデオ・音声)はあるのだが、バックカメラで塞がっていて使えないようだ(カメラは映像だけなので、音は入るはずではある。が、それを再生できるかは不明)。そこで、FMでラジオに送信することにした。それにしてもFMトランスミッターはないので、買うしかない。

安いのを探したら千円くらいのがあったのだが、見ているうちに欲が出て来て、スマフォとFMトランスミッターを(ケーブルでなく)Bluetoothで繋ぎたくなった。そういうのは2千円くらいした。が、Amazonを丹念に探したら、なんと、千円以下のものがあった。J-ForceのJF-BTFMEXK(以下、BTFMEXK)というものだった。キャッシュレスの5%還元とポイントを適用したら約880円と、ケーブル接続のFMトランスミッターより安くなった。

当然落とし穴はあると思ったが、レビューを見てもそれほどひどいことはなさそうで、いろいろ駄目だったとしても、とりあえず通信の確認には使えそうだから注文して、今日届いた。

早速室内で試すと(これは電源が別体なので、車内でなくても手持ちのUSB電源アダプタが使えて便利だった)、ちょっと謎(リセットしないとNexus 4ではペアリングできなかった)があったものの、基本的な動作は問題なかった。ただ、早速思わぬ落とし穴があった。

これはイヤフォン・マイク(どういう訳か、これはBluetoothで通話もできて、そのヘッドセットになる)が付いているのだが、音をFMで送信している時も、そこからも音が出るのだ。全然思ってもいなかったのだが、FMに出る音は常にイヤフォンからも出て、消せないようだ(ボリュームを下げるとFMの音も小さくなってしまう)。イヤフォンの音は小さいけど気になるので、開口部をマスキングテープで塞いで小さくした。確認して実用になりそうなら、イヤフォンへの線を切断することなどを考えていた。

あと、イヤフォン部(実はこれが本体のようで、Bluetoothの処理をしている)とFMトランスミッター部が分離するのだが、それが結構軽くて、走行中に容易に外れそうだった(外れると、ラジオから音が出なくなる)ので、被覆付き針金で縛った

もう、届いた直後から見る陰もなく、散々なありさまだがw、とりあえず車で試してみた。実際の利用時を想定して、以下の構成にした。(なんか、狭い車内で電波(LTE, Wi-Fi, Bluetooth, FM)が渦巻いていて大丈夫かと思うが、実際にはどうなんだろう・・・)

Spotify → LTE(iVideo, SBM) → Nexus → (Wi-Fi) → iPhone 6s※ → (Bluetooth) → BTFMEXK → (FM) → 車のラジオ → 音

※iPhoneでなくAQUOSでもいいのだが、余っていたのと、ある程度車内に置きっぱなしにしたかったので、別にした。

すると、予想以上に音が悪い。まあAQUOSのスピーカーよりはいいけど、まさに「ラジオの音」だ(いや本当にラジオなのだが、FMなのにAMのように高音が出ず、電波状態が悪い時なのか、高音がシャキシャキすることがある)。FMの周波数を変えると音は変わるが、「バッチリ」にはならない。iPhoneのイコライザで高域が強まるようにしてみたが、やっぱり今ひとつだった(そうしたら、「シャキシャキ」の頻度が増えた気がする)。

音以外でとても残念なのは、車(エンジン)を停めても(= ACC off)再生が停まらず、エンジンを掛けても(= ACC on)再生が始まらないことだ。どちらも自分で操作しなければならない。この操作はイヤフォン部のボタンでできるので便利なのだが、いちいち操作するのはやっぱり面倒だ※。探している時は、BluetoothのFMトランスミッターは普通はエンジン(ACC)と再生が連動するそうなので、それを期待していたのだが、駄目だった。更に、イヤフォン部には電池が内蔵されているので、車から外している状態でも うっかりボタンを押すと再生が始まってしまい、不意にイヤフォンから音が出るという、悲しいことになる。

※今気付いたが、スマフォのAutomagicのような自動化アプリで、電源の状態に応じてSpotifyを再生・停止させることができるかも知れない(でも、できない気もするが、IFTTTとかならできそうな気もする)。

いずれにしても、BTFMEXKは全くのクソではないのだが、がっかりする(惜しい)ことが多かった。それから、BTFMEXKに限らず、FMラジオでの接続は音がひどくて使い物にならない※ので、最低でもオーディオ(アナログ)ケーブルでの接続にしたいところだ。そんな訳で、この構成で車内でSpotifyを聴くのは見送ることにした。

※なお、無線での音の伝送はLTE, Wi-Fi, Bluetoothでも行っているが、それらは(今回は)音質への影響はないと思う。というのは、音の劣化具合がいかにもアナログ的(例: 高音が出ない)だったからだ。音がブチブチ切れたなら影響が考えられるが、それは全くなかった。という訳で、アナログ伝送は脆弱なのを実感した。

ただ、そもそも今回の目的は、移動中もiVideo(SBM)の通信が問題ないかを確かめることで、約30km走って全く大丈夫だったので良しとする。

問題なかった理由の一つは、(回線の質がいいこと以外に、)Spotifyはリアルタイムに音のデータを取得しながら再生している訳ではなく、(最初などに)ある程度まとめて取得しておいたものを再生しているため、データ取得時でも再生時でも多少回線が切れたりしても、再取得する余裕があるからだと想像する。

電話(完全にリアルタイム)なら話は別だが、iVideoには電話サービスがないし、仮にIP電話にしたって、僕は滅多に電話はしないから、確認する必要はなさそうだ。

それにしても、BTFMEXKは「技術の極み」とうたっているが、僕に言わせれば「惜しい極み」だw 一体どういう考えで こんな奇想天外な機能・構成のシロモノを作ったのか想像もできないが、それぞれの要素の機能はちゃんとしているので、それらをもっとうまく連携して詰めれば結構売れたと思う(そして、こんなに安売りされることはなかっただろう)。もったいないことだ。

まあ、各要素が分離するので、気が向いたら改造したいと思う。トランスミッターとイヤフォンと電池は捨てて本体(Bluetooth→オーディオ変換機能)だけ使い、そのライン出力を取り出して、何とかステレオ(カーナビ)に繋がるといいが・・・※

※仮に改造できず、車で使えなかったとしても、USB電源アダプタ(2口、片方は大容量出力)は使えるから、それが880円と考えれば悔しくはないだろう(でも、実は既に持っている。まあ、今のは出力が小さいから、AQUOSの高速充電とiVideoのモバイルルーターに使えるだろう)。

それにしても、これって、まさに昔の車(VITA)でやっていたことだ。当時はiPodをケーブルで車のステレオに繋げていたのだ。やっぱり最初はFMで飛ばそうとしたのだが、音が悪かったので すぐに諦めたと思う。すっかり忘れて居たが、全然進歩がないものだwww

 

PS. BTFMEXKで一番感心したのは、USB電源ケーブルが柔らかくてしなやかだったことだ。ここまで柔らかいものは見たことがない。本当におもしろい製品だ。

PS2. カーナビで思わぬことが分かってしまった。アンテナは切断してB-CASカードも入れてないのに、なぜかTVが映ってしまったのだ。ワンセグが入ってしまうのだろうか? 全く危ないところだった。N○Kにしつこくカーナビのことまで聞かれたら、ドヤ顔で「映せるものなら映して下さい!」と言おうと思っていたのだw

それにしても、本当に迷惑だなあ・・・

  •   1
  •   0

僕の好きなグループのwebより。最初に見た時に、レイアウトの詰めが今ひとつなことや文字抜けに気付いたが、以前同様、彼女たちらしくて微笑ましく思っていた。

でも、昨日再度見たら、思わぬことを発見して うなった。更新情報の2つ目を見ると、

2020/1/17ォトギャラリー

とある。

7ォトギャラリー

とな!! まさに偶然の技だ。もちろん本人たちは気付いていないだろうが、そういうところも好きだ^^

  •   0
  •   1

物議を醸した芸人による教育系You Tube動画。数学で信頼できる動画の見分け方とは」(ママ)というのをちょっと読んだら、本題どころか例が全然分からなくて唖然とした。解き方が全くの謎だったのだ。その例というのは、

x>0のときx+1/xの最小値を求めよ

を「2変数の相加平均と相乗平均の関係」なるものを使って解くそうだが、「はぁ? そんなのあったっけ?」だ。きっと、当時は教わってちゃんと使っていたのだろう。でも、この記事の正しい解き方(その相加・相乗平均の関係を使う)はどうにも直接的でなくて、納得できなかった。

それで、今の僕だったらどうやって解くかを考えたが、「Excel(あとはgnuplotやMathematica?)でグラフで・・・」とかいうのをなしとすればw、グラフのイメージ(を脳内で描いて)から解(最小値)を求めるため、微分すればいいのではないかと考えた(ほとんど直感w)。実際、それで解けた感じだ。

y= x+1/x を微分すると、 y'= 1-1/x2 である※1。
yの曲線の底※2あるいは頂点では y'= 0 で、その時、x= 1 (0= 1-1/x2 → 1/x2= 1 → x= 1)である。
x= 1の時、曲線yは底であろう※3から、yの最小値はx=1の時、y= 1+1/1= 2。

※1 物忘れがひどくて、両方とも導関数が分からなかったので、金沢大にお世話になったw
※2 正しい呼び方かは不明。頂点の反対なので、「谷」とでも言うのだろうか?
※3 勘でそう思ったが、どうやって調べるかは忘れた。 ← 手でy'= 0の前後の値を計算して、傾きの正負を調べて、↗とか↘を書いた覚えがあるが・・・

と、僕としては直接的かつ比較的簡単に解けたが、実際にはy'= 0の点は頂点だったり(ちょっと手でグラフを描いてみれば分かるだろう)、最小値は底でも頂点でもなかったりする(yが単調増加・減少の場合)だろうし、微分できない場合(忘れちゃった時?w)もあるだろうから、一概にこうやって解けばいいとは言えないのかも知れない。あと、自分の好みとか得意な解き方もあるだろう。

でも、(僕の感想としては、)最小値を求めるのに、(グラフをイメージすらせず、)いきなり相加平均・相乗平均を引っ張り出すのはなんかおかしくないか??? 言っちゃ悪いが、小学校の算数の解き方的な気がする。そして、こういう解き方をする人は、天才か凡人のどちらかだ。後者の場合、こういうやり方からは何も生まれないと思う。

逆に感心するのは、最小値を求める時に平均を思い付くことだ。おそらく暗記するんだろうが、すごいことだ。そんなことしてたら頭がいくらあっても足らない。覚えるのはこのパターンだけじゃないし、数学だけじゃないからね。もっと楽しようって頭はないのだろうか?

ものすごく脇道に逸れたが、まあ、実用的には「(まずは)Excelでグラフを描いてみる」が一番いいと言えそうだw

 

PS. 元記事では>などが全角になっていたので、引用時に変換した。あと、"You Tube"はないよなあ・・・ (書いた人も不勉強では?とまでは言わないがw)

PS2. 僕は数学とか本当に苦手だし嫌いなんだが、歳を取ると変わるのかね。工作が少しできるようになったのと通じるものがある?www ← なんか自慢になってしまうが、ようやく(さまざまな)道具の使い方が分かって来たとか、いろいろなことを広い目で(あるいは、少し高いところから、あるいは、少し引いて)見られるようになったのかなあと、思った。

  •   0
  •   0

今の部屋は昔ながらのやり方で、汚損の修復費用分担などの条件が全く明確でなく、退去時にどのくらい修繕費用を請求されるのか分からず、ちょっと心配になっている(大家がまともならそんなことはないが、ここの大家は、節電のためか、階段の照明を減らしたり消したりする(しかも、明るくても暗くても、タイマーで決まった時刻で自動でon/offするようで、一般の人は点灯できない: 階段なんて危険なところで節電する考えがクソだが、それでも節電したかったら、ごく普通の頭があれば、まずはLEDにしたり人感センサーにするのではないか!? まあ、その初期投資すらしたくないのだろう)、セコいアフォである)。逆に、新居は汚損の修復に関する条件や費用が明確なのはいいが、かなり細かくて、「これ、無傷で使い続けられるかなぁ・・・」と、今から心配している(規則なのでワーストケースを書いていて、実際には緩い可能性もあるが、今は分からない)。

両方に共通するのは、入った時からあった瑕疵(傷・汚れ)は、入る時に双方で確認せずに出る時だけチェックされるので(新居でもそうかはまだ不明)、自分は何もしてないのに請求される可能性があることだ。

今の部屋については、僕も、最初から汚損していた状態を写真などで記録しておかなかったので、入った時からあるものを指摘された場合、証拠なしで「入った時からです」と言うしかないが、数が多いので信じてもらえるかは不明だ。そこで、新居ではそのようなことがないようにしたいと思った。

どうすればいいかというと、入居した時からあった瑕疵を写真撮影をするのはもちろんだが、撮影日時を客観的に証明できるようにしたい(本来は、瑕疵を見付けた時点で管理会社に確認してもらうのがベストなので、そのつもりでは居る。ただ、確認に来ないとか、確認してくれても記録・保存しない可能性があるので、その対策が要る)。その点では、画像のEXIF情報やファイルのタイムスタンプはいくらでも変更できるから使えない。何か、誰でも簡単に分かる、改ざん不可能なタイムスタンプが欲しい。それで、以下のような案を考えた。

  • タイムスタンプサービスの利用
    • 無料のものはほとんどなく、あってもサービスが終了する可能性が高い(終了した例: かんたんタイムスタンプ)。
    • 無料サービスの例: freeTSA
      • WebのPDFにタイムスタンプの画像が埋め込める。
      • フォントの関係か、日本語が出ない。
  • 第三者によるwebの保存 (Webに画像を貼るとした場合)
    • ウェブ魚拓: いつ終わるか、なくなってしまうか不明
    • Wayback machine: いつ保存されるか不明(保存されない場合もある)
  • SNSなどに非公開投稿
    • Twitter: (基本的には)過去の投稿はできず、投稿の編集もできないので、使えそう。
    • Facebook: 過去の投稿ができるし、投稿の編集も日時の変更もできてしまうので不可
  • 日付変更できないものを一緒に写す。
    • その日の新聞、変質しやすいレシート(例: 感熱紙): 後日でも使えてしまう。
    • スーパーなどの、日付入りラベルが貼付された食品(消費期限が短いもので、変質がすぐに分かるもの)?: ふざけてるのかと思われそうだし、店に知り合いが居れば偽造もできる(が、それは犯罪になるから余りないか)し、ラベルを剥がして保存しておく抜け道もある。
      • → 使うとすれば、簡単にラベルが剥がせず(例: ラップに貼ってある)、腐りやすい食べ物。
        • パック入りの鮮魚や刺し身、たらこ、寿司など?
    • 2要素認証などのOTPの トークン: 普通の人は理解できないし、日時を証明・検証できない。
    • スマフォの時計画面: 手でも設定できてしまう。
      • 原子時計などなら時刻が変更できず、この用途に使えるのだろうか?: でも、説明しても分からないだろうし、上辺だけの偽物でも可能だ。
    • 公的期間で貸してくれるもの(日時が入っていて、短期間で必ず返却するもの)。: いいものがあるのか??
      • 車の仮ナンバー: 有料だし、ふざけてるのかと思われそうw
      • 図書館の本の貸出カード(昔ながらの、本の貸し出しごとに日付と名前が記入されるもの): 今は、プライバシーの関係でそんなものはなさそう。
      • 運転免許証: かなりスパンは長い(数年)が、無効になった後(更新後)は回収されたり穴があくから、使えないことはない? (やっぱり、数年は長過ぎて使えない。)

今のところTwitterが一番有望だが、やっぱり突然仕様が変わったり終わる可能性はあって、なかなか安心できない。あとはパック入り生鮮食品(実は、一通り書いたあとで思い付いた)だが、やっぱりふざけていると思われそうだ(でも、ローテクだけどネットやインフラ不要のタイムスタンプのアイデアは我ながらおもしろいw)。厄介な問題だが、技術的な話でもある(し、わずかにBTTFぽくもある)のでおもしろがって来ているw 実際にうまく使えれば、無駄なコスト削減やイライラ軽減に大いに役立ちそうだから、考える価値はある。

 

PS. こういうのこそ、国が(使えない番号だのカードを押し付けるんじゃなくて)無料でやればいいのにと思ったが、まあ、誰も思い付かないんだろうねえ・・・ こういう時だけ「民業圧迫は良くない」とかいう論理?

  •   1
  •   0

スペックにはなかなか惹かれるが、3気筒はないだろうって思う。それでも国内(海外も?)で絶賛されているのが嘘臭い。普段は「トーションビーム? はい、解散」とか言ってるスペック厨(「形式厨」の方が正確だ)が、なぜ3気筒は許すのだろうか? 振動はバランス・シャフトだかでなくしているからスムーズさでは問題ないというのは分かるが、そういう小細工が気に入らない。

同様に、僕はGT-Rにドライブシャフトが2本(前(エンジン)→後ろ(ギア)とギア→前(車輪)らしい)あるって知った時に絶句した。いくら速くなるようにそういうふうに作ったとしても、クソだと思った。

そして、楽しく走るのに3百馬力近くも要らないし、あの形はやり過ぎだし、基本的に美しくない。そもそも高過ぎるw

なんて四の五の言うから、こんなふうに揶揄されるんだろうね(爆)

  •   0
  •   0

(今となっては結構昔の)ポップ音楽で思った(ている)こと。

区別の付かないグループ

  • ELTとMy little lover (曲(演奏の意)が似たような感じで、区別が付かない。持田の、外見はほわーんとしている(でも、かっこいいことも多い)けど歌は鋭い感じが好きなのだが、聴くと両方とも彼女のイメージが浮かぶw)
    • 投稿を見直す前は「ELTとEvery little thing」なんて書いていた・・・ ボケかなあ??
  • ELTとドリカム (どちらかは不祥事で一人抜けた覚えがある。先日、ELTがそうだと思って調べたら違った。)

これだけ。

あ、書いたついでに

「川の流れのように」は、何度聴いてもいい。いいのだが、ごくわずかに歌と伴奏がずれている箇所がある。でも、仕方ないことだ。それでどうこう言うつもりはないし、それで価値が変わることは全くない。逆に、AIでやったら、そういうのはなくなってしまうんだろうなと思う。全くの技術馬鹿だ(無駄無駄。止めろ止めろ!)。そういうのを作っている人って、本当に音楽が好きなのだろうか??

 

あと、すごいついでに。

「6つの音」とか「雪男」とか、(USのパクリみたいで)相変わらず全然センスなくて草も生えないwww

  •   0
  •   0

先日の激安Wi-Fi子機は(僕には)完全にゴミだったので、別の物を注文したのがさっき届いた。最初はTP-LinkのUSB Wi-Fi子機にしようと思って注文したのだが、少ししたら気が変わり、幸い発送前だったのでキャンセルした。

まず、USBの子機は(どの機種でも)すぐに壊れるという口コミが多い(確かに、僕が以前持っていたのも、普通に使っていたのに数年(2年くらい?)で壊れてしまった)。それで、普通に長持ちしそうなものにしたくなった。それから、Linuxで使えるかどうかが全くの賭けになってしまう(しかも、カーネルなどの更新によって使えなくなることすらある)のが嫌だった。

それで、PCに内蔵するPCI ExpressのWi-Fiインタフェースカードにしようかと思った。が、確かに、壊れにくさとLinuxとの互換性はUSBに比べて良さそうではあるが、将来性も汎用性もないので止めた。もちろん今のPCには使えるだろうけど(それだって保証はない)、次のにはきっと使えない(挿せない)と思うのだ(まあ、そもそも次のはWi-Fiは内蔵されているだろうけど)。

それで、最高に互換性が良くて最も汎用性のある、Ethernet-Wi-Fi中継器(ブリッジ)にすることにした(実は、以前も何かの機会に少し考えて止めた)。良く、「ホテル用」などと言って売られているものである。これなら、およそどんなOSでも使え、PCを変えても確実に繋がるし、使わなくなっても他の用途に使えそうだ(が、今は「出張」なんてないし、そもそもホテルのLANは全然信用してなくて使ったことがないから、機会は少ないだろうがw)。

いくつかの製品を比べて、やっぱりTP-LinkのTL-WR802N(以下、WR802N)にした。3年保証なのと、日本の他社製品に比べて若干評判が良かったのが大きい。他社のは、良く切れるとかすぐ壊れるとか基本的な機能が不足しているなどと書かれていた。Amazonで約1800円だった(ヨドバシにしたかったが、TP-Linkは初めてなので、初期不良時などの返品のしやすさを考慮してAmazonにした)。キャンセルしたWi-Fi子機より千円くらい高いが、機能が多く、使い回せて長持ちしそうだから良しとした。

早速試してみた。全般的にはいい感じで、がっかりすることは何もなかった。もちろん、何の苦労もなくPCと繋がった。とても小さいから邪魔にならなくていい。設定も機能もシンプルだけど、要所が押さえられていていい。例えば、外国(USと思ったらCNだったかw)らしく考え方がまっとうなのか、管理者のユーザ名が変えられるルーターを初めて見た。あと、EthernetポートにもWi-Fi通信にもアクセスを示すランプがない(ランプは上面の一個だけ)のは すごい割り切りだ(やっぱり、「あんなの−」だったのかねえwww)。

(ケーブルジャングルの中でw)TL-WR802NをPCに繋げて調整中

設定・構成について少し書く。

僕の場合、デスクトップPCのEthernetをWi-Fiに変換してモバイルLTEルータ(今はスマフォ(Nexus 4)で代用)に繋ぎたいので、「クライアント」モードにした。

ここでつまづきそうなことは、設定は全部webから行うのだが、初期状態ではクライアントモードでなく、普通のルーター(「ワイヤレスルーター」)のモードで、EthernetはWANが想定されているため、デスクトップPCを繋いでも管理用webには繋がらないことだ(もしかしたらできるのかも知れないが、僕は諦めた)※。それで、スマフォ(AQUOS sense lite)をWi-Fiで接続して、モード切り替えなどの初期設定をした。この時点では全くのノーガード状態で、初期値を知っていれば誰でもWi-Fiで接続できてしまうので、素早く管理者のユーザ名・パスワード、WR802NのSSID・接続用パスワードを変更したいが、スマフォなのでなかなか面倒だった。しかも、細かいことだが、ブラウザはOperaではうまく表示できず、Chromeに切り替えた。

※この原因は、WR802NがIPアドレスでなくホスト名によるURLで管理webにアクセスさせるためである。確かにシンプルで、一見操作しやすいのだが、一番最初に接続できるIPアドレスを書いておいてくれれば、PCでEthernetからアクセスできたかも知れないので残念だ。口コミを見ると、(日本の製品はほとんどIPアドレスのせいか、)この辺りでつまづいている人が居たようだ。外部ネットに繋がった状態でWR802Nのホスト名のURLを打っても、「そんなの知らないよ」って言われるのがオチだろう。

でも、まあ、うまくできているとは思う。ホスト名とIPアドレス(後者は使える状態が限られている)がいろいろ書いてあっても混乱する人は多いだろう。逆に、URLがホスト名のおかげで、動作モードを変えても管理webのURLが変わらないので、多くの日本製ルーターのように、モードを変えたらIPアドレスを打ち直す(しかも、自分でアドレスを変えたりすると混乱がひどい)手間がないのはいい。これができるのは、中のDHCPやDNSサーバが常に「ちゃんと」動いているからで、なかなか大したものだ。

とは言え、欲を言えば、詳細マニュアル(そんなものは添付されていないw)のようなものに管理webのIPアドレスの一覧を書いておいてくれると、ありがたかった。

初期設定後は、PCからも普通に管理webが開けるようになって、細かい設定ができた(といっても、それほど多くないが)。そして、WR802NがLTEルータ代わりのスマフォ(Nexus)のWi-Fiテザリングに接続したあとは、何も問題なく外部にアクセスできるようになった。当然ながら、(Nexusが遅いので)通信速度は今までと同様、ダウンロードが10Mbpsだった。ただ、なぜかアップロード速度が4Mbpsくらいに上がった。この値は先日外で測った時と同様なので、USBテザリングが遅いのかも知れない。

また、諦めたUSB Wi-Fi子機で起こった、大きなファイルの送信でWi-Fi接続が切れる問題が起こらないかの確認をしたが、当然ながら大丈夫だった(ただし、後述の消費電力測定中には切れた。これは、電流測定用に抵抗を入れたせいかと推測している※)。それから、(テザリングをoff/onして)モバイルルーターを外に持ち出して戻った時に自動で再接続できるかも確認したが、再接続まで少し時間が掛かる(1-2分?)ものの、大丈夫そうだ。 → その後、実際にNexusを持って外出してみたが、帰宅したらちゃんと再接続された。

※このこと(というか、全然脈絡がないが・・・)から、諦めた子機は、消費電力の上昇(→ 発熱)に伴って動作が変わってしまって、ハードがうまく動かなくなるのではないかと想像する。それは、無理やり動かすために処理をスキップした部分が関係しているのではないか。

それから、全然熱くならないのにも感心した。これなら長持ちしそうだ。 → ちょっと残念なことに、稼働して数時間経ったら暖かくなっていた(熱くはない)。 (22:02)

個人的には、熱いのは「駄目」(電気の無駄)で、機器の寿命を縮める原因だと思っている。だから、ファンで強制空冷なんてクソだし、真空管なんて全くの論外だ。やっぱりクールに行きたいね。でも、寒いのは嫌だw

次に、実使用時に電源をどうするか考えた。PCのUSBポートに繋ぐのと、PCの電源に連動してon/offする(そういうテーブルタップを使っている)外部ACアダプタで電源を供給する方法がある。前者だとPCがスリープ中もWR802Nの電源はonだが、後者ならスリープ中はoffにできる。

ACアダプタが増えるのは煩雑なので、USBポートの電源をon/offできないか試したが、なぜか以前と違ってできなかった(電源自体は制御できず、論理的に有効・無効になるだけのようだ)ので諦めた。まあ、AC電源を使うものは他にも山ほどあるし、PCに合わせてon/offすれば、WR802Nが頻繁にリセットされるから変な状態になりにくくなることが期待できるので、ACアダプタにした。

もしPower over Ethernet対応だったら、接続が1本だけで済んでとてもスマートだが、高くなるだろうし、期待通りの電源制御ができるかは不明だ。

あと、PC内の5V電源(HDD用?)を取り出して使えば、ACアダプタが不要になるうえ、スリープに合わせて確実にon/offできるが、ショートなどのリスクはある。でも、やりたい気分だw

(1/23 1:42) つい魔が差して、やってしまったw 最初はHDDなど用の4ピンコネクタから電源を取ったのだが、テキトーに作ったので安全性が低いうえに見栄えが悪いので、同じく5Vが出ている内部のS/PDIF用端子から取った。実は最初からそうしたかったのだが、端子(4ピン)に合うコネクタがないので諦めていた。しかし、ジャンクを漁っているうちに、使っていないIEEE1394内部接続用ケーブルを見付け、そのコネクタ(10ピン)を上下半分に切って(割って・削って)挿さるようにし、ケーブル・ピンも流用して、S/PDIF用端子からUSBポートに電源を供給するケーブルを作った。

PCのスリープ時にはS/PDIF用端子には電源が供給されないので、スリープ(もちろんon/offも)とWR802Nの電源が連動する。なかなかうまく行った。

これができたらWR802NをPC内部に入れることもできそうだが、さすがに止めておく。やるのはいいが、Wi-Fiの電波が弱くなってしまいそうだし、ランプが見えないと状態が全く分からないから、不安だ。

(1/23 16:43) おもしろそうだったし、外見がすっきりするので、やっぱりPCの中に入れてしまった。前側の光ドライブの上なら電波は大丈夫そうだが、ランプが良く見えない(隙間から かすかには見えたが・・・)し固定が難しいので、後ろのカードスロットの横にした。穴からランプから見えるし、妙に幅がぴったりで固定しやすかったのだ。

WR802Nを針金で固定してひとまず中に入ったのだが、どうもケーブルの通し方が気に入らなかった。Ethernetも電源もスロットカバーの隙間を通していたので、いつかショートしそうな気がした。それで、電源は外から取る必要が全くないので、4ピンコネクタから取ることにし、4ピン-micro USBケーブルを作った(上のケーブルは実に短い命だったw)。Ethernetは、全く使っていないジョイスティック用コネクタを外して通した

なお、金属ケースの中に置いたので、電波が弱まって通信速度が下がらないか気になったが、今のところは大丈夫なようだ。しばらく様子を見て、遅いようなら別の場所を考えよう。まあ、Nexusとの距離は数十cmだし、ケースには穴が沢山開いているので、全然問題ないのかも知れない。

なんか改造し過ぎな気もするが、これで僕のPCがWi-Fi内蔵のようになった^^

(1/24 9:43) まだ満足しなかったw 針金で固定するのはどうにもスマートでないうえに取り外しが面倒なので、改良した。少し考えて、使っていないポイントカードを折り曲げてホルダーにした。それを結束バンドと両面テープでPCケースに固定した。今度は上に引っ張ればスルッと外せるようになった。が、そのために若干緩い(それで、ウレタンやマスキングテープで少しきつくしたが、もう少し硬いカードのほうが良かったようだ)が、PCを逆さにしない限りは外れないだろう。 → その後、使うのを止めた針金でホルダーの外側を巻いて、保持力を強化した。それほど力は掛かっていないので、抜くのは簡単だ。厚いカードは、割れたりうまく折れなさそうな気がしたので止めた。何か丁度いいもの(カセットテープのケースのような、挟めるもの)があればいいのだが、そうはないだろうな。 (1/24 15:18)

消費電力を測ったら、概ね1W(0.2A)以下だった。連続して通信すると増えるが、なぜか750mW(0.15A)くらいまで下がることもある。決して少なくはないが、PCに比べれば誤差の範囲で、あってもなくても同じようなものだろうw

他に気付いたことは、底が平らで滑りやすいことだ。手持ちのウレタンの脚を貼ったが、寒いせいか古いせいか、余り効かない。

今のところ気付いているWR802Nの欠点は、上にも書いたが、Wi-Fi切断後の再接続がちょっと遅目なことくらいだ。でも、耐えられないほどではないし、PCのDHCP関係を調整すれば何とかなるかも知れない。

(1/25 7:01) PCの設定をDHCPでなく固定IPアドレスにすると、再接続が速くなる感じだ。実際に再接続時間を比べた訳ではないが、再接続時(Nexusを持ち出して戻った時)にエラーが起こらない(スリープからの復帰時も同様。ただし、当然ながら、持ち出し中のエラーは起こる)し、何度も「接続・切断した」というダイアログが出ないのが鬱陶しくなくていい。

この構成なら、設定を変更するだけでスマフォ(AQUOS)からの自動画像取り込みも動くので、好都合だ。なお、ルーターが変わったら、PCまたはルーターの再設定が要るが、そう頻繁に変わらないので問題ないだろう。

WR802Nがうまく動いたので、PCのNexusからのUSBテザリングが不要になり、Nexusは(PCに繋がず)ACアダプタに接続するようにしたので、PCのスリープ中に電池切れになることはない(電池寿命には良くないだろうが、そもそも、Nexus自体が古いのでいい)。

という訳で、しばらく使ってみる。

 

PS. 今日もイライラしたことがある。USBのコネクタの種類だ。特に、ミニとマイクロにはイラつく。ちょっと試そうとした時に、やっと長いケーブルを探したのになぜか挿さらず、見たらミニだったり、大きいの(B)やLightningすら出て来て、大変イライラしたw ミニの後にマイクロを出した人は「死刑」だ。あと、Lightningを出した奴も! それ以外に、Aコネクタ(PC側)だって、いつも裏表が分からなくてイライラする。まったく困ったものだ。

PS2. 今回はAmazonプライム(お試し)のお急ぎ便にしたら、配送が"Amazon"になっていて、例の悪評高い「デリバリープロバイダ」(良く分からないが、デリバリープロバイダとAmazonの配送は違うのだろうか?)なのかと思って身構えていた。が、全く問題なくて拍子抜けした。制服らしきものを着ていたし、態度もちゃんとしていた。これならいい。でも、そのうちまた退会する(と思う)。

PS3. 完全無線に関係するのでついでに書くが、iVideoなら、モバイルルーターは買わずにレンタルする方が得策な感じだ。まず、レンタルしても安いし、僕はルーターにこだわりがないし(とりあえず、ちゃんと繋がればいい)、自然故障やバッテリの劣化に関しては無償で対処してくれるからだ(これついてはwebに書いておらず、聞いたことなので、実際には各自確認すること)。借りたルーターを紛失したり壊した場合にはお金が掛かるが、自分で買ったものでも同じくらい(それ以上?)掛かるから、変わりはない。

  •   0
  •   0

先日一度キャンセルした後に注文した、USBのWi-Fi子機が届いた。Amazonに山ほどある、とても小さいWi-Fi子機である。送料無料で約300円だった。国内(関西)なのに発送の連絡から結構掛かったのと、そこに書かれていた伝票番号がデタラメな数字だったので、「ここもだめかなあ?」と、(怒る気にもならずに)半分諦めていたのだが、今日ちゃんと届いたので安心した。どうも、週末を挟むと結構遅れるようなのと、普通郵便で発送したので番号をテキトーに入れたらしい。

で、早速PCに挿してみたが、案の定、動きやしないw USBデバイスとしては認識しているのだが、意味不明(というか、分かろうとしていないw)なエラーが出てWi-Fiデバイスとしては動かなかった。Wi-FiチップはMediaTekのMT7601Uだ。

それで、検索したらいくつか出て来た。

  1. カーネルに含まれているドライバを修正する(2017, 一部を無効にする。sergio-codeのまとめが分かりやすい)。
  2. フリーのドライバを入れる(2016)。
  3. MediaTekのドライバを入れて修正する(2014)。

2, 3, 1の順に試したが、違うと思って最後まで試さなかった1が効いた。動き出して、子機の情報がifconfigコマンドにちゃんと出た時は、思わず「おっ! (動いたぞ)」となった。

結局、僕のLinux(Ubuntu 16 LTSベース)では基本的には挿せば動くはずなのだろうが、デバイスの個体差(ファームのバージョン?)の問題なのか、ドライバを修正しないと動かなかった。その修正が一体どういうものなのか、それでいいのかはまだ分からないので、追って調べたい。

それにしても、この修正を見つけた人は一体どうやって分かったのか、すごく不思議だ。ソースを見ながらカットアンドトライしたのだろうか?? 全く尊敬する。

一通り動作確認したところ、問題はなかった。ちゃんとスリープにも対応しているようだ(長時間のスリープは未確認)。すごく熱くなるという口コミがあったが、今のところは少し熱い程度だ。ただ、(頻繁に壊れて買い直すのは面倒なので)寿命を伸ばしたいので、延長ケーブルを使ってPC後部のファンの後ろに置いた。

通信速度は変わらず10Mbps(ダウンロード)だった。これで速くなるかと思っていたのだが、良く考えたら、LTEに繋げているのは従来と同じNexus 4だから速くなる訳がない。モバイルルーターが来るのを待つしかない(でも、本当に来るのか怪しい・・・)。

ちょっと気になる点は、以下である。

  • 動きはするものの、まだエラーが出ている。
    • 内容不明なので、元々のエラー同様にあとで調べたい。
  • nmcliコマンドで表示される接続(リンク)速度が54Mbpsで、仕様の最大値の150Mbpsよりかなり遅い。
    • nmcliコマンドの見方が悪いのか、nmcliの出力が正しくないのか、Nexusが遅いのか、PCの設定が悪いのか、それ以外か不明。手持ちのWi-Fiルータを起動すれば分かるので、あとで試したい。
    • 調べたら、54Mbpsというのは802.11gの速度なので、もしかしたら、PCかNexusで802.11nが有効になっていないのかも知れない。

これで、安定して動いてそこそこ長く使えるのなら、随分安くて小さくていい買い物だが、果たしてどうなるか?

(1/21 0:05) 早くも駄目だった。どうも、連続して送信するとデバイスが落ちてしまうようだ(受信は大丈夫な感じ)。安直に見えた修正はやっぱり駄目なのかも知れない。試行錯誤が要りそうだ。。。

(1/21 8:50) いろいろ試したが、どうも、まともに動かないようだ。上に書いた修正は、必要な処理がUSBの通信エラーになるからスキップするだけの対症療法(スキップした処理が行われないから、それで正常動作する方が不思議だ)なので、おそらく、Linuxのドライバ(タイミング?)が良くないのだろう※。でも、この子機はそれをデバッグするほど価値のある(高い)ものではないので、あっさり諦めて別のを注文した。今度はTP-LINKの700円くらいので、Linuxで動いたという情報はあるし、3年保証だから、壊れ易いとしても少しは安心だろう(でも、実際には交換するのは面倒だったりするが)。

※例えば、昔のカーネルではちゃんと動いていた・いるという情報もあるので、ドライバ(ベースは結構古い)とカーネルが合っていないのかも知れない。

まあ、安物買いの銭失いそのものだ。しょうもない。。。

 

とりあえず、これでPCを長時間スリープさせてもNexusの電池が切れることはなくなったし、Nexusを持ち出す時も電源を抜くだけで良くなった。あとは、モバイルルーターが届けば通信速度が高速になるはずだが、先週、「発送した」という連絡があったきり、そこに記載された番号を調べてもずっと準備中みたいな感じなので、なかなか予断が許されない。まあ、中国の郵便(China post)は溜まるまで保留されるらしいし、到着予定は1/31なので、今焦っても仕方ない。

(1/21 8:50) 仮に、無事モバイルルーターが届いても、今回の子機と同じようなことにならないかと結構心配になっている。まあ、その時はiVideoのルーターをレンタルしてしのいで、ゆっくりどうするか考えよう(おそらく、高い、ちゃんとした物を買うことになるのだろう)。

(1/21 19:50) モバイルルーターの件、「発送した」から一週間経っても配送状況が"Order generated/Shipping Label Created"(伝票が作成されただけ?)のまま変わらないので、しびれを切らして問い合わせたら、「通関がどうのこうので返送された」とか言う返事が返って来た。配送状況がずっと変わっていなかったのだから、そんなの嘘に決まっている(仮に本当に返送されたのなら、なぜ、聞かれて初めて連絡して来るのだ?)。でも、今回の子機のように、変な物を買ってお金を無駄にしてがっかりするよりは、ずっと良かった。

もう少ししたらiVideoのルーターをレンタルする。300GBで3300円と、僕には丁度いいのがうれしい。

 

ご注意: 外見が同じでも中身は別ということは大いにありそうなので、この情報はあくまでも一例として考えて下さい。実際、僕の買った物も、挿せば動くはずなのにそうではなかったです。購入される場合は、記載されたチップの番号で対応状況・口コミを確認することが重要です。

(1/21 8:50) 実際、今回失敗した物は、Realtekのチップを予想・期待していたのに実際はMediaTekでした。安い物にはいろいろなリスクがあります。

  •   1
  •   0

注意 3か月くらいiVideoを使って何度かトラブルがあったが、SIM・ルーターの管理や障害対応が全く適切でないと感じた。更に、通信障害が起こっても、通信に関してはキャリア任せなのでトラブルシューティングができず、機材(SIM・ルーター)の交換しかできず、それも「様子見しろ」と言って渋るし、交換されるにしても届くのが数日後で、その間は障害はそのままなので、iVideoをメインに使うのはリスクが高過ぎることが分かった。その経験から、iVideoを重要な用途(例: 光回線の代わり)に使うことは全く推奨しない。

具体例については、「[悲報] 完全無線は時期尚早でござった。」を参照のこと。(2020/3/25 6:34)


ひところ流行った言い方だと、「レッツ ノンワイヤー」?w

 

iVideoの大容量モバイルSIM(900GB/月※)を試し始めてから10日近いが、大きな問題はなかった。また、念のため、今日、新居付近で電波強度や通信速度を調べて来たが、全く問題なかった。

※今webを見て気付いたが、「極超大容量」とはあるが、「900GB/月」の記載がなくなっている。さすがにそこまでは担保できなくなったのか? ただ、では一体どのくらい使えるのか、結構不安になる。他のサービスを見ると、「超大容量」は300GB/月で、「使い放題」というのもあるから、それらの間だとは思うが、うーむ・・・ まあ、こういうところが、最初からこの会社に感じていた胡散臭さではある。

でも、一方で、「まあ、(とりあえずちゃんと使えているんだから、)細かいことはどうでもいいんじゃない」とも思うw もし、「きっちり」の大好きな日本人が訳も分からずどんどん入って来て、細かくしつこくガタガタ文句を言うようになったら、全部終わっちゃう気がするから、それだけは止めて欲しい。

今までに見付かった問題はたった一つで、それは、たまに、通信が一時的に(数分間)すごく遅くなることである(先日書いた、「突然、PC(Linux)から通信ができなくなった。」はこれだったようだ)。それで、iVideoのweb(今回使ったSIMとは異なる)を良く読んだら、以下のように書いてあるのが気になった。

通常7GBを超えると通信速度制限が発生しますが、その場合の制限解除費用をサービス提供会社で負担しますので、制限・追加料金は発生しません。

そこから原因を推測すると、今のSIMも同様に、キャリアで良くある7GB/月の制限はあるが、データ量が制限を超過して速度制限が掛かるたびに自動的に制限解除費用を支払っているのだが、制限が掛かってから解除されるまでに数分間のタイムラグがあって、その間は低速になって遅く感じるのではないか。

実際、遅くなったのは1-2日に1回だった。一方、この一週間のPCの通信データ量を調べたら5GB/日前後だったので、1-2日ごとに7GBを超えて一時的に遅くなるのは腑に落ちる。

900GBに達するまで(最大128回?※)制限解除費用を支払えるほどSBMの回線使用(卸)料が安いのか、iVideoはお金があるのか、そんなに払ってもこのサービスの利益率が高い(実際に900GB使い切る人がほとんどいない)のかなど、疑問は多いが、今は気にしないことにする。ただ、このサービスの継続性に関係するので(払えなくなったら、突然「終了」になる可能性が高い)、「安く使えるからいい」とのん気に構えるだけでいいものでもない。

※128回の追加はさすがに多いと思う。そうなる人は、別の制限「キャリアの判断により「不正利用の可能性と短期間での過剰利用がある」とみなされた場合には、月末まで通信速度が128kbpsになります。」に引っ掛かって、ずっと低速の憂き目に遭うのではないだろうか。ただ、それでは「900GB」はどうしても使えずに誇大広告になるので、ものすごく急激に使わなければ大丈夫なのだろうか?

そして、冒頭に書いたとおり、今はどのくらいのデータ量が使えるか不明(非公開?)になっているから、少なくともサービス内容(= 何回追加料金を払ってくれるか)は随時変わりそうだ。また、実際に128回は払い切れず、誇大広告になるのを避けるために、上限を書かなくしたのかも知れない。

実際問題として、数分間すごく遅くなるのはいい気分ではないが、通信できないとか繋がらない訳ではなく、待てば必ず回復した(例: 3回速度測定したら、3回目に回復した)ので、僕にとっては致命的な問題ではない。まあ、webにも書いてあるように、「ベストエフォート」の範疇ではあろう。

この、「一時的にすごく遅くなる」問題を回避するのに、例えば、随時それまでの累積通信データ量を調べておいて、そろそろ遅くなりそう(7GBを超えそう)だと思ったら、アイドル時にわざとちょっと多目の通信をして7GBを超えて(遅くなって)制限解除してもらって、僕には遅くなったのが分からないってのを思い付いたが、何となく藪蛇になりそうな気がするw

そういえば、遅いといえば、今は「無理やりLTE対応」のNexus 4のテザリングを使っていて、最大10Mbpsくらいしか出ないけど全く気にならないのが不思議だ。逆に、本物のモバイルルーターを買って高速になったら、上の7GBの壁が早く(頻繁に)来てしまって、却って使い勝手が悪くなりはしないかと、ちょっと心配になった。が、まあ、いくらルーターが速くても、各アプリが使うデータ量が増える訳でもないから、大丈夫ではないか(Spotifyの「自動」モードのように、適応的にデータ量(速度)を変えるものもあるが、少ないだろう)。

 

そんな訳で、この引越しを機に光を止めて完全に無線に切り替える方向に決めた。今の光プロバイダのOCNは、とても高性能なシステムをお使いのようで、日割り計算なんてできないようなので、月始めでも末日でもいつ止めても同じ(2年縛りの違約金はある)だから、iVideoを使ってから2週間経つ日(1/24)まで様子を見て、それから退会しようと思っている。

ただ、無線はiVideoを使うとして、一番のリスクは事業継続性だろう。例えば、以下のような原因でサービスが突然終わる可能性がある。

  • 経営状況の悪化
  • キャリア(SBM)の値上げ・方針変更 (いじめ?w)

長期契約していたとしても、終了時の返金は余り期待できない気がする。せいぜいの補償は、期間内は一応使えるけど、その後の更新ができなくなることだろうか。あるいは、破綻した時から制限解除費用が支払われなくなって、単なる7GB/月のSIMに成り下がる可能性は高い(その時も、下手な日本語のうまい言い方の言い訳のメールが来る程度だろうw)。

そういうことを考えると、一年などの長期契約は得策でない気がする。iVideoの長期はそれほど割り引きがないので、それでも大きな損はなく、単に、数か月ごとに忘れずに更新・延長する(しかも安い日を見計らうw)のが面倒なだけだろう。何となく、スーパーでの買い物のようだw

SBMに切られた時の対処として期待できる話としては、他のキャリア(例: 今、地獄の苦しみを味わっているであろう、何がすごいのか分からんが「仮想化なので」とか楽天的な寝言を言ってるところw)に移ることが考えられる。僕は、どこでも普通に(超高速とか全然不要)通信できればいいから、それなら問題ない。そして、そのキャリアはこの辺りはまだサービスエリアではなさそうだから、auが使われるだろうから、通信は大丈夫そうだ。

そのミッキーくんにしたって、ある程度大量のユーザ(というか、「回線出荷量」とでも言うもの?、要は「実績」)ができれば国にも株主にもちょっとは顔向けできるから、Win-Winではないか?w

もしiVideoが終わってしまったら、今でも他にいろいろな会社があるので、そっちに移ればいい。ただ、iVideoほどコストや使いやすさ(契約面)で手頃なところはほとんどない。が、仕方ない。そのうち新しいところが出るかも知れない。

ちなみに、僕のPCの1か月の通信データ量は、通常は300GBにもならないが、100GBは確実に超える(上記のこの一週間の値も約5GB/日なので、150GB/月にはなる)ので、「微妙に惜しい」。100GB/月のプランなら結構手頃なところがあるのだが、それでは足りないのだ。そして、200GBのプランはほとんどない。それで、例えばSpotifyの音質(今は最高("Very High", 約320kbps)にしている)を少し下げる("High", 約160kbpsに)とか自動バックアップの間隔を長くすれば100GB/月でも余裕ができるのなら、検討の余地はあるだろう。が、ちょっと本末転倒な気はするし、一時的に大量の通信をする場合があるだろうから、やっぱり200や300GBは欲しい。

と、先を考えると悩ましい問題が起こる可能性はありそうだが、まあ、光の工事も配線も面倒で鬱陶しいし、前回書いたように、無線なら外でも自由にスマフォでデータが使えるから、やっぱりこっちだ。

それから、そうだそうだ、そうだった。無線が全然駄目でどうしようもなくなった時には、(仕方なく)光に戻ればいいのだ。今はPCなんて使う人が少ないから、いつだってすぐに引けるよ。でも、もちろん、OCNなんて間違っても入らないw 今はDTIかなと思っている。(DTIは、大昔ISDNかADSLの時に使っていた。なんとも懐かしい・・・)

まとめると、以下のようなストラテジーになる。

  1. iVideoを使い倒す。
  2. iVideoが駄目になったら、他の大容量無線プロバイダに移る。
  3. いいところがないかそこも駄目になったら、光回線を引く。

 

PS. 家(半固定)用以外に、スマフォ用のモバイルは0SIMに移るのが結構有力だ。ちょっと調べたら、普通は月に100MBも使っていないようなので、未使用分が繰り越しになったとしてもほとんどの容量(500MB)が無駄になっている。更に、本文に書いた大容量SIMを併用すれば、スマフォ用モバイルのデータはほとんど消費しなさそうだ。であれば、もし0SIMに実用性があるのなら、移れば確実に料金が安くなる。ただし、移行のための手数料(6400円程度)をペイするのに一年以上掛かるのがなかなか苦しい・・・

今までの経験上、僕はこういうのは1-2年でダイナミックに変えていくので、ペイするのに一年以上掛かるのなら、その前に移動する可能性が高く、コストメリットがなく、単に気分の問題に帰着するだけなのだ。少し考えたって、全然評判が良くない0SIMに何年も留まることはなさそうだ(だったら、最初から足切りしろ? www)。

ってことで、こっちの答えは出ていそうだ。

  •   0
  •   0

昔はまだましだった気がするけど、あそこの映画って、なんかツルッとしてて一見綺麗だけど、毒がなくて、何でもポリコレで当たり障りなくしちゃってつまんないイメージだ(なあんにも観てないがw)。でも、やることはとてもえげつなくて、MSやGAFA以上ではないか。

それにしても、20th Century Foxから"fox"がなくなったら、どんな間抜けな名前になってしまうのか全然想像できない・・・ でも、そもそも「20世紀」って時点で既に間抜けだから大差ないかwww

まあ、身売りした(詳しい経緯は全然知らない)時点で「終わり」だね。

 

PS. 題からピンと来る人は、僕と同様にパソコン少年・少女だった人ですねw

  •   0
  •   0

引っ越す前に必要な、部屋の原状回復※作業の一つに、出窓のパッキン(シール)のカビ防止のために窓に貼った断熱材(結露防止シート)を剥がして清掃するというものがある。あらかじめ大変だと思っていたので、早目に1つの窓で試してみたのだが、想像通り手こずった。2.5時間近く掛かった・・・

※「現状」回復というのはどうも違う気がする。入った時の状態に戻すので、単に「復元作業」でいいのか。

何が悪かったかというと、題に書いたように両面テープだ。今回だけじゃなくて昔から好きじゃないのだが、こいつは全くどうしようもない(いや、両面に限らず、粘着テープはどれも嫌いだ)。記憶では剥がしやすいものを使ったはずなのに、剥がそうとしたら窓枠にこびりついて かなり残ってしまった。温度変化で劣化したのだろうか。まあ、6年くらい経ったら劣化するのは仕方ないだろう。

劣化といえば、窓に貼った断熱材も紫外線や温度変化で劣化したようで、剥がす時にボロボロ・パリパリと破け・砕けてしまった。あわよくば、剥がしたものを梱包の緩衝材(プチプチ)に使おうと思っていたが、ゴミを撒き散らすだけなので止めて、新しいものをヨドバシに注文した。

まあ、きっとこんなことになるだろうかと思って、あらかじめ、カーナビのTVのアンテナを剥がす時にすごく効いて感心したオレンジ油の剥離剤(ディゾルビット)を注文しておいた。意外にも、その時に使ったのと同じものが売っていた。あれは駅の通路とかホームセンターのワゴンで売っていたのを思い付きで買った記憶があるのだが、ちゃんとした製品だったのだ。今回は両面テープが剥がれにくそうで多く使いそうだったので、100mlの多目のものにした。ヨドバシで千円くらいだった。もっと大きいのも同様の値段だったが、そこまでは使わないのでこれにした。

予想どおり、ディゾルビットを掛けて拭けばスルッと綺麗になるほど容易なものではなかった。基本的に、ディゾルビットは糊を溶かして剥がすもので、糊にしみ込ませないといけないから、まず、(断熱材が破れて剥がれない部分が多いので、)どうにかして断熱材を剥がし、それから両面テープ(のベース)も剥がし、それからディゾルビットを掛けないと本来の効果が発揮できない。とはいえ、上に書いたように断熱材も両面テープも劣化していて困難なので、それらを大まかに剥がしたあとでディゾルビットを掛け、少し待ち、布や爪や指やプラのヘラで擦って剥がし、再度ディゾルビットを掛けて擦るのを数回繰り返した。なお、良く言われるように、ドライヤーで暖めてもみたが、寒いせいか少しくらいでは全然温まらず(焼け石に水の逆?)、無駄そうだったので止めた。

途中で「これは駄目かなあ?」と思いつつも諦めずにやったら、最後には嘘のように綺麗になったので(これでうまく誤魔化せるとw)嬉しくなった。おそらく、気長に構えて、ディゾルビットを掛けてしばらく(数十分?)放置してから擦ればもう少し楽にできる気がするので、次はそうしてみたい。あと、次は少しでも気温が高くなる午後にしたい。

残りは2窓だ。うち1つは使っているうちに断熱材が剥がれて来たので更にしつこい両面テープ(今回と違い、ベースがスポンジなので、引っ張っても繋がって剥がれず、ボロっと崩れる)を使っているから、もっと苦労しそうだ・・・ まあ、早目に気長にやろう。

それから、パッキンにカビは生えておらず綺麗だったから、目論見どおりの効果があって嬉しかった。カビは湿気だけでなく胞子が飛んで来て生えるのだろうから、綺麗にして密閉しておけば防げるのだろう。だったら、最初からそういう作りにできないものだろうか?

 

なお、大変な復元作業はこの他に2つもある。ウォシュレットを元に戻すのと廊下の人感センサースイッチを撤去することだ。前者は元々付いていたのがひどかったので自分で買って付けた。しゃがんだり寝たりして作業することになるからキツいし、水漏れにも神経を遣う(まあ、退去まで無事ならいいのだがw)。全然使っていなかった元のウォシュレットがちゃんと動くかという心配もある。まあ、動かなかったら、「使ってなかったので、いつの間に故障したのか分からない」とか言ってとぼけようと思っている(実際、全くの嘘ではない)w 後者はそれに比べれば楽だが、(5Vのような甘いものでなく100Vの強力な)電気なので、それなりに神経を遣う。火事などになったらシャレにならない。

 

PS. 復元作業と言えば、既に終わったもので結構大変だったものがある。外していた居間の仕切り戸を戻す作業だ。引き戸は矢鱈に重く、しかも、(以前から気になっていたのだが、)うまくレールに入らず、何とか入れても途中で引っ掛かって動かなくなってしまったりして(今考えると、これって実家の引き戸と同じだよwww)途方に暮れた。やっぱり「まずい・・・」と思ったのだが、戸の端の上下にあるネジを(「上」(何が上に行くのか不明だ)はまだしも、「右」とか「強」とか書いてあって意味は分からないものの)テキトーに回していたら突然スルッと動くようになって、事なきを得たw

仕切りがあると何とも邪魔だし狭苦しいが、あと少しのはずなので、我慢している。ちなみに、次の部屋には(記憶と間取り図では)こういう仕切りはないはずなので、その点もいい^^

  •   0
  •   1

注意 3か月くらいiVideoを使って何度かトラブルがあったが、SIM・ルーターの管理や障害対応が全く適切でないと感じた。更に、通信障害が起こっても、通信に関してはキャリア任せなのでトラブルシューティングができず、機材(SIM・ルーター)の交換しかできず、それも「様子見しろ」と言って渋るし、交換されるにしても届くのが数日後で、その間は障害はそのままなので、iVideoをメインに使うのはリスクが高過ぎることが分かった。その経験から、iVideoを重要な用途(例: 光回線の代わり)に使うことは全く推奨しない。

具体例については、「[悲報] 完全無線は時期尚早でござった。」を参照のこと。(2020/3/25 6:34)


前回、iVideoの大容量LTEは「固定ルータにする」と書いたあとで、どうも夢が破れるのが気に入らなかったので、ちょっと試してみた。今、家でPCやスマフォ(AQUOS sense lite)とLTEを繋いでいるNexus 4を持って(もちろんAQUOSも)外に出てみた。

そうしたら、何ともいい感じなので結構驚いた。まあ、僕がセコいせいなのだが、AQUOSで契約しているプランのデータ量が500MB/月と少ないので、いつも外ではデータ量に気を遣わざるを得ず、Googleマップなんてどうしても必要な時だけにしていたし(でも、気のせいか、近頃はデータ量が少なくなったようだ)、Evernoteだって、開くたびに「データ量が増えるか?」とか思っていたし、Spotifyを使う時は低速モードにしていたのだが(注: 今日は使っていない)、そういう足枷がまったくなくなって、とんでもなく自由な気分、

好きなだけデータを使っていいんだぜ!!

という天の声が聞こえたのだ。

ちなみに、当然のことだが、外でもiVideoは全然問題なかった(ソフバン回線だから田舎にでも行けば話は変わるだろうが、ここら辺なら全く問題ない)。

でな訳で、方針を変えて、LTEは断然モバイルルータで繋ごうと思い、「ちょっと試す」ために、安いものを注文した。

正確には順序が違っていて、ルータを注文したのは昨日だが、細かい話は見逃して下さいw

また、PC用にもWi-Fi子機を注文した(これは、その前にUSBテザリングだとPCのスリープ時にNexusの電池が減るのを解消できるかと思ったのが大きい)。

 

なお、当然、「やっすいルーター」なんてヨドバシには売ってないのでw、先日退会したAmazonに再び入って、C国の怪しい店の中から少しは大丈夫そうなところを探して、3千円くらいのバッテリー内蔵のものを注文した。その前に、物(ルーター)自体についても、なかなかおもしろいと思ったUSB+Wi-Fi接続のものは「すごく熱くなる」とかいう口コミが多かったので、いろいろ比較・検討して、何となく大丈夫そうな気がするの(これはUSB接続ではなく、バッテリーが入っている)を見繕った。でも、もちろん実際にはどうか分からない。

Wi-Fi子機も同様だが、さっそくはまってしまった。注文して数日経っても発送するフシがないのでキャンセルした。なぜか、Amazonのwebでキャンセルしようとしてもできなかったので、Amazonのサポートに泣きついたら、意外なことに即座に状況を把握して対処してくれて、そういうところは日本よりいい・進んでいる(日本だったら、絶対に数日は掛かるね)と思ってしまった。なかなか難しい。

なお、Wi-Fi子機は、最初は本体約20円(+送料 200円)のを試したのだが、さすがに甘かったようなのでキャンセルして、今日、日本の会社の300円くらい(送料無料)のにした。日本の会社だからといって大丈夫な保証は全くないがw、口コミでは良さそうだった。さてどうなるか・・・ なんでAmazonはアドベンチャーゲームになるのかな?w

ちなみに、Linux対応については概ね大丈夫そうだ。ただ、苦労する可能性もありそうで、実際のところ、やってみないと分からない。そういうこともあって、駄目でも容易に諦められる「やっすいの」にした。なお、最初は当然国内の会社の製品を検討したのだが、「(熱くなって)すぐに壊れる」などの口コミが多かった(検討した全製品にあった。でも、なぜかヨドバシにはなかった)ので、「だったら本家本元のC国でいいや」ってことでAmazonにした。

 

まあ、細かい話はどうでも良くて、たった数時間で固定回線じゃないのはすごくいいことを実感した。当たり前のことなのかも知れないが、(特別に必要な場合を除いて、)もう光(固定回線)なんて時代遅れなんだね。

 

PS. これがうまく行けば、面倒ではあるけど、外でデータを使いそうな時にルーターも持つことにすれば、AQUOSをもっと安い回線(例: 完全従量制の0SIM)に換えて更に通信料を減らすこともできそうだ。ただ、面倒だからしなさそうではある。あと、0SIMはものすごく遅いようで、評判が悪過ぎる。でも、500MBまでは無料で、そういうのは他にないから考えたい気もする。 (1/16 6:56)

PS2. いいことを思い付いた。LTEのモバイルルーターをスマフォの裏にでも貼り付けておけば、ほとんどの場合で便利だ。今回注文した物のサイズは不明だが、できるだろうか? まあ、PCを停めずにちょっと外に出た時にPCの通信が停まるが、それほど大きな問題ではない気がする。 (1/16 12:16)

  •   0
  •   1

注意 3か月くらいiVideoを使って何度かトラブルがあったが、SIM・ルーターの管理や障害対応が全く適切でないと感じた。更に、通信障害が起こっても、通信に関してはキャリア任せなのでトラブルシューティングができず、機材(SIM・ルーター)の交換しかできず、それも「様子見しろ」と言って渋るし、交換されるにしても届くのが数日後で、その間は障害はそのままなので、iVideoをメインに使うのはリスクが高過ぎることが分かった。その経験から、iVideoを重要な用途(例: 光回線の代わり)に使うことは全く推奨しない。

具体例については、「[悲報] 完全無線は時期尚早でござった。」を参照のこと。(2020/3/25 6:34)


信じられないことに、1/10に届いてから今のところ何も問題ない。正確には問題はあるが、iVideoでなく こっちの問題だw

今までの通信データ量は測定する箇所やソフトによって異なるが、概ね5-8GBである。これなら、SIMの上限の900GB/月にはまず達しないだろう。良くある通信量による速度制限は3日で10GBなので(そういう制限があるとは書いてなかった)、それには掛かっていないから、隠れた制限の有無はまだ分からないが、少なくとも、説明にあった、他の人に迷惑を掛けるほどは使っていないようだ。参考までに、PCでの通信データ量と通信速度のグラフを載せる。

Spotifyを聴いている時は ほぼ一定の傾きでデータ量が増加している感じだ。たまにデータ量が急増する(速度のグラフが尖っている時)のはオンラインストレージに自動バックアップしているか、サーバをローカルにバックアップしている時である。なお、時々データ量が減るのは測定プログラムのバグである(テザリングのoff/onがうまく処理できていない)。

たまに通信速度を測ってみるが、安定の10Mbps程度だw 今日一回だけ、PCからのアクセスがすごく遅かったことがあったが、間違ってテザリングを断続させたせいかも知れない。また、動画はほとんど観ないが、特に問題なさそうだ。それから、突然通信が途切れることもない(ちょっと前に、PCのネットワークインタフェースが一瞬落ちて、すぐに繋がるということがあったが、頻発はしていないし、自動的に回復するから大きな問題はなさそうだ)。

そういう訳で、今までのところ、iVideoのSIMは、僕の日常的な使用に関しては何も問題がない。まあ、無線通信自体は大手キャリアのものだから当たり前なのかも知れないが、ここまで問題がないのには感心する。あと、ルータ代わりに使っている古いスマフォ(Nexus 4)も、過酷な使用に良く耐えているものだw

今までに見付かった問題を以下に挙げる。いずれも、iVideoには関係ないことである。

  • LTE通信用スマフォ(Nexus)の電池が切れる可能性
    • USBテザリングしているデスクトップPCをスリープさせると、USBに電源電圧は掛かっていてテザリングは切れないものの、なぜかNexusが充電しなくなってしまう。
    • Wi-Fiテザリングをしているせいか減る速度は速く(約12%/hだった)、約8時間で切れる計算だ。 → (1/13 3:14) その後、アプリを減らしてみたら約8%/hになって、約12時間まで伸びた。これくらいなら、切れる心配は少なそうだ。
    • いろいろ試したが対処できなかったので、何らかの理由でLTEルータを買わない時に改めて考えることにした。
    • 仮に電池が切れても、スリープ中なのでデスクトップPCは使っていないので、Wi-Fiテザリングをしているスマフォ(AQUOS sense lite)がモバイル通信になる程度で大きな問題はない。
  • スマフォ(AQUOS)からPCへのLAN経由の画像転送ができない。
    • (前回書いたもの) 対処は可能だが面倒なので、これも何らかの理由でLTEルータを買わない時に考えることにした。
  • 耳閉感や耳鳴りが再発
    • (これも前回書いたもの) どうも、中継用に使っていたPC(Vision-HT)のファンではなく、疲れや寝不足によるようだ。なかなか厄介だ。
  • 突然、PC(Linux)から通信ができなくなった。 (1/16 5:11追記)
    • Googleなどへのpingも通らない。一旦、LANを切断しても変わらなかった。
    • 「いよいよ速度制限が掛かってしまったか・・・」と思ったが、スマフォ(AQUOS)からは問題なかった。
      • → LTE接続用スマフォ(Nexus)のUSBテザリングをoff/onしたら直った。
      • やっぱり、スマフォをモバイルルータにするのは無理があるようで、ちゃんと使うならルータが必要だ。ちなみに、現時点でNexusでのモバイルの通信データ量は約20GBになっていた。

ルータの候補を探したが、余り高いものは買いたくないので、以下の2つしかない。

  • au Speed Wi-Fi HOME WHITE L01s HWS32SWA: 約8千円-1.2万円
  • NEC Aterm PA-HT100LN: 約1.2万円

通信速度と消費電力と小ささでNECが良さそうだ。速度はHWS32SWAのカタログ値は大きいが、WiMAXも合わせてCA(carrier aggregation)した場合なので、実際にはそれほど出ないと思う。そもそも、このSIMにすごい速さを期待するのは、八百屋で魚を求めるようなものだw あと、本当にあるとは思えないのだが、HWS32SWAのメーカーH社はスパイウェアが気になる。

モバイルルータも考えたが、Ethernetがないので不便だ。まあ、PCにWi-Fiの子機を付ければいいのだが、Linuxでちゃんと動く子機がなかなか少ないようで、失敗するのが嫌なのだ。それに、モバイルルータは内蔵電池の消耗が気になるので避けたい。

ルータを検討していて気付いてしまったのだが、固定ルータにすると、前回書いたようには外出時に簡単に持っていけない問題が発覚した。スマフォをルータにするのは安定性や耐久性(特に電池)や管理・保守の点で難点があるので、通常は固定ルータを使い、外に持ち出す時にはSIMを抜いてスマフォ(Nexus)に挿すのが良さそうだ。が、SIMのサイズが違うこともあるので、面倒でやらなそうだな・・・ 早くも夢は破れたw

てな訳で、来週末辺りまで問題がなければ、OCNを解約してそのまま光回線は終了にして、LTEルータを注文したい。今度は、届いてから「あっ!」ってことがないようにしたいwww

  •   0
  •   1

注意 3か月くらいiVideoを使って何度かトラブルがあったが、SIM・ルーターの管理や障害対応が全く適切でないと感じた。更に、通信障害が起こっても、通信に関してはキャリア任せなのでトラブルシューティングができず、機材(SIM・ルーター)の交換しかできず、それも「様子見しろ」と言って渋るし、交換されるにしても届くのが数日後で、その間は障害はそのままなので、iVideoをメインに使うのはリスクが高過ぎることが分かった。その経験から、iVideoを重要な用途(例: 光回線の代わり)に使うことは全く推奨しない。

具体例については、「[悲報] 完全無線は時期尚早でござった。」を参照のこと。(2020/3/25 6:34)


昼頃、予定どおり(というか、予想をいい方に裏切ってw)iVideoのLTE SIM(900GB/1か月)が届き、いろいろ苦労しつつも、ネット接続系をセットアップして使ってみたら、今日一日弱ではあるが、通信に関しては全く問題なかった。待ちに待った(てことはないが)フルモバイル通信の夜明けが来たような印象だ。そろそろ光なんて時代遅れになるのかも知れないなw※

注: 「モバイル」とは書いているが、「モバイル用回線」の意味で実際には移動しないので、「完全無線」とか「完全ワイヤレス」のほうが適切だろう。

※個人的には、光なんてやっぱり駄目だと思う。というのは、配線するのに未だにあの脆弱な光ケーブルを使うしかないじゃないか(チップ内のような固定配線の場合はそうでないが、それは電気も同様。あと、ケーブルなしで大気中を通すこともあるが、問題は多く、汎用的ではない)。取り扱いにものすごく神経を遣う。今後、それが解決する見通しもなさそうだ。それだけで完全に電気や無線に負けている。 (1/11 10:45)

PCとスマフォからLTEにアクセスしたいのだが、(当然ながら)LTEルータは持っていないので、古いスマフォ(Nexus 4)と使っていないPC(Vision-HT, 先日BDドライブを外した物)を使って、次のような構成でLTEルータを代替しようとした。

  [PC]          [スマフォ(AQUOS)]
    |                  |
    | LAN           | Wi-Fi
    |                  |
(それぞれ「ネットワーク共有」)
[中継サーバ: Vision-HT (Linux)]
    |
    | USB
    |
(USBテザリング)
[Nexus 4]
    |
    | LTE
    |
[iVideo (SBM)]

Linuxの「ネットワーク共有」("Shared to other computers")は、最初から分かっていた訳ではなく、いじっていたら偶然見付けて、何をするのか良く分からなかったのだが、もしかしたらテザリングのようなものかと思って試したら使えることに気付いたので、使った。

本物のSIMが届くまでの事前検討では、この構成でちゃんと動いていたのだが、実際には、いつものように、やっぱり想定外の大きな落とし穴があった。LTEへの接続用に使おうとしていたNexus 4は、実際にはLTEには非対応(3Gまで)で、SIMは認識するものの、通信ができなかったのだ。当然対応していると思い込んで全く確認しなかったのは、どうしようもないアフォだ。。。 何とかならないかと思って調べたら、無理やりLTEを使うようにする裏技が見付かって通信できるようにはなったが、速度が遅く、ダウンロードが10Mbps程度しか出なかった。

Googleさんのコメントでは実用上は問題なさそうなのだが、やっぱり遅いのは気に入らなかった。その時は、回線自体が遅い可能性もあったが、無理にLTEにしたせいだろうと思い(アイコンを見ると、3GとLTEが頻繁に切り替わるようだ)、スマフォをiPhone 6sに換えて試してみたらダウンロードが30Mbps程度出たので、やはりNexusが悪かったようだ。ただ、iVideoも書いているように、iPhoneではテザリングができなかったので、この用途には使えない。どうも、ソフバンが意地悪しているようだ。APNのプロファイルを公開していないし、テザリングしようとすると「有料です」みたいなページにジャンプしてしまう。

やっぱり、孫も林檎もしょうもないってことか・・・w

仕方ないのでAQUOS sense liteでも試したら、なんと、ダウンロードが50Mbps程度も出た(ただし、結構変動がある)ので驚いた(間違って光に繋がってないか、何度も確認したくらいだ)。これなら充分に使えそうな気がした。そして、常用のスマフォをNexusにしてAQUOSをLTE接続用に使おうと思い掛けたのだが、この端末には2要素認証やFelicaなどさまざまなことを依存していて気軽には交換できないから諦めて、とりあえずは、遅いのを我慢してNexusで長期的に試すことにした。

(1/11 9:58) 速度について追記: iVideoについて事前に調べていたら、いくつかの動画サイトで速度規制が掛かるという情報があったので、YouTubeのHDのコンテンツを試してみたが、特に問題はなかった。

SIMはマルチカットなので、Nexusとサイズの異なるiPhoneやAQUOSでも試せたのだが、iPhoneに入れる時にMicroからNanoサイズにしてしまったので、再びNexusで使えるようにするため、一旦外した外枠をテープで貼り付けた(写真は別のSIM)。(1/11 7:49) 貼り直す時に気付いたのだが、マスキングテープよりは普通の透明なテープ(昔の「セロテープ」)の方が薄くていいようだ(でも、糊残りや劣化が心配だ)。

(1/11 6:20) NexusでのLTEは遅いながらも通信速度は安定しているようで、サーバのバックアップ時に大容量のデータをダウンロードしても、(数分間)9Mbps辺りを保っていた。さすがにその間はPCからのwebアクセスが遅く感じられたが、それは仕方ない。

 

NexusのLTE非対応問題の他には、以下のような問題が起こった。

  • なぜか、中継サーバにsshやvncが通らなかった。
    • 以前、そのPCで宅内サーバのテスト用にパケットフィルタの設定をしていたのをすっかり忘れていたため。
  • スマフォからPCに画像を取り込むプログラムがうまく動かなくなった。
    • MACアドレスでスマフォの型を識別しているため。
      • 今回のシステムでは、スマフォはPCと別のネットにあり、中継サーバ(ルータ的な役割をする)を介してPCと通信するため、PCに来た時にはMACアドレスが中継サーバのものになってしまう。
      • → 画像取得処理の想定(前提条件)が甘かったので、根本的な再検討が要る。
  • 中継サーバのPCのCPUファンが停まっていた。
    • 以前中をいじった時に、何かの電源ケーブルがファンの上に押し付けられていて、ファンを停めていた。何も処理をしていないのにCPU温度が80℃にもなったので、どうもおかしいと思って調べたら、そういうことだった。そんなに熱いのに排気口から熱風が出ないのもおかしいと思ったw 中はすごく熱くて、危険な臭いもした。
      • 余談: 検索したら、他にもそういう方が居て質問していたのだが、限界の100℃まで20℃も余裕があるから問題ないなどと宣う別の方が居て、苦笑した。「(当時の)Core i5は爆熱」とかいう話も初めて見たが、いくらなんでも、常識で考えて80℃で問題ないはないだろう・・・ (1/11 8:28)
    • 最初は、ケースの上に別のファンを置いて冷やせるか試した(実際に45℃くらいまで冷えた)のだが、ふと(「本当にCPUファンは回っているのか?」と思って)中の仕切り板(写真でファンの下の板)を持ち上げたら、ファンが回り出す音がして気付いた。
      • ファンの電源(写真右側の灰と銀色の箱)は、大昔(1990年代)に中古で買ったもので、製造から20年以上経っているようなので、久し振りに電源を入れたらコンデンサが爆発でもしないかとドキドキしたが、大丈夫だった。三菱製のようで、さすがに丈夫なのか、当時の物は良かったのか、たまたまなのか。 (1/11 10:16)

全く、いつも予想すらしなかったことが起こるものだw

通信速度については、上記のように、(回線でなく)機材の問題で たった10Mbps程度しか出ず、ADSL時代を彷彿させるのだが、不思議と全然遅く感じない。僕は音楽がメインでほとんど動画を観ないから※、基本的には帯域が狭くてもいいのと、これは想像だが、いつも「遅い」と感じるのは、通信回線でなくてサーバやPCの処理が遅いせいではないかと思う。そして、世の中には(何に使うのか知らないが、)Gbpsの無線が出ているけど、無駄以外の何物でもないんじゃないかなあと思う。ものすごく画素数の多い動画でも観るのだろうか?

※動画にしたって、YouTube(HD)を再生している時の速度グラフを見たら、かなり圧縮されて通信データ量が減っているようなので、10Mbpsでも充分なようだ。

ただ、今は問題ないとしても、ずっと使い続けたら全然繋がらなくなるとか、累積の使用データ量が増えた時に速度制限されたりしては困るので、期限まで「実食」してみるつもりだ。もし、この半月あるいは一か月で大きな問題がなければ・なさそうなら、新居に光は引かず、これを使うことにする。LTE対応の無線ルータを買ってもいいと思う。

それから、作業中になぜか耳閉感が再発した。通信速度が遅くてSpotifyの音が悪くなったとは思えないので、寝不足のせいだろうと思っていたが、試しに中継サーバをノートPC(Let's note)に替えたらおさまった。どうも、Vision-HTのファンの音(耳には聞こえない)が悪かったようだ。確かに、ファンが動かせるように直した頃から耳閉感が起こった気がする。ファンは2500rpm前後と高速に回転していて、耳に悪い音を出していたようだ。この回転数だと、例えば2.5kHzや5kHzが出るのだろうか(測れば分かるが、面倒だったw)。どちらにしても耳の感度のいい帯域だから、良くなさそうだ。

中継サーバをLet's noteに変更したら耳閉感は治ったのだが、ノートPCはどうも大げさで、電気も食う(約20W。Vision-HTは約15W)ので気に入らなかった。ふと、直感的に、中継サーバは要らない気がしたのでちょっと試したら、本当に不要になった。以下の構成である。NexusをUSBでPCに繋げ、Wi-FiでAQUOSに繋げるのだ。

[PC]                  [AQUOS]
  |                        |
  | USB                 | Wi-Fi
  |                        |
(USBテザリング) (Wi-Fiテザリング)
[Nexus 4                               ]
  |
  | LTE
  |
[iVideo(SBM)]

なんとも狐につままれたような、「今まで何やってたの?」と言いたくなるような、拍子抜けする展開だ。ただ、これは僕の使い方に最適化しているので、汎用性は低い。例えば、PCが2台あっても、有線では1台しか繋げられない。

一つ心配だったのは、PCをスリープさせたらUSBテザリングが解除されてしまうのではないかということだが、ちょっと試した限りでは、スリープ中もテザリングは保持されていて、復帰後にテザリングの再設定をしなくてもちゃんと使えたので、安心した。ただ、この構成ではPCとスマフォは完全に別のネットにあるため、スマフォからPCへの画像転送ができなくなってしまうので、新たな方法を考えよう。

(1/11 7:53) クラウド経由やNexus内でそれ用の中継プログラムを動かすなど、いろいろアイデアはあるものの、「まあ、そのうちルータを買うだろうから、それまでは転送する時にAQUOSをケーブルでPCに繋げばいいんじゃね?」と、手を抜くことを考えているw

実用性を見極めるため、しばらく完全にLTEで過ごすことにした。それで今は、引越後のシミュレーションと節電を兼ねて、光回線用のONUもルータも不要になった中継サーバも、全部電源を切っている。もちろん、Spotifyで音楽を聴くのも、この投稿を書くのにもLTE回線を使っている。幸い、気付くような問題はまだ起こっていない。たった一日で ものすごく進化したものだ^^

 

(1/12 11:47 完全無線通信に関するカテゴリ「無線通信」を作り、過去のそれに関する投稿のカテゴリをそれにした。)

 

PS. ちなみに、コストを比較すると、以下のように、月額料金ではそれほど大きな差はないが、それ以外の、工事費や違約金の有無は大きいだろう。

  • OCN光 (2年割引): 約4000円/月 (税込み): 縛りあり(違約金: 1.2万円)、工事費: 1.5万円など。
  • iVideo: 約3600円/1か月 (税込み): 料金が変動する可能性あり。縛り・違約金・工事なし。

ただ、僕にはクソ会社を使わないことはお金以上の価値がある。 (1/11 8:00)

PS2. そうか、冒頭では「移動しない」と書いたが、iVideoのSIMを挿したNexusを持ち出せば(そして、それはとても簡単だ)、いつでもどこでも大容量の通信ができるのか。つい、そういうことを忘れて「できない」と思い込みがちだが、随分使い出がありそうだ。今は、出先で通信データ量を気にせずにSpotifyを聴きまくるとかYouTubeを観まくる(しないけど)くらいしか用途が思い付かないがw (1/11 8:10)

  •   0
  •   0

今日、無事、新居の審査が通り※、あとは契約して引越すだけだ。引越しは来月中旬なので、まだまだ余裕はあるが、明日から本格的な引越し準備が開始できる。

※実は、例の、審査に必要な書類がもらえるまでに百年くらい掛かりそうな会社は即座に見放して、別の先進的な会社から書類をもらって通した。前者から未だに申込書すら届かないのは予想以下の感じだが、まあ実害がなかったので苦笑しかない。

それにしても、(話は全く変わるが、)憎んでも憎みきれないのは(何度でもしつこく書くが、)OCNである。引越しや解約に伴って光回線を撤去する費用はどのくらいになるのか※聞いたのだが、今回も回答がない。なんなんだろうね。「腐臭しかしない、ゾンビ寸前の会社」ってことでファイナルアンサーなのかね。

※検索すると、撤去に費用は掛からないようだ。だったら、webに書いておけばいいと思うが、まあ、ノーミソがない連中なので、何を書けばいいか分からないのだろう。

そして、あそこの問い合わせページでイラつかせられたのは、フォームに入れた文字を、ご丁寧にもリアルタイムで全角に変換しやがったことだ。例えば、"1"は気づくと「1」になってるし、空白も全角の空白になってしまっていた。全く醜い! しつこいことに、書いたあとで見ておかしいと思って直しても再び変換しやがった。以前に書いた気もするが、なんでそんな下らないことに金や手間を掛けるのか。そもそも、客の書いた文章を勝手に変えるって許されるのかと思うが、自分で「私達は脳みそがないので、全角しか使えません・処理できません」と公言しているのか! そんなの、今時の普通の役所以下じゃないか?? つまり、クソ未満てことだ。

回答がないのも、僕のメールサーバが彼らのノミほどもない脳みその想定外のアドレスだったものだからスパム扱いされて、質問が捨てられたのではないかと思う(実際、質問を送信しても、エラーにはならなかったのに、良くある確認のメールは来なかった)。

そんな訳で、質問を出すまでは、とりあえず工事費(約1.5万円)を払って移転して、2年縛りの中途解約の違約金(1.1万円)が掛からなくなる時期までゆっくり別のプロバイダを探そう(と言いつつ、ほぼDTIに決まっているw)と思っていたのだが、もう、違約金を払ってでも退会したい気になった。ただ、次も安易に光回線にするのでは進歩もおもしろみもないので、以前からやりたかったけど時期尚早と思って保留していた「完全モバイル」をちょっと試してみようと思った。

近頃は大容量・無制限のモバイルのプロバイダはいろいろあるのだが、料金や違約金や機器の故障対応※とかいろいろ見ると、最も胡散臭そうなiVideoのレンタルSIM(900GB/月, 約3600円(時期によって変動するようだ。税込み))が一番まともな感じだったので注文して、明日届く予定だ。本当はそんなところに個人情報(運転免許証)を出したくなかったのだが、「(他にいいところがないし、)まあ試そうか」という感じで諦めた。ただ、注文したら、意外にまめに連絡が来るので、それほどテキトーではないのかも知れない。少なくとも、OCNの一万倍はマトモだ。

※レンタルのルータにもかかわらず、なぜか、自然故障ですら修理費用が掛かるところがほとんどだ。そして、その故障対応用に「安心サポート」みたいな名前で月額数百円をせしめる魂胆は大嫌いだ!!

あと、モバイルルータしかないところばかりなのもがっかりする。まあ、そういう用途・層がターゲットなんだろうけど、もう少し視野を広げればユーザが広がると思うのだが・・・

それから、全く比較にならないけど、例の余りにも事務が遅い前世紀的な会社と違って、iVideoは注文の2日後にSIMが届く予定という、ワープ航法を彷彿させる速さ(というか、現代はそれが当たり前だが・・・)にも感心したw

それで、今日はその完全モバイル用のルータ相当を、(本格的に移行するまで使う予定の、)手持ちの機器で実現する方法を何とかでっちあげたのだが、明日、SIMが来たらどうなるかドキドキだw

構成など詳細はあとで書きたいが、手持ちの使っていないPCとスマフォでLTE-Wi-Fiルータを実現する(スマフォにSIMを入れ、USBテザリングでPCに接続し、EthernetとWi-Fiで本来のPCとスマフォから接続する)。それを使えば、今使っているWi-Fiルータなしで、それと同様にPCとスマフォからネットに接続できるはずなのだ。でも、きっと、さまざまな「思わぬ落とし穴」があるに違いない。なかったら逆に驚くよw

 

PS. 嫌な会社だけでなく、前回の続きみたいな憎めない人も居た。引越し会社の営業の人だ。新卒かどうかは不明だが、そんな感じに若くて、しかも、いかにも営業が向いてなさそうな、朴訥とした感じ(何となく左門豊作的だった)だった。あの調子ではジジイや若造や上司などに偉そうにされていそうで可哀想だと思った。

予想したとおり、経験が浅いために、規則を厳密に守り、あまり値引きやサービスをしてくれなかったが、結果的には前回と同様の料金で(前回のを保存しておいたPDFを一緒に見た)、予想より十万円くらい安かった※ので許したw

※いや、その予想は全然駄目じゃんてのはあるがwww

あ、そういえば、照明(シーリングライト)が見積りに入ってなくて、慌てて再計算し出したのには、ちょっとだけムカついたな。

  •   1
  •   0

引越しの件だが、思い立つきっかけとなった、最初に目を付けた部屋は残念ながら駄目だった。確かに保証人は要らないものの、その部屋に指定された保証会社は無職は通さないとのことだった。でも、相談に行った不動産屋が、無職でも審査してくれる保証会社が使える部屋をいくつか見付けてくれ、4箇所を内覧して(意外に時間が掛かって、結構疲れた)3つの候補が残り、そのうちの一つがとても気に入った。もう一つも同様に良かった。今回も「防音(静かさ)第一」の観点なので、(今の部屋と違って)ちゃんとした鉄筋コンクリート造(例: 壁もコンクリートで、叩いても太鼓のように「ボンボン」しない。実際、不動産屋もそこはしっかりしていると言っていた)なのはもちろん、最上階なので、少なくとも上からの「ドスドス」はなさそうなことが決め手になった。

ただ、さすがにその場で申し込むほどの勇気はなくて※、店から帰って少し休んだあとで再度一人で偵察に行き(これもなかなか疲れた)、夜には地図やwebで詳細に確認・検討したら、防音はもちろん、コスト(今よりわずかに安い)や便利さの点で、これ以上のものはなかなかなさそうな気がしたので、申し込むことに決めた。そして、気合を入れて引越し準備をして、(予定より早く)一日でも早く引っ越したくなった。とにかく、一刻も早く、この騒々しい部屋から逃れたくなったのだ。もちろん、新しい部屋が静かな保証はないが、壁などの造りを見た限り、ここよりはずっと良さそうだったので、賭けてみることにした。あと、その部屋(物件)は家族には狭いから、クソガキ元気な幼い子が居る確率は少なさそうだという主旨の不動産屋のアドバイスも良かった(まあ、それだってあてにしている訳ではなく、完全に自分の判断・自己責任だと思っているが)。

※想像かつ記事に良く書かれていそうだけど、お金持ちとか事業に成功する人は、こういう時に即決する気がする。が、仮にそうしてもお金持ちになれたり成功したりする訳ではないと思う。逆に、普通の人では無駄な出費をするのがオチだろう。つまり、お金持ちとか成功者の行動というのは結果論とか十分条件であって、必要条件はもっと別なところ(この場合は、いいものを瞬時に見抜く目と、即座に将来を予測して損得の判断ができる頭だろうか)にあるのだと思う。

それで、今朝不動産屋に連絡したら、保証会社の審査にはある書類が必要だとのことで、それを入手することになったのだが、前もって予想して心配していたとおり、電話で依頼して、申し込み書が郵送されて来て、記入して返送するという、手に入るまでに百年くらい掛かりそうな前時代的な手順だったので、すぐに審査開始されないのが嫌だった。そうこうしているうちに成約してしまったら困るではないか(意外にも、この時期でも不動産屋には頻繁に客が来ていたし、担当も「のんびりしているとすぐに決まっちゃうかも知れませんよ」などと言っていた。まあ、それは半ば戦術なのだろう。実際、今日電話したら、先客があるからと、僕の申し込みは夕方になってしまった。まあ、株とかじゃないんだから、そこまで電光石火じゃないんだろうねw)。

そして、(ようやく本題なのだが、)その書類の作成を依頼した時の窓口が、どういう訳か、妙にホワンとしたおっとりとしたしゃべり方で、「は? 郵送とか待てねーんだよ!!」と心の中で叫びつつも、(そういう人は好きなものだからw、)つい許してしまった。その人がたまたまなのかも知れないし、その会社の立地の地域性なのかも知れない。立地という点では、その会社は地方にあるせいか、大きい会社のように電話が繋がるのを何十分も待つとかなくて、一発ですぐに繋がったのは良かった。そこでイライラさせられなかったのが、まず良かったのかも知れないw

なんというか、今時いちいち申し込み書を郵送してなんて手順のところも結構あるんだなあと思い、そして、果たしてそんなペースで今後も生き残れるのかとも思った。特に、あのおっとりとした人なんて・・・w

 

PS. 不動産屋の担当者は、雰囲気が前の前の会社の車好きの若者に似ていた。外見やノリは若者らしく軽くはあるのだが、することはそれなりにちゃんとしているので、やっぱり憎めない。というか、そもそも、彼はまだ何も悪いことをしていないw

PS2. それにしても、今は保証人不要で賃貸が契約できるようになって、随分改善されたと思う(無職が難しいのは、僕だって仕方ないと思う)。不動産屋(実際には家主?)によっては、まだまだ旧態依然のやり方なのかも知れないが、保証人なんて現代の人質制度のようなものだから、早く絶滅して欲しい。

PS3. 雑談ついでに書くが、不動産屋の人と内覧に行く時、「今までで、どこ(街)が一番良かったですか」と聞かれ、少し考えてから、「宇都宮ですかねぇ」などと答えた(消去法でそうなった)のに、我ながら驚いたw 誤解してほしくないのは、「郷土愛」なんてものじゃ全然ないことだ。特に何もない田舎なのだが、それが疲れなくていいのだと思う。車は便利に使えるし、以前も書いたように、都会に比べていろいろ「ゆるい」のも楽でいい(その分民度が低いってことで、イライラもするのだが、平均値では都会よりストレスが少ないと思う。更に、実家辺りのようなド田舎ではないので、それに起因するストレスが皆無なのは本当にいい^^)。

それでも、人に勧めるかと言えばそうでもない。特に若い頃は都会で暮らして、世の中の(厳しい)常識を身に付ける方がいいと思う。

  •   0
  •   1

(前半は汚い話なので、お食事などの時は避けて下さい)

調べたら、5年間近くも解決できなかった問題だった。当時は直ったと思っていたのだが、その時の解決策にも問題があって止めたので、トイレなどが時々臭う問題が再発していたのだ。

その後、さまざまな調査・検討や試行錯誤の結果、去年の年末頃にようやく原因が分かり、対処して解決した感じだ。それまでは、洗濯のあとにトイレがなんとも言えない臭い(その時々で異なる。いわゆる「トイレの臭い」ではない)で臭っていたのだが、対処後は数回洗濯しても臭わなくなった。

この建物でトイレが臭う原因・メカニズム(仮説)は、以下のとおりである。

  1. 洗濯をする。
  2. 排水時、洗濯機用の排水口に接続されたホースから、急な勢いで、水が下水管に流れる。
  3. この建物は下水管の気密のバランスが悪い(吸排気がうまく行っていない?)ようで、急に水を流すとトイレの水位が低下する。
  4. その時、あるいは次回トイレを使った時に、(一瞬であろうが)封水が破れて、下水の臭気が便器と水の間にできた隙間から漏れ出て、トイレが臭う。

調べたら、この下水の臭いは換気扇を掛けてもなかなか抜けないようで(抜けるまで半日から一日もかかるとのことだ)、確かにしばらく抜けなかったのが腑に落ちるし、瞬間的に臭いが漏れ出たのが残っているのなら、臭っている時にいくら探しても出処が分からなかったのも当然だ。それにしても、下水の臭いってのは恐ろしいものだ・・・

あと、たまに洗濯機のある洗面所が臭うのもこれと類似(トイレの水流の勢いで洗濯機の排水口の封水が破れる)のメカニズムだと思われる。

それで、以下のように対処した。

  • 洗濯機からの排水の勢いを弱めるため、ホースを排水口(のホースを接続する部分)に接続せず、排水が防水パンに流れるようにした。
    • これは前回の対処と同じだが、前回そうしたあと、洗濯機用の排水口が臭ったので、そこから臭気が出て来るのではないかと考えて止めていたのを復活させた。上述のように、こっちが臭うのは、トイレの水流が強過ぎた場合と推測する。
  • トイレの水流が強過ぎた場合に臭うのを緩和するため、排水口のホースを接続する部分をビニルで塞いだ。
    • 臭うのは洗濯機のホースを接続する部分が開放されているからで、それを取り囲む部分のトラップ・封水は問題ないと想像したが、今までのところ一度しか排水口が臭ったことはない。また、時々排水口のトラップの水位を確認して、低いようだったら水を追加するようにしている。

なお、調べたら、この下水臭への対処はなかなか難しいようで、いろいろな説や対処方法が見付かった。中にはトンデモなものもあった。例えば、臭い時はマッチを擦って便器に入れるなんてのがあったが、それじゃ危険だし、火災報知機が鳴る可能性があるし、まず効かないと思うが・・・ 他(トンデモでない)には、部屋の気密が良過ぎるため、吸気が悪い状態で換気扇(今は常時換気しているせいもあるようだ)を使うと便器の水位が変わって封水が破れるという説があった。今回はそれも疑ったが、違っていた。

 

それにしても、以前からも書いているように、この建物にはこれ以外にもいろいろな問題があって(例: 窓枠の結露、なぜか湿度が高目、エアコン内部のカビ※)、見掛けとは違って良くないことを実感した。建物以外にも周囲(特に下の部屋)の足音・物音*がひどくて嫌気が差していた。とは言え、現状の収入なしの状態では引越すのは難しいと思っていた。

※エアコンについては、今朝散歩に出るまでは、内部の清掃方法を調べて(→ )、自分でできそうだけどすごく面倒だと思っていた。大家に頼むにしても、故障するか「黒い物が出る」(← 以前居たところでは本当にそうなったので、清掃してくれた)などと言わない限り、清掃はしてくれないだろう。

まあ、仮に引越してもエアコン内部の汚れはいつか起こるので、引越せば汚れるのが防げることを期待しているのではなく、(他にもいろいろ面倒が増えるうえに大家は何もする気がないので)「そろそろ逃げる潮時」という意味合いだ。

*騒音については、その後の検討・分析の結果、下の部屋だけではない(他の部屋や周囲の建物からも出ている可能性が高い)し、下にしても、悪気や故意でうるさくしているのではなさそうな(単に、連中がクソガサツなだけ)ことは分かったが、いずれにしても、僕にはうるさいことに変わりなく、容易に解決できる問題ではない(いくら うるさい連中を木っ端微塵にしたくても、手榴弾や機関銃を用意するのはなかなか容易ではないw)のは確かだ。

のだが、今日、気晴らしに散歩していたら、なぜかピンと来る建物・部屋(鉄筋コンクリート造らしく、最上階、角部屋)に「入居者募集」と書いてあったので撮影しておいて、帰ってから調べてみたら、家賃はそれほど高くなく(でも、総額は今より高いので交渉したい)、保証人不要※(保証会社利用)とあったので、光が差した気分で、とりあえず、無収入でも可能か問い合わせたら、すぐに不動産屋から返事が来た(ただし、まだ可否は不明)ので、すっかり乗り気になって、明日早速相談に行くことにした。

※保証人については、以前から頼んでいた(近くの)妹が遠慮したいと言って来て困っていたのだが、その後、もう一人の(遠方の)妹がなってもいいと言ってくれたので、とりあえず今の部屋は何とかなりそうな感じなので、大変ありがたく思っている。

そして、そこに限らず、無収入でも可能で静かなところがあれば、是非引っ越したくなってしまって、もう、引越しの計画を立て出しているw 引越しには数十万円のお金と多くの手間が掛かるが、イライラしたり嫌な気分で毎日を過ごすよりはずっといいと思う。もし次も駄目だったら、仕方ないからURを考えよう。

 

PS. 引越し歴を調べてみたら、ここにはもう6年近くも住んでおり、(実家を除いて)今までで一番長い感じで、騒音以外は気に入っているものの、確かに飽きて来たから、「そろそろかな」って気はする。でも、本当に引っ越せるかはまだ不明だ。実は、今の部屋の契約期限は来月末辺りで、以前から、更新せず・できずに引越すにしてもそんなに急には無理だと思っていたのだが、なぜか急にやる気が出たw

  •   0
  •   1

嫌いじゃないけど大好きな、森高w

 

この、余りにも決まり過ぎた鋭い外見に参ってしまう(思わず吹き出すくらいだ)。今はどうだか知らないがw

 

PS. ところで、「ファイト!!」(1991)の歌詞には、今だったらいじめと疑われそうだと心配しそうなところがある。

後輩の背中を笑ってたたいている

って、疑う人居るよね。

  •   0
  •   0